第二新卒というのは聞いたことありますか?

今回は第二新卒での転職はとっても良いタイミングだということをご紹介しますね。

第二新卒の転職を成功させる為の秘訣も分かりやすくご紹介します。

第二新卒とは?

第二新卒というのは皆さんご存知でしょうか?

第二新卒とは日本の法律的な定義はありません。

一般的に第二新卒というのは、新卒で就職をして3年未満の転職者(求職者)のことを言います。

しかし法的な定義が無い為各企業などによりその規定も様々です。

年齢でいうと4年制の大学を卒業して転職となると26歳までとなりますね。

多くの場合は卒業後3年以内の転職者(求職者)としている企業が多いです。

第二新卒として言える共通点は卒業から1度でも就職をした経験がある事になります。

新卒とは明確な違いとなりますね。

この一度でも就職した経験がある事が第二新卒の強みでもあります。

また、4年以上経過して前職の経験などを活かす事の出来る経験豊富な転職者とも違う点も第二新卒の強みになります。

第二新卒だからこその強みをいかす事で他の転職者よりも成功する確率を高めることができます。

ちなみに卒業後一度も就職していない人(社会人経験の無い人)の事を既卒者と言います。

第二新卒者とは区別されています。

第二新卒で転職を成功させる10個のポイント

第二新卒での転職だからこそ成功させることが出来るポイントを10個厳選してご紹介させて頂きます。

第二新卒の強みや欠点など自分で把握する事が成功へのカギとなります。

1.転職の全体像を描くこと

第二新卒での転職の場合、成功させるためには転職をする明確な理由など転職の全体像を描くことが必要となります。

何となくで辞めてしまって何となくで転職をするようでは、また同じように何となくで辞めてしまい同じことの繰り返しとなってしまいます。

例え転職先に合格して働くことになったとしても成功した転職とは言えませんね。

転職の全体像を描くというのはどういう事か分からない人もいるかもしれませんね。

具体的に何を描けばよいのかご紹介しますね。

なぜ退職するのか

なぜ今の会社を辞める(退職する)のかを考えて確認してください。

退職したいと思った理由が分からなければ転職をしたとしても同じようにまた退職したくなってしまいます。

なぜ退職したいと思ったのか退職をしたのか今一度しっかりと考えてください。

退職した理由を明確にすることで転職先の選別を明確にすることができます。

退職したくなる理由を無くすことが出来れば当然続けられるお仕事になります。

好きなお仕事を探して転職する事も重要なのですが、やりたいことを見つけるのは意外と難しいことです。

やりたくない事や嫌な事を見つけるのは案外簡単に出来てしまいます。

退職したくなるような嫌な事を排除する事が出来れば転職先の選別は容易になりますね。

何がしたいのか

退職したくなる理由を排除して残った転職先から自分は今何をしたいのか?何がしたくて転職を決めたのかを考えましょう。

選択する転職先が多いと何をしたいのか、なかなか決めかねてしまいます。

先に退職した理由から自分には合わない転職する理由が見つからない転職先を無くすことで自分に合った転職先を選ぶことができます。

選りすぐった転職先から自分のしたかったこと、やりたいと思った事など明確にして転職をすることで転職を成功させることができます。

今一度転職をしたいと思った時の気持ちを考えて何がしたくて転職を考えたのか明確にしましょう。

2.スケジュールを立てる


第二新卒で転職を成功させるためには計画的に進めることが大切です。

退職から転職までスケジュールをたてて転職までの計画を立てて下さい。

転職してからも当然大切なのですがとりあえずはそこまで先のことまではスケジュールを立てる必要はありません。

退職してから転職するまでのスケジュールを立てるだけで十分です。

転職してからはその時に転職先に合わせてスケジュールを立てましょう。

スケジュールの立て方としては漠然としたものでは無くて明確なスケジュールを立てることが重要です。

いつまでに何をするのか

漠然としたおおざっぱなスケジュールでは自分に対する甘えが生じてしまい転職を成功させることが出来なくなってしまう場合があります。

いつかは転職できるだろう、まだこのままでも大丈夫だろう、明日やればいいや、退職したばかりだからまだ転職や良いかな...

なんて具体的で明確なスケジュールを立てていないと退職してからそのまま転職が出来なくなってしまうなんてこともあり得ます。

その様な事にならないためにも明確なスケジュールを立てて下さい。

具体的には退職から転職までのスケジュールをいつまでに何をしなければいけないのか明確にしていつでも確認できるようにしてください。

やらなければいけないことが決まっているとそれに向かって動くだけです。

具体性が無いと、いつでも良いや、今日じゃなくて明日で大丈夫…なんて思ってしまい、いつの明日になるのか見当もつかなくなってしまいます。

今日からしたら明日でも明日にはまた明日からはじめると思ってしまい明日が明後日、明後日が…と明日は信用できないのです。

明日では無くてこの場合には〇日にすると言ったように具体的にすることで回避できますね。

また、転職をする場合には時期が遠のけば遠のくほど転職する際に不利になってしまいます。

特に第二新卒枠で転職できる時期の人は要注意です。

第二新卒として扱われる時期を過ぎてしまいますと第二新卒としての特別感や優位性が無くなってしまいます。

また、転職の際にもなぜすぐに転職をしなかったのですか?などと質問をされる事にもなってしまいます。

明確な理由(スキルアップなど)があればスキルアップのために邁進しておりましたと答えることができるのですが、ただ単に甘えから時期が遅くなり結果転職するまでの期間が長くなってしまった人は、転職先の企業からは計画性が乏しい人材だと判断されてしまいます。

結果として転職することが困難となってしまうのです。

具体的にいつまでに何をするべきなのかを決めることがスケジュールを立てるせいには重要となります。

3.転職理由を整理する

転職をする場合にはこの転職理由はとても大切です。

何となく転職をする…ただ、今の仕事が嫌なだけというのは転職の理由にはなりません。

退職する理由にはなっても転職の理由にはなりません。

そのままお仕事を辞めてしまうのであれば転職理由は無くても良いのかもしれませんが…。

今後もお仕事をする為に転職を考えているのであれば転職する理由が必ず必要になります。

転職理由が無ければ転職をしてもまた同じように退職をしてしまう可能性が高くなってしまいます。

そもそも転職する際に転職理由を聞かれる事があります。

転職理由を答えられない場合には転職出来ないかもしれませんよ。

退職しても後悔はない理由か

転職する理由は退職をしても後悔はない理由なのか確かめることも重要です。

転職を考える場合には多くの人はデメリットを考えてしまいがちなのですが…転職をする際にはメリットを考えることが大切です。

日本人の場合はやめる理由ばかりを考えて今の職場の嫌な所ばかりを考えて今すぐにでも辞めたいとばかり考えてしまいます。

今の職場が嫌な場合は当然なのですがやめたいと思った理由の根本的な事を考えましょう。

嫌な理由では無くて退職した場合のメリットを考えるようにしてください。

今の職場をやめた場合にはどの様なメリットがあるのか新しい職場にはどの様なメリットがあるのかを考えるのです。

このメリットを考えることで何が一番最適な選択になるのか分かるはずです。

この事が分かった場合には自分で決断して前に進むことができます。

転職を成功させることができますね。

今の職場にとどまった際のメリットと退職をして転職をした時にあるメリットを比べてより多くのメリットがある方を決断して転職を成功させることができますね。

しっかりそれを伝えることができるか

退職すると決めた場合にもこのメリットを考える方法が役に立ちます。

多くの場合は嫌な事ばかりを考えてしまい退職する場合にギクシャクしたまま退職をしてしまうケースが多いです。

しかし、メリットを考えた退職の場合は円満退職としてこれからも良い関係性を築くことが出来るのです。

もう今の職場には未練が無いので関係性なんてどうでも良いなんて思った人もいるかもしれません。

しかし、世の中は案外狭いですよ。

どこで一緒にお仕事をするようなことになるやもしれません。

その際にギクシャクした退職や喧嘩別れになった場合にはデメリットどころか足かせとなってしまい成功する事も成功しなくなってしまう事になってしまうかもしれません。

嫌になったから退職をするのでは無くて、メリットを考えて今の職場よりも転職先の職場に魅力を感じて退職する理由を伝える方法や、現在の職場のメリットも考えることで今の職場もこのようなメリットがあるのですが、もっと魅力的なメリットや自分を試したくて退職をしますとすると良いですね。

デメリットでは無くてメリットを考えることが転職には最も重要な事なのです。

4.自己分析を行う


自己分析を行うことは転職を成功させるためにはとても重要な事になります。

転職以外でも自己分析をする事は自分自身のスペックをあらためて知ることが出来ます。

自己分析の方法は沢山ありますが、簡単な方法としては、今までの経験をあらためて考え今自分が出来ることは何なのか考えることですね。

これまでやってきたことは何か

自己分析の方法として、これまでやってきたことを考えることが一番簡単な方法で効果的な自己分析の方法です。

これまで自分はどんな経験をしてきたのか考えることで自己分析が出来ますね。

この自己分析の方法は成功した体験だけでは無く失敗した経験も有効に活用する事が出来る自己分析の方法です。

成功した実体験は当然自分にとっては優位な要素となりますよね。

しかし失敗した体験は負の要素と捉えがちではありませんか?

実はこの失敗した経験や体験はとても良い分析材料となるのです。

自分にとって失敗する状況はどういった状況の時が多いのか?

失敗した体験はどのような事が多いのかという事から自分の苦手分野を見つけることができます。

この分野への転職を避けることで自分に合った転職先を探すことができます。

また、自己分析によって失敗しないようにするためには、どの様にしたら良いのかも考える事が出来る為、同じ失敗を繰り返すことの無い成功させる為の自分を作り出すことも可能なのです。

正しい自己分析をして自分自身をより高みへと成長させましょう。

今できることは何か

今までの経験や体験などから自己分析する方法も良いのですが、他にも良い方法がこちらの今できることは何なのか考えることです。

今実際に自分は何が出来るのか考えることで転職先を選別するのに役立ちます。

今できることは何なのか自己分析をすることで、自分自身の力量も把握でき何が出来て何が出来ないのか明確にすることができます。

できないことを出来るようにするための方法も具体的に決めることができます。

逆に出来ることをさらに伸ばすことも可能ですね。

自己分析をすることで、自分自身が出来ること出来ない事の把握と共に得意不得意も明確にすることができます。

この事で転職を優位にすることが可能です。

その中でアピールできることは何か

転職を成功させるためには自分自身が転職先にとっていかに魅力的な人材なのかをアピールしなければいけません。

その為の判断材料として自己分析が重要になります。

自分は何が得意で能力が高いのか相手にとってどう良いのか明確にアピールすることができます。

自己分析無しですと何となく得意、何となく好きと言ったあいまいな答えしか言えなかった事でも、具体的な内容を明確にして相手に分かりやすく伝えることができます。

自分にとってアピールするべき得意な事を見つけ出しさらに伸ばす事で他人との差別化が出来ます。

自分が特別でとても魅力的な人材であるとアピールが出来ますね。

5.職務経歴書は丁寧に

職務経歴書を書く際には丁寧に相手に伝えることは全て伝えられるようにしてください。

ココで働いていたから分かりますよね?

という事で省略してしまわないで今までの職務経歴を全て書くようにしましょう。

自分的にはコレは必要ないだろうと省略してしまった職務経歴が転職先にとっては求めている人材という事もあり得ます。

当然のことですが字も丁寧に手書きで書いて下さい。

職場によってはPC等で制作した職務経歴書でも良いのですが、手書きで丁寧に書かれた職務経歴書は相手に好印象を与えることができます。

文字でも人となりを見極めているのです。

書類審査の段階から自分をアピールしましょう。

数字に置き換えて簡潔にわかりやすく

職務経歴を丁寧に全て記載するのですがその時にまわりくどくならないようにして下さい。

同じことを長く書くことは逆に印象が悪くなってしまうこともあるのです。

同じ事を永遠と書いているなと思われてしまうと、その先に素晴らしいことが記載されていたとしてもこの先も同じ事が書いてあるんだろうなと思われて、肝心なアピールポイントまで読んで頂けない場合もあるのです。

何を言いたいのかな?とも思われてしまいます。

丁寧に経歴をかくのは良いのですが相手に分かりやすく伝えるためには数字に置き換えて簡潔で具体的に記載する方法が良いです。

数字にする事で一目でどの程度の職務経歴なのか把握する事が出来ます。

求める人材として判断する判断材料も多くなるため転職の成功率がグンと上がります。

記載後に必ず自分で確認をして回りくどくないかな?もっとわかりやすく記載する方法はないかな?など考えると良いですね。

職務経歴書で他人との差別化もできます。

人事担当者も一緒に働いたのちのことを考えています。

明確で分かりやすく記載できていると仕事ができる優秀な人材と判断されますよ。

6.自分を過度に評価しない

ここまででメリットや自分が出来ることなど明確に判断できるようになっているかと思います。

自己分析によって自分自身の把握は出来ているかと思います。

自分自身を過度に評価して根拠の無い自信を持つことは無くなっているかと思います。

過度な自信や根拠のない自信がまだある人はもう一度自己分析をしてみて下さい。

自分自身を過度に評価してしまっているのか分からない人は判断する方法があります。

過度な自己評価をしている人はその評価していることに対して明確な理由がありません。

自分自身を評価できる事に対して、明確な理由などを即座に話すことが出来ることは過度な評価では無くて正当な評価になります。

明確な理由のある評価なのか何となくで自信を持っている過度な評価なのか判断して過度な評価をしないようにしましょう。

自らの首を絞める結果となってしまいます。

例え転職が成功したとしても、過度な評価によっての採用であれば会社側はあなたに対しては評価以下の人材で評価をするどころか幻滅しかありません。

採用した事を後悔するだけで良い事ない負債人材となってしまいます。

例え他の評価が本当で良かったとしても過度な評価によって自分の価値を下げてしまい正当な評価をされなくなってしまうのです。

この様なことにならないためにも自分の評価は正当な評価のみにして下さい。

過度な評価はデメリットこそありメリットなんて殆どありません。

自信を持つことは大切ですが過度な自己評価はいけませんよ。

会社で何に貢献できるのか、冷静に

過度な評価をどうしてもしてしまう人は、転職先の何に自分は貢献できるのかを明確に話す事で具体性が増して正当な評価となります。

具体的に何に対して貢献できるのか、明確な答えを出すことができることは過度な評価では無く正当な評価となります。

この明確な理由が即座に言えることが大切なのです。

嘘ばかりを並べて過大評価をしてしまう人は、どこかで綻びてしまい支離滅裂になってしまいます。

この様なことにならないように自己分析によって自分の価値を明確にして自己評価できるようにしましょう。

一度冷静になって自己分析をすることで解決できる事は多いです。

感情論では無く理論的に考えてくださいね。

7.転職先のリサーチをしっかり

ここまででメリットを考えて自己分析などから転職先の候補を明確にして選択の幅を絞り込めているかと思います。

この後は転職先のリサーチをおこないましょう。

転職先の利s-血をおこなうことで思っていた職場とは違う…仕事内容が思っていた事と違うなど自分自身の思い込みとの相違を解消することができます。

文面からの判断だけではできないこともあるはずです。

可能であるならば転職先に訪れてどのような職場なのか見学する事も良い方法です。

自分自身がお客さんとして訪れることも良い方法ですね。

他にも転職先のリサーチ方法は沢山ありますよね。

ネットを駆使したリサーチでも良いですね。

知り合いや友達など様々な方法を用いて自分自身に一番合っている転職先を見つけましょう。

社風の確認

転職先の社風の確認も出来る場合はすると良いですね。

社風によっては自分自身が求める職場でないと判断する事が出来るかもしれません。

社風は会社全体の雰囲気やベクトルを決める大切なことになります。

社風も様々な方法で知ることができますね。

転職先の情報は多くあって困る事はありません。

より多くの情報を集めることで、面接などの際にも転職先のことを話の中に織り込む事で好印象を与えることもできます。

転職先を決める段階になったら出来る限り多くの情報を集めて準備をしましょう。

8.退職のタイミング

転職をすると決めた場合退職のタイミングはいつが良いと思いますか?

転職を決める前に退職をしてしまった人もいるかもしれません。

その場合は転職先を即座に見つけて働くために、今すぐにでも転職のための準備をはじめて実行に移して下さい。

退職をまだしていない人は、適切なタイミングを見極めて退職をすることで円満退職と共に転職先にスムーズに移行する事が出来て、無駄な時間を過ごすことがなくなります。

転職先が決まるまでは退職しないこと

基本的には転職先が決まるまでは退職はしないことが良いです。

退職をしてから転職先を決める方法では転職までの期間無収入になってしまう状キュにもなりかねません。

場合によっては転職先に必要なスキルアップのための習い事などによる出費もあるかもしれません。

この出費も収入の無い状況でやりくりをしなければいけない状況となってしまうのです。

これでは転職どころでは無く早急にアルバイトでしのがなければいけないという状況になってしまうかも知れません。

第二新卒でない場合は、失業手当で補う事が出来ますが、第二新卒者の場合の多くは失業手当を貰えるだけの期間働いていないという人も多いため、退職後は無収入となってしまいます。

転職先を決めてスキルアップと共に十分な準備が出来てから退職をすることが良い方法です。

退職の際にも嫌になったので辞めますでは無くて、このお仕事がしたいもっと自分の実力を試したいなど更なる高みを求めての退職と伝えて円満退職をすることができます。

場合によっては転職後のお力添えを頂けるかもしれないのです。

味方は多い方が良いですよね。

逆に敵は極力作らない方が良いです。

否定することはとても簡単な事です。

相手を受け入れて相手の気持ちを考えてさらにその先へ進む事は非常に労力を使い大変な事です。

嫌だと否定することは誰にでも出来る簡単な方法です。

嫌だと決めつけるのではなく、なぜその鵜様な行動、言動をとるのか一度受け入れてその先にある何かを見つけることが出来れば、自分自身の成長と共に見方も作ることができます。

先にお伝えさせて頂きましたデメリットでは無くてメリットを見つける方法が一番簡単な方法ですね。

退職は諦めや挫折などと言ったダメなことではありません。

自分自身の成長の為の方法の一つなのです。

ただ退職の方法や転職の方法によっては退職はダメな選択肢にもなってしまいます。

退職を良い決断とするのかダメな選択とするのかはあなた次第です。

選択するのか決断するのかは全てあなた次第なのです。

9.面接で聞かれることを意識しておく

転職を決めた場合には面接で聞かれることを意識してシミュレーションを行うと良いですね。

第二新卒の場合は一度は面接を経験していますよね。

この経験が大きな財産となります。

転職先のリサーチや自分自身の自己分析により今の職場に採用された際の面接よりもより内容の濃い面接をすることが出来るはずです。

転職の際の面接は何を聞かれるのか予想はつくはずです。

予想の範囲内でシミュレーションをして下さい。

それ以外の予想外の展開になった場合も考えて、自己分析や転職先のリサーチによって得た情報をしっかりと把握して面接に臨みましょう。

既に経験済みという事がとても大きな財産です。

初めてでないですので緊張度合いも初期面接と違い格段に下がっていると思います。

冷静に自分自身が伝えたいことを明確にしてアピールできるようにして下さい。

10.転職エージェントも利用

転職には転職エージェントという転職のプロがいるのはご存知でしょうか?

自己分析などから自分自身が求めている転職先が自分だけでは見つけることが困難な場合は活用すると良いですね。

転職のプロですので必ずあなたに会った転職先をご紹介してくれます。

転職先によっては、転職エージェントからの紹介という場合には採用率が上がる場合もあります。

自分自身で全て頑張るというのも良いのですが時にはプロを活用すると良いです。

自分の求めている職場や地域など明確になっている場合は、転職エージェントも具体的に提案などしてくれるはずです。

自己分析などがまだ済んでいない人は、転職エージェントに依頼する前に自分自身でやれることを済ませてからにして下さい。

転職のプロのサポートも活用しよう

転職エージェントは文字通り転職のプロになります。

自分では思いつかない転職の為のスキルや様々な方法を持っています。

さすがプロと言うことも多く持っています。

自分自身でやれることをして準備万端になった場合に明確な判断材料方転職のプロと一緒に転職を成功させる為に一緒に考える事も良い方法です。

自分だけでは迷ってしまう人は転職のプロを活用するのも良い方法です。

第二新卒で転職を成功させるための注意点

第二新卒で転職を成功させるためには注意点がいくつかあります。

その中からいくつか注意点を分かりやすくご紹介していきますね。

ここまでの転職を成功させる為の秘訣を十区することでほとんどの事は回避できますが、中点として把握しておきましょう。

1.また辞めないかとの心配

転職をしても今の職場の様にまた辞めたくならないか心配というのは多くの第二新卒者が抱える悩みでもあります。

また、転職先の採用企業さんも同じよう第二新卒者は早い段階で転職を希望しているという事は最小してもまたすぐ辞めてしまうのかな?という心配も併せ持っているのです。

この事から自分達の求める人材なのかどうかを明確に判断して採用をしているのです。

如何に自分自身のアピールが重要なのかここでも分かりますね。

我慢ができないのではという疑問も

転職する理由が明確な人は良いのですが…

退職をした理由が人に話せないような理由である場合など明確な理由のない人はただ我慢できなかっただけなのでは?根性がないだけ?などと判断されてしまいます。

面接でも必ず聞かれる内容です。

即座に納得できる内容を話す事ができない人は要注意です。

まだ退職をしていない人は今一度考えてください。

先の項目でもお話しさせて頂きましたが、デメリットを考えるのではなくメリットを考えてみて下さい。

よりメリットが大きい方を選んで選択ではなく自分で考えて決断できるかどうかです。

自分が決断したことは後から後悔なんてありません。

常に先のことを考えて後悔している暇がないのです。

すでにしてしまった事を後悔している人は決断では無く選択をしてきたことだから後悔をしているのです。

まわりの状況や他のせいにして選択しているからあの時選んだのは仕方なかったと後悔してしまうのです。

自分で決断した人は自分で決断している為決断したことに対して後悔などしないで先の事を考えます。

これからどうしたら一番良いのかどうしたら自分にとって良いのかなど考えることができます。

退職も選択した退職なのか決断した退職なのかで大きな違いとなります。

決断できる退職をしましょう。

しっかり退職理由を整理

退職理由を人に明確に分かりやすく話せる事が出来るのかはとても大切なことになります。

明確な理由で相手を納得させることのできる退職の場合は、後ろめたくも無く成長のための良い退職何だと判断することができます。

この事が分かれば転職先の面接でも好印象を与えることが出来て成功率が上がります。

人に話したときにそれは甘えているというような内容ではいけませんね。

根性無しや我慢できないただの甘えと判断されてしまいます。

社会人としての基礎力も問われてしまいます。

社会人として当たり前の常識力も身につけることが必要ですね。

2.辞め癖がつく

辞め癖が付いてしまう人もいます。

転職先がすぐに決まってしまう人は退職をしてもすぐにどこか見つかるだろうと嫌な事があるとすぐにやめてしまう人もいるのです。

この様な辞め癖が付いてしまうのは良くありませんね。

誰のためにもなりません。

務めている会社にとっては、戦力になると思って採用したのにすぐ辞められては業務計画そのものも狂ってしまい、多大な損益となってしまう状況になってしまうこともあります。

自分自身も折角の成長のチャンスなのに成長するきっかけを自分から放棄してしまっているのです。

この事にすら気付く事が出来ません。

今は転職先がすぐに見つかり良いのかもしれませんが、いずれどこも雇って頂けなくなり自分の成長も自分で拒否してきた為社会人としての基礎力の低い状態のままとなってしまうのです。

若いうちは若いから仕方ないで許容されてきた内容の事でも、ある程度の年齢となった場合には非常識で迷惑な人と思われてしまうのです。

この様な迷惑な大人にならないためにも辞め癖は付けない方が良いですね。

辞める場合には人に話しても恥ずかしくない明確な理由がある場合にして下さい。

子供じみた甘え考えで辞めることはしないで下さいね。

3.転職回数が増えると

転職は悪い事ではありませんが転職を頻繁に繰り返す場合には、明確な転職理由がない限り多くすることはデメリットとなる場合が多いです。

転職にはダメな転職と良い転職の2種類がある事は先にお伝えさせて頂きましたが、明確な理由のない転職は悪い転職になりますよね。

頻繁に転職をして転職回数が極端に多い人はこの悪い転職のクリア返しの場合が多いです。

良い転職をした人は転職先で結果を出すまではおいそれと転職をする事はありません。

転職をして場合には転職先は最初の会社よりも確実に良い会社を選んでいるはずです。

自分自身の評価も最初の会社よりも良いはずですよね。

その転職さ息を最初の会社よりも短い期間で転職をしてしまうって言う人もいます。

この転職は特別な理由(ヘッドハンティングなど)が無い限り多くの場合はダメな転職(退職)になります。

それぞれの転職の明確な理由を全て相手に伝えて納得させることが出来る場合は良いのですが、転職回数が多い人は直近の事しか分かっていない人も多いです。

時系列で全て明確にして納得できる理由を伝えることが出来れば良いのですが…

こういう人はほとんどは無理なのです。

この様に転職回数が多いと自分自身の首を絞めてしまう事になってしまうのです。

今後のキャリアの中で身動きが取りにくくなる

転職回数が多い人は、いつまた抵触して転職してしまうかもしれまいという危険性が常に付きまとう人になります。

という事は採用した企業は重要なポストに昇進させることをためらいます。

キャリアの中で身動きも取りにくくなってしまいます。

重要な案件も任される機会も少なくなってしまいます。

例え実力があったとしても他の信用できる人に任せて一人では難しい場合はチームで任せるようになります。

転職回数が多い人はそれだけ大きなリスクを背負っていることになるのです。

転職することは悪い事ではありません。

良い転職の場合はどれだけしても良いのですが、悪い転職を繰り返すのは自分にとってはデメリットしか生まないのです。

その転職…本当に今必要な転職ですか?

冷静になって今一度判断して下さい。

最初からこの転職についてを読み返して今一度考えてみて下さい。

それでも転職したいと思う気持ちと明確な理由がある場合はそれは良い転職です。

転職を成功させるために一緒に頑張りましょう。

チャンスをしっかり活かせるように

第二新卒の時期はとても短い期間のみに与えられた特別な機関となります。

一番大きな強みはキャリア転職者とは違い前職の考えで凝り固まっていなく転職先に柔軟に対応できる所です。

新卒者に比べる事でいうと一度就職をして社会人経験のある所が社会人としての常識(社旗人基礎力)が高く一定のビジネススキルも身につけているという強みがあります。

明確にビジョンを持って転職を希望している人も多く、転職先と転職者のマッチングが上手くいくことも多いのが第二新卒転職になります。

とりあえず就職しなければと就職した新卒者とは大きく異なります。

キャリア転職者の様に前職のやり方を持ち込み転職先の新しいやり方になじめないという事もありません。

第二新卒者の持つ強みを理解して自分自身の魅力を伝えて大きなチャンスをつかんで下さい。

あなたには必ずそのチャンスをつかむ力があります。

その力を引き出すために順番に転職の準備を始めて下さい。

チャンスをつかむのも逃がしてしまうのも全てはあなた次第なのです。