あなたは「寛大な人」と聞いて、有名人ではどの方が、頭に浮かびますか?

例えば、マザーテレサやガンジーなど、人により様々ですよね。

あなたの周りには「寛大な人」はどれくらいいますか?また、あなたは「寛大な人」の仲間に入るのでしょうか。

もし、あなたが「寛大な人」であってもなくても、寛大でいる事が周りにどのような影響を与えているのか気になりませんか?

さて、今回はそんな「寛大な人」にスポットを当てて、「寛大な人」にまつわる大きな特徴を4個、解説していきます。

あなたも「寛大な人」の特徴を真似して、今日から「寛大な人」になってみてはいかがでしょう。

寛大さについて

そもそも、「寛大な人」ってどんな人でしょう?

「いちいち細かい事で怒ったりしない人?」それとも、「自分のことより人を助けてあげらる人?」

人により「寛大な人」とは、少し解釈が違うのかもしれません。

しかし、「寛大」というキーワードを検索してみると「他人の失敗を許す事」というような答えが挙がってきます。

しかし、私たちが思う「寛大」とは、確かに他人のミスや失敗を責めたりする人に「寛大な人」はいませんよね。

でも、「寛大な人」と聞くと、かなり壮大に何でも受け入れてくれる、仏のような人をイメージしたりしませんか?

さて、そんな「寛大な人」ですが、更に深く「寛大さ」について調べていきたいと思います。

寛大さとはなにか

「寛大さ」と言われて、あなたはどのような人を思い浮かべましたか?

あなたの周りには「寛大な人」と聞いて、イメージできる人はいますか?それはどんな人ですか?

皆んなに優しく、親切、人に平等に接する人、怒ったりしたところは見た事がない、などそんなイメージでしょうか。

確かに、「寛大な人」は神様や仏様のような人のイメージになる方も多くいらっしゃる事でしょう。

あなたの中の「寛大な人」のイメージをしてみてください。

実際にどのような人がイメージされましたか?「寛大さ」の定義はあっても、

あなたがイメージする「寛大な人」は人それぞれに、それぞれの解釈があっていいのではないでしょうか。

反対に寛大でないとはどんな状態か

ここで疑問になるのが、反対に「寛大でない人」は、どんなイメージでしょうか?

他人のミスや失敗を叱りつけたり、細かいことが気になりチクチク文句を言ってきたり、直ぐに怒るなどのイメージがあるのかもしれません。

寛大な人は怒りまでの動線が長いのに対し、寛大でない人は、逆に怒りまでの動線が短いイメージなのかもしれません。

そう考えると、直ぐに怒る人は短気であったり、気の短い人というような人が寛大でない人の状態なのかもしれませんね。

寛大でない人とは、接する事はもちろんあまり関わりたいと思う人も少ないですよね。

マイナスなパワーをもらってしまいそうです。

寛大になるには

では、寛大になるにはどうしたらいいのでしょう?「気を長く持てば寛大な人になれるの?」など、疑問に感じますよね。

もともとのあなたの性格もありますし、すぐに寛大に性格を変えられる訳ではありません。

「寛大な人」も、様々な経験を経て寛大な性格になったのかもしれませんし、もともとは寛大な性格ではなかったのかもしれません。

「寛大な人」のターニングポイントは、どのようなところなのでしょう。

それは、もしかしたら短気を起こしてしまい、苦しい経験をしてしまったなど、何か頭を打つような経験があるのかもしれません。

しかし、そのような事はなくともある程度の訓練次第では、あなたも「寛大な人」になる事ができるかもしれません。

方法①:リラクゼーション

まず「寛大な人」は、せかせかとしているイメージがないように、ゆったりと時間が流れているかのような、リラックスしている様子が伺えます。

また、ゆったりとしている姿は何処か余裕すら感じられ、せかせかしている人に比べて、癒される効果もありそうです。

ボーッとしていたり、行動がのろいわけではなく、ゆったり、おおらかに見える姿や立ち振る舞いなのでしょう。

また、そうある事で周りと調和が取れていたり、その人の人柄や存在までも寛大に感じられるオーラを出しているのかもしれません。

とにかく、寛大な人は余裕に満ちて精神状態も変わる事なく平行に保たれている状態なのでしょう。

方法②:イメージトレーニング

まずは、「寛大な人」になるためのイメージトレーニングを行いましょう。

自分はこのような人間である。

というような固定観念は捨てて、まずは「無」になることからスタートします。

また、「寛大な人」と聞くと何か大きな物で包み込むような優しさだったり、あったかみのある雰囲気だったり、

例えるなら妊婦の母体の様なゆったり、大きな、優しい感情になる様に心をほぐしていく練習から始めれば始めやすいかもしれません。

また、しっかりと母体のイメージが完成すれば、あとはその愛情を周りの人や他人に分け与えていくようなイメージを続けていきます。

それを繰り返し行う事で、徐々にあなたの心はほぐれ出し、周りの人へゆったりとした寛大なイメージをインスピレーションさせる行動に出る事ができるかもしれません。

方法③:自分という枠組みを外す

まずは、先程もお伝えしましたように、あなたの中にある「当たり前」を全て外していきましょう。

その当たり前の概念には、あなただけのオリジナルの考えしかくみこまれていないのです。

まずは、そんな自分という枠組を外す事を感じ、考え、新たなあなたの枠組を組み直してみましょう。

心の中にある雑念やあなたの固定観念を断捨離していくイメージで、要るもの、要らないものの区別をしていきます。

本当に自分が寛大でありたいと思うなら、頭の中にある要らない物を消去していく事を心掛けます。

例えば、あの人はあの性格だからあまり接していきたくないな。

などと考えているのであれば、まずは、その人を頭から外してみましょう。

相手も人間です。

あなたのイメージしている事ばかりではないはずです。

むしろ苦手な人はいい事をしてもらったり、少しでも助けてもらった記憶を繰り返し思い出すようにしてください。

人はどうしても、自分が傷付きたくないために、一度傷ついた過去がトラウマのようになってしまいます。

そのトラウマを一つずつ外していくのです。

トラウマの数が多いほど、大変な作業ですが、あなたがそれだけ繊細だという証です。

丁寧に、一つずつ向き合っていきましょう。

また、「どうせ、自分はこれまでしか出来ない人間だ。」など、自分で自分を制限するのもやめておきましょう。

可能性は無限大にあるのです。

夢や希望、それら一つずつを大切にして、自分の枠組を外していきましょう。

方法④:俯瞰する

空飛ぶ鷹の如く、人間模様や今の有様などを高いところから見下ろしてみましょう。

そして、獲物を見つければさっと降りる。

なかなか、物事を客観的に見る事ができなかったり、 離れた場所から観察するのは難しいのかもしれません。

しかし、それができる人間こそ「寛大な人」なのかもしれません。

「寛大な人」は、ゆったりと時間が流れているように感じられますが、ただゆったりとしているのではなく、

時間に追われ、せかせかと働く様子や他人同士のぶつかり合いなど、見てないようでしっかりとどっしりとしつ見ているのです。

全てを見通しているその姿に、「一人だけ流れている時間が違う」と、感じる事もあるのではないでしょうか。

「寛大な人」とは、実は周りの人のことをよく観察していたりします。

具体的な方法論

リラクゼーションの具体的方法

では、ここからは具体的なリラクゼーションの方法について解説していきたいと思います。

あなたなりにアレンジしてみて、やりやすい方法などを探してみて下さいね。

また、リラクゼーションは「寛大な人」になるための効果も十分に高いですので、出来れば少しずつ、毎日行うようにしてみて下さいね。

毎日ずつでも行う事が大切です。

それでは、実践してみましょう。

深呼吸する

まずは、大きく深呼吸しましょう。

慣れてきたら腹式呼吸なんかも効果がありそうです。

呼吸が浅いと、ストレスの原因や、頭が上手く回りません。

イライラやせかせかしてしまう原因にもなりかねません。

そうならないためにも、普段から、深く呼吸をする事はとても大切な行為になります。

また、リラックスした状態で肩幅に足を広げ、手を大きく横に開き、腹式呼吸をすれば、心や体も開放的になり、凄く気持ちよく呼吸が出来る事でしょう。

一度試してみて下さいね。

瞑想する

大きく深呼吸しながら、または深呼吸した後に、ゆったり大きく胡座をかき、瞑想の準備に入ります。

また、深呼吸と瞑想する事はセットで行うと、より効果も高まりますので、同時に行うようにしてみて下さいね。

また、瞑想ですが「寛大な人」になる自分を想像したり、ゆったりと過ごしている自分をイメージしたり、

または日頃のストレスが溜まっている人であれば「無」となり、考えを一旦辞めて何も考えない、感じない事もストレスの解放には効果があるかもしれません。

歌を歌う

また、あなたのお気に入りの歌を鼻歌や口ずさんでもいいでしょう。

歌を歌う行為は、深呼吸や自然と腹式呼吸も出来る事がありますので、「カラオケでストレス発散!」という人がいますが、あれは一理ある行為です。

歌を歌い、気持ちや気分も晴れ、呼吸も整い、程よい緊張感もあるため、リラクゼーションにはもってこいの方法かと感じています。

また、お風呂に入りながらリラックスタイムとして歌を歌うのもいいですね。

誰の事も気にせず、のんびり歌う歌は楽しく、また更にリラックスもでき、一石二鳥の効果も期待出来るでしょう。

軽い運動をする

また、リラクゼーションの中には軽く運動をする事も効果があります。

夜に散歩をしてみたり、通勤、通学路をゆっくりと歩いてみたり・・・。

そうする事で、普段気づかなかった街並の様子やおしゃれな家を見つけたり、また軽く運動する事で、代謝も上がりストレスからも解放されていくことでしょう。

また、散歩やマラソンだけではなく、ヨガや気功なども瞑想しながらスポーツも楽しめますので、こちらもオススメです。

まずは、何かしらあなたが始めやすい運動から始めてみて下さいね。

季節の変化を探す

また、四季折々の変化を体で感じて見る事も大切です。

季節を感じられないくらい、あっと言う間に毎年過ぎ去ってしまっているのであれば、それは仕事が忙し過ぎて四季を感じる暇すら無いのでしょう。

しかし、「寛大な人」には自然と一体となり四季の変化に身を任せ、ゆったりとしながら、時間の経過を楽しんでいるので、四季折々の変化を感じている事でしょう。

また、「寛大な人」は仕事はもちろん、人間関係やさまざまな問題にも寛容なため、考えて行動しているのではなく、ほとんどが感覚で行動しているのかもしれません。

考え過ぎてしまうと人は身動きが取れなくなってしまいます。

そうならないように、自分でも調節しているのではないでしょうか。

また、四季折々の変化を感じる事はさまざまな人間関係や人間模様も感じ取る力がありますので、

水のように、狭い隙間や大きな流れなど、自在にカタチを変えて変化ができるのかもしれません。

イメージトレーニングの具体的方法

では、ここからはどのようにイメージトレーニングをすればいいのか具体的な方法と、

先程のリラクゼーションの具体的な方法とをミックスしたり、あなたなりにまたアレンジを効かせてトレーニングして見るようにして下さい。

イメージトレーニングは、とても大切な行為です。

願えば叶うではないのですが、頭に思い描いた事が現実に起きることも実は結構よくある話なのです。

なので、あまりストレスを溜め込みすぎず出来るだけいいイメージをするよう、日頃から心掛けておきましょう。

これまで寛大になれなかった場面を思い返す

反省を込めて、これまでに自分が寛大になれなかった場面を思い返してみて下さい。

もし、あなたが、あの時こうしていたら、あの状況は変わっていたかもしれない。

など、人には一つや二つ、後悔した経験はあるはずです。