社会人になると普段は聞いたりしないような難しい言葉などを聞いたり、用いたりする機会が圧倒的に増えるようになります。

すでに社会人として仕事を行っている方であれば、これは想像にたやすいことであるといえます。

なぜ社会人になると難しい言葉などを用いなければいけないのかというと、当然ながらビジネスの場においては、ビジネスの場に適した言葉遣いをする必要性があるからです。

もしもあなたが仕事を行っている人間から適当な言葉遣いをされたり、適当な言葉遣いをしている姿を見かけた場合、おそらく違和感を感じるようになるはずです。

それは不快な気持ちを与えてしまったり、その会社自体に対して悪いイメージを与えてしまうようになります。

それは企業にとっても良くないことなので、そうなってしまうことを避けるためには、やはり適切な言葉遣いを用いるということが必要になってくるのです。

しかしながらビジネスの場に適した言葉遣いということは想像以上にとても難しい言葉などが多く存在しています。

だからこそ、社会人になりたての人に関しては言葉遣いの面で非常に苦労をすることになると思います。

なので、できる限り早い段階で正しい言葉遣いを身に着けたり、知っておくようにしなければいけないということになるのです。

そこで、今回はビジネスの場で用いる難しい言葉として知られている幸甚という言葉をテーマにして、意味や使い方などをご紹介していきたいと思います。

また、幸甚という言葉の用例や言い換えなどについてもご紹介していきますので、ビジネスの場での言葉遣いの参考にしてください。

️「幸甚」って知ってる?

あなたは幸甚という言葉をこれまで聞いたことがありますか?

おそらく、社会人としての経験が長い方に関してはこれまでに聞いたことがあると答える方が多いと思います。

しかし、まだ学生の立場の方であったり、社会人になりたての方に関しては幸甚という言葉を直接聞いたことがあるということはあまりないと思います。

ビジネスの場においては難しい言葉などはよく用いられますが、その中でも幸甚という言葉はとても難しい言葉になりますので、使用する機会などもそこまで多くはない言葉です。

ただ、幸甚という言葉は全く使わない言葉というわけでもなく、ビジネスの場においてはたまに用いられることもある言葉です。

なので、これから社会人として活躍しなければいけない方であったり、今現在社会人として活躍している方に関しては知っておいてほしい言葉の一つでもあります。

なので、幸甚という言葉はまだ聞いたことがなかったり意味を知らないという方はこの機会に正しく意味や使い方を把握できるようにしておきましょう。

必ずビジネスの場面において、知っておいて損になるような言葉ではありません。

また、正しい言葉遣いを身に着けるということは社会人としての大きな武器になります。

自分の魅力を大きく増やしてくれる要因の一つにもなりますので、自分自身のスキルを高めるという意味でも正しい意味合いを理解するようにしてみましょう。

️「幸甚」の意味


幸甚という言葉を知るためには、まず幸甚という言葉の意味を正しく把握する必要性があります。

言葉の意味を正しく理解することができなければその言葉を正しく使うということ自体ができません。

なので、言葉をマスターするためにはまずその言葉の意味を正しく習得することが先決になります。

幸甚という言葉は用いられている漢字自体も難しく、意味が推測しにくい言葉でもありますので、どうしても意味がわからず放置されやすい言葉です。

また、学校の授業なのにおいては習ったりすること自体がない言葉にもなりますのでそもそも理解されていない言葉でもあるのです。

しかしながら言葉の意味をわからないまま放置してしまうということは、言い換えてみれば自分自身の成長させるきっかけを逃してしまうということになります。

意味をしたり使い方を考えたりするということはとても面倒なことに感じるかもしれませんが必ず自分自身のためになることにもなります。

なので前向きな気持ちで、難しい言葉である幸甚という言葉の意味をまずは知っていきましょう。

知ってみればそこまで難しいと感じるような言葉にはなりませんので、まずは難しく考えずに幸甚という言葉に向き合ってみてください。

非常に幸いなこと

幸甚という言葉がどのような意味を持っている言葉なのかといいますと「非常に幸いなこと」という意味を持っている言葉です。

なので、使われる状況としては、相手に対してこちらが嬉しい気持ちを持っているということを伝える際に用いられたりすることが多い言葉になります。

そして、幸甚という言葉に関しては先ほどもお伝えしたようにとても難しい漢字が使われています。

しかし、よくよく考えてみると幸せという漢字が用いられていますので、「非常に幸いなこと」という意味を理解しておけば、そこまで推測しにくい意味にはなりません。

なので、意味がわかりにくいと感じている方に関しては、まず使われている漢字と意味をセットで考えるようにしてみると、より簡単に理解いただけるようになるはずです。

では、幸甚という言葉の意味を理解いただけたところで、ビジネスの場においてはどのようなして使われるのかということも簡単にご紹介していきます。

そもそも幸甚という言葉に関しては、「幸甚に存じます」という風な使われ方をすることがとても多いです。

存じますという言葉もビジネスの場面で用いられることが多い一般的な言葉になりますが、意味としては知っている、考えるという意味の表現方法になります。

なので、意味としては非常に幸いなことだと考えます、ということになります。

難しい表現方法ですが、簡単に言えば相手に対して感激したり、嬉しいという気持ちを伝えるような言葉であると考えていただければ、難しい言葉にはなりません。

ビジネスの場面においては挨拶の言葉や、相槌の言葉として用いられたりすることも多いので、この言葉を一つの例文として覚えておけば、様々な場面で使用できるはずです。

とてもありがたいこと

幸甚という言葉の持っている他の意味合いとして「とてもありがたいこと」という意味も存在しています。

これはどういうことかといいますと、相手に対してありがとうございますという気持ちを表現することができるということになります。

つまり、お礼の言葉の一つとして考えることができるのです。

幸甚という言葉は、先ほどもお伝えした通り元々の意味合いとして非常に幸いなことという意味も持ち合わせています。

つまり、ビジネスの場面において使われる状況としては、相手の行為に対するお礼の気持ちを伝える言葉でもあるのです。

ビジネスの場面においては様々な細かい状況で相手に対して礼儀を尽くす必要性があります。

なぜならば礼儀を尽くすということは相手に対する敬意でもあり、良い関係性を築く上でとても大切な要因になりえるからです。

自分が相手から礼儀を尽くされたことがある経験はどんな人でもあると思いますので、相手から礼儀を尽くされることのすばらしさや嬉しさなどは理解しているはずです。

その逆に相手から礼儀を尽くされなかった場合、いやな気持ちになったり、不快な経験をしたことがあるという方は多いはずです。

なので、良い関係性を作り、良いビジネスの関係性を作るということは仕事においても必要なスキルになりますので、幸甚という言葉などは利便性が高い言葉になるのです。

なので、幸甚という言葉がどういう意味を持っており、どのような場面で使用されるのか、よく理解して日常的に使用できる状態にしておきましょう。

この上なく幸せなこと

幸甚という言葉の持っている他の意味合いとして「この上なく幸せなこと」という意味も存在しています。

幸甚という言葉は複数の意味を持っている言葉であり、すべてを覚えるのが難しく感じるかもしれませんが、似たような意味も複数存在しています。

なので、実際はそこまで難しくなく同じような意味として使用したりすることも多いので、難しく考える必要性はあまりありません。

実際に、今回ご紹介する「この上なく幸せなこと」という言葉も、先ほどご紹介した「非常に幸いなこと」という意味とかなり近い意味合いになります。

なので、この意味合い同士に関しては、ほぼ同じ意味だと思っていただいて構いません。

この言葉の意味を使用する場合は、相手に対するお礼の気持ちなどを伝えるときに使用される割合がとても高いです。

例えば、ビジネスの場面で自分に対して何かをしてくれたという場合、相手に対してお礼の言葉として幸甚に存じますという言葉を使用するようになります。

特に、上司や社外の人間が自分に対して何かをしてくれた場合に関しては、しっかりとお礼の気持ちを伝える必要性があります。

なので、相手がしてくれたことによって、私は幸せです、という感謝の気持ちを伝えることができるようになりますので、ビジネスの場面で使用してみてください。

難しい表現の言葉だからこそ、使用したときに相手から見直されたり、適切な言葉遣いができる素晴らしい人だという判断をしてもられる確率も高まるはずです。

非常に嬉しいこと

幸甚という言葉の持っている他の意味合いとして「非常に嬉しいこと」という意味も存在しています。

この言葉の意味に関しても、これまでにご紹介してきた言葉の意味合いとかなり近い言葉になります。

なぜならば、幸甚という言葉を使う際には基本的に相手に対して感謝の気持ちを伝えたり、お礼の気持ちを伝えたりする際に使用される言葉です。

この意味に関しても、まったく同様であり、幸せという言葉が嬉しいという言葉に変化しただけの意味合いになります。

なので、細かく使い分ける必要性などはあまりなく、単純に相手に対して嬉しい気持ちを伝える際に使用することができる言葉です。

ビジネスの場面においても、この表現はよく用いられるようになり、目上の人や社外の人に対してお礼の気持ちを伝える際には用いられることが多いです。

なので、必ずこの機会に相手に対するお礼の気持ちを伝えられるということを覚えておいてください。

覚えておけば、必ず使用するべき機会などは巡り合うはずです。

「幸甚」の意味まとめ

ここまでは幸甚という言葉の基本的な意味についてご紹介していきました。

一見すると難しい漢字ですし意味が推測しにくい言葉でもありますので、わからないと感じる方が多い言葉ですが、意外と意味は簡単ということがお分かりいただけたはずです。

ビジネスの場面においては毎日必ず用いられるというわけではありませんが、それでも使用される割合は全くないとは言い切れない言葉になります。

なので、幸甚という言葉が持っている意味を正しく把握し、正しく使用できるようにしておきましょう。

基本的に相手に対してお礼の気持ちを伝えたりする言葉なので、ビジネスの場面全般で使用することができる言葉です。

もちろんメールなどでも使用することができるので、幅広く使用することができる利便性が高い言葉でもあります。

しかしながら、幸甚という言葉を使用する際には気を付けなければいけない点が存在しています。

幸甚という言葉は親しい間柄の人に対して使用するべき言葉ではないので、親しい間柄の人に対してはあまり使用しないように注意してください。

なぜならば、幸甚という言葉は普段の言葉遣いよりも固い言葉になりますので、親しい間柄の人に対して使ってしまうとよそよそしいイメージを与えてしまいます。

そうなってしまいますと相手との関係性が壊れてしまう可能性もありますので使用する際にはきちんと相手との距離感を考えた上で使用してください。

また、幸甚という言葉は利便性が高い言葉でもありますがあまり乱用しすぎないように注意しなければいけません。

あまりにも乱用しすぎてしまうと、相手からしてみると幸甚という言葉自体が軽い存在になってしまい、形式だけにしか見えなくなってしまいます。

そうなってしまいますと、幸甚という言葉自体の重みなどがなくなってしまい、心がこもっていないように感じられてしまいます。

なので、これらの注意点を守った上で、適切な場面で相手に対して使用するように心がけておいてください。

️「幸甚」の読み方


ここまでは幸甚という言葉の意味について簡単にご紹介していきました。

幸甚という言葉の意味についてある程度理解いただけたところで、ここからは幸甚という言葉の読み方についてご紹介していきたいと思います。

幸甚という言葉が難しいと感じられる理由の中には、まず難しい漢字が用いられているという点が存在しています。

幸という感じは難しくありませんが、甚という感じがあまり普段用いない漢字になるので、意味が推測しにくかったり、読み方などが複雑になってしまいがちです。

なので、読み方がわからないと感じている方はとても多く存在しているはずです。

それを踏まえた上で、具体的に幸甚という言葉はどのような読み方なのか、ということについて具体的にご紹介していきたいと思います。

「幸甚」=「こうじん」

幸甚という漢字はどのような読み方になるのかといいますと、幸甚は「こうじん」という読み方で読むことができる漢字です。

なかなか甚がじんという読み方になるということがわかりにくいので、どうしても読み方がわかりづらく感じてしまうことが多いです。

もともと甚という感じは「いた」という読み方ができる漢字であり、音読みでじんという読み方ができる漢字でもあります。

難しい読み方になりますが、甚の読み方さえ理解しておけば、そこまで難しく感じるような言葉でもありませんので、セットで覚えておきましょう。

️「幸甚」の使い方

ここまでは幸甚という言葉の読み方についてご紹介していきました。

幸甚という言葉の基本的な意味や読み方などを理解いただけたところで、ここからは幸甚という言葉の使い方についてご紹介していきたいと思います。

幸甚という言葉は読み方が難しく意味も推測され肉買ったりすることが多いので、なかなか一般的な使い方を想像することがしにくい言葉でもあります。

なので、どうしても使い方がわからなくなってしまいがちな言葉なのですが使い方がわからないと間違った使い方をしてしまう可能性が高くなります。

難しい言葉だからこそ正しい使い方をマスターして、より適切に言葉を用いる必要性がありますので、この機会に正しい言葉遣いを用いるようにしましょう。

ご来場いただければ、幸甚に存じます

まずはじめにご紹介する幸甚という言葉を使った例文は「ご来場いただければ、幸甚に存じます」という例文です。

この例文に関しては幸甚という言葉を使った一般的な例文になります。

幸甚という言葉は「幸いです」という言葉の意味になりますので、例文自体の意味としては「ご来場いただけると幸いです」という言葉の意味になります。

意味さえ理解していればそこまで難しい表現方法にはなりません。

幸甚という言葉の一般的な使い方にも該当しますので、この例文の形式を必ず覚えておくようにしてください。

このようなお気遣いをいただき、幸甚の至りでございます

次にご紹介する幸甚という言葉を使った例文は「このようなお気遣いをいただき、幸甚の至りでございます」という例文です。

この例文に関しては少し難しく感じるかもしれませんが基本的な使い方などに関してはそこまで変化しているような例文でもありません。

先ほどお伝えした幸甚という言葉の意味を代入していただければ、簡単に理解できるような例文になっています。

意味合いとしては「お気遣いをしていただいて幸いです」という意味になります。

至りますという言葉などを使用しているので、難しく感じる表現ですが、意味としては簡単であり、より丁寧な幸甚の使い方であると考えることができます。

このような使い方をマスターしておけば、ビジネスでも恥ずかしくない言葉遣いができるようになりますので、覚えておきましょう。

️「幸甚」の言い換え

ここまでは幸甚という言葉の具体的な使い方についてご紹介していきました。

幸甚という言葉の使い方をある程度ご理解いただけたところで、ここからは幸甚という言葉の言い換えについてご紹介していきたいと思います。

幸甚という言葉の意味に関しては、別の言葉の意味と重複したり別の言葉に置き換えて表現したりすることができる意味でもあります。

言葉の意味で唯一無二の言葉の意味を持っているものは少なく、たいていの場合言い換えられる言葉が存在していたり、同じような意味を持っている言葉などは存在しています。

それは幸甚という言葉も例外ではなく、難しい感じに聞こえますが、意味合いで考えてみると代用できる言葉などはたくさん存在してます。

それを踏まえた上で、幸甚はどのような言葉の意味で代用することができるのかということについてご紹介していきたいと思います。

これを知っておけば、いざというときに言葉の引き出しが増えるようになり、相手と会話をする上で適切な表現などができるようになります。

言葉の引き出しが増えるということは、相手とのトークにおいて非常に役に立つスキルになります。

同じような意味をセットで覚えておき、適切な場で使い分けられるようにすれば、より良いコミュニケーションができるようになりますので、覚えておきましょう。

ありがたく存じます

幸甚という言葉を言い換えられる言葉として「ありがたく存じます」という言葉が存在しています。

なぜ幸甚という言葉とありがたく存じますという言葉が同じような意味を持っているのか不思議に感じる方も多いと思います。

では、なぜこの二つの言葉が同じような意味を持っているのか具体的に考えていきましょう。

まず幸甚という言葉に間しては先ほどもお伝えした通り、「幸いです」という意味が存在している言葉です。

そして、ありがたく存じますという言葉の意味は「助かります、嬉しいです」という言葉の意味を持っている言葉です。

ありがたくという言葉の意味は単純にありがとうという言葉の意味であり、存じますは思いますという言葉の意味になります。

なので、そこまで意味が複雑で難しい言葉ではありません。

では、その上でこれらの言葉の意味を比較して考えてみると、全く同じ意味ではありませんが相手に対するお礼の言葉という点においては同じであると考えることができます。

何の言葉の意味合いをとってみても相手に対して感謝の気持ちを伝えているということに対して変わりはありませんよね。

なので結果的に幸甚という言葉の意味とありがたく存じますという言葉の意味に関しては代用することができるということになるのです。

ありがたく存じますという言葉に関してもなかなか日常的に用いるような言葉ではなく、ビジネスの場面など適切な場面で使用する言葉です。

なので、ビジネスの場面であったとしても問題なく使用することができる言葉なので、幸甚という言葉があまりにも固く感じられる場面では代用してみてもよいでしょう。

言葉を知っておけば、その状況ですぐに言葉を言い換えて、適切な表現をすることができますので、社会人にとっては必須のスキルであるといえます。

難しい言葉でもありませんので、必ず幸甚という言葉とセットで覚えておくようにしておきましょう。

何よりの幸せです

次にご紹介する幸甚という言葉を言い換えられる言葉として「何よりの幸せです」という言葉が存在しています。

何よりの幸せですという言葉は、なかなかプライベートでも聞いたりすることがない言葉になるかとは思いますがビジネスの場面においては一般的な表現方法です。

意味は解説するまでもなくそのままの意味で、どのような何よりも幸せですという言葉の意味を持っています。

つまり、相手に対する感謝の気持ちであったり、感激している気持ちを伝える場合に使用されるような言葉であると考えることができます。

例えば、上司から部下に対して何かしらの行いがあったり、社外の人間から何か施しなどを受けた場合などに使用される言葉でもあります。

では、なぜ何よりの幸せですという言葉と幸甚という言葉が代用することができる言葉なのかと考えると、やはりどちらも感謝の言葉であるという点が共通しているからです。

そもそも、幸甚は幸せですという言葉の意味を持っていますので、何よりの幸せですという言葉とかなり近い意味を持っている言葉になります。

そして、相手に対する感謝の言葉であるという点も一致していますので、結果的にどちらの言葉でも同じような使い方が見込めるということになります。

しかし、何よりの幸せですという言葉に関しても使用する際にはいくつか注意点が存在しています。

幸甚という言葉と同様に、何よりの幸せですという言葉に関しては少し硬い印象を持っている言葉になります。

なので親しい間柄の人間に対して使用してしまうと相手に対して距離感を感じさせてしまうような言葉になってしまいます。

また、あまりにも対応しすぎてしまうと幸甚という言葉と同様に、その言葉の意味自体が軽く感じられてしまう可能性もあります。

なので、何よりの幸せですという言葉に関してはあまり多用しすぎないようにしなければいけません。

何よりも幸せという言葉は、ほかの幸せと比較して最も幸せを感じている場面で使用するべきなので、軽く使う言葉ではありませんので、注意して使用してみてください。

幸いです

次にご紹介する幸甚という言葉を言い換えられる言葉として「幸いです」という言葉が存在しています。

幸甚という言葉と幸いですという言葉がなぜ代用することができるのかということについて簡単にご紹介していきます。

そもそも、幸甚という言葉の意味を考えてただければ、説明するまでもないのですが、幸甚という言葉の意味は「幸いです」という言葉の意味になります。

つまり、幸甚という言葉自体の意味として幸いですという言葉になりますので、これらが同じ言葉であるということは明白になります。

つまり、代用することができるのは当たり前ですし、そもそも同じ意味であるということになるのです。

違う点としては、幸甚という言葉のほうがより固い言葉になり、厳正なビジネスの場面で使用されるべき言葉であるという点です。

ビジネスの場面でしっかりとした言葉遣いをしたいのであれば幸甚という言葉を使用し、少しだけ砕けた状態で相手に対して使用する場合は幸いですという言葉を使用するべきです。

このようにその場の状況を踏まえた上で、適切な言葉遣いを意識して相手と会話をすることで自然とコミュニケーションを築くことができるようになります。

あまりにも固い雰囲気を出しすぎてしまうと相手との距離感を詰めることができなくなってしまうので、距離を詰めたい場合は言葉を選ぶことも大切です。

それらを踏まえた上で日常的に使用する言葉として、幸甚という言葉と幸いですという言葉を使い分けるようにしてみてください。

助かります

次にご紹介する幸甚という言葉を言い換えられる言葉として「助かります」という言葉が存在しています。

一見すると、助かりますという言葉を幸甚という言葉はあまり関連性がない言葉のように感じる方も多いと思います。

しかしながら、よくよく考えてみるとこの2つの言葉はかなり似ている言葉であるということがわかります。

そもそも助かりますという言葉は相手から何かしらの施しなどを受けた場合に、感謝の気持ちを表す言葉として使用されています。

そして、幸甚という言葉も相手に対する感謝の気持ちや感激の気持ちを表している言葉です。

つまり、相手に対するお礼や感謝の気持ちであるという点が全く同じなのです。

また、幸甚という言葉は相手に何かをしてもらうときにお願いをするときに使用する言葉でもあります。

なので、~していただけると幸いです、というような使い方などもできる言葉です。

つまり結果的に相手に対して何かをしてもらうときにお願いする言葉という点においてもこの2つの言葉は近い意味を持っているということになります。

なので、幸甚という言葉と助かりますという言葉は同じような意味を持っており代用することができる言葉であると考えることができます。

️「幸甚」の意味や使い方をマスターしよう

今回は幸甚という言葉をテーマにして、幸甚という言葉の意味や使い方などについて詳しくご紹介していきました。

幸甚という言葉は一見するととても難しく、意味が推測しにくい言葉として考えられがちになります。

だからこそたくさんの方から敬遠されているような言葉でもあるのですが意味を一度知ってみるとそこまで難しくない意味だということに気がつくはずです。

意外と言葉というものに関しては確認してみるとそこまで難しい意味合いではない言葉だったということはよくある話です。

食わず嫌いでその言葉について知ろうとしないことをやめ、わからない言葉があるのであれば積極的に意味や使い方をマスターしてみてください。

子供をマスターすることによって自分自身の言葉の引き出しが増えてビジネスの場面やプライベートの場面など、様々な場面で語力を高めることができます。

それは自分自身にとっても魅力的なスキルになり、自分を高めてくれるようになりますので、わからない言葉があれば積極的に知る姿勢を築いてみてください。

今回ご紹介した幸甚という言葉も、今後見たり聞いたりしたときにすぐに意味や使い方を想像することができるようにしてみてくださいね。