大好きだった彼氏と別れを考えている女性に…別れを心に決めても簡単に口に出すことってなかなかできないですよね。

どんな形であっても思いのままの言葉を口にすることってできないものです。

でも正直悩んでいる時間も無駄かも…早くこの状況から切り出そう!とあなたの未来を壊しかねる危険をおかす前に!

絶対ダメ!NGな別れ方

始まりは簡単…お互いビビッときて、ドキッとして、もうこれからの明るい毎日を想像しているだけですからね。

でも…残念なことに別れって来ちゃうんです。

あんなにただワクワクしていただけの2人にも別れって来てしまうんです。

原因は様々。

だからケースバイケースなんて言っていたら何億通りの別れ方を紹介しないといけなくなります。

すみません…そんな経験はありません。(涙)

誰にでもこれだ!と言えるしっくりくる別れのシーンを紹介できるかどうかは自信ありませんが、ただ言えることはどんなケースであっても、どんな相手に対しても押さえておくべきポイントはしっかり紹介しています。

上手に別れを告げられる人と、ぎこちなさ…気まづさだけを残して別れを告げる人って、押さえておくべきポイントをしっかり押さえられているかどうかだと思います。

自然消滅


声を大にしてでも、女性の皆さんに絶対にしてほしくない別れ方です。

別れという言葉が脳内によぎり始めてしまうと、女性ってどうしても別れに向かって考え始めてしまいます。

もう少し考えてみようかな…という思考よりも、もう早く別れを切り出さなきゃと何かに急かされているように、別れ別れと脳内が機能し始めてしまいます。

すると彼氏にとってはそんなこと考えていない期間も、あなただけはずっと考えていたのよ!なんて、正直無責任な気持ちも押し付けてしまうことになってしまいます。

一度でも別れの言葉がよぎると、早く早くという気持ちばかりが強くなりますが、彼氏の方は普段と何も変わらない…別れを告げたいのに、相手にその準備ができていないと感じると、別れを告げようとしている自分が悪者のように感じてしまいますよね…

そこで自然消滅などという、絶対にしてはいけない行動をとってしまう女性がいます。

だって…もう面倒なんだもん!そんな声が聞こえてきそうですが…

では、あなたが好きな相手に同じことをされたらどう思いますか?あなたもそれなりに気持ちが薄れてきている状況であっても、自然消滅なんて別れ方は納得いかないはずです!女性側は男性に同様のことをされたら、男性以上にきっと怒りを覚えます。

なのに、面倒だから…という言葉一つで時に女性は彼氏にこうした行動をとってしまいます。

自分もされたら嫌だからしてはいけないというのはもちろんですが、自然消滅って結局は自分の首を絞める結果になりやすいのです。

しばらくして、彼氏の気持ちも落ち着いたかな〜なんて考えた時に、ふと連絡をしてみる…連絡まではしなくても、ばったり会って何気なく会話してみる…そのとき相手から返ってくる反応ってきっと心にグサっときますよ。

いくら気持ちがなくなった相手とはいえ、2人で始めた関係を、勝手に1人で終わらせるのは正直始める資格のない人!強くそう思っておいて欲しいと思います。

別れても確かに2人ともまた新しい人生を歩みます。

止まることなく、どこかに向かって歩み始めるものです。

その一歩をお互いが一緒に踏み出すためにもしっかり別れを形として残さないといけないんです。

メールや電話で別れ話をする

自然消滅での別れに対して、少しキツイ言葉を発してしまいましたが、やはり同じ女性としてなるべくなら後腐れない別れをして欲しいと望むからです。

別れ方って実は重要で、あなた自身の再スタートを切るまでの時間にも関わってきます。

別れを告げる方だって、告げられる側だけでなく辛いものはありますよね。

なるべく傷つけないように…そしてまた自分も頑張れるように…

いろんなことを考えるから、分からなくなって時間だけが過ぎて、自然消滅していたということだってゼロではないので、分からなくもないのですが、たくさん悩んだのならなるべく気持ちよく再スタートを切って欲しいのです。

そこで自然消滅の次に手段として選択してほしくないのは、対面でなくメールや電話での別れです。

どうしても気まずい…という気持ちが強くなると、対面で別れを告げる勇気ってなかなか出ないものです。

顔を見ると、こっちだって色々と考えてしまいますよね。

でも後悔しませんか?今となっては別れを決意した相手でも、今まで一緒に過ごした時間って、文章で終わりを告げていいものですか?

今までありがとう…お互い頑張ろう…と言葉にできなくても、心にある言葉を顔を見て伝えなくていいんですか?

きっと…すぐにではなくても、あのときどんな顔してたんだろう?って考える日が来ますよ。

それを知りたくて、連絡を取りたくても、顔を見たくても、もうそれは叶わないのです。

それに別れた後…連絡を取り合う中でなくてもいつか彼氏と彼女の時間を過ごした2人って、どこか同志のような関係を築いています。

どこかで頑張ってる姿を見たとき…幸せそうな顔を見たとき…

よかったね!頑張ってるね!幸せそうだね!と自然とお互いの幸せを願いあう関係になっています。

というよりも、この自然な心理を壊さないで欲しいと思います。

一緒にいた時間に築き上げているこうした関係を続けられるかどうかは、やっぱり別れ方にあります。

あなたもこれから頑張るね!って気持ちをしっかり彼氏に伝えないといけないのです。

彼氏・彼女という関係の中で彼氏の最後の顔を見て…あなたの最後の顔を見てもらって…そうすることで、いつかバッタリ会った時に、お互い幸せを願えている関係になっていることに気付けるのです。

曖昧な言葉で別れを告げる


綺麗な別れ方を望むなら、やっぱりはっきりと別れをお互いが理解することです。

納得できるかどうかという問題を解決しようとすると、なかなか言葉が見つからなくなります。

そこで少し曖昧な言葉を選んでしまうこともあるでしょう。

納得できるかどうかはその時の相手の気持ち次第であり、時間がかかるのは仕方ないことなのです。

言葉1つで納得させようとする方が難しいこと。

納得ではなく、別れたんだという事実を伝えることを先決すべきです。

どうしても強い言葉になることもあるかもしれません。

相手に投げかけるには重たすぎる言葉になるかもしれません…

でも、曖昧な言葉で可能性を相手の心に残してしまうのは残酷なこと。

別れはきっちりと!それが相手に対する彼女としての最後の思いやりになります。

イライラが蓄積する喧嘩別れ

『◯◯だから別れてほしい…』、『色々考えたけど、◯◯だから別れたい!』、『ごめんなさい、別れよう』相手によって言い方は違うと思いますが、相手に気持ちがある場合には、相手からの提案が返ってくることももちろんあります。

『もう少し、頑張ってほしい…』、『別れたくない…』など、別れたいあなたの気持ちと別れたくないという相手の気持ち。

どっちが正しいというのはないのですが、あなたの別れたい気持ちを受け入れてほしいという気持ちと思いと同じように、相手もあなたに受け入れてほしい気持ちがあるのです。

言葉に悩み時間をかけたからと、必ずしも受け入れてもらえるわけではないのです。

そこで、どうして分かってくれないの?!と少し気持ちが焦り、イライラしてしまうこともあります。

そこで、咄嗟に強い口調で気持ちを伝えてしまうこともあります。

そんなの相手にしてみたら、突然の別れであり、上手くいかないと怒られたと逆ギレ状態のように感じさせてしまうことになるだけです。

すると、相手も理解しないといけないけどという何処か覚悟を決めている時でも、なかなかあなたの気持ちを受け入れる態勢をとれなくなり、反論してしまいます。

最終的にはお互いが引き下がれない状態になり、喧嘩別れという結末を迎えてしまうことにもなりかねません。

喧嘩別れはお互いスッキリしない別れ方で、今までのたくさんの思い出の中でも1番印象に残ってししまう出来事になってしまいます。

今までお互い好きという気持ちがあった時間をいい思い出として心に残すためにも喧嘩別れは避けましょう。

振る立場での上手な別れ方


彼氏と上手に別れるために避けるべきパターンを紹介しました。

別れを考え始めると、焦りの気持ちが出てきてしまうと先述していますが、焦りの気持ちからあなたの心の中での整理がしっかりできていないなんてこともあります。

避けるべきケース以前に、まずあなたの気持ちをしっかり整理することを忘れてはいけません。

時間をかけるということではなく、しっかりと自分の気持ちを固めることで、自然と相手に対して誠実な態度で別れを告げることができるということです。

別れる意思を固める


前提ですが、あなたの気持ちの中でしっかり別れる意思を固めましょう。

そんなことできてるよ!と思うかもしれませんが、本当にそうでしょうか?

もし、あなたの気持ちを伝えた時に、相手から思わぬ言葉が返ってきたとき、本当に気持ちを揺るがすことなくしっかり自分の気持ちを貫けるでしょうか?一度別れを告げたらその意思を変えないということ相手に対する思いやりです。

・◯◯を直すから、もう一度チャンスが欲しい
・今度の休みに◯◯に一緒に行こうと思ってたのに…
・こんなに幸せを感じていたのは初めてなのに…

どんな言葉が返ってくるかなんて、分からないものです。

今まで求めていたことが今度こそ叶うかもしれないなんて気持ちが少しでも芽生えると、その可能性にかけて、もう一度頑張ってみようと思うのが人間の心理です。

あなたは本当にどんな言葉が返ってきても、その言葉に対して上手に交わして、別れられる自信はありますか?やはり、自分が別れたいという気持ちがどれだけのものなのか?どこから攻撃されても立ち向かえるだけの意思を固めることが大事です。

別れる予感を察知させる

誰だって、昨日まで…さっきまで…笑い合っていたのに、突然別れを告げられることには納得できません。

極端すぎると、相手のトラウマにすらなってしまうこともあります。

さっきまでの笑顔はなんだったんだ?昨日までは一緒に笑い合っていたのに、嘘だったの…?そんな納得できない気持ちを抱きつつ、衝撃すぎて別れを受け入れるしかなくなると、時間が経ったときいつの間にか誰かと付き合うことに怖さを感じてしまう自分に気づきます。

その原因を作ってしまっていいのでしょうか?また、突然すぎると喧嘩別れを引き起こす可能性も高まります。

相手に別れを告げる時、あなたは別れを考え始めてから口にするまでの時間、心の準備はそれなりにできていますよね。

相手にもその時間を与えるために、なんとなく別れを予知させることも大事なポイント!少し連絡を控えてみたり…デートの誘いを柔らかく断るなど、気持ちが薄れてきているということを、別れを言葉にする前に雰囲気で伝えておきましょう。

落ち着いた場所で話をする


別れ話をするとき、場所も重要です。

気持ちを固めて、別れの雰囲気を作っておく…次に考えておくべきはどこで別れ話をするかです。

次デートに誘われたときに言おう!次会うときに言おう!なんて考えていると、デート場所が遊園地や居酒屋など賑やかな場所になってしまうこともありますよね?どうしてもまわりの雰囲気にのまれて、別れ話はできずに、ただ2人の時間を過ごしてしまうだけになってしまいます。

改めて別れ話を持ち出すと、この間は一緒に出かけたじゃん!なんてなってしまいます。

また雰囲気関係なく、別れ話を持ち出すと、相手もなかなか受け入れ態勢になれません。

強気で別れたくない気持ちをぶつけてくることもあります。

別れは静かに…ではありませんが、これから2人でゆっくりお話をします!そんな雰囲気のあるところで別れ話をすることが上手に別れられる意外なポイントになります。

気持ちを固め、別れの雰囲気を出し始めたら、いざ別れを告げる場所についても考えておきましょう。

別れ話は早めに始める

ふー。

と深呼吸しないとなかなか別れの言葉って出てこないものです。

どんなふうに切り出すか考えても、いざ会ってみてどんな会話から始まるか分からないので、いろんなパターンを用意しておかないといけないですよね。

昨日の出来事を彼が話ししてきたら…?別れ話を予知しているのか、突然次のデートの約束をしてきたら…?考えれば考えるだけ、切り出し方って悩みます。