筆者は、文学オタク歴史オタク。

相方は、文学オタク美術オタク。

ひょんなことから出会った私たちは「オタク」ゆえに意気投合し、

2倍にも3倍にも世界が広がって、いま、ものすごく、しあわせなカップルです。

オタクは本当に魅力がない?オタクであることは不利なことなのでしょうか?

いいえ!とんでもない!

オタクと恋をすれば、一生いっしょにいて飽きない、楽しい存在になれます。

オタクが恋愛するということは、自分の世界をシェアするということ!

自分といっしょに楽しんでくれるパートナーができたら……あるいはサポートしてくれる相方ができたら……。

世界が2倍、3倍になりますよ。

超エキサイティングです!

〈オタク〉その定義と長所・短所

そもそも〈オタク〉とは何でしょう?まずその定義からはじめていきましょう。

といっても、コムツカシイ学者さんたちの間でも、〈オタク〉の定義は確立されていません。

ときに蔑称として使われてしまう、〈オタク〉。

この記事では「漫画、アニメはじめとしたサブカルチャー、また特定の分野に対して強い興味関心を持ち、活動している人」とします。

ちょっとカッコイイ定義となりましたが、さてその〈オタク〉、長所と短所はいかに?

まずはそこから探っていきましょう!

オタクの長所「自分の興味あることに対する探究心が強い」!

時間、お金をはじめとしたすべてをささげ、我を忘れて没頭する……

ゆえに、オタクはある種のスペシャリスト的な側面すら持ちます。

オタクに語らせると、ディープで豊潤な世界が私たちの前に展開されます。

私もいろいろなオタクに出会ってきましたが、彼らは自分の愛してやまない分野のことについて語りだすと、

眼はキラッキラ、その様子は夢にあふれ、聞いているこちらも(多少引くときもありますが)楽しくなるときがあります。

オタクといると、世界が広がる。

これはもう、間違いのない事実です。

オタクの短所「興味あること以外への関心が薄い」

執着が薄い、とも言えます。

一番わかりやすいのが、お金の使い道。

「服買う金があるなら、新しいフィギュア買うぜ!」

「アクセサリー買う金があるなら、新刊買ってやるわ!」

といったふうに、まず身なりよりも自分の興味あることに、自分の持てるすべてをつぎ込みます。

そして、どうしても付き合う範囲、人種がクローズドになりがち。

オタク同士、たとえばギャルゲー好きの男子同士とか、二次元好きの女子同士とか……。

あるいは異性同士で語りあう仲間がいても、相手を男性として、女性として見られなかったりするかもしれません。

付き合いがクローズドになりがち、というのも、自分の語りたい話題が、めったに他人と合わないから。

それで、報われない相手に何してもムダだよね、と、さらに執着が薄らいでいくのです。

オタクが「モテない」理由を徹底分析!

ズバリ「話題が合わない」です!

最初に結論を言ってしまいましたが……。

「話題が合わない」、その根本にある理由は、ようするに「相手を見ない」から。

その実例をいくつかご紹介しましょう。

どれも「オタク」のプロトタイプ的なイメージですが、これらをまず改善しなければなりません。

逆に言えば、以下の2つさえおさえれば、わりとなんとかなるのです。

さて、見ていきましょう。

原因1. オシャレしないオタクは、もてない

オシャレは礼儀です。

たとえば、久しぶりに親しかった友人と会うとき。

こちらはよそ行きの服を着て、化粧もしていったのに、むこうは普段着の毛玉がついたセーターに、ボサボサの髪。

「相手が君だからいいと思って」と言われたら、どうですか?

「こいつ、オレのことなめてないか……?」

「私ってこの人にとって、その程度の人なの……?」

オシャレは礼儀。

なっていないと、相手に屈辱感すら与えます。

しかしオタクの最優先事項は、自分の興味あるジャンルの物への投資。

時間もお金も、オシャレよりもずっと大切なものに費やしたいものです。

「服買うくらいなら……」「美容院行くくらいなら……」という心理が働いてしまうものでしょう。

私もそうでした。

しかし心配ありません!

デフレを乗り越えるために知恵を絞った日本には、100均も300均も、しまむらもユーズドショップも、ユニクロやGUもあります。

コーディネートはネットで研究すればいいだけ。

ヘアカットが高い!というのなら、カットモデルという手段もあります。

オシャレを安上がりに仕上げる手段は、山のようにありますよ。

あとはアパレルショップへ行って店員さんにコーディネートを頼めば、適当によい服はみつくろってもらえます。

せめて普段着のほかに、よそ行き用のコーディネートを1~2セット持っておきましょう!

原因2. 理想が高すぎる

特に二次元をこよなく愛するオタクに多い傾向ではないでしょうか。

イケメンで性格もよく、キャラ設定もブレないし、裏切ったりもしない、想像の中でなら、自分だけを見ていてくれる……

このすべてをこなす三次元の男はめったにいません。

いても、年齢とともに「劣化」したり、変化したりもします。

けれどもひるがえって、あなたはどうですか?

これは、ふつうに三次元のほうが好きという男女にも当てはまります。

イケメンでイクメン、年収1000万……美人で家庭的で、昼は淑女夜は娼婦……。

シンデレラはオシャレしてお城に行ったし、王子様はお姫様を守るだけの甲斐性があって、お金持ちだったわけです。

自分をさしおいて高望みしていては、運命の人は素通りしてしまいます。

もし恋を、あるいは結婚をしたいなら、もう一回自分を見つめ直してみませんか?

モテたければ、心も外見も磨かなければ、もったいないことに、光らないのです。

実録!オタクの私とオタクの彼が出会うまで

この章では、実際にオタク同士が出会い、恋を育み、結婚にたどり着くまでの実体験をご紹介。

ちなみに相方はイマイチどころかイマニな外見。

私もふかふか体型で持病持ち。

あれこれあって、結婚どころか恋愛もあきらめていた二人ですが、運命の女神様が急にご機嫌がよくなったらしく、あれよあれよとロマンスが展開。

ついに結婚までたどりついてしまいました。

重度の文学ヲタ2人はうっかりめぐりあい、今非常に幸福です。

さあ、オタク同士の恋とはいかに?

「文章に惚れた」「知識にときめいた」SNSの出会い

私はインターネットのサイトで文章を投稿しています。

主に本のレビューやエッセイです(もちろんコアな作品ばかり)。

それをSNSなどで発信しています。

その日もネットのコミュニティ(無論オタクばかり)でディープな(理解が難しい)話をガンガンに語らっていました。

そこに登場した、新参者。

それがのちの相方でした。

彼は私のアカウントから私の記事を見、それでメッセージを送ってきます。

「メッセージを送った段階ですでに、好きだった」とのちに自白しています。

「この人の文章はすごいなと思った」と……平安時代かいッ!

当時少々体を壊していた筆者。

その相談にも乗ってくれた、のちの相方。

メッセージ(2回目)でこんなことを言います。

「デートとかすると、元気になるんですけどね!」……迂遠ですね。

その後、愚痴を聞いてもらったり、本の話や記事の執筆の相談などにのってもらう関係になった我々。

すると、すごいんですよ。知識量が。オタクレベルに、いや、それ以上に。

当初あっけにとられた私でしたが、私のために力をつくしてくれる姿を見て、胸キュン。

「なにこのひと……かっこいい」

やがておたがいの気持ちを確認。

ちなみに愛情表現が迂遠な相方の尻をひっぱたくように、私が「好き」という言葉を引っ張り出しました。

おそるべきオタクトークの日々@Skype

「ダンセイニの『妖精族のむすめ』のこの話がおもしろくて……」

「ラヴクラフトの創作論っていうのが……」

「マッケンの『パンの大神』は翻訳が出ていないけれど、ネットにフリーのやつが……」

出会ってから、メールとSkypeで相方が繰り広げるのは、こんな感じの話題ばっかり。

そして私はこの手の話についていける系女子だったのです。

要するに、私もオタク。

「この人についていける女子は、私くらいしかいないんだろうな」

そう思うとふいに、ものすごい愛着がこの男にわいてきたのです。

私たちの関係は、ある意味シンプル。

私の話をじーっと彼が聞き、次に彼の話をじーっと私が聞く。

相手の話にウンウンと相づちを打ち、その話題についていくべく、おたがい本を読んだりネットで検索したりして、勉強する。

毎日、よそではなかなか見られない(と思われる)オタクトークが繰り広げられるのです。

そして私のほうが知識量が少ないので、男的にはオイシイ「女子を教え導く」というポジションに相方はなることができたのです。

私も自分をサポートしてくれる相手を見つけることができました。

いつのまにか、おたがいがおたがいにとって、なくてはならない存在に。

……あ、我々の話題の内容がわからないあなたは、ふつうです。

心配いりません。

初オフ会=初デート!そして……

はじめて実物で見る、のちの相方は(私が事前に要望したとおり)ちゃんとそつない格好をしていました。

思ったよりも、外見はよろしくありませんでしたが、しかし!

予想以上に礼儀正しいヒトでした。

フードコートでは私のぶんまでお冷を持ってきてくれ、空き缶が落ちていたらゴミ箱へ。

何よりも感動したのは、観光地の墓標にしみじみと手を合わせたところ。

言動の端々、行動の数々から「この人は人間として間違いのない人だ」そういう確信が私の中で生まれたのです。

1ヶ月もしないうちに、2人の間では自然に「結婚」の話題が出ていました。

現在両親への顔合わせもすませ、9月には入籍予定。

そう、オタクも、結婚できるんです。

恋と出会いを見つけるための基本事項

この記事をご覧になっているということは、少しでも恋や結婚を望んでいるのではないでしょうか。

経験者として言えるのは、オタクが恋を見つけるのは、ある意味カンタンで、ある意味難しいこと。

私もある時期までは、自分が「オタク」であることでなぜかどこかで引け目を感じ(というよりも、本当に周囲とまったく話が合わず)

もちろん話題の合う異性もまったく出会えず、奇妙な疎外感を感じていました。

ではどうすればいいか?

「話題が合う人」と出会えばよいだけの話です!

そのためのまずは基本事項。見ていきましょう。

オタクがモテないのではなく、「人間として魅力がない人」がモテない

人間としての魅力がある人は、どんなにクセがあってもモテます。

なつかしいネタを持ち出せば、ベストセラー、映画やドラマにもなった「電車男」。

超のつくオタクであった電車男は、電車の中で不届きな痴漢から(今で言うならハイスペ女子の)エルメスを救い出します。

さらにそこから自分を磨き、アプローチをし、エルメスと結ばれました。

これくらいすれば、そりゃあエルメスでなくても、落ちるわ!ですよね。

人間的魅力があれば、オタクだろうとブサメンだろうと貧乏だろうとニートだろうと、モテます。

「売れ残る」人はどこかで問題があります。

せっかく1つ「これだ!」と自信があるものが、オタク=あなたにはあるんです。

人間としての魅力をまずは自分の中に見つけ、磨いてみなければなりません。

ふりむいてもらえるために、です。

オタクが「モテる」瞬間とは

序盤でも言いましたが、「語るオタク」「努力するオタク」というのは本来非常に魅力的な姿です。

けれどもそれを理解できる人はなかなか見つけるのが困難。

単純に、ラジオの周波数が合わないようなものです。

しかしその周波数がピタリと合えば、2人の世界が2倍以上になります。

たとえば、先ごろめでたく結婚した、卓球の愛ちゃんこと、福原愛選手。

お相手は同じく卓球の台湾代表選手。

2人ともに卓球のスペシャリストですが、突き詰めれば彼女らも「オタク」の究極系です。

おそらく卓球(それも世界レベルの)以外の話題はあまり話せないのではないでしょうか。

愛ちゃんは、一生語りあえる相手を見つけたということ。

そして愛ちゃん、とっても素敵な女性ですよね。

何よりカッコイイ!

人間的として魅力があるオタクは、かならずどこかに異性の理解者が生まれます。

きっと運命が用意している片割れは、あなたの話を聞いてくれる人。

そしてあなたに、新しい世界を見せてくれる人。

つまり「語りあえる相手」に巡り会えたとき、ときめきが生まれ、運命の女神様がほほえむのです。

『好きな人は、好きな場所にいる』

さて実践編に移りましょう。

コピーライター糸井重里さんは『ボールのような言葉』という著作の中で、こういうことを言っています。

『好きな人は、好きな場所にいるよ』

つまり、自分が恋できる人間というのは、自分が興味あるものがある場所に、いるものなのだよ、と。

ということで、どんな場所に「好きな人」がいるのか?

検証していきましょう!

ネットフル活用!SNS、オフ会で

いやあ、いい時代になりました。

ちっちゃい板をちょっといじれば、広い世界が私たちの前にザーッと広がってくれるのですから。

この現代、SNSカップルはもうめずらしくありません。

そして「SNS婚のほうが幸せになる確立が高い」という統計すら出ています。

それもそのはず、共通の趣味や話題から盛り上がることができるのです。

オタクにとってSNSは絶好の出会いの場です。

さらに文章から「内面」を好きになることはできるので、いい意味で「外見」にまどわされません。

イケメン・美人がつきあってみたら、とんだ人間だった、なんてこともありますよね……。

かくいう筆者の相方も顔はイマイチどころじゃない、「イマニ」。

けれども人間性と内面は本当に素晴らしい人です。

SNSでオフ会デートにつながったら、その時気をつけてほしいことがいくつか。

まず、最初から2人きりになるような場所へは行かないこと。

そこで体を狙われたり、犯罪に巻き込まれたりしたら大変です。

ショッピングモールやカフェでお茶、あとはイベントへいっしょに!からはじめてはいかがでしょう。

それと、リアルな彼・彼女を見ても、変に失望しないこと。

写真よりブサイクだった……そんなこともあるとは思います。

でもそんなことより、目の前の彼・彼女は、あなたと語りあえる魅力的な異性、ということを忘れないでくださいね。

まずは、行動を。

灯台もと暗し!会社や学校、図書館、同好会などで

顔の見えないSNSはちょっとリスキー……なんかコワい……。

じゃあ、案外出会いは身近なところにあるのかも。

会社や学校で、休憩時間や自由時間などに、自分の話題を出してみましょう。

語るのです。

最初はあきれられるかもしれませんが、じょじょに聞いてくれる人が出てきます。

何度も言いますが「語るオタク」は輝いています。

そうして発信していればひょっとして、波長のあう異性と惹かれあうかもしれません。

会社や学校で見つからなければ、ちょっと範囲を広げて。

本好き・マンガ好きであれば、図書館の読書会に行ってみるのもひとつの手。

あとはさまざまな形で開催されている同好会。

歴女・歴史ヲタならば、市民大学のようなところで行われている講義に行ってみてはいかがでしょう。

ほかにもアニメ同好会・ゲーム同好会などを開催している場所もあります。

「灯台もと暗し」戦法で一番うれしいのは、多くのSNSカップルのように遠距離恋愛になりづらいこと。

遠距離恋愛大嫌い、近距離恋愛がいいなあ……そんな人は一度、試してみては。

そう、好きな人は、好きな場所にいる。

見つからなかったとしても、あせらないで。

自分を磨いてチャンスに目を光らせていましょう。

時間は常に、われわれの味方なのです。

オタク男子の「やるべきこと」

ここから先は、恋をつかむためにやるべき「最低限のこと」について述べます。

まずは男子編!

といっても、あまりにも「フツー」のことを言うので、がっかりするかもしれません。

「なんでそんなことを!?」とも思うかも。

けれども恋をつかむにはまずコレが第一の鍵。

古典的だからこそ鉄板で、効果的なことです。

その理由も解説。

ま、騙されたと思って聞いていってください。

定職について、まずは定収入を


基本です。

「なんで恋愛に仕事が関わるんだ!」と思うなかれ。

特に20代に突入し、さらには30代を目前にした女子は「結婚」を強く意識します。

そのため恋愛では「未来」を見据えます。

卵子の老化や子育てを考えると、自分の年齢と相手の収入は大きな鍵となってくるのです。

「ずっといっしょにいたい」という気持ちがあると「結婚」という言葉が出てきます。

ひいては、「結婚」できないと思った男性との恋愛は、そもそもあきらめるということがあるのです。

男性だけが仕事をするという時代はたしかに過ぎ去りました。

しかし女性の正規職が厳しく、キャリアウーマンであっても結婚・出産のあとの女性の社会復帰と出世は困難。

男女の雇用均等性はまだまだ発展途上です。

それにやっぱり、働く男は無条件に、「カッコイイ!」のですよ!

ニートで無職の俺はハナから無理だ……そんな風にあきらめないでください。

非正規でいいです。

まずはデート代を稼ぐために、そして彼女へのプレゼントのために、少しずつ少しずつ、働いていってみましょう。

自分のためにがんばってくれるあなたに、女子は胸キュンすること間違いなしです。

自信と思いやりある男は、カッコイイ

「やさしい男が好き、でもやさしいだけの男は嫌い」

女子ってよくわかりませんね。

でもこの中には真理が含まれています。

「やさしい男」とは何か?

たとえば気配りができて、こちらのことを理解してくれて(あるいはその努力をしてくれて)ダメなことはダメと言ってくれるような人。

「やさしいだけの男」とは何か?

誰にでも気を使う、気を使いすぎる。

ただのイエスマン。

一言で言えば「女の腐ったような」とか「なよい」とか「相手の顔色ばっかりうかがう」ような。

「やさしいだけの男」になることを回避するにはどうすればいいのか?

答えはカンタン!

「自信を持てばいい」のです。

気配り、思いやりがあればいいのです。

ましてあなたには、自分が熱意をもって極めつつあるものがあるのです。

そういうものが1つしっかりあるというのは、人間としてとても強い武器です。

外見や性格は磨けばいいだけの話。

そう、電車男のようにです。

そして「思いやりを持つ」こと。

自分のことを心配してくれる男性に、女子は胸キュンします。

「このひと、わたしのことを見てくれている……!」

「やさしい男が好き、やさしいだけの男は嫌い」を翻訳すると、こんな感じになるかもしれません。

「わたしをちゃんと見ていて、本当のわたしを理解して、わたしだけを全部好きになって」

ちなみに、もちろんコレが都合の良いことだというのは、大半の女子もわかっていますので、ご安心を。

本当に色眼鏡ナシで彼女のことを理解して、与えることを惜しまなければ、彼女はふりむいて笑ってくれます。

そしていっしょに、ひょっとしたら一生いっしょに、いてくれるでしょう。

オタク女子の「やるべきこと」

さて女子もがんばりましょう。

お姫様願望がどこかである女の子は、とらわれのお城から王子様がさらって幸せにしてくれるのを、どこかで夢見ているもの。

その願望は正しいです。

私たちは絶対に幸せになれます。

でもそのためには、せっせと自分を磨かなければなりません。

白雪姫は小人のためにご飯作れました。

シンデレラはオシャレしてお城に行きました。

そして、ディズニーにはじまる数あるプリンセスたちはみなやさしい心を持ち、勇気すら持ち合わせていたではありませんか。

中世時代発祥のおとぎ話に負けるな、21世紀現代っ子女子たち!さあ、いきますよ!

胃袋をつかめ!


古臭い!という声が聞こえてきそうですが、古典的ゆえに鉄板です。

男性は案外「古臭い」頭を持っている人が多いです。

たとえ「女性はバリキャリで働くのがかっこいいんだよ」と言ってくれる男性であっても、家で女性が家事をしてくれることを、どこかで期待しています。

なぜか?それは、母親の影をそこに見るからです。

「マザコン野郎!男はやっぱりみんな、マザコンか!」と思いますが、ちょっと待って。

そこから「将来このひととの子供ができたとき、いいお母さんになってくれるかな」という意識がどこかで働き、恋につながっていくのです。

どうしても料理が苦手で、包丁持っただけでクラクラしちゃう……そんな人も実際にいるでしょう。

そんな人は、掃除洗濯くらいは基本からおさえておきましょう。

完璧にこなす必要は必ずしもありません。

必要なのは、「やる!」という姿勢です。

「俺のために、そんなにがんばってくれているのか……!」

それだけで、男は嬉しいもの。

がんばる人間は、それだけで魅力的です。

彼を楽しませるのは、最低限の「マナー」

ありのままの自分見せるのは、せいぜいベッドくらいにしましょう。

先にも書きましたが、シンデレラはオシャレしてお城に行って、王子様をゲットしたのです。

1000年前の長編恋愛小説『源氏物語』で、光源氏たち貴公子がこんなことを語らっている場面があります。

「やっぱり女性は身なりをととのえて、帰ったところで多少の化粧もしていてくれると嬉しい。

もちろん家事はパーフェクトにこなさなきゃダメだぜ。

ムダに頭のいいところを見せて男を見下すようなヤツはNG。

家に帰って仕事の話とかしたいわけよ、俺らも、奥さん相手に。

それをウンウンって聞いてくれる女子希望。

そういうとこ、女性がしっかりしてないと、俺らは浮気したくなっちゃうよね」

何を都合の良いことをぬかすか、という気もしますが、あなたが仕事から帰って、あるいは家事に疲れてふと気づいたら

相方が、髪の毛ボサボサ、スウェット姿でお尻をボリボリかいていて「ご飯マダー?」とか言ってくる……。

そんなつまらない男と、ずっといたいですか?

「相手の嫌がることはしちゃダメだよ」と小さいころに教わったかと思いますが、それは真理です。

魅力がなくなれば、人は逃げてしまいます。

いつもバリバリオシャレとまではいかなくても、肩の力を抜いた感じのお化粧やルームウェアでいるのがいいでしょう。

「恋人」「デート」にまで発展するためには!?


数々の努力が実を結び、運命がほほえんで、ついに素敵な人と出会った!

やりましたね、それじゃあデートに連れ出しましょう!

しかし……。

どこから手をつければいいのか?もし嫌われたらどうしよう?

恋をするととかく、臆病になってしまうもの。

そのグラグラ感も恋の醍醐味なわけですが……。

ともあれ、なんとかしてデートに誘おう!がんばろう!

その気持を応援させていただきます。

行きますよ!

「言わないと、伝わらない」が、「急いてはことを仕損じる」

「好きです」「デートしたいです」「ご飯いっしょに行きませんか?」

どれも、言わなければわかりません。

思わせぶりな行動ばっかりされても、相手も最初はドキッとするかもしれませんが、「思わせぶり」にとどまり「何コイツ?」と最終的に呆れられかねません。

かといって、むやみに突っこむと引かれかねない……。

まず相手を探りましょう。

そして、落としにかかりましょう。

あなたはせっかく「オタク」つまり「話題」という武器を持っているのです。

2人で楽しくまずは話しましょう。

もちろん、相手の話も聞きながらです。

そして相手の興味あることを探り、自分もそれについて勉強して話を合わせ、そうしながら距離を接近させるのです。

相手も「オタク」ならなおさら、語りは止まらないはず。

あとは2人の性質や状況次第。

次第に流れができてきます。

私は相方とたくさんたくさん語りまくって、それで相手の知識・才能におたがい惚れました。

そして「明確な」アプローチ!

プレゼントしたり、バレンタインデーやホワイトデーには本命チョコをあげたり、困っていたら絶対に助けたり、愚痴をしっかり聞いてあげたり……。

それから「今度ご飯食べに行きませんか?」「イベントあるんですけど、どう?」へ。

そしてさらに「好きです」につながるでしょう!

大丈夫、言うのは一瞬です。

結果はあとからついてきます。

他の男・他の女は、いないと思え

「世の中、もっといい男・いい女はいる」……このセリフは、失恋したときだけ使いましょう。

相手にとりたてた不満のない状況でのこの言葉は「逃げ」につながります。

たとえどんなに不足ない、運命だ!と思う相手でも、ふいに思うのです。

「もっといい男・いい女が自分にはいるんじゃないか……」

もっとお金があって、もっとイケメン(美人)で、もっともっとしっくりくるひと……。

でも考えてみてください。

そんな人、どこかにいるんでしょうか?

今目の前にいる人は、あなたを見てくれて、いっしょにいて、いろんな経験をわかちあってくれます。

ようやく出会えた、貴重な人です。

そんな考えは、悪魔のささやきです。

目の前の人を、せいいっぱい愛してみましょう。

理解してみましょう。

たくさん話して、そしてたくさん静かなときもすごしましょう。

その中で、決定的に「こりゃアカン」となったらお別れですが……

酒乱・ギャンブル・暴力・金銭感覚の荒さなどの要素があったらそれは別です。

スッパリいきましょう。

もっといい男も、もっといい女も、いません。

彼・彼女を好きになってしまったなら、絶対、離さないで。