あなたは、周りの男子にわがままな女になってしまっていませんか?

わがままに振り回されてしまう事で、周りの男子も呆れてしまいます。

わがままが酷い女には、誰も寄りたがりません。

知らず知らずのうちに、あなたが「わがまま女」になっていないか検証していきましょう。

わがまま女の特徴を知ることで、あなた自身が呆れるわがまま女になっていないかを確認することと、当てはまる項目が多いことで、あなた自身が「わがまま女」になっていることが考えられます。

また、わがまま女の項目の内容をよく確認し、あなた自身が「わがまま女」にならないよう、わがまま女の特徴を知っておくことも大切です。

このように、こちらの記事を読むことで、あなた自身がわがまま女になっていないか確認することができるところもあり、あなた自身の抑制にもぜひこの記事を読み「わがまま女」にならないよう確認していきましょう。

わがまま女の10個の特徴

ここからは、「わがまま女」の特徴についてご紹介していきます。

わがまま女の特徴を知ることで、あなた自身が「わがまま女」になっていないか確認していきましょう。

また、1〜2個の項目に当てはまる場合ちょっぴりわがままな小悪魔女の可能性があります。

また3〜5個の項目に当てはまる場合、わがまま女予備軍になっています。

さらに、6〜8個の項目に当てはまる場合あなたは完全に「わがまま女」になっています。

また、9〜10個の項目に当てはまっている場合、完全なる「わがまま女」になりますのでわがまま女を直すことが難しいかもしれません。

心を柔軟に、素直な心を取り入れていきましょう。

1.自分のことが大好き


自分のことが大好きな女は、「わがまま女」になっていることが考えられます。

特に、自分のことが大好きで自分を最優先しなければならないところがあります。

そのため、他人を優先したり自分以外の人を優先することでちょっぴりイライラしてしまうところがありそうです。

また、弱者に対して優しいところがあっても、自分自身が「かわいい」「モテる」などと言うようなキーワードが上がる場合、自分を前面にアピールしてくることでしょう。

さらに、自分が1番かわいいと思ってるところから他の人が、自分以外の人を「かわいい」や「きれい」「美人」などと褒められている言葉を聞いた場合、心の中ではかなり頭に来てることでしょう。

しかし、表面には出さず腹の中では自分が1番と思っているところから、素直に喜べないところもあるようです。

嫌なことはしない

特に、自分のことが大好きな女性は、嫌なことをしない傾向にあります。

そのため、どれだけ好きな人に頼まれたことでも嫌なことがしないと一貫性をと持ちます。

さらに、人助けをしてほしいと頼まれた場合でも自分が嫌だと感じれば、たちまち協力などすることができないところもあります。

このように、自分のことが大好きな女性は自分にストレスになるようなことや自分が嫌な事に対して「絶対にやりたくない。

」と言う気持ちが強いところから、いくら尊敬している人や親友に頼まれたことでも、嫌な事は嫌とはっきりと断り、また嫌なことがしないことを貫こうとします。

2.自分の都合しか考えない

どのような理由であれ、自分の都合しか考えないところがあります。

また、自分が悪くても相手の責任にしたり、自分が嬉しい環境や自分が喜べる環境を好むところがあるため、自分がだけが得をすることばかりを考えてしまいます。

そのため、周りの人の都合を考えるところが、自分の都合しか考えていないので、自分の都合のいいように何でも計画しようとします。

また、相手をコントロールしたいところもあり、コントロールしたい気持ちも強いため、やはり自分の都合の良いように考えてしまう癖もあります。

このように、自分の都合しか考えないところから、わがままなところもあり、またそのわがままで他人を振り回してしまうところもあるようです。

相手が合わせないといけない

常に、自分が相手をコントロールしたいことと、自分の都合を最優先するところから、相手が合わせないといけないと感じるようになるようです。

また、相手がそれに合わせていけないと不機嫌になることから、大きいことから小さい事まで自分の都合に合わせようとします。

また、特に彼氏の場合このような彼女の言動や行動にかなり腹立たしいところがあることと、相手が合わせないと不機嫌になってしまうため、かなり気をつかってしまうところがあるようです。

さらに、相手をコントロールしたい気持ちから相手を言いなりにさせるようなところもあり、彼氏は、そんなわがまま女と付き合うことで奴隷のような気持ちになることもしばしばあるようです。

3.常識がない

常識的なところがないことから、一緒にいることが恥ずかしく感じるところがあります。

常に、自分が可愛いと思うところからハメを外してしまったり、いつも自分が中心でなければいけないところから、常識的なことより自分の中の常識が強いところもあります。

さらに、常識がないことでお付き合いをしている彼氏がかなり恥ずかしい思いをするところもあるようです。

このように、一般的な常識がないことと常識的な所に欠ける行動してしまうところから、周りにいる人たちや彼氏を困らせてしまうところがあります。

しかし、自分ルールに従わせる強引なところもあり、やや独裁的なところもあります。

非常識なことを堂々と物申す

周りの人が驚くような非常識なことを堂々と物申すところがあり、一緒にいる相手は大変疲れることでしょう。

また、相手にイライラさせることも多く、自分ルールが強いため、それにそぐわない相手の場合喧嘩が勃発してしまうことも考えられます。

このように、非常識なことを堂々と発言してしまったり、行動してしまうところから、周りの友達も少なくなってしまうことでしょう。

このように、一見わがまま女の周りには友達がたくさんいるように見せかけていますが、それはプライドが高いところから、友達が沢山いるように見せかけているところがあります。

さらに、非常識なことを堂々と物申すところから多くの人々はこのわがまま女ことを苦手だと感じている人が多いようです。

4.思っていることが言動に出る

心で感じていることが頭で思っていることがそのまま言葉として出てしまう場合があります。

わがまま女の特徴は、思っていることが口に出てしまうところもあり、周りとのトラブルになりかねません。

また、思ってることを言ってあげることがその相手に対して優しさだと感じてるところもあり、言われた相手は余計なおせっかいだと感じてしまうことでしょう。

また、自分が正しいと思いきるところから、すぐに思ってることを口に出すところもあり、心の声と口から出る言葉が同じなのでしょう。

このように、思っていることをそのまま言葉に出してしまうところから、相手に嫌な気持ちを与えてしまったり下手な嘘がつけないところから、嫌われやすい傾向にあります。

周りが気を遣ってしんどい

思ったことをそのまま口に出してしまうところから、周りがわがまま女に対し気を遣うところがあります。

そんなわからないんだと一緒にいることで、常に気を使わなければならない状況に陥り、わがまま女の周りにいる人たちはそんなわがまま女のことを「しんどい。」と思っているようです。

このように、わがまま女は相手のことを傷つけていることすら分かっていないのかもしれません。

さらに、言葉にトゲがあるところもあり周りが気遣い、フォローしている事すら分からないところがあります。

また、他人からの忠告を受け入れないところもあり、聞く耳を持たない所からそのわがままな性格を直すこともできないのでしょう。

このようにいて周りが気をつかっていることすら気づかず、しんどい思いをさせてしまっていては、周りの人も当然わがまま女から離れて行く事でしょう。

5.損得を考える

常に、頭の中で損得勘定しているため、自分に有利なことまたは自分に有益なことばかりを望みます。

自分に損な事は、やりたくないと考えています。

また自分の中で利益のあることばかりに気を囚われてしまい、周りが見えなくなる事があります。

そのため少しでも、自分が損を被ることがあるなら、たちまち相手を責め立て自分が悪くないと主張しだすことでしょう。

また、例え自分が原因だったとしても、損を被ることになりそうになった場合でも、相手が悪いようにもっていこうとします。

つまり、原因が自分にあったとしても責任転換を行い、相手が悪いように仕上げてしまう恐ろしい一面もあります。

このような性格な事から、わがまま女との接触は気をつけなければなりません。

損をしないとこはしない

自分が絶対に損をしたくない気持ちから、相手に責任転換してしまうだけでなく、たとえ自分が悪い事でも相手が悪かったように下手、損を被らないようにしてしまいます。

さらに、損を被らないように根回しをしていたり、自分が悪くないようその場を仕上げていきます。

わがまま女にとっての「損を被る」と言う事は、何が何でも避けたい気持ちから、損をすることで自分が成長する事はありません。

そのため、いかに損をしないかを考えるため、ずるがしこい考えになってしまうのかもしれません。

このように、損をしないことをよく考えることで、まさに自分の思い通りにならなければ周りのせいにしてしまう、子どものような一面もあります。

6.相手にたくさんのことを求める


相手に対し、彼氏や友達にも「あれをしてほしい。」「これをしてほしい。」などと、たくさんのことを求めてしまいます。

彼氏の場合、そんなわがまま女の要求に応えていると、キャパオーバーしてしまうことも考えられます。

さらに、相手に負担になるようなことを平気で言ってしまいます。

わがまま女に振り回されるだけでなく、たくさんのことをいっぺんに求めたりするところから、相手もわがまま女と付き合っていくことが苦しく感じることもあります。

相手にたくさんのことを求め、それが実現されなければすねたり怒ったりしてしまうのも特徴になります。

嫌なことを他人に押し付ける

嫌なことを他人に押し付け、自分は悠々と過ごしている姿は、やはり端から見ていてもいい気持ちにはなりません。

嫌なことを経験する度にその人が成長します。

嫌なことばかりを避けていては、また他人に押し付けていてはわがまま女は成長することもありません。

しかし、したたかにずるがしいところが成長してしまい、いかに嫌なことやそんなことを相手に振り分けるか…。

などを頭の中で計算し計画を立てようとします。

このように、嫌なことを他人に押し付けることで、自分自身の心の成長につながることもなく、また嫌なことやそんなことから逃げようとする傾向にありますので、ずる賢さは人一倍身に付くことでしょう。

7.自分の思い通りにしたい

何でもかんでもわがまま女は自分の思い通りにしたいところがあり、相手をコントロールしたいところがあります。

自分の思い通りにならない場合、何が何でも自分の思い通りにしたい気持ちから、周りを巻き込み自分の思い通りにしようと計画していきます。

さらに、自分が1番と思う気持ちから、自分に対して忠実じゃない人の事は誹謗中傷したりすることがあります。

このように、自分の思い通りにしたい気持ちが強いところから、いかに自分の思い通りにコントロールできるかをよく考え、相手の気持ちや立場などを考える余地もありません。

このような気持ちでいることから、当然のこと周りはわがまま女とお付き合いしていくことに疲れ果て、離れていってしまうことでしょう。

思い通りにならないと機嫌が悪くなる

自分が思い通りにならないと不機嫌になるだけでなく、怒りで相手をコントロールしようとします。

何が何でも自分の思い通りにしたい気持ちが強いところから、特に本性出しやすい相手に対しては、わがまま全開で周りを振り回すところがあります。

さらに、自分が1番でいたい気持ちと、自分の思い通りにしたい気持ちが強いところから相手の気持ちや立場より、自分の気持ちを優先させてしまいます。

わがまま女とお付き合いした男性は、そんなわがまま女の悪さを知りながら、「俺がついていないと、他の男性では務まらない。」などとついつい母性的な気持ちから、わがまま女を甘やかしてしまうところがあります。

どれだけわがまま女に振り回され好きな気持ちがあっても、自分がしてしまうことで相手の成長を止めてしまうことに気づいてほしいところもあります。

8.自分で何もできない

自分で何もできないところは、他人に甘えてきたり頼りっぱなしなところが目立ちます。

口ばかり上手くなり、顎で人を使っていると思われることもしばしばあるようです。

このように、自分では何一つできないくせに、言葉では相手を責め立てたり相手をコントロールしようとしたい気持ちが強いところから、相手に求めるものやハードルを上げて接します。

何かのことに打ち込み、何かを極めようと言う気持ちもありません。

このようなことから、自分で何もできないことを周りは知っているにもかかわらず、自分自身はそんな自分の姿に気づいていないこともあります。

つまり、身の程を知らず、何もできない自分に対しても不自由に思うことがありません。

何でも頼りっぱなしで経験がない

なんでも周りがしてくれると思い込んでいるところもあり、頼りっぱなしにしてしまうところもあり、経験が未熟なところが目立ちます。

そのため、一丁前な発言をしていても行動が伴っていなかったり、言っている割にはなかなかできないところもあり、それを自分自身腹の奥底ではわかっているところもあります。

しかし、周りに頼りっぱなしにしてきたことから、自分でどのように問題解決していけばいいのかわからないところもあります。

これまで何でも周りに頼りっぱなしにしてきたところから、やはり経験が未熟なため、考え方も浅はかになってしまうところがあります。

9.自分の意見を押し通す

常に、自分の経験を押し通すところから「自分の思いは正しい。」と思う気持ちも強くなります。

さらに、自分が正しいと思う気持ちが強いため自分の意見を押し通します。

また、周りが自分の意見に賛成してくれない場合、喧嘩はもちろんのこと、論争やなぜ自分のことを理解できないのかなどを相手に詰め寄る場面もありそうです。

このように、自分の意見を押し通す気持ちが強いことで、周りの意見を聞き入れることもありません。

自分が信じたものが全て正しいと思うところから、他人の忠告や警告に耳を傾けることもありません。

このように、自分の意見を押し通すことで、周りが嫌な気持ちになっていることも考える事はありません。

こうと思ったらこう!という行動をする

自分が思うことや、自分が正しいと思う気持ちから自分の思うように行動していきます。

周りが、わがまま女に何を言っても耳を貸そうとしません。

「こうと思ったらこう!」と思う気持ちも強く、自分の気持ちを強く主張するところがあり、周りがそのような行動を抑制しようとするものなら、うまくすり抜けるか、跳ね退けてくることでしょう。

このように、わがまま女は自分の気持ちを最優先したり、自分のみを信じる気持ちが強いところから、当然のことを周りと衝突が起きてしまいます。

トラブルになったり、問題行動を起こしたりしてしまう事はよくあることなのかもしれません。

また、強気で相手に押し入ることがなくてもしたたかに回るわがまま女もいます。

したたかな女は一見わがまま女には見えないので、したたかでわがまま女にも注意したいところです。

10.友だちが少ない

友達が少ないわがまま女は、なぜ自分に友達が少ないのかわかりません。

周りを振り回していることにも気がついていないところから、周りが離れていくには原因が自分にあるとは思っていません。

さらに、少ない友達の中には、とても性格の良い友達も含まれます。

しかし、相手のわがままを聞いてくれる優しすぎる友達や、自分のコントロール下にいる友達としかお付き合いすることができません。

このようなことから、普通の人はわがまま女に近寄りたいとも思わない気持ちから、自然と友達が少なくなってしまいます。

しかし、またもものは自分に友達が少ないことを悲しいことだと感じていることも無いようです。

友達が少ない事は、周りが悪いと思っているところもあり、自分が悪いと思わない気持ちが強いのかもしれません。

嫌になって離れていく

普通の考えの人や、一般的な常識のある人はわがまま女に付き合うことが難しく、嫌になって離れていく傾向にあります。

そのため、仲間も女の周りにいる友達はわがまま女のように共通点がある友達が、わがまま女とは似てもにつかないくらい優しすぎる友達がいる事でしょう。

このように、普通の人であれば、わがまま女に振り回されたくない気持ちから自然とわがまま女から離れていくことでしょう。

わがまま女になってしまうことで、相手の気持ちを理解することができず、自分の気持ちを押し通そうとするところから、周りの人達が気を遣ったり、離れていっていることにも気がつかないのかもしれませんね。

わがまま女の呆れる言動10選

それではここからは、若者女の呆れる言動についてご紹介していきます。

わがまま女の呆れる言動と、あなたが感じるわがまま女の特徴をよく照らし合わせ、あなたが思うわがまま女の言動と重ねあわせてみてはいかがでしょうか?

以下の項目に重なる部分が多いことで、あなたの思うわがまま女は、れっきとしたわがまま女と認めることができるかもしれません。

1.かまって欲しいのに「ほっといて」

かまってほしい気持ちが強いくせに、相手に対して「ほっといて。」と強い口調で相手を罵倒します。

また、自ら「ほっといて。」と言うにもかかわらず、本当に放置することで「私のことが本気で好きじゃない!」「私のことを愛していない。」などと批判的になります。

このように、自分がかまって欲しいくせに「ほっといて」と、言ったにもかかわらず、相手に保持されることで相手に逆ギレしてくる可能性もありますので、わがまま女のわがままに振り回されてしまうことでしょう。

2.強がりの「大丈夫」

こちらも、先ほど「ほっといて」と同じように、強がりからの「大丈夫」を言われることで、相手が気を使いわがまま女を1人にしたところで、わがまま女に「何でほったらかしにしたの?信じられない!」などと逆ギレしてきます。

このように、強がりからの「大丈夫」は大丈夫ではなくかまって欲しいと言う気持ちが強い事から、強がっていってしまっていることが考えられます。

しかし、このような要求にいちいち答えていけばあなたの身が持たなくなります。

相手が「大丈夫」や「ほっといて」と言った際には、毅然とした態度で自分が言った発言に対して責任を持つよう伝えることも大事です。

3.時間に関係なく「会いたい」

夜中や早朝にもかかわらず、時間に関係なく「会いたい。」と言ってくることがあります。

また、わがまま女が「会いたい」と言っていることを放置しておくと、たちまちあなたの家に押し掛けたりストーカーのような行為をしてきます。

衝動的な気持ちを抑えられないところから、自分の気持ちをコントロールすることができなくなり、時間に関係なくあなたの所へ押し掛けてくるかもしれません。

わがまま女の扱いを間違えてしまうことで、わがまま女がストーカー化ないよう気をつけたいところです。

4.ご飯を食べ終わって「おごりだよね?」

自分から「会いたい。」と言ったにもかかわらず、ご飯をおごってもらう気満々な態度や、彼氏や友達、相手に対して「今日って、おごりだよね?」などと確認してきます。

そんな相手に対し、あなたも驚くばかりでなく、図々しさも感じてしまいます。

このように、わがまま女は自分が損をしたくない気持ちから、奢ってもらえる相手を探しているところもあります。

あなたも、わがまま女の餌食にならないよう、お腹断る方法も考えとくといいですね。

5.プレゼントを渡したら「違うのが良かった」

彼氏が一生懸命わがまま女のために考えたプレゼントや、友達が、以前にわがまま女が欲しいと言っていたプレゼントを用意したにもかかわらず、わがまま女が心のこもったプレゼントを見た瞬間「違うものがよかった。」などと言われれば、腹立たしい気持ちを通り越えて、呆れる気持ちになってしまいます。

このように、心を込めて考えたプレゼントの内容や、プレゼントを渡したときに、ついつい思ったことを口にしてしまうことから「違うものが良かった」などと言う意見が飛び出してしまうのかもしれません。

6.自分の思い通りにならないとすぐ泣く

自分の思い通りにならないことで、すぐに感情的になってしまいます。

相手を待つこともできないわがまま女は、常に自分のペースで行動します。

そのため、自分の思い通りにならなかったり、相手が自分の思うようにコントロールできない場合、すぐに泣いたり怒りを表したりしてきます。

泣いたり怒ることで、相手をコントロールできると考えているのかもしれません。

7.都合が悪くなって逆ギレ

わがまま女の都合が悪くなることで、相手に対して逆ギレしてくることがあります。

これまで自分のわがままで周りを振り回し、悪い立場になっているにもかかわらず、このような状況になったのは自分のせいではないと言うことを言い出します。

また、都合が悪くなってくると相手の責任にしたり、逆ギレしてくることもあります。

特に、わがまま女の場合自分が都合が悪くなることで、相手に逆ギレして、相手をコントロールする傾向も強いようです。

8.急に機嫌が悪くなる

何が原因かはわかりませんが突然機嫌が悪くなることがあります。

ちょっとしたことで自分の思い通りにならないことがあるのか、ただ単にその時の機嫌が悪かっただけなのか、周りも理解できません。

このように、わがまま女は急に機嫌が悪くなることで周りが気を遣う事は考えようとはしません。

常に、自分が1番なところから、自分が1番になれず周りの子に注目が集まることでやきもちからの機嫌が悪くなる場合もあります。

9.休みの日は全てデートしたいと言う

わがまま女は、休みの日になると必ずデートしたいと言ってきます。

もちろんデートのお金はすべて彼氏持ちになります。

そのため、彼氏もお金がなくなり苦しい生活を強いられることになりそうです。

また、休みの日はすべてデートしたいと言う気持ちから、彼氏が休みの日は必ず自分との予定を入れなければ喧嘩の原因になってしまうことも考えられます。

そのため、わがまま女とお付き合いしてしまった彼氏は、自然と付き合いが悪くなり、友達も離れていってしまうことでしょう。

10.スマホをチェックする

彼氏のスマホチェックすることで、浮気をしていないか確認するところがあるようです。

自分のことはさておき、相手が自分の知らない女性と連絡をとっていることが何より許せません。

また、会社の同僚や部下、後輩など上司に置いてまで、問い詰めてくるところもあり、またスマホチェックしわがまま女が怪しいと思う女性に対して「連絡しないで。」などと彼氏のスマホに入っている女性の連絡先などに、メールを送信してしまっていることも考えられます。

このように、わがまま女は独占欲が強く、また自分以外の女性と連絡して欲しくない気持ちから、常にあなたのスマホチェックしていることが考えられます。

こんな女は彼女にしたくない…

いかがでしたか?

「わがまま女」の特徴を知ることでわがまま女とお付き合いをしたくありませんよね。

もし、あなたの彼女がわがまま女の疑いがあり、彼氏だろあなたがこちらの記事を読んでいるのであれば、「わがまま女」のわがままを直すことが難しいのかもしれません。

また、わがまま女は、自分が1番大事な気持ちが強いため、自分を甘やかし可愛がる事しか考えていません。

また、わがまま女に振り回されることであなたの周りの人たちも振り回されてしまうかもしれません。

わがまま女は自分が1番大事な気持ちが強いところから、どれだけ好きな相手でも、相手の立場を考えようとしません。

このようなことから、わがまま女とお付き合いしてしまうことで、あなたの運勢が悪い方に傾いてしまうことも考えられます。

またお付き合いが始まってからわがまま女だと気づく場合もありますので、あなたが好きな女性が「わがまま女」なのかどうなのかをきちんと見抜けることも大切になります。