あなたは、「シュリンク」という言葉を聞いたことはありますか?

ビジネスマンであれば、これまでのビジネスライフにおいて一度くらいは「シュリンク」という言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか。

とはいっても、その言葉の意味をしっかりと理解している方は少ないはずです。

というのも、「シュリンク」という言葉は、多用している人もいれば、まったくもって使ってない人もいるからです。

「ありがとう」のように誰でも使うよな言葉であれば、だれもがその本当の意味を理解してその言葉を使用しているものです。

しかし、少し珍しく感じることのできる「シュリンク」という言葉はそうもいかないんですよね。

そうはいっても、社会人になり、ビジネスシーンにいる機会が多くなればなるほどに「シュリンク」という言葉に出くわす機会が増えることでしょう。

そのようなときにしっかりと「シュリンク」という言葉を理解できるようにするためにも、その言葉について学んでおきませんか?

この記事では、ビジネスシーンにおいて使われる言葉である「シュリンク」という言葉について特集しています!

その言葉がどのような意味を持っているのか、また、どのように使うのかを解説しています。

それだけではなく、どのようにしてこの言葉への理解をさらに深めるために「シュリンク」の類義語や対義語までもお伝えしています!

この記事を読めば「シュリンク」という言葉については、ばっちりマスターできることでしょう。

️社会人なら知っておきたい!シュリンクとは?

社会人のみなさん!あなたは、これまでに「シュリンク」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

また人によっては、見聞きはしたことはないものの自分自身がたくさんにこの言葉を使ってしまっている、使っているんだよね、なんていう方もおられるかもしれないですね。

この言葉を見聞きした経験がまったくない、それに使った経験もないというような方は、この言葉が一体どのような意味を持っているのかなんてまったくもって想像できないはずです。

とはいえ、ビジネスシーンにおいて「シュリンク」という言葉は、よく使われるんですよね。

人によっては、そのビジネス用語が体にしみついてしまうことによって、プライベートシーンにおいても「シュリンク」という言葉を使うことができるなんて言うこともあるでしょう。

どんなシーンで使われているにしろ、「シュリンク」という言葉はどのような意味を持っているのかを理解しておかなければ、「シュリンク」という言葉を使った人の気持ちを汲み取ることもできませんし、相手が何を伝えたいのか、相手が何を伝えようとしているのかなんてまったく想像できないことでしょう。

なかには、某アニメ映画でもある緑色のモンスターである「シュレッ○」の言い間違いなのではないか…なんて感じてしまう人もいるかも…いないとしても、「シュリンク」という言葉の意味を知っておきたいですよね!

それに社会人であれば、必ずにこの言葉の意味を知っておいてほしいのです。

ということで、ここでは「シュリンク」という言葉の意味について解説しています。

いったいどのような意味があるというのでしょうか?

「シュリンク」はビジネス用語?


意味をお伝えする前に、あなたはもしかしたらこのような疑問を抱えていませんか?

「これまで長いビジネスライフを過ごしてきたけれども、まったくもってこれまでに“シュリンク”という言葉をきいたことがなかった」なんていうようなこと。

そうですね。

さきほどもお伝えしましたが、人によっては「シュリンク」という言葉に出会うことなくビジネスライフを送ってきてしまった人もいるかもしれないですよね。

そのような人にとっては「シュリンク」という言葉そのものが、本当にビジネス用語なのかどうなのかという点でひっかかってしまっているはずです。

ずばり、はっきりとお伝えしますが「シュリンク」という言葉はれっきとしたビジネス用語になります。

それももともとは、“IT業界”のみで使われていたビジネス用語であり、そのためにそれ以外の業種についていたり、それ以外の業界で仕事をしている方はこの言葉を耳にしたことがなかったのかもしれません。

シュリンクの意味

そんな特定の業界だけでもともと使われていた「シュリンク」という言葉にはいったいどのような意味があるというのでしょうか?

ずばり「縮小」の意味があります。

IT業界では、パソコンなどのコンピュータを使ってお仕事をすることになりますよね。

その際には図式などを小さくすることも出てくるかと思います。

そのようなときに“シュリンクする”といって、その図式を縮小したり、小さくすることを意味するために使っていました。

あなたもこのように「シュリンク」という言葉を使ったことがあるのではないでしょうか?

今ではIT業界だけではなく、あらゆる業界でもこの言葉が使われているので「シュリンク」という言葉の意味を知っておいて損はないといえるでしょう。

それに「それを縮小しておいて」というよりかは「それをシュリンクしておいて」といったほうが、なんだかかっこよく聞こえませんか?

そのように「シュリンク」というようなカタカナのビジネス用語は、その伝えることをさらに良い響きで、かっこよく、それも“できるビジネスマン”として主張できるポイントにすることができるんですね!

ビジネスシーンで利用されるシュリンクの意味


あなたは、ビジネスシーンにおいてこれまでに「シュリンク」という言葉を使ってきたでしょうか?使ってきた方であれば、どのような意味合いで使ってきたのかなんていうのはすでに分かっているかと思います。

しかし、「シュリンク」の意味が“縮小”だったとはいっても、その言葉がビジネスシーンでは具体的にどのような意味を持っているのかなんて想像することはできないですよね。

それにそのままにしておくからビジネスシーンで「シュリンク」という言葉が登場した時に困ってしまうんです。

そのようにしないために、ここでは「ビジネスシーンで利用されるシュリンクという言葉の意味」についてお伝えしています。

ぜひ、以下の意味あいでこれから「シュリンク」という言葉を使うようにしてみてくださいね!

ものやデータを包んで、縮小すること

もともと「シュリンク」という言葉はIT業界のみで使われている言葉ということでしたね。

そのため、その名残もあり“ものやデータなどを包んで縮小する”という意味があります。

よく「ZIP圧縮して!」なんて指示を受けたり、そのような指示を受けている人を見たことがあるのではないでしょうか。

そのように、ものやデータを一つの塊にするためになにかに包み、さらにそのままの大きさだと大きすぎるのでさらに縮小するということで「シュリンク」という言葉を使うことができるんです。

主にデータなどを圧縮する際に使う言葉になります。

あなたもパソコン上においてデータを圧縮した経験があるのではありませんか?

市場や購買意欲などが縮む

サービス業に従事している方や株式投資をしている人であれば、市場や購買意欲が縮むという意味で「シュリンク」という言葉を使うことができることもなんとなく知っているのではないでしょうか。

「シュリンク」という言葉には“縮小する”“小さくなる”という意味があり、それを市場などに見立てると市場などにおいて、「市場や購買意欲などが縮む」ということができるようになります。

人々の好きなものや興味のあるものというのは、刻一刻と変化しており、それと同時に「市場などの傾向」も変わってきますよね。

つまり、そのことを「シュリンク」という言葉で伝えることができるのです、

️シュリンクの実際の使い方

これまでにビジネスシーンにおいて「シュリンク」という言葉はどのように使われているのか、その意味合いについてお伝えしてきました。

とはいえ、そのような意味合いがあると分かったとしても「その言葉」をどのようにして使えばいいのかわからない!という方もおられるのではないでしょうか。

そのような方はぜひとも「シュリンク」という言葉が実際にはどのように使われているのかを確認しておきましょう!それを確認することによって、「シュリンク」という言葉をどのように使えばいいのかしっかりと把握できるようになるはずです。

自動車業界の市場はシュリンクが進んでいる

これはどのような意味を持っていると思いますか?

使い方の前に、その文章内において「シュリンク」という言葉がどのような意味を持っているのかについてしっかりと把握しておきましょう。

ずばり「自動車業界の市場が縮小している」という意味になりますね。

たしかに現代社会における自動車業界というのは、昔に比べるとその市場は縮小してしまったといわれています。

その原因として若者の自動車離れなどをあげることができますよね。

このように特定の市場の状況が悪くなっていること、需要がなくなってきていることを示す時に「シュリンク」という言葉を使うことができるようになります。

「シュリンク」というのは“市場の状況を表すことができる”というポイントを押さえておくと使いやすいでしょう。

この業界は徐々にシュリンクしていくだろう

この文章はどのような意味を持っているでしょうか?ずばり「この業界は少しずつ縮小していくだろう」という意味になりますね。

まさに「シュリンク」という言葉そのものを使うのにピッタリの文章であるということができるのではないでしょうか。

さきほどもお伝えしましたが「シュリンク」という言葉は単なるデータなどを縮小することだけではなく、市場や特定の業界の需要がなくなっていること、なくなってきていることを示すときにも使うことができる言葉になります。

そのため“この業界”というのがどの業界を指しているのかわからないものですが、それでも「シュリンク」という言葉を使うことができるということなんですね!

このチップではこれ以上のシュリンクが厳しい

この文章はどのような意味を持っているでしょうか。

「このチップではこれ以上、縮小するのは難しい」という意味合いになりますね。

“このチップ”をもっともっと小さくしたいという要望があったのでしょう。

しかし、それ以上小さくしてしまうとその効能がなくなってしまうだけではなく、さらにそのチップの意味までもなくなってしまうのでしょう。

そのようなことを伝えようとしているのが伝わってきます。

このように「シュリンク」という言葉はさきほどお伝えした“市場”などの目に見えないものだけではなく、目に見える形のものである物体にも使うことができる言葉になります。

また、これから先チップを体に埋め込むのは当たり前になるといわれていますよね。

そんなこともふまえ、痛い思いをしないようにもっとチップを小さくしてほしいと思うものです。

C社の事業はこの1年間で5%シュリンクしたみたい

この文章は「C社の事業はこの1年間で5%縮小したみたい」という意味になりますね。

要するにC社の業績が悪化しているということになります。

企業というのは良い時もあれば、悪い時もあるものですがさすがに5%でも縮小してしまうというと会社内では大問題になりますよね。

それを第3者の目線からみて話し合っているということになります。

このように「シュリンク」という言葉は実際に、現実で起きていること、それも企業のような大きな形のものでも使うことができることになります。

️シュリンクの類義語

これまでに「シュリンク」という言葉の使い方につい見てきましたね。

すでに「シュリンク」という言葉音使い方はばっちりに違いないなんて思っている方もおられるのではないでしょうか。

しかし、それでは不完全ということができるでしょう。

さらに「シュリンク」という言葉への理解を深めるために、ここでは「シュリンク」という言葉の類義語についてお伝えしています。

類義語というのは、その特定のことばとほぼ同じ意味を持っている言葉であり、その特定の言葉を理解するにはもってこいの言葉になります。

ということで、さっそく「シュリンク」という言葉の類義語についてみていきましょう。

縮小

これまでに「シュリンク」という言葉の意味についてお伝えしましたが、その意味には「縮小」というものがあるということをお伝えしましたね。

そのまんまになってしまうのですが、「シュリンク」という言葉の類義語には「縮小」があります。

類義語というよりかは、まったくもって同じ意味なので理解しやすいですね。

さきほどにも例文をあげましたが「あなたの会社の事業はシュリンクするだろう」ということができ、その文章の意味は「あなたの会社の事業は縮小するだろう」ということができます。

減少

「縮小」という言葉だと、その事業などが縮こまっていく様子、さらには図式や物体などを小さくする様子などを想像できるかと思います。

しかし、「シュリンク」という言葉はもっと広義の意味で見ると「減少する」ということができるんですね。

できほど「自動車業界はシュリンクするだろう」というような例文がありましたね。

これは自動車業界そのものが縮小するということを指しており、それと同時に「自動車業界にかかわる人が減っていくことになる」という意味までも伝えていることになります。

つまり、「減少」という言葉は「シュリンク」という言葉と類義語ということができるんですね!

低迷

ひとつ前の項目において例文で「自動車業界はシュリンクするだろう」というものをお伝えしました。

この文章は、自動車業界そのものが縮小するという意味を持ってます。

では、どうしてそのような業界が縮小することになってしまうのでしょうか?ほとんどの場合、売り上げが下がってしまうことが関係していますよね。

つまり、その業界が“低迷している”ことをさしています。

いいときもあれば悪い時もあるのがビジネスというものですが、そのような“低迷している”ことを「シュリンク」という言葉で表すことができるんですね。

つまり、「自動車業界はシュリンクするだろう」という例文は、「じぢょう者業界は低迷するだろう」とも言い換えることができるということになります。

落ちる

「シュリンク」という言葉は「減少する」だとか「低迷する」というような意味を持っていることをお伝えしましたね。

それって「業績などが落ちている」「成績などが落ちた」ということを示していると同じ事になりますよね。

ずばり、そのため「落ちる」というようなとても簡単な言葉でも「シュリンク」の類義語として扱うことができます。

例えば「自動車業界の業績はシュリンクするだろう」というのであれば、「自動車業界の業績は落ちるだろう=悪くなるだろう」ということを指します。

圧縮

これまでの文章の中でもお伝えしましたが、ビジネスシーンにおいてよく使われるのはこの意味合いになるでしょう。

ずばり「圧縮」という言葉ですね。

これはあらゆるバラバラになっていたものを一つにまとめ、そのままでは膨大になってしまうので小さくおさめることをさしています。

お布団や洋服を入れておく“圧縮袋”なんていうのを想像するとわかりやすいかもしれません。

たくさんあって、それもかさばっていた洋服であっても圧縮袋にいれることによってまるで1枚の洋服のような厚さにすることができますよね。

つまり、「圧縮」というのは、もともと大きかったものをまとめてちいさくするということになり、特にPCなどを使ってお仕事なさっている方であれば「圧縮」する作業をした経験があるはずですよ。

「そのデータたちをシュリンクして!」「シュリンクしたデータを解凍ソフトであけといて」なんて使うことになります。

️シュリンクの反対語

これまでに「シュリンク」という言葉の類義語をいくつかお伝えしてきました!類義語があるということは、反対の意味を持っている「対義語」もあるということになります。

ここでは、そんな「シュリンク」の反対語についてお伝えしいます。

いったいどのような反対の言葉があるというのでしょうか?早速見ていきましょう。

拡大

「縮小」という意味を持っている「シュリンク」ですから、単純に考えても「拡大」というのは反対を意味する言葉になりますよね。

小さくするの反対はだれがどう考えても「大きい」になるからです。

つまり、ものを広げ大きくする作業をする「拡大」というのも「シュリンク」の反対語として扱うことができます。

これは簡単にイメージできますね。

成長

「シュリンク」というのは、業績などが悪化してしまい、さらに低迷、その事業が伸び悩んでしまうことを意味することもあるということでした。

それって成長が止まっているということでもあり、そのことから「成長する」というのは「シュリンク」の反対用語として扱うことができるかと思います。

「シュリンクしていたあの会社だけど、最近急成長したよね!」なんて使うこともできますね。

ちなみにこの文章は「業績が悪くなっていたあの会社だけど、最近急成長したよね!」という意味になります。

増加

「縮小」というと、それが「減少する」のと同じことである、と自動車業界の例文を使ってお伝えしましたよね。

そのような観点から見ると「シュリンク」の反対語に「増加」という言葉を充てることができるかと思います。

現象の反対は、“増加”ですものね。

また、「あのシュリンクしていた顧客層だけど、最近増加してきたんだよ」なんていうこともできますね。

これは、「あの減少していた顧客層だけど、最近増えてきたんだよね」という意味合いになりますね。

拡張

すでに何度もお伝えしていますが「シュリンク」という言葉には「縮小」という意味合いは含まれています。

つまり、それは縮こまってしまっている、小さくなってしまっているということ。

その反対をいうのであれば「拡張」ということができるのではないでしょうか。

「拡張」というのは、この漢字の通りで広がり大きくなることをさしていますね。

つまり、今の状況よりも大きくなっていく様子をうかがうことができます。

そのため、「縮小」とは全く正反対の意味を持っている言葉になります。

例えば「拡張していたあの仕事も、今となってはシュリンク気味だ」なんて使うことができます。

この文章は「拡大していっていたあの仕事だけど、今となっては縮小してきている=事業がうまくいかなくなっている」という意味になりますね。

上昇

「シュリンク」というのは、どちらかというと“悪いニュアンス”を持っている言葉だというのはなんとなく感じられたのではないでしょうか。

「圧縮」などデータにおいてその言葉を使う際にはプラスもマイナスも言うことはできませんが、市場や業績などに対して「シュリンク」という言葉を使う場合には、どうしても悪いイメージのものとして使うことになってしまいますよね。

つまり、そのような悪い状態をよくしていくのが「シュリンク」の反対語ということができるので「上昇」という言葉までも「シュリンク」の反対用語として扱うことができます。

「シュリンク」という言葉を使ってさきほどは、「自動車業界はシュリンクする」と例文をお伝えしました。

これはその業界が下がっていくこと、悪くなっていくことを意味していますね。

この文章が「自動車業界は上昇するだろう」というのであれば、これからその全体の業績やムードがよくなっていくということを感じることができますよね。

️シュリンクを用いた言葉

これまでに「シュリンク」という言葉についていろいろな角度から解説してきました。

とはいえ、「シュリンク」という言葉をそのまま使うのってなんだかこしょばゆい感じがしませんか?

そうなんです!「シュリンク」という言葉は単体でも使うことができるのですが、多くの方が“なにかにくっつけて”その言葉を使うようにしているものです。

だからこそ、いざ自分が「シュリンク」という言葉を使おうとしているときには、どこか物足りないような、本当にこのような使い方でいいのだろうか・・・なんて感じてしまうんですよね。

そのようにしないために、ここでは「シュリンク」を用いた表現をご紹介しています。

もちろん、これまでにお伝えしてきた例文のように「シュリンク」という言葉を使うこともできるのですが、「シュリンク」という言葉の使い方はそれだけではないということを頭に入れておいてください。

では、さっそく「シュリンク」という言葉を用いた表現方法をいくつか見ておくことにしましょう!

シュリンク包装

「シュリンク包装」というのは、どのような包装だと思いますか?

何かのギフトを包むお仕事をなさっていたり、オークションやフリマサイトで商品を売るような経験がある方というのは、これがどのような包み方なのかをすぐに説明することができるのではないでしょうか。

ずばり“圧縮包装”になりますね。

郵便物というのは、分厚ければ分厚いほどに送料が高くなってしまうものですが、それを避けるために多くの企業などが“圧縮して包装して送料を安く”しています。

そのように何かしらで圧縮すること、もともとのサイズよりもずいぶんと小さいサイズにしてまとめることを“シュリンク包装”ということができます。

今では圧縮ぶくとなんかも100円ショップで気軽に手に入れることができるので、何かを郵送する機会があったのであればぜひとも“シュリンク包装”にチャレンジしてみるといいでしょう。

シュリンク業界

ここ数年で伸びてきている業界もあれば、まったくもって伸びなくなってしまった、さらには伸び悩んでいる業界というものがありますよね。

こればかりは時代の流れも関係しているのでどうしようもないものですが、そのように“縮小している業界”=“業績が悪化している業界”のことを「シュリンク業界」という言葉で表すことができます。

さきほどもお伝えしましたが、自動車業界なんていうのは現代ではシュリンク業界ということができますよね。

また、これまではシュリンク業界だと思われていた業界でも急に上昇して、そのレッテルがはがされるようになることも少なくありません。

レコード業界なんていうのは、最近になって再熱してきていますね。

シュリンク加工

あなたは、画像の加工などを行ったことはありますか?また画像ソフトを使用したことがあるでしょうか。

そのようなソフトを使用したことがある方というのは、必ず「シュリンク加工」という言葉に出会ったことがあるはずです。

というのも、「シュリンク加工」というのは、特定のものを“圧縮する”加工をする機能になります。

例えば、画像や写真が大きすぎるときにそのまま印刷してしまっては、陽子からはみ出てしまうこともあるかもしれないですよね。

それを避けるために、シュリンク(縮小加工)することによって、きれいに養子に収まる等にプリントアウトすることができるんです。

今ではパソコン上でイラストを描くことができる時代になりましたから、パソコン関連のお仕事なさっている方であれば「シュリンク加工」という“縮小の加工をすること”という言葉はおさえておくべきでしょう。

シュリンク経済

最近の経済について、あなたはどのような意見を持っていますか?

人によっては「まだまだこれから伸びる!」とか「今の政治じゃあだれもついていかないし、そのせいで経済が悪くなってしまうよ」なんて思っている人もいるかもしれないですね。

働き方改革なんていうのが行われていますが、それでも経済は伸び悩んでいますね。

そんな”経済が悪くなっている状況”というのを”シュリンク経済”という言葉で表現することができます。

「シュリンク経済」というのは、その名のとおりで「経済が縮小してきているということ」をさしています。

つまり、「経済が悪化している」「経済がよくなくなってきている」という状況を指しているんですね。

経済の流れが悪くなれば時期によくなっていくものですが、消費者にとってはやはり不安要素が残ってしまいますよね。

️まとめ

今回は、ビジネス用語のひとつである「シュリンク」という言葉について特集してきました!いかがでしたか?

「シュリンク」という言葉は、「縮小」という意味を持っており、物体に使うこともできれば目に見えないような状況に使うことができる言葉であるということもお伝えしました。

さらに「シュリンク」という言葉をさらに理解できるように類義語や対義語までもご紹介しましたね。

使いこなすことができればとてもカッコイイビジネス用語ですから、その意味をしっかり理解して間違わずに使いこなせるようになりましょう!

その際にこの記事を参考にしていただけたら幸いです。