大人の恋愛”って憧れますよね?

今回はそんな大人の恋愛に注目し、色々と調べまとめてみました。

まず、大人の恋愛について詳しく知りたい人の為に、“大人の恋愛とはどんな恋愛なのか?”と“大人の恋愛と子どもの恋愛の違い”についての話。

それに加え、“大人の恋愛9個の特徴”をご紹介!

それから、「大人の恋愛をしてみたい!」という人の為に、“大人の恋愛をする4個の方法”と“大人の恋愛を楽しむ方法”、さらに、“大人の恋愛を妨げるもの”など、大人の恋愛をする上で役立つであろう情報も教えちゃいます。

子供っぽい恋愛に飽きてきた人は必見ですよ!

大人の恋愛ってどんな恋愛?

社会人になると、学生の頃とは環境もガラリと変わりますし、新しい事を沢山体験して自分の世界がグッと広がります。

また、年齢を重ねると共に様々な経験をして、人付き合いや恋愛の捉え方が変わってくる人も多いでしょう。

ところで、みなさんは「大人の恋愛」と聞いて、どんなイメージが浮かぶでしょうか?

「相手に干渉し過ぎない落ち着いた関係」とか「高級レストランでお食事デートとか、何となくリッチな感じ?」といったイメージを抱いている人もいるかもしれませんね。

でも、「大人の恋愛とは、具体的にどんなものか?」と問われると、上手く答えられる人は意外と少ないのでは…?

という訳で、ここからは知っている様で意外と知らない、“大人の恋愛”の実態に迫ります!
大人の恋愛について詳しく知りたい人は、是非チェックしてみて下さいね。

大人の恋愛と子どもの恋愛の違い

まずは、“大人の恋愛と子どもの恋愛の違い”について見ていきましょう!

大人の恋愛に憧れているみなさんも、自身の経験から、子供の恋愛がどういうものかは多少分かるのではないでしょうか?

学生時代や若い頃の恋愛と言えば、とにかくドキドキきゅんきゅんする瞬間が多いです。

「愛する人が欲しい」と言うよりも、そんな甘酸っぱい刺激を求めて「恋がしたい!」と言っている人も少なくないのでは?

特に女子はドラマや漫画で見る様なドラマチックな展開に憧れて、まさに恋に恋する状態に陥っている人も多いのかもしれませんね。

それでは話を戻して、大人の恋愛と子どもの恋愛にはどの様な違いがあるのか、1つずつチェックしていきましょう!

感情表現の仕方

子供の恋愛と大人の恋愛とでは、まず感情表現の仕方が違うと言えます。

子供の恋愛では確認が必須です。

「私・僕の事好き?」「愛してる?」「どう思ってる?」etc…常に確認し合う事が多いでしょう。

言動でもって愛情表現を積極的に行う事で、お互いに安心感を得ていると言えます。

さらに、「同じだから安心」と一心同体になろうとするところがあり、「相手の事は全て知っておきたいし、自分の事も知っておいて欲しい…。」という思いがあるのです。

逆に言えば、安心出来ない=相手の愛情を信じ切れていないところがあるから、積極的な愛情表現で常に確認する以外にも、相手を束縛してしまったり、自分の価値観を押し付けたり、相手に干渉し過ぎてしまう訳ですね。

一方、大人の恋愛では、「私・僕の事好き?」「愛してる?」「どう思ってる?」といった質問はしません。

それは、いちいち聞かずとも答えを知っているからです。

大人の恋愛になると言葉や態度での愛情表現も過度にしません。

それは、そういったあからさまな言動がなくても、確信を持てる部分があるから。

もちろん相手に怪しい行動があれば確認する事もありますが、安定した関係においては愛情の確認は基本的に不要なのです。

恋愛に限らず、プライベートで大人な関係を築く時は、お互いを自立している個人として認めるところから始まります。

相手の興味関心を知り、その違いも楽しめるので、「自分と違うから不安になる…」という事も子供程ありません。

そして、自立した者同士が愛し合っているから、お互い自分自身の事をよく知っていて、相手に対しても干渉し過ぎる事がないのです。

しかし、「言葉や態度による愛情表現がなくて、本当に上手くいくの…?」と疑問に思う人も多いでしょう。

大人の恋愛では、お互いの感情確認を言葉や態度でなく、雰囲気で匂わせるのです。

「雰囲気で匂わせる」というのは、例えば、「あなたの事が好きです」という気持ちを冗談ぽく伝えたり、スキンシップでさり気なく伝えます。

子供同士だと「冗談かな…」と思われてしまう事も多いですが、大人の場合はその軽い言動に隠された真意を考え、相手の本気度を見抜くのです。

恋愛以外にも色々経験をしている大人だから、そういう事も出来るのかもしれませんね。

改まってあれこれ言うと、お互いに緊張してしまいますし、時に愛情の重さを感じさせてしまう恐れもあります。

しかし、雰囲気に匂わせる事で重さを感じさせず、愛情を上手く伝える事が出来るので、大人の恋愛はどこか落ち着いた雰囲気があるのでしょう。

相手を尊重できる

相手を尊重する事が出来るのも、子供の恋愛と大人の恋愛の大きな違いでしょう。

子供の恋愛は、「愛されたい」「相手に○○して欲しい」と、自己中心的で求めてばかりの恋愛になりがち。

これは「こうあるべき」「こうあって欲しい」といった願望や理想があって、それを無意識の内に相手に押し付けてしまうからです。

いくら本人が「恋人の事を大切にしている」と思っていても、実際の行動がそれに伴っていない無ければ、相手も「大切にされている」と感じないでしょうし、相手に対する要求が強いのは相手を尊重出来ていない証拠。

尊重するという事は、相手があるがままでいる事を許す事ではなく、相手が何に関心があるのかを認めたり許したりする権利は自分にはないと認識する事なのです。

つまり、「(自分もそう思うし、)そうあるべきだよね」とか「(自分の)常識と違う!」などと、他人を自分の価値観で認めたり否定する権利はない、という話ですね。

とは言っても、誰しも心の中では無意識に相手を是認・否認しているもの。

尊重するという事はそれだけ難しい事なのです。

しかし大人は、「自分に権利がない事」を理解している人も多く、恋愛においてもそれを態度に出す事がない分、相手を尊重出来ていると言えるでしょう。

上でも、「大人は関係を築く時にお互いの事を自立した人として認める」「お互いの違いを楽しめる」という話をしました。

自立した人として認めるという事は、お互いを尊重出来る相手として認める事にも繋がるのです。

お金・時間の使い方

子供の恋愛の場合、一緒に過ごす時間の長さを重視する傾向があります。

なので、遠距離恋愛が上手く行かなかったり、他に優先するべき事があってもそれを放棄して恋人と一緒に過ごしたり、調整の域を超えて時間を無理に作ったりする事も珍しくないでしょう。

また常に一緒に過ごすので、1回1回のデートにかかる金額は少なくても、積み重ねでトータルではそこそこの額になりますよね?

つまり、恋人と過ごす為に使う時間やお金の割合が高いのです。

子供の内はなんだかんだ言っても、時間もそれなりにありますし、若さで無理を出来る範囲も広いので、一緒にいる時間をとにかく確保しようと必死になりがち。

さらに不安がある分、会う時間が少なくなると良好な関係を保つのも難しくなるのです。

一方、大人はお金はありますが、時間などの都合上、無理をして会う事がなくなります。

ですが、お互いの事情も理解しているので、無理をせずに愛を深めようと考える訳です。

そこで、一緒にいる時間の長さよりも、一緒にいる時の充実感を重視します。

また、大人のデートというと、やたらお金がかかりそうなイメージを持っている人もいるかもしれませんが、カップルによっては「豪華なデートは記念日だけ」とか「デートは家でゆっくり過ごす事が多い」というケースも少なくありません。

つまり、大人は子供程、時間やお金を恋人と過ごす為に使わないのです。

その分、自分を磨く事に使ったり、恋愛以外の事を充実させる為に使っています。

相手への配慮

上でも少し話しましたが、子供の恋愛では、「愛されたい」とか「○○して欲しい」と、自分本位になりがちで、相手の気持ちを先に考える余裕もないので、相手への配慮にも欠けます。

だから、相手に怒りや不満をぶつけて、ケンカに発展してしまう状況になりがち。

しかし大人になると、色々な事を経験した分、自分の気持ちだけでなく相手の気持ちを考える余裕が生まれ、感情的に接する事も少なくなるのです。

自分の気持ちを抑え相手を優先する事で、配慮も出来る様になります。

大人な恋愛をしている人は、「自分が何をされたら嬉しいか」ではなく、「相手に何をしたら喜んで貰えるか」という事を常に考えていて、それを想像する楽しさや、相手の喜びが幸せと感じる感覚を持っているのです。

大人の恋愛9個の特徴

子どもの恋愛との違いが分かったところで、続いては、“大人の恋愛9個の特徴”をご紹介します。

別の見方をすれば、次のポイントをクリアしていれば、大人の恋愛をしていると言って良いのかもしれませんね。

それでは見ていきましょう!

1.愛情の前に人として惹かれる部分がある


「お互いに恋愛感情があるから付き合う」と多くの人が思っていると思います。

しかし、大人の恋愛では相手の事を異性として好きになる前に、お付き合いを始める事も珍しくありません。

厳密に言うと、異性として意識する(=愛情が芽生える)前に、まず人として惹かれるのです。

上でも、「大人は恋愛を始める前に、お互いに自立した者・尊敬し合える者として認める」という様な話もしました。

年齢が若ければ若い程、外見を重視する傾向にあります。

「見た目が好みだから好き」「容姿は人並み以上が良い」といった感じで、中身だけでなく外見も好きになれないとダメですよね?

一目惚れもそうですが、中身もよく知らないまま、気付いたら好きになっていた経験がある人も多いでしょう。

若いとその勢いのまま恋愛に発展する事が多いですが、多少の恋愛経験がある大人は、相手を外見だけで判断することはありません。

大人は時間も限られており、そう何度もやり直しがきかないので、失敗は出来るだけ避けたいのです。

だから、大人が恋愛関係に発展するには、外見よりも中身の見極めがとても重要となります。

どんなに外見が好みでも、自分の性格と合わなければ長続きしない事をよく理解しているからです。

大人は自分と波長が合って、足りない部分を補える様な相手かどうか確認して初めて、「この人となら良い恋愛が出来るかも」と思います。

過去の恋愛で色んな異性を見て、接してきたからこそ、見た目だけで判断する事がないのかもしれませんね。

2.それぞれが自立している

大人の恋愛は、お互いが自立している事が大きなポイントとなります。

「彼氏or彼女が居なきゃ生きていけない!」といった依存がないので、相手が何をしているのか気になって頻繁に連絡を入れたり、過度な嫉妬に囚われて相手を束縛する事もありません。

自立した恋愛が出来ないと、2人の愛情にも温度差が生じやすく、片方は「相手の愛情が重い…」とストレスを感じてしまうと思います。

また依存し合う恋愛は、お互いに束縛し合う事に繋がるので、色々な制限で雁字搦めになってとても窮屈に感じるでしょう。

特に、恋人が出来ると自分の生活が恋人中心になってしまう人は要注意です。

大人の恋愛は、相手に振り回されずに自分のペースを保つ必要があるので、自身をコントロールするという意味では少し難しいかもしれませんが、「自分の事は自分で」という姿勢は手がかからない分、相手の存在を重荷に感じる事もなく、「○○して欲しい」といった要求も少ないので、お付き合いをしていて非常にラクと言えます。

だから、無理なく良好な関係を築き続ける事が出来るのでしょう。

3.感情だけにとらわれない


大人は様々な経験を積んでいます。

そこには、恋愛の失敗もそれなりにあったはずです。

だから、感情にとらわれる恋愛がどれだけ、自分にとって不利な事かも良く分かっています。

感情にとらわれてしまうと、自分をコントロール出来なくなりますし、周りや自分の事を客観視出来なくなり、恋愛を有利(スムーズ)に進められなくなってしまいがちです。

相手の何気ない言動で一喜一憂したり、恋愛の事で頭がいっぱいになって他の事が手につかなくなったり…。

そういう感情に振り回される恋愛は、心身共にかなり消耗するのです。

大人はそういう無駄のある恋愛は出来るだけ避け様とします。

だから感情だけにとらわれず、常に冷静に、色々な事を見る様に心がけているのです。

4.それぞれの状況を理解できる

「予定があるから会えない」とか「疲れているから連絡は出来ない」と聞いて、恋人とのコミュニケーションが減ってしまった事に不満を抱く人は少なくないと思います。

これは、それだけ相手の事が好きだという証拠ですし、その事を残念に思ったり不満に思うのは、当然の反応とも言えるでしょう。

しかし中には、「何とか時間を作ってでも会いに来て欲しい」とか「少し休んだら連絡が欲しい」と望んでしまう人もいると思います。

相手の状況が理解出来ないと、そんな風につい自分の願望を押し付けてしまうかもしれませんね。

一方、大人はそれぞれの状況を理解出来るので、そういう相手の負担になる様な言動は出来るだけ表に出しません。

5.それぞれが信じあっている

上で「大人の恋愛では、お互いの愛情の確認はあまりしない」と話しましたが、これはお互いに相手の事を信じ合っているから出来るのです。

「本当に好き?」と確認しないと不安になってしまうのは、自分に自信がないのもそうですが、どこかで相手を信じ切れていないからとも言えます。

自分に自信がなかったとしても、相手の事を信じていれば、相手の「好き」という言葉や態度も信じられるはずです。

例えそういった愛情表現がなくても、自分と一緒に過ごす時間を作ってくれて、かつ相手の態度が変わらない(極端に冷たい訳ではない)のであれば、少なからずこちらに好意がある証拠です。

(嫌いな相手と一緒にいれば、少なからずその気持ちが言動に出るものですよね。)

ただ、心から信頼し合える関係を築くには、それなりの時間がかかりますし、すごく難しい事でもあります。

これは、様々な人生経験積んで相手と深く繋がり合う方法を学んだ大人だからこそ出来るのでしょう。

6.お互いを高めあえる

大人の恋愛においては、お互いを刺激し高め合える存在である事がとても重要。

大人は「相手の事が好き」という感情だけでなく、その相手とする恋愛がお互いにとってプラスになるものなのかを考えています。

情だけでダラダラ付き合う様な恋愛ではなく、大人の恋愛は自分を向上させる有意義なものでないといけないのです。

7.お互いきちんと意見を言い合える

お互いの意見をきちんと言い合えるのも、大人の恋愛の特徴でしょう。

もちろん、好き勝手言って喧嘩に発展したり、相手を傷つける様な言い合いではないですよ?

「相手が間違っている」とか「自分はこうしたい」と思った時に意見のぶつかり合いを恐れずに、上手い言葉を選んで素直に伝える事が出来るのが大人なのです。

お互いに相手を尊重し、異なる視点を持っている事を理解しているからこそ、本当の気持ちをどんどんぶつけていく事が出来るのかもしれませんね。

8.自分の時間も大切にできる

大人の恋愛では、恋人と過ごす時間と同じくらい、自分の時間も有意義に過ごす事が出来ます。

例え恋人と会えなくて寂しくても、「寂しいよ〜」「会いたいよ…」などと恋人の事ばかり考えて、時間を無駄にする様な事はしません。

ちゃんと気持ちを割り切り、会えない時間は自分磨きをしたり、趣味を楽しんだり、友達と遊んだりなど、自立した生活を送っているのです。

9.いい感じの距離感を保っている

大人の恋愛とは相手に依存しない、つまり良い感じの距離感を保っている訳です。

ベタベタし過ぎず離れ過ぎず、お互いにとって丁度良い関係を築いているから、「一緒にいると心地が良い」と感じる事が出来、長続きするのでしょう。

若い内は、2人で一緒にくっついている事が幸せで、手や腕を絡めてピタッと密着したりと、ベタベタする事が愛の形だと思うもの。

しかし、お互いが相手の時間を奪う事で、仕事がなくなったり、友達がいなくなったり、お互いの存在が疎ましくになったりする事もあります…。

だから大人の恋愛では、適度な距離感が必要不可欠なのです。

また、長く付き合うには、相手に配慮してお互いの時間を大切にしていく事も重要ですね。

大人の恋愛をする4個の方法

大人の恋愛に憧れているみなさん、お待たせしました!
ここからは、“大人の恋愛をする4個の方法”をご紹介します。

次の事をちゃんと意識し、しっかり実践すれば、きっと素敵な大人の恋愛が出来るはずです!

駆け引きはしない

何となく、“大人の恋愛=駆け引き”というイメージがある人も少なくないのかもしれませんが、大人の恋愛は意外とシンプルで、そういった駆け引きはあまり存在しません。

もちろん、全く駆け引きをしない訳ではなく、押したら適度に引いたり、相手の本心を見極める為にスキンシップを仕掛けて反応を見たりなどの軽いものはありますが、頭をフル回転させる様な高度でややこしい駆け引きは基本的にはしないのです。

なぜなら、そんな小難しい駆け引きを仕掛けたところで、相手にこちらの意図が伝わるとは限りませんし、その様な駆け引きで手に入れた恋愛は長続きしないと分かっているからです。

そもそも駆け引きとは、自分を守りつつ相手の本心を無理矢理暴く行為なので、相手への思い遣りがないとも言えます。

また、いちいち駆け引きをしないと本心が分からない様な関係性は、ハッキリ言って面倒ですし、分からないから不安にもなりやすいのです。

なので、大人の恋愛がしたいなら、そういった駆け引きは控えましょう。

相手の気持ちや状況を尊重する

自分の事ばかり考えている内は、まだまだ子供の恋愛からは抜け出せません。

大人の恋愛では、相手の気持ちや状況を尊重する事が何よりも重要になります。

良い関係を築く為にも、相手の為に今の自分が出来る事を考えてみましょう。

ただ、大人は過去に積み重ねた経験により、ある程度先を予測するスキルがあると言えます。

それが余裕を生んで、自分だけでなく相手を思いやる事を可能にしているので、若い人には少し難しいかもしれませんね。

一生懸命になれば余裕がなくなって、自分にばかり目が行ってしまうのは仕方のない事です。

なので、もし相手に対して不満を抱きそうになったら、相手の気持ちや状況を相手の立場になって考える習慣をつけると良いかもしれませんね。

自分に素直になる

大人の恋愛には素直さが必要です。

上で「愛情表現をあまりしない」と話したので、「クールに振る舞うって事?」と思った人もいたかもしれませんが、そういう落ち着いた雰囲気を出すのは、2人の関係がある程度安定してきてからが良いでしょう。

付き合う前や付き合いたての頃は、逆に相手への好意も素直に出した方が上手くいきます。

もちろん、ベタベタとやり過ぎるのはダメです。

お互いの事を理解するには、素直な気持ちを言い合い、よく話す事が重要です。

我慢して無理に相手の気持ちを受け入れるのではなく、相手が言いたい事を聞き入れつつ、自分の気持ちを素直に嫌味なく伝えられるスキルが大人の恋愛には必要になります。

自立する

大人な恋愛をするには、恋人から自立しなければいけません。

「恋人がいないとダメ」ではなく「恋人がいなくても大丈夫(だけど、恋人と一緒にいるとより落ち着く)」となる事で、過度に不安になる事もなく、恋人からも長く愛して貰えるはずです。

大人の恋愛を楽しむ方法

“大人の恋愛をする4個の方法”、意識するのは簡単でも、それを行動に移すのは少し難しいかもしれませんね。

だから“大人”と言えるのかも…?

それでは、大人の恋愛に憧れる人に、もう1つ大切な事を教えちゃいます。

という訳で、次は“大人の恋愛を楽しむ方法”をご紹介!

恋愛を1番にしない

大人の恋愛を楽しむなら、優先順位で恋愛を1番に持ってこない様にしましょう。

恋愛に振り回されて、他の事が疎かになる様では大人の恋愛とは言えません。

大人にとって恋愛は、日常生活の一部でしかなく、自身の元気の源であったり、疲れを癒してくれるサポート的な存在であるべきなのです。

恋愛以外にも大切な事が沢山ありますよね?

例えば、仕事や友達付き合い、自分磨きなどもこれに含まれるでしょう。

恋愛が他の事に良い影響を与える様になるのが、大人の恋愛を楽しむコツなのかもしれませんね。

自分磨きを怠らない

大人になると、お互いに仕事やスケジュールの都合で時間が作れず、会えない時間が増えるもの。

そういう恋人と会えない時間は、自分磨きに力を入れましょう!

あなたが魅力的に成長すれば相手も惚れ直す(飽きる事がないので、ずっと愛して貰える)でしょうし、向上心の高いあなたを見て刺激も受けるはず。

上でも説明しましたが、そういうお互いが成長し合える関係性を築くのが大人の恋愛なのです。

お互いの人間関係も可能な限りかかわりを持つ

若い頃の恋愛は、「自分達が満たされていれば良い」という思いがあったかもしれませんが、大人の恋愛になると、お互いの知人や友人など交友関係が広がり、2人だけの問題ではなくなっていきますよね。

さらに、結婚を前提としたお付き合いとなれば、お互いの家族や親戚との付き合いもあるでしょう。

つまり大人の恋愛では、付き合っている当人だけでなく、周りへの配慮や関係性を大切にできるかも重要になる訳です。

なので、お互いの人間関係も可能な限り関わりを持ち、そこで良好な関係を築いていくのも、大人の恋愛を楽しむ為には必要になります。

大人の恋愛を妨げるもの

「これで、自分も大人の恋愛が出来るかも!」と意気込んでいる人もいるかもしれませんが、実は、“大人の恋愛を妨げるもの”が存在するのです…。

しかもそれは、恋愛をする上で多くの人がやってしまいがちな事らしく、注意が必要なのだとか!?
そんな気になる、“大人の恋愛を妨げるもの”をご紹介していきます。

感情のコントロールができない

「大人になれば、感情のコントロールが出来る様になるもの」と思っている人もいるかもしれませんが、大人でも時には自分ではどうしようもない出来ない程、感情的になってしまう事もあるのです。

特に恋愛では、様々な感情に振り回される場面も多いと思います。

それらに振り回されずコントロールするのが、大人の恋愛な訳ですが、感情的になってしまう様なきっかけがあると、「落ち着かなくちゃ…」と言い聞かせても、なかなか冷静ではいられなくなってしまうものですよね…。

【感情をコントロールする方法は、こちらの記事もチェック!】

過去が気になる

相手の過去、特に恋愛遍歴が気になって、ついあれこれ詮索したくなってしまう気持ちもあると思います。

しかし、これこそ大人の恋愛を妨げる気持ちです。

相手の過去を知る事でそれに嫉妬したり、自分と比べて自信を失いかけたり…正直、相手の全てを知ったところで、絶対に安心出来る保証もないですし、過去に不満を抱いたところで、それが変わる訳でもありませんよね?

それに、色々と探りを入れられている事に気付けば、相手もあなたに幻滅するでしょう…。

大人の恋愛は、過去ではなく未来を見据えるものであり、新しい未来を一緒に作っていく事を重視しているのです。

独占欲

子供の恋愛は常に不安と隣り合わせで、相手の全てを知り尽くす事で独占欲を満たし、不安にフタをします。

しかし、大人の恋愛において独占欲は邪魔にしかならないものです。

大人な関係を望むなら、相手の全てを知らなくても共にある事を受け入れましょう。

そもそも全てを知る事が、共にいるための条件ではありませんよね?

相手を支配して意のままにしようとするのは、明らかに相手を思い遣っての行動ではありませんし、そこに信頼関係が成り立っているとも言えません。

干渉し過ぎてしまえば、相手もその関係を窮屈に感じて、「別れたい…」と思うのも時間の問題でしょう。

自分の気持ちを押し付ける

自分の気持ちを押し付けるのは、「恋人なら自分の願いを叶えてくれる」「自分の思い通りに物事を進めたい」という自分勝手な思いがあるから。

心の何処かに「恋人だから、ワガママを言ったっていい」という気持ちがあるのでしょう。

しかし、大人は「大好きな恋人だからこそ、自分のワガママで困らせる様な事はしたくない」という思いやりの気持ちがあるので、相手の事も考えた恋愛が出来るのです。

まとめ

今回は、大人の恋愛について色々な事をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

若い人が大人の恋愛に憧れる気持ちもすごく良く分かりますが、もしあなたが大人と呼ぶにはまだ早い年齢なら、無理して背伸びをする事もないと思います。

大人になってから素敵な恋をする為にも、若い内にしか出来ない年相応の恋をして経験を積む事も大切なのです。

みなさんも今回ご紹介した事を参考に、素敵な大人の恋愛を楽しんで下さいね。