自分の長所と短所を考えることなくすぐに回答することができますか?

他人の長所や短所は見つけやすいものですが、自分自身のことになると分からないものですよね。

自分の長所と短所はチョットした自己紹介の時や大事な面接の場所で相手に伝えることがあります。

日本人は謙虚な性格の人が多いから、自分自身の短所をすぐに答えることができても、長所に関しては考え込んでしまいます。

長所と短所は誰にでもあります。

仮に「いえいえ、私は長所なんてない、何やっても上手にできない人間です」と謙遜している人がいても、すでに謙遜する謙虚な考え方が長所でもあるのです。

短所は、心配性なところです。

自分自身では分からないものですが、他人のことになると客観的に物事を見ることができる。

だからこそ、他人の長所と短所は見つけやすいのです。

長所はポテンシャルを高めるうえでも大事なことです。

自分自身の長所を知ることで自信がつき、前向きに考えることができます。

短所を知ることで自分自身の欠点を見つけることができます。

すべては自分自身を今よりも成長させるために大事なことです。

長所のチェックリスト

面接や自己紹介で困ったとき、長所をピックアップしておくと便利です。

ですが長所をピックアップしても周囲から「え・・・そんな風に見えない」と思われてしまったら、口から適当なことを言っているように見られてしまいます。

自分自身は、どの長所リストに当てはまるか?考えることで自分自身の性格が分かってきます。

長所は自分自身を相手に伝える最大のアピール方法です。

例えば面接の担当者が長所を聞いて職場に合っている性格か見分けることができるのです。

長所は自信を持ってアピールすることが大切です。

ただ長所を言うのではなく、自分自身が○○が長所だと言う、明確な理由も必要です。

例えば「人見知りをしないところです」と言ったものの、面接官と目もあわせずにボソッと呟いたら、面接官は「本当なの?」と疑ってしまいますよね。

何故、人見知りをしないのか?それは実家が商店をしていて、小さい頃から大勢の人と触れ合ってきたからと理由を後付できる信頼性も必要です。

長所のチェックリストを知って、自分の自己アピールを育てて行きましょう。

1.コミュニケーション能力がある


長所と聞かれて、コミニュケーション能力があると答える人も多いです。

コミニュケーション能力があることはバイトの面接や仕事の面接でプラスに働く長所と言えます。

逆にコミュニケーション能力がない人間は、バイトなど仕事、プライベート関係なく場の空気を読むことができません。

しかしながら、赤の他人とコミニュケーションをとることは実は非常に難しいことです。

本当にコミニュケーション能力があるのか?と問い詰められたら、ちょっと迷ってしまうこともあります。

コミュニケーションは相手の考え方を察知して、場の空気を読める人です。

本当にコミニュケーション能力があるなら、今まで人間付き合いで疲れるということもないでしょうし、ストレスも溜まりにくい性格です。

そこまで完璧とは言えないまでも、比較的に空気を読むことができればコミニュケーション能力があると言えます。

少なくても、コミニュケーション能力があると言うからには、人間が好きじゃないといけない。

周囲の人と良好な関係を築けている人

周囲の人と良好な関係を築けている人は職場にいると非常に助かりますよね。

特に女性同士など同姓が大勢集まる場所では、ただでさえトラブルが起きやすい。

学校や職場でも周囲の人と良好な関係を築けている人ばかりだったら人間関係のストレスも減少することでしょう。

最近はスマホなどSNSが当たり前の世の中で、文字だけのコミュニケーションをとることは非常に上手ですが、実際に面と向かって会話するとなると何も言えなくなる、コミュニケーション能力が低い人が多いです。

そんな人とでも、毛嫌いすることなく周囲の人と良好な関係を築けている人は、まさに優れた長所と言えるでしょう。

周囲の人と良好な関係を築けている人は、業種選ぶことなく大歓迎されます。

人間が生きて行くうえで、どんな仕事も一人でこなすことはできません。

周囲の人と良好な関係を築くことが必要なのです。

周囲の人と良好な関係を築けている人に暗い人は、まずいません。

前向きに物事が考えることができる、良いイメージをもたれます。

人見知りをしない人

人見知りをしない人は自然とコミュニケーション能力が高く、周囲の人と良好な関係を築くことができる人と言って良いでしょう。

人見知りをしない人はサービス業では欠かせない長所です。

日本人は比較的、照れ屋でナイーブな一面を持つ人が多いです。

自分から率先して挨拶をすることも躊躇してしまいます。

お互いが照れ屋で人見知りをする人だと、二人の距離はなかなか縮まることができません。

人見知りする人が大勢だとすれば、もっと悲惨な状態になり職場の空気も悪くなるはずです。

人見知りをする人の中に、人見知りをしない人がいれば場の空気は和み、周囲の人と良好な関係を築くことができます。

最初は一人と仲良くしても、連鎖反応して場の空気が変わってくるのです。

「なんだか、この飲食店は活気がなくて雰囲気が悪いわ」と思うことが、たまにありますよね。

新しい風が入ることもなく、人見知りをするような人材ばかりで固めていると場の空気は悪くなり仕事にも伝わってくるのです。

人見知りをしないことは立派な長所です。

人見知りをしない人は元々大家族で育ったり、家が自営業で様々な人と接することが多いと、思春期や大人になっても人見知りをすることなく素直に育つことができます。

また親の影響も大いに関係します。

親がしっかりと挨拶などを徹底させておくと、初対面の人と出会っても人見知りをすることなく自然と挨拶ができるのです。

2.リーダーシップがある


クラスでも職場でもリーダーシップのある人はいますよね。

リーダーシップがある人がいるだけで、そのクラスが一致団結したり、まとめることができます。

リーダーシップがある人は基本的に頭の回転が良く、臨機応変ができる人と思われることでしょう。

周りの空気をイチ早く察知しなければ、リーダーシップをとることはできません。

リーダーシップをとることに失敗してしまうと、ただの出しゃばりと思われてしまうこともあります。

リーダーシップをとることは、周囲からも一目おかれる人間性であることが必要なのです。

例えば、なでしこジャパンの澤穂希さんや本田圭介さんもリーダーシップのある人と言えるでしょう。

リーダーシップをとることは、ひとつ間違えれば敵を作りかねない。

だからといって、周囲に優しくして人気稼ぎをしているだけじゃリーダーにもなれません。

リーダーシップをとる人は、己に厳しくなければならないのです。

まとめるのが得意な人

世の中には、まとめることが得意な人と下手な人がいます。

それが目に見えて分るのが職場やクラスです。

まとめるのが得意な人がいると大きな問題も起こらず、周囲も和気藹々で職場やクラスの雰囲気も良いのです。

ですが、まとめるのが得意な人がいないとトラブルだらけで雰囲気も悪い。

日本人は消極的な人が多くみえますが、実は活躍したいと心に秘めている人も多いのです。

でも自分が前に出ることによって「問題やトラブルが起ったらイヤだ」とアレコレ考えてしまいます。

まとめるのが得意な人は基本的に積極的な性格を持っている人です。

ネガティブ思考ではなく、ポジティブ思考です。

そして空気を読める人だからこそ、周囲の気持ちも読み取ることができるのです。

けして自分勝手で出しゃばりな性格ではないのが、まとめるのが得意な人の特徴です。

3.好奇心旺盛

好奇心旺盛な人は基本的にポジティブに物事を考えることができる人です。

何故、好奇心がわくのか?それは楽しいことだけを考えているからです。

物事を始めるときに経験がないと不安な気持ちが強くなります。

しかし好奇心旺盛な人は不安な気持ちよりも未知なる経験に楽しさを感じるのです。

頭で考えるよりも、まずは行動することを考えます。

正直、好奇心旺盛な人は失敗する経験も多いです。

頭で考えるよりも、まず行動する強さが逆に働くこともあります。

しかし、その失敗の経験さえも勉強として受け止め、次へのステップを踏める人です。

失敗を恐れない、その強さが好奇心旺盛な性格と言えるのです。

行動力がある人

行動力がある人は前向きに物事を考えることができる人です。

特に職場では評価されるべき人と言えるでしょう。

履歴書等のプロフィール欄に長所として「行動力」があると明記することで、「この人は支持されなくても身ずから行動することができる人」と判断されます。

ですから、消極的な性格であれば行動力があると言えません。

長所に行動力があると明記するからには、それだけ周囲からも期待されます。

失敗を恐れずにポジティブに物事を考えられる人こそが、行動力があると言えるでしょう。

自分の性格を振り返ってみて好奇心が強く、思い立ったら行動をしていることはあるでしょうか?

休日に家にいるよりも外出していることが多いでしょうか?

行動力がある人は、無駄な時間を嫌います。

何か悩んだら、まず頭よりも身体が反応する人と言えます。

4.粘り強い

粘り強いことも立派な長所です。

粘り強いイコール根性がある人と思われます。

特に就職先の面接で長所に粘り強さをアピールすれば有利になるでしょう。

人生には挫折を味わうことや、仕事を辞めたくなる瞬間があります。

そこで「もういいや」とあっさりとあきらめてしまう人は、仕事を点々とすることになります。

そのような飽きっぽい人を就職させてしまうと、企業にとっても大損です。

困難を感じるときもあきらめずに粘り強さをみせることでステップアップすることができます。

粘り強い人は企業にとって、安心して採用できる人間なのです。

履歴書に数多い職場を書いた場合は長所に粘り強いと記載されても信頼性がありません。

諦めない性格の人

人生は諦めたくなる瞬間が何度も起りますよね。

とくに慣れない職場や人間関係は辞めたくなる原因の1位と言っても良いでしょう。

飽きっぽい性格の人は、耐えるという考えがありません。

イヤなら我慢しなければ良い、辞めてしまえばいいと思ってしまいます。

結果的に何度も同じことを繰り返し、辞め癖がついてしまうのです。

それは、いつまでたっても新人時代の辛い時期を経験しないといけなくなるのです。

諦めない性格の人は、慣れない職場や人間関係でも慣れるための方法を探します。

あらゆる問題や困難が起っても乗り越えるヒントを自分から探すことができるのです。

乗り越えることの楽しさを知っているからです。

人生の壁を乗り越えることで達成感を知ることができます。

諦めない性格は粘り強い人です。

どんなときも弱音をはくことなく、乗り越えることができます。

5.素直さ

素直さも長所です。

「自分自身はコレと言って自慢できることはないですが、長所は素直なところです」と相手に伝えることで、相手は安心することでしょう。

素直さと聞くと「誰でも素直さはあるものでは?特に特別感がない」と思う人もいます。

しかし胸をはって長所として素直さと言えるような人は少ないのです。

「素直な心を忘れてはいけない」と思っても、年齢や経験と共に素直さはなくなって行きます。

それは相手に言い返せる自信があるからです。

自分の考えと相手の考えが違うときに、自分の考えが正しいと思い込む気持ちが強くなるからです。

素直さとは、謙虚な心を意味しています。

素直さは人間の基本中の基本、素直な心がなければ成長することもできないですし、周囲との調和もとれません。

周囲のアドバイスを聞ける人

素直な人は周囲のアドバイスを聞ける人です。

最近は他人のアドバイスを素直に聞けない人が非常に多く、自分の知識等を優先して他人の意見に耳を向けないことで仕事の効率も非常に悪くなります。

新人のうちは誰でも周囲のアドバイスを聞き、成長して行くことが当然ですが、今の時代は違います。

自己主張ばかり一人前で周囲の意見を聞き入れない、結果的に自分の考えが間違えていても気付かない。

だからこそ、周囲のアドバイスを聞ける、素直な心が必要です。

長所に「素直さ」と記載することで、相手は「この人は素直に先輩や周囲のアドバイスを聞き入れてくれる」と安心感を持ちます。

仕事が馴れてくるほど、人間は自信がついてきます。

それと同時に謙虚さや素直さを無くしてしまいがちです。

新人の特権はピュアなところ、素直さがあることで周囲とのバランスを円滑に揃えることができます。

6.協調性

働くうえで強調性は一番大事なことです。

どんなに優れた才能を持っている人でも協調性がないと才能を発揮することができないのです。

例えば一人で作業することが多いクリエイターでもクライアントと交渉、職場の仲間や上司とコミュニケーションをとることは必ずあります。

もし協調性がなく、自分は自分で仕事をこなしていたらどうでしょう?才能があるクリエイターでも仕事が依頼されなくなります。

辛いことがあっても、仲間からの協力を得ることもありません。

協調性がないことで常に仕事を点々とする生活になるでしょう。

逆に強調性があれば、自分の才能を引き延ばすことができます。

職場の仲間や上司とコミュニケーションをとり、アドバイスを聞いたり、ストレスなく生活を送ることが出来ます。

協調性があることは非常に優れた長所です。

それだけに協調性をとることは難しいことなのです。

すぐに溶け込める人

新人が2人同時に入社して1ヶ月もすると2人に差が出てくることがあります。

1人は全く仕事にも職場の仲間とも馴染むことができない。

もう1人は仕事にも職場の仲間にもすぐに溶け込むことができる人。

この差は何でしょうか?簡単に言えば協調性がある人とない人の違いです。

自分から率先して仕事を覚えようとする人は仕事のデキる人と周囲から思われます。

それは、ストレス社会において非常に有利になることです。

すぐに溶け込めない人は周囲からも仕事を教わることができないだけじゃなく、周囲から好かれないのです。

本人が周囲と仲良くなりたいと思っても性格的にできない。

すぐに溶け込める人は、もともと愛嬌の良い人に好かれる性格や育ってきた環境によるもの。

それが特技となるのです。

7.主体的に動ける

主体的に動ける人は周囲からも期待されやすい人材です。

主体的に動けるということは、基本的にある程度の自信を持ってないと動くことができません。

自分の作業や行動に自信があり、尚且つ失敗を恐れない気持ちがあるからこそ動けるのです。

普段からボッーとして、物事を考えているようでは主体的に動くことは無理です。

常に頭を働かせている、キビキビとした考えや体や頭で覚えているのです。

主体的に動けることは立派な長所になります。

特にアルバイト先や就職先では喜ばれる条件です。

新人と言えど、主体的に動けない人は仕事や作業を教えても、なかなか身ずから行動を起こそうとしません。

いつまでも新人のままで、同期に差をつけられてしまいます。

それは協調性がない人と思われてしまうのです。

「ゆっくり仕事は覚えてね」と言いながらも、周囲は主体的に動けるかを見ているものです。

主体的に動けることで、仕事を覚える気がある、覚えが早いと高い評価を得ることができるのです。

自ら率先して取り組める人

主体的に動ける人を詳しく言えば、自ら率先して取り組める人です。

仕事の覚えは個々に違いますが、基本的に自ら率先して取り組める人と取り組めない人で大きな差ができるのです。

例えばプライベートは自分の時間だの主張をして、自ら率先して作業や仕事を覚えようとしない人は自ら率先して取り組めない人です。

「かわらなければ、誰かが教えてくれる」と常に甘い考えを持っています。

自ら率先して取り組める人は、今何をするべきか?優先しなくてはいけないか?考えることができます。

プライベートな時間を削っても今するべきことをする。

楽な近道をすることをしません。

自ら率先して取り組める人を周囲は見ています。

「コツコツと頑張っている」「ヤル気がある」と周囲は判断します。

自ら率先して取り組める人は周囲からも好かれる人材です。

短所のチェックリスト

自分自身の短所を聞かれると、案外すぐに頭に浮かびますよね。

日本人は特に自分自身の良いところを見つけることが苦手、そのわりに悪いところは見つけることができる。

どちらかと言えば、謙虚な性格が多いと言われます。

しかし逆にアピールが苦手だからチャンスを逃してしまう性格かもしれません。

「短所は生まれ持っての性格だから仕方ない、治すことができない」と思っていませんか?短所も自分自身の考え次第で改善することができます。

自分自身の短所を理解しているのであれば、尚更に改善することは早いです。

短所を何気なく履歴書に書いている人もいますが、その短所がマイナスに働き就職できないこともあります。

いつまでも面接に採用されない人は、短所が原因かもしれません。

自分の短所に対して、改善しようと思う気持ちが大事なのです。

1.飽き性

よくある短所と言えば、飽き性です。

これは面接ではマイナスになる大きなポイントです。

まして履歴書にたくさんのアルバイト先を記載していると「ああ、飽き性だからか」と思われてしまいます。

それだけなら良いですが、「この人を雇っても続かないですぐに辞める」とイメージで思われてしまいます。

とは言え、履歴書や面接で短所を聞かれると「短気」や「飽き性」と言うひとは多いです。

何故、飽き性なのでしょうか?それは挫折を乗り越える気持ちがないからです。

アルバイトや職場選びを時給や給料だけで決めている、場所だけで決めている、イメージだけで決めていると飽き性のクセが抜けることができません。

飽き性は1度やると2度、3度とクセになるのです。

我慢することができない性格になり、結果的に飽き性になってしまいます。

物事が長く続かない人

物事が長く続かない人は大勢いますよね。

趣味ではじめてみた読書も3日で飽きたり、日記を書いてみたけど結果的に面倒になり3日で辞めた。

飽き性だからこそ、ダイエットも続かない。

物事が長く続かないことを性格だから仕方ないと思っていませんか?たしかに性格的なこともあります。

しかし物事が長く続かないことの原点は、そもそも深く物事を考えないで続けることです。

計画性もなくダイエットをはじめるから、すぐに飽きてしまう。

学校の近い場所だしバイトしようと思う、安易に物事を考えるからこそ少しイヤなことがあると辞めてしまいます。

物事が続かない人は性格よりも根本的な原因があります。

その原因を見つけることで、改善することができます。

成果がすぐにでない場合は、3カ月続けると決めている

物事が長く続かない人は何日や何ヶ月で結果を求めてしまうのでしょうか?基本的に絶えることや我慢をする期間が周囲に比べて短いのです。

物事が長く続かない人の特徴は期限を決めてしまうこと。

1ヶ月、3ヶ月と期限を決めて、それまでに現状が変わらないと成果がでないとあきらめてしまいます。

自分の趣味や興味ではじめたことさえも、成果にこだわりすぎて本来の目的を見失ってしまいます。

物事が続かない人は、まず成果よりも好奇心や興味がある部分を育てるようにしましょう。

何か物事をはじめる前に成果にこだわらないことを意識しておきましょう。

3ヶ月という自分なりの期限を定めるよりも、もっと長いスパンで設定してくことで心のゆとりが生まれてきます。

例えば3ヶ月のところを6ヶ月、少しずつ長くしておくことが大事です。

2.要領が悪い

要領が良い人もいれば、要領が悪い人もいますよね。

人間ですから、個人差があって当たり前と思いつつも、バイト先や職場では要領が悪いと周囲の雰囲気も悪化してしまいます。

それはプライベートでもいえることです。

要領が悪いことでイジられキャラになってしまうことです。

要領が悪いことで自分自身も、その場にいたいくない、逃げたい気持ちになってしまいます。

先ほど、説明した物事が長く続けることができない人は要領が悪さも原因のヒトツかもしれません。

しかし、要領が悪さも考えたを少し変えれば改善することができるのです。

そもそも自分自身が要領が悪いと認識していることが変わる一歩です。

一番良くないことは、自分自身が自覚をしていないことです。

要領が悪いと自覚をしている時点で心は反省をしていることが大事なことです。

何事も時間がかかってしまう人

要領が悪いこと、それは周囲と同じ作業をしていても何事も時間がかかってしまう人です。

それは同じ作業をしているようで作業をはじめる時点で差が出ているのです。

例えば、野球選手で言えば天才タイプと努力家タイプがいます。

天才タイプであれば何時間も練習をしなくても、2時間の練習量で身につくことができます。

しかし努力家タイプは天才タイプと同じ練習量では天才タイプと同じ結果を出すことができないです。

だとすれば、努力家タイプは天才タイプの倍の時間の練習量が必要です。

同じ作業をしても、自分が天才タイプか努力家タイプが考えてみましょう。

何事も時間がかかってしまう人は、きっと努力家タイプです。

だからこそ、要領の良い人と同じことをしていることはダメ。

同じように作業を一緒にはじめても結果的に何時間もかかってしまう、差が出てくるのです。

自分が要領が悪いと感じたら、事前の準備をしっかりしておくことや、練習や学び時間を増やすことが大事です。

作業効率の向上に取り組んでいる

何事も時間がかかってしまう人は結果的に焦っているのです。

例えばバタバタと走り回っても作業効率は上がりません。

焦りが失敗を生んでしまうからです。

テキパキと動いているようで、無駄な動きをしていることがあります。

作業効率の向上に取り組むことは、段取り良くすることです。

それは結果的に無闇に動き回ることではなく、落ち着いて作業すること。

どうすれば作業効率の向上するか?頭で計画が立てることです。

自分は要領が悪い、何事も時間がかかってしまうと自覚している人は、作業効率の向上に取り組むことができる人です。

3.心配性

外出したときに「あれ、電気消したっけ?」「あれ、カギかけたかな?」と何度も気になる人いますよね。

いわゆる心配性です。

あまり楽天的に考えて失敗するよりも、多少の心配性は必要かもしれません。

しかし心配性すぎると旅行も楽しめないし、常に不安な気持ちを抱いていないといけません。

心配性は周囲にも移るものです。

例えば仲間と遊園地で観覧車に乗ったときに周囲は楽しんでいる中で「落ちる可能性だってゼロなわけじゃない」とネガティブ発言を連発したら、周囲はドン引きはもちろんですが、心配になって景色を楽しむ余裕もなくなってきます。

心配性は必ずと言っていいほど、ネガティブ傾向です。

不安になってしまう人

心配性の人は常に不安な気持ちでいます。

それは楽しいことやポジティブなことを考えることができないからです。

ネガティブ傾向だからこそ、不安なことばかりが頭を過ぎるのです。

日常の些細なこと、カギの掛け忘れイコール空き巣に入られたら・・・と考えてしまいます。

飛行機に乗るイコール落ちると考えてしまいます。

イコールから先をネガティブからポジティブに少し変えて行けば良いのです。

カギの掛け忘れイコール夕方に帰宅するから大丈夫でしょう。

飛行機に乗るイコール1時間で目的地に到着する、やっぱり飛行機は早いな・・・と考えるのです。

心配性をいきない大きく変えることは難しいですが、少しずつ変えて行くことはできます。

準備をしっかりしている

心配性は実は誰よりも準備をしっかりしている人でもあるのです。

心配性の性格だからこそ、適当にすることは考えられません。

念には念を・・・準備はしっかりしているのです。

ただ心配性なだけに自分がやってきたことに確信がもてない。

自分自身を信用することができないから、準備をしっかりしていてもしてないと思ってしまいます。

「自分自身は心配性だから準備はしっかりしている」もっと、自分自身を信用しましょう。

記憶が曖昧になるなら、ノートに作業手順とチェック項目を付けても良いでしょう。

心配性のところが短所とあきらめることは簡単です。

短所は変えることができる、改善できることです。

記憶よりもノートなどで証拠を残すことで少しずつ心配は消えて行くことができるはず。

4.周りが見えなくなってしまう

周りが見えなくなってしまう人はいますよね。

理由はひとつのことに集中し過ぎて周りが見えなくなってしまうのです。

簡単に言えば、心の余裕がない人です。

例えば、本を読んでいると集中しすぎて目的地に降りれなかったこと、ありませんか?

自分の好きなことで周りが見えなくなることはありますが、職場でも頼まれた仕事を片付けなきゃいけない!焦る気持ちがヒトツのことだけを集中して周りが見えなくなる。

世の中はヒトツのことだけを集中して作業することができれば良いのですが、他の作業も同時に指示されることがあります。

例えばOLさんであれば、データー入力だけに集中することはできないもの、途中で電話をとったり、来客があればお茶を出したりと集中力が途切れることだらけです。

周りが見えなくなることで、周りの人があなたをサポートしないといけません。

周りが見えなくなることで、周りとのバランスもとれなくなる。

仕事を頼みたくても「あの人、周りが見えなくなるタイプだから」と避けられてしまいます。

何事も没頭しすぎてしまう人

何事も没頭しすぎてしまう人は余裕がない、よく言えば真面目すぎる人です。

臨機応変な対応が苦手だと言えます。

人間は興味のあることや好きなことに対して没頭しすぎてしまうことがあります。

しかし自信がないことで必要以上に焦りを感じで作業に没頭してしまうこともあるのです。

集中力がなく飽きっぽい人のことを考えれば、没頭することで作業に集中しているから、まだ大丈夫と思いがちですが、没頭しすぎることは、短所でありマイナスポイントです。

没頭しすぎることで作業が遅れてしまうことがあります。

そして周囲にも迷惑をかけてしまうことがあるからです。

没頭は集中力が高いとは言えません。

集中力を高めることは自分自身でコントロールすることができますが、没頭しすぎることは自分でコントロールできません。

それは何事も没頭しすぎてしまうことがクセになっているからです。

没頭することは周囲を返りみないということです。

視野を広くもつようにしている

周りが見えなくなってしまう人は、どうすれば良いのでしょうか?何故、何事も没頭しすぎてしまうのでしょう。

それは視野が狭いからです。

ヒトツのことしか考えることができない、自分を信じることができないから必要以上に没頭してしまいます。

周りが見えなくなってしまう人は、視野を広くもつようにすることが大事です。

何か作業を頼まれたときに、まず「早く終わらせないと」と自分自身にノルマを与えていませんか?自分で期間や制限を作っていることで、より焦ってしまいます。

まずは何か作業を頼まれても視野を広くもつように、冷静に対応することが大事です。

自分自身が決めたノルマは、周りが定めたノルマではありません。

たとえ、〇〇時までと言われても焦ることで、作業効率はドンドン落ちて行きます。

極端な話、たとえ時間を越えてしまっても完璧な仕事をすることで周りは評価をしてくれます。

時間を守ってもヒトツのことに没頭して周りの空気も見ないと仕事を終えても評価はされないのです。

視野を広くもつことで、作業の段取りを考えることができます。

それが結果的に効率の良い仕事の流れにつながるのです。

5.不器用

器用な人もいれば、不器用な人もいる。

短所として不器用なところも入りますが、不器用であれば不器用なりに仕事の覚え方があります。

不器用な人は、何事に対しても不器用です。

例えば手先が不器用、作業の飲み込みが悪く仕事を覚えない・・・など色々ありますよね。

一緒に入った同期が器用な人だと、余計に焦って不器用さが際立ってしまいます。

不器用な人に焦りは禁物ですが、不器用な人ほど焦ってしまうもの。

器用な人は何をしてもスマートにこなすことができる、不器用な人は何にたしても時間がかかります。

特別際立って何かが不器用というよりも、すべてに対して不器用という人が多いです。

【不器用な人の特徴は、こちらの記事もチェック!】

慣れるまで時間がかかる人

不器用な人は器用な人に比べると慣れるまで時間がかかります。

相手の話を聞いていても、思うように結果がついてこないのです。

器用な人は正直、頭の回転が良いので作業を説明されても、すぐに飲み込むことができます。

「こうすれば、やりやすい」と自分なりの仕事の進め方をすぐに見つけることができます。

不器用な人は悪く言えばスローです。

自分なりの仕事の進め方をすぐに見つけることができません。

スピーディーな器用さんとスローな不器用さんが同じ仕事を同時にはじめたところで差が出ることは当たり前のこと。

でも、不器用だと自分自身の短所が分かっていることで改善することはできます。

事前に勉強をしている

自分自身の短所は不器用と分かっているなら、倍の努力をすれば良いのです。

それは事前に勉強や練習をすることです。

器用な人が1時間勉強したらなら、不器用さんは2時間勉強することで器用さんとの隙間を埋めることができます。

同じスタートラインに立ち、器用さんと同じ行動をするから不器用さが目立ってしまうのです。

「あ、私は不器用だから上手にできない」と思う気持ちが焦りに繋がり、不器用さが際立つ。

自分自身が不器用と思えば思う程、自信がなくなり思うように結果を残せなくなります。

事前に勉強をすることは自分自身が本番で焦らない方法です。

焦ることで、出来るはずのことが出来なくなり、それが結果的に不器用と思われてしまうのです。

長所とは

履歴書に長所を書く時にチョット考えてしまうことありますよね。

「自分の長所って何だろう」長所は自分自身のすぐれているところです。

特に面接などでは、長所が採用の決め手となることも多いのです。

例えば長所が「社交的」「人見知りをしないところ」であれば、接客業や営業に向いていると言えます。

また「集中力がある」「協調性がある」であれば、事務作業に向いていると相手は思うでしょう。

自分自身をアピールするときに必要な長所。

性質や性能などで、すぐれているところ

自分自身の性質や性能ですぐれているところを長所といいます。

自分のことなのに案外性質や性能は自分では分からないことがありますよね。

そんなときは自分自身の行動を振り返ってみると見えてきます。

「休日は外出することが多く、逆に家にじっとしていることが苦手」それは社交的な性質と言えます。

「アルバイトや仕事は常に接客業ばかりしてきた」「友達も多い」コミュニケーション能力が高いことが理由です。

自分自身の長所に迷ったら、自分のライフスタイルや過去を思い出すと性質や性能のすぐれているところが見えてきますよ。

短所とは

自分自身の短所は長所よりも見つけやすいかもしれません。

日本人は特に謙虚で自分自身をアピールすることが苦手だからです。

「自分のココが好き」よりも「自分のココが嫌い」の方が分りやすいですよね。

自分自身のことだけに限らず、人の悪いところを見つけることは良いところを見つけるよりも簡単です。

「ココが嫌い」と言い出したらキリがなくなります。

短所は自分自身の欠点的なところです。

あまり胸を張って言う人はいませんよね、でも改善したい、治したいと誰もが思っているところです。

劣っているところ

自分自身の劣っているところは、どんなところでしょうか?「集中力がない」「短気で飽きっぽい」「協調性がない」など色々ですよね。

長所と同じように自分の過去の出来事やライフスタイルに短所も表れているのです。

例えば、すぐにアルバイトを辞めてしまうところ、は短所といえる部分がマイナスに動いてしまった結果です。

それ以外にも団体行動が苦手な人は協調性がないからこそ、大勢でいると疲れて「イヤだ」と思ってしまうのです。

周りは普通にできることも、自分はできない、それが周りに比べると劣っているところと言えます。

劣っているところと認識すれば、劣らないように改善することができます。

短所だから仕方ないと思う人は少ないですよね?周りより劣っているところを理解して改善して行きましょう。

欠点

短所は簡単に言えば自分の欠点です。

「〇〇というすぐれたところもあるけれど、〇〇という欠点もある」それが人間です。

100%完璧な人はいません。

必ず長所があり短所があるのです。

自分自身の欠点も自覚することで改善することはできます。

一番良くないことは欠点がないと思うことや、自分の欠点に気付かないことです。

自分自身が完璧と思い込んでいると欠点が大きく膨らんで行きます。

それは長所よりも短所である欠点が目立つようになるのです。

欠点は自分の考え方や努力で改善することができます。

自分自身の欠点を理解している時点で前向きに治そうとしているからです。

特に人の性質などのよくない面

「〇〇さんは行動力があるけれど、なんせ協調性がないから困る」行動力という長所がありつつも、協調性がない性質のよくない面が目立っていることです。

ようは自分勝手に行動してしまう、職場の仲間とコミュニケーションを上手にとれない性質だと言えます。

人の性質でよくない面は、良いところよりも目立ちます。

良いことをしても、結局はよくない面が上回ってしまうからです。

人間の性質は個々それぞれで違うものです。

その中には性質でよくない面が表にでてしまう人もいます。

せっかく良いところがあるのに、悪い性質が目立ってしまうことは非常に残念なところです。

周囲は「〇〇さんは協調性ないから、避けるべき」と性質などのよくない面だけを取り上げるようになります。

短所は、なるべく早く改善するようにしましょう。

長所と短所は紙一重(まとめ)

結局のところ人間は長所と短所は紙一重です。

短所なところがあるからこそ、長所があるとも言えますね。

本来はコミュニケーション能力が低く、人見知りな性格の人だった人でも、不慣れな仕事を長年かけて続けた結果、コミュニケーション能力が高くなり、リーダーシップをとれる人に変わることができます。

結果的に短所なところも長所に逆転することができるのです。

しかしコミュニケーション能力が高くなり、リーダーシップをとれることを評価されて、自分自身の長所にあぐらをかいていると、周りを見れない裸の王様になってしまいます。

長所と短所は紙一重です。

いつだって逆転することができます。

自分の長所に自信を持ちすぎると長所が短所に変わってしまうのです。

自信がなさすぎることもダメですが、自信を持ちすぎることもダメ。

長所は伸ばし、短所は無くすことを心がけましょう。