社会人になると今までは使わなかったような難しい言葉などを使ったり、相手から使われたりするようになると思います。

実際に、学生の時には見かけなかったような言葉なども、社会人になると日常的に使用したりするようになりますし、文章などでも見かけたりするようになるはずです。

例えば、具体的な状況をお伝えすると、目上の相手と話をする場面であったり、ビジネスメールなどを送ったり送られたりするような場面が挙げられます。

学生の時にも目上の人と話をすることはあったと思いますが、社会人としての立場で話をするのとしないのとでは大きな差が存在しています。

社会人になると、当然ながら社会的な立場がありますので、それなりに言葉を選んで相手と会話をするようになると思いますし、自分の会社の印象なども関係してきます。

例えば、あなたが接客をされたときやある会社の人と話をするときに、言葉遣いが適当であったり、礼節を欠いた言葉遣いをされた場合は悪い印象を持つと思います。

そして、悪い印象はその人だけにとどまらず、その会社自体が悪い印象になってしまい、信頼をなくしてしまう結果になるはずです。

なので、会社としても悪いイメージを持たれないようにするために、社員の言葉使いや対応などは非常に注意をしている部分になるのです。

なので、社会人になると適切な言葉遣いや礼儀を行うように厳しく教育・指導されることが多く、結果的には難しい言葉や礼節をわきまえた言葉などを扱うようになるのです。

しかし、難しい言葉が多く存在しているので、人によっては難しい言葉に対して苦手意識を持ったり、敬遠してしまいがちになったりする人も多くいます。

また、必ず最初は誰しもがこの言葉遣いの部分が非常に難しく感じ、壁にぶつかってしまったりすることが多くなります。

そこで、今回は、社会人の言葉遣いの中でも頻繁に使う難しい言葉である留意という言葉をテーマにして、留意の意味や類似の言葉についてご紹介していきたいと思います。

留意の意味って何?使い方をしっかり学ぼう!


社会人になると難しい言葉を扱うようになるとお伝えいたしましたが、その種類を考えてみるときりがないほどたくさんの言葉が挙げられると思います。

普段から本を読んだり、言葉の意味を正しく理解する習慣を身につけているような人はそこまで難しいと感じたりすることがないと思います。

しかしながら多くの方は社会人になり難しい言葉を扱ったりすることに対して、苦手意識を持ったり、負担に感じたりするようなケースが多いです。

しかしながら、難しい言葉だったとしても、社会人としての立場があるのであれば、それは早い段階で覚えたり、身に着けておかないといけない知識でもあります。

なので、今回ご紹介する留意という言葉に関しても、もしも知らないのであればこの機会に正しく意味を理解するきっかけとして受け止めるようにしてください。

留意という言葉は特に社会人になると見かけたり、用いたりするようになる言葉でもあります。

知らないということは時にはとても恥ずかしい状況を招いてしまったり、場合によっては相手から教養がないと判断をされてしまう要因になる場合もあります。

なので、知らないのであれば、知る努力を行い、自分自身を高める知識として早い段階で身に着けておくようにしましょう。

逆に言えば、早い段階で知っておけば社会人として周りから認められたり、教養のある人間だと判断をしてもらえるポイントにもなり得ます。

自分を魅力的に見せることができるようにもなりますので、日々の仕事に役立てられるという意味で、ご紹介する知識を身に着けてみてください。

留意の基本

留意という言葉は意外と様々な場面で見たり聞いたりすることがある言葉でもあります。

もちろん割合において多い場面としてはビジネスの場面で見かけたりすることが多い言葉ですが、具体的にビジネスのどのシーンで見かけることが多いか簡単にご紹介していきます。

留意という言葉が用いられる場面としては、一般的にはビジネスのシーンにおいて、何らかの書類などを見たりする際に使われていたりすることが多いです。

書類などに書かれている文言の中でも、留意点という言葉の用いられ方をしていることがかなり多いと思います。

留意点とか書かれた書類などを見かけたことがあるという方はかなり多いと思いますので、社会人の方であれば具体的に使用される状況を想像できる方も多いと思います。

もちろん書類だけではなく、実際に会話の中で使用されることもありますし、メールなどに記載されていたるするようなことなどもあると思います。

なので、想像以上に様々な場面で利用されることがある言葉でもあるのです。

それを踏まえたうえで、留意とはどのような意味を持っている言葉なのか、具体的にご紹介していきたいと思います。

意味

留意という言葉が持っている基本的な意味合いとしては「特に注意する必要のある点や事柄のこと」という意味合いが存在しています。

例えば何かを行う上で、特に注意をしなければいけないことなどはたくさん存在しているといえますよね。

サッカーや野球などのスポーツを行うのであれば、当然ながらルールなどはしっかりと守らなければいけませんし、ルールを守らないと違反になってしまいます。

それはビジネスの場面でもまったく同じですし、ルール以外にも気を付けなければいけないことというのはたくさん存在してます。

ビジネスの場面でいえば、ビジネスの場面に沿った服装をして会社に出勤しなければいけませんし、健康に気を付けて体調管理などをすることも当たり前に求められることです。

もちろん、日常生活においても留意しなければいけないことというのがたくさん存在しており、例えばお店に足を運ぶ際にはドレスコードが設定されているお店などもあります。

その時には留意点ということで、服装に関して留意するようにしなければいけないということなどが記載されていたりすることなどもあります。

なので、特に注意してほしいと思っている点を事前に説明したりする際には、留意という言葉が使われるということが想像できるはずです。

こうして考えてみると、ビジネスの場面だけではなく、非常に様々な場面で用いられることがある言葉であるということがおわかりいただけると思います。

社会人になると様々なことに対して気を付けたり、注意したりすることなどが求められるようになります。

なので、留意という言葉の意味を理解していないと、時には恥ずかしい状況を招いてしまったりするような可能性もありますので、注意するようにしてください。

間違えやすい「留意」と「注意」の違い

ここまでは留意という言葉の基本的な意味合いについてご紹介していきました。

留意という言葉がどのような意味を持っている言葉なのかということがある程度お分かり頂けたところで、ここからは留意という言葉に似ている言葉についてご紹介していきます。

留意という言葉の意味に着目して考えてみると、私たちが日常に使っている言葉と非常によく似ている存在であり、似たような意味の言葉があると考えることができます。

例えば、注意という言葉を想像していただくと、留意という言葉と非常によく似ており、同じような使い道ができる言葉であるということが分かると思います。

実際に使用されている割合としては、注意という言葉のほうが圧倒的に多いと思いますが、言い換えることができると解釈している人は多いです。

なので、人によっては留意という言葉と注意という言葉が全く同じような存在であると認識してしまっている場合がほとんどです。

しかしながら、実はこの二つの言葉に関しては若干の違いが存在している言葉であり全く同じ使い方ができるとは限らないのです。

一見するとかなり似ているような意味合いになりますがよく考えてみると異なる意味合いを持っていることなので注意した上で使用することが求められます。

では具体的にこの二つの言葉の意味にはどのような違いがあるのか、具体的にご紹介していきたいと思いますので、今後の使い分けの参考にしてみてください。

「注意」の意味

留意という言葉と注意という言葉は非常によく似ている言葉であるということを紹介しました。

しかしながらこの二つの言葉が若干の意味の違いが存在している言葉なので注意して使い分けをする必要性があります。

ではどのような違いがあるのか、まずは二つの言葉の意味を見比べて考えていきたいと思います。

注意という言葉が持っている基本的な意味合いとしては「気を付けること、気を配ること、悪いことが起こらないように警戒すること」という意味が存在しています。

そして留意という言葉の意味は「特に注意する必要のある点や事柄のこと」という意味が存在しています。

二つの言葉の意味を考えてみると、この二つの言葉自体はとても同じような意味合いを持っている言葉であるということか分かります。

なので二つの言葉自体は類語の関係性にあると考えることができます。

だからこそ二つの言葉が全く同じような意味として解釈されてしまいがちになるのですが実はその背景には若干の違いが存在しているようになります。

両者の違い

留意という言葉と注意という言葉に関しては非常によく似た意味を持っている類語の関係性になりますが、実は意識の状態において若干の差異が存在しています。

どういう事かといいますと、留意という言葉の意味を深く考えてみればわかるのですが、留意は心ある物事において留めておくことを意味しています。

つまり、特に注意する必要のあるてんや事柄などを自分の心の中に留めておくこと留意するという意味合いで用いることができるということになります。

ではその反対に注意という言葉について深く考えてみた時にその違いがよくわかるようになります。

注意するとはどういうことなのかと言いますと簡単に言えばある特定の事柄に対して自分自身の気持ちを集中させるという意味が存在しています。

そして、集中するということが意識をある物事に対して惜しみなく注ぐことを意味していますよね。

こうして考えてみると自分自身の気持ちをどのようにするのか、自分の意識の状態がどのようになるのかということを踏まえて考えてみると若干の違いが存在しています。

簡単に言えば言えば自分の中に気持ちをとどめておく、注意はその対象に対して意識を向ける、という意味の違いが存在しています。

目に見えない精神状態や意識の違いなどが存在しているだけなので、人によっては全く同じ意味だと感じるかもしれませんが、実は若干の違いが存在しているのです。

この点まで正しく理解した上で、留意という言葉や注意という言葉を使い分けてみると正しい言葉遣いができるようになるはずです。

なので、意味の違いなどが非常に細かいかもしれませんが、必ず覚えておくようにしてください。

留意の類義語


ここまでは留意という言葉と注意という言葉の具体的な違いについてご紹介していきました。

どちらの言葉も非常に似通った意味を持っていますので、勘違いしないように明確な違いを必ず理解しておくようにしてください。

そして、留意という言葉の意味を深く理解いただけたところで、ここからは簡単に留意という言葉と似たような意味を持つ言葉をご紹介していきたいと思います。

留意という言葉と似たような意味を持つ言葉はたくさん存在しています。

なので、使い分けが難しく感じるかもしれませんが、意味を正しく理解しておけばそこまで難しいことではありません。

似ている言葉を把握し、適切な使い分けや表現方法を選択できるように活用してみてください。

心する

留意という言葉の類義語として「心する」という言葉が存在しています。

なぜ留意という言葉と心するという言葉が同じような意味を持っているのかと言いますと、心するという言葉は「自分に気を配って注意する」という意味があります。

なので、「特に注意する必要のある点や事柄のこと」という意味を持つ留意という言葉と非常に近い意味を持っている言葉になります。

また、留意とは自分の心の中にとどめるという意味もありますので、心するという言葉はまさに意味が近い言葉であると考えられます。

なので、心するという言葉と留意という言葉は同じような意味を持っている類語になります。

配慮

次にご紹介する留意という言葉の類義語として「配慮」という言葉が存在しています。

配慮という言葉は「心を配ること、心遣い、他人や他のことのために気を使うこと」という意味があります。

なので、他のことに対して気を使うという意味を捉えて考えてみると留意という言葉と非常に近い意味を持っているということがわかります。

なので、留意という言葉と非常に近い意味を持っている類語であるといえます。

「留意」の意味を理解したら使い方を覚えよう!

ここまでは留意という言葉に似ている類義についていくつかご紹介していきました。

ある程度留意という言葉の類語を理解いただけたところで、ここからは留意という言葉の具体的に使い方についてご紹介していきたいと思います。

留意という言葉は意味を理解していれば、簡単な言葉として解釈することが可能ですが、一見すると難しい印象を持つ言葉でもあります。

なので、具体的な使い方などが明確に想像できなかったり、使うことに対して不安を感じたりするような人なども多く存在しています。

そこで、ここからは具体的な使い方についてご紹介していき、正しい使い方や知識を身に着けていただきたいと思います。

先ほどもお伝えした通り、留意という言葉はビジネスの場面では非常に多く使用する場合があります。

もちろんビジネスのシーンだけではなく、場合によってはプライベートなどでも見かけたりいするようなことも考えられます。

なので、必ず使い方などは意味とセットで覚えていただきたい点になりますので、知らない方や自信がない方は覚えておくようにしてください。

ご留意ください

まずはじめにご紹介する留意という言葉の具体的な使い方としては「ご留意ください」という言葉が存在してます。

改めて留意という言葉の基本的な意味を考えてみると、留意には「特に注意する必要のある点や事柄のこと」を表している意味があります。

なので、留意という言葉が使われる場面としては相手に対して何か注意してほしいことを伝えたい場面で用いることがほとんどなのです。

なので留意という言葉が使われる一番典型的な言葉としては「ご留意ください」という形が一般的です。

また、ビジネスの場面においては相手に対して丁寧な言葉で伝える必要性がありますので、留意の前にごを付けて、丁寧な言葉に変換したうえで使用するのも一般的です。

この言葉の意味としては、そこまで難しくなく、先ほどご紹介した意味を丁寧に訳したものになっています。

なので、気を付けてくださいね、という意味と考えていれば間違った意味合いにはなりません。

留意という言葉のかなり基本的な意味であり、この言葉の形で用いられたりすることなどがかなり多いので、必ず覚えておくようにしてください。

また、これを覚えておけば、丁寧に相手に注意事項などを伝えることができ、失礼な印象なく伝えらるメリットがありますので、利便性が高い言葉として覚えておきましょう。

服装にご留意ください

留意という言葉の基本的な使い方としてご留意くださいという言葉をご紹介していきました。

では、ご留意くださいという言葉を使った例文を考えてみた時に、挙げられる例文としては「服装にご留意ください」という例文が考えられます。

この例文の意味としては「服装に気を付けてください」という意味で解釈をすることができます。

この例文が掴まれる状況としては自分自身の服装に対して注意しなければいけない場面であると考えることができます。

なので、先ほどお伝えした通り、何かビジネス関連でイベントなどがあった際に参加の際の留意点として用いられることが予想されますよね。

それ以外にも、プライベートで考えてみるとドレスコードが設定されているようなレストランなどに足を運んだりする際に見かけたりするような言葉にもなります。

それなりに格式の高いレストランであると、決められた服装でなければ入店することが許可できないというようなお店なども多く存在しています。

なので、様々な場面で使用することができる言葉であるといえます。

もちろん、これはあくまで服装に限った話であり、服装に限られないのであればほかにも様々な場面で使用することができます。

この基本的な例文を覚えておけば、様々なことを相手に留意してほしい際に使い分けることができますので、まずはこの基本形をしっかりと認識し、使ってみましょう。

ご留意願います

次にご紹介する留意という言葉の具体的な使い方としては「ご留意願います」という言葉が存在してます。

ご留意願います、とはどのような意味なのかといいますと「注意してください」という意味になります。

この言葉に関しても留意という言葉を使う上でのかなり基本的な言い回しになります。

この言葉を様々な文章の中に組み合わせることによって、相手に対して注意してほしいことなどを明確に伝えたりすることができるようになります。

文章の末尾に用いり、相手に伝えることで失礼がない上で注意点などの説明ができるようになりますので、重宝できる言い回しでもあります。

十分ご留意くださるようお願いいたします

ご留意願いますという言葉を使った例文として「十分ご留意くださるようお願いいたします」という例文が考えられます。

この例文はご留意願いますという言葉をさらに丁寧に言いまわしたものになりますが、これを簡易的に表すとすれば、ご留意願いますと表現することができます。

ご留意という言葉自体がかなり丁寧な言い回しですが、さらに丁寧に相手に伝える際にはこのような形に変換して伝えてみると印象が良い言葉になると思います。

そもそも留意という言葉自体を相手に伝える場合はかしこまった表現になったり目上の人に対して伝えたりする状況がほとんどです。

そのような場合に相手に対して失礼がないように言葉を伝えるには、これくらい丁寧な言い方などをするくらいが良いといえます。

丁寧な言い方をされて嫌な気分になったりするような人はいないと思いますので、ビジネスの場面においては使用する割合が多い例文でもあります。

親しい関係の人に対して使用すると少し距離感が発生してしまい、気分を損ねる可能性もあるかもしれませんので、その点には注意した上で用いるようにしてみてください。

お体ご留意

次にご紹介する留意という言葉の具体的な使い方としては「お体ご留意」という言葉が存在してます。

これはどういう使い方になるのかと言いますと、相手の体調を心配しているときに対して用いるべき言葉になります。

社会人の方ならばわかると思いますが、相手と会話をしたり、相手とメールを交わしたりする際には最後に相手のことを思いやった文章などを付け加える場合があります。

そのような場合に留意という言葉を使って気遣いの言葉を贈ることができるということになります。

これを覚えておけば、相手に対して気遣いができる人間だと思われたり、高い評価につながったりする場合なども十分考えられます。

なので、社会人であれば必ず覚えておきたい言葉の一つでもありますので、基本的な使い方と同様に併せて覚えておいてください。

くれぐれもお体にご留意くださいませ

相手の体調に対して気遣いの言葉を送る場合は「くれぐれもお体にご留意くださいませ」という言葉を用いるようにしてください。

この例文の意味としては「体調に十分気をつけてください」という意味として解釈することができます。

先ほどもお伝えした通り相手と連絡を取ったりする際に、結びの言葉として相手の体調を気遣うような言葉ならを添えたりすることがよくあると思います。

そのような時にこの例文を使えば、相手の体調に対して気遣いをしているという印象を残すことができるようになります。

細かい配慮ができる人間は必ず好かれるようになりますので、ちょっとした気遣いの言葉があるのとないのとでは大きな違いが生まれます。

社会人として様々な人と関わるのであれば、必ず覚えておきたい言葉でもありますので、積極的に使用してみましょう。

「留意」はどこで使用する?

ここまでは留意という言葉の具体的な使い方を例文を交えてご紹介していきました。

ある程度留意という言葉が持っている意味や、どのような使い方をする言葉なのか、ということがご理解いただけたと思います。

そこで、ここからは改めて留意という言葉を具体的に使用することができるシーンについてご紹介していきたいと思います。

留意という言葉は一見すると難しい言葉なので、これまで使うことを敬遠してしまっていたり、使い道がわからなかったような人などもいると思います。

なので、具体的に使用することができるシーンをご紹介することによって、どのような場面で使用いただけるのか、改めて確認していただきたいと思います。

使い方や意味を正しく理解していたとしても、どのようなシーンで使えばいいのかわからなければ、非常にもったいないです。

せっかくなのであれば、様々なシーンで利用し、利便性の高い言い回しだということを是非実感していただきたいと思います。

ビジネスシーン

留意という言葉を使用することができるシーンとして挙げられる場面は、やはりビジネスシーンであるといえます。

これは先ほどから何度もお伝えしていることになるかもしれませんが、留意という言葉は非常にかしこまった言い回しとして知られています。

なかなか日常生活だったり、慣れ親しんだ相手との会話の中で留意という言葉が出てきたりすることは少ないと思います。

なので、あくまでビジネス上での表現方法であったり、かしこまった正式な場で使用されるような言葉であるということになるのです。

そして、具体的なシーンを考えてみると、ビジネス関係の書類などを作成したりする際に使用したりする場合が多いということがわかります。

社会人の方であればわかると思いますが、社会人になると様々な資料や書類などを作成したりする機会が多くなると思います。

例えば、取引先に提出する資料であったり、自社の中で使用するような書類を作成したりなど、様々な場面が想像されると思います。

そのような資料や書類などを作成したりする際には、当然ながら読み手に対して気をつけてもらわないといけない点などを事前に伝えたりすることが多くなります。

そのような時には、書類の中に留意点という言葉を使っておけば、簡単に相手に気をつけなければいけない点を説明することができるようになります。

なので、ビジネスシーンの中でももちろん様々な場面で使用されますが、特に資料や書類などを作成したりするときに使用されるということを覚えておいてください。

会話

留意という言葉をビジネスシーンで用いる場合に具体的にどのような場面で使用するのかと言いますと、会話の中で使用することが考えられます。

一見すると留意という言葉はなかなか会話の中では使用しないような印象を持っている人もいますが、かしこまった言い方で相手に注意点を伝える際には重宝する伝え方になります。

目上の人に対して注意しなければいけないと説明したりする際には、きちんと言葉を選んで伝えないと相手に対して失礼な言い方になってしまう可能性が考えられます。

なのでそのような際には、留意という言葉を使って説明すると相手に対して不快感を与えることなく注意点をしっかりと説明をすることができるようになります。

なので目上の人と関わったりすることが多くなるビジネスの世界においては、必ず身につけておきたい言葉の一つでもあります。

理解しておけばそこまで難しい言い回しになるような言葉でもありませんので、覚えておきましょう。

メールで

次にご紹介する留意という言葉をビジネスシーンで用いる場合にどのような面で使用するのかと言うと、相手に対してメールを送ったりするような場面も該当します。

社会人になると様々な人間の繋がりができるようになります。

たとえば営業の会社を例に挙げて考えてみると、当然ながら様々な会社と取引を行ったりすることも考えられますよね。

そうなった場合当然ながら相手と意思疎通を交わしたりする際にメールという手段の用いられたりすることが多くあります。

そしてメール上で相手に対して注意してほしい点などを伝えたりするようなことも必ずあると思いますが、そのような時には留意という言葉をメールで使うことができます。

ビジネスメールにおいても、当たり前ながら相手に対して不快感を感じさせないような、かしこまった言い方を用いる必要性があります。

なので、相手に対して注意してほしい点がある場合は、留意という言葉をメールの中に組み込むことにより、相手にこちらの気持ちを伝えることができるようになります。

相手に対して注意してほしいことを伝えたりする場合言い方を間違ってしまうと自分の立場が上であるかのような印象を相手に与えてしまう場合があります。

なので注意しながら言葉を選んで相手に気持ちを伝える必要性があるので、留意という言葉はその点において非常に利便性が高い言葉にもなります。

適切な場面で、適切な使い方ができるように、使用するシーンは意味とセットで覚えておくようにしてください。

「留意」と「注意」を正しく使用しよう!(まとめ)

今回は留意という言葉をテーマにして留意という言葉の使い方や意味を簡単にご紹介してきました。

留意という言葉はどうしても難しい印象を持ちがちな言葉であり、意味が曖昧になってしまいがちな言葉でもあります。

だからこそ留意という言葉の意味や使い方を正しく理解し、注意という言葉との使い分けなども正しく認識しておく必要性があります。

社会人になると多用する言葉にもなりますので、必ずこの機会に覚えておき、間違った使い方をしないようにしてください。