私たちにとってもお金というものは非常に大切な存在です。

なぜならば、お金があるからこそ、今私たちは生活をすることができ、様々なサービスなどを利用することができているからです。

お金がなければ当然サービスを利用することもできませんし、生きていくのに必要な衣食住をまかなうこともできなくなってしまいます。

なので、お金とは非常に大切な存在であるといえるのです。

また、それと同じくらい大切なのがお金の使い方です。

どんなにたくさんのお金を得たとしても、そのお金を有効的に使う方法をお知らなければまったくもって意味がありません。

ただ意味もなくお金を使っていたり、目的もなくお金は払っていたりすると自然とお金はなくなってしまいますし、結果的に何も残らなくなってしまいます。

なので、お金を賢く使うことはお金をたくさん稼ぐことと同じくらい大切なことであるということを理解しておかなければいけません。

しかしながら、お金を有効的に活用する方法を問われると具体的な方法が思い浮かばない人も多いと思います。

特に、楽をして手に入れたお金や、労働以外で手に入れたお金などは有効的な活用がなされずに消費されやすいです。

そこで、今回はあぶく銭をテーマにして、あぶく銭の賢い使い方をご紹介していきたいと思います。

あぶく銭とは?

あなたは今自分が得たお金を有効的に活用することができていますか?

有効的に活用できていると考えている人はかなり少ないと思います。

どちらかといえば多くの人が無駄にお金を消費したり、有効的な活用をせずに目の前のことしか見据えないでお金を使っている場合がほとんどです。

もちろんそれが悪いというわけではありませんが、賢いお金の使い方をすることによって将来的に様々なメリットを得ることができるようになります。

なので、賢いお金の使い方は早い段階で理解しておくことによって、将来的に様々なメリットを得て魅力的な時間を得ることができるようになるはずです。

それは頑張って手に入れたお金も、あぶく銭のようなお金も、まったく同じであり、お金はお金なので大切に賢く使うことが必要です。

ただ、中にはあぶく銭がどのような意味を持っているのか知らない人もいると思います。

そこで、まずは賢いお金の使い方をご紹介する前に、あぶく銭という言葉がどのような意味を持ているのか、ご紹介していきます。

働かずに得たお金


あぶく銭とはどのような意味を持っている言葉なのかと言うと「働かずに得たお金、労働以外で得たお金」という意味が存在しています。

または、「苦労せずに手に入れたお金」のことを意味している言葉としても知られています。

具体的にこれらはどのようなお金なのかと言うと、例えば宝くじで当選した際の配当金であったり、道を歩いていて拾ったお金、人からもらったお金などが該当しています。

それ以外にも、パチンコなどのギャンブルで手に入れたお金なども該当しているようになります。

なぜならば、これらのお金は労働によって得たお金ではなく、どちらかといえばもらったお金に等しいお金に該当するからです。

なので、これらのお金はあぶく銭と呼ばれ、一般的には手元に残らないお金だといわれています。

なぜあぶく銭が残らないのかというと、労働で得たお金ではないので、気軽に使ってしまいやすいということが主な理由です。

あなたの周りにも、ギャンブルで勝ったお金を豪快に使っていたりする人を見かけたりしませんか?

これこそがあぶく銭が気軽に使われ、手元に残らないようになってしまう主な理由だと言えます。

パチンコ等のギャンブルや株は人によっては労働と捉える場合も

あぶく銭とは働かずに入れたお金は労働以外で得たお金ということをご紹介していきました。

しかしながら、人によってはパチンコなどのギャンブルで手に入れたお金や、株で手に入れたお金などは労働として考えている人も存在しています。

なので、一概にそのような方法で手に入れたお金はあぶく銭と表現してしまうと相手が嫌な気持ちになってしまう場合もあるので注意が必要です。

人によって考え方は異なり、パチンコなどのギャンブルなども仕事として考えてる人がいます。

実際にパチプロという職業が存在して生活している人もいたりしますし、そもそも株などを生業としている専業トレーダーなども職業として成り立っています。

このような人たちからしてみるとパチンコや株などは労働と捉えており、生きるための生業にしているので、一方的な決めつけは失礼にあたってしまいます。

なので、相手によって表現などは使い分けるようにしないといけないので、注意してください。

あぶく銭の賢い使い道5個!

あぶく銭という言葉の意味や、なぜあぶく銭が手元に残らないのかという理由などをいくつかご紹介していきました。

もちろん人によって使い方などは異なるかもしれませんが、一般的にあぶく銭は豪快に使ってしまったり、大切さを感じずに使われてしまいがちです。

その結果、有効的な活用などをされずに、気が付いたらなくなっていたということはよくあることです。

確かにお金を使ったその時は良い気分になるかもしれませんが、長期的な目線で見るとそれは有効的な活用方法をしているとは言えません。

長い年月を生きていくことを想定して考えてみると、いかに早い段階で有効的なお金の活用方法を会得することができるかどうかで将来は変わってきます。

この積み重ねで大きな差が生まれる可能性も十分考えられますので、早い段階であぶく銭だったとしても賢い使い方をする習慣を身につけることが大切です。

しかし、お金の賢い使い方と言われて明確な使い方を思い浮かべることができない方も多いと思います。

では、どのようなお金の使い方が賢いお金の使い方になるのかということをこれからご紹介していきたいと思います。

1.人の為に使う

まず初めにご紹介するあぶく銭の賢い使い道の一つとして「人の為に使う」という使い方が挙げられます。

なぜこれが賢い使い道の一つになるのかと言うと、人のためにお金を使うということは最終的に考えた時に自分のためにお金を使うことと等しいからです。

どういうことかと言いますと、人に対してお金を使うことによって相手に対して何かしらの魅力を提供することができますよね。

そうすると、魅力を提供してくれた自分に対して相手は感謝の気持ちを持ってくれるようになります。

そして、人には自分が受けたことを相手に対して返してあげたくなる気持ちが元々存在しています。

それを踏まえて考えてみると、相手は自分に対してその感謝の気持ちを向けてくれたり、何かしらのお返しをしてあげようと行動してくれるようになります。

そうすることによって自然と人のために使ったお金は自分に帰ってくるようになると考えることができます。

なので、結果的に人のためにお金を使うことによって最終的に自分に様々なメリットが帰ってくるということになるのです。

もちろん得た金額全てを人のために使う必要性はありませんが、得た金額の数割は人のために使うということを決めていると、意外な所でお返しがかえって来る可能性がありますよ。

昔から「人のために使ったほうがいい」と言われる

元々あぶく銭は人のために使った方がいいと言われています。

なぜかと言うと、先ほどもお伝えした通り基本的にあぶく銭などは手元に残らず、散財してしまいやすいと言われています。

つまり、最終的になくなるお金なので、それならば最初から人のために使った方が有効的な活用方法であるということを意味しているのです。

もちろん最終的になくなるかどうかはその人の使い方次第になるとは思いますが、苦労して得たお金はではないお金は気軽につかってしまいがちです。

なので、だからこそ意識して有効的な活用を行い、自分の将来につながるような投資としてお金を使うことを心掛ける必要性があります。

プレゼントを買う

あぶく銭を人のために使う際に、おすすめの使い方の一つとして相手に対してプレゼントを買うことを一つの方法です。

なぜプレゼントを買うことが賢い使い方につながるのかと言うと、相手に対してプレゼントを買うことによってそれがいつしか自分に返ってくるようになるからです。

先ほどもお伝えした通り人のためにお金を使うと、最終的に自分に返ってくるようになり様々なメリットを得ることができるようになります。

例えば、人に対してプレゼントをあげるということは、当然プレゼントを受け取る側の人を嬉しい気持ちにさせる行為になります。

そして、人からプレゼントをもらった相手はその嬉しい気持ちを相手に対していつか返してあげたいと考えるようになります。

なので、時間が経過したときに、いつしか相手が自分に対してプレゼントを贈ってくれたり、魅力的なことを提供してくれる可能性が高まるのです。

これを様々な人に対して行うことによって、気がつけばたくさんの人から魅力的なことを提供してもらえるようになります。

また、魅力的なことを提供してもらえるだけではなく、そうすることによって様々な人と魅力的な人間関係を形成することができるようになります。

良い人間関係を形成することによって、楽しいことに誘ってもらえる可能性も高まりますし、場合によってはビジネスが成功するきっかけにつながることもあります。

人脈というものはそれぐらい大切なものであり、非常に魅力的なものでもあります。

なので、あぶく銭をただ無駄遣いするのではなく、人にプレゼントをあげることによって様々なメリットを得ることができるので賢い使い方の一つとして成り立つと言えます。

寄付をする

あぶく銭を人のために使う際に、おすすめの使い方として寄付をするということ挙げられます。

なぜ寄付をすることが人のために使う、賢い使い方になるのかと言うと、まず寄付をすることによって通常では得られない穏やかな気持ちを得ることができるようになるからです。

例えば、あぶく銭をそのまま何も考えずに自分の私利私欲に使ったとするならば、当然そのお金の使い方は荒くなってしまいがちです。

お金の使い方が荒くなってしまいますと、他に対する価値観なども軽薄なものになってしまい、自分自身の心理などもすさんだものになってしまいやすいです。

しかし、寄付をするということはお金に執着しないという考え方や心理にもとづくものになるので、前者と比べると穏やかな心理を手にすることができるようになります。

そうすることによって、お金に執着しない穏やかな心を手に入れることができるようになります。

穏やかな心を持つことができれば、それは余裕につながり、余裕のある人間性や心理を得るきっかけにもつながります。

また、明確なメリットに関してお伝えすると、寄付をすることによって寄付金控除を受けることができるようになります。

簡単に言えば寄付をすることによって税制上のメリットを得ることができるということになります。

これはただ単に無駄にお金を使うわけではなく、自分の得につながる賢い使い方だといえます。

なので、何も考えずに使うのではなく、あぶく銭は寄付をすることもおすすめな使い方の一つだといえます。

2.人との絆を深めるために使う

次にご紹介するあぶく銭の賢い使い道の一つとして「人との絆を深めるために使う」という使い方が挙げられます。

なぜ人との絆を深めるためにお金を使うことがあぶく銭の賢い使い道の一つなのかと言うと、人との絆は自分に対して大きなメリットを与えてくれるようになるからです。

なぜ人との絆が自分に大きなメリットになるのかと言うと、まず親密な関係性を築くことによって魅力的な人間関係を形成することができるからです。

先ほどもお伝えした通り、良い人間関係を形成することによって様々な良い人付き合いを生んでくれるようになります。

楽しい出来事に誘ってくれるかもしれませんし、そこで魅力的な人と出会いを果たすことができる可能性もありますよね。

また、ビジネスの面で自分に対して魅力的な提案をしてくれる人を紹介してくれる可能性もあります。

しかし、人付き合いが全くなく、魅力的な人間関係を形成していない人はこのようなチャンスを手にすることは絶対にできません。

普段から人付き合いを大切にしている人や、人との絆を重要視している人ほどこのようなチャンスを得る機会が相対的に多くなります。

なので、無駄にお金を使うよりも人との絆を深めるためにお金を使った方が最終的に自分に魅力的なことが帰ってくるということになります。

だからこそあぶく銭は自分の為に柄のではなく人との絆深めるために使うことが賢い使い道になるといえます。

食事に行く


人との絆を深めるために使う上で、おすすめなあぶく銭の使い方として相手と食事に行くという使い方が挙げられます。

なぜ食事に行くことが賢いお金の使い方になるのかと言うと、食事に行くことによって相手と良い人間関係を形成することができます。

相手と信頼関係を構築するために必要な方法としてはまず何よりも相手とコミュニケーションを取ることが重要です。

コミュニケーションを取るということは自分のことを相手に知ってもらう、もしくは相手のことを知ることがコミュニケーションであり、信頼につながります。

また、楽しい時間などを相手と自分で共有することもコミュニケーションの一つにつながります。

なので、美味しいものを食べながら様々な話をすることで自然とコミュニケーションをとりながら相手と信頼関係を形成することができます。

そして、信頼関係を形成することによって、先ほどもお伝えした通りビジネスやプライベートの場面で魅力的な誘いをしてくれる可能性が生まれます。

このような関係をいくつも形成しておくことによって、自分が困った時に手を差し伸べてくれることも十分考えられます。

人脈を形成しておくということは、自分が困った時に助けてくれる人が増える可能性もありますし、魅力的な時間を作ってもらえる可能性も高めることができます。

なので、人との絆を深めるために使うのであれば相手を食事に誘うという使い方をすることが賢いお金の使い方につながるといえます。

3.自己投資をする

次にご紹介するあぶく銭の賢い使い道の一つとして「自己投資をする」という使い方が挙げられます。

自己投資とはそもそもどういう意味かと言うと「自分に対して時間やお金などを通しして将来の成功を求める」という意味です。

つまり、言い換えてみれば、将来役に立ちそうなことに対して投資し、豊かな未来を形成するという意味になります。

無駄にお金を使うよりも、しっかりと未来を見据えたお金の使い方ができるというメリットを得ることができます。

では、具体的にどのようなお金の使い方をすれば自己投資につながるのかということをご紹介していきます。

学びたいスクールやセミナーに通う

まずはじめにご紹介する自己投資の一つとして「学びたいスクールやセミナーに通う」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、自分が興味があることや自分が将来行いたいことに沿ってスクールやセミナーに通って勉強するという意味です。

今現在ビジネススクールやビジネスセミナーなどは数多く存在しており、様々なジャンルに沿って開催されています。

このようなスクールやセミナーに通うことにより、専門的な知識を身につけるだけではなく、それに沿った人脈を形成することも可能になります。

なぜならば、そのスクールやセミナーに集まっている人は当然同じ分野に興味を持ち、将来それに向けて勉強したいと思っている人が集まっているはずです。

つまり、同じ目的を持った仲間を見つけることができるということにもなりますので、知識を深めるだけではなく仲間を増やすことができるということになります。

これは無駄にお金を使った場合と比べると、絶対に手に入れることができない大きなメリットになります。

もしかするとその時に形成した人脈がきっかけで、自分が将来ビジネスを展開する上で大きな助けにつながる可能性もありますよね。

また、その時に通ったスクールやセミナーの影響で自分がより行動的になったり、本格的にその分野のビジネスを展開したりする行動のきっかけになる場合もあります。

なので、意味もなくお金を使うよりも、自分が学びたいと思うスクールやセミナーに通う方が賢いお金の使い方になるといえます。

参考書を買う

次にご紹介する自己投資の一つとして「参考書を買う」ということが挙げられます。

なぜ参考書を買うことが賢いお金の使い方になるのかというと、参考書を買うことによって様々なメリットを得ることができるようになるからです。

まず、参考書を買うことによって当然その参考書の内容に基づいた知識を得ることができるようになります。

知識を得ることによって、それを活かしてビジネスにつなげたりすることも出来ますし、得た知識からさらに深堀りして大きな知識を得ることもできます。

新たな価値観の発見にもつながる可能性がありますし、今まで気づかなかった新しい考え方が生まれる原因にもなる可能性があります。

また、参考書などに関しては、ただでもらったものなどは勉強しなくなる場合がありますが、自分がお金を出して購入したものはしっかりと勉強する傾向が強いです。

なので、どうせお金を使うのであれば新たな知識を得るという自己投資のために参考書を買うことをおすすめします。

4.ご褒美を買う

次にご紹介するあぶく銭の賢い使い道の一つとして「ご褒美を買う」という使い方が挙げられます。

これまでご紹介してきた賢い使い道と比べて考えてみると、自分に対してご褒美を買うということは無意味な使い方に感じる方もいると思います。

もちろん常に自分のご褒美のためにお金を使っている人はあまり有効的な活用方法をしているとは言えません。

しかしながら、あくまで今回はあぶく銭の場合での話です。

また、自分に対してご褒美を買うというお金の使い方は普段から節約を行っている人ほど行なっていただきたい使い方になります。

では、ご褒美とは具体的にどのようなものなのか、そしてなぜご褒美を買うことによって自分にメリットを得ることができるのかご紹介していきます。

普段買わない贅沢な物を買う

あぶく銭の賢い使い道の一つとしてご褒美を買う事をご紹介しましたが、具体的にご褒美とはどのようなものなのかと言うと普段買わない贅沢なものが該当しています。

普段買わない贅沢なものを考えてみると非常に様々なことが思い浮かべられるので、迷ってしまう人もいると思います。

しかし、ひとつだけ大切な考え方をお伝えすると、普段買わない贅沢なものを購入することによって自分にどういうメリットがあるのかということを考えながら使うべきです。

例えば、普段買わないようなブランド品を購入することは適切な使い方であるとは言えません。

なぜならば、ブランド品を購入することによって自分に直接的なメリットを与えてくれるわけではないからです。

ブランド品を購入するぐらいなのであれば、普段自分が仕事で使っているものを少しグレードアップさせるといったような使い方が賢い使い方につながります。

なぜならば、グレードアップさせることによってそれを使いたいと思わせられるので
当然仕事に集中できる時間が増えるようになります。

そうすると、結果的に仕事で成果を出しやすくなるので自分にとって大きなメリットを得ることができると考えることができます。

このように、ただ無駄に高いものを買うというわけではなく、それを買うことによって自分にとってどのようなメリットが帰ってくるのかということを意識して使うのが大切です。

この考え方を踏まえた上で普段自分が買わない贅沢なものは何があるのかということを考えて使うようにすると賢いお金の使い方につながるはずです。

物を増やしたくないなら花やごちそう

人によっては普段買わない贅沢なものを考えた時に、何かしらの物にいきつく場合も十分あります。

しかし、物を購入してしまうと部屋の中のスペースがとられてしまい、あまり魅力的ではないと感じる人もいると思います。

そのような方に関しては、物からいったん離れて、花やごちそうなどを購入することをお勧めいたします。

なぜ花やごちそうがおすすめなのかというと、まず花に関しては部屋に飾るだけで様々なメリットを得ることができるようになります。

例えば、部屋の中に花を飾ることによって気分をリラックスさせて、リフレッシュさせてくれる効果を得ることができます。

そうすることによって部屋の中で仕事を行ったりする際に捗ったりする可能性もありますし、集中して勉強できる環境を形成することができます。

そうすることによって様々な知識を身につけることができるという延長線上のメリットを考えることができますよね。

また、ごちそうに関しては普段自分が食べているものの一つグレードをアップしたものを食べることで、幸せな気分を得ることができます。

得に、普段から節約を行っている人からしてみればごちそうを食べるとこの上ない幸せを感じることができるはずです。

また、幸せな気持ちだけではなく自然と高級な食事をすることでこれから頑張ろうという気持ちにさせてくれるはずです。

そうすることによって自分自身の気分を上げることも出来ますし、それから先の仕事などを集中してこなすことができるようになります。

このように、突き詰めて考えてみるとちょっとした細かいことでも自分にとって大きなメリットを与えてくれる要因に繋がることが考えられます。

これらを明確に考えた上でお金を使うようにすれば賢いお金の使い方をすることができるようになるはずです。

5.時間を買う

次にご紹介するあぶく銭の賢い使い道の一つとして「時間を買う」という使い方が挙げられます。

なぜ時間を買うことが賢いお金の使い道になるのかと言うと、時間を得ることによって様々な可能性を増やすことができるからだと言えます。

どういうことかと言いますと、そもそもたくさんお金を持っている人もお金をあまり持っていない人も共通して考えるのは時間です。

どのような人もこの世に住んでいる限り24時間という時間の中で生きており、それはお金があるない関係なしに全ての人に平等に同じ時間を過ごしています。

そして、私たちには寿命が存在していますので、時間という存在は非常に価値が大きく、重要なものであるといえるのです。

その時間を直接的に増やす方法はありませんが、ちょっとした工夫をすることで実質的に時間を増やすことなどは可能です。

では、どうすれば自分の時間を増やすことができるのか、ご紹介していきます。

ハウスキーパーを雇って家事を頼む

まず初めにご紹介する時間を買う方法としてハウスキーパーを雇って家事を頼むということが挙げられます。

生活をする上で当然求められるのが家の仕事である家事をこなすことです。

例えば洗濯物を干したり、掃除をしたり、毎食の食事の準備などを行ったりするということなどが挙げられますが、これらにはそれなりに時間が求められます。

1日という単位の中で考えた時に、これらの行動によって消費される時間は1.2時間かかる場合も十分考えられます。

つまり、これを1年間に換算して考えてみると365~730時間以上消費してしまっているということになる可能性があります。

その時間をもし別のことに使うことができるとするならば、それは非常に大きなメリットになるはずですよね。

直接的に時間を増やすことはできませんが、ハウスキーパーなどを雇って自分の自由な時間を増やすことは可能だと言えます。

その時間を使って自分が将来役に立つと思うような勉強をすることで、より効率的に自分を高めることができるようになります。

それだけではなく、その余った時間を魅力的な人間関係を形成するために使ったりすることもできます。

なので、ハウスキーパーを雇って家事を頼んだりすることも結果的に自分の時間を買う魅力的なお金の使い方になり得ると考えることができます。

プロでなくても家族や親せきに頼む

人によってはハウスキーパーを頼んだりすることに対して不安を覚えるような人もいるはずです。

なぜならば、ハウスキーパーといえど知らない人になるので、知らない人が家に上がり込んだりすることに対して嫌悪感を示す人もいるからです。

しかし、そのような場合でもあえてハウスキーパーではなく自分の家族や親戚に頼んだりすることで自分の時間を生み出すことが可能です。

当然家族の人柄によっては無償で行ってくれるような人もいるかもしれませんし、場合によってはそのぶんの対価を支払うことで解決する場合はあります。

いずれにしろ自分の時間を得ることができるというメリットをクリアすることはできますので、ハウスキーパーを頼む場合と全く同じような状況を得ることができます。

無理にハウスキーパーを頼まなくても、ちょっとした工夫で自分の時間を作ることは可能なので、工夫を凝らしながら自分の大切な時間を生み出すようにしてみてください。

自分が楽しいと思えるものに使うのが一番

今回はあぶく銭をテーマにして、あぶく銭の意味があぶく銭の有効的な使い方についてご紹介していきました。

様々な使い方をご紹介しましたが、大切なのはメリットを得ることだけではなく、それに伴って自分が正しいと思えるかどうかということが非常に重要です。

なぜならば、メリットだけを考えてしまうと自分が楽しいと思えなくなった場合に継続できなくなり、そのメリットを得ること自体ができなくなる可能性もあるからです。

なので、自分が楽しいと思えるかどうかということも重要視しながら、その延長線上にあるメリットを考えてお金を使うことが非常に重要だと言えます。

このバランスを考えながら、どのようにしてお金を使うのがベストなのかということを考慮して日常を過ごすようにしてみてください。