社会人として働いているそこのあなた!特に営業として働いている方は、自分の勤めている会社の人だけではなく取引先や契約先の人とも交流があるために、毎日いろいろな人と会話をしているのではないでしょうか。

そのように社会人となって、仕事関係の中で会話をするのはこれまでに友達してきたプライベートの会話とはちがうために、“ビジネス用語”というのを使うことになるかと思います。

社会人になればだれもがこのビジネス用語を使いこなせるのがあたり前であり、使えない人は一人前の社会人とみなされることはありません。

とはいっても、ビジネスをしている最中に出てくるビジネス用語をすべて把握するのって難しいですよね。

なぜならば、この世界にはたくさんのビジネス用語が存在しているからなんです。

とはいえ、営業さんがよく使っている言葉の中に“引きあい”という言葉があるかと思います。

あなたは、この言葉の意味をしっかり理解できているでしょうか?また、その言葉をしっかりと使いこなせているでしょうか?子供や学生というのは、間違えば必ず誰かが指摘してくれるものです。

そのように指摘してくれるからこそ間違いに気づけるのですが、大人になればなるほどに間違いを指摘してくれる人は少なくなっていきます。

その結果、いつまでも間違いに気づくことができず、周りの人はひそかに白い目でその人を見ることになってしまうんですよね。

そのようになりたくない!それに「引き合い」という言葉についてもっと知りたい!と考えている方もおられることでしょう。

ずばり、そのような方はぜひともこの記事をご覧になってください。

この記事では、ビジネス界でよく使われている「引き合い」という言葉について特集しています。

この言葉にはいったいどのような意味があるのか?また、どのようにして使うのが正しいのかを知っておくことによって、あなたのビジネス人生を輝かせることができるようになることでしょう。

「引き合い」という言葉を使いこなせていますか?

あなたは「引き合い」という言葉を使ったことはありますか?

ビジネスにおいて、営業をしている方、または取引先や契約先の方とよく合う機会があるという人であれば、日常茶飯事のようにこの言葉を使っているのではないでしょうか。

そう「引き合い」という言葉は、ビジネスシーンにおいてよく使われる言葉なんですよね。

そのため、「引き合い」という言葉を知ることができれば、あなたはこれまで以上にビジネスシーンで活躍できるということになります。

あなたはこれまでに「引き合い」という言葉を使ったことがあるかと思いますが、その言葉の意味をしっかりし理解できている方って少ないんですよね。

上司が使っていたから、同僚が使っていたから、なんとなくのニュアンスでビジネス用語として使ってしまっているんです。

そのようになんとなくのニュアンスでその言葉を使ってしまっていても相手によっては、その意味をしっかり受け取ってくれることもあるので、こでまでに何も苦労もしないでビジネス人生を歩むことができたかもしれません。

しかし、そのような甘い世界で生きるのはもうやめにしましょう。

ずばり、この記事では「引き合い」という言葉の意味について、理解を深めることができるようにあらゆる角度からご説明をしています。

それを確認し、さらに例文を確認することによって「引き合い」という言葉の使い方までも見ていくことになっているので、今はまったくもって「引き合い」という言葉の意味を理解できないという人でも必ず「引き合い」という言葉を理解できるようになるプログラムになっています!

では、まずは「引き合い」という言葉にはどのような意味があるのかをチェックしておきましょう。

引き合いとは?

あなたは、ビジネスシーンにおいてこれまでに「引き合い」という言葉をどのような意味合いで使ってきたでしょうか?おそらく「事例を示すとき」または「取引や依頼などの商談を行うとき」などに使ってきたのではないでしょうか。

そうですね。

「引き合い」という言葉には、そのように事例を出すときや取引先や契約先と取引や依頼などの商談を行うときに使う言葉なんです。

その点では「とても使いやすい」言葉だと感じるかもしれませんね。

とはいっても、これだけでは「引き合い」という言葉の意味を深く理解することはできないでしょう。

ということで、「引き合い」という言葉の意味についてさらに詳しく見ていきましょう。

取引依頼の商談


「引き合い」という言葉には、「取引や依頼の商談」という意味があります。

すでにこの言葉を使用している人であれば、なんとなくピンとくるのではないでしょうか?しかし、わからない人・想像がつかない人もいますよね。

もっと簡単にお伝えしますと、取引などを行うこと、依頼などをしたりされたりすること、それ自体を“引き合い”ということができるんですね!つまり、あなたが取引や依頼などを含む商談をしたことがあるのであれば、それはれっきとした「引き合い」をしていたということになります。

また、もともと「引き合い」という言葉にはお互いを引っ張り合う…という意味があります。

お互いに引っ張り合うとはどのようなことをいうのでしょうか?綱引きを思い出してみてください。

赤組が綱をひっぱれば、白組はそちらに引かれることになります。

逆に白組が引っ張ることができれば、赤組が反対にひっぱっられることになりますよね。

取引や依頼などの商談もそのような“かけひき”のなかで行われることは、ビジネスマンであればだれもが感じていることなのではないでしょうか?

お互いに引っ張り合う、そうすることによってよい商談をすることもできれば悪い商談を行うことにもなります。

つまり、取引をしている双方のことを表す言葉でもあるということなんですね!

参考事例

「引き合い」という言葉には、もうひとつの意味があります。

ずばり、「参考事例を出す」という意味になります。

あなたは、このような文章を目にしたことがあるのではありませんか?「あの事例を引き合いに出しておこう」「あの事件が参考になる。

だから引き合いに出しておいてくれ」なんて。

それって、その事例や“あの事件”というのを参考にするために書類などで示してほしいということになりますよね。

また、ビジネスにおいて、新しいプロジェクトを始めるにしろ、今やっているプロジェクトの良さを主張するためにもそれを裏付ける資料などを提示する機会が多いかと思います。

その際に「参考事例としてだす」ようなときに“引き合い”という言葉を使うことができるんです。

ひとつ前にご紹介した「取引や依頼の商談」という意味とは、とてつもなく離れている意味を持っているので間違えてしまう人が増加しています。

必ず「引き合い」という言葉には、「参考事例として出すこと」の意味も含まれていることを頭に入れておくことにしましょう。

相手が「引き合い」という言葉を使ったときに瞬時に判断できるようになるはずです。

引き合いは多ければ多いほど良い

「引き合い」という言葉の意味を確認してきましたが、その意味をしっかりと理解することはできたでしょうか?あなたは、そもそも「引き合い」なんて言葉は必要ないのではないか…なんて思われるかもしれないですね。

しかし、「引き合い」という言葉があるからこそ、いちいち「取引の商談がある」と説明しなくてもいいですし、「事例をもってこい」ということもありません。

短縮して物事を伝えることが可能なんですよね。

それに「引き合い」というのは、多ければ多いほどに良いものであるといわれています。

果たしてどういうことなのでしょうか?つまり、「引き合い」というのは「商談」をさすのであれば、商談は数が多ければ多いほどにそれなりの利益を見込めますよね。

反対に引き合うことのできない商談が少ないとなると、利益もそれなりに少なくなってしまうことになります。

そのため、引き合いは多ければ多いほうがいいんですよね!

また「参考事例」というのもあればあるほどにこれから何に気をつけたらいいのかもわかりますし、それに何をプラスしていけばこれまで以上の利益を出すことができるのかを知ることができますよね。

過去の資料ほど、今に生きるものはないんです。

ずばり、そんなことを“温故知新”なんていう言葉で表現することもあるかと思います。

温故知新というのは、古いものをしっかり学んでそれを生かしながら、新しいものを知っていきそして作り出していくという意味があります。

まさに「参考事例を出す」という点では、ビジネスシーンにおいて温故知新であるということができるのではないでしょうか。

それにたったひとつの事例しかない場合には、そこから学ぶものは限られてしまうのであまり学びになりませんよね。

引き合いの例文


「引き合い」という言葉、そしてビジネスにおいてはこの「引き合い」が多ければ多いほどに良いということをお伝えしてきました。

ビジネスにいそしんでいる方にとっては、納得できることばかりだったのではないでしょうか。

しかし、「引き合い」という言葉の意味を知ったところで、いざその言葉を使おうと思うと「ほんとにこの言葉の使い方でもいいのかな?」なんて心配になってしまいますよね。

その心配を抱えたままに「引き合い」という言葉を使ってしまうとその不安さが相手に伝わり、立場が逆転することもあります。

また、間違った意味でまた「引き合い」という言葉を使ってしまっては、せっかく正しい「引き合い」という言葉の意味を知ったのにそれを生かすことができないですよね。

ということで、ここでは「引き合い」という言葉をどのようにして使っていけばいいのか例文をご紹介しています。

例文を確認しながら、「引き合い」という言葉の使い方をしっかりとチェックしていきましょう!あなたもなにか「引き合い」という言葉を使って、例文を考えてみてくださいね!

◯◯社から引き合いが来た

ビジネスシーンにおいてよく使われる表現になります。

すでにあなたもこのような表現を使ったことがあるかもしれないですね。

ずばり、この文章は「◯◯社から取引や依頼などの商談をするためにやってきた」という意味になります。

要するに◯◯社の人が契約などの商談をしに、わざわざ会社まで出向いてくれた…ということですね。

単純に「取引をしに◯◯社の人が来てくれた!」と表現することもできますが、そうではなく「引き合い」という言葉を使うことでオブラートに包んで伝えたい人に伝えることができます。

それに、どこかかっこよい響きになりますよね。

去年の引き合いを参考にしよう

もうひとつ例文を確認しておきましょう。

この文章は、ずばり「去年の事例を参考にしてみよう」という意味になります。

「引き合い」という言葉には、取引や依頼などの商談を行うという意味以外にも「参考事例を出す」という意味がありましたよね!それを意味していることになります。

おそらく今何かを計画しているのでしょう。

去年のものよりもさらに良いものにするためには、過去の資料を見るのが手っ取り早いものです。

記憶だけでは不確かなものがありますよね!そして過去の資料などを参考にすることによって、よりよい計画を“今年”は寝ることができるようになるのです。

ビジネスにおいては、どんどん新しいものを作り出していかなくてはいけないので過去の事例もまた大切になりますよね。

引き合いを多く取れる人の特徴

これまでに「引き合い」という言葉についていろいろな角度から意味などをお伝えしてきました!

もう「引き合い」という言葉に関してはパーフェクトなのではないでしょうか♪

とはいえ、この言葉を使う機会がない人にとっては、「引き合い」という言葉を忘れてしまうこともあるかもしれないですよね。

ずばり、そのような人は「引き合いを多くくれるような人の特徴」を確認しておきましょう。

あなたの周りには、なにかと商談をまとめるのが上手な人っていませんか?営業成績もいつもトップクラスで、それでいて苦労しているそぶりもない…。

ビジネスマン―特に営業として働いている人―にとっては、引き合いを多くとれる人というのはとてもあこがれるものです。

もしも自分がそのようになれたら・・・なんて考えるものの、相手と自分との性格の違いなどからチャレンジする前にあきらめている人もいるかもしれないですね。

では、そのように引き合いを多くとれる人ってどんな人なのでしょうか?

あなたがこれから引き合いを多くとるためにも、そのような人の特徴を学び、取り入れられるところから取り入れるようにしてみましょう!

人当たりが良い

商談というのはロボットとするものではないですよね。

当たり前のように取引先の会社の人、契約先の会社の人と対談することによって決まっていくものです。

そのため、営業さんによって“コミュニケーションスキル”がとても重要だといわれているのです。

そのように人間関係をうまくいかせることができる人というのは、営業のお仕事をしている人だけではなく、プライベートの面においても“人当たりがいい”人のほうが得しているんですよね。

どうして得をするのかを確認しておきましょう。

取引先に可愛がられる

人当たりがいいということは、相手がちょっと話した冗談にも乗ることができるし、それに相手の求めていることに対して臨機応変に対応できるということになります。

あなたが取引している相手が、あなたのちょっとしたジョークに笑ってくれたらうれしいのではありませんか?

また、あなたがどうしても「こうしたい」と思っていることを受け入れてくれたらそれでも相手には良い印象しか抱かないはずです。

つまり、取引先にかわいがられることになります。

どんな人でも愛嬌が歩かないかによって、世渡りが上手かそうではないかに分かれてしまいます。

付き合いが良い

あなたは、仕事上の付き合いだからといって決まった誘いにしか乗らないようにしているのではありませんか?そうはいっても相手はあなたと同じ人間です。

少しでも付き合いをよくしてくれた人にこそ“良い印象”というのを抱くものなんです。

取引の後に「ちょっとお茶をしようか」なんていわれたとき、あなたはどのように返事をしているでしょうか?

その後に本当に忙しくてしぶしぶお断りする人もいれば、そのあとまでと非力先の人と一緒にいるなんてしんどいためにすぐに断ってしまう人もいるでしょうね。

少しでも付き合いをよくしてくれる人に対して、多くの人は“良い印象”を抱きます。

それは、相手が自分を受け入れてくれているように感じるからなんですよね。

あなただって気持ちよくお誘いしているのに、とてもいやそうな顔で断られたらいやでしょう?引き合いをとることができる人というのは、相手の気持ちまでも察することができ、そのために付き合いもよくすることができる人なんです。

効率的に動く

あなたは、ご自身が効率的に動くことができているように思いますか?

仕事をしていれば、いろいろなことをこなしていかなくてはいけないので「効率的に」したいと誰もが感じていることでしょう。

でも、効率的に仕事ができる人もいればそのようにできない人もいるんですよね。

「引き合いを多くとることができる人」というのは、不思議なことに効率的に動けるという点で共通点が見られます。

そのため、本当はとても忙しいはずなのにまったく忙しそうに見えないし、いつも楽しんで仕事をしているように見えるんですよね。

あなたの会社にもしも引き合いを多くとることができる社員さんがいるのであれば、その人の日常シーンを思い浮かべてみてください。

いつも動いてはいるものの、どこか無駄な動きはないように感じられるはずです。

つまり、効率的に動くことができているってことなんですよね。

では、どうしてそのように行動することができるのでしょうか?効率的に動けな人とはどこが違っているのでしょうか。

フットワークが軽い

ずばり、引き合いをたくさん取ることができる人というのはフットワークがとても軽いです。

そのために、取引先の方が会いたいといってくればすぐに行きますし、またその移動中に「今日中に終わらせること」「その着手する順序」などを正確に洗い出しています。

そう、効率的に動くことができる人というのは、多くの方が“動きながら考える”ようにしているんですよね。

そのため、立ち止まることなく効率的に次から次へと動くことができるようになるんです。

呼ばれたらすぐ行く

ひとつ前の項目でも少し触れましたが、引き合いをたくさん取ることができる人というのは、呼ばれたらすぐに行きます。

なかには、「その時間がもったいないじゃないか!」と思われるかもしれませんが、常に効率よく動くようにしているので時間に無駄がないんですよね。

それにあらかじめ多少の時間の誤差が出ることも想定しているので、ちょっと予定通りにいかないくらい何とも思いません。

また、筆者の知り合いのやり手の銀行員の友人は、知り合いから呼ばれたらすぐにその場に向かうようにしているようです。

やらなくてはいけないものを早めに終わらせておき、できている時間の余裕の中でいかなくてはいけないところに行くようにしているようですよ!

そうしておくことによって、呼ばれたときにチャンスをつかむことができ、そのチャンスを逃すようなことはありません。

時間の使い方が上手い

効率的に行動できる人とそうではない人のちがいはどこにあるのでしょうか?ずばり“時間の使い方が違う”んですよね。

あなたは、時間の使い方が上手なほうだと思いますか?それともまったく時間の使い方がへたくそで、気づいたら1日が終わっているようなことが多いのでないでしょうか。

効率の良い人というのは、常に「どうしたら今取り組んでいる仕事を早くに終わらせることができるか」というのを念頭に置いているので、効率悪く行動することがありません。

もしも少しでも効率が悪いと気づくことができたのであれば、すぐに修正も可能です。

そのため、常によい手段をとり、良い方向に向かうことができるんですね。

だからこそ、他人との時間も書きウホできるようになるわけです。

「時間はない」のではなく「作り出す」ものだとよくわからせてくれます。

用が無くても定期的に顔を出す

あなたは、用事もない相手に会いに行ったりしますか?多くの方がそのことに関して「時間の無駄」「労力の無駄」「電車賃の無駄」なんて感じてしまうのではないでしょうか?しかし、そうではないんですよね。

そのように用事もなくちょくちょくと顔を見せるからこそ、相手に気に入られることもできますし、人によってはその場で意図していなかったチャンスをつかむことができるんです。

例をだしてみましょう。

あなたは腕時計が故障して、困っていました。

でもほかにも腕時計を持っているのでそちらをつけていたんです。

そんなとき、急に時計修理をしている友人から「飲みにいこう」と誘われて会ったのであれば、時計修理についての話をするのではありませんか?

そこで時計修理の友人は仕事得ることができたということになります。

用事がないから、ではなくて用事を作ることによって自分自身にもチャンスを作ることができることになります。

向上心が強い

あなたは、向上心の強いタイプでしょうか?営業として働いているとどんなときでも向上心を持ってないと困ってしまいますよね。

そのため、向上心をもつことはビジネスシーンでは絶対に欠かせないものになります。

しかし、仕事がなあなあになってしまっている人、そこに慣れを感じてしまっている人というのは向上心をもつことができていません。

だからこそ、目の前にチャンスがやってきたとしても「また今度でいいや」とやすやすと逃してしまうんですよね。

反対に引き合いをたくさん取ることができる人というのは、どんなチャンスでも逃しません。

また、これからやってくるかもしれないチャンスに備えてひっそりと、そしてしっかりと準備をしているものなんですよね!

向上心が高いからこそ、「もっと良い成績を取りたい!」「もっと自分を成長させたい」と思うことができ、そしてそのために行動することができるのです。

先ほどもお伝えしたように引き合いをたくさん取ることができる人というのは、フットワークも軽いのですぐに行動できちゃうんですね。

考え方がポジティブ

考え方がポジティブだと、どんなに悪い状況に陥ったとしてもそれに立ち向かうことができます。

人ってとても不思議なもので心に描いでいるものをそのまま実現させてしまう力を持ってるんですね。

このような言い方をすると少し意味不明に感じるかと思います。

例をあげてみましょう。

あなたはとても良い気分でいたとしましょう。

そのようにいいことなどかあったなどして良い気分になっているときって、なにか問題が起きても「まぁなんとかなる」とか前向きにとらえて問題を解決することができますよね。

しかし、反対に毎日のように悪いことが続いているときにまた悪いことが起きてしまうと「また悪いことが起きるのではないか」とか「自分は本当に運が悪いな」なんて思うようになります。

気分が良い時にはまったく気にしなかった問題でも、気分が少し悪い・ネガティブだというだけですべてが悪く見えてしまうんです。

その点で引き合いを多くとることができる人というのは、常に考え方がポジティブなのでそのような悪いことを引き寄せることがありません。

人のために何かをしてあげるのが好き

あなたは人に何かをしてあげるのは好きですか?

何もない日だけれども「あの人」が好きそうなお菓子を見つけたのであれば買ってプレゼントしたり、誕生日にはお祝いをしたり…。

そのようにすることによって、相手はとても喜んでくれますよね。

そしてその喜んでいる顔を見ることで当の本人もとてもうれしく感じるんです。

そこには負のオーラなんてなくて、幸せな要素しかないんですよね。

つまり、人に何かをしてあげるということはお互いにとっても良い影響を及ぼし、そのことを覚えてくれていた人のだれかが引き合いに乗ってくれるということになります。

知らない間に善意でその後にかえってくる種をまいているということになります。

記憶力が良い

記憶力がいいのも引き合いをたくさん取ってくる人に多い特徴になります。

記憶力がよいこととそれがどのような関係があるのだろうか?と思われることでしょう。

ずばり、相手のことを覚えているからこそ、周りの人が気づけないようなところまでも気づかいすることができるんですね。

また、自分のことえお覚えてくれた人に対していやな思いをしないものです。

逆にもう何度もあっているのに名前も覚えていない、その人が以前に話したことまでも覚えていないとなるととても悲しい気持ちになるものです。

そのため、記憶力が良いほうが人当たりがよくなるだけではなく、相手に気に入られやすくなるんですよね。

ピンチをチャンスに変えることができる

引き合いをたくさん取ることができる人は、常にポジティブ思考です。

そのため、どんなことが起きても動じない性格をしてるとのことでした。

つまり、どんなピンチでもチャンスに変えることができるんです!そこから逃げませんし、どうにかしてやる!という気持ちが多いからこそ、そのようにできるんですよね。

失敗は成功の素だと思っている

あなたは失敗をすることに対してどのように思っていますか?「やってしまった」「なんてダメ人間なんだ」なんて自分をさげすむ言葉ばかりを思い浮かべているのではないでしょうか。

引き合いをたくさん取ることができる人というのは、失敗は成功のモトであると感じています。

だからこそ失敗から学んで前に進んでいるんですね。

あなたも失敗をして落ち込むのではなく、反省をして次に生かしてみたらいかがでしょうか?

まとめ

今回は「引き合い」という言葉について特集してきました!あなたがこれまでに使っていた「引き合い」という言葉の意味は合っていましたか?

また、「引き合い」という言葉を使ったことがなかった人は、その言葉の意味をしっかり理解し、どのようにして使えばいいのかまでも理解することができたでしょうか。

おそらく、ほとんどの方が理解できたかと思います。

「引き合い」を多くとることができれば、あなたはますますあなた自身のビジネス人生や営業力に自信をもつことができるようになるはずです。

つまり、あなたのビジネス人生はよくなっていくということになります。

ぜひとも今回ご紹介してきた“引き合いを多くとってくる人の特徴”をあなたのなかにも取り入れ、あこがれている立場から憧れられるような立場に変わっていきましょう。

あなたは、自分を信じれば必ずあこがれているあの人のように引き合いを多くとれる人になれるのですから!