学生時代に嫌でも覚えさせられたあの“四字熟語”…。

今となっては「もっと勉強しておけばよかったな」と感じている人もいるのではないでしょうか?なぜならば、大人になってから使う機会が増えるからなんですよね。

しかし、人によっては学生時代に習っていた“なんとなくのニュアンス”であったり、四字熟語を構成している漢字から意味を想定して、その四字熟語を使っている人もおられるでしょう。

では、あなたは“千差万別”という四字熟語を使うことはできるでしょうか?

また、その言葉の意味をしっかりと納得して説明することができるでしょうか。

できる人はできるでしょうし、これまでにまったくもって「千差万別」という言葉を使用してこなかった人はそれがわからなくて説明することもできないでしょうね。

しかし、このような四字熟語というのは使うのにとても便利なんですよね!とはいっても、「千差万別」というよく聞くような、よく見るような言葉の意味がわからないとどうしても使いたくはなくなるものです。

それどころか四字熟語を使っている書物などを避けてしまう人もいるでしょう。

しかし、それじゃあなたの知識を増やすこともできませんし、あなた自身を成長させることができません!

ということで、この記事では四字熟語の中でも特に見聞きする機会の多い「千差万別」という四字熟語について特集しています!

それらの言葉にはどのような意味があるのか?また、どのようにして使うのが正しいのか?などなど、この記事を読めば「千差万別」という言葉についての意味を理解するだけではなく正しく使うことができるようになるはずです。

よく使う言葉だからこそ、今まで使っていた意味をおさらいして本当に正しい意味で使える大人になりましょう。

「千差万別」とは

あなたはこれまでに「千差万別」という言葉を聞いたことはありますか?または、なにか会話の中などでこの言葉を使った経験があるでしょうか。

四字熟語を会話の中にもりこんでいる方というのは、おそらくご自身の語彙力に自信があるのでしょう。

そうはいっても、そのように自分の知識に対して自信を持っている人でもその言葉の意味を間違って使ってしまっている人というのは、この世の中にたくさんおられます。

周りの人が「この人使い方間違ってる」とか「意味がちがってる・・」と気付いたとしても、相手のプライドを傷つけることが分かっているためになかなか指摘することができず、そのままその本人は間違った意味で「千差万別」という言葉を使い続けることになってしまうんですね。

そのような場合ですと、とても恥ずかしく感じるかもしれません。

また、なかには学生時代の国語や現代文の授業がとても苦手で、それでいて読書も苦手なために四字熟語を避けてきた人もいることでしょう。

そのような人は、「千差万別」という言葉すらその存在を知らなかったかもしれないですね。

ということで、まずは「千差万別」という四字熟語がどんな意味を示しているのか、またどのような読み方をするのか…などなど基本事項を確認していきましょう!「千差万別」なんともかんたんそうに見えるけれども、奥深そうなこの言葉…。

あなたの思っている意味と合致するのでしょうか?

読み方「せんさばんべつ」


あなたは「千差万別」という四字熟語をどのように読んでいますか?また、これまでにどのように読んできたでしょうか?

おそらく「せんさばんべつ」と読んできたことでしょう!まさにその通りで「千差万別」という言葉は「せんさばんべつ」と読むことができる言葉になります。

ですから「せんさまんべつ」とは読みませんし、「ちさまべつ」なんて読み方もしません。

読み方があっていないとスマホやパソコンの予測変換にも登場しませんから、必ずまずはこの読み方を覚えるようにしましょう。

意味

では、今回特集している四字熟語の「千差万別」という言葉には、どのような意味がるのでしょうか?あなたは、これまでにどのような意味でこの言葉を使ってきましたか。

おそらく、何かしらの意味を思ってこの言葉を使ってきたはずです。

お恥ずかしながら、筆者は中学生の頃の国語の先生がとても苦手で授業をほぼ聞いていなかったので、高校生になってからこの言葉の意味を知らなくて損をしたことがあります。

テストにおいて高校生の頃の現代文担当の先生が“サービス問題”として出していた問題である四字熟語の意味をあてることができなかったんですよね。

よくもまあそんなレベルで高校生になることができたな、と感心することもできますが、“誰でも知っている”を前提にされているからこそ、読めるだけではなくしっかりとその言葉の意味までも理解できるようにしておきましょう。

「千差万別」といういろいろな意味が含まれている漢字が使われているこの言葉…。

どんな意味なのかを確認していきましょう!

種々様々あって、違いもいろいろであること

ずばり、種々様々であって、違いなどもいろいろとあること…という意味を持っています。

あなたの職場を思い浮かべてみてください。

あなたの職場にはあなたのような性格の人もいれば、明るい人、暗い人、おとなしい人、いつも元気でパワーあふれる人、さらには冷静沈着な人、何を考えているのかわからない人…などなどいろいろな人がいるのではないでしょうか。

それってそれぞれの人々の“個性”ですよね。

個性はその人がもともと持っているものなので、根本的には変えることはできません。

それって“様々な種類がある”ということでも意味が通じるかと思います。

それに違いがありますよね。

金子みすゞの言葉で「みんなちがって、みんないい」なんて言葉がありますが、そのように同じ組織に属していても全員がすべて同じ性質を持っているとは限りません。

そのような“違い”が見受けられるということを“千差万別”という言葉で示すことができるんです。

もしもあなたの職場に同じようなタイプの人しかいないのであれば、あなたがいつも乗っている電車の車内を思い浮かべてみましょう。

流行のファッションに身をまとっている者もいれば、音楽をずんちゃかずんちゃか聞いている派手な人、地味な人、ご年配の方、学生…などなどいろいろな人がいますよね。

それぞれが個性を持っているからこそ、そのような違いがうまれています。

そのように“別々の個性を持っているもの”としてとらえておくとわかりやすいでしょう。

千種万様

また、「千差万別」という四字熟語は「千種万様(せんしゅばんよう)」という四字熟語と同じ意味を持っている言葉になります。

意味はさきほどお伝えしたように、すべてがそれぞれの個性を持っているということ、そこに違いがあるという意味になります。

「千種万様」という言葉をもっとよく見てみましょう。

「千種類ある」という言葉、そして「万様」という言葉が含まれていますね。

“万”というのは“1万人”などの単位をあらわす言葉になります。

そして「様」というのは、そのような“様子”という意味での言葉になりますね。

つまり、この世界には千種類、万種類のものが存在している様子を意味していることになり、それは「千差万別」でも同じ意味をいうことができるということになります。

たしかにこの世界には、いろいろな動物もいれば、さまざまな人種の人が暮らしていますものね!

由来

今回特集している「千差万別」という言葉に限らず、どんな言葉でも“由来”や“語源”があるものです。

では、「千差万別」という言葉はどのようにして誕生したのでしょうか?その由来を知ることによって、さらに意味合いを理解できるようになるものです。

さっそく「千差万別」という四字熟語の由来について詳しく確認していきましょう!

千と万は数を表している

さきほど「千種万様」の言葉をお伝えするときにもお話ししましたが、これらの四字熟語を構成している「千」と「万」というのは数を表しています。

1万、2万なんていう“万”と、「1千、2千」なんていう「1000」ですね。

つまり、それくらいの数のものが存在している世の中であるという意味になるんですね。

千も差のあるものが存在し、さらには万もの別のものがある

では「千差万別」の“差”は何を示しているのでしょうか?

ずばり、千あるもの、万あるものが存在していたとしてもすべてが同じということはなく、それぞれに“差”=“違い”がありますよ、という意味になります。

もっと簡単にお伝えしますと、千も差のあるものが存在しているし、それに万という数でも別のものが存在しているということになります。

要するに「千種万様(せんしゅばんよう)」でお伝えしたようにたくさんの数がある中でも“差”があるし、それぞれ“別のもの”であるということなんですね。

異なるものがたくさんあるという意味から成り立つ

これまでにお伝えした由来をまとめてみると、異なるものがたくさんあるという意味として理解することができます。

千種類も万種類ものなにかが存在していて、それでいてすべて同じではなくとても小さなところにでも違いがあるという意味になります。

それが「千差万別」という言葉の由来になったということですね。

現代社会で足りない?


現代社会では「右に倣え」というのが当たり前の社会になってきていますよね。

本当は自分は周りの人とは別の意見を持っているというのに、それを伝えることができず、というか主張をするとすぐに白い目でみられ“おかしな人扱い”されることになるので主張することができないんです。

そんな心境を某アイドルグループが歌にして、長くヒットしましたよね。

“嫌われたっていい、それでも自分には自分の意見がある”というニュアンスの歌詞でした。

その違いこそが新しいものを生み出すきっかけにもなりますし、それに社会を大きく変えていくんですよね。

しかし、そうしてはいけない風潮があるため、現代社会には“千差万別”の考えがとても重要になるといえます。

「千差万別」の類語や関連語

これまでに「千差万別」という言葉の意味だけではなく、その言葉の由来を見てきましたね。

また、現代社会での問題点としてもお伝えしてきました。

そのような基本事項を確認してもまだまだ「千差万別」という言葉を理解できない!という人もいるでしょうし、もっと理解を深めたい!と考えている人もおられることでしょう。

そのような方は、ぜひとも類語や関連語句を確認してみましょう。

それらの言葉というのは、その言葉を深く知るためにはもってこいの言葉になるんですよね!ということで、「千差万別」の類語や関連語にはどんな言葉があるのかを見ていきましょう。

1.目立つ異種性

あなたの周りには「なんだか目立つなぁ」と感じるような人はいませんか?

そのように周りの人とは少し違った雰囲気を持っていて、異質なオーラを放っているような人のことも「千差万別」という言葉で説明することができます。

では、そのような言葉を表している言葉にはどのようなものがあるのかをさらに詳しく見ていきましょう。

数々

「私たちの周りには数々のビルが立ち並んでいる」「数々の事例を確認したきた」なんていう文章の中で使われるのが“数々”という言葉ですね。

この言葉は“種類がひとつではなくて、いろいろな、そしてさまざまなものがある”という意味を指しています。

つまり、それぞれに存在しているものはすべてが同じということではなく、どこかに違いがみられるということなんですよね。

要するに“千差万別”と同じ意味になります。

さきに記した例文で確認するのであれば、「千差万別の事例を確認してきた」と言い換えることが可能です。

バラエティー

バラエティ番組、「バラエティに富んだ会話をしてきた」なんて使うことができますね!バラエティというのは、英語にて「いろいろな」という意味を持つ言葉になります。

それが日本ではよく使われるようになっています。

バラエティ番組などもそうですし、なにかたくさんの種類があるということを示す際には使える言葉になりますね!「いろいろなもの」というのには、「いろいろな種類」ということで「千差万別」という言葉と同じ意味ということができます。

つまり、「バラエティに富んだ話をしてきた」というのあれば「いろいろな話題を持ち掛けてきた」という意味になり、「あの人は千差万別な話をしてきたんだよね」と言い換えることが可能です。