今の時代、高校生もバイトをする事は珍しいい事では無くなつつあります。

昔は、バイトをする事はどこか苦労人と言ったイメージもありました。

しかし、今は自分が欲しいものを手に入れる為にバイトをするような事も珍しい事ではないのでしょう。

物価が上がってしまった今、高校生以上の欲求を満たすにはバイトが必要です。

バイトをするには、職探しをしなければなりません。

バイトはどこでもいいと思っている方もいるかもしれませんが、そんな事はありません。

普通の仕事と同じようにきちんと職探しを行う必要があるのです。

適用な職探しをしてしまうと、結局名が続きせずにすぐ止める事になってしまう事もあるでしょう。

だからこそ、きちんと職探しをする事は大切な事です。

ですが、いきなり職探しをしようと思ったとしても今までアルバイトの経験が無い人からすると、何を基準に選んだらいいのかわからなくなってしまう事もあるかもしれません。

そこで今回は、そんな人たちに向けたバイト探しで気を付けたいポイントについてご紹介させていただきます。

バイトを始めようと思っているあなたへ

アルバイトを始めようと思うきっかけは人によってさまざまです。

何か欲しいものがあって働く人も居るでしょう。

生活の為に働かなければいけない事だってあります。

ただ単に友達が始めたから自分もやりたいと思うなんて事もあるかもしれません。

アルバイトを始めるこのに、理由は何であれ問題はありません。

けれど、その理由によってはアルバイトを選ぶ基準が変わってくるのです。

勤務時間や時給・仕事内容によってその基準はまちまちになります。

だからこそ、人によって気を付けなければならないポイントが変わってきます。

他の人が良いと進めてくれたバイトが、必ずしも良いとは言えないのです。

だからこそ、自分に合ったバイトを探す為にもきちんと内容を確認し公開のないバイト探しを行ってください。

バイト探しをするときに気を付けたい8個のポイント

バイトを始めようとする際、多くの人が自分の中で譲る事が出来ないポイントと言うものを持っているのでしょう。

だからこそ、その条件にあうバイトを一生懸命探す事となります。

けれど、何か1点大きいものがある場合、ついつい他の条件を気にする事を忘れてしまいます。

大事な一点だけをクリアする事が出来たとしても、その他の部分が全く希望にあっていなければ、結局その仕事を続けることなどできないでしょう。

だからこそ、ある程度基本的な部分は抑えておくべきです。

何度かバイトをした事がある人は、その条件を考える事もたやすい事でしょう。

けれど、そうでもない場合、なかなかうまくその条件を決める事が出来ない場合もあります。

だからこそ自分の条件を冷静に判断する為にもそのポイントをこれからご紹介させていただきます。

既にアルバイトを決めているという人は、今からご紹介するバイトの条件がどなっているかをしっかりと確認してみてください。

もしかしたら、大事な何かを見逃しているかもしれません。

そのせいで、結果的にすぐ辞めたいと思うような事だってあるかもしれないのです。

だからこそ、まずは自分の基準が間違っていないかを確認してみましょう。

1、家との距離


アルバイトは、一度や二度行って終わりというものではありません。

継続的に通い続ける必要があります。

だからこそ、そうする為には家から近い必要があります。

もちろん、家から1時間も2時間もかかる場所だったとしても、本人が強い意志を持って通うと決めるのであればそれはそれでいいのでしょう。

ですが、大抵の場合途中で通う事が嫌になってしまうでしょう。

一度行くのが面倒だと思ってしまうと、どんどんといく事が苦痛となっていきます。

結果的に止める事になる事が殆どです。

だからこそそうならないようにする為にも、出来るだけ家からの距離を従事しましょう。

ですが、一つ忘れてはいけない事があります。

それは距離が近ければいいという問題でもないという事です。

人によっては、知り合いに働いているところも見られたくないという場合もあるでしょう。

そうなっってしまうと家が距離が近いと、どうしても知り合いに会ってしまう可能性が高くなります。

通う事が楽な事を選ぶか、人と関わらない距離を選ぶかは自分次第です。

だからこそどちらを優先するかは自分自身が決断する事となるでしょう。

自分はどちらのタイプなのかを考えて決めてみてはいかがでしょうか。

2、給料

バイトをする事によって人生経験を積む事が出来ます。

学校では知る事が出来ないような経験をする事によって、人生をより豊かなものにする事が出来るはずです。

けれど、かと言って何も見返りが無い状態でお仕事をする事はあり得ません。

対価をもらう事が出来るからこそ、仕事をするのです。

アルバイトの場合、給料を考える時には時給を意識する事が大切です。

時給が10円違うだけでも、一日6時間働けば60円変わってきます。

週3日で180円。

それが一か月続くだけで、720円も変わってきます。

たった10円でこれだけ違うのですから、100円の差があれば一万円近くの差が出てしまうという事なのでしょう。

だからこそ、時給を意識する事はとても大切な事です。

時給が高いという事は、それだけ仕事内容がきついという事にもなります。

だからこそ、その内容をきちんと把握しておく事は必要です。

けれど、時給が低ければ楽な仕事なのかと聞かれればそんな事もありません。

時給に見合わないほど、大変な思いをする事だって考えられるでしょう。

だからこそ、まずはしっかりと自分のやるべき仕事内容と、時給があっているかを考えてみてください。

とわ言え、仕事内容は入ってからでないとわからない部分が多々あります。

思っていたものと違う場合もあり、全てを働く前に把握する事は不可能です。

大切な事は時給に満足する事が出来るかどうかという部分になってきます。

地位によって、最低賃金は違います。

自分の住んでいる平均と比べ自分が選んでいる仕事が恵まれているのかどうかという部分を確認する事も大切な基準となる事でしょう。

意外と高いと思っていた時給が平均的に見れば、高くないという事も十分に考えられるでしょう。

3、仕事内容は自分のやりたいことか

アルバイトは仕事です。

遊びではありません。

お金を対価としてもらうのであれば、それなりと行動をとる必要があるでしょう。

けれど、働いた事が無い人の場合にはその感覚があいまいです。

見ている事と実際に働いてみる事は違う場合が殆どです。

楽そうに見える仕事も、意外と大変なんて事もあり得るのです。

だからこそ、しっかりと冷静に見極める事が大切です。

仕事内容に関しては、アルバイトの募集要項を見る事によて、ある程度の確認をする事はできます。

更に目に見える仕事をしている場合には、その仕事ぶりを見て判断する事だって出来るはずです。

そうした情報を収集する事によって実際に書いては居ない仕事の内容まできちんと把握する事が出来るようになる場合もあります。

どんなに役立つ仕事でも、自分の好きな仕事では無ければやりがいを感じる事はできないでしょう。

働く事が嫌になってしまうはずです。

仕事を好きか嫌いかで判断する事は、無責任と感じるひともいるかもしれません。

けれど、それが出来るのがアルバイトの特権です。

就職してしまうと、例えその仕事が難しく自分に合わないとしてもそう簡単に辞める事はできません。

けれど、アルバイトであれば何度でも気軽に転職する事が出来ます。

そうした日々を送る事によって本当に自分が好きなものなのかを確認する事が出来るのではないかと期待もどこかで出来るでしょう。

実際に働いてみなければわからない部分も多々あります。

だからこそ、まずは一度やってみてはいかがでしょうか。

4、シフトの融通がきくか

社会人になると、基本的に休みは固定です。

職種によっては、土日を休む事が出来ない場所もあります。

そのてん、アルバイトは自分の都合で休みを居れる事が出来ます。

シフトに融通がきけば自分の思い通りの予定で予定を組む事が出来るようになります。

そうすれば、日々ストレス無く過ごすことが出来るようになるでしょう。

アルバイトによって、固定の曜日に仕事になるものもあれば希望の休み以外は会社にお任せになることもあります。

希望休が月に何度と回数が決められているところもあり、必ずしも自分の思い通りに事が運ばないという事もあります。

一番の理想は、自分の希望が全て通る場所です。

けれど、それはなかなか無い所だという事も、多くの方が理解する部分でしょう。

どの程度のシフトであれば、自分が気持ちよく働く事が出来るのかという事を考え、それを実現できる場所を探してみて下さい。

5、支払方法


アルバイトは、お給料を、貰うために働きます。

そのお給料の支払い方法にはいくつかのパターンがあります。

一番多いのは、銀行への振込です。

締め日や給料日が決まっており、それに合わせたタイミングで支払いが行われるのです。

そうすれば、何処に居てもお給料を頂く事が出来るのでとても便利です。

また、最近ではインターネットを使って仕事をする場合もあります。

その場合、仲介業者を使ってお仕事をする場合もあります。

そうなると、そちらにお給料の、一部を取られてしまう場合もあります。

安心出来る環境を提供してくれる反面、手取りが減ってしまいます。

そちらも最初から理解しておかないと、不満を感じる原因となります。

最後に一番古くからある方法に、現金払いと言うものがあります。

その名の通り、現金を直接渡してもらう方法です。

その方法を取れば面倒な手数量などを取られてしまう事はありません。

けれど、その反面わざわざ取りに行かなければならない面倒さもあります。

6、スキルアップできるか

人によっては、アルバイトを人生経験の一つとして考えている場合もあります。

その場合、色々な仕事を転々とする事によって多くの経験値を持つ事ができるかと言うポイントが大事になってきます。

スキルを積む為には、自分がどんな仕事をしたいかと言う部分を意識しながらアルバイトを探す事が大切です。

最終的になりたい仕事がある場合、それに関連する仕事に付かなければ意味が意味が無くスキルアップにはならないからです。

目先の事を見て仕事を決める事も重要ですが、少し先のことを考えてアルバイトを探して見る事も重要です。

7、まかないが出るか

職種によっては、まかないが出る場合もあります。

まかないとは食事の事です。

飲食店の場合、従業員の方に向けた食事が出ます。

普段お客様に向けて提供しているものでは無く、まかないならではの食事を楽しむ事が出来ます。

実家などに住んでいる人の場合は、まかないはあまり必要では無いかもしれません。

けれど、一人暮らしの人の場合は、食費も考えて生活しなければなりません。

食費を削る事が出来れば、自然と残るお金を確保する事も出来ます。

だからこそ、まかないが付いていることはメリットと言えるでしょう。

8、働いている人たちはどんな感じか

職場の雰囲気が合わなければ、仕事を続けていく事が苦痛になってしまう事でしょう。

そうならないようにする為には、事前にその様子を確認してみてはいかがでしょうか。

勿論本当の事は分からないでしょう。

けれど、何となくの雰囲気はわかるはずです。

もし、お客さんと行った段階で嫌な雰囲気を感じた場合にはそこはおススメ出来ません。

お客さんに向けては、只でさえ良い顔をするものです。

にも関わらず、そんな状況にしてしまうと言う事は余程の事です。

中に入ったらもっとひどい事になってしまうかもしれません。

中に入らなくとも何となくの雰囲気でわかる事が沢山あります。

心配な方は、どんな雰囲気なのかを先に見てみて下さい。

一度バイト先を訪れておく

面接前にアルバイト先に行く事は何となくの行きにくいように感じる事もあるでしょう。

けれど、お客さんして行くことが出来る場所なのであればそれは決して不自然ではありません。

むしろ、常連さんがアルバイトの、応募をする事は意外とよくある事です。

だからこそ、そこを気にする必要はありません。

アルバイト先を訪れる事によって、自分がアルバイトをするイメージする事が出来るでしょう。

それによって、その職場が合うかどうかを考える材料になるはずです。

働くのと利用するのとは違います。

良い場所だとおもっても、仕事をするとなると違うなとなる事もあるでしょう。

その部分をしっかりと、考えてみましょう。