着物を身に着けるのは、とても楽しく、そしていつもの自分とは違う自分になれるような気がしてきますよね。

とはいっても、着物を着用した時にいったいどのようなヘアスタイルにすればいいのか?という悩みはつきないものです。

振袖であれば、まだ独身ということですから自分の好きなように、やりたいようなヘアスタイルにすることができるものです。

しかし、結婚をしてから着物を着るときには振袖から留袖にかわります。

その袖の短さは“既婚者”というのを示しており、さらに“落ち着いている雰囲気”をするのが当たり前のように思われているものです。

つまり、留袖を着ているのにも関わらず、あまりにも派手なヘアスタイルにしてしまうとそれだけで浮いてしまい、周りから変な目で見られてしまうんですよね。

また、留袖のデザインもほとんどが落ち着いているものが多いので、マッチしないなんていうことも。

そうはいっても、せっかく留袖という着物のスタイルにするのですから、その着物を満喫したいですよね。

おそらくあなたも、“留袖に似合うヘアスタイル”をしたいと心から願っているのではないでしょうか?

しかし、どのようなヘアスタイルにすればいいのかわからないですよね。

そのように“留袖を思いっきり楽しみたい”“満喫したい”と考えているあなたのために、この記事では留袖の髪型でおすすめなヘアスタイルを厳選してお伝えしています!

ぜひ、この記事を参考にしてあなたの留袖着用時間をもっと楽しいもの、そして充実したものに変えていってくださいね。

️留袖に合う髪型14選


あなたは、おそらくこれから“留袖”を着用する機会があるのでしょう。

そのため、どのようなヘアスタイルにするのか迷ってしまっているんですよね。

ヘアスタイルなんてどうにでもすることはできますが、せっかく着物を身に着けるのですから、いつもとは少し違ったヘアスタイルをしたい!と感じていることでしょう。

そうはいっても、どのようなヘアスタイルが“留袖”に似合うのかなんて想定することもできないはずです。

浮かないヘアスタイルはどんなものがあるのか?簡単に不器用な私にでもできるアレンジってあるの…?などなど、さまざまな不安を抱えていますよね。

ここでは、留袖に似合うヘアスタイルをいくつかご紹介しています!

それぞれのヘアスタイルがどのような雰囲気を持っているのか、どのようにアレンジすることができるのか…などなど、不器用さんでも簡単にアレンジできるようなアドバイスもお伝えしています。

もしも「難しいな」「このヘアスタイルにしたいけれど、自分ではできないな」なんていうようなヘアスタイルがあれば、そのヘアスタイルにするのをあきらめるのではなく、ぜひとも美容室などでオーダーしてみるようにしましょう!

せっかくの“留袖時間”をあなたらしい満喫できるものに変えていきましょうね。

では、さっそくあなたにおすすめする“留袖に似合うヘアスタイル”をじっくりとチェックしていきましょう。

シニヨン

シニヨンは、おしゃれ女性であれば一度は耳にしたことのある言葉なのではないでしょうか?どのような髪形かというと、“束ねておいた髪の毛をまるでおだんごのようにとめるヘアスタイルになります。

このヘアスタイルは、留袖だけではなく普段の生活でも応用をきかせることができるのでぜひともマスターしておきたいヘアスタイルになります!

とはいっても「難しいのではないか?」なんて思うものですが、筆者のような不器用人間でも簡単に作り出すことのできるヘアスタイルになります。

基本形として、ひとつのシニョンを作るヘアスタイルを学びましょう!用意するのは、ヘアゴムとピンとめのみ!まずは髪の毛を後ろでひとつに束ねましょう。

そして、その束ねた髪の毛を”くるりんぱ“してくださいね。

くりりんぱというのは、ヘアゴム部分の上部の髪の毛に隙間を作り、束ねた毛先を上から埋め込み、下からその埋め込んだ髪の毛を引っこ抜くことになります。

それだけでも素敵なアレンジですが、さらにそのくるりんぱした髪の毛を結び目にむかってくるくるとまいていきましょう。

ヘアゴム部分についたら、ピン止めでしっかりととめるだけ!たったこれだけでこなれ感のあるシニョンが作れるんです。

応用として、三つ編みにしたものをくるくるまいていくのもいいですよ♪

シンプルでありながらも、どこかひとくせ加えているためにとても”大人かわいいおしゃれ“さんとして見られることでしょう。

また、結んだ髪の毛はラフにしておくのもキレイにみせるコツになります。

Wシニヨン

ひとつ前の項目にてシニョンというヘアアレンジについてお伝えしましたね。

そのようにひとつのシニョンを作り出すだけでもいいのですが、もしももっとオシャレ感を出したいと思っているのであれば、ぜひともWシニョンにしてみましょう。

Wシニョンとは、さきほどお伝えしたシニョンをふたつ作り出すヘアスタイルになります。

髪の毛を上部と下部にわけ、そしてそれぞれに先ほどお伝えしたシニョンを作り出すヘアスタイルになります。

後ろから見るとお団子部分がふたつ作り出されていることになります。

これは、夜のお仕事をしているいわゆる“ママ”なんかがしているヘアスタイルとしても有名ですね。

それだけ“落ち着いていて”“美しい雰囲気”を出すことができるヘアスタイルになります。

ショートヘア

もしもあなたが今の髪の毛をカットしていいというのであれば、思い切ってショートヘアにするのもおすすめです。

どうしてショートヘアかといいますと、留袖の袖が短いのとリンクさせることによって“まとまり感”を出すことができるんです。

また、あまりアレンジを加えなくていいのもうれしいポイントになりますよ。

ショートでもストレートにしておくだけで、大人っぽい雰囲気を出すことができるので留袖にはぴったりのヘアスタイルになります。

もしも、イメチェンをしたいなとか気分を全体的に変えていきたいと少しでも考えているのであれば、ショートヘアにするのがおすすめです。

三つ編みアレンジ


あなたは、三つ編みを作ることはできますか?女性であれば、これまでの人生の中で一度くらいは三つ編みヘアをしたことがあるのではないでしょうか。

とはいっても、おさげの三つ編みを作りましょうということを伝えたいのではありません。

ずばり、“三つ編み”を使ってさらにヘアアレンジの幅を広げていきましょうということを伝えたいのです。

さきほどお伝えしたシニョンも三つ編みを作り、くるくるしていくことでひとくせあるヘアアレンジにすることができますし、両サイド上部分だけ三つ編みにして後ろでひとつにまとめ、そこからシニョンを作るというのも“手の込んだ”ヘアアレンジとしておすすめです。

しかし、あまりにも三つ編みを作って存在感を出してしまうとくどくなってしまい、留袖と似合わなくなってしまうのでほどほどに抑えるようにしたいですね。

スジ盛り

スジ盛りなんて聞いたことがない!なんていう方もいらっしゃるかもしれないですね。

わかりやすくお伝えしますと、夜の世界で活躍しているホストやキャバ嬢などがしているヘアスタイルが“スジ盛り”になります。

頭全体をもっこりとふくらませるようにし、さらに髪の毛でスジを作ってきれいに整えます。

かなり華やかな印象にすることができるので、もしも「目立ちたい」とか着ていく留袖が派手なものであるというのであれば、スジ盛りにするのがオススメです。

とはっても、“留袖を身に着けていく場所”のことも十分に考えてから、このヘアスタイルを選ぶようにしたいですね。

公的な場所(政治的な会合など)にスジ盛りでいくと、場違いな人に思われることもあるので注意が必要になります。

とはいっても、いつまでも華やかな自分でいたい方、独身気分を忘れたくないという方にはおすすめのヘアスタイルです!

ボブアレンジ

ボブヘアスタイルというのは、髪の毛の毛先を重くし、そしてほんのりと内まきになっているようなヘアスタイルのことをいいます。

もしかしたら、今まさにそのようなヘアスタイルをしている方もいらっしゃるかもしれないですね。

そのようなボブヘアをアレンジしてみるのもオススメです!

どのようなアレンジをするかといいますと、短い髪の毛を両サイドからくるくるとさせ、後頭部下部でぴんどめでまとめるようにするものや、編み込みにする三つ編みなどがおすすめ。

また、少し長めのボブヘアスタイルであるならば、ゆるシニョンを作るのもいいかもしれないですね。

ボブヘアくらいの髪の毛の長さがあれば、全体的にコテで巻くこともできるので“こなれ感”を出すこともできるはずですよ。

ダウンアップ

さきほどもお伝えしましたが、まさに夜のお仕事の“ママ”と呼ばれるような人たちがしているヘアスタイルになります。

もしもそのような類のドラマなどを見たことがあるのであれば、そのようなヘアスタイルを思い出してみて下さいね。

ダウンアップとは、簡単にお伝えしますと美しいおだんごを髪の毛の下部でまとめるヘアスタイルになります。

とはいっても、画像などを拝見してみると「自分には作れないかもしれない」なんて思ってしまうことでしょう。

最初のうちは、美容室などでオーダーするのもおすすめ!しかし、あまりお金をかけないで自分でダウンアップスタイルを作りたい!という方は、ぜひとも以下の方法を参考にしてみてください。

まずは、お団子部分を作り出す場所を決めましょう。

そこに向かって髪の毛をしっかりとまとめます。

このときにたゆんだりしないように“きっちり感”をだすようにしてみて。

そしてピン止めでしっかりととめながら、イメージするダウンアップヘアに近づけていくだけ。

このとき、注意することとして“たゆませない”ということ、そして完成したら必ずワックスで固めるようにしましょう。

そうすることで壊れにくいダウンアップスタイルを完成させることができます。

夜会巻き

パーティなどですでに実践したことがある方もいらっしゃるかもしれないですね。

それでも“夜会巻き”なんて言葉を聞くと、なんだか難しいアレンジのような気がしてしまうものです。

しかし、これまた簡単にアレンジできてしまいます。

まずは髪の毛をしっかりとコームでとかしながら後頭部でまとめますそして上にむかって、その束をくるくるとさせ、ねじってあげていきます。

そして、あらかじめ用意しておいたコーム型のヘアアクセサリーをつければ完成です!このとき、しっかりと奥までアクセサリーをさすことができないと、途中でたゆんでしまったりしてしまうのでしっかりと差し込んでくださいね。

崩れ防止として、ワックスなどで固めておくのもおすすめです。

スプレータイプを用意しておくといいでしょう。

編み込みアップ

三つ編みの編み込みをできるというのであれば、後頭部で編み込みを作り出し、そしてアップにまとめるのもオススメです!

編み込みだけで、おしゃれさんの雰囲気を出すことができるのですが、さらにその編み込みをアップにまとめることによって、こなれたおしゃれさを出すことができます。

また、留袖を身に着けているとどうしても“どこか物足りない”ような気持になってしまうものですが、編み込みで落ち着いた華やかなさを出すことができちゃうんですね!

ねじりアップ

ねじりアップヘアアレンジは、髪の毛の長さに関係なくだれもが実践することのできるヘアスタイルになります。

「ねじるだけで本当にきれいにできるの?」と疑問に感じてしまう人もおられるかもしれないですね。

ええ!もちろんなるんです。

どのようにアレンジするのかその方法をチェックしておきましょう。

まず、髪の毛を上部と下部に分けます。

上部の髪の毛を右側からスタートし、左側にもっていくようにねじります。

そしてまず、ピン止めでとめておいてください。

次に、残っている下部の髪の毛を右側から左側にかけてねじります。

そしてさきほど作り出したねじりと合体させ、お気に入りのアクセサリーなどでしっかりと止めてください。

ねじりというのは、かわいらしさを出す三つ編みとはちがって“きれい”“美しい”印象を出してくれるものです。

もしも、せっかく留袖を着るのだから、美しく見せたいと少しでも感じているのであれば、ねじりアップにするのをおすすめします。

ウィッグアレンジ

もしも自分自身で美しくアレンジする自信がないというのであれば、“ウィッグ”を有効活用してみましょう。

ウィッグというのは、いわばカツラですが今ではファッションアイテムとして若者からご老人までさまざまな年代の人が使いこなしているものになります。

簡単にかみのけをまとめてお団子を作り出したうえに、きれいな形が作られているウィッグを装着するだけでも、とても華やかなアレンジができることも!

アレンジ初心者さんでも、美しいヘアスタイルを作り出すことができるんですね。

そうはいっても、ウィッグアレンジをするというのであれば、装着方法に気を付けるようにしましょう。

ずばり、初心者さんですとどうしても「ウィッグが浮いている」状況を作り出しやすいんです。

要するに出会う人々にみずから「あたしはウィッグをつけてるのよー」と主張しているようなものになります。

それじゃあ恥ずかしいですよね。

そうならないように、付け方などの説明書をしっかりと読み、装着する練習をしておくべきでしょう。

オールバック

留袖をきれい、美しい、もしくはかわいらしく着こなすのではなく、“かっこよく着こなしたい”と考えているのであれば、オールバックヘアスタイルがおすすめです。

「女性なのにオールバックなんてありえない」と思われるかもしれませんが、オールバックにしている女性って実は多いんですよ。

それにいつもとは違う留袖を身に着けるのですから、いつもとはまったく違う―いつもであればアレンジすることのないような―ヘアスタイルにするのもおすすめになります。

作り方はとても簡単。

前髪や前頭部の髪の毛にワックスをまんべんなくつけ、コームで後ろに向かって髪の毛をしっかりととかすだけになります。

髪質によっては、それだけではすぐにオールバックアレンジがとれてしまうこともあるので、さらにスプレーで固めておくといいでしょう。

このときに顔にかかりすぎないように気を付けるようにしましょう。

毛穴につまります。

流し前髪

全体的なヘアスタイルは決まっているものの、どのような前髪にするのか悩んでいるという方もいらっしゃることでしょう。

そのようなあなたにおすすめの前髪は、ずばり“流し前髪”になります。

まとまっている前髪で斜めに流しているものではなく、隙間があるけれどもまとまっていて、それでいて横に流れているのが“流し前髪”になります。

現代のトレンド前髪でもあるので、これをマスターしておけば私生活でもお洒落さんに見られるかも?作り方はとても簡単です。

まずは前髪をしっかりとコームなどでとかしておきましょう。

そして、とかした前髪をコテでまきます。

このとき、あまり強くまかないように気を付けて。

そうしたら、手全体につけたワックスを前髪にもみこんでいきます。

そして、3mmくらいの束を作り出していきましょう。

そのまま、横に流すことができれば完成になります。

前髪でふんわり感をだしつつも、さらにそこにかわいさをプラスすることができるのでどの年代の女性にもおすすめのアレンジ方法になります。

控えめカール

アレンジはしたいものの、髪の毛をアップにしたくない!という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そのような方は、無理してアップルタイルにする必要はありません。

どうすればいいのかというと、“カール”を作り出すことにしましょう。

とはいっても、あまりにも強いカールを作ってしまうと、その部分だけが割る目立ちしてしまうこともあるので必ず“控えめ”なカールを作り出すこと。

控えめはカールを作り出すには、32mm以上のヘアアイロンを使うのがおすすめです。

毛先を内巻きにワンカールさせるだけで控えめながらも、かわいらしアレンジを作り出すことができますよ。

️留袖の髪型に合うヘアアクセサリー

これまでに留袖を着用するときにぜひとも活用してほしい、アレンジしてほしいヘアアレンジを14個お伝えしてきました!

「このヘアスタイルにチャレンジしたいな」なんて思うようなヘアスタイルはあったでしょうか?

そうはいっても、そのヘアスタイルにしても「なんだかしっくりこないなぁ」なんていうこともあるかもしれません。

それはあなたのアレンジが失敗したということではなく、“何かが物足りない”状態だからなんです。

そのようなことにならないように、あらかじめ“身に着けるヘアアクセサリー”も準備しておきましょう!

しかし、浴衣や振袖とはちがって、どのようなものであればタブーではないのか、周りからおかしく思われないのか?なんて気になってしまいますよね。

そのような方のために、ここでは留袖の髪型に合うヘアアクセサリーをご紹介します!これからアクセサリーを購入するという方は、ぜひとも参考になさってくださいね。

かんざし

留袖というのは、女性の正装のようなものです。

そのため、全体的に落ち着いた雰囲気を出すのが礼儀とされています。

そのためにアクセサリーをがまんするなんて、少し困ってしまいますよね。

そんなあなたには、控えめでもオシャレ感を出すことのできる“かんざし”がおすすめ。

かんざしは、アレンジした個所にさすだけで身に着けることができるので、失敗することもないでしょう。

べっこうのものがおすすめ

かんざしには、さまざまなタイプのものがありますが特におすすめなのは“べっこうタイプ”になります。

今ではメガネなどにもべっこう柄が使われていて、それを少しだけでも身に着けているだけでもおしゃれにみせることができますよね。

全体的に落ち着きすぎてしまう留袖スタイルであっても、そのようなべっこう柄をプラスすることによってさらにオシャレに見せることができるようになります。

バレッタ

もしも落ち着きなんて言うのは無視して、“とにかくかわいく見せたい!”とか“少し華やかな自分を演出したい”と考えているのであれば、バレッタがおすすめです。

バレッタとは、ピンドメの上に布地などによって作り出されたかわいらしかったり、派手目な生地がはりつけられているものです。

パチッとぴんどめでつけることができるので、アクセサリーを扱うのが苦手な方でも使いこなすことができますよ。

また、さまざまなアレンジをしないでそのままつけるだけでも存在感を出すことができるので、不器用な方であればひとつは持っていたいアクセサリーになりますね。

パール系

これまでに何度もお伝えしていますが、留袖スタイルというのは着物の模様によっては、とても落ち着きすぎていてどこか物足りない雰囲気になってしまうものです。

せっかく留袖を身に着けるというのに、そのようになってしまうのはどこか悲しいですよね。

そのような地味さを一気に解決してくれるのが“パール系”のアクセサリーになります。

パール系のアクセサリーは、普段のアレンジにも使うことができますし、それにこれから先にパーティなどに出かける機会ができたときにも使うことができるものになりますよね。

また、ワンポイントながらも華やかさを出すことができるので、かなりおすすめのアイテムになります。

迷ってしまったら、“とりあえずパール”でもいいくらいですよ。

花系

かわいらしさをだしたい!振袖の人たちに負けたくない!なんていうような気持ちを持っているのであれば、花がベースとなっているアクセサリーを身に着けるのもいいかもしれません。

花をモチーフにした大き目のアクセサリーもあれば、ガラスで作られた花模様のかんざしなんていうのもありますから、あなたの着用する留袖にあわせて選ぶようにしましょう。

花はいくつになっても似合うものですから、せっかく選ぶのであればとことん貪欲に好きなテイストのものを選んでくださいね。

️女性の礼装、留袖

これまでに留袖を着用するときに似合うヘアスタイルだけではなく、そのスタイルに似合うようなヘアアクセサリーまでもお伝えしてきましたね!いかがでしたか?

そうはいっても、実は「私って留袖についてあまり詳しくないのよね」なんていう方もいらっしゃるかもしれません。

「結婚した人がみにつけるものでしょ?」なんていうような漠然な知識だけしか持っていない人もいることでしょう。

そのような理解でもかまわないのですが、せkっかく留袖を着用するのであれば、“留袖というのはどのようなものか”というものをしっかりと理解してほしいんですね。

ずばり、留袖というのは“女性の礼装”であるといわれています。

要するに、なにか行事の際には留袖を身に着けるのが当たり前だといわれているくらいの着物であるということです。

とはいっても、それだけでは留袖がどのようなものなのかなんて、理解することはできないでしょう。

さっそく、留袖とはどのようなものをいうのか詳しく勉強していきましょう。

既婚女性の最も格式の高い服

あなたは、留袖は誰が着用するものだと思っていますか?筆者は、物心ついたころには祖母や曾祖母がよく着物を身に着けていたので、年を取った人が袖の短い着物を身に着けると思っていました。

しかし、そうじゃないんですよね。

ずばり、留袖というのは既婚女性が身に着ける格式高い着物のことをさしているんです。

つまり、結婚していない人、独身者というのは留袖を身に着けることはできないということになります。

あなたは結婚していますか?もしもそうであるならば、留袖を身に着ける条件はそろっていることになります。

とはいっても、普通の着物とは何がちがうのかといいますと、そのレベルが違います。

最高級の格式高い着物ですから、公式の場所に身に着けていくことが常識とされているんですね。

結婚式などで用いられる

公式の場所ってどんな場所よ?私は政治家でもなんでもないわよ!なんて思っている方もおられるかもしれないですね。

そのような方は、“結婚式”を思い出してみてください。

結婚式に招待されたとき多くの方はパーティドレスを身に着けますが、なかには着物を身に着けているような友人もいたのではないでしょうか?それも結婚した人であれば留袖をきちんと着こなしていたはずです。

また、友人らということではなく、結婚する新婦が留袖を身に着けているなんて当たり前のことですね。

このように、公的な場所でこそ用いられるのが留袖なのです。

留袖の種類

「留袖は袖が短いものなんでしょ」なんて、漠然と感じていませんか?

たしかにそのような理解の仕方でも悪くはないのですが、実は留袖にはいろいろな種類があるんです。

まさか留袖に種類があるなんて思いもしない人もいたのではないでしょうか。

そんなことを打ち込んでいる筆者でさえも、曾祖母から教わるまでは留袖というものに種類があるなんて思いもしませんでした。

おそらくあなたはこれから留袖を身に着けるのでしょうから、間違った留袖を身に着けて恥ずかしい思いなんてしたくはないはずです。

ということで、ここでは留袖の種類についていくつかご紹介します。

ここでしっかりと留袖への理解を深めておきましょう。

黒留袖

黒留袖は、文字通りで黒地でできている着物のことを指しています。

ずばり、お葬式や結婚式などにおいてその親族の方々が身に着けているような着物のことをいいますね。

黒地に家紋があらわされていることが多く、これこそ公式の場面で使われることの多い着物になります。

色留袖

黒留袖とはちがって、カラフルな色合いで作られてるのが“色留袖”になります。

色のある留袖だからこそ、そのような名前がついていると思うと覚えやすいですね。

おそらくあなたがこれから着用するのは、こちらのタイプなのではないでしょうか?

公式の場面に行くということに限定されず、食事にいったり、買い物に行く際に切ることのできる留袖になります。

あなたのお気に入りの色合いの着物を見つけてくださいね。

髪型も品のあるヘアスタイルでまとめる

留袖についていろいろな観点からお伝えしてきましたが、共通して言うことができるのは“落ち着いた上品さを忘れない”ことになります。

あなたはもしかしたら、いつでも華やかな自分で痛いかもしれませんが“高貴な着物”ということを忘れずに品のあるヘアスタイルでまとめるようにしましょう。

そうすることで、あなたの着用する留袖をいかすことができるはずですよ。

️留袖なら髪型も上品&華やかに

今回は、これから留袖を身に着けようとしている方に向けておすすめのヘアアレンジやおすすめのアクセサリーをご紹介してきました。

いかがでしたか?留袖を身に着けるのであれば、繰り返しになってしまいますが上品さを忘れず、そして控えめながらにも華やかさをプラスするようにしましょう。

そうすることで、あなたは留袖をみにつけることでより一層-もしくは普段以上に―輝くことができるはずなのですから。