相手の気持ちを読み取ることは非常に難しいことですよね。

相手の気持ちを知るためには、自分自身に余裕がないと出来ないことです。

とくに恋愛に関して言えば、相手の気持ちを知らないとマイナスになることもあります。

結局、相手の気持ち関係なく自分の気持ちを優先にすることで、

独りよがりな考えになり、自分の中ではコレで上手く行く。

相手もきっと喜ぶはず!と完結してしまうのです。

これは恋愛だけじゃなく仕事面や人間関係でも重要なことです。

とくに仕事で言えば、全く人と接することがない仕事なんてないに等しいですよね。

パソコンを前にカタカタと打ち込む仕事であっても、クライアントや上司、仲間と打ち合わせをすることがあります。

その話合いによって仕事の進み具合は決まってくるのです。

相手の気持ちを知ることができないと、コミュニケーションがとることが下手。

そうすると上手く行く仕事も上手く行かないだけじゃなく、困ったときも助けてもらうことも出来ないのです。

是非、相手の気持ちを読み取ることができるワザを身に付けたいですね!

相手の気持ちを知れば、恋はうまくいく!

相手の気持ちを知ることは簡単なようで難しいこと。

相手が何を今、望んでいるのか?

そんなことが分かるなら全ての恋愛がうまく行く・・・たしかに!

でも、2人の関係次第では相手の気持ちを知ることができます。

例えば2人が付き合っている関係であれば、2人で過ごす時間の中で相手の性格や考えていることが読むことができます。

恋愛で大事なことは、相手の行動です。

例えば、彼は自分でメニューを決めたいタイプなのか?

飲食店では先に店内に入るタイプなのか?

それだけでも率先して行動するタイプと分かりますよね。

2人で過ごす行動には、たくさんのヒントが隠れているのです。

片思いだとしても大丈夫ですよ!要は観察していれば良いのです。

相手の性格を知ることは相手の気持ちを知ることができます。

そうすれば今の恋が脈あるものか、ないのかも分かってくるのでは?

厳しく言えば、相手の気持ちを考えることができない人は、ストーカーの一歩手前です。

ただ、相手の気持ちばかりを考えて結局何もできない・・・それでは恋愛は上手く行きません。

恋愛を制するためには恋愛の掛け式をしなければ。

相手の気持ちになって物事を考え、時には少し強引に行くこともヒトツの方法ですよね。

そこで恋愛が上手く行く為の相手の気持ちについて考えてみましょう。

相手の気持ちを知る方法を身に付けるメリット

相手の気持ちを知ることで、どんなメリットがあると思いますか?

相手の行動が予測できることによって、先回りをすることができるのです。

これは仕事をする上でとっても大事なことですよね。

予測できるということは計画を立てることができることです。

それだけじゃなく相手の行動が分かる、今なにをしてもらいたか?この後は珈琲を飲みたいと思っている。

夫婦生活や恋人関係であるならデキる女に認定です。

会社の上司に対してすればデキる部下になります。

友達同士なら心地よい存在になれて仲間も自然と増えて行くでしょう。

相手の気持ちを知ることができれば、ケンカやトラブルは起こりにくい。

何故なら怒るタイミングや地雷を知っているからです。

相手の気持ちを知ることはデメリットよりもメリットの方が、断然多いのです。

次の行動が予測できる

相手の行動を予測できるなんて社会人にしてみれば願ってもないことです。

上司相手にすれば仕事のできる部下で可愛がられることは間違いなし。

上司は昨日渡された書類を早く仕上げてほしいと思っている、だから一番先に書類を仕上げて渡そう。

上司がパソコンを長めながら疲れてタバコを吸いはじめている、だから珈琲を入れてあげよう。

これも上司の行動を見て予測できる行動ですよね!

夫婦、恋人関係でも相手の行動が予測できることはプラスなことです。

例えば旦那様の行動で言えば、仕事が終って帰ってきたら、まずは珈琲を飲んでから食事をする、そして寝る前にお風呂に入る。

この行動が旦那様の心地良いストレスない流れだとすれば、

この行動を予測しないで「お風呂沸かしちゃったから、とりあえず入って」とペースを乱してしまう。

これはすごく小さな出来事ですが意外と指図されて自分のライフスタイルのペースを乱されるとことはイラッときてしまうことです。

相手の行動を毎日見て入れば何を望んでいるのかは読み取ることができるはず。

そんなことよりも自分のライフスタイルを優先すると、相手の行動なんて予測しようとなんてしたなくなります。

取るべき行動が分かる

相手の気持ちを知ることができれば相手の行動がわかるということですよね!

自分に置き換えてみて自分の行動の先を読める人がいると心地良く良いと思いませんか?

逆に自分の行動と別のことをする人はイライラとしてしまうもの。

心の中で「そうじゃないんだよね、〇〇すればいいのに・・・」と言うに言えない気持ちが溜まりストレスの元になります。

とくに恋愛で言えば取るべき行動がわかると有利。

片思い中であれば「今は告白するタイミングじゃない」「きっと今なら言える」と大事なタイミングを逃すことがない。

付き合っている恋人同士であるなら、2人でいる心地良さが一緒にずっといたいと感じるはずですよね。

仕事でも取るべき行動が分かるということは秘書と同じです。

「キミは頭の回転がいいね?」と上司から評価されるでしょう。

取るべき行動が分かる、これは相手を観察していると分かってくると思いますよ。

相手の気持ちをコントロールできる

相手の気持ちをコントロールできると基本的にトラブルが起こりません。

相手の気持ちをコントロールすることは自分自身の気持ちをコントロールできないと出来ないことですよね。

自分の感情を抑えることができるからこそ、相手の気持ちをコントロールできる。

「これを言ったら相手は怒るだろう」「これを言ったら相手は喜ぶだろう」

そのようなことが事前に分かれば人間関係は全てスムーズに行くはず。

意外と最近の若い方は相手の気持ちをコントロールできない方が多い、

それはメールやLINE、SNSなど文字だけの繋がりが多くなっていることも原因です。

文字で自分の気持ちを伝えることは上手ですが、実際にリアルに合うと相手の顔色を伺うことができない。

相手が気分悪くても取りあえず自分の伝えたいことを言ってしまう。

これは自分自身の気持ちがコントロールできないからですね、

ですから相手の気持ちをコントロールできるわけがない。

相手の気持ちを知ることは文字だけでの繋がりでは難しいのです、リアルな人間付き合いも大事になってきます。

出世がしやすくなる

出世する方の特徴としては相手の気持ちを知ることができる方です。

仕事をする上で相手の気持ちを知ることができないと逆に致命的!

とくに営業であれば言葉に注意して相手と商談しなければいけない、

相手の表情から読みとることもできないと、

相手が何を伝えたいか、何を知りたいかなんて分かるはずがない。

また、上司からも空気が読めないと思われて大事な仕事をまかせてもらえません。

それ以前に上司から好かれない。

やはり上司も人間ですから感情に左右されてしまいます。

空気が読める部下は一緒にいても不快な気分になることはありません。

しかし相手の空気を知ることなくズカズカと心に入ってくる方は、

上司からも部下、同僚からも好かれることはありませんよね。

そんな方が営業先のクライアントに好かれることもありません。

まして接客業であるなら、尚更に相手の気持ちを読まないといけない仕事です。

自分自身が出世したいと願うなら、やはり相手の気持ちを知るワザを身に付けたい。

もちろん、恋愛にも!

恋愛に関しても仕事以上に感情に左右されやすくなります。

恋愛は基本的にプライベートなことですから、相手に気を使いたくない。

できれば素のままで付き合っていることが一番ですよね。

そんな素の関係で接したいとしても相手が素を出しすぎて相手の心をズタズタにすることはストレスを感じてしまうことに繋がります。

本来であれば一番に自分の気持ちを理解して知ってほしい相手、

それなのに気持ちを丁寧に言葉で伝えないといけないということは面倒ですよね。

とてもストレスがたまることだと思いませんか?

恋人同士の関係はもちろん、片思いでも同じです。

空気が読めない、相手の気持ちを読み取れない相手を根本的に好きになるのでしょうか?

なりませんよね。

告白はタイミングが全てといってもいいほど、その中で相手の気持ちを知ることができないと告白するタイミングじゃないときに気持ちを伝えてしまうかもしれない。

それは絶対に避けたいことですよね。

告白は1回、2回と繰り返してプラスになるものではないのです。

むしろ何回も告白を繰り返すことで臆病になって勇気がなくなりますよね。

恋愛にとって相手の気持ちを知ることは重要です。

相手の気持ちを知る方法その1:目を見る

それでは相手の気持ちを知る方法はどうすれば良いのでしょうか?

まさか直接、「どう思ってますか?」なんて聞くことは出来ませんよね、そんなことをしたら余計に空気の読めない人です。

相手の気持ちを知る方法は言葉にしなくても感じることができます。

目を見れば相手の気持ちを知ることはできるのです。相手は行動として気持ちをアピールしてきます。

基本的に自分自身が相手に関心を持っていれば、相手のサインを見逃すことはありません。

相手の気持ちを知ることはボンヤリとしていたは、知ることはできません。

やはりアンテナを張って相手に関心をしめしてこそ、相手の気持ちを知ることができるのでは?

目は口ほどにものをいう!

目は口ほどにものをいう・・・そんな言葉を一度は聞いたことありますよね。

例えば美味しい物を目にしたときに目は普段よりも大きく開くもの、

寒いギャグを言って滑っている人を見れば目は勢いをなくしたようになります。

言葉で伝えなくても「目と目で通じ合う・・・」そんな昔の歌詞がありましたが、まさに目と目で通じ合うのです。

目の動きを見て入れば、どんな感情か?

何をしてほしいのか分かるはず。

メールやSNSばかりに頼っていると目を見て会話することが苦手になります、

目が合うことで自分自身の心を読まれているのでは?と感じてしまうからです。

日頃から目を合わせて話すクセをつけると相手の目も怖くなくなります。

ネガティブな目つきは、ネガティブな感情

ハッピーなときよりも目に出やすい感情は、ネガティブな気分のときですね。

イヤなことがあると実際に言葉では言えないものです。

実際に言葉にしちゃうと事態を悪化させてしまうことがありますし、ケンカやトラブルになることは面倒なことです。

だからこそ目を見て感情を読み取ってくれ!そんな気持ちが目に現れています。

ネガティブな目のときにポジティブな話は相手の感情を逆立てしてしまいます。