「キャッチアップしないと!」なんて言われて、相手が何を伝えようとしているのかまったくもってわからなかったというそこのあなた!

キャッチアップ」という言葉は、ビジネスシーンだけではなく、社会人になればあらゆる場所で使うことのできる言葉であり、それと同時によく耳にする機会も多い言葉になります。

とはいっても、その本当の意味をきちんと理解しないままに、この言葉を使ってしまっている人というのはたくさんおられるのではないでしょうか?

それに人によっては、相手が何を言っているのかわからずに“なんとなくのニュアンス”でその言葉を受け取り、なんとなくで言葉を理解している…なんていうこともあるかもしれませんね。

それじゃあ、とっても危険な状態にいるということになります。

なぜかといいますと、これまでは相手の言っていることを“なんとなく受け取る”ことができていたものの、それがいつまでたっても続くことはないからなんですよね。

しかし、そうはいっても「キャッチアップ」なんて言葉、カタカナでまるで英語を勉強するような気持になってしまうので、その言葉を深く知りたくない!もう知らない!知りたくない!なんていう方もおられるかもしれないですね。

それじゃあいけませんよ!この記事では、英語が苦手だと感じているあなたでも理解できるように、わかりやすく「キャッチアップ」という言葉をご紹介しています。

その言葉がどのような意味を持っているのか、そしてそれぞれの業界においてどのような意味合いで使われているのか、また、そんなキャッチアップを磨くためにはどのようにしていけばいいのかについてもお伝えしています。

ぜひ参考にしてみてくださいね!

️キャッチアップってどういう意味?

あなたは、これまでに「キャッチアップ」という言葉を耳にしたことはあるでしょうか?人によっては、まったく聞いたことがない、見たことがないという人もいれば、毎日のようにビジネスシーンなど仕事場面で耳にするし、実際に自分もその言葉をよく使っているという人もいるかもしれないですよね。

とはいっても、そのように「キャッチアップ」という言葉を多く使っている方は、その言葉をしっかりと理解できているでしょうか。

おそらく、ほとんどの方がキャッチアップという言葉の意味をしっかり理解しないまま、どんな言葉なのかもわからないままにその言葉を使用してしまっているのではないでしょうか。

とはいえ、冒頭でもお伝えしましたが「キャッチアップ」というような、日本語ではないような言葉を理解するのを拒んでしまう人もいますよね。

それは学生時代に英語の授業をとてもいやに感じていた人でしょう。

しかし、そのように逃げてばかりいても現状を変えることはできません!

それどころか、あなたのキャッチアップ力を下げたり、さらに間違った意味でキャッチアップという言葉を使うことによって、あなたは一人の社会人として“未熟な人”なんて思われることになるかもしれないんです。

相手としっかりと交渉したり、さらには「人として一人前」とみられるためには、このような多く使われる言葉こそしっかりと意味を理解しておきたいものですよね。

ということで、ここではまず「キャッチアップ」という言葉が一体どのような意味を持っているのかについてお伝えしています。

あなたは、どのような意味だと思っていたでしょうか?

その意味はあっていたのでしょうか?

また、まったくもって「キャッチアップという言葉を知らない方でも、ここの意味を確認して、この言葉を使うときには正しい意味で使えるようにしておきましょうね!

追いかける、追いつく

「キャッチアップ」という言葉は、英語で書くと「catchup」と書くことができるんですが、“catch”という単語は“つかむ”とか、その目標としているものに近づこうとするような意味合いを持っていますよね。

つまり、「キャッチアップ」という言葉には、「追いかける」「追いつく」という意味が含まれていることになるんです。

キャット(猫)がキャッチアップした(追いかけた)なんて語呂合わせでも覚えることができるはずですよ!
また、あなたが仕事上において「目標としていたペースにあってない!そのペースに戻していかなきゃ!」とか「相手のペースに追いつくようにしなきゃ!」なんて思うようなことがあるのではないでしょうか。

そのようなときに「キャッチアップ」という言葉を使うことができます。

とはいっても、ビジネスシーンや業界によってどのような意味でつかわれているのか、使うべきなのかは異なってくるのでぜひとも「追いかける」「追いつく」というのは基本的な意味合いとして受け入れるようにしてくださいね。

それぞれの業界において、どのような意味合いで使われているのかについては、のちほどお伝えしていきます。

キャッチアップの類語


これまでに「キャッチアップ」という言葉の意味をお伝えしました。

たった一つの意味だったので「なぁーんだ、そんなに難しい言葉ではないじゃない!」なんて思うことができたのではないでしょうか。

しかし、人によっては「キャッチアップ」という言葉をまだまだ理解できない、もっと詳しく理解しておきたい、それにどのような言いかえができるのかまでも確認しておきたい、なんて考えている方もおられるかと思います。

そんなあなたのため、もしくはまだまだキャッチアップという言葉がきちんと理解できないという人のために、ここでは“キャッチアップ”という言葉の“類語”をご紹介しています。

“類語”というのは、特定の言葉(ここでは「キャッチアップ」ですね)とほぼ同じ意味を持っている言葉であり、その言葉を言い換えることができたり、別の言い方で表すことができる言葉になります。

つまり、その特定の言葉をさらに深く理解するにはもってこいの言葉になるということなんですよね!その類語を確認することによって、必ずあなたは「キャッチアップ」という言葉についてさらに深く知ることができるでしょう。

さっそく、その類語をいくつか確認しておきましょう。

この類語はのちほどお伝えしていく“業界別の使い方”にも共通してくる部分があるので、しっかりと確認しておくことをお勧めします。

追いつく

「キャッチアップ」という言葉には「追いつく」という意味がありましたね。

そのままで「追いつく」という言葉も、キャッチアップの類語として扱うことができます。

「あの人のスピードにキャッチアップしたい」というのであれば、その意味にもなりますが「あの人のスピードに追いつきたい」ということができますよね。

届く

あなたは、誰かに何かを届けたい、気持ちを届けたいと思うことがあるでしょう。

そのように“届ける”“届く”というのも「キャッチアップ」の類語として扱うことができます。

なぜかといいますと、追いつくことができるということは、その目的としている物事に届くことができる、手を付けることができたという意味にもなりますよね。

それにそのようなシーンを少しでも想像できるかと思います。

そのため、相手に何かを遅れないように追いつくようにするということは、「届く」という類語で説明することが可能なんです。

追いかける

あなたは、あこがれの人の背中を見てその背中を追いかけた経験はありますか?

これはある人もない人もいるでしょうが、そのように誰かの後を追うような行動・考えも“キャッチアップ”の仲間ということができます。

つまり、その姿をおいかける、そのイベントや進度においつくようにする…そのような「追いかける」行動は「キャッチアップ」と同じなんですね。

そもそも「キャッチアップ」という言葉には「追いつく」という意味がありましたから、その追いつくためには追いかけることになるので、必然的に「追いかける」という言葉も「キャッチアップ」の類語として扱うことができるようになるんですね。

️【業界別】キャッチアップの意味解説


これまでに「キャッチアップ」という言葉の意味、そしてその言葉とほぼ同じ意味を持っているといわれている類語についていくつかご紹介してきました。

それぞれの言葉の意味をしっかりと理解することはできたでしょうか。

類語を知ることによって「キャッチアップ」という言葉の意味をさらに理解することができたかと思いますが、人によっては「あれ、自分の使っているキャッチアップという言葉とどこかニュアンスが少しずれているようなところがある」なんて感じている人もおられるのではないでしょうか。

それもそのはず、「キャッチアップ」という言葉は特定のビジネスシーンだけではなく、社会のあらゆるシーンで使われている言葉だから何です。

それもそれぞれの業界によって、意味合いが少しずつ変わってくるものなんて言われています。

おそらくあなたの勤めている業界では、「追いつく」という意味だけでは使っていないのでしょうね。

しかし、そのような祖業界それぞれの使い方をしっかりと理解して異なことのほうが恥ずかしいことになってしまうかもしれません。

そのようにしないために、ここでは業界別の“キャッチアップ”という言葉の意味についてお伝えしていきます。

ビジネスシーンでのキャッチアップ

あなたがビジネスマンである場合、ビジネスシーンにおいて「キャッチアップ」という言葉を多用していることでしょう。

このようにビジネスシーンで「キャッチアップ」という言葉を使う場合には、“参加することのできなかった会議の記録(議事録)やまだ触れていない・目を通すことのできない内容を理解すること、そして把握しておくこと”という意味合いで使うことになるかと思います。

例を挙げてみましょう。

あなたは、本来参加すべき会合がありましたが急用ができてしまったり、ひどい病気になってしまって参加することができませんでした。

そのような状況のままにしておくことはせず、多くの人が“その会合ではどのようなことが話し合われたのか、どのようなことが起きていたのか”なんていうのをのちのちに確認することになりますよね。

そのようにその場にいなくて知ることのできなかったことを“知らない”で済まさないようにすべて確認し、理解しておく行動のことをいいます。

また、ビジネスといえども広い意味でこの言葉を使う場合には、未経験の仕事などに就職した場合、その業界のことをしっかりと学んでおく、そして素早く理解することでその仕事に支障をきたさないようにする…という意味が含まれることもあります。

あなたもこれまでに携わったことのない仕事に就くようなチャンスがあったとき、その仕事に早くなれるようにその仕事がどのような内容なのか、どのようにすればやりやすいのか、人間関係をよくしておくには…なんていろいろなことを考えるかと思います。

それらって少しでもその仕事場所や業界に慣れようとしているから行うことですよね。

つまり、そのように“新しい業界になれるための行動”をさしていることもあるということです。

経済用語としてのキャッチアップ

「キャッチアップ」という言葉は、ビジネスマンであれば「ビジネスシーンでしか使わないんじゃないの?」なんて思われるかもしれないですね。

しかし、そうじゃないんです!ビジネスシーン以外にも、医療・IT業界、さらには経済用語にも「キャッチアップ」という言葉が存在しており、その言葉が使われています。

とはいっても、経済業界にあまりかかわる機会のない人は「経済用語におけるキャッチアップ」という言葉の意味を全く想像もできないことでしょう。

ずばり、経済用語における「キャッチアップ」というのは、「発展途上国があらゆる点で先進国のようになろうとすること」を意味しています。

現代では、”発展途上国“として示すのは無礼だとされていますが、アメリカ・ヨーロッパなどの先進国に比べてまだまだ産業などが発達していない国は、そのような国になるためにさまざまな努力をしますね。

日本もそのような国のひとつでした。

どのような点で追いつこうかとするかといえば、技術面・経済面、さらにはインフラ面などをあげることができるでしょう。

それらの点において、先進国に追いつくことができたと分かった時に、自分たちは初めて”発展途上国ではない“と思うことができるようになりますし、周りの国々からのも一目おかれる存在になるんですよね。

IT業界でのキャッチアップ

次にIT業界における「キャッチアップ」という言葉の意味について確認していきましょう。

すでにIT業界における「キャッチアップ」という言葉はビジネスにかかわらない一般の方でも使いこなしている方がおられうのではないでしょうか。

どのような意味で使ってるかといえば、“ニュースリーダーで読むことのできていなかった(放置していた)ニュースなどを一度にしてまとめて確認する・既読にする機能”のことをさしています。

ニュースリーダーというとそれだけで意味不明かもしれないですね。

それは略すと“RSS”とよばれているものであり、それはずばり「ニュース一覧」とでもいえばわかりやすいでしょうか。

RSSといわず、興味のないニュースってどうしても開くのが億劫になってしまいますよね。

しかし、RSS機能ではしっかりと既読サインをつけなければ新しいニュースを受け取ることができない仕組みになっているので、いやでもキャッチアップしておく必要が出てきてしまうんですよね。

とはいっても、一気に既読できる機能が「キャッチアップ」なのでそこまで時間を要することもありません。

また、ウェブサイトによっては“画像の読み込み”のことを「キャッチアップ」と呼んでいることもあります。

このようにサイトそれぞれで使い方を異ならせていることがあるので、ぜひともそのサイトの使い方をしっかりと読み込み、その都度に「キャッチアップ」という言葉を利用できるようにしましょう。