ある程度年齢を重ねれば社会人として会社に就職して、定年まで仕事を行い続ける、これが昔から持たれ続けてきた仕事のスタイルだといえます。

このスタイルが間違っているというわけではありませんが、仕事を行うということだけに着目して考えてみると様々なスタイルが存在していることが事実です。

そもそも、働くということはお金を稼ぐということが前提にあるので、お金を稼ぐことができれば極端な話働かなくても済むということになります。

つまり、あえて会社に就職をしなくてもお金を稼ぐ方法を見つけることができれば会社員にならなくてもよいということになります。

人によっては会社に就職したりすることがあまり好きではない、魅力的ではないと感じてる人もとても多いと思います。

しかしながら、それ以外の方法でお金を稼ぐことができない、わからないので、とりあえず就職を選択したという方も非常に多いと思います。

そこで、今回は会社員に向いてない人をテーマにして、会社員に向いてない人の特徴や会社員以外の生き方のすすめをいくつかご紹介していきます。

人と同じような生き方をするのが嫌だと思う人、会社員として一生過ごしたくないと思っている人はぜひチェックしてみてください。

会社員=社会人じゃない!

私たちが想像する社会人という存在は、どこか頭の片隅に会社員というイメージが持たれていますが、それは決して正しいとは言えません。

どういうことかと言いますと、大部分の人が会社員として仕事を行っていますが、それが必ずしも社会人としてのあり方ではないということになります。

よく考えてみれば、世の中には会社員として仕事を行っていない人も非常に多く存在しています。

例えば自営業者として自分自身で事業を立ち上げて仕事を行っている人もいますし、それを法人化して企業の社長として仕事を行っている人もいます。

それ以外にも、自営業と同じように自らが様々な技術を身につけて、フリーな働き方、いわゆるフリーランスとして働いている方も非常に多く存在しています。

なので、お金を稼ぐスタイルは必ずしも決められたものでもありませんし、社会人としてのあり方は人によって非常に多様化していると考えることができます。

だからこそ、会社員として一生過ごすことが絶対に正しいのか、そうあるべきなのかと問われると、決してそうではないと考えることができるのです。

会社員に向いていない人の特徴


そもそも会社員に向いてない人はどのような特徴を持っているのか考えたことがありますか?

非常に様々な特徴があると言えますが、大抵の場合最終的に行き着く根本的な理由などはある程度共通していることが多いです。

では、会社員に向いてない人にはどのような特徴があるのか、詳しくご紹介していきます。

少しでもこれからご紹介する特徴と共通する部分があるのであれば、会社員を辞めて自分自身で動いて仕事を獲得していくことが合っているかもしれません。

それらを判断する一つの指標として考えてみてください。

1.ルールを守るのが苦手

まずはじめにご紹介する会社員に向いてない人の特徴としては「ルールを守るのが苦手」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、そのままの意味合いですが決められたルールなどを守ったりすることが苦手な人は会社員に向いてない可能性があります。

なぜかと言いますと、会社員とはそもそも会社に所属する人間のことを意味しているので、言い換えてみれば会社のルールが絶対の存在であるといえます。

会社が決めたルールにはしっかりと守らなければいけませんし、それを破ってしまうということはその会社を裏切る行為になってしまうからです。

つまり、会社にとって不要な人間であると判断されてしまう可能性もありますし、自分自身も会社に居づらくなってしまう可能性があります。

つまり、ルールを守れない人間は会社にいると多大なストレスを感じてしまいますし、疲れてしまう可能性があるということになるのです。

なので、ルールを守るのが苦手な人は会社員には向いていないという特徴につながると考えられます。

昔からのルールなどを守ることにストレスを感じる

人によっては何かのルールに対して縛られたりすることを苦手と感じている人や、意味のないルールに縛られたくないと考える人も多いと思います。

もちろん無意味なルールに縛られたりすることにメリットはありませんし、場合によっては曖昧なルールなどが設定されたりしていることも多いです。

だからこそルールを守る側としてはうんざりしてしまうこともあるかもしれませんので、人によってはそれが極端に苦痛に感じてしまう人も多いはずです。

もしもこのように感じたことが一度でもあるのであれば、もしかすると会社員に向いていないのかもしれません。

なぜならば、自分自身で仕事を行う側に回れば自分自身でルールを設定することができるようになるからです。

また、一人で仕事をするのであればルールがあってないようなものであると考えることができます。

例えば極端な話、仕事中にタバコを吸ってはいけないというルールが会社では一般的に存在しています。

しかしながら、自営業や自分一人で仕事を行ってるような人に関しては仕事中にタバコを吸ったとしてもそれを咎められたりすることがありません。

つまり、自分自身がルールになることができると言えますので、ルールに縛られる必要性がなくなるということになります。

そうすることによってストレスから解放されてのびのびと仕事をすることができるようにもなりますし、当然仕事に対する向き合い方も変わってくる部分があると思います。

それが良い方向に動くのであれば、自分一人で仕事をした方が生産性を上がるはずなので、ルールに縛られたくない人は会社員を脱却することも一つの方法であると言えます。

2.人付き合いが苦手


次にご紹介する会社員に向いてない人の特徴としては「人付き合いが苦手」ということが挙げられます。

人付き合いが苦手だと感じてる人は非常に多くの人が存在していると思います。

会社組織に在籍している場合は、当然ながら自分一人だけでなく、様々な従業員が存在していることが当たり前です。

例えば自分の同僚や部下、そして先輩と言ったように、様々な関係性の人間が同じ職場の中で仕事をやっているということが通常です。

つまり、様々な人と一緒に仕事を行うということになりますので、当然だから絶対に必要不可欠なのが協調性や人付き合いなどになります。

当然協調性がない人間は周りから疎外されるようになりますし、場合によっては周りから嫌われてしまうような状況になる可能性もあります。

そうなってしまうと会社組織の中では生きづらくなってしまいますし、会社に行くこと自体が大きなストレスに感じてしまうことになりかねません。

また、ある程度協調性を身につけていたとしても、周りの人から飲み会などに誘われたりするのが苦痛に感じる方もいるかもしれません。

心から楽しいと思えないと、どうしてもストレスになってしまいますので、それが積み重なってしまうと大きなストレスに変化する可能性もあります。

なので、人付き合いが苦手な人は会社組織などの職場環境が向いていないと考えられるので、一つの特徴につながると考えられます。

クラスや部活での人間付き合いが苦手

人付き合いが苦手かどうか判断したりする際には、自分自身の学生時代を思い返してみると一つの指標として判断することができます。

特にまだ社会人として仕事を行っていない方の判断材料にもなるといえますが、クラスや部活での人間付き合いが苦手だと感じた場合は危険です。

学生の方であれば大抵の場合自分自身のクラスを決められて、そのクラスによってみんなと一緒に行動したりするようになります。

クラスごとに授業を受けたり、クラスごとに何か団体行事などを行ったりする事が当たり前だと思いますが、それを苦痛に感じたことはありませんか?

もしもこれらのことで少しでも人間付き合いに対して苦手意識を持っていたり、感じたことがあるのであれば、人付き合いが苦手な可能性が考えられます。

たかが学生のクラスと言っても、たくさんの人が集まって一つの目的に向かって行動するという面においては職場の環境と全く同じです。

つまり疑似体験で職場の環境を感じることができるので、この場面で苦手意識を持っているのであれば職場環境に苦手意識を持つ可能性はとても高いということになります。

それ以外にも部活においても全く同じだと言えるので、部活などの人付き合いが苦手という方も全く同様に考えられます。

人付き合いが苦手だと思っている方は、職場環境に馴染めないことも多いので、早い段階で自分自身で仕事を行っていくということを視野に入れて行動することをおすすめします。

3.真面目すぎる

次にご紹介する会社員に向いてない人の特徴としては「真面目すぎる」ということが挙げられます。

一見すると真面目な性格は会社員に向いていると思われがちですが、場合によっては真面目すぎる性格が災いになる可能性もあります。

どういうことかと言いますと、真面目な人が基本的にどのような場面でも全力で頑張るような考え方を持っています。

しかしどのような場面においても全力で頑張る考え方を持っていると、どうしても場合によっては疲れてしまうこともあります。

結果的にそれが大きなストレスになってしまったりし、大きな精神的な負担になってしまうことも十分考えられます。

うつ病になったり精神的な病気になったりする人には責任感が強い人がとても多いです。

なので真面目すぎる性格の人ほど、精神的に大きな負担をかけてしまいやすいというデータが既に存在しているのです。

その反面、あまり真面目ではない人や、上手に手を抜いたりすることができる悪賢い人などの方が会社組織などではうまくやっていける場合が多いです。

なので真面目すぎる性格の人はどちらかといえば会社員に向いていない可能性が高く、一つの特徴として考えることができるといいます。

4.自分の意見がはっきりしている

次にご紹介する会社員に向いてない人の特徴としては「自分の意見がはっきりしている」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、自分の意見を貫きたい人は会社員に向いていないという意味になります。

様々なことに対して自分自身が明確な意思を持ち、それを実行したいと考えている人の中に入ると思います。

その反対に自分自身で何かを決めることが苦手で、周りの人に決めてもらいたいと考えている人もいるはずです。

どちらが間違っているということはありませんが、前者のように自分が主体的になって何かを行動したり考えを持ちたいのであれば、会社員は向いていません。

なぜならば、会社員は自分一人で考えて行動しているわけではなく、会社の意思や未来を考えて行動を選択します。

つまり、自分がこうしたいと思っていたとしても周りの人の意見や会社としての意見が相違してしまうとそれを実行することができない可能性が高まるということになります。

そうすることによって自分自身の考え方と会社の方針にずれが生じてきて、仕事に対して疑問を持ったり嫌になったりするようなことが増えてくるはずです。

それは自分自身のストレスになってしまいますし、会社員として仕事を行っていくモチベーションが下がってしまうことにもつながります。

なので、様々なことに対して自分自身が明確な意思を持っている、その意思に基づいて行動したいと思っている人は会社員に向いていないと考えられます。

その逆に、自分自身で何かを決めることが苦手で、誰かに決めてほしいという願望を持っている人は会社員としては向いていると言えます。

自分の考えを1番大事にしたい

自分が会社員に向いているのか向いていないのか判断する際には、自分自身の考えを一番大事にしたいかどうかということを自分に聞くことがおすすめです。

自分の考えを一番に考えたいと思うのであれば、まず会社員としては向いていないと言えます。

会社員は会社がすべててあり、極端な話会社員一人の考え方はあまり重要視されない傾向にあります。

一人の考え方を重要視するよりも、たくさんの人間の考え方を重要視することが会社としての在り方として考えられています。

なので、自分自身の考えや意見を大事にしたいと思う人は会社員という環境の中では自分の考え方を十分に発揮することができないはずです。

しかしながら自分自身で仕事を展開したり、会社を立ち上げたり独立したりした場合は、様々なルールや考え方を自分自身で決めることができるようになります。

自分がどう行動したいのかと思った通りに行動をすることができますし、自分の考えに沿って物事を実行することができるようになります。

そうすることによってストレスを受ける可能性も低くなりますし、自分が本来行いたいことを行えるのでやりがいや充実感も全く違ってきます。

それが仕事を頑張るモチベーションに繋がると考えると、まさに良いことだらけだと言えます。

なので、自分自身の意見を大事にしたいと思っている方は会社組織にとらわれるのではなく、自分自身で仕事を展開していくことをお勧めいたします。

5.飽きっぽい

次にご紹介する会社員に向いてない人の特徴としては「飽きっぽい」ということが挙げられます。

なぜ飽きっぽい人は会社員に向いていないのかと言うと、そもそも会社自体が同じことの繰り返しを行う場所だからだと言えます。

基本的に会社に属している人は毎日行うことが決まってることがほとんどであり、今日は全く違うことを行うということが原則ありえません。

そもそも会社という場所は様々な業務を行っている場所なので、毎日の仕事をコロコロ変えたりすることはあまり効率的ではないと判断しています。

同じことを毎日コツコツ行ったほうが、物事を行う精密度の高まりますし、慣れてくれば作業スピードも断然早くなると言えます。

なので、その人間の適材適所をよく考えた上で責任の場所で毎日同じようなことを行ってもらうということが一般的な会社の業務になります。

同じようなことを繰り返し行うことが好きな人であれば特に問題はありませんが、これを苦手と考えている人が会社員に向いていないと言えます。

なぜならば、これから長年仕事行うことを考えてみると、非常に長い間同じことを繰り返し行なっていかなければいけないということになります。

つまり、それを苦手と考えている人はこれから先永遠にストレスを受け続けていかなければいけないということになるからです。

なので、それが嫌なのであれば自分自身で考えて行動することができるようなもっと自由な考え方ができる仕事を展開する必要性があると言えます。

特に自営業に関しては自分自身で考えて行動することができるので、あきっぽい性格の人は自営業を行うことをお勧めします。

6.無駄なことはやりたくない

次にご紹介する会社員に向いてない人の特徴としては「無駄なことはやりたくない」ということが挙げられます。

もしも自分自身の考え方の中に無駄なことは一切したくないという考え方があるのであれば、会社員として働くことが向いていない可能性があります。

なぜかと言いますと、そもそも会社という存在の中には無駄なものがたくさん存在してる可能性がとても高いからです。

徹底的に無駄をなくしてる会社組織というのはあまり存在しておらず、大抵の場合は少しくらいの無駄が存在している場合がほとんどです。

つまり、無駄なことを行うことが嫌な人からしてみると大きなストレスを感じてしまう可能性がとても高いと言えます。

もしも自分自身が無駄に感じたとして、それを自分自身の周りの人や上司に訴えたとしても、そのルールが変わるということが原則ありえません。

周りのたくさんの人間の強い人が集まったりした場合であれば話は別ですが、原則としてよっぽどのことがない限り会社のルールは変わりません。

全ての会社のルールを無駄なく変えたいと思うのであれば、それよりも自分自身が独立して仕事を展開していた方が圧倒的に早いと言えます。

また、そうすることによって自分自身が無駄のないルールを設けることができるようにもなりますので、圧倒的にストレスも減少すると言えます。

なので、少しでも無駄なことをしたくないと思う考え方があるのであれば、そもそも会社員という仕事のスタイルがあっていない可能性が高いと言えます。

自分が無駄だと思う事をしたくない

会社組織の中にはたくさんの無駄なことがあるとお伝えいたしました。

例えば本当にたくさんの人が読むのかどうかわからないような資料作成したり、重要な何かが決まるわけでもない会議を延々と行ったりすることが該当します。

この世に会社組織の中においては無駄なことなどがたくさんはびこっていると考えられます。

このようなことに対して無駄なことはしたくないと思ったり、何か意味があるのかと疑問を持ったりする人はまず会社員が向いていないと考えられます。

しかしながら、その反対にそのような無駄なことをしている間も賃金が発生するということを嬉しく思うのであれば、会社員としても向いている人であると考えられます。

どちらが良い悪いというわけではありませんが、やはり何か行動するのであれば意味を持った上で行動したいと思うのが魅力的な考え方にもつながります。

将来自分が無駄なことに少しでも時間を使いたくないと思うのであれば、今のうちに事業を展開するイメージを湧かせたりして、独立の準備を進めることをお勧めします。

7.集団行動が出来ない

次にご紹介する会社員に向いてない人の特徴としては「集団行動が出来ない」ということが挙げられます。

なぜ集団行動ができない人は会社に向いていないのかと言うと、そもそも会社自体がたくさんの人間と一緒に行動を共にする場所だからです。

会社とは言われてみれば同じ目的を持って、利益を上げていくための集団であると考えられます。

つまり、同じ目的に向かって力を合わせて集団で行動を行っていかなければいけない場所であると考えられるのです。

しかしながら、人によっては集団行動を行ったり、力を合わせて行動したりすることに対して疑問を持つような方もいると思います。

人に合わせたりすることを魅力的に思わなかったり、面倒だと感じたりする人も少なからず存在しているはずです。

そのような考え方を少しでも持っているのであれば会社組織に向いていない人である可能性がとても高いです。

人生の長い時間を仕事に費やすということを考えてみると、これから会社組織の中で力を合わせていかなければいけないことがたくさん生まれてきます。

その度にストレスを感じたり、疑問を感じたりするのであれば早い段階で仕事を辞めるべきであると言えます。

つまり、周りの人と力を合わせることがない環境に移行すること、独立をして自分でお金を稼いでいくという選択肢を選ぶべきであるといえます。

なので、集団行動ができない人は会社員に向いてない人の特徴として該当すると考えられます。

「みんなと一緒」というのが出来ない

集団行動ができない人はみんなと一緒に何か行動するということが不得意な人やそれが出来なかったりする人がほとんどです。

これは人によって得意不得意が存在するので、しょうがない部分も存在していると言えます。

その逆に周りのみんなと一緒に行動しないと不安に感じる方も多くいるので、これまでの生活環境や生活スタイルの影響によって変化すると言えます。

しかしながら、だからといって苦手なことをこれからずっと我慢し続けるということはあまり得策ではありません。

自分が嫌だと思うことなのであれば、それを行わないという選択肢を選択することができるはずです。

なるべく個人の実力を発揮することができるような企業に転職したり、自分自身で仕事を展開していくということも十分選択肢としてありえますよね。

この世に自分自身で考えて、自分の能力を最大限発揮できるような場所を見つけることが非常に重要であると考えられます。

会社員として仕事を行うことが一番理想的であるという考え方は誰かが決めたことでもありません。

たくさんの人がそうしているので、それが正しいという風に見受けられがちですが、全ての選択肢に正解不正解というものは明確に存在していません。

それを踏まえた上で、自分がどのような選択肢を選ぶのかということをよく考えて行動してみてください。

8.立場や権力という言葉が嫌い

次にご紹介する会社員に向いてない人の特徴としては「立場や権力という言葉が嫌い」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、立場や権力といったものにすることが好きではない人かどうかということです。

人によっては立場や権力などに関係なく、本当に大事なことを貫いていけないと思っている人が存在しています。

しかしながら、このような考え方を持っている人は会社組織においてはあまり魅力的な考え方ではないと考えられています。

なぜかと言いますと、会社組織とは言い換えてみれば様々な立場や権力がはびこっているような場所であると言えます。

会社組織には図式が存在しており、一般的には立場が上かどうかというところで判断されています。

つまり、立場がない人間は立場がある人間に対して逆らうことができないというような図式が自然と成り立っている場所でもあるのです。

たとえ自分が本当に正しいことを言っていたとしても、立場が上の人間がそれをノーと言えばそれはまちがっていることになりかねないということです。

これは少し極端なことかもしれませんが、会社の様々な方針などは会社の偉い人が決めることが主です。

なので、このような立場や権力と言った言葉や、考え方が苦手な人は会社組織には向いていない人であると考えられます。

長いものに巻かれるのがあまり好きではないという考え方を持っているのであれば、自分自身で仕事を展開し、平等な職場環境を作る方が圧倒的に早いはずです。

なので、立場や権力が嫌いな人は、独立して仕事を行うほうが向いているといえます。

当てはまった人におすすめの会社員以外の生き方

もしも自分自身に会社員に向いてない特徴が備わっているのであれば、会社員以外の生き方を考える必要性があると言えます。

しかしながら、会社員以外の生き方を考えた時に、どうしていきたいのかということを悩む方も非常に多いと思います。

そこで、ここからは会社員以外の生き方をいくつかご紹介していきたいと思います。

会社員以外で生計を立てていくためには、どのような方法があるのか、この機会にチェックしてみてください。

在宅ワーカー

まずはじめにご紹介する会社員以外の生き方として「在宅ワーカー」が挙げられます。

在宅ワーカーとはどのような仕事なのかと言うと、会社や団体などに所属してない個人事業主のことを意味しています。

どのような仕事があるのかと言うと、自分のスキルを生かす仕事全般であると言えます。

では具体的にどのような仕事があるのかということ、例えばデータ入力やホームページの制作、デザイン関係の仕事やプログラミングなど様々な仕事が存在しています。

もちろんそれ以外の様々な仕事が存在しており、現在はインターネットの発達によって自宅にいながら様々な仕事を行えるようになっています。

考え方次第によってはどのような仕事でも行うことができる可能性があるので、非常に幅広く可能性のある職業であると言えます。

自宅で仕事が行えるので、会社組織に縛られずに自由にのびのびと仕事を行うことができるのが大きな特徴であると言えます。

もしも自分自身に何らかの好きなことや趣味があるのであれば、それを使って仕事に結びつけるような考え方がおすすめです。

クリエイター

次にご紹介する会社員以外の生き方として「クリエイター」が挙げられます。

クリエイターと一言に言っても様々な職業が存在しており、例えば作詞家や作曲家、それ以外にも様々な企画などの原案者などが挙げられます。

また、最近ではYouTubeの動画を作るクリエイターであるユーチューバーなのが流行りの中心にあると言えます。

人気が出れば想像以上の金額を稼ぐことも可能で、非常に夢にあふれた職業であると言えます。

自分自身がしっかりとしたスキルを持っているのであれば、クリエイターとして活躍する機会は今非常にたくさん存在していると言えます。

もしも自分自身が何らかのスキルを持っており、それを持て余しているのであれば、クリエイターとしての仕事に結びつけてみるのもおすすめの生き方であるといえます。

自分のスキル一本で仕事を行うことができるので、会社組織にとらわれずに自由に仕事を行うことが可能なので、自由性の高い職業です。

起業

次にご紹介する会社員以外の生き方として「起業」が挙げられます。

起業とは、自分自身で仕事を展開していくことを意味しており、何らかのサービスを自分自身で提供していくことになります。

自分のアイデア次第で大きくお金を稼ぐことができますし、自分で起業すれば自分が定めたルールに則って仕事を行うことができるようにもなります。

なので自分自身の考え方次第で全て行動することができる魅力的な仕事であるともいえます。

しかしながら、それと同時にうまくいかなかった場合は全て自分自身の責任になるので、非常にシビアな生き方にもなると言えます。

自分自身の責任でも良いので、自由な生き方がしたいと思うのであれば起業する生き方はまさに魅力的な人生になるといえます。

【起業アイディアは、こちらの記事もチェック!】

一度きりの人生!どう生きるかは自分次第

今回は会社員をテーマにして、会社員に向いていない人の特徴や会社員以外の生き方のすすめをいくつかご紹介していきました。

会社員として人生を終える方はたくさんいますが、それと同時に自分で行動してお金を稼ぐ自由な生き方をしている人たちも多く存在しています。

どちらも一長一短がありますが、それと同時にその生き方でしか得られることがない幸せが存在していると思います。

どちらを選ぶのかは自分次第ですが、一番大切なのは自分自身が後悔しない人生を選択することであると言えます。

長い将来を考えた時に、自分がどちらの道を選んで後悔しないのかということをよく考えた上で選択するようにしてみてください。