「ご了承くださいませ」なんて、ビジネスマンであればこれまでに何度も使ってきた経験がある方が多いのではないでしょうか?

この「ご了承ください」という言葉はビジネスシーンであれば、だれもが簡単に使えてしまう言葉なんですよね。

しかし、人によってはそんなありふれている言葉だからこそ、本当の正しい意味でその言葉を使いこなせていないなんてよくあることなんです。

あなたは、「ご了承ください」という言葉について、しっかりとした意味を理解して、そしてその言葉を使いこなせているという自信をもつことができるでしょうか。

おそらく多くの方が「あまり深く意味を知らない」「なんとなく使っている」「誰もが使っているので、この言葉を使うシーンは把握している」なんていう理由で、「ご了承下さい」という言葉を使ってしまっているかしれないですよね。

あなたもそうなのではないでしょうか?しかし、それではビジネスマンとして、とても恥ずかしい状態だといえます。

なぜならば、あなたは間違った意味で、間違った場面で「ご了承ください」という言葉を使ってしまっている可能性があるからです。

それではビジネスマンとして足元をみられてしまうことになります。

そのようにならないために、そのようにしないためにこの記事では「ご了承ください」という言葉について特集しています。

「ご了承ください」という言葉はどのような意味を持っている言葉なのか、どのようなシーンにおいてどのような使い方をするのが正しいのかについて解説しています。

この記事を読めば必ず「ご了承ください」という言葉への理解を深めていくことができるはずですよ!

️正しく使いたい!「ご了承ください」

あなたは、これまでのビジネスライフにおいて「ご了承ください」という言葉をどれくらい使用してきたでしょうか?

人によっては、そりゃあ毎日のように使ってしまっている人もいるでしょうし、人によっては毎日ではないものの高い頻度でその言葉を使ってしまっている、そのような言葉を使う機会に出くわすのが多いという方のほうが多いでしょうね。

なんてたって、この「ご了承ください」というビジネス用語は、あらゆるビジネスシーンにおいてとても使い勝手がよく、使い方やきちんとした意味合いを知っていなくてもそれを使うことができてしまうからなんです。

それにこの言葉はあなただけではなく、ビジネスマンであればだれもが使っている言葉になるので、「あの人がこんな風なニュアンスで使っていたな」と思い出せば、その人が使っていたような使い方で「ご了承ください」という言葉を使ってしまうんですよね。

そのようなスタイルで「ご了承ください」という言葉を使い始めた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

とはいっても、「ご了承ください」にそんなに深い意味はないだろうし、それにその意味を知ったところで自分のビジネス人生が変わるはずがない!あんまり関係ないんじゃないの?なんて思われる方もおられるのではないでしょうか。

いいえ。

言葉というのは、特にビジネス面においては「その人を見る」「評価する」“材料”になる要素のひとつといわれています。

もちろん人を言葉遣いだけで見ることはなく、見た目だとか清潔感や仕事への姿勢で見ることもできます。

しかし、「ご了承ください」という誰もが使う、それも高頻度でビジネスシーンに登場する言葉さえも正しく使えていないというと、どうしても「ああ、この人はビジネスの基礎がなっていないんだな」「人としてまだまだなんだな、ということは仕事に対してもあまりよくはないかもしれない」なんて思われるようになってしまうんです。

それじゃあ、あなたのビジネスが失敗に終わってしまうかもしれませんし、そのような悪い事態は誰もが避けたいと感じるでしょう。

そのような事態にしないためにも、ここでは「ご了承ください」という言葉の「正しい意味」について解説しています。

「ご了承ください」という言葉の正しい意味を知ってから、この言葉の正しい使い方について学んでいくことにしましょう。

ご了承くださいの意味


あなたは、これまでにおそらく何度も「ご了承ください」という言葉を使ってきたはずです。

そのような言葉を使っているとき、どのような意味を持っている言葉として使用してきたのでしょうか。

おそらく、多くの人が「相手に理解してほしいことがあるときにそのことを促すため」とか、「相手に理解してもらいたいことがあるとき」なんていうニュアンスで使ってきていることでしょう。

はっきりいいますと、それでも悪いとはいいません。

しかし、もっときちんとした意味合いにおける「ご了承ください」という言葉について学んでおきましょう。

納得してほしいこと、理解してほしいという気持ちを示す

あなたはビジネスシーンなどにおいて、「相手にこれだけはわかってほしいんだよね」なんて思うようなことがあるのではないでしょうか?

例えば、商品の注文を受けたけれどもちょうど台風が来ていて、その台風の影響によってお客様のもとへ商品が到着するのがいつもより遅くなってしまうようなシーンを思い浮かべてみましょう。

物わかりの良いお客様、理解をすぐに示してくれるお客様であれば説明はあまりいらないかもしれませんが、それでも「台風の影響で商品の到着が遅れるかもしれない」ということは、あらかじめ発生することを予測することができるものであり、それによって注文を最初からしないとかするとかを決めてほしいと思うはずです。

このように何かが起こる前などに「あらかじめ納得しておいてほしいこと」や「理解してほしいことがある」という気持ちを伝えることができる言葉になります。

中には、このような意味があると知って「普通に、納得お願いしますとかご理解願いますなんて表現にすればいいじゃない!」なんて思われる方もおられることでしょう。

しかし、そうではないんですよね。

「ご了承ください」というのは敬語の一種であり、この言葉ひとつとしてその意味を持っていることになります。

また、理解してほしいという気持ちを持っている中にも、どこか申し訳ない気持ちも持っています、というニュアンスまでも伝えることができるので、一石二鳥の言葉になるんですよね。

ぜひ、あなたもそのように何かを理解してほしい、納得しておいてほしいと思うようなことがあったときには「ご了承ください」という言葉を使うようにしてみましょう!

️「ご了承ください」を使用するシーン

これまでに「ご了承ください」という言葉の意味について深くお伝えしてきましたね。

あなたがこれまでに使っていた意味合いと合致していたでしょうか?それともこれまでは、まったくもって別の意味で「ご了承ください」という言葉を使ってきていたのでしょうか。

これまでにどんなに間違った使い方をしてきていたとしても、すでにさきほど“正しい意味”を知ることができたので「もう二度と使い方なんて間違わないぞ!」と思われているはずです。

しかし、そのような気合の入った気持ちがあったとしても、「ご了承ください」という言葉の使い方を間違ってしまう人がいるんですよね。

つまり、正しい意味を知っていても「ご了承ください」という言葉を使うシーンを間違えてしまう人がこの世の中にはたくさんいるということになります。

その間違ったシーンで使われているのを聞いたりした人が、その間違ったシーンで今度は「ご了承ください」という言葉を使うようになり、どんどん間違った使い方というのを伝えていくことになってしまいます。

もうそのような悪循環をとめましょう!そのために、ここでは「ご了承ください」という言葉は、いったいどのようなシーンで使えばいいのかについてお伝えしています。

まさに「どこで使うべきなんだろう」「どこで使うのはおかしいんだろう」なんて悩まれている方には、とても良いヒントになるはずですよ!

ビジネスシーン

もうこれまでに何度もお伝えしていますが「ご了承ください」という言葉は、ビジネスシーンで多く使われる言葉になります。

公的な場面…といえばわかりやすいでしょうか。

友達や親、恋人などと会っている時の会話において「ご了承してよね」なんて言葉は絶対に使わないですよね。

つまり、「ご了承ください」という言葉はビジネスシーンにおいて使われる“敬語”をさしているんで。

当たり前かもしれませんが、公的な場面、それもビジネスシーンでは敬語以外のタメ口などきかないですよネ。

それにビジネスシーンで間違った使い方をしてしまっている人がたくさんいるので、それが問題になっているということもお伝えしております。

もしもあなたがビジネスシーンにおいて「ご了承ください」という言葉を使いたいと思っているのであれば、それは正解ですのでそのようなシーンでは使うようにしてみましょう!

友達同士の会話などプライベートシーンにおいて「ご了承ください」とは使うことはないので、どうしても使いたくなってしまっても我慢してくださいね。

ビジネス文書で


あなたは、これまでのビジネス人生において「ビジネス文書」を作成したことはありますか。

それは社内へ配布する資料なんてこともあれば、取引先や契約先、さらには顧客へ渡すための資料を文書化するようなこともありますよね。

つまり、ビジネス文書というのは、先ほどと同じくプライベートの場所においては使わない言葉になります。

どんなに仲が良かったとしても会社内での人間関係は、“公的なもの”“ビジネスパーソン”として扱うことになりますから、どんなに親しい間柄の人も読むような資料でもビジネス文書では「ご了承ください」という言葉を使わなければなりません。

間違っても「わかってくださいね!」なんて書かないようにしましょうね。

ただのバカだと思われることになってしまいます。

️「ご了承ください」と似た日本語

これまでに今回の記事のテーマともなっている「ご了承ください」の意味やその言葉の使い方についてお伝えしてきました!いかがでしたか?

しかし、人によっては「ご了承ください」という言葉に似ている言葉がたくさんあるので、どの言葉をどのようなときに使えばいいのかわからない!どうしたらいいのかわからない!「ご了承ください」という言葉の意味を知ったところであまり意味がない!なんて思われている方もいらっしゃることでしょう。

それって「ご理解ください」とか「ご容赦ください」なんていうような言葉なのではありませんか?さきほど「ご了承ください」という言葉の意味をお伝えした中でも「ご理解下さい」と似たような表現を少し例に挙げましたよね。

つまり、「ご了承ください」という言葉は、似ている言葉がたくさんあるんです。

しかし、厳密にいえばそれぞれにそれぞれの意味があり、まったくもって同じ意味を持っているということにはならないんですよね。

ということで、そのような「ご了承ください」と似ている日本語には、どのような意味があるというのでしょうか?

また、どのようにして使いこなせばいいというのでしょうか?さっそく「ご了承ください」という言葉に似ている日本語について詳しく見ていきましょう。

「ご理解ください」

まず一つ目にあげられるのが「ご理解ください」という言葉になりますね。

「ご了承ください」という言葉には「相手に理解しておいてほしいこと、納得しておいてほしいこと」なんていう意味があったので、まったくもって同じ意味を持っているのではないかと感じてしまいがちです。

しかし、「ご理解ください」という言葉は、「ご了承ください」という言葉の意味をさらにワンランク強めた意味を持っている言葉になります。

つまり、「ご了承ください」というだけでは納得してくれないような人、もしくはそのことに対してなにかしらの不満を抱えている人に対して使う言葉だということになります。

敬語としての使い方は間違ってはいないのですが、“どれくらい相手に理解してほしいと感じているか”というレベルにおいては、「ご理解ください」という言葉が上を言っているようになるんですね。

つまり、あなたがお客様に「台風の影響によって商品の到着が遅れること」を理解してほしい、納得してほしいと思った時には「ご理解ください」ということができます。

それも、「なんで遅れるのよ!」なんて不満を言い出す人にも「もうどうしようもないんですよね」なんて、それ以上の不満を言わせないような状況を作ることのできる言葉になります。

つまり、「理解してほしい」という強度でいえば、ご了承ください<「ご理解ください」という順番になるということができます。

「ご理解ください」の使い方

では「ご了承ください」という言葉よりは強い意味合いを持っているという「ご理解ください」という言葉はいったいどのようにして使えばいいのでしょうか?また、どのように使えば正しい使い方になるのでしょうか。

この言葉も「ご了承ください」という言葉と同じように常日ごろから使うことのできる言葉になりますよね。

そのため、「ご理解ください」という言葉も間違った使い方をしてしまっている人がたくさんおられるんです。

せっかく意味までもしっかり理解したのですから、ここで正しい「ご理解下さい」という言葉についての使い方を確認しておきましょう!