結婚する時、まさか離婚する日なんて来るとは想像せずに結婚するものです。

大抵の方は、生涯をずっと一緒に同じパートナーと過ごすこともありますが、最近は離婚も増えています。

なんと、結婚した夫婦のうち3割が離婚をする言われているのです。

昔でしたら、女性は経済力もなく、どんなに嫌な相手でもしぶしぶ一緒にないといけないこともありましたが、昨今は離婚も珍しくなく、そこまで耐え忍ぶ女性も減ってきたのも離婚が増えた原因の1つなのではないかと思います。

最近は女性も経済力がある方も増えてきていますし、また経済力がなくても母子家庭の方への手当や支援があるので、そこまで我慢しないといけないことがなくなってきたのではないでしょうか。

では、離婚についていろいろと見ていきましょう。

まずは離婚とは?を簡単におさらい

では、そもそも離婚とはどのような状態を言うのでしょうか。

結婚してる夫婦が、何らかの事情で一緒に暮らせなくなり、裁判等を経ることもあれば、お互いの合意があればそれすらなく婚姻関係を解消することをいいます。

昔の戸籍では結婚してから離婚することでバツがつくことから、バツイチという言い方もされますね。

余談ですがこのバツイチという言葉は明石家さんまさんが作り出した言葉なのだそうです。

それほどに、この言葉メジャーになってきてしまいました。

ですが、昨今は戸籍もデータ管理されており、離婚しても戸籍に×の印がつく事はないので安心ですね。

このように書くと、なんだか簡単にできそうと言う気もしますね。

ですが、結婚とは違って離婚は非常にエネルギーを使い大変なものです。

揉めている2人で話し合うのはとてもエネルギーを使いますし、親権をどうするかなどで人によっては泥沼化することもあるのです。

離婚の原因は?男女別の離婚を考えてしまう瞬間

男性が離婚を考えはじめてしまう瞬間やきっかけ

色々な掲示板を見ていると、夫(妻)と離婚したいと言うようなスレッドがたくさん立っているのを見ます。

それほどに、結婚している方でしたら離婚が頭をかすめる事があるようです。

では、男性が離婚を考え始めてしまう原因というのはどのようなものがあるのでしょうか?
昨今は男女平等にはなってきたものの、やはり大黒柱と言うとご主人の方が多いのではないでしょうか?

ですので、離婚を回避したい女性の方も多いと思われます。

ですので、結構考えてしまう原因を取り除いて、夫婦円満になれるように考えることが家庭の安定につながります。

では、男性か離婚を考えてしまうきっかけについて色々と見ていきましょう。

妻が冷たい


結婚する事は、暖かな家庭を築きたいと思っている男性が多いです。

ですので、妻が冷たいと一体何のために結婚しているのかと思ってしまうのです。

このようなことから、離婚を考えてしまうことがあるのですね。

確かに女性にも言い分があると思います。

例えば、共働きにも関わらず家事を手伝ってくれないとか、子育てに関して協力してくれない、子供が生まれて赤ちゃんのお世話で忙しくご主人に構っていられないなどなど、いろいろな話を聞きます。

ですが、だからといって冷たくすると、男性によっては外に癒しを求めてしまうことがあります。

ですので、何かやってほしいことがあったり、協力して欲しいことがあればなるべく感情的にならず落ち着いて話をしましょう。

女性は察することが得意であることから、男性が事情を察しながらわざと手伝っていないように思えてしまう人もいるようです。

ですが男性の服は実際にどうしてほしいか言わないとよくわからない人が多いのです。

ですので冷たい態度を取る前に話し合いをすることが大切です。

妻が育児放棄

やはり、2人の子供は2人で可愛がっていきたいものですね。

だけど奥さんの方が育児放棄をしているということであれば、男性も離婚が頭をかすめてしまうことがあります。

確かに子育ては一筋縄ではいかないところもあるようです。

著者自身も妻の子育てに奮闘するところを見ると、やはり子育ては大変だなと思ってしまいますし、自分もできるだけ協力をしているつもりではあります。

ですが、明らかに育児放棄をしているということであると離婚して1人育てた方が良いのではないかと思ってしまうこともあるようです。

ご主人によるので一概には言えないけれど、もし経済的に事情が許すのであれば時には1時保育中などでお子さんを預かってもらってリグレッションしてもいいと思います。

そうでなくてもご主人にお子さんを見てもらうのもいいでしょう。

だけど、育児放棄はいけません。

ですので、無理のない範囲でしっかりと子供と向き合いましょう。

妻の浮気

婚姻生活において、浮気は厳禁です。

浮気がバレたら即離婚!と言われても仕方がないです。

ご主人の不倫があれば、経済事情から奥さんが我慢するというケースもあります。

だけど、妻の浮気に関しては、大黒柱はご主人の方が多いのですぐ離婚につながります。

また、浮気と言うことであると、たとえどんなに離婚したくないといったところで、裁判離婚になった時に原因を作っている方の言い分は聞いてもらえないので、ご主人が離婚したいと言えば離婚が決まります。

親権に関しては子供の年齢等にもよりますが、お子さんが比較的大きくどちらについていくか決められるようであれば、浮気をした奥さんの方が不利になります。

ですので、奥さんがどのようなどれくらい経済力があるかにもよりますが、経済力のない奥さんだと、妻の浮気に関しては非常に不利な状態になるので、そこは念頭に置きましょう。

妻の金遣いが荒い

また結婚生活において金遣いが荒いのも良くありません。

やはり、お金は何かにつけ必要です。

子供の教育にもよりますし、家を買うにしても、老後の資金を準備するにも何にしてもお金が必要です。

だけどお金の使い方が荒いと言うことであれば、そのお金がなかなかたまらないことを意味し、それは離婚に直結します。

著者も掲示板を見るのが好きで色々と見ますが、やはり金遣いの荒い配偶者は離婚を考えられていることが多く、実際に離婚した人の話によると、やはり金遣いの荒い配偶者がいなくなることでお金が貯まるようになったという書き込みも多くあります。

ですので、金遣いが荒いと言う事は即離婚に直結する可能性があることを頭に入れておきましょう。

例えばブランド物の服が好きと言うことであれば、リサイクル等で安く手に入れるなど、お金を使わない方法で自分の欲しいものを手に入れる方法を考えましょう。

家事をちゃんとしてくれない

共働きであれば、基本的に家事は平等に負担する必要があります。

そして専業主婦であればもう家事が仕事といっても良いです。

確かに家事が苦手な女性もいますが、この家事をきちんとしないというのも離婚を考える原因になります。

もちろん、ご主人の個性にもよりますが少し苦手だけどがんばっているということであれば即刻離婚を考える事は無いようです。

ですが、例えば部屋の中はゴミ屋敷のような感じになっていると言うことであれば離婚が頭をかすめることがあるようです。

ですので苦手であってもそこそこの家事をがんばりましょう。

共働きで仕事が忙しくて家事をするのがとても大変だと言う女性であれば、これもご主人の考え方にもよりますが、家事代行頼んでもいいかもしれません。

女性が離婚を考えはじめてしまう瞬間やきっかけ

では、今度は女性がご主人との離婚を考えてしまう瞬間やきっかけについて見ていきましょう。

やはり、女性は感性が細やかなところがありますので離婚を考えてしまう瞬間というのはたくさんあるようですね。

先程の男性が妻との離婚を考えてしまう瞬間に比べると項目が多いのが印象的です。

男性の時は、妻の金遣いが荒いって言うだけでしたが、女性となるとやはりご主人の経済事情による離婚のを考える瞬間が多いのが特徴ですね。

またお金の事ばかりでは無いのもまた女性が離婚を考え始めてしまう瞬間やきっかけになりうる特徴なのですね。

では、その女性が離婚を考え始めてしまう瞬間やきっかけを一つ一つ見ていきましょう。

夫の浮気

これは妻の動きと同様に、結婚生活においては決して許されないことです。

ただ、女性は男性に比べると経済事情のこと等で離婚は思いとどまることがあるようです。

だからと言ってご主人も奥様を見くびってはいけません。

たとえその場が多く収まっても、子供が独立して妻の経済力をつけていくことで熟年離婚の危険性があります。