あなたは、他社に対して“心遣い”ができていると思いますか?

特に社会人ともなると他者に対して“心遣い”を行うことができないと、一人前の社会人としてみなされなくなることになります。

この記事を開いてくださったそこあなたは、もしかしたらそのように“周りから一人前の社会人としてみなされていない”と感じているのかもしれないですね。

とはいっても、あなたは“お心遣い”という言葉が、本当はどのような意味を持っていて、どのようなときに使うのかを知っているでしょうか?

社会人でなくても、この言葉は日常的に使われているものですから、この言葉を見聞きした経験のあるほとんどの方が“なんとなくのニュアンス”でこの言葉を使っていることと思います。

その意味が正しいということもあれば、人によっては間違った意味合いでその言葉を使っているという方も少なくありません。

あなたは「心遣い」という言葉には本来はどのような意味があるのかを知っているでしょうか?また、それを第3者が理解できるように伝えることができるでしょうか。

あなたが考えていその意味が果たしてあっているのかさえも分からないですよね。

ということで、この記事では「心遣い」という言葉がどのような意味を持っていて、どのように使うべきなのかをご紹介しています。

また、「心遣い」という言葉と似ているように感じる「気遣い」という言葉との違い、目上の人やビジネスシーンでこの言葉を使うときに注意しなくてはいけないことなどもお伝えしています。

この記事を読めば、「心遣い」という言葉について、深く知ることができますよ!

「お心遣い」とは?

あなたは、これまでの人生の中で「お心遣い」という言葉を使ったことがあるでしょうか?

おそらく社会人として活動している方だったり、もしくは学生さんでも敬語の勉強をした経験がある方であれば、「お心遣い」という言葉はこれまでにたくさん使ってきたはずです。

というのも、「お心遣い」というのは、「ありがとう」とか「こんにちは」という言葉と同じくらいに使われる頻度が高く、そのために誰もが身近に感じることのできる言葉だからです。

もしかしたら、あなたは「お心遣い」という言葉を使ったことがないかもしれませんが、それでも心配する必要はありません。

なぜかといいますと、この言葉をせっかく知っているにもかかわらず、使用するときには間違ったニュアンス、そして意味合いで使ってしまっている人がいるからなんですね。

これまでに「お心遣い」という言葉を使ったことがある人も、誰かに使われた経験がある人も、本当の意味を理解してこの言葉を使用している人って少ないんです。

だって「ありがとう」という言葉についての意味なんて、多くの人は辞書で調べもしないうちに小さいころから“自然と”その意味を理解して、その言葉を使いこなしているでしょう?

それと同じような言葉だからなんですね。

なんて前置きはここまでにして…。

では、今回のテーマともなっている“お心遣い”という言葉はいったいどのような意味を持っているのでしょうか?

この言葉を使用する際に気を付ける点などを確認する前に、まずはこの言葉についての基本情報をしっかりと学んでおきましょう!

意味

「お心遣い」という言葉は、「お」という言葉に“心遣い”という言葉が付け加えられていますね。

そのため、とても丁寧な言い方をしている言葉だということは、誰もが理解できるはずです。

また、「心」を「遣う」という言葉ですから、その本当の意味を辞書などで調べなくても多くの方は「ああ、誰かに心を遣う=気遣うことなんだな」という意味を想像することができるはずです。

あなたもそのように少しは想像することができるのではないでしょうか。

言葉はそのように言葉の漢字をみて意味を想像することができ、そしてその意味が正しいことが多いです。

では、今回のテーマともなっている「お心遣い」という言葉の漢字をそのままの意味で理解していいのでしょうか?

さっそく「お心遣い」という言葉の意味をひとつずつ詳しく確認していきましょう。

あれこれと気を配ること

「お心遣い」という言葉には、大きく分けて5つの意味合いがあるといわれています。

まず一つ目にご紹介するのが“あれこれと気を配ること”という意味になります。

あなたは、誰かと一緒にいるとき、またはなにかをスタートさせようと何か行動をするときに“気を配る”ことをしているのではないでしょうか?

人間関係においては、相手にも気を遣わずにお互いに巣のままでいることができるのがよいものですが、すべての関係においてそのような“あうんの関係”を築くのは難しいですよね。

むしろ、相手に合わせたり、相手の気分が悪くならないように先回りしていろいろ考えることで、その人間関係を円滑にしていることのほうが多いのではないでしょうか。

そのように相手にいやな思いをさせないため、または良い気分にするため、そしてこれから先になにか問題が起きないようにあらかじめなにかをしておくということで“あれこれと気を配る”という意味があります。

心配り


ひとつ前の意味合いでもお伝えしましたが、「気配り」するということは“相手のことを考えて先回りして行動する”ことをさしていますね。

それをすることができるからこそ、それらの関係をよくすることができるということでした。

気を配るということは、その相手の“心”を考えるということ、そのためには同じもの=心で相手のことを感じて考える必要がありますよね。

心がない人(思いやりのない人)というのは、相手の立場に立って考えることができないからです。

つまり、そのことから「お心遣い」という言葉には“心配り”という意味があります。

相手のために心を使って、色々と考えているということになりますね。

配慮

これまでにもお伝えしましたが、“相手のことを考えて行動する”のが気配りであり、心配りであるということでした。

その言葉をもっと簡単な言葉で示すとなると“配慮”ということばが一番しっくりくるはずです。

相手のことを思って、相手のことを考えることを“配慮”といいますよね。

まさにその言葉になりますね。

祝儀

「お心遣いありがとうございます」なんて言葉をどこかで耳にしたことがあるのではないでしょうか?

ずばり、そのような言葉を使うシーンというのは、なにか「気遣ってもらった状況」であり、その多くが“お祝いをしてもらった”ことを指しているのではないでしょうか。

例えば、昇進のお祝いに食事をおごってもらったとか、何かプレゼントをもらった、結婚・出産のお祝いで何かをいただいたシーンなどで使うはずです。

つまり、「お心遣い」というのは、“祝儀”と同じであるととらえても悪くはないんですね。

それにこのニュアンスで使う人のほうが多いはずですので、わかりやすく理解できるのではないでしょうか。

心付け

「お心遣い」という言葉には“心付け”というニュアンスでも使うことができます。

とはいっても、そもそも「心付けってなんなのよ?」なんて思われている方もいるのではないでしょうか。

ずばり、「心付け」とは、配慮すること、注意すること、お祝いの金銭などを受け取ることをさしてます。

「配慮」という言葉についてはさきほどもお伝えしましたし、“祝儀”という意味があるということもお伝えしましたね。

要するにその総称として「心付け」という言葉の意味も含まれますし、この言葉にいいかえて「お心遣い」という言葉を使うことができるんですね。

「お気遣い」とは?

これまでに今回の記事のテーマともなっている“お心遣い”という言葉の意味についてお伝えしてきました。

「お心遣い」という言葉についての理解を少しでも深めることができたでしょうか?

その言葉の意味を理解できたとしても、なかには「似ている言葉があってこんがらがっている!」と困惑している方もおられるのではないでしょうか。

ずばり、その言葉とは“お気遣い”という言葉でしょうね。

そうではありませんか?

「お心遣い」に「お気遣い」…どう考えても、どのように何度も読み返してみても全く同じニュアンスであり、同じ意味を持っているのではないか?

と感じられているのではないでしょうか。

しかし、このように似ている言葉であっても、実はちょっとしたところで全く別々の意味を持っている言葉なんて言うのはたくさん存在しているんですよ。

つまり、今回のテーマともなっている「お心遣い」という言葉、そして「お気遣い」という言葉は似ているようで異なった意味合いを持っている言葉になります。

要するに、これらの言葉を使おうとするときには、その使い方に十分に気を付けなくてはいけないということなんですね。

「もうすでにこれまでの生活で間違って使ってしまったかも!」という人も「その違いを早く知りたい!」という人も、ぜひここで「お気遣い」という言葉の意味をしっかり学んでおきましょう。

意味

「お気遣い」というと、もしかしたら「お心遣い」という言葉よりも実生活の中で使用する頻度が高いと感じている人が多いかもしれません。

実際に、筆者も「お心遣い」という言葉よりも「お気遣い」という言葉のほうがよく使用しているために、恥ずかしい話ですが「お心遣い」という言葉を耳にしたときに間違って理解してしまったことがあります。

では、ややこしくてたまらない「お気遣い」という言葉にはどのような意味があるというのでしょうか?

さっそくその意味を確認していきましょう。

あれこれと気をつかうこと

あれれ?「お心遣い」という言葉にもこの意味があったような気がする・・というそこのあなた!

しっかり読まれているんですね。

さすがです。

はい、その通りです。

「お心遣い」と「お気遣い」という言葉は、まったく別の意味を持っている言葉ではなく、“同じような意味を持っている”こともあります。

それがこの“あれこれと気を遣う”という意味なんですね。

相手にいやな思いをさせないためだとか、相手に良い思いをしてもらうために誰もがあれこれと気を使ったことがあるのではないでしょうか。

この点では、「お心遣い」という言葉とほぼ同じ意味で使うことができますね。

よくないことが起こるおそれ

「お心遣い」ノ言葉の意味を少し思い出してみてください!

なんとなく“ポジティブなイメージ”の意味を持っていたような気がしませんか?

しかし、「お気遣い」という言葉というのは、その「お心遣い」という言葉の意味とは異なり、マイナスの意味合いが少し強い言葉になるんですね。

どのような意味かといいますと“よくないことが起こるおそれ”になります。

あなたは、よくないことが起こるかもしれなくて、その状況を分かっているからこそ先回りして何か対策をしようとしたことがありませんか?

そのような悪い事態を招かないために、実際に起こさないためにあれこれと考えて気をつかっているんですよね。

まさにそのような意味で「お気遣い」という言葉を使うことができます。

懸念

あなたは「懸念」という言葉の意味を知っているでしょうか?

「懸念」というのは、“気にかけて不安に思うこと”“不安だからこそあれこれと考えてしまう”という意味合いを持っています。

ひとつ前の項目でお伝えしていたことにつながっていますね。

あなたもそのようになにか不安なことが起こるかもしれないときに、気にかけて不安に感じてしまうことがあるのではないでしょうか。

そのよ宇な起こるかもしれない悪い事態を想像しては、できる限りそのような状況を防ぐために早いうちに手を打とうとしたこともあるかもしれません。

まさにそのように“これから起こるかもしれない不安なこと”を考えることを“懸念”といい、「お気遣い」という言葉の意味の一つになります。

さきほどもお伝えしたように、やはり「お気遣い」という言葉は「お心づかい」とは違ってマイナスなニュアンスが強い言葉になるんですね。

そのようにして覚えておくと、使い分けやすいかもしれないですね。

「お心遣い」と「お気遣い」との正しい使い分け方


これまでに「お心遣い」と「お気遣い」という言葉についてそれぞれお伝えしてきましたね。

それぞれの言葉の意味をしっかりと理解できたとしても、その言葉をいざ使うシーンに出くわした時に多くの方が混乱してしまうものです。

それは“わかったつもり”になってしまっているから。

そのようなままでは、せっかく正しい言葉の意味を知ったとしても、間違った意味や使い方でそれらの言葉を使用してしまうかもしれません。

そのようなことが起こらないように、ここでは「お心遣い」と「お気遣い」という言葉の正しい使い方をレクチャーしています。

ぜひ参考にして、これからは正しい使い方でこれらの言葉を使いこなせるようになりましょう。

お心遣い

今回の記事のテーマともなっている“お心遣い”という言葉には、お気遣いという言葉に比べるとマイナスよりかはプラスの意味合いが強いということでしたね。

では、そのような意味合いを持つ言葉はいったいどのようなシーンで使えばいいというのでしょうか?

さっそく確認しておきましょう。