あなたの結婚生活は幸せですか?世の中には、大好きな人と結婚できたというのに結婚生活を幸せに思っていない方々も多く存在します。

もしかしたらアナタもそうなのかもしれませんね。

結婚という法律で結ばれた関係は、ちょっとしたことでは離婚という選択肢まで行き着く方は少ないでしょう。

しかし、離婚を選択した人々もたくさんいるのです。

最近では、昔に比べて離婚率の増加が目立ちますね。

どうして、愛し合っていたはずの二人が離婚という選択肢を選んでしまうのでしょうか?とある調査では、離婚の理由の第1位は男女共に「性格の不一致」であることが分かっています。

性格の不一致といったって、お付き合いしている時にはある程度お互いのことを理解していたはずですよね。

「この人となら一生やっていける」と思えたからこそ結婚したはずです。

しかし、そのような決意むなしく、結婚後には人というのは変わっていくようです。

また、離婚の原因というのは、男女共に1位を閉めているのは同じ理由ですが、他は少しずつ差がありますね。

 この記事では、どうして愛し合っていたはずの二人が離婚を選択してしまうのかを、離婚をすると決め付けた理由と共にお伝えしていきます。

やはり、男女共に感じることは違うものもありますので、夫から見た離婚原因、そして妻から見た離婚原因も一緒にご紹介していきます。

あなたのご家庭は大丈夫でしょうか?既に、配偶者の方に不満を持っていたり、もたれていたりするかもしれませんね。

円滑な結婚生活をこれから送るためにも、気をつけるべき点としてぜひ読んでみてください。

️近年増加する、離婚

 近年では、女性の社会進出が活発化していることは全ての方がご存知のはずです。

その傾向と一緒に、なんと離婚率も増加しているのです。

なぜなのでしょうか。

まず、昔に比べて長い間、雇用してもらえ働くことができるようになりました。

昔では、女性は結婚すると寿退社をするのが一般的でしたが、現在では結婚をしてもそのまま仕事を続けている女性が多くいます。

そのため、旦那様との時間がなかったり、昔でいう「男は外で働き、女は家を守る」といった構図が通用しない新しい時代に突入しているのです。

ですから、そのような幻想を抱いていると離婚の切り札になりかねませんね。

また、それだけではなく、男性よりも女性の方が優位になってきたことにより、男性へ女性がDVしてるなんてこともあるのです。

昔は、女性は専業主婦になるのが当たり前とされており、男性の給料が生きるためのたった一つの頼りでした。

ですから、旦那様には逆らわずに一生懸命尽くしていましたし、男性が暴力を振ってきたとしてもしがみついていたものです。

しかし、現代では女性が働くのが当たり前の社会に変化したため、昔のように男性に固執する必要が無くなったのもひとつの理由といえるでしょう。

 

️離婚の原因とは?


 このように社会の変容が理由で、離婚が増加している経緯もありますが離婚の原因はこれだけではありません。

十人十色といった言葉があるように、色々な夫婦がいます。

そして色々な離婚原因があります。

調査によれば、離婚原因であげられている理由トップ10の中には、性格の不一致、浮気、不倫、暴力、結婚前との約束がズレている・・・などが含まれています。

そのような理由は、表向きではとても多いですね。

もしかしたら、あなたも離婚を考えている配偶者の方に持っている不満も含まれているかもしれません。

でも、もっと細かい理由があるのではありませんか?日々の小さな不満が溜まってしまうから、今までガマンできていたこともガマンできなくなってしまうのではないでしょうか。

大好きな人だからと浮気を今までは許していたけれども、完全に家庭をかえりみなくなったから怒りをかんじている方もいるかもしれないですね。

離婚の原因は、小さなものの積み重ねで創られたものでもあるのです。

️離婚の原因〜妻の場合〜

 では、男性側から見た「妻と離婚したいと思った理由」「離婚した理由」を細かく見ていきましょう。

結婚する前は、色々と考えてプロポーズをしたのかもしれませんね。

結婚するために昇進するように頑張っていたかもしれませんし、今でも家族のために一生懸命働いているかもしれません。

家に変えれば、”大好きなお嫁さんがいる”というその気持ちだけが原動力になっていた方も多いのではありませんか。

しかし、ある事柄をきっかけにその天使のようなお嫁さんと離婚したくなってしまうのですから、とても不思議ですよね。

では、その離婚したくなる原因を見ていきましょう。

見た目に気を遣わなくなった


 結婚する前の毎回のデートでは、いつもオシャレにしていて、いつもカワイイ彼女であったはずなのに結婚生活が長くなってくると、女性はだんだんオシャレに手抜きし始めます。

女性は本来は美しくいたいと思っている生き物ですが、そのようになってしまうのは何らかの原因があると思われます。

以前は、あなたによく見られたいから、カワイイと言ってもらいたいからオシャレしていたはずですよ。

でも、休日や家にいる時だけでなくちょっとスーパーに買い物に行く時にもオシャレをしなくなってしまう場合があります。

そのような姿を見て、以前のカワイさは「どこへいったんだ?と嘆き悲しんでいる方もいるかもしれませんね。

昔の面影ナシ!激太り

 昔は、スリムでくびれもあったのに今ではものすごいぽっちゃりさんになっているなんて奥様もいるのではありませんか?スリムでい続けるということは、キレイでいようと思い続けることと同じですね。

しかし、全く昔の面影がなくなってしまうほどに激太りしてしまった方は、よく言えば幸せ太りですが、悪く言えば「女性でいること」をやめてしまったようなものですよね。

「ちょっ痩せた方がいいよ」なんて言おうものなら、逆ギレされることも。

以前のキレイなナイスバディに戻ってほしいですよね。

髪もボサボサのまま

 家にいるだけならまだしも、外に出る時にすっぴんだけでなく髪の毛がボサボサのままで外出する奥様もいます。

それは、家事の時間を早めるために自分のオシャレを捨ててしまったのかもしれません。

それに子育てなど時間をかけなくてはならないものができてしまい、時間に追われ、髪の毛をとかしたくてもとかせないのかもしれません。

しかし、夫としては奥様にはいつまでもキレイでサラサラな髪の毛でいてほしいですよね。

結婚前の入念なお手入れとは言わなくても、少しとかすだけでもしてほしい。

以前はボサボサな彼女を見るだけでも幸せだったかもしれませんが、今では憂鬱になることも。

美容院代を渡して、美容院に行ってもらうのも手ですよ!

服装も適当すぎる

 結婚前や新婚当時は服装にも気遣っていた奥様も、あなたとの生活に慣れてくるとだんだんオシャレしなくなってきます。

というか、オシャレする必要がないと感じるようになるのですね。

家族になるということは、リラックスして一緒にいることができる特権を手に入れることでもあります。

ですから、いつでもジャージやスエットで過ごしている奥様方も少なくないかもしれませんね。

しかし、結婚前にオシャレをしていた過去があるならば、本当はオシャレが好きなはずです。

「服装がテキトウすぎる」と上から目線で言うのではなく、オシャレをして出かけるような場所に連れて行く、デートに誘うということは、あなたにもできるはずです。

それか、あなたも適当な服装になってはいませんか?

ムダ毛の処理など美意識の低下

 女性には、いつでもツルツルスベスベの肌でいてほしいし、そうあるのが普通だと男性の皆さんは思っていますよね。

ですから、少しでもムダ毛が生えていたり、ヒゲ、産毛が生えているのを発見するだけで男性は、悲しくなってしまう繊細な生き物ですよね。

長い時間を一緒に過ごすようになると、カップルの時のようなキラキラしたドキドキ感や緊張感が減ってくるためにムダ毛処理を怠ったり、美意識の低下が起こります。

また、夫がかまってくれないから、それならキレイにしないでいいやなんて思ってしまう奥様もいるのです。

男性からしてみたら、そのムダ毛を見るだけで恋心が冷めてしまうのに・・・。

また、奥様は子育てや仕事に忙しくムダ毛処理もできないほどの時間がないのではありませんか?

夫の給料を使い込む

 特に専業主婦の方に多いのが、夫の給料を自分のお金のように自由に使ってしまうということです。

夫側からしたら、毎日嫌でも仕事に行って、取引先に頭を下げて大変な思いをしているということもあるでしょう。

その気持ちも知らずに勝手にお金を使い込む姿には、怒りを感じる方も少なくはないでしょう。

では、妻達はどのようなことにお金を費やしているのでしょうか?あなたの奥様もあてはまっていますか?もしもあなたが女性であった場合、夫のお金を勝手に使い込んではいませんか?

ネットショッピングにハマる

 一番多いのが、ネットショッピングにはまってしまい買い物を繰り返すという妻達です。

最近では、一家に一台パソコンがあるのが当たり前になってきましたよね。

気軽にネットショップにアクセスし、ボタン一つで購入が完了してしまうのです。

パソコンには詳しくない妻達でも、1度買い物する方法を覚えてしまえばその気軽さにはまってしまうこともあるでしょう。

多くは代引きではなく、クレジットカード引き落としがされているため、実際にどれくらいのお金を使ったのかきちんと把握していない方も多いです。

ですから、家に帰れば毎日のように新しい商品が届いている、なんてこともあるかもしれません。

その商品が実生活で確実に必要なものであり、大事に使っている場面を見れば納得できるのかもしれませんが、ネットショッピングにはまってしまった人というのは、買うことにはまってしまっているので、買っても使わないなんてことも・・・。

せめて、きちんと大切に使ってほしいですよね!

健康・美容グッズを買い漁る

 女性ならではともいえますが、健康グッズや美容グッズをたくさん買う妻達もいます。

美意識がない妻達に比べれば、いつまでもキレイでいようというそ心意気は嬉しいのですが・・・。

でも、買っても使わない商品があったり、買ってもすぐに飽きてしまったりなんてこともありますよね。

また健康グッズなども、すぐにガラクタになってしまうなんてことも。

1つ使い終わったら新しい化粧品や美容グッズを買うなどとルールを決めれば、何か改善できるかもしれません。

ミュージカルや舞台の観劇にハマる

 奥様方の趣味といえば、ミュージカルや舞台の鑑賞もあげられるでしょう。

ミュージカルは、開演されていればほぼ毎日みることができるので、1つの公演に2,3回も見に行くというツワモノの奥様もいらっしゃいますよね。

しかし、ミュージカルや舞台は座席にはよりますが、1回につきだいたい9000円はいくものです。

もっと良い席を選ぶのであれば1万越えなんて普通の世界です。

ミュージカルや舞台をたしなみ、心に栄養素を与えることは人としての文化資本をあげていくには避けたくはないものですよね。

半年に1回の楽しみなのではなく、1ヶ月に数回も見に行っているようであればそれは意味合いが違ってきます。

奥様に回数制限をつける、約束させるなどしてみてはいかがでしょうか?

アイドルの追っかけをしている

 奥様方で多いのは、アイドルのおっかけですね。

アイドルは、CDを発売するごとに握手会を行なうので出費がかさみます。

また、握手会だけではなくコンサートには一緒にツアーをまわるというファンもいるようですから、かなりお金がかかるものと考えられます。

交通費やライブチケット代だけでなく、オリジナルのグッズも必ず手に入れたいはずですよね。

また、ファン同士の交流会などというランチ会や飲み会に参加することも多くのお金を出費していることになります。

男性アイドルにはまっている奥様をみていると、興味がそちらに向いてしまっていること自体が悲しいのに、更に自分の稼いだお金で他の男に貢いでいるとなると悲しみが怒りに変わりますよね。

無駄に高いママ友ランチが多い

 結婚すると多くの家庭では子どもが誕生しますね。

子素も葉すくすくと成長し、幼稚園や保育園、小学校・・・と進学していきます。

その過程のなかでは、当然子どもの友達のお母さんとの交流が出てきます。

そのときに行なわれるのが俗に言う”ママ友ランチ”なんです。

ママ友は、同じくらいの子どもを持っているから色々なことに共感できますし、悩みを相談することが出来るため仲良くなる傾向がありますよね。

だからこそ、誘われたら断りにくいということもあるようです。

しかし、毎回のように高いママ友ランチをしているなんて許せない男性も多いはずです。

だって、自分は少ない小遣いで毎日節約して、食べたい物を食べられない生活をしているのですから。

文句が多くなった

結婚してから奥様がアレコレうるさくなったことも離婚原因となりえます。

まだ恋人同士だったときは、優しく接してくれていたし、優しい言葉をかけていてくれたけれど結婚生活が続くと恋人同士の中にあるような甘い雰囲気はなくなってきますよね。

そのためか、旦那様に対してヒドイ言葉を使う奥様もいるのだとか。

世の中では、精神的なDVを与えるのは男性側とされてきましたが、現在ではその立場は逆転し、女性が男性に精神的なDVをし、精神的な苦痛を与えているケースが増えている、という事実もあるのですよ。

「帰りが遅い!」

 毎日遅くまで仕事をして疲れて帰っているのに「帰りが遅い!」といわれてしまう。

仕事で遅くなると伝えていたのに勝手に怒っていることもありますね。

また、いつもは仕事を頑張っているのだからたまには同僚や学生時代の友達と会い、お酒を飲み、他愛ない会話を楽しみたいはず。

しかし、そのような”息抜き”でさえも、帰りが遅い!といわれてしまうのです。

人は、ずっと頑張っていると心のエネルギーが途絶えてしまい、仕事にも精がでなくなりますし、もしかしたら生きることにも価値を見出せないようになってしまうかもしれないですよね。

夫側からしても、「仕事を頑張っている」「息抜きしたい」と自分勝手にいっているけれども妻側の「帰りが遅い!」も自分勝手な意見ですよね。

「いつまで寝てるの!」


 毎日仕事を頑張っているし、朝はいつも早いし、帰りはいつも遅い・・・だからこそ休日は、時間を気にすることなくお昼くらいまでゆっくり寝ていたいものです。

しかし、奥様はそのような仕事をして疲れている旦那さまの気持ちを察することが出来ず、自分の任務(掃除、洗濯)を終わらせるために同じ状況に旦那様を引き連れようとします。