「これは非常に遺憾に感じます…」なんて言葉をどこかで見聞きしたことがあるのではないでしょうか?特にビジネスシーンでは、この言葉はよく使われる言葉ですよね。

ビジネスではなくても、DMや契約している場所から「このことについて非常に遺憾に感じています」なんて言葉をあびせられた経験がある方もおられるのではないでしょうか。

とはいっても、「遺憾」という言葉はよく見聞きするにしても、きちんとした意味を理解していない人って多いのではありませんか?

正しい意味を理解しないままにその言葉を使ってしまうと、必ずどこかで使うときに「遺憾」という言葉の意味の使い方を間違ってしまうことでしょう。

もしかしたら、すでにこれまでに「遺憾」という言葉を使用してきた人の中には、その使い方を間違ってしまったという人もおられるかもしれません。

とはいっても、この言葉がどのような意味を持っているのかわからないですよね。

ということで、この記事では「遺憾」というビジネスシーンでよく使われる言葉について特集しています。

この言葉にはどのような意味があるのか、どのようにして使われるべきなのか、そして、「遺憾」という言葉と似た意味を持っているように感じる「残念」という言葉とはどのような違いがあるのかについてもお伝えしています。

今はまだ「遺憾」という言葉の意味を理解できていないかもしれませんが、この記事を読み終わるころには必ず自信をもってこの言葉を使いこなすことができるようになっているはずですよ!

ビジネス用語「遺憾」を使うケース

あなたは、ビジンスシーンにおいてビジネス用語のひとつである「遺憾」という言葉を使ったことがあるでしょうか?

また、あなた自身は使ったことはなくてもどこかで誰かにこの言葉を話された、使われた経験があるかもしれないですね。

とはいえ、この「遺憾」という言葉の意味をきちんと説明することができるでしょうか?これまでに「なんとなくのニュアンス」でこの言葉を使ってきたのではありませんか。

ビジネス界においては、あなたにも「いらだつこと」「ゆるせないこと」なんてことも起きてきたはずです。

主に多くの方は、そのように“心が奮い立って怒りを感じている”という場面でこの言葉を使用してきたのではないでしょうか。

…ほかにも別の意味で「遺憾」という言葉を使ってきた方がおられるかもしれないですね。

実は、「遺憾」という言葉を間違った意味で使ってしまっているビジネスマンってとても多いんです。

もしかしたら、あなたが感じている「遺憾」という言葉の意味こそ間違っていて、あなたは間違った意味でこれまでにその言葉を使ってきてしまったのかもしれません。

そのような間違いをだれも指摘してくれなかったので「このままでいいんじゃないか」と思ってしまうものですが、“叱られるうちが華”なんていう言葉があるように、大人になればなるほど、地位が上がれば上がるほどに間違いを指摘してくれる人は少なくなるものです。

あなただって、あなたの知り合い―特に上司に当たる人―が言葉の言い間違いや言葉を間違った意味で使っているのを知ったとしても、それをなかなか指摘できないのではないでしょうか?

そのように感じるのはあなただけではないんですよね。

とはいっても、ビジネスシーンにおいて「遺憾」という言葉を使うケースはとても多いです。

だからこそ、間違った意味でこの言葉を使わないようにするために、正しい意味、そして多くの人が間違って使っている町がtv

遺憾(いかん)とは


これまでに「遺憾」という言葉を使ってきた人もそうではない人も、この言葉の意味をしっかり理解しないままだとこれから損をすることが起こるかもしれない…とのことでしたね。

それに間違って使いやすい言葉である”遺憾”という言葉は、果たしてどのような意味があるというのでしょうか?

その前にあなたは「遺憾」という言葉を正しく読むことができるでしょうか?ほとんどの方ができるかと思いますが、念のために確認しておきましょう!

ずばり、「遺憾」というのは「いかん」と読むことになります。

なんとなく読めそうで読めない方もいたのでは?これから先、何度も「遺憾」という言葉が出てくるので、その言葉の解釈を間違えないためにもまずは読み方を徹底して覚えておきましょう。

遺憾の意味

今回の記事のテーマともなっている「遺憾」とは、いったいどのような意味を持っているのでしょうか?ずばり、「心残りに思うこと」「残念に思うこと」などの意味を持っています。

そもそも、そのようにどうして人は感じるのでしょうか?多くの場合で「自分の思い通りにならないこと」に対してそのように感じてしまいますよね。

つまり、「遺憾」という言葉は、自分の思い通りにならないということを通して、その物事や起きていることに対して残念、心残りに思っているという意味になるんですね。

あなたも、自分の思い通りにいかなかったり、期待していたのにそれが外れてしまった経験があるのではありませんか?人生はうまくいかないものと言われていますから、多くの方がそのような経験をなさってきたことでしょう。

とはいえ、そのような期待していたことがまったくの期待外れに終わってしまったり、人によってはそのことに対する結果に心残りを感じてしまうこともあるはずです。

そのようなときに「遺憾」という言葉を使うことができるんですね!

遺憾の間違った意味

これまでに正しい「遺憾」という言葉の意味についてお伝えしてきました!しかし、なかには「こんな意味だと知らなかった!」とか「さっきは別の意味で伝えていたじゃないウソツキ!」なんていうような方もいらっしゃ

るかもしれませんね。

たしかにさきほど、「遺憾の意味」として「怒っていること」なんていうニュアンスの言葉を紹介いたしました。

しかし、それって「遺憾」という言葉の本当の意味はないんですよね。

ずばり、多くの人―特にこの言葉を多用する機会が多いビジネスマン―というのは、「遺憾」という言葉を「怒っていること」「怒り狂っていること」「怒るだけではなく呆れ返っていること」なんていう意味で使ってしまっているんです。

あなたもそのような意味でこの言葉を使用していたのではないでしょうか?また、ほかにも「謝罪の意味」としてこの「遺憾」という言葉を使用している人もおられるかもしれませんね。

「申し訳ない気持ち」「相手に謝罪したいと感じている気持ち」などをあげることができます。

誰もがなにも疑わずに”怒っている気持ち”だとか”謝罪する気持ち”で「遺憾」という言葉を使ってきたかもしれませんが、その言葉の意味は”不正解”ということになりますので、もうその意味で「遺憾」という言葉を使わないように気を付けるようにしましょう。

遺憾は謝罪する時の言葉ではない

これまでにもお伝えしてきましたが、「遺憾」という言葉には“謝罪する”という意味合いは含まれていません。

しかし、その意味で使ってしまっている人って多くいらっしゃるんですよね。

というのも、「遺憾」という漢字を見るだけでパッと見で「なんとなく悪びれているような気がする」ように感じてしまうからです。

本当は新しく出会った言葉のことを辞書などで調べる習慣がついていればいいのですが、なにせ“忙しい”が口癖になっている現代人ですからそうもいかないんですよね。

あなたは、「遺憾」の気持ちを伝えるときに、この間違った意味で「遺憾」という言葉を使ってしまっていたのではないでしょうか?そのような気持ちのままでいませんか?しかし、本当は「遺憾」という言葉にはそのような意味は含まれていないんです。

ということで、これからはもう一切そのような意味で使わないようにしてください。

といっても、あなたがそのような意味で使わなくなったとしてもほかの人はその言葉の意味で使っていることもあるので、惑わされないように気を付けると同時に「遺憾」という言葉には謝罪するという意味合いがないということを伝えてあげるのもよいかもしれないですね。

遺憾の語源

とはいっても、そもそも「遺憾」という言葉がどのようにできたのか知らない…という人もいるのではないでしょうか?

「人という字は、人と人とが支えあっている」なんていう言葉をどこかで聞いたことがあるかと思いますが、そのようにどの言葉にも必ず“語源”だとか“その言葉の発祥”というものがあるんですね!

その語源や言葉の発祥を知ることができれば、あなたはもっと「遺憾」という言葉への理解を深めることができるようになることでしょう!ずばり、この言葉の漢字に注目してみましょう!

「遺」という字は、すでに終わってしまったこと、もうこちらのものではないことを意味していますね。

そして、「憾」という言葉は、「物足りなくて心寂しく感じる」という意味を持っています。

つまり、この二つの言葉に注目してみても、“申し訳ない”というような謝罪のニュアンスではなく、どこか「後悔している」「残念である」という意味が含まれていることを察することができますよね。

このようにひとつひとつの漢字の意味を理解していればいいのですが、そうもいかないとさきほどお伝えしたように「謝罪する気持ち」としてこの言葉を使ってしまうことになるんですね。

日本では慣用句であった

そもそも「遺憾」という言葉は今ではビジネスシーンにおいて使われる機会が多い言葉になりましたが、以前は”慣用句”として用いられていました。

今よりももっと日常会話などで使われていたんですよね!

とはいっても、この言葉は海外における何かの発表の際に「○〇が達成されなかったことに対して残念に感じている」という意味でつかわれる機会が多くなり、そのせいもあってか日本でも慣用句というよりは公的な場所で使うことのできることになってきました。

今の日本でも慣用句として、日常的にこの言葉を使っている方もいますがそれでもやはり、昔に比べるとビジネスシーンで使われることがとても増えましたね。

要するにこの言葉はビジネス用語のひとつでもありますが、日常会話でも十分に使うことができる言葉ということになります。

遺憾の類義語

これまでに「遺憾」という言葉についてあらゆる角度からあなたにお伝えしてきました!しかし、まだまだこの言葉の意味を理解することができない!何を言っているのかわからない!という方もおられるのではないでしょうか。

そのような方におすすめなのは、同じ意味を持っていると思われる”類語”を勉強することです。

あなたは、学生時代にいやでも言葉の類語や対義語なんていうのを学んできたのではありませんか?まさにその類語なのですが、特定の言葉への理解を深めるためにはもってこいのモノになるんですよね。

「遺憾」という言葉の類語をあげてみなさい、なんていわれたところであなたはそれをいうことができるでしょうか?いうことができる人もいればそうではない人もおられることでしょう。

ということで、ここでは「遺憾」という言葉の類義語をご紹介しています!これらの言葉を読んで、さらに「遺憾」という言葉への理解を深めていきましょうね!

残念

さきほど何度もお伝えしていますが、「遺憾」という言葉には謝罪の意味はなく、「残念な気持ち」というような落胆するような気持ちの意味合いが含まれていましたよね。

つまり、「残念」という言葉は「遺憾」という言葉の類義語になるんですね!例文で確認していきますと「あなたがそこにいないのは残念です」「あなたがその資料を期限までに提出することができなかったのは残念です」ということができ、これは「あなたがそこにいないのは遺憾です」「あなたがその資料を期限までに提出できなかったのが遺憾でなりません」と表現することができます。

つまり、「残念」という言葉は「遺憾」という言葉とイコールで結ぶことができるということになりますね!

心残り


あなたは、これまでの人生の中で「心残りだなぁ」と感じることはありませんか?誰しも、人生の中でそのように感じた出来事は一度や二度くらいはあることでしょう。

そんなとき「私はあれができなかったことが心残りである」なんて表現するかと思います。

この言葉は「残念に思っている、本当はそうしたかったけれどそうすることができなかった」という意味で表現することができますよね。

つまり、「心残り」という言葉も「遺憾」という言葉と同じ意味を持っているために、その類語として扱うことができるということになります。

さきほどの例文を言い換えるのであれば「私はあれができなかったことがとても遺憾でなりません」と表現することができます。

つまり、この二つの言葉は類義語としての関係性を持っているということになりますね。