職場環境を語る上で、しばしば話題にのぼる“パワハラ”

上司からのパワハラで、仕事へのモチベーションが保てずに悩んでいる人も多いかもしれませんね。

また、上司の立場にある人が、自分でも気付かないうちに、部下にパワハラをしてしまっているかもしれません。

パワハラは、明らかに卑劣なパワハラ行為である場合もあれば、受け取る側の感じ方次第な面もあると思います。

受け取る側に問題がある…とまでは言いませんが、パワハラという言葉が広まって以来、昔より周囲の目が厳しくなっているのは確かです。

度々話題になる教師の暴力も、筆者が学生時代だったころよりは厳しく問われていますし、職場でも、少し前は指導で通っていたことが、今はパワハラとなっています。

それもこれも、子供や部下の指導をする立場になったときに何を参考にするかというと、自分の親や上司のやり方を参考にするからです。

それしか指導のやり方を知らないのですから当たり前とも言えます。

でも今は、自分が目上の人から受けてきた指導をそのまま真似すると、パワハラになる確率が高いということです。

昔は当たり前だったことでも、今は通用しません。

それが何故かというと、昔の強引な指導のやり方で、傷ついた人が多いという事実があるからです。

昔の指導方法は間違っていたという反省から、世の中が変わってきたということです。

昔は心をないがしろにしていたけど、今は心が重要視されています。

それに気付けないままでいると、パワハラ行為がなくなることはないということ。

つまりパワハラ上司は、世の中の反省から学ぶことや、時代の変化に付いていけなかった、時代遅れの人なんです。

…と、パワハラする人を批難しておきながらも、実は筆者も会社勤め時代は、パワハラの気がありました。

そうならないように気をつけてはいましたが、部下たちの受け止め方はパワハラだったかも…と思います。

これもやはり、自分が受けてきた指導法が頭にあるから。

やり方がわからないんですよね。

指導方法にはいつも頭を悩ませていましたが、上手いやり方で無かったことは確かです。

そんな筆者の反省を振り返りつつ…今回は、パワハラになっていないかと指導法に悩む人、

また、パワハラをうけて悩んでいる人、それぞれの立場を考えながら、パワハラについて徹底解説していきます。

パワハラの意味は?モラハラ・セクハラとの違い

まずはパワハラの意味をしっかり理解していきましょう。

このパワハラと言う言葉は、今は知らない人がいないほどに、広まった言葉になっていますよね。

パワハラの“ハラ”は、ハラスメントの略だということは、皆さんもご存じだと思います。

ハラスメントとは、“嫌がらせ”や“いじめ”を意味する言葉で、いろいろな場面で使われています。

日本でも有名な言葉には、他に“モラハラ”や“セクハラ”がありますね。

その他にも、ハラスメントはたくさんあり、仕事に関わりそうなものだけでも、飲酒にまつわる嫌がらせの“アルハラ(アルコールハラスメント)”、

リストラ対象者に対する嫌がらせの“リスハラ(リストラハラスメント)”、

またカラオケを無理やり歌わせる“カラハラ(カラオケハラスメント)”と言う言葉もあるそうです。

また、近年認知度が上がっている言葉としては“スメハラ(スメルハラスメント)”という言葉もありますよね。

口臭や体臭、きつすぎる香水の匂いで周囲の人を不快にさせることが、問題になっています。

こう考えると、よく子供のいじめ問題がニュースで取り上げられていますが、大人社会も全く同じだということです。

子供たちの間での嫌がらせやいじめの問題がなくならないのは、大人を真似しているからとも言えますね。

今私たちが変わらなければ、それだけ傷つく子供も増えていくのかもしれません。

…少し話は脱線しましたが、ここでは“パワハラ・モラハラ・セクハラ”の3つの言葉の意味について、それぞれ詳しく掘り下げます。

パワハラとは

まずは、パワハラについて解説します。

パワハラとは、皆さんご存知の通り、パワーハラスメントの略語になります。

ハラスメントは先ほども解説した通り、嫌がらせやいじめの意味ですね。

パワーハラスメントの“パワー”は、ご想像の通り“力”という意味ですが、力とは“権力や支配力”も意味する言葉です。

つまりパワハラは、“暴力や権力を使ったいじめや嫌がらせ”ということになります。

パワハラというと、多くは職場で使われる言葉として認識されていますが、意味で言うと、家庭や学校でのいじめや嫌がらせもパワハラになるんです。

ただ今回は、主に職場でのパワハラという視点で、考えていきますね。

職場のパワーハラスメントについて、厚生労働省では「同じ職場で働く者に対して、

職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、

精神的・身体的苦痛を与える、又は職場環境を悪化させる行為」と定義づけています。

パワハラは、立場の“優位性”を利用することが、卑劣で卑怯であるということです。

職場では大抵、肩書がつき、上司と部下の立場が明確に示されています。

それだけに、立場の優位性を振りかざしやすい環境であると言えますよね。

だからこそ、職場でのパワハラが問題になるんです。

ですので、学校で言えば“先生”という優位な立場を利用した生徒への嫌がらせが、パワハラにもなるし、先輩から後輩へのいじめもそう。

成績優秀な子からクラスメイトへの嫌がらせも、パワハラに該当することになります。

上司、先生、先輩…そういった肩書きが外された時も、同じ行動をとるんですか?

また、自分より上の肩書を持った人間に、同じ態度をとれますか?

優位性を利用して卑怯なことをしていませんか?そう問われているんです。

モラハラとは

続いて“モラハラ”について。

モラハラは、“モラルハラスメント”の略語ですね。

少し前に芸能人の離婚理由として大きく報道されたので、皆さんも耳にした言葉なのではないでしょうか。

“モラル”とは、“倫理”や“道徳”の意味です。

人としての精神性や態度と言ったらいいですかね。

ですので、パワハラもモラハラの一部と言えます。

ただ、パワハラが、肩書き等による明らかに優位な立場を利用して行われるのに対し、モラハラは優位な立場を利用するにとどまらないということです。

相手を傷つけたり痛めつけたりして追い詰め、精神的支配下に置くのです。

ある意味、洗脳であるとも言えますね。

この状況が起こりやすいのはやはり、夫婦間のようです。

夫婦は基本的に、立場に上も下もありません。

ですが、例えば夫から妻へ「お前は何をやってもダメだ」とか、「俺がいないと何も出来ない人間だ」などの言葉で人格を否定し続け、精神的支配下に置いてしまうということです。

実は、筆者が昔同棲していた彼がモラハラをする人でした。

人格を否定され続け、心も体もボロボロなのに別れられなかった。

そこから逃げ出してようやく、「洗脳されていた」と気づいたんです。

モラハラは、精神的DVとも言われています。

徐々に追い詰められ洗脳されていくので、モラハラされている本人が気づきにくいのも、モラハラの特徴だと思います。

自分の優位性を、相手を貶めることで強引に示す。

それが、モラハラです。

セクハラとは

そして“セクハラ”は、“セクシャルハラスメント”の略ですね。

これも昔から使われている言葉なので、知らないという人はいないと思いますが、改めておさらいしておきましょう。

“セクシャル”は、“性的”な意味となります。

つまり、セクハラは性的ないじめや嫌がらせのことで、特に言葉によるものが多いですよね。

厚生労働省でも、職場でのセクハラを問題として取り上げ、様々な情報を提供していて、事業者にもその対策を義務付けています。

職場におけるセクハラは「労働者の意に反する性的な言動が行われ、それを拒否するなどの対応により解雇や減給などの不利益を受けること」

また「性的な言動が行われることで職場の環境が不快なものとなり、労働者の能力の発揮に悪影響が生じること」と定義づけられています。

セクハラも、パワハラやモラハラの要素を含んでいると言えますが、特に性的な嫌がらせの場合には、セクハラという言葉が使われています。

パワハラ上司は良好な職場づくりの敵!

パワハラも、モラハラやセクハラも、どれも職場環境を悪化させる、悪質で卑劣ないじめ行為なんですよね。

パワハラ上司は良好な職場環境づくりの敵!となる存在。

…だけど、最初にもお話した通り、筆者もパワハラの気がありました。

改めてハラスメントの意味を調べながら考えると、この行為の卑怯さに気付かされ、反省させられます。

自分のパワハラ度合いがどれだけのものだったのか、この後の“パワハラになる行為”の事例を見ながら振り返ってみたいと思います。

皆さんは、改めて意味を考えたときにドキッとしたり…しませんでしたか?

また、自分が受けていた行為が、ハラスメントかも…と気付いた人もいるかもしれませんね。

パワハラは、もちろんするほうに問題がありますが、される方も声を上げることが必要です。

パワハラしている本人が気づいていないなら、気付かせることで改善するかもしれません。

要注意!パワハラになる行為

さて、ここからは“パワハラになる行為”がどういう行為なのかを、ひとつひとつ見ていきます。

自分ではパワハラをしないように意識していても、つい自分の感情に任せてとった行動が、パワハラと受け取られることもあります。

また、パワハラをしているかどうか、気にもとめていないという人もいるかもしれませんね。

年配の人であればあるほど、厳しい指導が当たり前だと思いがちで、それが行き過ぎた行為になっていても気づかず、自分を正当化してしまいます。

厳しい指導と、嫌がらせやいじめは、全く別物ですよね。

それに、自分がパワハラをうけてきた立場でありながら、気付いたら、自分と同じような思いを後輩にさせている人もいるかもしれませんね。

こうなると、パワハラの連鎖は止まりません。

脈々と、パワハラ行為が受け継がれていってしまいます。

どちらにしろ、他人の気持ちを思いやることが出来なければ、それはパワハラに繋がっていく可能性があるということ。

今一度、自分の行動を振り返りながら、自分が受けてきた行為を思い返しながら、パワハラについて考えてみましょう。

暴力を振るう

手をあげたり蹴ったりする

まず明らかなパワハラ行為となるのが“暴力を振るう”こと。

実際に手をあげたり、蹴ったりする行為は、絶対にNGです。

何があっても正当化されることはありません。

パワハラは、ほとんどの場合が言葉や態度による暴力だからわかり辛いと言われているのですが…実際に暴力を振るっているのなら、それは間違いなくパワハラ行為です。

中学生のケンカやいじめと、全く同じですよね。

精神的に成長出来なかったのでしょうか…。

さすがに暴力を振るう事例は少なくなってきているとは思いますが、確かに今でもたまに聞く話です。

ただ、暴力を“殴る蹴るの暴行”だと思っている人がいたら、自分の行為が暴力になっていることに気付けない可能性もありますね。

「何やってんだよ」と持っていた書類でポンっと頭をたたいたり、軽く足を蹴ったり…していませんか?

それが、自分は軽くやったつもりでも、人の受け止め方は違います。

それに、実際に痛いほどの力じゃなくても、指導の一環、注意の一環として行ったのなら、それはパワハラになってしまいます。

軽くであっても、痛みと共にわからせようとする行為は、優位な立場を利用した強引な行為。

程度の問題じゃありません。

もし、そんなつもりは無く、勘違いされたくないのなら、手も足も一切出さない!相手に触れない!ことです。

物を投げるのもNG