集中力がない!」そんなことを言われてしまった方は結構いらっしゃるのではないでしょうか。

良く仕事でミスをした時やボーっとしている姿を見られた時などに言われてしまう方は多いと思います。

そんなことがある度に集中力があればなと思う方は多いと思います。

よく、スポーツ選手などは集中力が大事と言われますが、では、どのようにして集中力をつけているのか、実はこの部分をわかっていない人が多いのです。

わからずにいるから、生まれた時から集中力がない。

集中力がある人は、特別な人と思ってしまうのです。

しかし、実はそれが大きな間違いなのです。

集中力はどなたにでもつけることはできますし、継続させることもできますよ。

要は、集中力を持続させる方法を知らないだけで、実はどなたでも集中力を継続させることができるのです。

そこで、今回は、集中力を継続させる方法などの情報をまとめてみましたので、ぜひ、じっくり拝見してみてください。

何だか難しそうな気がすると思った方、安心してください。

そんなに難しくなく、どなたでも簡単に取り組むことができますよ。

まずは、難しく考えずに、柔軟な心になって読んでみましょう。

もしかしたら、ご自身が気づいていないだけで、既に集中力を継続させている可能性もありますよ。

ぜひ、諦めず取り組んでみましょう。

集中力がないと人生に大きく影響する?

集中力があるないで言えば、ある方が断然良いのです。

なぜなら、ない人に比べて、ある人の方が見てきている物や、何かに置いて一本で通すと言う力がついているので、諦める体質がない人が多いです。

この諦めることを嫌うことが集中力の維持に大きく影響していますが、これはのちほど説明します。

つまり、そのことからもわかるように何か1つに関して徹底的に取り組むのが得意なので、専門家など、1つのことに長けた人間になる可能性が高いのです。

逆に集中力がない人は、あれもこれものような性格の人が多く、専門家になることは難しくても、何でも屋やマルチな人間になる可能性が高いです。

このように集中力1つでこんなに大きく人生が変わってしまう可能性があるのです。

ただ、これはあくまでも参考例であって、必ずこうなると言うわけではありませんので、傍観者のように見ていただけましたら幸いです。

つまり、何か1つに関しての専門家を目指したいのであれば、集中力を継続させる方法を知っていくことが大切かと思います。

逆にマルチに生きたいと言う人には集中力をつけなくても問題ありません。

しかし、日本の場合、小学生のころから、トップを取ることを教わるような感じの教育をされてきているので、集中力がないといけないと言った感じの教えを受けているので、集中力をつけようとしています。

集中力が高まれば何事もスムーズに進めることができる

何か1つのことに関して長けてくるようになるのが、集中力をつけている人の特徴です。

そのことの利点としては、何事もスムーズに進んでいるように思えるのです。

なぜなら、周囲よりも集中しているので、取り組みの度合いが周囲よりも進んでいるのです。

そのため、そのことに関して集中力を発揮できると、スムーズに進めることができるのです。

たいてい何か1つのことにかんしてスムーズに進まないのは、他のことを考えてしまっているからです。

つまりは、1つのことに集中していないのです。

複数のことを考えているからそうなってしまうのです。

このように聞くと、1つのことに関して取り組むことが得意なように見えますが、実は違います。

集中力がある人の中には場面場面で集中力を使い分けることができる人もいらっしゃいます。

例えば、高校生などから言われ始める文武両道ですが、勉強の時は部活のことを一切考えず、部活になれば勉強のことを一切考えない!

このように集中力を使いわけて文武両道を実践しているのです。

つまり、1つのことに長けてはいても、その1つのことしかできないと言うわけではありません。

集中力に関して深く探っていくと意外とおもしろいし、何だか身につけてみたいと思えるようになるのです。

集中力が続く時間はどのぐらい?


では、あなたの集中力が続く時間はどのくらいですか?

おそらく人それぞれで違うと思います。

逆にどれくらい続いたら集中力のある人と思われると思いますか?

こちらの質問の答えも人それぞれだと思います。

このように集中力がある人の定義は実際に何時間か決まっていないのです。

つまり、何時間続けばいいという答えはありません。

なぜなら、人によって集中力の時間は違いますし、集中力があると言う考えも人によって違うからです。

集中力がないと言われている人もそれは言ってくる相手からすれば集中力がないように見えているだけで、見る人によっては集中力がある人に見えてしまう可能性だってあるのです。

故に集中力が続く時間で集中力があるかないかは計れないのです。

時間を気にするよりも、持っている集中力をいかに発揮して何か1つのことを成功させることができるのかを見た方がいいのかもしれません。

集中力は継続させる時間も大切ですが、時間はあくまでも時間です。

いくら6時間集中力を続けることができてもうまく活用できなければ意味がないのです。

しかし、継続させることも大変なので、次の項空は継続させるコツなどをご紹介します。

ぜひ、参考にしてくださいまして、まずは集中力を継続させるようにしましょう。

自分でできる集中力が継続する14個のコツをご紹介

では、ここからはお待ちかねの集中力を継続させる14個のコツをご紹介します。

なんだか難しそうと思われた方もいらっしゃると思いますが、そんなことはありません。

どなたでも自分でできるコツがありますので、ぜひ、じっくり読んで実践していきましょう。

いきなり14個すべてをマスターしようと思わなくて大丈夫です。

いきなりすべてをマスターしようとするのは難しいです。

まずはあなたにとって身近なものや、もしくは読んでいてビビット来たコツなどから覚えていくことをおススメします。

まずは慌てずゆっくり確実に覚えていきましょう。

何事も慌ててはいけませんし、欲張ってもいけません。

また、今さら覚えても言う方もいらっしゃるかもしれませんが、何事においても、始めるのに遅すぎることはありません。

遅いと思っているのはあなただけです。

つまり、どんなことにおいてもあなた自身に問題があるのです。

ネガティブなことなどを考えずに、まずは柔軟に考えて読んでみましょう。

もしかしたら、既に実践しているコツなどもあるかもしれませんよ。

その1.他のことはやらないと決める!

集中力を継続させる力がある人は、何か1つのことに関して集中していると他のことに関してはこれが終わるまではやらないと決めてしまっているのです。

そのため、何か1つのことに関して集中力を発揮させて実践してみるのが良いかと思います。

このように言うと、仕事などで嫌な業務などに関しても、集中していないと行けないのかと思ってしまわれる方も多いと思います。

しかし、それは違います。

何も仕事などで集中力を発揮させれば良いと言うわけではありません。

例えばあなたの得意分野に関して、1時間でいいから集中して取り組めと言われたら、ほとんどの人は喜んで取り組むと思います。

つまり、嫌なことに関して集中して取り組めと言うわけではありません。

まず、集中力をつけるのであれば、あなたの得意分野や好きなことに関して1時間など、あまり長い時間でなくても結構なので、集中して取り組んでみるべきなのです。

一度そのことを体験すると1つのことに集中して取り組むことの大切さがわかりますよ。

他に気になることがあれば紙に書いておく

とはいえ、1つのことに集中して取り組むことは意外と難しいのです。

なぜなら、人間は興味のあるものや一度見て気になってしまったことなどは、頭から離れずにいるので、集中していても頭の中に思い浮かんでしまうこともあるのです。

一度思い浮かぶと解決するまで、もしくはご自身が納得いくまでなかなか頭から消えないのです。

このようになってしまわないためにも、気になることができたらひとまずに紙に書いてアウトプットしてしまった方が良いのです。

そうすることで自分でわすれることがないということで不安が消えるので、集中力を継続させることができます。

要は、他のことを気にしてしまうのは、自分が忘れてしまうのではないかと言う不安から起こるのです。

さらに、アウトプットせずにそのままにしているので、いつまでもたってもふんわりした感じで残ってしまって、厄介な物に思えてしまうのです。

そうならないためにも、紙に書くなどしてアウトプットして、不安を持たないようにしましょう。

その2.余計なものは視界に入れないようにする

集中力が続く人は、視野がその1点をとらえています。

ある意味、視野が狭い感じがしますが、そうではありません。

しっかりその点にしか見ていないので、最大限の集中力を発揮していると言えます。

集中力が続く人はこのように他のものを視野に入れないようにするのです。

なぜなら、視野に入った瞬間に頭の中に入ってしまうので、集中力が欠けてしまうのです。

つまり、集中力を維持し続けるためには余計な物を目に入れないことが大切です。

人間は無意識でも目に入ったものは脳の片隅に記憶されるらしく、そのうち気になるものになってしまうそうです。

故に、余計なものは目に入れないようにしましょう。

目の機能を鍛えるのも効果的

目に見えるものをどうしても気にしてしまうと言うのであれば、まずは何かに対して1点集中をしてみることです。

最初は10分、次に20分など、徐々に継続時間を増やしていき、集中力を継続させるようにしましょう。

ただ、あまりに1点集中してしまうと、目が疲れてしまいます。

そうなると、本末転倒です。

そうならないためにも動体視力も鍛えていた方が良い。

動体視力が強いと、目の疲れも軽減できますよ。

では、どのようにして、動体視力を鍛えるのかと言いますと、すれ違う車のナンバーや、電車の車窓から見える電信柱が何本通り過ぎたなど、そんな簡単なことで良いのです。

その3.なるべく静かな場所を選ぶ


集中力が続かない原因の1つに周囲の騒音などが考えられます。

要は音を聞いてしまって集中力が途切れてしまうのです。

つまり、騒音がない静かな場所に行くことで集中力を持続させることができるのです。

静かな場所と言ってもたくさんありますが、ベストな場所は、小鳥のさえずりなど自然の音が心地よく聞こえる場所です。

要は、人間が作ったものの音は自然の摂理に反しているので、耳に入るとイチイチ気に障るのです。

故に、人工物が多い街に行くと集中力を持続させることが難しいのです。

自然の音は逆に集中力が増す?

人工物の音は自然の摂理に反するからうるさく感じてしまい、集中力を遮られてしまうと言われていますが、では、小鳥のさえずりなどの自然の音はどうかと言いますと、自然の物なのでうるさく感じずに逆に集中力が増すと言われています。

ほとんどの人は嘘だと思うかもしれませんが、実際、小鳥のさえずりを聞いて不快なされた方はいらっしゃらないと思います。

つまり、自然の摂理にかなったものは、人間にとっては不快に感じることもなく、逆に良い効果があるのです。

このように自然の摂理にかなったものは、人工物とは違い、うるさく感じることもないので、集中力を遮ることはないのです。

その4.静的筋力を鍛える

静的筋力とは別名、アイソメトリックスといい、筋肉を動かさずに最大筋力を発揮し一定時間維持するトレーニング法です。

一定時間の維持からもわかるように集中力を必要とする筋肉トレーニングでもありますが、逆に縮小効果などもあるので、リラックスもできるので、集中力の維持に繋がります。

また、無理せずに体を鍛えることができるので、笑顔でできる筋肉トレーニングなので、普段はスポーツをしない人の間でも人気のある筋肉トレーニングです。

筋肉トレーニングと言うと、体を痛めつけて、筋肉を強くするようなイメージがあって、きつい感じもありますが、アイソメトリックスはきついことはなく、どなたでも気軽に取り組むことができますよ。

つまり、集中力を維持できるだけでなく、筋肉も鍛えることができるので、一石二鳥な感じのする筋肉トレーニングです。

ぜひ、こちらのアイソメトリックスで筋肉を鍛えながら、集中力も鍛えて、2つの分野に特化した人間になりましょう。