30歳で転職をしようと決めた時に気になる事と言えば転職を失敗したらどうしよう?

成功させる秘訣ってあるのかな?

なんて考えませんか?

転職は日本ではあまり良いイメージは無いのですが海外では転職に悪いイメージは全くなくむしろ良いイメージがあります。

この違いについても一緒にご紹介していきますね。

転職経験のある人

日本ではいったいどのぐらいの人が転職を経験しているのか知っていますか?

日本では社会人の52%以上の人に転職経験があるのです。

2人に1人が転職の経験があるというのはあなたにとっては多いでしょうか?

それとも少ないと思いますか?

もう少し詳しく年代別になると、30歳までの転職経験者は約35%で30歳以上となると約60%の人に転職経験があるのです。

業種別では外食や小売り業にメディカル関係が最も転職率が多い業種となります。

転職理由としては待遇改善などが最も多い理由の一つになります。

転職は成功して次の仕事で上手くいけば良いのでしょうがそう上手くいかない場合もあります。

まずは失敗例とその対処方法をご紹介していきますね。

30歳で転職した人の失敗例6選

30歳で転職経験のある人の失敗例をいくつかご紹介させて頂きます。

当てはまってしまう人は注意が必要かもしれません。

なぜそう考えてしまうのかと一緒に対処方法もご紹介しますね。

1.条件が細かすぎる


転職に失敗する原因として最も多い理由がこの条件が細かすぎるという事です。

今まで働いていた実績や今の条件よりも良い条件というのは当たり前のことなのですが、実際に会ったことも無い人の評価を最初から高く評価することはよほどの実績がない限り難しいですね。

前職で誰もが認めざるを得ない実績などを持っている人は、転職時には絶対的な前評価を得ることが出来ます。

条件もあなたの言った条件をすべて受け入れてくれるのかもしれません。

しかしこのような好条件で転職をすることは良い転職とも言えない場合もあります。

好条件を受け入れてくれるのは良いと思われるのですが、過剰な期待になってしまい相手が求める期待を常に上回らなければ期待外れとなり急激な評価の低下人ってしまうのです。

この事もふまえて一度条件を見つめなおしましょう。

こだわり過ぎて応募できる求人がない

男性の多い事なのですが、どうせ転職をするのなら今の仕事よりも良い条件でないと格好がつかないとプライドがある人が多いです。

そのプライド…必要のないプライドですよ。

もっとこだわるところはあるはずです。

まずはもう一度なぜ転職をするのかを考え直して下さい。

転職する理由は何だったのでしょうか?

その理由を改善することが転職にとって最善の条件では無いですか?

世間体や見栄を張らずに自分にとって一番良い転職をして下さい。

条件面での折り合いがつかない

あなたが転職すると決めた時の条件って何ですか?

今求めている条件と同じでしょうか?

世間体や見栄、プライドなどで最初の条件から変わっていませんか?

例え変わっていないと思っていても良く考えてみて下さい。

条件が良くないと思っている今の条件は本当に良くない条件なのでしょうか?

最初は条件が低くて割が合わなくても転職後に自分の実力をアピールして評価を上げる事で、今以上の条件を引き出すことはできる力を持っているはずです。

今求めている条件よりも好条件となる可能性を秘めていますよね。

転職を決める事の出来るあなたなら表面上の条件よりも大切な事に気が付くはずです。

本当にあなたの求める条件についてもう一度考えてください。

今まで条件が折り合いつかないなと思っていたことも好条件に思えるかもしれません。

2.家族の反対がある

家族からの反対がある場合には転職は上手くいきませんね。

転職をする場合でも転職を踏みとどまる場合でもいずれにしても家族からの反対があるままでは家庭がうまくいかなくなります。

何のために仕事をしているのか分からなくなってしまう場合もあります。

家族の反対があっては成功するものも成功しなくなってしまいます。

何のための転職なのか何のために仕事をしているのかもう一度考えましょう。

まずは家族からの賛成をえることを最優先にしてなぜ転職をしようと思っているのかを家族で話し合いましょう。

それだけで解決できる事も多いです。

勤務地域への制限

転職に際して家族の反対が最も多い理由の一つが勤務地問題です。

勤務地が現在の地域から離れた場所の場合生活習慣などガラリと変わってしまいます。

子供がいる場合には特に大きな問題となります。

安易に考えられる問題ではありませんね。

家族間でよく話し合って決めなければいけない問題です。

いくらお仕事が好条件でやりたいと思っているお仕事でも家族の反対を押し切ってまでする転職かどうかもう一度考えましょう。

家族で一緒に新しい勤務地へ行くのか単身赴任をするのか別の転職先を決めるのかどうするのか最終的に決めるのはあなたです。

誰かに制限されて選択した転職では何か辛い事や嫌な事があった際にそのせいにしてしまいます。

自分で決断して決めた事ならば頑張れるはずです。

しっかり話し合ってまわりの状況で仕方なく決める転職では無くて自分で決断して決める転職が成功のカギとなります。

3.職場環境へなかなか順応できない

転職を失敗と思ってしまうのは何も転職を決める時だけではありません。

転職後の職場環境で失敗したなと思ってしまう事があります。

大きな原因としては新しい職場に転職したにもかかわらず前職のことが忘れられず何もかも前職と比べてしまう事です。

前職と違う職場へ転職をしてのならば、前職の事は考えずに新しい転職先の環境を素直に受け入れて前職と比べるのでは無くて、前職の経験を活かして転職先で有効に活用することです。

前職の経験を比べることで損をしてしまうのか、前職の経験を活かして転職先で有効活用するのかであなたの転職先での評価も大きく違ってきます。

せっかくの経験も有効活用しなければ無意味どころかデメリットになってしまうのです。

考え方などは少しの違いなのですが周りからの評価は大きな違いがあります。

間違えないようにして下さい。

転職先のやり方に納得できない

転職先のやり方納得できないのはなぜでしょうか?

前職を引きずっていませんか?

前職の経験を活かしてこうした方が良いのでは?

と提案して効率アップさせることもできる状況ではありませんか?

転職先のやり方は間違っていると否定的な感じでお仕事をしていてはまわりからの評価は悪くなります。

納得できないのならば納得できない理由を明確にするべきですね。

ただ前職のやり方と違うから納得できないという理由は正直理由にはなりません。

同じ職種だとしても同じ作業だとしてもやり方には千差万別です。

人によっても一見すると同じやり方に見えても細かく指摘してしまうとやり方は違いますね。

やり方は違っていて当たり前なのです。

そこまであなたの心や考え方は小さくはないはずですよね。

転職先でのあなたの評価を上げるチャンスなのは分かっているのでしょうか?

やり方が納得できないのならもっと効率の良いやり方があるはずですよね。

理不尽な要求をしていなければ新しいやり方によって結果が伴えば当然あなたの評価は上がります。

昇給や昇進など実質的な評価から様々な評価されることは明確ですね。

納得できないことがあった時にはイライラして文句を言うだけでは損をするだけです。

それではもったいないです。

自分の評価を上げるチャンスだと考えると納得できないやり方を見つけることが楽しくなるかもですね。

何事も表裏一体です考え方次第で損する事も得する事もあります。

力が発揮できない

力が発揮できないから転職は失敗だったという人もいます。

しかしこの場合の多くは明確にどう力が発揮できないのか分からない人が多いです。

何となく周りから評価されないから、本当の自分はもっとできるのにと思っているのです。

もしかしてそれって過剰評価をしているのかもしれませんね。

なんて言うのは冗談として、なぜ力は発揮できないのか明確にすることで転職失敗と思わなくなります。

力が発揮できないのはなぜですか?

自分がやりたい仕事では無くてやらされている仕事になっていませんか?

自分がやりたくてしている仕事の場合は力が発揮できないとは思いません。

やらされていると思わなくなれば仕事も楽しくなり力も発揮できる状況になります。

仕事に対してやりたいなと思う何かはどんな仕事でも必ずあります。

興味のある事や好きな事など何でも良いのです。

良いと思うことを見つけてのことを中心に考えて仕事に取り組んでみて下さい。

たったそれだけでこの問題は解決することができます。

4.人間関係がうまくいかない


人間関係が上手くいかないと転職に失敗したかなと思ってしまいます。

しかし人間関係は自分の考え方や受け止め方によって感じ方が大きく違っています。

周りからしたら仲の良い二人と思われていても自分が嫌いと思っていたらその人間関係は上手く言ってはいませんよね。

自分の気持ち次第で人間関係はどちらにもなります。

相手のことを嫌いな気持ちがあなたにあれば相手もあなたのその気持ちを感じ取ってあなたの事を嫌います。

逆にあなたが相手のことを好きになり、好意的に接する事が出来れば相手も好意的な対応で良好な人間関係を築くことができます。

相手や環境など様々な外的要因を理由に人間関係が上手くいかないと思っていることも実は全て自分次第なのです。

自分の考え方や相手への態度によって人間関係はこうちくされていきます。

高圧的な対応をしたら相手も高圧的な対応で受け答えます。

嫌味な対応なら嫌味な対応、好意的で優しい対応なら相手も好意的で優しく接してくれます。

相手の態度や対応はそのままあなたが相手にしている対応になります。

相手の対応が嫌だなと感じるときには、あなたも相手に自分では気が付かない内に同じ対応をしているのです。

人間関係が上手くいかないと思っている人は、相手のことに対して文句や嫌な所を考えるのでは無くて、自分自身の対応は大丈夫だったのかな?と一度冷静になって考えてみて下さい。

冷静になって正しい対応をすることで相手も同じ対応をしてくれますよ。

コレで良好な人間関係は簡単に築くことができます。

相手や職場などの環境を理由にする人は多いのですが、ほとんどの場合は自分の対応が原因となっているのです。

派閥があり苦労する

派閥がありどの派閥と仲良くしたら良いのか分からないので、どの人ともギクシャクしてしまい人間関係が上手くいかないという人もいます。

自分が好きな、好意的な派閥、考え方が同じ派閥と仲良くするのも良いのですが…

一番良い方法はどの派閥にも所属はしない方法が良いですね。

といっても各派閥に入らない事で否定的になって反発するという事ではありません。

逆でどの派閥にも良いところは必ずあります。

その良い所だけを見習って吸収して下さい。

その事に対して派閥に入るのでは無くてその考えや対応は良いですね。

とどの派閥の人とも仲良くしたら良いのです。

もっと言えば派閥では無くて個人と仲良くしたら良いのです。

個人の上のコミュニティーが同僚その上が部署や派閥などですよね。

でももっと大きなコミュニティーで考えると同じ会社で働いている同じ会社の社員ではありませんか?

派閥という中途半端なコミュニティーで考えるのでは無くて、同じ会社で働いている仲間と考えると仲間意識がうまれて派閥を通り越して同じ会社の仲間として良好な人間関係を築くことができます。

場合によっては各派閥の架け橋をあなたが担うことになるかもしれません。

各派閥をどう動かすのか自由自在で全てあなた次第に出来るかもしれませんね。

人間関係は自分の考え方次第なのです。

どのコミュニティーで線引きをするのかで考え方も違ってきます。

大きく考えるのか小さく考えるのかでも関係性はかえることができます。

もっとシンプルに考えましょう。

年齢や上下関係からぎくしゃく

日本では年功序列の考えが長く続いています。

確かに年齢が上の人を尊敬して労わるという考えは良い考えではありますが、会社ではこの考えも時には無視する必要もあります。

仕事で最優先することは仕事をする為の能力となります。

年齢の高い人は年齢の低い人よりも長く生きている為その分何年も経験する事が多かったという事ですね。

その経験を上手に生かすことが出来ている人は尊敬して敬い信頼しても良いのですが、ただ、生きているだけで経験値が低く能力の低い人では年齢の低い人の方が経験値が多く濃密な人も当然います。

この場合には年齢の低い人の方が仕事の能力が高くなりますので、年齢が高い人を敬う必要は無くなるのかもしれません。

しかしここで勘違いをしてはいけないことがあるのです。

日本ではこの考えが多い傾向にありますので注意して下さい。

尊敬出来ない人=蔑んでよい人ではありません。

能力が低い人を罵倒する必要はありません。

というより罵倒してはいけません。

今の仕事ではあなたの能力が高いかもしれませんが、違うプロジェクトでは明らかにあなたよりの能力が高いことも大いにあるのです。

その時には罵倒したことがそのままあなたに返ってきます。

罵倒するのは能力の低いもっと言ってしまえば人の気持ちの分からない人になってしまいます。

いくらその仕事に対してとても高い能力を持っていたとしても次は無いですね。

あったとしても一度トラブルやミスがあった時には一気に評価は下落してしまいます。

本当の能力の高い人は自分のしている事を誰にでも分かりやすく説明して一緒に高みに向かっていける人になります。

この時にも勘違いをしてしまう人がいるのですが、自分が知っている専門用語や高いスキルを見せつけてそんなことも分からないんですか?と言ってしまう事です。

本人からしたら教えているつもりでも相手はバカにされていると感じてしまいます。

教えてもらっているなんて微塵も感じません。

嫌味な人だなと嫌われているだけです。

たとえば幼稚園の子供に大学の教授の理論的な話を専門用語を使って話しても何も伝わりませんよね。

幼稚園の人にも分かる単語やたとえ話をして分かりやすく興味を示す方法で話さなければ伝わりませんよね。

たとえば「アノマリー」って経済用語がありますよね。

コレを説明してと言われた時に全く知らない人に分かりやすく説明できるのかという事なのです。

分かりやすく説明できる人は物事の本質を理解している為、例えなども的確でその人に合わせた言葉で分かりやすく納得できる説明をすることができます。

何となくで知ってる人はこう答えるのですアノマリーはアノマリーだよってね。

こう言う人は本当は良く分かっていないんですよね。

しかも厄介なことに他の人が分かりやすく説明すると、そうだよそんなこと分かっていたよと言ってしまうのです。

能力の低いことを露呈してしまっているのです。

この様なことにならないように気を付けて下さいね。

上下関係が上手くいかない人はなぜうまくいかないのか考えてください。

自分の上の立場に人とうまくいかない場合と下の部下と上手くいかない場合とでは対応が少し違ってきます。

今回は転職という事で上司との関係性を良好にする方法と考え方を少しご紹介します。

上司とうまくいかないのは相手のことを尊敬できないから上手くいかないのです。

偉そうなことを言って口だけで行動が伴っていないよねと思っている場合や高圧的な対応に対して嫌気がさひてしまう場合が多いです。

しかし、偉そうなのは当たり前では無いですか?

あなたよりも立場が上で偉いのは事実ですね。

そこで関係性が悪くなるという事はあなたに問題があるってことになってしまいますよ。

そんなことないって言う人は明確な理由をもう一度考えてみて下さい。

特に理由が見つからない人は良い所がないから認められず関係性を緑光に出来ないのです。

だれでも良いところは必ずあります。

誰かに認められなければ役職について上司になる事はありません。

現時点では会社にとってはあなたよりも能力が高く会社に貢献しているのは確かな事実です。

私の方が優れているのにと思っている人はその実力をしめして下さい。

会社や周りの人に認められれば当然会社や周りの評価も上がりあなたのことを認めてくれます。

高圧的な態度も尊敬の対応に変わります。

高圧的な対応や偉そうな対応を望まないのであれば自分がそういう対応をされない存在になれば良いだけなのです。

まわりのかんきょうや対応がダメだから自分の実力が発揮できないなんて人もいますが、そういう人はそこまでの実力しかまだないという事です。

本当に実力がある人はあなたの言うようにその行動も伴っているのです。

上司が口だけで行動が伴っていないと思っているように、まわりの人もあなたの事を同じように口だけで何にもできないよねと思われているのです。

実力があるのなら実力をしめして自分の確固たる地位を築き上げましょう。

他の誰でもないあなたにしかできないことです。

まわりの環境や人のせいにしていた事のそのほとんどは自分次第だったのです。

5.年収減を受け入れられない

転職をすると転職をしたての場合、多くは年収が減少します。

ヘッドハンティングで好条件での転職は初期年収はアップする場合もありますが、相手の期待に応えられないと期待外れになってしまい基準以下に下がる可能性もある諸刃の剣になります。

最初の条件は転職先の水準が一番良いのです。

そこからあなたの実力を示すことで前の会社絵は発揮できなかった実力を開花させることが出来れば、会社からの評価も上がり前職の年収はすぐにでも超えることができます。

超える自信がるから転職を考えたのですよね。

でしたら目先の初期年収なんて問題ない事が分かると思います。

自分を評価してもらってはじめて本当の年収が分かります。

転職したばかりではあなたの実力や人間性など何も分かっていません。

何も分からない状態では年収アップは当然あり得ません。

あったとしても逆に働けば働くほど年収が減少していくことにもなりかねません。

転職時が年収のMAXは嫌ではありませんか?

転職したその時がスタートラインでMAXはあなたの実力次第で無限に可能性がある方が仕事にもやる気が出て能力もどんどん高くなります。

目先の年収では無くて生涯年収で考えるとどちらがお得で自分にとって良いのかは明確ですね。

年収に固執しすぎている

年収に固執しているのはなぜですか?

年収は当然高い方が良いのですが転職の場合はあなたの実績は表面上でしか判断することができません。

前職の年収と同等かそれ以上欲しいと転職先に訴えたとしても転職先の人からしたら様々な疑問点がうまれてしまいます。

たとえば前職の年収と同等と言っている人は前職の年収が欲しいのならなぜ前の仕事をやめたのですか?

何か前職で問題があったのかな?などと懸念材料としてとらえてしまいます。

前職よりも高額報酬を希望している場合も同様ですね。

なぜ前職でもっと頑張って続けなかったのかな?

能力の限界値はこの年収だったのかな?などと評価をする前にあなたの限界値を決められてしまうのです。

勝手にあなたの限界を決められてはそれ以上の能力は無いと判断されてしまい、それ以上の実力がたとえあったとしても最初の限界値でてっぺんと決められてしまっているのです。

自分で最高値を決めてしまう事は転職後には最大値より低くなるしかありません。

そうなってしまっては損と思いませんか?

年収に固執するがあまり自分の実力や自分自身の能力をアピールする機会を失っている事に気が付いて下さい。

年収は自分の実力次第で高くも低くもなるのです。

能力に対しての報酬が年収です。

先に年収を決めるという事は自分の能力も決めてしまう事になります。

順番を間違えないで下さい。

能力を示してその対価として年収があります。

年収があっての能力ではありません。

年収が先ですと年収以上の実力はあって当たり前となりますので、年収アップは望めません。

当然のことになります。

しかし年収に合った実力以下ですと過剰評価をしたなと判断され大幅な年収減少になってしまいます。

自分で自分の上限を決めて上を目指すこともできず、少しもミスも許されない状況を作って首を絞めている事に気が付いて下さい。

まずは自分の実力を示す機会を沢山見つけて実力を認めてもらうことが先なのです。

実力に合わせて上限無く無限の可能性が広がります。

年収は先に決めるのでは無くて後からついてくることです。

年収がクリアしてもその他でうまくいかない

年収が自分の考えている条件に合っていても他の条件で折り合いがつかない場合は、年収に見合った条件をクリアできない場合も転職失敗と思ってしまいます。

年収だけを見ると好条件で自分の実力にあっていると思っても、実際に仕事をはじめると実力以上の事を求められてしまうことも多くあります。

前の会社とでは同じ年収でも求められる条件は当然違います。

違う会社ですので当然ですね。

この事で仕事が大変でつまらなくなってしまい転職失敗したなと思ってしまうのです。

自分の実力が伴っていないから失敗と思ってしまうのですね。

年収を先に決めてしまう事は実力の最低ラインと限界を決めてしまう事になるのです。

年収を先に決めてしまうから失敗するのです。

まずは自分の実力を発揮できるように考えて自分の評価を上げましょう。

年収は自ずと能力に比例してアップしていきます。

6.前職のやり方を持ち込む

転職先で前職のやり方を持ち込んでしまうのは失敗の原因になる事が多いです。

同じ業種で同じ事だとしても同じやり方とは限りません。

そこにはそこのやり方が存在します。

まずは受け入れることが大切です。

なぜなのか組和しくご説明しますね。

転職先のやり方が

転職先のやり方は効率が悪く前職のやり方をしたら怒られたという人も多いです。

こういう人は前職のやり方の方が効率よいのに何で怒られなければいけないの?と思っています。

これではダメですね。

怒られるのには理由が必ずあります。

その理由は聞きましたか?多くの場合はすぐに反論をしてしまい、喧嘩になってしまっています。

これでは収まる物も収まりません。

というよりまた同じミスを犯してしまいます。

他のところでも同様のミスをしてしまい転職失敗したなと思ってしまいます。

自分汚やり方が効率よくて正しいと思っているので、転職先がダメだと思っているのですが、実は転職先の人からしたら…

全く使えない人が転職してきたと思われているのです。

逆ですね。

なぜこのような事が起きてしまうのでしょうか?

コレは最初に怒られた際になぜ怒られたのかその理由を知ろうとしないで即座に反論をしてしまった事に原因があるのです。

例えばタオルのたたみ方が違う場合がありますよね。

絶対にこの方が使いやすいししまいやすくて効率的と思ってあなたのやり方でしたとします。

しかし怒られてしまいます。

この時に失敗する人はすぐに反論をしてしまいます。

これはできない人の特徴になります。

自分を擁護する(守る)ために自分は正しいと決めつけて即座に反論するのです。

これでは相手はもういいってなるか反発しあって喧嘩になってしまいます。

仕事の出来る人は起こられた際に納得できない場合はその理由を必ず聞きます。

そこで納得できて同じミスは繰り返さないのです。

先のタオルのたたみ方の場合では特殊なたたみ方で効率やしまいやすさなどを考えると適切ではないと思ってしまうのですが…

しまう時やたたむ際の効率を考えるのでは無くてそのタオルを使用する時のことを一番に考えている為に特殊なたたみ方をしているのです。

しまう方やたたむ効率を考えると実際にタオルを使用する際に手間が多くかかってしまい効率的に仕事をすることが出来なくなってしまうのです。

しまう時やたたむ時の効率を考えているのでは無くて使用する際の効率を最優先で考えているのです。

この事が分かればたたむ際の効率が悪い事よりも優先するべきことがあると分かりますね。

自分の考えに固執して自分が正しいと思い込んでいると物事の本質を見極めることが出来なくなってしまいます。

あなたの常識は非常識なのです。

この事に気付けるかどうかであなたの評価など人生も変わってしまうと言っても過言ではないのかもしれませんね。

日本での常識も海外では非常識な事も多いですよね。

会社間でも同じ事です。

30歳で転職した人の成功例6選

転職で成功した人も失敗と思う人もどちらも多くいます。

失敗も失敗で終われば失敗となりますが成功するまで続けさえしたら失敗では無くて成功名での試行錯誤になります。

成功も失敗も人によって受け止め方が違ってきます。

自分次第で失敗も成功に、成功も失敗になってしまいます。

次は成功したと思った人が実際におこなった事をいくつかご紹介していきます。

1.徹底した自己分析

転職に成功した人は自分自身のことを知っている人がほとんどです。

自分の実力を知っているからこそどこで活躍できるのかスキル青王のためにはどうしたら良いのか等分かるのです。

今自分がするべきことが分かる人は強いです。

自分の芯がしっかりしているので自己アピールも明確に具体性を持ってアピールすることができます。

自分のスキルや経験で活躍できることの分析

自分を徹底的に分析をしている為何処で活躍できるのか明確に分かっているのです。

例えば全然違う職種や分野としても自分のスキルが役に立つという事が分かっていれば今までの経験を活かして活躍ができる場所を多く見つけることができます。

その中から本当に自分に合った転職先を見つけることができます。

成功するのは当然ですね。

自分にはどんな価値があるのか

自己分析が正しく出来る人は自分自身を相手にアピールすることが具体的に出来ます。

自分が働いたらどんな価値があるのか明確に相手に示すことが出来る為転職に成功する確率は高くなります。

自分の価値を知ることで活躍の場所を明確に知ることもできます。

まずは自分自身のことを知ることが必要ですね。

2.明確な転職理由

転職をする場合には明確な理由がある事は非常に強いです。

何となく嫌だったなどあいまいな理由での転職では転職先でもまた同じ事が起きてしまいます。

必ず転職をする場合には転職をする明確な理由が必要です。

曖昧で動かない

何となくや曖昧な理由で転職などしないことです。

理由が明確でないと同じ事の繰り返しになってしまいます。

特に理由はないけどイヤだからという人もいます。

その場合にはその嫌になった理由を明確にしましょう。

そうすることで明確な理由になります。

但し、嫌な理由だけで転職はやめて下さい。

先にお伝えしたようにメリットを考えることが重要です。

このまま働くメリットと転職した場合のメリットと比べてどちらがメリットが高いに下で判断して下さい。

メリットの多い方で働いて下さい。

転職しないことも選択肢のひとつ

明確な理由を考える時に出たメリットを比べる方法で今の働いている状況の方がメリとが大きい場合は転職をしない方が良いです。

メリットの多い方で決めて下さい。

どうしても転職をしたい場合は今のメリット以上のメリットをmつけてから転職をして下さい。

何でも良いです明確なメリットを考えてください。

3.転職先を見つけてから辞める

転職をする場合会社をクビになってしまって仕方なく転職する場合もありますが、解雇など急な理由でない場合は転職先を先に見つけてから今の仕事を辞める方法はおすすめです。

今の会社に悪いと気が引ける人もいるかもしれませんが、やめようと思って身が入らないまま続けても会社にとっては良い影響はありません。

いずれやめると考えるのなら先に転職先を見つけても良いです。

ただし今日行って今日辞めるというのはダメです。

会社の規定に沿った辞職時期で退職するようにはして下さいね。

転職先にも同様に配慮は必要になります。

気持ちの余裕をもって

転職先を先に決める事で気持ちの余裕が生まれます。

この事で転職先にも気持ちの余裕を持ってはじめることができます。

気持ちの余裕があるという事はそれだけでも有利になります。

経済的な不安をなくす

転職の際に働かない期間が多ければ多いほど経済的余裕がなくなってきます。

無職の時期を減らすことで経済的不安も少なくなりますので、先に転職先を見つけることは良いことです。

4.優先順位を決める

転職の際に自分が求めるものに優先順位を付けると転職に成功しやすいで。

転職理由を考えるとその答えは出てきます。

もう一度転職を考えた時のことを思い出して優先順位を明確にして下さい。

最も大事にしたい条件はなんなのか

最も大事な条件は何なのか考えてください。

ただ、人間は考えれば考えるほど偏った考えと嫌な考えが湧いて出てきてしまいます。

そういった場合には転職を決めた時のことを考えてください。

転職を決めた時に考えた最初の理由が最大の理由(条件)になります。

適切な落としどころを見つけておく

譲れるところと譲れない事を明確にしておくと良いでしょう。

この条件はあった方が良いけど無くても良い条件と絶対に譲ることの出来ない条件を目一句にして下さい。

どれも譲れない…当たり前なのですがその中でも妥協できる事があると思います。

この線引きを明確にしておくことで成功率は格段に上がります。

5.謙虚さをもつ

謙虚さを持つことも大切です。

ただ、謙虚と遠慮は違います。

この差を明確にして下さいね。

感謝の気持ちを忘れないで

相手や様々な事に対して感謝の気持ちを持つことで得をする場面が多くあります。

常に感謝の気持ちを忘れない事は大切ですね。

6.常に冷静な判断

常に冷静な判断ができることは良いことです。

人はどうしても気に入らない事や自分が正しいと思った際など感情的になってしまいます。

感情的になってしまうと感情論でしか話をすることが出来なくなってしまいます。

まとまる話もまとまらなくなってしまいます。

一時的な感情に左右されない

一時的な感情で言葉を発してしまう事や高度をしてしまう事はデメリットしか生みません。

感情に左右されないで一度冷静になって物事の本質を見極めましょう。

感情的になった際の対処方法を自分独自の方法を見つけてコントロールできるようになると良いですよ。

計画的な準備で転職を成功させよう

転職をする場合には行き当たりばったりの状態では成功する事も成功しません。

その場の感情だけで動いてしまうと自分が損をしてしまいます。

転職の準備としてこれまでにお話をさせて頂きました様々な準備をすることも大切ですが最も重要な事は自分自身の転職に対する考えです。

転職する理由は何ですか?

日本の転職の場合は多くは今の職場が嫌だからという理由がほとんどです。

海外では転職の理由として今の会社よりこちらの会社の方が自分の実力を発揮できる自分にとってはメリットが高いと思って転職をするのです。

当然転職するネガティブなイメージはありませんね。

この為会社側も良い人材を見つけた場合にはヘッドハンティングで良い人材を引き抜くのです。

転職をする場合には今働いている会社のデメリットを考えるのでは無くて転職をするとどういったメリットがあるのかを考えてください。

今の会社を辞めるメリット次の仕事をはじめるメリットなどメリットを考えて転職をして下さい。

今の会社にいるデメリット…それも転職をするメリットになりますよね。

今の状況のメリットと転職をした場合のメリットを考えてどちらが大きな(沢山の)メリットがあるのか考えてくださいね。

デメリット(嫌な事)があるから転職をするのではなくメリット(良い事)があるから転職をすると考えることです。

自ずとどの転職が一番か見えてきますよ。