恋に年齢は関係ありません。

と言っても、10代や20代のような後先考えない恋愛をすることは勇気がいるものですよね。

楽しい恋もあれば、辛い恋もしてきた40代の年齢だからこそ恋愛に臆病になることがあります。

好きな人がいても素直になれないこともありますよね。

例えば相手が夢を持っているバンドマンや売れない芸人だとすれば、愛や恋だけの感情で相手のことを無条件に好きになることは出来ますか?

ほとんどの40代は「うぅ~ん」と考えてしまうはず。

40代は、まだまだ恋ができます。

でも惚れただけの感情で後先考えずに恋愛はできない。

難しく考えれば考えるほど、恋愛に臆病になっていませんか?恋愛は難しく考える必要はありません。

もっと自分に素直になっても良いと思いますよ。

素敵な恋愛をしている40代は、人生も輝いています。

そんな40代の恋愛を見つけましょう。

40代になっても恋愛は出来る!

40代と言えば仕事もバリバリこなす人も多いですよね。

「仕事が生きがい、恋愛なんて必要ない」なんて思っていませんか?

逆に「仕事なんてヤル気ない、でも生きて行くためには仕方ない。恋愛なんて面倒」と思っている人もいますよね。

どちらにしても40代で恋愛なんて遅いと思っている人は結構いますよね。

恋愛に遅いも早いもありません。

40代が恋愛をしてはいけない、おかしいなんてことはひとつもないのです。

そもそも、そんなことを考えている40代がいるなら、それこそが問題です。

「40代で恋愛なんて」そんな風に思っている40代は、きっと輝いていないはず。

恋愛は人を優しくさせてくれます。

恋愛は人を美しくさせてくれるものです。

40代でも素敵な恋愛をしている人は人生が潤っているものです。

もし「ちょっと良いな」と思う異性がいるなら、恋愛してみましょう。

もし「恋愛したいけど相手がいない・・・」と思っているなら、まずは動き出してみましょう。

物事を前向きに捉える癖をつける

「私の周りには恋愛対象になる人がいない」40代で恋愛の話題になると、決まって「対象者がいない」と言う人いますよね。

自分にとっての恋愛対象者とは何でしょうか?

自分の中で決め付けていませんか。

例えば職場の20代の異性から食事に誘われても「子供みたいなものよ」と思っていることや、職場イコール恋愛は出来ないと思い込んでいること。

毎日同じ職場に行き、毎日のように同じ時間に帰る日常が当たり前だと思っていませんか?当たり前の毎日なんてどこにもない。

同じ職場でも毎日話す会話は違います。

年齢が一回り以上離れているから「子供みたいなもの」と考えるのは、自分が本気で相手を好きになりそうで怖いからでは?

イチイチ、物事に対して理由をつけている。

自分の世界を狭くしているのは、自分自身です。

物事を前向きに捉える癖をつけることで、ありふれた毎日に変化が起こります。

自分の人生を変えるのは、自分の考え方次第です。

日頃から自分磨きをしておく

40代に見えない若々しい人もいれば、40代に見える人、40代以上に見える人もいます。

その差は、やっぱり肌や髪の毛、スタイルなどの外見的なものです。

40代になると20代の頃のツケが回ってきます。

10代や20代の頃にガンガン日焼けした人は40代になるとシミやシワに悩まされる人も多いですよね?

10代や20代に無茶した時代を取り戻し修正することはできません。

本来であれば、40代で美しい肌をキープするなら、10代、20代で日焼けをするべきではないのですが、若い頃に無茶をしてきた人は、40代は肌ケアすることが必要です。

40代で差が出てくるのは、日頃からの自分磨きです。

何もしなくても肌がピチピチだった時代とは違います。

年齢を重ねるほど日頃の自分磨きが必要です。

ですが、ほとんどの人は年齢を重ねるほど「今更、自分磨きしても・・・」あきらめモード。

あきらめたり、手を抜くことでドンドン差が生まれてしまいます。

自分磨きに年齢は関係ありません。

むしろ年齢を重ねるほど、自分磨きをしなくてはならない。

20代でも40代でも輝きたいのは同じです。

美容に「これで良し」なんてことは、ないのですから。

自分の良いところ・強みを見直してみる

40代と言えば、仕事もバリバリとこなすカッコ良いイメージですよね。

でも正直それはトレンドィドラマの中の世界です。

ドラマの中では、景色の良い高層ビルがオフィスで結婚してなくてもバリバリと仕事をこなし、あげくに恋愛も、年下君や元彼らしき相手と充実していますよね。

そんな40代の人生だったら年齢を重ねることなんて怖くないはず。

ドラマはドラマの中、現実はドラマとは掛け離れた世界で生きていると、だんだん心も悲観的になってきます。

ドラマのような40代の人生はなくても、頑張ってきた過去は身についているはず。

それは自分の良いところとなり、強みになっているのです。

今現在、彼氏がいなくても、イマイチ恋愛が充実してなくても悲観的になる必要はありません。

自分の良いところを素直に認めることで、強みになります。

それが40代の魅力となるのです。

40代と言う年代を恥じることはありません。

20代の人と自分を比べない

たまに20代の人と40代の自分を比べてしまうこと、ありますよね。

職場にいると20代の若さをヒシヒシと感じることが多くなります。

例えば飲み会の翌日の仕事でも20代はエネルギッシュですが、40代ともなると体がダルくて仕方ない。

20代はミスをしても笑って許してもらえるけれど、40代がミスすると呆れられて重い空気が流れる。

20代はナンパされても40代はナンパされない。

男性の20代と40代よりも、女性の20代と40代は大きな差を感じます。

いわゆる、チヤホヤされる女盛りは20代だとすれば40代女性がチヤホヤされることは、まず少なくなります。

そんな現実を目にすると思わず20代と比べてしまう40代もいますよね。

でも20代は20代、40代は40代です。

比べることは出来ません。

どちらが良い、恵まれていることなんてありません。

だって40代には40代の大人の魅力や安心感という強みがあるのです。

全ての人が20代女性を好きなわけではありません。

20代女性が頼りない、疲れると感じる男性もいます。

20代と40代を比べてしまうと、40代の人生を楽しむことが出来ません。

自分自身の今を楽しめる人だからこそ、人生は輝くことができるのです。

意地やプライドを少しだけ捨ててみる

40代に多いマイナスポイントは、無駄な意地やプライドの高さです。

特に20代には負けたくない!など誰かと比べる人に多い行動です。

ある程度の意地やプライドは必要なことです。

ですが、誰かと比べることや上から目線になること、自分は仕事ができると思うことは全て無駄なプライドと言えます。

無駄に意地を張り、後に引けなくなることも多いです。

「私は今まで頑張ってきた!アイツなんかよりも優れている」と思うことは無駄なプライドです。

それよりも、「40代で老け込んでなんていられない」プラスになるプライドを残していれば大丈夫です。

意地やプライドは時に自分を強くしてくれるものですが、意地やプライドが強すぎると後に戻ることができなくなります。

自分の意地やプライドで疲れていませんか?

自分自身を追い込んでいませんか?輝くことができないなら、それは無駄な意地やプライドです。

そんなときは、意地やプライドを少しだけ捨ててみるようにしましょう。

家にこもらず外の世界に出るようにしてみる

普段仕事をしていると休日は家でゴロゴロして過ごすことも多いですよね。

一日中、PCや録画したDVDを見ることや、マンガを読んで過ごすこと、よくあることですが休日が終わると「何していたんだろう」と思いますよね。

家に一日中いるとハプニングも起こらない。

そう、何も起こることがありません。

マンガを読んでマンガの世界に入るだけでは恋は出来ません。

せっかくの休日、家にこもらずに外の世界に出ることで普段とは違う世界を感じることができます。

「平日は職場へ出勤しているから」と思う人もいますが、毎日の通勤では同じルートで同じ時刻です。

余裕のある行動は、なかなか出来ません。

プライベートだからこそ、自由ができるのです。

予定を立てて外出することも良し、逆に予定も立てずにフラッと出かけるのも楽しいですよ。

どちらにしても家に閉じこもっているだけじゃ、何も起こらない。

何か変えたいと思っているなら、とりあえず外に出て刺激をもらいましょう。

40代のおすすめの出会い方


40代だから出会いをあきらめることはありません。

40代からも素敵な恋愛にめぐり合える確率は充分にあります。

しかしながら、10代や20代のようにナンパ等で恋仲に発展することは難しい。

若いなら相席屋を利用して相手からの声かけを待つこともできますが、40代になると相席屋を利用しても本気の恋愛に発展しにくいですよね。

相手も40代だと分ると「遊びで付き合うのは・・・」と少し引いてしまいがち。

40代イコール結婚を考えなきゃいけないと思われがちです。

また40代であれば「仕事でも地位があり、給料も結構良いはず」と勝手に想像されてしまい、結果的にヒモのような男性に狙われやすいです。

10代や20代であれば失恋しても次があるとポジティブに考えることができますが、40代にとっての失恋は結構きついもの。

「恋愛で失敗したくないから恋をしない」そんな風に考える40代も多いのでは?40代の恋愛は出会いが肝心です。

出会いを間違えるとロクでもない相手と付き合い、運命を狂わされることになります。

失敗しない安全な出会い方を見つけましょう。

社会人サークルに参加する

40代の相手探しで重要になるのが相手の立場です。

自分は仕事をしていても相手は学生や夢見るフリーターでは金銭的な問題や休日に差が出てしまいます。

付き合ったところでケンカばかりすることになります。

最低限、社会人の相手を見つけることが必要と言えるでしょう。

年齢が違っても同じ社会人という立場であれば、お互いが立場をわきまえることができます。

ですが職場で相手を見つけることもできない。

社会人はたくさんいるけれど、どうやって出会えば良いか分からないですよね。

「社会人サークル」を見つけることは意外と簡単です。

ネットで「社会人サークル」と検索しただけで多くの社会人サークルを見つけることができます。

東京、関西を含め全国各地で社会人サークルは開催しています。

しかも年代別に選べるのも嬉しいですよね。

ちょっと豪華な個室で飲み会することは日常のストレス解消にもなるのでは?

本格的な婚活とは異なり、合コンのような雰囲気ではじめることができます。

まずは友達になり、恋愛を楽しむことができます。

同じ社会人であれば安心感も強い。

若いときの合コンとは異なり、社会人として飲み会は少し大人の雰囲気です。

いきなり結婚相手を探すより、ゆっくりと恋愛期間を楽しみたいと思う40代の大人にピッタリな出会いの場所と言えるでしょう。

婚活サイトに登録をする


もっと本格的に結婚に結びつく、確実な出会いを求めている40代であれば、婚活サイトがおすすめです。

「婚活サイトは騙される確立も高く、結構サクラも多いのでは?」と考えている40代も多いですよね。

出会いをメインにするサイトと婚活をメインするサイトは違います。

出会いをメインにするサイトであれば、料金も無料が多く、何よりも簡単に登録して、すぐに相手探しをすることができます。

本格的な婚活サイトになると完全無料はほぼありませんし、身分証明書なしで簡単に登録することはできません。

未成年が遊び目的で登録することがないように徹底しています。

大手婚活サイトであれば相談場所や実店舗もありますし、直接やりとりを相手としなくても、婚活サイトの仲介者がマッチングをしてくれるところもあるので安心です。

また婚活サイトは、いきなり一対一で出会うことはさせずに団体形式でパーティーのように出会うサイトもあります。

婚活サイトによって料金は異なりますが、入会金だけでも数万かかるところも多いです。

安さを求めて危ない婚活サイトに登録するよりも、完全にセキュリティ強化できる安心できる大手婚活サイトで相手を見つけるか?

それはあなた次第です。

習い事を始めてみる

「露骨に相手を探すことは・・・」と躊躇している40代におすすめな出会いが習い事で相手と出会うことです。

習い事がキッカケで恋人同士や結婚まで発展するケースは非常に多いです。

習い事だと互いの価値観も合っているので、会話もスムーズにはじめることができます。

例えば陶芸教室やパンなど料理教室、体を鍛えるジム、ガーデニング教室など様々です。

習い事と言えば女性が多いイメージですが、最近では男性も料理やガーデニングを学ぶ人も増えています。

お互い興味があるからこそ、習い事をはじめているので共通の会話をすることができます。

全く自分が興味ないことを無理にはじめるわけではないのでストレスを感じることがありません。

たとえ意中の相手と出会えないとしても、習い事をすることで新たな同性の友達が出来るかもしれません。

自分の視野が広がるキッカケになるので、ガツガツと相手を探すよりは自分らしく相手を探したいという40代にはおすすめです。

既婚者の友達に異性を紹介してもらう

安心安全と言えるのは、友達を通して相手を紹介してもらうことです。

40代と言えば既婚者も多いですよね。

既婚者の友達から異性を紹介してもらうことができます。

一人で婚活サイトに登録することは、やっぱり勇気がいることです。

お金もかけたくない、でも安心できる相手を見つけたい40代には最も安全な方法で相手を見つけることができます。

既婚者の友達はキューピット的な役割になってくれます。

アドバイスや様々な世話をしてくれるので、良きパートナーになりますよ。

見知らぬ相手と会話をすることは緊張もして、人見知りタイプの40代にはキツイものです。

既婚者の友達が間に入ることでワンクッションおいた付き合いができるのです。

困ったことや断りたい相手だとしても相談しやすいところも既婚者の友達だからこそです。

婚活パーティーに参加する

大手婚活サイトに登録する前に婚活パーティーに参加してみては如何でしょうか?

婚活パーティーは、社会人サークルと同じようにネットのコミュニティーで探すことが出来ます。

市町村が率先して婚活パーティーを開催しているところもありますよ。

婚活パーティーと言っても本格的なタイプもあれば、気軽な飲み会やお食事会程度のものもあります。

自分一人で参加するのはチョット・・・と思っている40代でも友人を誘って一緒に参加することもできます。

まずは、どんな雰囲気なのか?経験するだけでも良いと思います。

婚活サイトで活動をしようと思えば、ある程度の金額が必要になりますが婚活パーティーであれば、その都度の会費としての料金が必要なので比較的リーズナブルです。

気分転換に婚活パーティーからスタートしてみるのも悪くありませんよ。

同窓会に出席する

やはり同窓会は進んで出席するべきです。

久しぶりに会う同窓生に心トキメクことも多いのでは?

当時好きだった相手と久しぶりの再会にドキドキすることは間違いなし。

お互い年を重ねて想像よりも若返ったり、逆にガッカリな変貌になっていることもありますが、やはり同窓会で恋が生まれる確率は高いです。

どちらにしても同窓会は出席する価値があります。

同窓会でよくあるパターンが当時は垢抜けないイマイチだった相手が久しぶりに会ったらカッコ良くなっていることや、美人になっていることです。

同窓会であれば久しぶりの出会いでも緊張せずに会話をすることができます。

ハプニングを起こしたいなら、同窓会に出席することをおすすめ。

その後、恋がはじまるのもはじまらないのも自分次第です。

ただ同窓会をキッカケに不倫が始まる・・・そんな恋も多いので注意しましょう。

新しいバーに行ってみる

アルコールが入ることでチョット大胆になれますよね。

カフェで恋愛がスタートすることはほぼありませんが、やはり夜のバーは何だか危険な香りがするものです。

行き慣れたバーでは同じ顔ぶればかりでドキドキすることも期待できませんが、新しいバーを新規開拓することで、新しい出会いが見つかるかもしれません。

バーは基本的に一人で飲んでいるものです。

大勢いる仲間同士では声をかけにくい雰囲気ですが、お互い一人で飲んでいれば「ご一緒にいかがですか?」なんてこともありえます。

アルコールが入ることで、お互い大胆になれます。

またバーの少し薄暗い雰囲気も相手をカッコ良く、美しく魅せる演出です。

恋愛は待っているだけでは何も起こらないものです。

たまには自分から出会いを求めてる、そんな積極的な行動も必要ですよ。

朝活をはじめる

「仕事が終るのが不定期で予定を入れにくい」そんな忙しい40代も多いですよね。

仕事終わりの夜に予定が入れられないなら、朝活をはじめてみては如何でしょうか。

仕事終わりは個々に時間が決まっていないものですが、仕事が始まる朝は、ほとんどの会社が同じ時刻です。

朝10時や9時仕事であれば、ちょっと早起きをして朝活をはじめれば良いのです。

朝活もネットで検索すれば、様々なイベントを開催しているコミュニティーに出会えます。

例えば「英会話」「投資」など勉強系もあれば、マラソンやヨガなど体を動かすものもあります。

朝食を一緒に会話をしながら食べる「朝活カフェ」も人気ですよ。

朝カフェであれば、お酒がないので健全な会話が出来て安心ですよね。

お酒は苦手という40代でも朝活をはじめることで新たな出会いを見つけることができますよ。

40代は出会ってから結婚までが早い人が多い

40代は出会ってから結婚までが意外と早いです。

40代から出会って「恋を楽しもう」なんて思うよりも、落ち着きたいと願っている人が多いからです。

女性であれば高齢出産になるわけですから、子供を授かりたいと願っている人なら一国も早く付き合ってゴールインをしたいはず。

また40代の男性であれば家庭が恋しくなるものです。

疲れて帰ってきたときに温かい食事、奥さんの笑顔で迎えてほしいと思うものです。

正直、40代に恋愛を楽しんでいる時間はないのです。

失敗すればダメージも大きい、それこそ「もう恋なんてしない」と考えてしまいます。

最後の恋とは言いませんが、やはり40代で恋愛を終わりにして落ち着きたいと思っている人は多いのです。

だからこそ、相手探しにも真剣になります。

無駄な時間を過ごさないためにも40代の相手選びは重要です。

どんな相手となら結婚が出来る?

40代に似合う相手は、どんな相手でしょうか?

絶対的にコレという相手はいませんが、できれば避けた方が良い相手はいます。

例えば「相手が働いていない」それは論外ですよね。

「相手の容姿が良い」を理由に選ぶことは必ず失敗します。

容姿が良いだけで付き合ってもいずれ目が覚めることに気付きます。

無駄な時間を過ごさないためにも相手選びは慎重にしないといけません。

恋愛感情が芽生えてしまえば自分でセーブすることはできないのです。

客観的に相手を選んでいる時であれば、「これはまずい」と自分の心に歯止めをかけることができます。

恋は盲目という言葉があるように、本気になる前に相手を見極めましょう。

1.結婚願望がある相手

やっぱり40代の恋愛は結婚願望が最終的にあるのかが大事です。

すぐに結婚とまでは考えていなくても、最終的に結婚願望がない相手とは付き合っても無駄な時間を過ごすだけです。

お互いに結婚願望がないのであれば、それもひとつの恋愛と言えるでしょう。

しかし片方が恋愛願望あるのに、相手は全くないとなると付き合っていても楽しくないはず。

恋愛もゴールがあるからこそ、楽しむことができるのです。

結婚願望があるかないかで相手の本気度も伝わってきます。

もし仮に結婚願望がない相手と付き合って、子供が出来てしまったらどうしますか?

リスクのある恋愛はしない方が良い。

10代、20代であれば恋愛もやり直しができます。

ですが40代の恋愛ダメージは若いときと比べようもないほど大きいものです。

40代から10年も付き合って、最終的に結構願望がない相手だったとします。

10年後、別れることになったら、どうしますか?

50代から新しい相手を探すことは40代よりもリスクが伴い、難しいのです。

男性の40代や50代は、まだ新しい相手を見つけることができますが、女性の40代や50代は男性よりも相手を見つけるのが難しいと言われます。

結婚願望がない相手であれば、早めに見切りをつけることをおすすめします。

2.共通点がある相手

よく夫婦間の間で価値観の違いや性格の不一致で別れるケースが多いですよね。

お互いに何の共通点もないと他人同士ですから上手く行くことは難しいです。

特に一緒に生活するようになると夫婦間では会話が少なくなって行きます。

結婚しなくても付き合っているとマンネリ化してきますよね。

一緒にいても楽しくないと思うスピードも早くなってしまいます。

やはり男女の仲を深めるものは会話です。

お互いに共通点があることで、日々新鮮な会話をすることができます。

お互い同じ趣味、特技があることで会話の内容も飽きないもの。

恋人同士と言うよりも友達感覚の付き合いができます。

自分はお酒が好きだけれど、相手は全く飲めないとなると付き合うことができても、一緒にお酒を飲めるわけでもない、飲みの付き合いが分るわけでもない、お金などの金銭感覚の違いにも繋がって行きます。

音楽が好きでフェスに良く行くけれど、相手は音楽に全く興味がない。

一緒に楽しむことができないので、相手がフェスに行くことに理解をしてくれなくなります。

共通点がない二人は、分かり合えない分、ケンカも多くなりやすい。

3.この先のことを考えてメリットの方が多い相手

相手と付き合うことでデメリットとメリットを考えたことがあるでしょうか。

結婚したいと思える相手には、きっとメリットが多いと言えます。

一緒に付き合ってデメリットばかりだと結婚したいと思えないはず。

この先のことを考えられる相手のメリットとは?やはり収入面や安定性でしょう。

仕事を真面目に勤めていることも大事です。

付き合っているけれど、何かにつけて会社を休んでいるような相手や転職を繰り返してばかりいると、将来一緒になっても金銭的に苦労することは目に見えています。

趣味が幅広い、ギャンブル癖があることも独身時代だからこそ自由にできますが、家計が一緒になると大変ですよね。

いくら相手が「結婚しよう。真面目に付き合いたい」と言っても、結果的に行動が伴っていないと意味がありません。

メリットが少ない相手とは一緒になっても苦労します。

メリットが多い相手と付き合うことが賢い選択です。

4.素に近い自分をさらけ出せる相手

付き合いはじめは、お互いに猫をかぶっているものです。

男性も高級店のレストランを予約して背伸びをしていることも多々あります。

でも、もしかして相手が本当に着飾ることが好きな相手だとしたら、どうしますか?

ずっと着飾る付き合いをして行かなくてはいけない。

お金の価値観が違うと生活レベルも違うものです。

相手が高給取りでも自分は一般的な給料だとすれば毎回のようにおごってもらわないといけない。

それよりも、おしゃれな店に似合うファッションをしないといけない。

結局、相手のレベルに自分自身が合わせるようになってしまいます。

そんな付き合い方は、疲れるだけで幸せとは言えないはず。

なるべく素に近い自分をさらけ出せる相手と付き合うことが自然な付き合いと呼べるでしょう。

「たまには居酒屋で飲もう」と声をかけたときに相手が「いいね!実は居酒屋大好き」と笑顔で答えてくれる。

本音を言える相手だからこそ、素の自分を魅せることができるのです。

人間誰しも100%素の自分をさらけ出すことはできないかもしれませんが、あまりカッコつけていると自分自身が苦しくなります。

デートをする時は何に気を付けるべき?

はじめてのデートは何回経験してもドキドキするものですよね。

特に年齢を重ねる度にドキドキ感も強くなると思いませんか?

はじめてのデートで失敗することは結構多いです。

「まさか相手が〇〇な人とは思わなかった」と、イメージのギャップにガッカリすることもあります。

デートをする前は、誰でも相手のことを美化しすぎていることがあります。

相手に求め過ぎた結果、想像していたイメージと違う・・・と思ってしまうのです。

デートでガッカリするパターンはデート場所や食事の時が多いです。

また普段スーツ姿しか見ていないと、私服になったときに「え?趣味悪い」とガッカリすることも多いです。

後々考えてみれば、小さなことでショックを受けて相手を苦手になってしまっていると思いませんか?

相手に求め過ぎているからこそ、小さなことが気になるのです。

初デートでは何も分からない、初デートで決めるのは早すぎますよ。

また相手に求めするぎるのも失敗する原因のひとつです。

1.相手のいいところを沢山探しながらデートをする

初デートは、お互いに緊張しているものです。

それはお互いがお互いを探っているからです。

まず相手との待ち合わせで相手のファッションを見るときに、自分の好みと違うファッションをしていると結構テンションが下がるものです。

ですが、ファッションセンスなんて付き合っている間に相手の好みに染まって行きます。

イマイチ、会話が盛り上がらないとしても、それは相手も緊張しているからです。

盛り上がらないとすれば自分自身が会話を盛り上げれば良いのです。

でも会話を盛り上げることは案外疲れてしまいますよね?

相手に何でも求めては行けません。

自分自身が出来ないことを相手に求めている。

1回目のデートで完璧を求めているから小さなことでガッカリするのです。

相手の悪いところを見つけることは誰にでもできることです。

相手のいいところをたくさん探しながらデートすることで新しい発見ができる。

二人の恋を楽しくするのも自分次第です。

2.だいたい3回目のデートで先があるかを考える

デートは、だいたい3回目のデートで先があるかを考えると良いです。

例えばデートを何度も繰り返せば相手のことが分かり合えるわけではありません。

結局、自分自身が3回目のデートで楽しい気分が勝っているか、それとも正直「面倒だな」と思う気持ちがあるのか?

それが運命の分かれどころです。

はじめてのデートでは、お互いに緊張しているものですが、さすがに3回目のデートでは相手のことが分かってきます。

相手と自分は性格的に合っているのか?

会話が噛み合わないのか?3回目のデートで先があるか見極めることが大事です。

それ以上、付き合っても先がない相手であれば時間の無駄です。

相手に対しても失礼です。

思わせぶりな態度でデートして、結局「無理!」と返事をするなら、早く決断を出すべき。

人間は会えば会うほど情が深くなるもの。

相手の方が本気であなたを好きになっていたら、別れることに承諾をしてくれません。

ずるずると情に流されて付き合うことは、無駄な時間です。

相手が3回目のデートをしても「付き合う」の一言もないのであれば、3回目のデートで自分から聞いてみても良いかもしれません。

3.身だしなみやマナーに気を付ける

身だしなみやマナーは結構大事なポイントです。

「婚活パーティーで出会ったときは気付かなかったけれど、デートしてみるとポイ捨てする子だとは・・・」なんて思われることをしていませんか?

マナーが悪い人は育ちの悪さが出ているとも言えます。

一緒に付き合ってみたものの、だらしない身だしなみをしていると、ゆくゆく両親に紹介することも躊躇ってしまいます。

付き合っているときは、恋愛感情もあり許すことができても、将来的に結婚をしたときに身だしなみやマナーの悪さが目に入って、気になって仕方なくなります。

「相手の食事の食べ方が許せない」なんてことになりかねない。

身だしなみやマナーが悪いことで、離婚にまで発展するケースも多いのです。

育ってきた環境が違うこともありますが、最低限の社会人としての身だしなみやマナーは気をつけましょう。

本気で相手と結婚したいと思ったらどうしたらいい?

「相手と一緒にいると楽しい、もっと一緒にいたい」と思える出会いをできたら最高ですよね。

結婚を意識できる相手と出会えることが、やっぱり幸せ。

でも40代、本気で相手と結婚したいと思ったとき、自分から言っていいものか?考えてしまいますよね。

相手が結婚する気があると言われても、実際にプロポーズされているわけじゃないから信じることがイマイチできない。

このまま、相手からプロポーズされることを待つべき?相手からのプロポーズを待ち続けて恋が終わってしまった・・・そんな苦い経験がある40代も多いですよね。

たしかに自分の気持ちを素直に言うべきか迷うところ。

結婚の言葉を出した途端に相手が引く場合もありますよね。

「やっぱり40代と付き合うと結婚の文字を出してくる・・・」なんて言われるかも知れない。

様々なことを考えていると、楽しい恋愛も不安で一杯になります。

本気で相手と結婚したいと思ったらどうしたらいいのでしょうか。

1.素直に気持ちを伝える

将来、一緒にいたいと思える相手を見つけたら素直に気持ちに伝えれば良いのです。

相手の顔色を見て付き合っているなんて意味がない。

相手が結婚する気がないとしても、しっかり理由があるなら納得することができるはず。

一番良くないことは、勝手なイメージです。

「たぶん」「〇〇と思っているはず」と仮定の想像をすることで勝手に落ち込んだり、ショックを受けたりしていませんか?

素直に気持ちを伝えなければ相手は、あなたの気持ちを分からない。

「一緒にいるんだから分るでしょう?」それは自分勝手な思い込みにしかならないのです。

素直に気持ちを伝えることができない二人なら、今後のトラブルも乗り越えることができません。

素直に気持ちを伝えて話し合える関係がベストパートナーと言えます。

2.いつまでに結婚をしたいと明確に話し合う

もし相手が結婚についてイマイチ考えていないとすれば適当に結婚について答えをはぐらかすことが多いです。

相手の気持ちを傷つけないように「そのうちね。」「いずれは結婚するつもり」などの言葉を返してくることでしょう。

「そのうち」や「いずれ」は明確ではない、その場を逃げるための返事と言っても良いでしょう。

もし相手が本気で結婚を考えているなら、「そうだね。

今は仕事が忙しいし、準備もできないから、来年あたりを考えている」と明確な返事をしてくれたなら、その先の会話を進めることができますよね。

相手は結婚の気持ちがあるけれど、結婚の話題は躊躇ってしまいがちです。

たまには結婚について、明確に話し合うことも大事ですよ。

いつまでに結婚をしたいと明確に話し合うことで、相手の意思確認もできます。

3.結婚が出来ないのならば別れる、と本気さを伝える

残念だけれど結婚する意志があまり感じられないとき、「そのうち結婚したくなるかな」とズルズルと付き合っていることは、正直おすすめしません。

40代はゴールのない恋愛はリスクがあるからです。

特に40代女性はリスクが高くなります。

結婚の意志がないまま付き合って10年後、20年後捨てられたらどうしますか?

男性の40代は金銭的なものや地位があることで女性を見つけやすいものです。

50代、60代となると女性は、男性との出会いが難しくなるのです。

また結婚の意志がない男性と付き合って、子供が出来ても出産することができないかもしれません。

結婚の意志がない相手であれば、別れることもひとつの決断です。

結婚が出来ないのならば別れる、と本気さを伝えることも大事なことです。

40代の曖昧な恋愛は必要ありません。

4.出来れば逆プロポーズはしない・させない

実際、「結婚してよ!!」と言いたくなるところですが、女性側からの逆プロポーズはおすすめできません。

結婚した後に「お前が結婚してくれと言うから」と相手の好き勝手な行動を促進させることになるからです。

上手く夫婦生活を過ごしている関係は、カカア天下です。

女性が男性を尻に引くような関係の方が上手く行くのです。

女性側からプロポーズをして、好き好きと騒いでいると男性は有頂天になり、浮気をしても許されると強気な態度になってしまいます。

また男性はプライド的に大事な場面では自分がリードをしたいと思っているものです。

結婚などプロポーズの言葉は自分から言いたいと思っているもの。

相手から言われてしまうと逆に引いて、恋愛の熱が冷めてしまいます。

結婚してほしくても、出来れば逆プロポーズはしないようにしましょう。

40代はまだまだこれから!恋愛を楽しもう

40代は恋愛を楽しめる年代です。

と言うよりも40代だからこそ余裕のある大人の恋愛を出来るのです。

若いうちは、お金がなくても楽しい恋愛をできたかもしれません。

でも、それだけに我慢することも妥協することもできずに別れることも経験したのでは?

40代だからこそ様々な恋愛を経験してきて成長することができたのです。

40代の恋愛は当って砕けろ!そんな破天荒な恋愛はしません。

もっと落ち着いて、意味ある恋愛をしましょう。

40年も頑張って生きて来たのですから、無意味な恋愛は必要ない。

人を見る目は養ってきたはず。

だからこそ、素敵な人と出会えることができるのです。

40代だからこそ、幸せな恋愛をする権利があるはず。