「これは非常に遺憾に感じます…」なんて言葉をどこかで見聞きしたことがあるのではないでしょうか?

特にビジネスシーンでは、この言葉はよく使われる言葉ですよね。

ビジネスではなくても、DMや契約している場所から「このことについて非常に遺憾に感じています」なんて言葉をあびせられた経験がある方もおられるのではないでしょうか。

とはいっても、「遺憾」という言葉はよく見聞きするにしても、きちんとした意味を理解していない人って多いのではありませんか?

正しい意味を理解しないままにその言葉を使ってしまうと、必ずどこかで使うときに「遺憾」という言葉の意味の使い方を間違ってしまうことでしょう。

もしかしたら、すでにこれまでに「遺憾」という言葉を使用してきた人の中には、その使い方を間違ってしまったという人もおられるかもしれません。

とはいっても、この言葉がどのような意味を持っているのかわからないですよね。

ということで、この記事では「遺憾」というビジネスシーンでよく使われる言葉について特集しています。

この言葉にはどのような意味があるのか、どのようにして使われるべきなのか、そして、「遺憾」という言葉と似た意味を持っているように感じる「残念」という言葉とはどのような違いがあるのかについてもお伝えしています。

今はまだ「遺憾」という言葉の意味を理解できていないかもしれませんが、この記事を読み終わるころには必ず自信をもってこの言葉を使いこなすことができるようになっているはずですよ!

ビジネス用語「遺憾」を使うケース

あなたは、ビジンスシーンにおいてビジネス用語のひとつである「遺憾」という言葉を使ったことがあるでしょうか?

また、あなた自身は使ったことはなくてもどこかで誰かにこの言葉を話された、使われた経験があるかもしれないですね。

とはいえ、この「遺憾」という言葉の意味をきちんと説明することができるでしょうか?

これまでに「なんとなくのニュアンス」でこの言葉を使ってきたのではありませんか。

ビジネス界においては、あなたにも「いらだつこと」「ゆるせないこと」なんてことも起きてきたはずです。

主に多くの方は、そのように“心が奮い立って怒りを感じている”という場面でこの言葉を使用してきたのではないでしょうか。

…ほかにも別の意味で「遺憾」という言葉を使ってきた方がおられるかもしれないですね。

実は、「遺憾」という言葉を間違った意味で使ってしまっているビジネスマンってとても多いんです。

もしかしたら、あなたが感じている「遺憾」という言葉の意味こそ間違っていて、あなたは間違った意味でこれまでにその言葉を使ってきてしまったのかもしれません。

そのような間違いをだれも指摘してくれなかったので「このままでいいんじゃないか」と思ってしまうものですが、“叱られるうちが華”なんていう言葉があるように、大人になればなるほど、地位が上がれば上がるほどに間違いを指摘してくれる人は少なくなるものです。

あなただって、あなたの知り合い―特に上司に当たる人―が言葉の言い間違いや言葉を間違った意味で使っているのを知ったとしても、それをなかなか指摘できないのではないでしょうか?

そのように感じるのはあなただけではないんですよね。

とはいっても、ビジネスシーンにおいて「遺憾」という言葉を使うケースはとても多いです。

だからこそ、間違った意味でこの言葉を使わないようにするために、正しい意味、そして多くの人が間違って使っている町がtv

遺憾(いかん)とは


これまでに「遺憾」という言葉を使ってきた人もそうではない人も、この言葉の意味をしっかり理解しないままだとこれから損をすることが起こるかもしれない…とのことでしたね。

それに間違って使いやすい言葉である”遺憾”という言葉は、果たしてどのような意味があるというのでしょうか?

その前にあなたは「遺憾」という言葉を正しく読むことができるでしょうか?ほとんどの方ができるかと思いますが、念のために確認しておきましょう!

ずばり、「遺憾」というのは「いかん」と読むことになります。

なんとなく読めそうで読めない方もいたのでは?

これから先、何度も「遺憾」という言葉が出てくるので、その言葉の解釈を間違えないためにもまずは読み方を徹底して覚えておきましょう。

遺憾の意味

今回の記事のテーマともなっている「遺憾」とは、いったいどのような意味を持っているのでしょうか?ずばり、「心残りに思うこと」「残念に思うこと」などの意味を持っています。

そもそも、そのようにどうして人は感じるのでしょうか?多くの場合で「自分の思い通りにならないこと」に対してそのように感じてしまいますよね。

つまり、「遺憾」という言葉は、自分の思い通りにならないということを通して、その物事や起きていることに対して残念、心残りに思っているという意味になるんですね。

あなたも、自分の思い通りにいかなかったり、期待していたのにそれが外れてしまった経験があるのではありませんか?

人生はうまくいかないものと言われていますから、多くの方がそのような経験をなさってきたことでしょう。

とはいえ、そのような期待していたことがまったくの期待外れに終わってしまったり、人によってはそのことに対する結果に心残りを感じてしまうこともあるはずです。

そのようなときに「遺憾」という言葉を使うことができるんですね!

遺憾の間違った意味

これまでに正しい「遺憾」という言葉の意味についてお伝えしてきました!

しかし、なかには「こんな意味だと知らなかった!」とか「さっきは別の意味で伝えていたじゃないウソツキ!」なんていうような方もいらっしゃ

るかもしれませんね。

たしかにさきほど、「遺憾の意味」として「怒っていること」なんていうニュアンスの言葉を紹介いたしました。

しかし、それって「遺憾」という言葉の本当の意味はないんですよね。

ずばり、多くの人―特にこの言葉を多用する機会が多いビジネスマン―というのは、「遺憾」という言葉を「怒っていること」「怒り狂っていること」「怒るだけではなく呆れ返っていること」なんていう意味で使ってしまっているんです。

あなたもそのような意味でこの言葉を使用していたのではないでしょうか?

また、ほかにも「謝罪の意味」としてこの「遺憾」という言葉を使用している人もおられるかもしれませんね。

「申し訳ない気持ち」「相手に謝罪したいと感じている気持ち」などをあげることができます。

誰もがなにも疑わずに”怒っている気持ち”だとか”謝罪する気持ち”で「遺憾」という言葉を使ってきたかもしれませんが、その言葉の意味は”不正解”ということになりますので、もうその意味で「遺憾」という言葉を使わないように気を付けるようにしましょう。

遺憾は謝罪する時の言葉ではない

これまでにもお伝えしてきましたが、「遺憾」という言葉には“謝罪する”という意味合いは含まれていません。

しかし、その意味で使ってしまっている人って多くいらっしゃるんですよね。

というのも、「遺憾」という漢字を見るだけでパッと見で「なんとなく悪びれているような気がする」ように感じてしまうからです。

本当は新しく出会った言葉のことを辞書などで調べる習慣がついていればいいのですが、なにせ“忙しい”が口癖になっている現代人ですからそうもいかないんですよね。

あなたは、「遺憾」の気持ちを伝えるときに、この間違った意味で「遺憾」という言葉を使ってしまっていたのではないでしょうか?そのような気持ちのままでいませんか?しかし、本当は「遺憾」という言葉にはそのような意味は含まれていないんです。

ということで、これからはもう一切そのような意味で使わないようにしてください。

といっても、あなたがそのような意味で使わなくなったとしてもほかの人はその言葉の意味で使っていることもあるので、惑わされないように気を付けると同時に「遺憾」という言葉には謝罪するという意味合いがないということを伝えてあげるのもよいかもしれないですね。

遺憾の語源

とはいっても、そもそも「遺憾」という言葉がどのようにできたのか知らない…という人もいるのではないでしょうか?

「人という字は、人と人とが支えあっている」なんていう言葉をどこかで聞いたことがあるかと思いますが、そのようにどの言葉にも必ず“語源”だとか“その言葉の発祥”というものがあるんですね!

その語源や言葉の発祥を知ることができれば、あなたはもっと「遺憾」という言葉への理解を深めることができるようになることでしょう!ずばり、この言葉の漢字に注目してみましょう!

「遺」という字は、すでに終わってしまったこと、もうこちらのものではないことを意味していますね。

そして、「憾」という言葉は、「物足りなくて心寂しく感じる」という意味を持っています。

つまり、この二つの言葉に注目してみても、“申し訳ない”というような謝罪のニュアンスではなく、どこか「後悔している」「残念である」という意味が含まれていることを察することができますよね。

このようにひとつひとつの漢字の意味を理解していればいいのですが、そうもいかないとさきほどお伝えしたように「謝罪する気持ち」としてこの言葉を使ってしまうことになるんですね。

日本では慣用句であった

そもそも「遺憾」という言葉は今ではビジネスシーンにおいて使われる機会が多い言葉になりましたが、以前は”慣用句”として用いられていました。

今よりももっと日常会話などで使われていたんですよね!

とはいっても、この言葉は海外における何かの発表の際に「○〇が達成されなかったことに対して残念に感じている」という意味でつかわれる機会が多くなり、そのせいもあってか日本でも慣用句というよりは公的な場所で使うことのできることになってきました。

今の日本でも慣用句として、日常的にこの言葉を使っている方もいますがそれでもやはり、昔に比べるとビジネスシーンで使われることがとても増えましたね。

要するにこの言葉はビジネス用語のひとつでもありますが、日常会話でも十分に使うことができる言葉ということになります。

遺憾の類義語

これまでに「遺憾」という言葉についてあらゆる角度からあなたにお伝えしてきました!

しかし、まだまだこの言葉の意味を理解することができない!何を言っているのかわからない!という方もおられるのではないでしょうか。

そのような方におすすめなのは、同じ意味を持っていると思われる”類語”を勉強することです。

あなたは、学生時代にいやでも言葉の類語や対義語なんていうのを学んできたのではありませんか?まさにその類語なのですが、特定の言葉への理解を深めるためにはもってこいのモノになるんですよね。

「遺憾」という言葉の類語をあげてみなさい、なんていわれたところであなたはそれをいうことができるでしょうか?

いうことができる人もいればそうではない人もおられることでしょう。

ということで、ここでは「遺憾」という言葉の類義語をご紹介しています!これらの言葉を読んで、さらに「遺憾」という言葉への理解を深めていきましょうね!

残念

さきほど何度もお伝えしていますが、「遺憾」という言葉には謝罪の意味はなく、「残念な気持ち」というような落胆するような気持ちの意味合いが含まれていましたよね。

つまり、「残念」という言葉は「遺憾」という言葉の類義語になるんですね!

例文で確認していきますと「あなたがそこにいないのは残念です」「あなたがその資料を期限までに提出することができなかったのは残念です」ということができ、これは「あなたがそこにいないのは遺憾です」「あなたがその資料を期限までに提出できなかったのが遺憾でなりません」と表現することができます。

つまり、「残念」という言葉は「遺憾」という言葉とイコールで結ぶことができるということになりますね!

心残り


あなたは、これまでの人生の中で「心残りだなぁ」と感じることはありませんか?

誰しも、人生の中でそのように感じた出来事は一度や二度くらいはあることでしょう。

そんなとき「私はあれができなかったことが心残りである」なんて表現するかと思います。

この言葉は「残念に思っている、本当はそうしたかったけれどそうすることができなかった」という意味で表現することができますよね。

つまり、「心残り」という言葉も「遺憾」という言葉と同じ意味を持っているために、その類語として扱うことができるということになります。

さきほどの例文を言い換えるのであれば「私はあれができなかったことがとても遺憾でなりません」と表現することができます。

つまり、この二つの言葉は類義語としての関係性を持っているということになりますね。

悔しい

「悔しい」というのは、“そうしたかったけれどできなかった”なんていうニュアンスを持っている言葉になります。

「後悔」なんていう言葉があり、その言葉を日常的に使用している方もおられるかもしれないですね。

つまり、何かをしたかったけれどできなかったことに対して心残りがあるし、その状況を非常に残念に思っているという意味合いでもこの言葉を使うことができます。

つまり、この言葉も「遺憾」という言葉の類語として扱うことができるということなんですね!「あなたがそこに来てくれなかったのが悔しい」「あれができなかったことが悔しい」なんて使います。

これは「あなたがそこに来てくれなかったのが遺憾でならない」「あれができなかったことが遺憾です」と言い換えることができるので、この言葉も「遺憾」という言葉の類語として扱うことができるということになりますね!

無念

「それは無念でありません」なんて使う言葉になりますよね。

ずばり、この言葉は何も思うこともできないくらいに残念な状況、なにも太刀打ちできない状況になってしまっているという意味を含んでいます。

おそらく、誰しもがこれまでの人生にそのようなことを感じたことがあるのではないでしょうか。

この言葉も「遺憾」という言葉の類語として扱うことができます。

なぜならば、「遺憾」という言葉にもそのように“なにかをしたかったけどすることができなかった”という意味を含んでいるからなんですね。

ということで先ほどの例文を使うのであれば、「それは遺憾でありません」と言い換えることができます。

心苦しい

「その状況はとても心苦しかった」と使うことができますね。

心苦しいというのは、その言葉通りでどうしても心がついていけない、とても苦しい状況にあるという意味を持っています。

つまり、「その状況はとても遺憾であった」と言い換えることができるんです。

「遺憾」という言葉には、ある特定のことに対してひじょうに残念に思っている状況を指していますから、状況によっては“とても苦しい状況”になっていると説明することも可能ですよね。

そのため「その状況はとても遺憾に感じた」と言い換えることができるようになります。

情けない

「君はどうしていつもそんなに情けないんだ!」なんて言われたことがある方もいらっしゃるかもしれませんね。

「情けない」という言葉は、そこに情がないこと、普通の人であればできるようなことができない残念な様子を示しています。

つまり、何かに対して残念な気持ちを持っているので「遺憾」という言葉と同じ意味として扱うことができるんですよね。

要するにさきほどの例文で言い換えるのであれば「君がいつもそのような態度でいることに対してとても遺憾です」ということができ、これは「君がいつもそのような態度でいることに対して残念に感じているよ=もっとちゃんとできるのではないのかい?」という意味が含まれていることになります。

後悔

あなたは、これまでの人生において「後悔したこと」ってあるのではないでしょうか?

後悔というのは、これまでにお伝えしたきたような「遺憾」という言葉の類語に当てはまる意味をたくさん持っています。

それをすることができなかったことに対して心のここりに感じているとか、できなかったこと・することができないという状況、現在の状況に何かしらの心残りを感じている事態を示しているんですね。

つまり、残念に思っているという点においては「後悔」という言葉で言い換えることができます。

要するに「私はあなたに会いに行かなかったことに後悔している」「後悔したって何も始まらないってわかってるけど…」なんて使うことができます。

また、これらの文章は「私はあなたに会いに行かなかったことを非常に遺憾に感じております」とか「遺憾に感じていることをどうしようもできないこともわかっている」ということができます。

さきほど「悔しい」という言葉をお伝えしましたが、まさにその言葉の意味と同じということができますね!

遺憾の主な使われ方

これまでに「遺憾」という言葉の類語後をお伝えしてきました。

どれも「遺憾」という少し難しそうに感じる言葉を使うよりかは、理解しやすい言葉が多かったのではないでしょうか。

とはいっても、「遺憾」という言葉を使うにあたって「どのように使えばいいのかな」と不安を感じている方もおられるのではありませんか?

そのような方のために、ここでは「遺憾」という言葉の使い方についてお伝えしています!

ぜひ、この言葉の主な使い方を覚えて、これから自信をもってこの言葉を使える状態にしておきましょう。

まさか「あのときしっかり覚えておかなかったことが遺憾でなりません」なんてことにならないようにしたいですね!

遺憾なく

「遺憾なく」という表現方法は、まさに「残念な気持ちはない」ということになります。

「なく」は「なし」の変形した言葉ですよね。

つまり「遺憾」な状態ではないということを示していることになります。

多くの場合で、遺憾な気持ちを持っているときに使うように感じてしまう言葉でありますが、必ずしもそのような状態で使われる言葉ではないということを頭に入れておいてくださいね。

「遺憾なく、その事業に参加できた」なんて使うことができます。

遺憾ながら

ひとつ前にお伝えした表現方法では、まさに「残念な気持ちなんてないですが」という意味を含んでいる言葉でしたが、この言葉はその逆で「残念な気持ちを持っている」ことを指している言葉になります。

つまり、「遺憾ながら」という言葉は、「残念に思っているけれども」という意味になります。

そのように残念で仕方のない気持ちを持っているにもかかわらず、何かをしなくてはいけない、何かを伝えなければいけないという状況でこの表現方法を使うことができるようになります。

「遺憾ながら、この事業に参加させていただきました」なんて使うことができます。

遺憾千万

「遺憾」という言葉には、その言葉を含んでいる四字熟語もあるって知っていましたか?

ずばり、その四字熟語というのは「遺憾千万」という言葉になります。

この言葉の意味は、文字通り「残念に思うこと(遺憾に感じること)が1000万個もありますよ」という意味になります。

まさにあなたはそのような状態にいるのかもしれないですね。

残念に思うことって考えだしたらきりがないですし、人によってはこれまでの人生の出来事が後悔の連続だと感じておられる方もいることでしょう。

つまり、そのように残念に思ってしまうようなことがいくつもある状態を指している言葉になります。

遺憾の正しい使い方・例文

これまでに「遺憾」という言葉を使った表現方法をお伝えしてきましたね!

そうはいっても、その言葉の表現方法を見ても、実際にどのように「遺憾」という言葉を使えばいいのか、まだ想像もできない!という方がおられるのではないでしょうか。

そのような方のために、ここでは「遺憾」という言葉の正しい使い方を例文とともにお伝えしています。

せっかく正しい意味を知っていても間違った使い方をしている方がたくさんいらっしゃいます。

そのようにならないように、せっかく学んだことを無駄にしないようにぜひとも「遺憾」という言葉の正しい使い方や例文を確認するようにしていきましょうね!

不祥事について深く遺憾の意を表します

この文章はどのような意味合いになるでしょうか?

「不祥事について深く残念な気持ちをもっています」という意味になりますね。

それもただ「残念に思っている」ということだけではなく、その気持ちを「あなたに伝えたい」という意思までも伝わってくる文章になります。

つまり「遺憾」という言葉は、自分の気持ちをただ伝えるだけではなく、相手に伝える意思があるというニュアンスまでも含まれているということになります。

この場に彼がいないことは誠に遺憾である

この文書うっは「この場所に彼がいないことはとても残念である」という意味になりますね。

ひとつ前の文章とは違って、ただこの文章の話し手の気持ちを伝えている文章になります。

おそらく「その彼」というのは、この場所に来るべき人材だったのでしょう。

しかし、なんらかの問題あったり、事情があったりしてくることができなかったんですね。

つまり、そこにいるはずであった人がいない、いてもいいような人がいないことに対して残念な気持ちを持っている、本当は来てほしかったという意味が含まれていることになります。

このように「後悔」の気持ちを表す際にも使うことができる言葉になりますね。

人為的なミスが頻発するとは遺憾千万である

「人為的なミスが頻発するとは、とてもとても残念である/悔やんでも悔やみきれない」という意味になります。

「遺憾千万」という四字熟語についてはさきほども意味などをお伝えしてきましたよね。

それは、遺憾に感じるようなことが山ほどあること、悔やんでも悔やみきれないようなことがたくさんあることを意味していました。

つまり、この文章の話し手は「人為的なミスが頻発してしまった」ことに対して「遺憾」に感じざるを得ない状況に陥っていることをさしています。

「遺憾」と「残念」の違い

これまでに何度も「遺憾」という言葉の意味についてお伝えしてきましたが、なかには「遺憾」という言葉って「残念」と同等なのではないかと思われている方もおられるのではないでしょうか。

たしかに「遺憾」という言葉の意味の中に「残念に思っていること」というものがあったので、そのように考えてもおかしくはないでしょう。

しかし、この二つの言葉には違いがみられるんです。

どのような違いかといいますと、”残念に思う範囲”にあります。

「遺憾」のほうが広い意味で、いろいろなことに対して”心残りに思っていること”をあらわすことができますが、「残念」という言葉は「心残りに感じる」ことが小さかったりするときに使うことができる言葉になるということです。

似ているようで似ていないんですね!

遺憾を使用する際の注意点

これまでに「遺憾」という言葉に関していろいろな角度から、その言葉を開設してきました。

もうすでに「遺憾という言葉を使いこなせるぞ!ワーイ!」なんて思われていることでしょう。

たしかにもう大丈夫かと思いますが、念のために「遺憾」という言葉を使用する際に注意しておいてほしいことをお伝えしようと思います。

これを理解しておくことによって、あなたは必ず「遺憾」という言葉をもう間違うことがないでしょう。

ビジネスシーンだけではなくてもいい

現代では「遺憾」という言葉は、ビジネスシーンだけで使われる”ビジネス用語”のひとつとして多くの人に知られていますね。

しかし、そのように必ずしもビジネスシーンだけで使わなくてもいいんです。

というのも、「遺憾」という言葉の語源をお伝えした際にもご紹介しましたが、もともとこの言葉は慣用句として使われていた言葉だからなんですね。

つまり、日常的な会話の中でも使うことができる言葉だったということなんです。

とはいっても、やはり日常的にこのような少し堅苦しい言葉を使ってしまうと周りからの目線が変わってしまうこともあるので、その点では注意しておいてほしいと思います。

まとめ

今回は「遺憾」という言葉について特集してきました!いかがでしたか?

ビジネスシーンでよく見聞きする言葉だからこそ、その言葉の意味をしっかり知っておいてほしい。

そのような筆者の思惑から今回の記事を作成することとなりました。

ビジネスというのは、ちょっとした言葉の言い間違いや使い方のミスで足元を見られてしまうことになります。

そしてあなたのビジネスチャンスを失ってしまうことにもなりかねません。

そのようにならないように、今回ご紹介してきた「遺憾という言葉の意味」そして「どのように使うのか」というのをもう一度おさらいして、あなたに訪れたビジネスチャンスを必ずものにしてくださいね!