人間にはいまだに科学では計り知れない一面が残っています。

特に精神の世界の説明には大昔から活発な議論がなされてきました。

そんな中で「生まれ変わり」という概念もきちんとした説明がついていないテーマの一つです。

果たして生まれ変わりと言うのは本当に実在しているのでしょうか?霊魂の存在は証明できるのでしょうか?

生まれ変わりについて体験談をご紹介しながら見ていくことにしましょう。

生まれ変わりの話をする6人の体験談

ではまず、実際に生まれ変わりを体験した実在の人々の体験談をご紹介していきましょう。

どの話も勿論、実在した人からの意見です。

サム・テイラー


生まれ変わりの人の体験談、まず最初はアメリカのごく普通の家庭の男の子、サム・テイラーの例です。

1歳半で前世の話をする

サム・テイラーが語った前世の記憶を紹介しますと、

・父方の祖父が亡くなってから18ヶ月後(1年半後)に誕生
・1歳の時に前世の記憶が蘇り始める
・本人にとったら到底知り得ないはずの祖父や祖母の詳しい話を始める
・祖父の姉妹が殺害された事、祖母が祖父の末期にミルクセーキを作ってくれていたこと、などを語った

それにしても1歳半の年齢でこれだけの事を語れるというのは常識では考えられない事です。

生まれ変わった何かがサム・テイラー君に乗り移ったと考えた方がうんと楽ですよね。

ライアン

二人目の生まれ変わった人の体験談は、アメリカ中西部に住むごく普通の家庭の男の子、ライアン君の紹介です。

「僕は昔は別の人間だったんだ」と告げた子ども

ライアン少年の前世の記憶です。

・4歳の時から頻繁に悪夢を見るようになる
・5歳の時に「僕は昔は別の人間だったんだ」と母親に告げる
・以前はハリウッドに家があったこと
・ハリウッドスターのリタ・ヘイワースに会ったことがあること
・ブロードウエイで踊っていたこと
・従業員が頻繁に名前を変える事務所で働いていたこと など

・母親が本に写っていたある写真を発見。

それはライアンが前世で「ナイト・アフター・ナイト」という映画に出演していたものでその人の名はマーティ・マーティン。

1964年に死去していた。

ライアン君の記憶通り、ハリウッドのその家に行ってみたらそれまで語ったことが全て事実であったことが判明。

しかしライアンの前世の記憶は彼の年齢と共に薄れていってしまったようです。

このことは生まれ変わりの真実に何か、関係しているようですね。

チャナイ・チョーマライウォング

三人目の生まれ変わりの体験談は、タイで暮らす男の子、チャナイ君です。

こちらもごく普通の家庭です。

身体的な共通点らしき特徴があることも

・3歳の時に、自分がブア・カイという名前の教師であると語る
・しかもその教師は学校にバイクで行く途中に射殺された、とも語る
・その教師が射殺されたのはチヤナイが生まれる5年も前の事。

・やがてチヤナイは教師であるブア氏の両親の元で暮らしたい、と言う。

・チヤナイは知るはずもないブア氏の家の場所も知っていた
・更にブア氏が射殺された際に残った額の銃による射入創と射出創の跡がチヤナイのおでこにも生まれた時からあった

チヤナイ君は前世の記憶のみならず肉体的な特徴までが引き継がれていた、という事になりますね。

パトリック

四人目の生まれかわりの体験談は、アメリカのとある町の少年、パトリック君の例です。

なくなった兄の生まれ変わり

・パトリックが生まれる12年前にケビンという兄が2歳でがんにより死亡していた
・パトリックが生まれた時、亡くなった兄の傷と同じ特徴が既にあった
・右耳のすぐ上の腫物、首の右前方の下部に濃い斜めの形をしたマーク、左目に角膜白斑という目の病気
・4歳半の時にパトリックは兄が死亡してから今の家に引っ越したのにも関わらず、引っ越す前の家に戻りたい、と言うようになった。

しかも、その家の詳細を詳しく知っていた。

パトリック君の例でも分かるように、生まれ変わる時は、前世での肉体の特徴も引き継がれるのは本当なのでしょうか?

ケンドラ・カーター

五人目の生まれ変わりの体験談、アメリカのごく普通の町に住む女の子、ケンドラちゃんの例です。

水泳教室のコーチの赤ちゃんは私!

・ケンドラ・カーターちゃんは4歳の時に水泳教室に入ります。

彼女はその教室の女性コーチの事が大好きになりました。

・カーターちゃんはコーチに赤ちゃんがいたこと、そしてその赤ちゃんは死んでしまった事を話しました。

・その赤ちゃんは諦めなければならない病気で死んだ事も母親に語りました。

・そして彼女は言いました。

「あのコーチのお腹にいた赤ちゃんが私だったから」と。

・更にコーチが中絶していたことも語りました。

・コーチは確かに9年前に中絶していたのです。

今度の例は、全くの別人同士なのに不思議な縁で当人同士が近づきました。

その縁とは、諦めなければならない病気で死んでしまった赤ちゃんが、実はケンドラ・カーターちゃんの体を借りて生まれ変わっていた、という事です。

悲しい思いをした母親であったはずの女性コーチは、この話を聞いて、どういう気持ちになったのでしょう。

生まれ変わりというものが本当に実在するんだ、という確信に似た気持ちだったかも分かりませんよね。

ジェームス・レイニンガー

それでは最後の生まれ変わりの体験談の例をご紹介致します。

子どもには不可能な知識が見についている

ジェームス・レインガー君は4歳の時より、連日悪夢にうなされました。

・第二次世界大戦中、硫黄島で撃たれて死んだ人の夢がその中身です。

・「飛行機が撃たれた!機体が炎に包まれている!」と夢の中で何度も叫ぶ自分を見ていました。

・その後、太平洋戦争時の飛行機についての詳細な知識を披露しはじめたのです。

果たして4歳程度の子供に飛行機についての知識がそこまで備わるでしょうか?ジェームス君は当時の軍用機についての細かい知識をさらさらと話すことができたのです。

前世の飛行機のパイロットの例が生まれ変わったとしか言いようのない例ですね。

生まれ変わりとは存在するのか?

如何だったでしょうか?生まれ変わりを示唆するような例を6例、ご紹介致しました。

勿論、今回のご紹介例はほんの一部に過ぎないでしょう。

世界全国に渡ってみていけば、数える事ができないくらい、同じような例があるでしょう。

さて、実際問題、生前の人が後の時代に生まれ変わってくる、なんていう事、起こり得るのでしょうか?「そんなのあるわけない!ただの偶然かでまかせだ!」とおっしゃる方もいる事でしょう。

しかし、もし自分の身内で、前述までのような例が実際に起こったら、あなたは信じる以外に道はなくなるのでないでしょうか?

もし、生まれ変わりが全くのデタラメであるならば、何らかの科学的根拠によってこの話は完全に打ち消されているはずです。

しかし、現実的には科学では解明できていない部分がまだまだ世の中には存在していることもあなたは否定できないでしょう。

生まれ変わりは本当にある!