以心伝心とは、お互いが言葉や文字を使わなくても心同士で理解し合える関係性の事を言います。

そんな以心伝心の関係になる事に憧れるカップルは少なくないのではないでしょうか?

相手の心をくみ取れて、相手も自分の事を深く理解してくれる関係性なら一生一緒に居る事も幸せに感じられる事でしょう。

この記事ではそんな以心伝心カップルになるための方法をご紹介していきます。

どれも簡単に見えて難しいものばかりですが、恋人同士として当たり前な事ばかりです。

恋人と心を通わせてもっと仲良く絆の深まるカップルになりましょう。

以心伝心カップルになるための13個の方法!

出逢った当初から以心伝心になるのは、まず不可能である事を理解しておきましょう。

長年共に過ごしてきた家族でさえ、自分の事を理解してくれて居ないと感じた事がありませんか?

それ程に以心伝心の関係になるという事は、相手を深く理解しなければいけない為に難しい事なのです。

まずは、相手の事を知りたい、相手に自分の事を知って欲しいという気持ちを持つ事から始まり以下のような事を意識してみるのが良いでしょう。

1.ありのままの自分を見せる


ありのままの自分を見せるというのは誰にでもできる事ではありません。

自分をさらけ出すという事は今現在良い印象を与える為にしている事を全てやめる事でもあるのです。

それによって相手にガッカリさせるかもしれない、嫌われるかもしれないというリスクを背負う事になる為に、難しい事だと言えるでしょう。

「どんな自分でも相手なら受け入れてくれる」という信頼感がなければありのままの自分を見せる事は出来ないのかもしれませんね。

見栄を張らない

飾らない自分を相手に知って貰う為には、見栄を張る事を止める必要があります。

見栄を張ってしまうと自分を等身大以上に見せてしまう事で、相手に自分自身の本質を理解して貰えません。

ありのままの自分に自信の無い人程、大きな見栄を張ってしまう傾向にありますが、それを捨て去らない事には相手の目に本当のあなたの姿が映る事は無いという事を理解しておきましょう。

お互いの理解を深めていける

ありのままの自分を見せ、相手のありのままの姿を受け止める事でお互いの理解はグっと深まる事でしょう。

ずっとあなたに抱いていたイメージが大きく崩れ去る事で、相手はあなたの本質を素直に受け止める事ができるようになるし、あなたに至っても同様です。

以心伝心カップルを目指すのならば、不要なものは全て捨て去り素の状態で接し合える関係を作るという事が基本になりますね。

受け入れることが必要

ありのままの自分をさらけ出すという事は自分自身の本質を受け入れる事でもあります。

自分自身が嫌っているものを、相手に受け入れろというのは余りに横暴ですよね。

自分はどんな人間であるのか?自分の良い所や悪い所、全てを自分自身が受け入れて初めて、相手に「自分を受け入れて欲しい」と願えるものです。

まずは自分自身への理解を深めて認める事から始めましょう。

疑うよりも飛び込む勇気を持つ

ありのままの自分を、相手は受け入れてくれないかもしれない。

と疑ってしまう気持ちもある事でしょう。

しかし、そこで躊躇してしまっては何も始まらないのです。

もしも受け入れてくれなかったら、その時はその時だ。

位の気概を持って相手の懐に飛び込んでみる勇気を持つ事が大切ですよね。

恋人同士というのは、相手を好きであるという気持ちで成り立っている関係性です。

悩んだ事が無駄だったように思えてしまう位に、相手があっさりとありのままの自分を受け入れてくれた、というのも良くある話ですよ。

自分の過去もさらけ出す

いくら恋人同士と言えども、出会う前の事は何も分からないものですよね。

自分の事をより深く知って欲しいと思うのなら自分の過去をもさらけ出す事が一番の近道と言えます。

過去には自分を作り出してきたルーツが沢山存在します。

過去があるからこそ現在の自分があるのです。

ただし、中にはどうしても他人に知られたくない過去を持つ人も居る事でしょう。

過去については、自分からさらけ出すのは良いけれども、同じ事を強要するものではないという事を覚えておきましょう。

2.尊重し合う

お互いを尊重し合うという事は、常にお互いを思い遣る事でもあります。

相手の事を想うからこそ、相手の意思を尊重しつつ自分の意思を伝える事ができるのです。

以心伝心カップルは普段から無意識に相手を尊重しあっているからこそ、お互いが心地よく過ごせる為の方法を言葉や文字にしなくても分かり合えるという訳です。

考えを押し付けない

自分の考えを無理矢理相手に押し付けてしまう事は、相手の希望ではないし、相手の意思でもありませんよね。

押し付ける気持ちを理解しろというのは、そこに自分へのリスペクトや配慮のない相手の強要でしかないのだから初めから無理な話なのです。

時には自分の主張を通したい場合もあるでしょう。

そんな時には、相手の意思を尊重した上で自分の希望も兼ねた案を出すという事こそが尊重し合うという事なのではないでしょうか。

へり下る事とは違う

尊重する事と、相手にへり下る事は似ているようで全く違う事なのです。

相手を尊重する上で、自分の意思を完全に無視すれば相手の希望だけが通り相手の意思は尊重されるかもしれません。

しかし、それではお互いに想い合う事にはならないのです。

尊重し合う事はイエスマンになる事だけではなく、自分の意思と相手の意思を丁度折り合いのつく心地よい関係で纏めるという事だというのを忘れてはいけませんね。

3.相手の立場になって考える

どんな関係性においても相手の立場になって考える事は大切な事です。

以心伝心カップルを目指すのならば絶対的に必要なスキルであるとも言えますね。

ありのままの相手を知っているからこそ、相手の立場になって物事を考えた時に相手の意思に寄り添った答えを導き出せるものです。

どんな選択をする時にも、まずは相手の立場になってものを考えて発言や行動を考える事が大切ですね。

思いやりをもつこと

相手の立場になって考えた上で出た答えは、必ずしも常識的で正解であるとは言えません。

理性的になれば違う答えを導き出せる時でも、感情的になってしまっては見える物も見えなくなってしまうものです。

そんな時にも、真っ向から否定をするのではなく相手の心に寄り添って思いやりを持つ事で相手の考えを正しい方向に導く事が出来るでしょう。

悪い方向に以心伝心が働く事も時にはあるでしょう。

しかし、それを正して導く事もカップルとしての正しい在り方であり、それこそが甘やかすだけではない思いやりと言えるのではないでしょうか?

相手の趣味趣向を踏まえて考える

相手の立場になって考えた時に、社会的な立場や表面的な要素だけでは相手の辿りついた答えを理解する事は難しいでしょう。

相手の立場になる、というのは相手の趣味や趣向、考え方や置かれている環境など恋人でなければ分からないような様々な要素が含まれます。

それらを踏まえた上で考える事で、本当の意味で相手の立場になって考える事が出来ると言っても過言ではないかもしれません。

4.感謝を言い合う

人と人がお互いを理解し合う上で感謝を言い合うというのはとても大切な要素の1つです。

思っているだけではなく、感謝の言葉を伝え合うという事こそが大切なのです。

以心伝心カップルと言うと「感謝の言葉ですら言わなくても通じ合うのでは?」と思う方も少なくないでしょうが、通じていてもそれを言葉に表して感謝できるという事こそがお互いの想いをすれ違わせない為に大切なのです。

「伝わっているなら言わなくて良い」ではなく「伝わっているからこそ、言葉にして感謝を表現する」という一手間を惜しまない気持ちこそが以心伝心カップルを作っていると言えますね。

自然に相手のために行動できる

相手に感謝する気持ちを継続的に持てる事で、自然と相手のために行動する事ができるというものです。

普段から感謝しているからこそ、相手が困っている時には「力になろう」と思うし、またそれが自分が困った時に返ってくるのです。

助け合い想い合う気持ちというのは日々の積み重ねによって大きく膨らんでいくものであると理解しましょう。

感謝されると愛おしい気持ちが生まれる

自分が何気なく行動した些細な事でさえも、しっかりと感謝の気持ちを伝えて貰える事でより相手を愛おしいと思う気持ちが生まれます。

相手を愛おしいと思うからこそ、思いやりや理解が深まるのです。

以心伝心カップルに愛は必要不可欠です。

そして愛にもまた感謝は必要不可欠であるという事を忘れてはいけませんね。

5.会話も多くする

会話の中には相手を理解する為の情報が無数に詰まっています。

趣味趣向に限らず、体調や環境の変化、感情や経験、出来事など様々な事を汲み取る事ができますよね。

人の性格や考え方、価値観や環境は永久的に変わらないものではありません。

その時その時で大きく変化していく物です。

そんな変化をいち早く知る為にも普段からの会話は以心伝心カップルにはとても重要なコミュニケーションであると言えます。

以心伝心カップル程、普段の何気ない会話を大切にしているといっても良いでしょう。

メールに依存しない

近頃では、会わない間はもっぱらメールやSNSでのやり取りをメインにするカップルも少なくありませんよね。

しかし、メールやSNSには文字だけで感情がのりにくいものです。

その癖、数をやりとりして会話が文字として記録される事から「会話した気」になってしまうのです。

しかし、実際に会って表情を見ながら言葉で会話を交わす情報量の多さには到底敵わず、メールに依存したやり取りばかりだとすれ違いを生み相手の考えを勘違いしてしまう事態に陥る可能性も少なくありません。

相手の目を見て会話する

会話をする際に、相手の瞳を見て会話する事を意識するとより相手への理解が深まる事でしょう。

顔を見合わせているつもりでも、意外と相手の目というのは直視していないものです。

しかし、目を見て話しをしていると相手の感情が事細かに情報として入ってくる部分が大きいのです。

相手の事をもっと知りたいと思うのならば、会話の際にはしっかりと見つめ合って会話をしてみて下さい。

6.お互いがいつも笑顔


お互いがいつも笑顔で居るという事は以心伝心カップルの大きな特徴であるとも言えます。

毎日いつでも楽しい事がある訳ではないですよね。

それでも、いつもお互いが笑顔で居られるというのは、心地よい距離感や関係性を築けているという事なのです。

人にはそれぞれ心安らぐ距離感や関係性が存在します。

以心伝心カップルはそんな距離感を模索して見つけ維持する事が出来るからこそ、いつでもお互いに笑顔でいられるのです。

近ければ良いというものではない

相手の事を理解する為には、距離感を縮めなければ何も見えて来ないかのように思うかもしれませんがそれは大きな間違いです。

距離感というのは心理的な距離感を表します。

心理的距離感を縮める為には、まず物理的に心地よい距離感を見つける事が大切です。

その上で相手からの信用を得て心理的距離感が縮まるのです。

いつだって一番近くで見ているからといって相手を理解している気でいると、相手の心が離れていってしまっている事すら見えなくなってしまいますので気を付けましょう。

前向きでリラックスした関係を保つ

毎日を笑顔で過ごす事は簡単なようで難しいのかもしれません。

体調や精神的に笑顔でいるのが辛い事もあるでしょう。

それを無理矢理、笑顔にする必要はないのです。

恋人と過ごす事で、自然と笑顔になれる事こそが大切で、恋人の助言やサポートで落ち込んだ気持ちも前向きになれてリラックスし笑顔になれるような関係性を保つ事がお互いを支え合う以心伝心カップルに必要な要素だと言えますね。

7.相手を褒める

お互いを深く理解し合う上で、相手を褒めるという事もとても大切な事です。

一緒に居る時間が長ければ長い程、悪い所は良く見えてきても良い所は見えにくくなっていってしまうものです。

それこそが「慣れ」なのです。

親切にされる事も慣れてしまっては感謝の気持ちを抱けなくなってしまいます。

そんな「慣れ」を起こさない為にも相手の良い所を尊敬する気持ちで褒める事が大切ですね。

継続する事が大切

「相手を褒めよう」と思って相手をジッと観察すれば、良い所の1つや2つ簡単に見つかるでしょう。

しかし、それを継続的に行うとなると一気に難易度が上がるものです。

継続して相手を褒められるという事は、常に相手をよく見て些細な変化や行動を感じ取れるという事です。

以心伝心カップルになるには、この継続的に褒めるという事が欠かせません。

様々な目線で長所を探す

自分は短所だと思っている所でも、状況によっては長所になる事もあります。

相手の褒めるポイントを探しながら様々な目線で相手を見る事も大切ですね。

目線を変えると短所が長所に見えるように、違う目線から見る事で相手の知らなかった一面を見つける事も出来ます。

褒めるポイントを探しながら、より深く相手を知る為に様々な視点から恋人の事を理解していくのも以心伝心カップルへの第一歩と言えます。

8.お互いに補う

カップルの理想的な形は、どちらか一方が寄りかかる形ではなくお互いに足りないものを補い合う関係であると言えます。

以心伝心カップルは日頃から補い合っているからこそ、言葉や文字にしなくとも相手の求めているものが手に取るように分かるのです。

性別や環境に囚われる事なく、自分自身と相手を見て足りない部分をフォローし合う事が必要ですね。

自分や相手の短所も理解しておく

お互いに補い合うには、自分や相手の足りない部分つまり短所も理解しておく必要がありますよね。

自分の短所を理解しておく事で相手がフォローしてくれている事にも気付けるし、相手の短所を理解しておく事で相手の事をフォローする事ができるのです。

相手だけでなく自分の事にも理解を深める事で相手との関係性がより円滑になりますよ。

見返りを求めない

お互いに足りないものを補い合うに当たって、相手に対して見返りを求めてしまうと以心伝心の関係にはなれません。

自分がフォローするのと同時に、どこかで自分もフォローされているという意識が必要なのです。

自分の好意に見返りを求めてしまうと、それは既にお互いに補い合う関係ではなくなっていると言えるでしょう。

どちらか一方に負担がかからないようにする

得手不得手は誰にでもありますし、補い合うといっても自分が得意な事ばかり続く事もあれば不得意な事ばかりが続く事もあるでしょう。

その際、どちらか一方に負担がかかり続ける関係性は望ましくありません。

避けられるのならば、一方に負担がかかる状況は避けるべきです。

負担する事が対等でなくなってしまうと信頼関係を崩すきっかけになりかねません。

どうしてもどちらかに負担がかかる状況を避けられないのならば、感謝を伝えたり力になる努力をしたりと違う形で相手を支える努力を忘れてはいけませんね。

9.素直になり嘘はつかない

素直になり嘘をつかない事は、人間関係で信頼を得るのに最も大切な事であると言えます。

以心伝心カップルは、日ごろから自分の気持ちを偽る事なく素直に伝える事ができるからこそ相手を深く理解する事ができるのです。

自分の感情に嘘をつく事はとても簡単ですし、表面上そうしておけば物事が円滑に進むかもしれません。

しかし、それではいつまで経っても以心伝心する事は出来ないし、大切なパートナーに偽りの姿しか見せていない事になるのです。

弱い自分を見せても良い

恋人に良い所を見せたいと思うのは自然な事かもしれません。

だからと言って無理をする必要は無いし、弱い所を見せても良いのです。

そんな弱い自分を知ってもらう事から以心伝心カップルになる道は始まるとも言えますね。

弱い自分を虚勢を張って隠す嘘は誰を傷付ける訳でもありません。

しかし、自分自身を知って欲しい理解して欲しいと思うのならばその嘘は不必要なものです。

依存するのではなく甘える

時には素直になって恋人に甘える事も必要です。

しかしこの時最も注意しておきたいのは依存してしまわない事です。

甘える事と依存する事は似ているようで全く違うものなのです。

しっかりと自立した上で一時的に相手に頼るのが甘える事、相手の存在に寄りかかって重責を支えて貰うのが依存です。

素直になって甘える事は必要ですが、依存してしまわないように意識しておく事も大切ですね。

10.必要以上に束縛しない

必要以上の束縛は以心伝心カップル以前に、人間関係を崩す大きな原因となる事が少なくありません。

愛しているからこそ束縛して自分のものである事を自分にも相手にも知らしめたいのかもしれませんが、相手が同じ感情を持っていない限りそれは価値観の押し付けに過ぎないし相手を信用していない事に繋がります。

勿論、束縛したい人と束縛されたい人のカップルならば問題は無いでしょう。

しかし、どちらかが一方的な感情で束縛をするならば、それは適正な距離感をはかり違えているという事になります。

信頼すること

束縛とは、性癖の一部であるものと感情のコントロールが効いていない一時的なものとの2つに分かれます。

性癖の一部として束縛を好む人は、同じく束縛されたいというパートナーを探すしか無いのですが、感情のコントロールが効いていない為に束縛という形に走ってしまう人は、相手を信頼できていないという事になります。

しっかりとした信頼関係を結ぶ事が出来れば束縛癖も収まるものです。

日頃から愛情表現や感謝の言葉をお互いに伝え合って信頼関係を作っていきましょう。

以心伝心カップルになるには信頼関係は絶対に欠かせないものです。

束縛される原因を探す

束縛と言うと必ずしも束縛する方が悪いとされる事が少なくありません。

しかし中には、束縛されるような原因を無意識に作り出す人もいるのです。

自分が束縛されるという事は信頼されていない事だと理解しましょう。

そして信頼して貰えないような行動をとっていないか?自分を省みる事も時には必要なのです。

相手の嫉妬深さも深く理解してあげたいものですね。

11.相手をコントロールしようとしないこと

相手をコントロールしようとしてしまうと、相手の意図とは違う行動を自分が求めている訳ですから以心伝心など到底無理な話です。

相手に自分の意図をくみ取って貰う事と、相手をコントロールする事は全く違う事であると理解しておきましょう。

お互いが「相手がどうしたいか?」と考えて行動する事で以心伝心する事ができるのです。

相手に意思を委ねないこと

相手をコントロールしようとする人が居ると共に、自分の意見や意思を示さず全てを相手に委ねようとする人も存在します。

しかし、相手に委ねるというのは考える事を放棄している事でもあります。

考えない人の考えを理解するのは難しいでしょう。

以心伝心カップルになる前提として「相手の考えを察する事」というものがあります。

自分の意思を持たない人は、自分の事を理解して貰う事など不可能なのです。

カップルは対等であるべき

男女の差や年齢の差、立場の差などカップル間においては何の力も持たない事であると考えましょう。

カップルは対等であるべきで、対等であるからこそお互いを思い遣れるし愛し合えるのではないでしょうか?

特に以心伝心カップルを目指すのならば、対等でないとお互いの心を理解し合う事など到底不可能であると言えるでしょう。

12.約束は守ること

約束を守るという事は、相手への信頼の評価に直接的に関係します。

約束を守れない人を信頼しろと言う方が無理な話ではないでしょうか?

その場その場の言葉で誤魔化しながら過ごす人は、言動や志がブレてしまい恋人としてもその思考は読みにくいものであると言えます。

約束は必ず守る事で信頼感を得られるものです。

お互いの事を信用できるカップルで居たいものですね。

時間がかかってもいい

中には、時間のかかる約束もある事でしょう。

少し先の将来などは直ぐに結果が出るものではありません。

しかし、普段の様子を見ていればその約束を果たそうとしているのかどうかは分かるものです。

そして、最終的に時間がかかっても約束を果たしたならば、その実績は大きな信頼となって二人の絆を強くする事でしょう。

13.喧嘩したらアフターフォローはしっかりとする

いくら以心伝心カップルと言えども人間ですので、喧嘩をする事もあります。

しかし、喧嘩後の対応が以心伝心カップルは普通とは違うのです。

本来ならば喧嘩をした後は、あまり内容を蒸し返さず表面から取り繕って仲直りをしていくことが多いと思います。

しかし、それでは根本的な喧嘩の原因を理解し合えずに終わってしまい、喧嘩し損になってしまいます。

以心伝心カップルになる為には喧嘩さえもお互いを知り合う為の糧にする必要があるのです。

めんどくさがらずに原因を追究する

喧嘩の原因解明はとてもめんどくさいものです。

それぞれがどういう価値観を持っていて、それがどうすれ違ったかを追求する訳ですから、下手すれば再び喧嘩になってしまう事もあるでしょう。

しかし、そのめんどうな事から逃げない事で以心伝心カップルは自分の中で出来上がっていた相手の人間性を更新していきます。

そういう地道な努力の結果として、言葉や文字がなくても分かり合える関係になれるという事ですね。

納得いくまで喧嘩をする

以心伝心カップルにおいて喧嘩をするという事は、相手の認識を見誤っていたという事です。

それを改善しない事には、相手と心を通じ合わせる事は出来ません。

その為、以心伝心カップルほどトコトンまで喧嘩をする傾向にあります。

この喧嘩はお互いを理解する為に必要なのか?どうなのか?しっかりと見極めて納得いく所まで意見をぶつけ合える関係を目指しましょう。

以心伝心とは

以心伝心とはとても奥が深い言葉ですよね。

実際、以心伝心と言える関係にある人が人生の内に何人現れるものなのでしょうか?

中には、一生出会えない人も少なくないのかもしれません。

人の心は見えないからこそ、心で繋がり合える関係の人が居るというのは貴重なことですよね。

文字や言葉で表さなくても、お互いの心が通じ合うこと

以心伝心とは、元々宗教の教えの中で神様の教えの中にある言葉では言い表せない部分を、師匠から弟子へと心へ伝えるという意味から来ているそうです。

「こころをもってこころにつたえる」とされ、自分の心を持っているからこそ相手の心に伝え、相手もまた心を持って心を伝えてくれる事でお互いの心が通じ合うという関係になります。

日本人は言葉を使わず相手に物事を伝えるのが得意

日本人は元々、配慮し察する文化がありますよね。

その為、言葉を使わずとも相手に物事を伝えるのが得意であると言われています。

そしてそれと同じく言葉が無くても意図をくみ取る力も長けているのです。

それをカップル間で突き詰めていった結果が以心伝心カップルであると言えますね。

黙っているだけでは伝わらないことも

大抵の事は言わなくても伝わるかもしれません。

しかしそれはお互いの事を理解している事が前提となります。

以心伝心とは超能力ではありませんし、心を読める訳ではないのです。

お互いの事を知り合った上で、「相手はきっとこう考えるんだろうな」と予測しているに過ぎないのです。

最初から分かり合う事が不可能な様に、黙っているだけでは伝わらない事もあるのです。

想いをはっきり伝えることも大事

以心伝心カップルになれたからといって、何も言葉が必要ないという訳ではありません。

感情はまた別の所にあるという事を忘れてはいけませんね。

「ありがとう」と言われれば嬉しいし「好きだ」と言われれば愛おしく思うものです。

時には言葉にする事が何倍もの意味を持つという事も忘れないでおきたいものです。

時間より質が大切

以心伝心カップルになるには、カップルで過ごす時間の長さよりお互いをどれだけ知り合えるかという質の方が大切だと言えます。

いくら長い時間を共に過ごしていても、思い合えない関係だと相手の心を理解するのは難しいでしょう。

お互いがお互いを理解し合いたいと思える関係であれば以心伝心カップルになるのに時間は必要ないのです。

まとめ

いかがでしょうか?

何も言わずともお互いを理解しあっている以心伝心カップルを見ると「あんなカップルになりたいな」と思う反面、以心伝心カップルはそこに辿り着くまでに様々な努力をしている事を理解して頂けたでしょうか?

しかし、相手を想い合う努力は苦しい事はなく愛おしく楽しいものです。

恋人の事を、深く愛した先にこそ以心伝心の関係性があるのかもしれませんね。