「あの件に携わっていたのは君だろう!」「あの件には携わりたくなかったんだよね」なんて、ビジンスシーンでよく使われる言葉の中に「携わる」という言葉があります。

あなたもビジネスシーンにおいて、この言葉を使用したり見聞きするようなことが多いのではないでしょうか?

そのように多く使われる言葉こそ、多くの人がその本当の意味を理解していないことが多いんですよね。

ほかの人が使っていたようなニュアンスで、なんとなくそのような雰囲気で使えばいいのかな…なんてなんとなくで使ってしまっている人も少なくはないのでしょうか。

ビジネスシーンにおいてそのように曖昧なニュアンスで言葉を使うのってとても危険なんですよね。

なぜならば、ちょっとした言葉の使い方の間違いによって足元をみられ、契約が破たんになってしまうこともあるからです。

そのようにしたくないですよね!

ということで、この記事では「携わる」という言葉について特集しています。

そもそも「携わる」とはどのような意味をしているのか?

また、ビジネスシーンではどのように使うのがベストなのか、それだけではなう似たような言葉である「関わる」という言葉との違いについてもお伝えしています。

ぜひ、この記事を読んで「携わる」という言葉をパーフェクトに使いこなせる人になってくださいね!

携わるとは?

あなたは、これまでの人生の中で「携わる」という言葉を使ったことがあるでしょうか?

おそらくほとんどの方が「携わる」という言葉を使ってきたかと思います。

とはいっても、その言葉の意味がどのようなものなのかを把握できている人は少ないのではないでしょうか?

いまここで「携わる」という言葉の意味をきちんと説明せよ、といわれても自分でも納得できるような説明ができる人というのは少ないのではないでしょうか。

そう、この世界に存在する言葉、特に日本語というのは誰もが“なんとなくのニュアンス”でそのような言葉を使ってしまっているんです。

要するに、きちんと言葉の意味を理解しないままに「携わる」という言葉をつかえていないということになるんですよね。

あなたもそのような言葉への危機感を感じたことがあるのでは?

そうはいっても「携わる」というような日常的に使われる言葉というのは、そんな意味をきちんと理解していなくても相手に意味さえ伝わればいいような気がしてしまいますよね。

たしかにそれでもよいかもしれません。

しかし、人によっては間違った使い方をすることによって社会時の仕手の評価を下げてしまう原因にもなってしまうんです。

そのようにしないためにも、あなたが気持ちよく「携わる」という言葉を使うためにもぜひともここで「携わる」という言葉がどのような意味を示しているのかについて詳しく勉強していきましょう!

読み方「たずさわる」

あなたは、「携わる」という言葉を読むことはできますか?

人によっては、その言葉を読むことができない!とか「携帯の“ケイ”という字だから“けいざわる”って読むんじゃないの?」なんておもわれている方もおられることでしょう。

残念ながらその読み方は間違ってます。

というのも「携わる」という言葉は、「たずさわる」と読むからなんですね。

この読み方をまずはマスターしてきましょう!

意味

では、今回テーマともなっている「携わる」という言葉はどのような意味を持っているというのでしょうか?

また、あなたはこれまでにどのような意味で「携わる」という言葉を使ってきましたか。

その意味の答え合わせもかねて、「携わる」という言葉の意味について勉強していきましょう!

ある物事に関係する

「携わる」という言葉には大きく分けて、4つの意味があるといわれています。

一つ目は、「ある物事に関係する」という意味になりますね。

「提携する」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。

この言葉は、「携わる」という言葉に使われている漢字が使われていますよね。

つまり、「提携する」ということは、特定の物事たちが一緒に何かをすること、そして関係していることをさしているのですね!

ということで、「携わる」という言葉には“ある物事に関係する”という意味があるということになります。

これは「携わる」という言葉の意味の中でも基本的な意味合いで、よく使われるものになるので必ず覚えておくようにしましょう。

従事する

「携わる」という言葉には、「従事する」という意味もあります。

「従事する」というのは、その作業を行ったりすることをさしていますね。

つまり、何かを行っている様子を示していることになります。

あなたがもしも何かの仕事にかかわっているのであれば、“仕事に従事する”ということができますし、それってその仕事に“関連している”“関係をもっている”ということであり、さきほどの「携わる」の意味である“ある物事に関係している”と同じような意味合いになります。

手を取り合う


あなたは、仲間同士で握手を交わしたことがあるでしょうか?

また、全く関係のない分野の会社の人だとか、違うジャンルの人と協力して何か新しい仕事やプロジェクトを完成させたこともあるのではありませんか?

そのようなことを「手を取り合って○○をなしとげることができた」なんていうことができますよね。

つまり、手を取り合うということは、協力するということをさしていることになります。

ずばり、今回特集している「携わる」という言葉には、このような「手を取り合う」という意味があるということも覚えておきましょう。

また、「提携」という言葉は、お互いに協力して何かの事業をなしとげているということでもありますよね。

連れ立つ

「携わる」という言葉には、「連れ立つ(つれだつ)」という意味も持っています。

「連れ立つ」というのは、「一緒にどこかにいくこと、一緒に伴って何かを行うこと」という意味が含まれています。

そのため、これまでにお伝えしてきた「携わる」という言葉の意味の中には、「協力する」「一緒に何かを成し遂げる」という意味合いが強かったかと思いますが、これもまた“一緒に何かをする”というようなニュアンスを持っているということがわかりますね。

類語

これまでに「携わる」という言葉の意味について、お伝えしてきましたね!

なんと「携わる」という言葉には、「一緒に何かをするということ」「協力して何かをなしとげるということ」というような意味合いが強く示されていました。

これまでにそのような意味合いで使ったことがなかった人もいるのではないでしょうか?

とはいっても、これまでに「携わる」という言葉の意味を学んできたので「もうこの言葉を使いこなせるに違いない!」なんて思われている方もおられるかもしれないですね。

しかし、そうじゃありません!

そのように思っている時こそ、その言葉に対しての誤解を抱きやすい時なんです。

それにまだまだ「携わるという言葉について全く分からない!もっとわかりやすく意味を知りたい!」と考えている人もいられるのではないでしょうか。

そのような不安を抱えたままで、この言葉を使うのって怖いですよね。

それにそのような状態のままで誰しも言葉を使いたいなんて思わないはずです。

ということで、ここでは「携わる」という言葉の類語をお伝えします。

類語というのは、その特定の言葉とほぼ同じ意味合いを持っている言葉であり、その特定の言葉を理解するにはもってこいの言葉になるんですよね!

それに、特定の言葉(ここでは「携わる」ですね)よりも日常的に使われている、もしくは使っている言葉もたくさんあるのでとても分かりやすいものなんです。

ということで、あなたがもっと「携わる」という言葉の意味への理解を深くするために、さっそく「携わる」という言葉の類語についてみていきましょう。

関与

「携わる」という言葉の類語のなかのひとつに「関与」という言葉があります。

「関与」というのは、どのような意味かといいますと「ある物事に関係すること」という意味がありますよね。

つまり、これはさきほどご紹介した「携わる」という言葉とほぼ同じ意味を持っていることになります。

例文で確認してみましょう。

「あの人はあの仕事に関与していた」というのであれば、意味は「あの人はあの仕事に関係していた」という意味になり、「あの人はあの仕事に携わっていた」と言い換えることも可能ですし、意味もばっちり同じで相手に伝えることができますよね。

そのため、「関与」という言葉は、「携わる」という言葉の類語になるんですね。

参与

「携わる」という言葉には、「参与」という言葉も類語になっています。

では、「参与」という言葉はどのような意味を持っているのでしょうか?ずばり、「その物事に関係していること」もしくは「その相談になるということ」という意味になります。

“参与観察”なんていう言葉を聞いたことがあるのではありませんか?

これは社会調査におけるフィールド調査(現地に行ってその場所の特質などを調べる調査のこと)をするときに行われるものですが、その場所に住んでいる人たちの世界に入り込み、そこでその現地の実態を知っていこうとするものになります。

そのように間接的ではなく直接的にその場所にかかわることをさしているのが「参与」という言葉になるんですね。

その特定とするものにかかわるという点においては、今回特集している「携わる」という言葉とほぼ同じ意味を示していることになります。

「あなたはその事件に参与していた」というのであれば、意味は「あなたはその事件に関係していた」という意味になり、「あなたはその事件に携わっていた」と言い換えることができるので、「携わる」という言葉の類語として扱うことができます。

参加

これはとてもよくつかわれる言葉ですね。

「携わる」という言葉以上にあまり説明するまでもないのではないでしょうか。

「参加」という言葉には、「ある目的を持っているような集団と一緒に行動を共にすること」または「裁判などにおいて当事者ではない人がその事件にかかわる」という意味があります。

「携わる」という言葉の類語としての意味合いを説明するのであれば「ある目的を持っているような集団と一緒に行動を共にすること」という意味になりますね。

さきほど「携わる」という言葉の意味についてお伝えしましたが、そこで「一緒に何かを達成するために協力する」という意味がありましたとよね。

その意味で「携わる」という言葉と類語ということができます。

つまり、「あなたはその集まりに参加していた」というのであれば、「あなたは目的を持っているその人たちと一緒に何かをなしとげようとしていた」という意味になり、「あなたはその集まりに携わっていた」と言い換えることもできるので「携わる」という言葉の類語として扱うことができることになります。

「携わる」のビジネスでの使い方

これまでにいろいろな角度から「携わる」という言葉について意味などをお伝えしてきました!その言葉の意味を知ることはできましたか?

とはいっても、日常生活でそれもプライベートの場面でその言葉を使うときは何とも思わないのに、ビジネスシーンにおいて「携わる」という言葉を使うことになってしまったとき、だれもがちょっとは緊張してしまいますよね。

そうはいっても、どこに気を付ければいいのかもわからないですし、どのようにビジネスシーンで「携わる」という言葉を使いこなせばいいのかすらわからないという方もおられるのではないでしょうか。

そのようなままでは、一向にビジネスシーンにおいて「携わる」という言葉を自信をもって使うことができないでしょう。

それじゃあ、せっかく「携わる」という言葉を使うことになっても困ってしまいますよね。

ということで、ここでは「携わる」という言葉をビジネスシーンではどのようにつかっていけばいいのかを学んでいきましょう。

「携わる」はそのまま敬語として使われている


あなたは「携わる」という言葉をビシネスシーンのなかでもどのようなところで使ってきたでしょうか?

おそらく、特定のシーンで使ってきた…ということはないのではないでしょうか。

「何かにかかわっている」「一緒に何かを成し遂げようとしている」というときには、「携わる」という言葉をそのまま使用してきたはずです。

つまり、「携わる」という言葉は、そのまま敬語として使うことができるんですよね。

ビジネス用語のなかには、尊敬語・謙譲語…などで使い方を変えなくてはいけないものもありますが、「携わる」という言葉はそのようなヒトクセ加えるようなことをしなくてもいいんです。

とてもラクチンに使いこなせそうな気がしませんか?

ということで、ここでは、「携わる」という言葉をどのようにして使うのかもっと詳しく見ていきましょう。