男性として、人生を充実させるのに必要な要素といったら「恋愛」。

仕事や趣味はもちろん大事だけど、頑張った時に癒してくれる彼女の存在というのは、充実した人生を送る上でかかせないといえるのではないでしょうか。

特に社会人になれば、仕事もプライベートも充実させたいと思う男性は多く、仕事に対しても恋愛に対しても、意欲的である状態であるといえるでしょう。

今回は、社会人になった時の彼女の作り方について、特に社内恋愛の成就の仕方と社外での出会いの作り方についてお伝えしていきたいと思います。

彼女の作り方を社会人の男性に伝授しますので、是非参考にしてくださいね♪

社会人になった。彼女の作り方今までと違うの?

社会人になって、疑問に感じることは、学生時代と彼女の作り方が異なるのかということ。

学生時代であれば、大学やバイト先、サークルなどがあり、新しい出会いのチャンスというのに恵まれている状態であったといえるでしょう。

一方で社会人になると、仕事をしている時間が多くなり、会社と家との往復がほとんどとなります。

そのため、週末以外は毎日顔を合わせる人が一緒であり、自分で行動しない限りは、新しい出会いが訪れるチャンスが少なくなってきます。

とはいえ、人生において仕事をする時間というのは一番長いといえます。

そして、長い時間一緒にいれば、自然と気になる存在が出てくることもあるといえるでしょう。

社内恋愛を経験したことがある人は多いといえます。

しかし、本来職場は仕事をする場。

そのため、恋愛関係であることをオープンにしないケースや、どちらか片方が転職するケースなども多くみられます。

好みの女性が会社にいる時の彼女の作り方。社内編

社内に好みの女性がいた場合、どうやってアプローチをしたら良いか悩む人も多いはず。

毎日顔を合わせるからこそ、気になってしまう存在へとなり、気持ちが膨れ上がってしまうという方も多いはず。

とはいえ、職場は仕事をする場所であり、恋愛が成就しなかった場合、毎日顔を合わせるのは気まずくなってしまうのではないか…。

そんな不安がつきまとうでしょう。

学生時代であれば、顔を合わせないようにすることができたけど、同じ社内ともなれば仕事上で必ず顔を合わせてしまうし、コミュニケーションも発生してしまうもの。

気まずかったとしても、仕事だからと割り切らなくてはいけないのが社会人です。

では、社内で彼女を作るにはどのようなアプローチをしていくべきなのか。

具体的にお伝えしていきたいと思います。

あなたはどのタイプ?

彼女の作り方を学ぶ前に、あなたがどのタイプの恋愛スタイルをするのかを見極めることが大切です。

過去の恋愛で、あなたは異性にどのようなアプローチをしていたかを思い返してみましょう。

ガツガツしたタイプ

ガツガツしたタイプの男性の特徴は、好きな子に対しては、熱烈にアピールするタイプ。

周りの人も、「この子のことが好きなんだな。」と分かるくらいのアピールをします。

頻繁にデートのお誘いをしたり、露骨に褒めたり、他の女の子とは違う特別扱いをしたり…と、積極的に攻めていく肉食系タイプと言えるでしょう。

押しに強くて男らしいタイプが多く、ストレートで分かりやすいといった特徴があり、草食系が増えてきた現代としては、珍しいタイプの男性だといえます。

女性からしてみると、積極的にアプローチされるという機会が少なくなっているため、少し強引でもグイグイと来られると、その押しの強さに好きになってしまうことも。

とはいえ、女性の気持ちをお構いなしにグイグイ責める傾向もあるため、注意が必要。

女性が困っているような態度を見せたり、迷惑そうな態度を示したら、即座にアプローチはやめるべき。

しつこく責めると、空気が読めない勘違い男のレッテルを貼られてしまうので、注意しましょう。

自然に任せるタイプ

ガツガツしたタイプと対照的なのは、自然に任せるタイプ。

分かりやすいアプローチはしないものの、好きな女性の傍に頻繁にいるようにして、仲良くなる機会を狙っているタイプです。

自然に任せるタイプの男性は、強引なアプローチはしないですが、頭の中で彼女と仲良くなるためにはどうしたらいいかといつも考えているタイプ。

飲み会の席でも近くに座ったりして、少しでも気になる子の傍にいて、いつも近くにいる存在を狙っているタイプだといえるでしょう。

このタイプは、着実に女性との距離を詰めていくタイプ。

相手が嫌がることはしないため、脈がないと感じたら、諦めるという冷静な判断もできます。

とはいえ、強引なアプローチはしないため、鈍感な女の子は好意に気づかないことも。

アプローチにも時間をかけるタイプのため、後からきたガツガツ系のタイプに好きな女の子を奪われてしまったなんてことも。

強引にアプローチしなくてはいけないこともあるというのを肝に銘じておきましょう。

他人に協力してもらうタイプ

気になる子がいるけど、自分からアピールはできないという消極的なタイプは、他人に協力を仰ぐことがオススメ。

信頼できる人に相談をして、気になる子との距離を縮めてもらいましょう。

他人に協力してもらうタイプは、他のタイプと比べて、恋愛に対して慣れておらず、アピールの仕方も分からない人が多いといえるでしょう。

そのため、他人に協力をしてもらっても、自分からアピールができないため、なかなか距離が縮められないケースも…。

せっかく他人が協力してくれているのだからこそ、自分から積極的にアプローチしていかなくては失礼にあたってしまいます。

恋愛は何事も経験。

せっかくきっかけを作ってもらったのだからこそ、気になる子に好意が伝わるよう努力していきましょう。

1.ガツガツタイプの彼女の作り方3例!


では、まずガツガツタイプの男性の社内恋愛の方法からお伝えしていきたいと思います。

ガツガツタイプの男性は、いつも恋愛のスイッチが入っているタイプ。

気になる子を見つけるのも、他のタイプに比べて得意だと言えるでしょう。

また、ガツガツタイプの男性は、女性の好みの範囲も広い傾向にあります。

また自分から積極的に攻めていくため、彼女がすぐできるタイプだといえます。

会社で気に入った子をみつける

社内恋愛をするためには、まず会社で気に入った子をみつける必要があります。

仕事だけだと会えない女性もいるため、飲み会や会社内のサークルなどに積極的に参加するのも良いでしょう。

ガツガツタイプの男性で気をつけなくてはいけないのは、見切り発車な恋愛が多いこと。

外見で良いなと思ったらすぐにアプローチをはじめてしまう傾向があります。

気になる女の子に彼氏はいないか、好みのタイプはどんな男性か、また内面は自分にも合いそうかをきちんと判断したうえで、アプローチをはじめるよう心掛けましょう。

気に入った子に、すぐにアプローチをかけていると、女性から見ると軟派な男性だと思われてしまいます。

女性の噂の広がりは早く、やりすぎると誰からも相手にされなくなってしまうので、気をつけましょうね。

会社で気に入った子をいいなと公に言う(一途さアピール)

この子だという子を見つけたら、積極的にアプローチをしていくことが大切です。

連絡先を聞いたり、食事に誘ったりなど、自分の好意が伝わるような熱烈なアプローチをしていきましょう。

何度かデートを重ねた上で、彼女も自分に好意を抱いていると確信をしたら、公の場で「気になっている。」ということを伝え、一途さをアピールしましょう。

ガツガツ系のタイプの男性は、女性から見ると(ほかの人にも同じようなアプローチをしているのかな。)と思われてしまうことも…。

だからこそ、公の場で宣言することで、一途さをアピールするのが効果的だといえるでしょう。

会社で公に言うということは、社内でも噂になるということを覚悟した上で行ってください。

その恋愛が成就すれば良いですが、気に入った女の子に振られてしまった場合、あなたが振られてしまった話は一気に広まります。

また、公にするということは、その後の社内恋愛はしづらくなってしまうというのも肝に銘ずること。

毎年新しい女の子が入社するために、アプローチをしていては、軽い男だという噂が広まってしまいますし、仕事とプライベートを公私混同しがちだという印象を周りに与えてしまうため、非常に良くない状況に陥ってしまいます。

万が一、彼女に振られてしまい、次に気に入った子が出来た場合は、みんなにばれないようにこっそりアプローチすること。

公に気に入った子をアピールするという手段は、1度しか使えないということを心しておきましょう。

告白する

公の場でアプローチをした後は、いよいよ告白です。

彼女に対して「正式にお付き合いをしたい。」という気持ちを伝えましょう。

この時に大切なのが、誠実にお付き合いをしたい気持ちを伝えること。

軽い感じで伝えてしまうと、(この人を信じてよいのだろうか。)という疑念を彼女に与えてしまいます。

ガツガツ系のタイプが告白するときは、ベタではありますが、夜景の見えるレストランなどで、きちんと伝え、彼女の思い出に残るような告白をするのが良いでしょう。

彼女も愛されているんだなと感じることができ、安心してあなたとお付き合いできるはずですよ。

2.自然に任せるタイプの彼女の作り方の例

では次に、自然に任せるタイプの彼女の作り方の例をお伝えしていきたいと思います。

自然に任せるタイプの男性は、積極的に気になる子を見つけるよりも、生活をしていく上で自然と気になる人を見つけるタイプ。

女性の内面も理解した上でアプローチをするタイプだといえるでしょう。

女性に彼氏がいるのか、どのようなタイプの男性がタイプなのか、また趣味や特技は何なのかをしっかりリサーチした上で、アプローチをしていく恋愛において戦略家のタイプだといえます。

強引にいくよりも、着実に相手との距離を近づけていくアプローチがオススメだといえるでしょう。

タイプの女性の周りに自然に入る

自然に任せるタイプの男性の最初のアプローチ方法としては、女性の周りに自然と入ること。

一緒の飲み会に参加したり、同じイベントに参加したりなど、女性のいつも女性の近くにいるようなシチュエーションを繰り返しましょう。

女性からしてみても、(この人いつも近くにいるな。)と感じることで、自然と気になる存在になっていくはずです。

自然と親しくなるためには、同じ場所に良くいるというシチュエーションを作るのが大切です。

積極的に話しかけるよりも、いつも傍にいるというシチュエーションを作り、気になる人に、自分の印象を植え付けましょう。

何かの幹事をする(連絡先をゲットする)


気になる人が自分のことを認識してくれるようになったら、次は距離を縮めましょう。

飲み会やイベントなどの幹事を一緒にして、連絡先を交換し、気になる人との会話を増やしていきましょう。

幹事をやるということは、同じ目的に向かって二人で行動をしていくということ。

そのため、距離感が縮めやすい最適なシチュエーションだといえるでしょう。

会場の場所を決めたり、プレゼントを決めたりなど、2人で協力し合うことで、お互いを意識し始めるようになります。

帰り道が一緒になる(二人きりになる)

無事幹事も成功したあとは、そこで関係を終わりにしないために、2人きりの空間を作るために行動をしましょう。

例えば、彼女の帰り道などを見計らって一緒に帰るなどを試みるのがよいでしょう。

ここで注意したいのが、自然と一緒になるように心がけること。

待ち伏せをしているのがバレてしまうと、女性側が恐怖を感じてしまうことも…。

そのため、偶然を装って彼女と一緒に帰るようにしましょう。

また、話が弾むようであれば「軽くごはんでもいかない?」とお誘いするのも良いでしょう。

この時に彼女に予定があっていけないと断られたら、後日行こうと約束をして、彼女に連絡をするのでも良いです。

大切なのは、2人きりになり、距離感をグッと近づけることです。

幹事はどうしても仕事の延長上になってしまいます。

彼女にアプローチをしていくためには、プライベートを2人きりで過ごすことが大切になってきます。

告白する

そして最後は告白となります。

告白に関しては、2人きりで何回かお食事に行った後など、気になる相手も確実に自分に好意を寄せていると感じた瞬間が良いといえるでしょう。

お食事など、2人きりのデートに3回行くことができたら、相手が自分に対して好意を寄せていると思って良いです。

告白はストレートに付き合いたいと伝えるのも良いですが、彼女の気持ちをまだ探りたいと感じるのであれば、遠まわしにアプローチをするのも良い手段です。

「好きっていったらどうしますか?」と彼女に質問を投げかけて、彼女の反応を見るのも良いでしょう。

この時に彼女に断られたら、素直に引き下がるのが良いですが、彼女が照れていたり、嬉しそうな反応をしたら、「お付き合いをしてください。」という旨を伝えましょう。

3.他人に協力してもらうタイプの彼女の作り方

では最後に他人に協力してもらうタイプの彼女の作り方についてお伝えしていきたいと思います。

このタイプの男性は、奥手な人が多く、自分から積極的にアプローチができません。

そのため、信用できる人に相談をすることが、恋愛を成就できる鍵となります。

信用できる人に話さないと、一気に噂話として広がったり、「こいつお前の事好きみたいだぞ。」と何もアプローチをしていないのに伝えられてしまうという、思いもよらない方向に進んでしまうこともあるので、注意しましょう。

同じ部署に好きな人と繋がれる人をみつける

まず好きな人ができたら、その人と繋がれる人を見つけることが大切です。

その人の同期であったり、同じ部署の人など、好きな人と繋がれる人を見つけましょう。

この時に大切なのが、好きな人と仲が良すぎる人だと、あなたの好意が直接的に伝わってしまうことも。

そのため、あなたが信用できる人で、好きな人とも程よい距離感を保っている人を選ぶのがよいでしょう。

友人に好きな人のことを相談してみる

好きな人と繋がれる人を見つけたら、相談をしてみましょう。

この時に、まずは友達から始めたいということを伝えること。

伝え方を間違えると、急に1対1のデートなどをセッティングされたり、連絡先を教えてもらうだけで終わってしまうことも…。

あなたとしては、自然と距離を近づけていきたいと考えている時点だと思います。

そのため、まずは複数で飲み会をしたいということを伝えましょう。

友人に好きな人と遊べるように連絡をとってもらう

相談をしたら、飲み会や複数人で遊ぶイベントなど、好きな人と遊べるように連絡を取ってもらいましょう。

その時は「みんなで遊ばないか。」という気軽な連絡をしてもらうようにしましょう。

くれぐれも気になっているやつがいるみたいでという連絡は事前にしないこと。

事前にそのような連絡がいってしまうと、女性側に一気に壁ができてしまいます。

まずはフランクな感じでのお誘いをしてもらうようにお願いしましょう。

ラインのグループに入れてもらう

友人に連絡をしてもらったら、遊ぶメンバでラインのグループを作ってもらいましょう。

ラインのグループを作ることで、その後の連絡も取りやすくなります。

また、遊ぶ前に事前にグループを作ってもらっておくことで、当日連絡先を交換しなくては…という焦りに繋がることもなくなるため、オススメです♪

また、ライングループを作ると、事前に自己紹介などもできるため、当日仲良くなれる可能性がグッと高まります。

とはいえ、しつこく連絡しすぎてしまうことは厳禁。

自己紹介程度に留め、あとの会話は当日のお楽しみにしましょうね。

グループで遊ぶ

さていよいよグループで遊ぶ当日。

この日は、好きな人との距離感を近づけることを意識しましょう。

事前に友人に「自然と二人きりになるようにしてほしい。」などの相談をしておくことで、協力してもらうのも吉ですよ。

また、この時に彼女との共通の趣味などを見つけておくことで、後日お誘いがしやすくなります。

食べるのが好き、海が好き、美術館が好きなど、彼女の趣味を聞き出して、自分との共通点を見つけ、「それであれば〇〇がオススメですよ。」とアピールをすることで、後日お誘いがしやすくなります。

個別で連絡をとる

彼女との共通の趣味が見つかったら、個別での連絡をとりましょう。

「この前お話した〇〇に一緒にいきませんか?」と自然に連絡をしてみるのが良いといえます。

この時に、他にもオススメがあって…と複数の提案をしておくことで、当日が盛り上がりやすくなります。

注意が必要なのは、この時に彼女があまり乗り気ではなさそうだと感じたら、まだ距離感が近づいていない証拠。

もう一度複数人で遊んでみることで、距離を近づけていきましょう。

二人で遊ぶ

デートの約束ができたら、2人で遊ぶことで距離を近づけていきましょう。

ここで趣味の話だけになってしまうと、ただの趣味友達で終わってしまうことも。

趣味の話を広げつつ、仕事の話やプライベートの話にまで話題を広げていくのが大切です。

幅広く色んなお話をしていきましょう。

告白する

何度か二人で遊ぶことができたら、いよいよ告白。

お付き合いをしたい旨を伝えましょう。

この時に大切なの、結果はどうであれ協力してくれた友達には感謝の気持ちを伝えること。

協力を好意的してくれる友達はなかなかいないので、大切にしていきましょう。

好みの女性が社内にいない時の彼女の作り方

身の回りに好みの女性がいたら良いですが、なかなか好みの女性がいなくて悩んでいるという男性もいるはず。

好みの女性がいない場合は、自ら出会いのチャンスがある場所に参加する必要があります。

好みの女性は待っていても現れません。

では、どんな場所に行くのが良いのか具体的にお伝えしていきましょう。

合コンを開いてもらう

一番良いのが、信頼が出来る人の合コンを開いてもらうということ。

男性の友達でも良いですが、異性の友達であれば尚更良いでしょう。

また、異性の友達であれば、女性は幹事以上に可愛い子は連れてこない傾向にあるため、見た目がかわいい子に声をかけることが大切です。

また、男性の友達であれば連れていくメンバはきちんと考えることが大切。

見た目が良い人ばかり揃えてしまっては、出会いのチャンスというのは減ってしまいますし、逆に見た目の悪い人達ばかりだと、女性側のテンションが下がってしまい、良い出会いが生まれにくくなってしまいます。

また人数の理想は、4名ずつ程度が理想。

それ以上になると、人数が多すぎてしまいコミュニケーションがとりづらくなってしまったり、まとまりがない雰囲気になりがちです。

合コンというのは、最終的には気に入った人と個別で話せるシチュエーションになるのが理想ですが、最初は全員の会話が聞こえる程度の距離感で、自己紹介などをして、まとまりがある雰囲気を作り出すことが大切です。

そのため、人数は多すぎず、少なすぎずが理想であるといえるでしょう。

街コンへ行く

また、街コンに行くのも出会いを探すのには良い手段だといえます。

街コンというのは、何店舗かを貸し切って、男女共に大勢集まって行うため、出会いの数はおのずと多くなります。

また、街コンで恋人を見つけたいという気持ちよりも、友達が欲しいなど軽い気持ちで参加している人も多く、連絡先の交換などが非常にしやすいと言えます。

その時は仲良くなれなかったとしても、連絡先を交換しておくことで、後日一緒に遊んだり、また合コンをセッティングしたりして、出会いの幅を広げることも可能だといえるでしょう。

合コンになってしまうと、1回の合コンで会える女性の人数が限られてしまいますが、街コンであれば1回合コンに参加するくらいの費用で大勢の人に出会うことができます。

その分、密なコミュニケーションをとることはできませんが、異性の知り合いの数というのは増やすことができます。

気が合ったりいいなと思う子がいたら、街コンが終わったあとに、別の場所で飲み直すなどして、仲を深めることも可能ですので積極的にアプローチをしていきましょう。

出会い系をしてみる

最近では、SNSなどを活用した出会い系なども増えてきており、出会い系に対する抵抗感というのは無くなってきています。

特にSNSを利用している出会い系であれば、相手の素性もしっかりしているケースが多いとえます。

また出会い系の利点は、写真を掲載している人が多いため、最初に顔を確認できること。

そして好みの女性に対してアプローチができることです。

また顔意外にも、相手の趣味や職業、年齢、身長などのプロフィールをチェックした上でアプローチができるため、自分の好みの相手に絞りやすいという点です。

もちろん会ってみないと分からないこともあると思いますが、会う前から恋愛対象か否かを判断できるというのは、非常に効率的だといえるのではないでしょうか?

また、連絡をしてみて気が合わないと思ったら、相手をブロックすることもできます。

少し非情なやり方ではありますが、たくさんの人に気を使うよりは1人の大切にしたい彼女を探すことのほうが大切だといえるのではないでしょうか。

趣味をみつける

趣味を見つけて習い事にいってみるのも新しい出会いを見つける1つの方法です。

共通の趣味があれば、声をかけることもしやすく、また話題にも困りません。

習い事としておすすめなのが、講師とマンツーマンのものではなく、ある程度の人数で一緒に行なう習い事。

テニススクールなどは、10名程度の人数で1時間一緒に同じレッスンを受けることが多いため非常に仲良くなりやすいといえるでしょう。

また、料理教室とかであれば、周りに女性が多いため、男性の参加者は珍しい目で見られるかもしれませんが、コミュニケーションをとる機会も多いため、仲良くなりやすいといえます。

料理ができる男性というのは、女性から好感度が高いため、自分の魅力も高められますし、出会えるチャンスも広げられるのでオススメですよ。

相席屋に行ってみる

最近では予約なしで、出会いの場所を提供している、相席屋というのも増えています。

条件としては同性2名以上でいくこと。

1人では参加できないので注意をしましょう。

相席屋は女性が無料、男性は30分単位で値段が決められており、食べ飲み放題となっていることはほとんど。

比較的安価な値段なお店が多いと言えます。

また、女性が無料ということもあり、女性の数の方が多いケースがほとんど。

そのため、大勢の女性と会う事ができるのが、相席屋の良いところだといえるでしょう。

一方で、無料ということで来ている女性も多いため、出会い目的よりも飲食目的で来ている女性も多くいます。

そのため、女性の態度があまりよくなかったり、連絡先を交換する際のハードルが高いケースもあり得るので注意が必要です。

婚活してみる

次に付き合う彼女は、結婚も考えられる人が良いと思うのであれば、婚活をしてみるというのも1つの手段。

婚活で手っ取り早いのが婚活パーティに参加することだと言えます。

婚活パーティのシステムは、男性と女性が20人程度集まり、プロフィールカードを持って3分程度の自己紹介をしていき、その後で気に入った人とのコミュニケーションをとる。

そして最後に気に入った相手の番号を書き、見事両想いになったら、最後一緒に会場をでていくというものです。

婚活パーティの良いところは、多くの人に会う事ができるところですが、一方で人気がある女性に男性が集まってしまい、なかなか会話が出来なかったり、カップルにならなかったときは、参加者同士で帰りのエレベーターが非常に気まずい状態になるという点もあります(笑)

また、婚活としておすすめなのが、お見合い相談所に入会すること。

費用面は高いですが、結婚を目的として参加している人が多く、またプロのアドバイザーの人の話も聞きながら婚活を行なえるため、カップルになる確率が高いといえるでしょう。

但し、婚活をするときに注意が必要なのは、しっかりと結婚を見据えた恋愛を望んでいるということ。

女性側は、結婚をしたくて婚活をしているケースが高いため、軽い気持ちでのお付き合いは出来ないので注意をしましょう。

ナンパしてみる

またナンパをしてみるのも新しい出会いを見つける上では良い手段だと言えるでしょう。

ナンパというと軽い男性がやりがちな行為だと思われがちですし、成功率が低いのではないかと感じがちですが、それは女性に対するタイミングや判断を見計らっていないからだといえます。

例えば、長時間待ちわびている女性がいたとしたら、「ずっと人を待っているようですが大丈夫ですか?自分もずっと待っているのですが、なかなか来なくて…。」と話しかけてみたり、道に迷っていいて困っている女性がいたら「大丈夫ですか?」と話しかけたりなど、ナンパと感じさせないナンパをすることが大切です。

「今何しているの?遊ばない?」という直球的なナンパは断られる確率が高く、相手の感情を無視した声掛けで成功率が低くなります。

大切なのは、声をかける要素があるか否かを状況観察し、ナンパと感じさせない声掛けをすること。

そうすれば、ナンパの成功率はグッとあがりますよ。

【ナンパテクニックは、こちらの記事もチェック!】

好みの女性がいたらセクハラに気をつけながら行動に移してみよう

社内での恋愛というのは、アプローチの仕方を間違えると、セクハラにも繋がりかねないので注意が必要です。

恋愛をするのは自由ですが、会社というのは、仕事をする場。

仕事に支障がでるような恋愛の仕方は禁物です。

気に入った子にも周りにも迷惑をかけない範囲で、行動をしていきましょう。

また、社会人になると出会いの場というのは積極的に広げていかなくてはいけません。

社内恋愛が難しいと感じたら、社外で積極的に活動すること。

出会いの数だけ、可能性が広がるはずですよ!