バイト先の人間関係は、そのバイト先を楽しくするために大切です。

人間関係さえ良ければ、少々大変な仕事でも皆で楽しく乗り切ることができるでしょう。

しかし、この記事を読んでいる人の中には、バイトの人間関係で悩みを持っている人もいるかもしれません。

もしそのような悩みを持っているのであれば、今回お伝えする、バイト先の人間関係を行くするコツを実践してみてください。

コツさえつかめば良好な人間関係を築くことができるでしょう。

また、新しいバイト先に移るタイミングでこのコツを実践しても良いでしょう。

新しい人間関係を良好にできるでしょう。

それでは具体的にお伝えしていきます。

バイトの人間関係を良くする5個のコツ

この章ではバイト先の人間関係を良くするコツをお伝えします。

バイト先の人間関係が良好であれば、そのバイトは楽しく過ごせるでしょう。

人間関係は、しっかりと自分の意思を伝えられれば意外と簡単に良好になるものです。

簡単な5個のコツを覚えて、あなたも良好な人間関係を築きバイト生活を楽しみましょう。

1.自分発信で

人間関係を良くすることは、自分発信で積極的に話しかけることです。

特にバイトに入りたての頃は、バイト先の先輩に自分を知ってもらうためにも自分発信で話しかけるべきです。

自分発信で話しかければ、相手もあなたが何を知りたいのか分かるので、話しやすくなるのです。

まずは少し恥ずかしくても、自分発信で話しかけることを試してみましょう。

挨拶

一番簡単な自分発信で話しかける方法は、挨拶を自分からすることです。

挨拶は人間関係を良くする基本です。

ただし、模範的な挨拶のように、笑顔で相手を見て大きな声で、などは難しい環境の人もいるでしょう。

また、性格的にそのような挨拶ができない人もいると思います。

そのような時は無理をせずに、自分らしく振舞えば良いでしょう。

できれば相手や職場が求める雰囲気の挨拶ができればベストです。

できる仕事は手をあげて

仕事をする際に、積極的に自分をアピールすることも、人間関係を良くする上で大切です。

手をあげて仕事を行うとは、一例ですが、そのように自分をアピールする姿勢が大切です。

しかし、アピールするポイントは何でも目立つことやポジティブでなくても大丈夫です。

あなたの個性や繊細さが活かせる職場では、そのような部分をアピールしても良いのです。

自分が活かせるバイト先を見つけることが大切です。

2.尊敬を言葉に

もしあなたがバイト先の先輩に尊敬の念を抱いているのであれば、積極的にその気持ちを相手に伝えましょう。

尊敬されて嫌な気持ちになる人はいません。

もちろん、その気持ちが上辺だけのものであれば、中には見破る人もいるでしょう。

しかし、本心で尊敬している場合は相手の心を満たしてあげられることもあります。

そんなあなたのことを、その先輩も可愛がってくれるでしょう。

そのためには、尊敬の気持ちを言葉に変えて相手に伝えることが有効です。

先輩のようになりたい

バイト先の先輩の自尊心を満足させる言葉を伝えることも効果的です。

「先輩のようになりたい」という殺し文句は意外と有効です。

特に同性の先輩に効果を発揮します。

そのような言葉をかけられた先輩は、あなたに好意を抱いて可愛がってくれるでしょう。

その人が時給を上げる権限などがあれば、時給を上げてもらえるかもしれません。

ただし、あまりにお世辞じみた言い方は禁物です。

用心深い人の場合は、かえって警戒されてしまいます。

本心からそう思える人に言うようにしてみましょう。

教えてください

入りたてのバイト先では、素直になることが一番です。

例え知っている知識でも、教えてもらえることに感謝してみましょう。

そして、分からないことには素直に「教えてください」と聞いてみると良いでしょう。

素直なあなたの態度に共感した先輩は、あなたと良好な人間関係を築いてくれるはずです。

また、あなた自身の新しい知識の吸収率も向上するでしょう。

3.コミュニケーションをとる


バイト先の人間関係を良くするために、積極的にコミュニケーションをとるようにしましょう。

初めのうちは、自分からコミュニケーションをとることは勇気がいるかもしれません。

しかし、相手からすれば自分たちのバイト先に新しい人が入ったのですから、あなたからコミュニケーションをとる必要があります。

そうすることで、相手もあなたのことを理解しやすくなります。

時には雑談も

仕事では真面目さが求められますが、時には雑談も必要です。

雑談は人間関係を円滑にする効果があります。

休憩中の雑談は交流を深めて、仲の良い職場作りに役立ちます。

積極的に雑談をして、先輩たちと仲良くなりましょう。

しかし、うっとうしく思われないように、適度な距離を保つ必要はあります。

その辺りは相手との交流の中で、感覚的に把握していきましょう。

4.感謝を示す

感謝は人間関係の潤滑剤のようなものともいえます。

感謝をする習慣のある人は、相手からも感謝されるようになるでしょう。

バイト先でも、ちょっとした先輩のフォローや気遣いにまで感謝できれば、自ずと人間関係も良くなるでしょう。

ありがとうを忘れない

ありがとうと言葉に出して感謝すると、感謝の効果は向上します。

何か感謝する事柄があれば、直接本人にありがとうと感謝をしてみましょう。

言われた本人は嬉しさを感じて、あなたに好意を抱いてくれるでしょう。

そのためには、相手にしてもらった事は忘れないうちに感謝して、ありがとうと伝える習慣をつけましょう。

5.信頼関係を築く

バイト先で信頼関係を築くには、今回お伝えした、挨拶をする、敬意を表す、自分からコミュニケーションをとる、感謝をする、といった事柄を守れば、自然と信頼関係が築けてきます。

もちろん仕事なので、教えられた仕事はなるべく早くこなすことが大切です。

そうすれば、信頼関係が築かれた、楽しく充実したバイト先にすることができるでしょう。

仕事を円滑に進めるために

仕事を円滑に進めるには、上記のように人間関係の円滑さと、仕事をしっかりと覚えることの二つの事柄が必要です。

さらにもう一つ、時間はしっかりと守るようにしましょう。

時間を守ることでより信頼感が生まれ、より快適なバイト生活が過ごせるでしょう。

バイトの人間関係を良くする注意点


この章では、バイト先の人間関係を良くするための注意点を紹介します。

仕事をしっかりと覚えることはもちろん大切ですが、人間関係を良くするには、日ごろの人付き合いが重要です。

相手に不快な思いをさせず、自分も快適でいられる注意点を守り、良好な人間関係を維持していきましょう。

1.悪口は言わない

バイト先では職場の人の悪口は言わないようにしましょう。

特に新人の頃に、まだ人間関係がよく分からない時期に悪口を言うことは危険です。

また、人は悪口を言う人を内心良く思いません。

悪口は言わずに、前向きな話題で楽しい会話を心掛けましょう。

雰囲気が悪くなる

悪口は愚痴と一緒でその場の雰囲気を悪くしてしまいます。

そのため、バイト先を不快な環境にしてしまう恐れがあります。

意識して悪口は慎み、雰囲気の良い職場を心掛けましょう。

他の人に同調も禁物

他人が悪口を言い始めても、同調しないようにしましょう。

多くの場合、悪口を言う人のことを、周りの人は良く思っていません。

同調してしまうと、あなたも周りの人に悪く思われてしまう可能性が高まります。

悪口には同調せずに、良い話題で盛り上がりましょう。

2.シフト

バイトの多くはシフト制です。

月の希望勤務日をマネージャーなどに提出してシフトを決めてもらいます。

その際に、あまりにわがままな希望は良く思われず、次第に勤務日数を減らされてしまう原因になる場合があります。

シフトは全体のバランスも考慮して希望しましょう。

休みすぎない

あまりにも長期の休みは周りとの協調性を欠くので要注意です。

特に繁忙期や人手不足の時に休み過ぎると、最悪首になる危険性があります。

長期の休みが欲しい時は、あらかじめ相談する、代わりの人を見つけておくなどして迷惑がかからないようにしましょう。

譲り合いを大切に

また、多く働きたくて、たくさんバイトに入りたい場合も、あまりにも自分の希望を優先させようとすると周りに引かれてしまいます。

自分の希望も出しつつも、他の従業員のことも考えて、譲り合いの気持ちでシフトを希望しましょう。

どうしてもたくさん入りたい場合は、掛け持ちがおすすめです。

掛け持ちをすれば、それぞれのバイト先で入る日数が減り、トータルでの日数は増やすことができます。

そのため希望の日数で働きやすくなります。

3.ラインをひく

バイト先で上手くやるには、ある程度ラインを引くことも大切です。

バイトはあくまで仕事、プライベートは別、と割り切ることも良いでしょう。

もちろん仲が良い職場は良いものですが、プライベートと分けたい場合は、ラインを引いて管理しましょう。

仲良くなりすぎない

バイト先の仲間とは仲良くなり過ぎないようにすることも、ラインを引きたい人にはおすすめです。

しかし、バイト先で心を許せる人と出会えたり、恋人ができる場合もあります。

そのような場合は無理をしてラインを引かずに、その関係を大切にしましょう。

自分がどのようにバイト先の人と関わりたいかにより、関係が変わってきます。

自分の考えを大切にしましょう。

4.甘えすぎない

バイト先でも慣れてくれば一人前として扱われます。

その際にいつまでも甘えていると、愛想をつかされる可能性があります。

若いうちは可愛がられやすいものですが、それでも職場なので甘え過ぎは禁物です。

仕事は仕事としてしっかりと行うようにして、ちゃんと評価されるようにしましょう。

5.ストレスに気をつける

バイト先にもストレスは付き物です。

どんなに楽しい職場でも、時には嫌な思いをする可能性もありますし、相性が悪い人もいると思います。

嫌な思いや相性が悪い人との時間はストレスを生みます。

ストレスは放っておくと徐々に溜まりだし、気が付かないうちに心身を蝕みます。

気が付いたらうつ病や脱毛症が起こるという場合もあるので、早めの対策が必要です。

具体的には、バイトが終わったら美味しいものを食べたり友達と会うことで、溜まらないうちにストレスを解消することをおすすめします。

また、ストレスに対抗する強い心身を形成する際に必要なビタミンCやカルシウムなどをしっかり補給しましょう。

がんばり過ぎや我慢のし過ぎは禁物です。

ストレスは小まめに解消して、健康な心身を維持しましょう。

様々な年齢やタイプの人がいる

バイト先には様々な年齢やタイプの人が働いています。

その全てに良好な関係を維持することは難しいといえるでしょう。

そのため、相手に合わせることも必要になります。

もちろん合わせ過ぎはストレスを生み、心身に良くありません。

しかし、バイト先で色々な人と接していると、社会勉強になります。

物事は解釈で変わる部分もあるので、自分に都合が良い解釈でストレスを軽減していきましょう。

しっかり気分転換すること

バイト先の人間関係を良くするためには、しっかり気分転換をすることがおすすめです。

いつまでも不快な気分を引きずってしまうと、あなた自体の雰囲気が悪くなってしまいます。

気分転換をして良い気分を取り戻すことは、あなた自身の評価を上げることでもあるのです。

自分をちゃんと労い、良好な心身を維持してバイトに臨みましょう。

一緒に気持ちよく働けるように

いかがでしたでしょうか?

バイト先での人間関係を良好に保つコツは、いかに先輩に気に入られるかが重要です。

ただし、無理に媚を売るのではなく、同じ職場の仲間として良い関係が築けるようにしていく姿勢が大切です。

一緒に気持ちよく働ける仕事環境をバイト先の仲間と共に作りましょう。

そして、バイト先でも経験は、その後に就職をする際に必ず役立ちます。

より高収入が得られ、社会的にも重要なポジションにつく社会人になった際にバイト先の人間関係で学んだ事柄が役に立つのです。

そのためにも充実したバイト生活を実現しましょう。