毎年温暖化の影響により、暑さは徐々に厳しいものとなっています。

熱中症で倒れる人も多く、例年以上に異常気象が続いているので本当に危険です。

冬場は着込めば何とかなりますが、夏場は外と室内によって温度差があまりにもありすぎるので体調を崩してしまう人も少なくはありません。

特に夏場は麻や綿などの記事や、過ごしやすい服装で挑まないと命に関わる恐れも出て来ておりますので、少しでも暑さ改善できるようにして下さいませ!

この記事では、蒸し暑い日のおすすめファッションやヘアスタイルを紹介します。

いい女になれる!蒸し暑い日のファッション&ヘアスタイル!

暑い夏は冬場とは違い着込む必要がありませんので、最低限の格好のみで問題ありません。

服装も重視ですが、髪の毛の長い人はアレンジをした方が良いでしょう。

髪の毛って多い人だと蒸れるし暑いし痒くなりますし、かきむしったりしてあせもやみみず腫になってしまう人もいるんですよ。

涼しさはもちろん、髪型も何とかしないと難しいでしょう。

1.動きやすいのにいい女!王道リゾートワンピ♪

リゾートワンピースとは足首まである長いマキシ丈のワンピースです。

別にリゾートのみだけではなく、普通に外出着として着ている人もいます。

マキシ丈なので年齢層関係なく好んで着ている人もいますよ。

端から見ると歩くのにやや困難そうとは思うかもしれませんが、涼しい素材で出来ているので便利です。

動きにくいというのであれば、スリットが入ったリゾートワンピもありますのでそちらをお勧め致します。

年齢層が高い人であれば、セレブリティに見えますからね。

生地が麻などが多く、熱を逃がしやすいものなのでジーパンなんかよりも涼しいでしょう。

近年リゾートワンピースやスカートなどは定番と化しており、夏場ではよく見かける事も多いです。

マキシ丈は良いのは良いのですが、どんくさいような人だと転けてしまう人もいるので気を付けて下さい。

膝丈までのものもあるのですが、リゾートワンピースというとマキシ丈のイメージがあるようですね。

リゾートワンピは種類も豊富で色々とありますが、ボヘミアン調や花柄や無地などがあります。

色や柄によって合う合わないがあるのですが、自分とマッチするものを選びましょう。

NGとしてはグレイや黒などの重ための色、ノースリーブではない半袖、リゾートワンピの下にTシャツを着る事ですね。

グレイや黒だと地味というよりもリゾートっぽさがなくなってしまうので、涼しさを与える所か地味なオバサンという印象しか与えません。

これは滅多にない事ではあるのですが、リゾートワンピの下のTシャツを着る人がまれに居ます。

人の趣味だし別に良いかもしれませんけど、Tシャツを着込んだり半袖のリゾートワンピだと田舎のおばちゃんにしか見れないので止めましょう。

結構マキシ丈まであるので体型を隠せると思っている人が多いようですが、体型が悪いと全体的に崩れているようなイメージになってしまうため、どうしても芋にしか見えなくなってしまうようです。

大半芋っぽい人って靴は夏場なのにスニーカーですし、籐のカバンをせっかく持っているにしてもより主婦感が出ているので全くイケてません。

Tシャツ着てるのってめちゃくちゃダサいですよ!

ロングならコテで軽くまく


リゾートワンピースと相性が良い髪型は、色々ありますがロングヘアの場合はパーマやコテで軽く巻くのがおすすめですね。

髪型が違うだけでよりセレブリティっぽくなり、上品さをアップさせます。

グラサンをかけているとハリウッドの女優ぽくなるでしょう。

もう少し柔らかい印象に見せたい場合は、花の髪飾りや麦わら帽子がおすすめです。

一番王道と言えるのはロングヘアかもしれません。

黒髪だと重たく見えてしまうのですが、茶髪やアッシュ系が映えて見えますよ。

どんな髪型にしたら良いかわからない人や、アレンジが得意ではないという人向けに、単純にすれば誰でもよく似合う事も出来ます。

アドバイスするとしたら、ロングヘアでリゾートワンピと合わせるのであれば、メイクは少々濃い目の方が良いでしょう。

ゆるい三つ編で可愛らしく

ゆるい三つ編みは若い女性のみに似合うかもしれません。

三つ編み自体幼い印象なので、年齢層が上の人だと若作りしているようにしか見えませんので注意して下さい。

昔っぽい2つの三つ編みではなく、1つのゆるい三つ編みの方が可愛らしく女性的な印象があります。

2つの三つ編みは悪い訳ではなく、10代くらいの学生さんがするとよく似合っていますね。

今時の三つ編みというより編み込みを含ませた三つ編みなど尚良です。

リゾートと清楚なお姉さん感を出すので1つの三つ編みを前に垂らすと、よりグッドでしょう。

三つ編みっておとなしめな印象があるのですが、何故かリゾートワンピだと印象が大分違うんですよね。

ベタな2つの三つ編みだと活発そうな印象に見えますし、1つの三つ編みであれば控えめな印象を与える事が可能になります。

ロングヘアも良いのですが、暑くて蒸れるような場所だと髪の毛が皮膚に張り付いてしまうため、多少手間でもくくっている方が楽でしょう。

メイクに関してですが、ゆるい三つ編みの場合はベースメイク程度にまで抑えて下さい。

何故かと申しますと、ロングヘアはセレブリティっぽさがでるのですが、三つ編みは清楚感が強調されますのでメイクが濃いとイメージダウンしてしまうのです。

一つ結びアレンジで大人っぽく

一つ結びって可愛いですよね。

最近のものは編み込みが多いので、単純な一つ結びよりもずっと可愛らしいです。

ただよほど美意識高い人や編込みが得意な方なら良いと思うのですが、編み込みって結構難しいんですよ。

誰かにやってもらえるなら一番良いのですが、現実的にそういうわけにもいきませんもんね。

三つ編みと一つ結びを合わせてアレンジする事も可能なので、見ていて可愛いなとは思うでしょう。

普通に下ろしているのと、頑張ってアレンジしているのでは全然違います。

大人っぽく見えますし、男性が好みそうな感じになります。

結構髪の毛のアレンジで印象が大きく変化するため、男性的に良いと感じるみたいですね。

2.派手な柄でも挑戦できる!涼しい素材のロングスカート♪

冬場にも好まれるロングスカートですが、今や夏場にも登場しています。

ロングスカートって結構着回しが利きますし便利ですよ。

春夏秋冬問わず、使い勝手が良いのです。

ただ素材を夏用にする必要はあります。

たまにケチな人で冬場のロングスカートを夏に着用してしまう人もいるのですが、蒸れてしまうのでおすすめは出来かねます。

ロングスカートは黒やネイビーを好んで着用している人が多いですが、夏場だとデニム生地のロンスカやカーキ色やベージュ系なども可愛らしいですね。

派手な色というと赤色やかもしれません。

春や夏にはおすすめの色味ですし、年齢層関係なく着用出来るのでおすすめですよ。

3.いい女だからこそできる!涼しいショートパンツ♪


ショートパンツは良い女でないと実践出来ません。

普通に歩いていてもよくショートパンツを履いている女性を見かける事は多いのですが、残念ながら良い女かデブかという二極しか見たことがないです。

あんまり普通の人は見かけないかもしれませんね。

デブ+ブスの人には申し訳ありませんが、見苦しいのてやめて下さい。

自分で気づくような人はいないですが、後ろから見ればセルライトが物凄くびっしりついてしまっている人がいます。

後ろ姿なんて自分では分からないから、誰かに指摘してもらわないと気がつく事がないのです。

良い女が履くと、めちゃくちゃカッコいいというか見惚れちゃうものなのんですよね。

これは男性だけではなく、女性も同じです。

足が綺麗な人はケアを怠ってはいません。

ショートパンツを履く時の注意点としては、青アザがあればちょっと減点対象となってしまいますので、隠すなりした方が良いですよ。

正直な話、ショートパンツほど露出をしてもいやらしい感じがないです。

胸よりもやっぱり足でしょう。

足はケアをしていないと綺麗にはならないんですよ。

まさにいい女で努力している人間だからこそ出来るものになります。

無造作ヘアでかっこよく

ショートパンツというとアクティブ、もしくはスタイリッシュなイメージを持っていると思います。

ごてごてしいヘアでも悪くはないのですが、ショートパンツは露出度が高いので、ケバく見えてしまうんですよ。

何も飾っていない無造作ヘアの方が、魅力的に見えるでしょう。

無造作ヘアはストレートやショートカットの方がよく似合います。

飾っていない分、綺麗に見えるんです。

簡単まとめ髪で動ける女

ポニーテールや1つくくりにしても、ショートパンツにはよく似合います。

簡単まとめ髪と聞くと結構面倒くさがりなイメージもあるようですが、スポーティーな印象を相手に与える事が可能です。

あんまりショートパンツで着飾っているような人はいなくありませんか?
大体がTシャツにジーパン生地というスタイルの方が多いです。

あまり色気はないように思えるかもしれませんが、Tシャツだけでも体型は出るものですし、細い人だとスタイルが目立つので、男性受けはとても良かったりします。

ショートパンツはとても楽なのでやっては欲しいのですが、足が全て丸出しになってしまうので難しいんですよね。

4.みんなに涼しさをおすそ分け白コーデ

夏場に涼しさと清潔感をお届けするのであれば、白い服です。

白は元々清潔感があり、いつの季節でも着る事が可能なんですよ。

黒は熱を吸収しやすくなりますし、グレーは汗がひどい人だと目立ってしまうので太っている人が着ていると物凄くみっももなく見えるでしょう。

デブやブスほど白を好まず、グレーを着るので汚いんですよね。

白いトップスや白い靴などでしたら年齢層関係なく着れるでしょう。

可愛いトップスもあり、白いTシャツだけでも十分スタイリッシュに見えます。

レースのついているものでもおしゃれですね。

白いパンツは余程足に自信がある人でないと履く事は出来ません。

何せ白いパンツは太く見えてしまうので、細くないと余計に太って見えてしまうんですよ。

白コーデは自分だけではなく他の人にも影響を与える事が出来るので、上手く着こなす事がない出来ると夏場でも嫌がられる事はないです。

第三者目線だと何となくなんですけど、涼しい印象を与える事も出来ますからね。

夏場で暑苦しい服装をしている人は嫌がられます。

髪型は透明感を意識して

透明感といってもハゲ坊主という訳ではありません。

髪色や髪型によって透明感を演出出来ます。

そもそも髪の毛の透明感とは何か?という事ですが、肌と同じようなものだと思って下さいませ。

透き通るような髪の毛の人は透明感があると認識されます。

透明感を演出するのであれば、グレーやアッシュ系がおすすめです。

ダーク系よりもライト系にすると、より透明感が増します。

太陽の光に照らされた時、明るくなれば良いでしょう。

透明感のある髪型は空気を含ませるようなものですね。

この場合は重たく見えてしまうストレートよりも、ふわふわなパーマがおすすめです。

ただし髪の毛の透明感は、ダメージがひどいとどんなに頑張っても透明感は出なくなってしまいます。

定期的なヘアケアをしましょう。

5.今年っぽさならミモレ丈スカート

今年っぽさもですが、大人っぽさも演出するのであれば、ミモレ丈スカートが一番でしょう。

ミモレ丈とは膝下のスカートの事になります。

結構冬でも夏でもミモレ丈のスカートを履いている人は多いですよ。

膝下のスカートなので露出は高いわけではなく、30代以上の女性に人気があります。

動きやすいですし、ほどよい清楚感が演出出来るので好まれるようです。

シンプルな色であればどんなトップスとも使用する事ができます。

一般的に好まれるのが、赤や紺ですね。

全季節に対応出来るのであれば、カーキ色やからし色がおすすめです。

ミモレ丈のスカートは種類も多く、バルーン系のものだと動きやすくて軽いですよ。

1着あれば着回しも可能となります。

ふんわり1つ結びで癒し女性に

しっかり結んでいるような女性は、どうしてもお硬いという印象が付いてしまいます。

同じ様な結び方でも、ふんわりとさせていると大分印象が変化するものです。

別にそんな難しいものではありませんし、たかが髪の毛と思うかもしれませんが、ふんわりさせているとやっぱり可愛いと思っちゃうんですよね。

柔らかそうな髪の毛に癒やされる事ってあるんですよ。

髪の毛で結構性格ってでるものです。

真っ直ぐな髪の毛の人だと、ちょっととっつきにくい感じがあります。