扇動に惑わされるな!」なんて言葉を聞いたものの、その「扇動」と呼ばれるものがそもそもどのようなものなのかを知らないでいると相手が何を伝えようとしているのかわからないですよね。

とはいっても、現代社会だけではなくあらゆる時代において”扇動するもの”とその”扇動に惑わされてしまうもの”に分かれるものです。

あなたは、これまでに「扇動」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

人によっては、まったくもってその言葉に出くわしたことがないために「扇動に注意してね」なんていわれたところで相手が何を話そうとしているのかなんてまったくもって理解できないですよね。

しかし、そのような忠告を受けているということは、あなたが”誰かに意見をコントロールされているような状況”にいるかもしれないということになります。

あなたは、そのようなことは身に覚えがないでしょうか?

この世界には、たくさんの「扇動されてしまっている人」というのがいます。

その中の一人があなたかもしれないんです。

しかし、そのように扇動されているということは、それぞれの人の個性を出すことができない世の中になっているといっても過言ではないんですよね。

そのようにしないためにも、それにあなた自身がこれから扇動されないためにも「扇動」というのはどのようなものなのかを学んでいきましょう。

この記事では、誰もが気を付けるべきである「扇動」について特集しています。

「扇動」とはどのようなものなの?

「扇動される」ってどういうこと?

そのようにされないためにはどうしたらいいの…?

などなどあらゆる角度から「扇動」ということに関して特集しています。

この記事を読めば、誰かに気持ちをコントロールされることなくあなたらしく生きることができるはずです。

あなたは扇動されてない?大丈夫?


あなたは、”何かを決めなくてはいけない”という場面において、どのようにその事柄を決めていますか?

人によってはだれにも頼ることなく、自分の本当の気持ちを自分でしっかりと分析することによってその気持ちに従うという人もいるでしょう。

しかし、”何かしらに不安”な気持ちを抱えている人というのは、自分の意見を信じることもできないので、誰かに相談したり、なかにはネット掲示板やネット情報を見ることによってその決断をしてしてしまっているのでしょうか。

もしもそのように「誰かに意見を募っている」とか「どこかに乗っている情報を参考にしている」という場合には、まさにあなたは「先導を受けてしまっている」かもしれません。

とはいっても、「扇動」っていったい何を示しているかわからないという方もおられることでしょう。

「扇動」という言葉の意味については、のちほど詳しくお伝えしていきますが簡単にその意味をご紹介しますね。

ずばり、「気持ちをあおることによって、ある行動をするように仕向けること」をさしています。

ひどくいってしまえば”マインドコントロール”のようなものということができるかもしれません。

特に自分の意見を持っていないような人、それにどんな時にでも人に頼ってしまったり、ネットの情報に頼ってしまうという人は”扇動しやすいターゲット”になりやすいんですよね。

あなたは、これまでに「なんだか相手に踊らされているな」と感じたり、「相手が言っていることを受け入れないといけないような気がする」なんて感じたことがあるのではないでしょうか。

それって、まさに扇動されているときの気持ちの違和感であり、人によってはそこで気づいて扇動されないようにすることもできるのです。

でも、「まさか相手が自分をそのようにコントロールするはずがない」と思えば疑うことなく、そのままに相手のあおりにのって、そして扇動されることになってしまうんですよね。

あなたは、そのような経験をしたことはないでしょうか?

これまでの人生においてはなかったとしても、これから先の人生の中において「扇動される」ようなことが起きてしまうかも知れません。

そんなの嫌ですよね!いつでもいかなるときでも自分の意見をしっかりもち、その意見をもって人生を謳歌したいはずです。

そうするためにも、扇動されないためにもあなた自身が自ら「扇動されない人」になる決意をしなくてはいけません。

のちほど、扇動されないためにできることをお伝えしているのでぜひ確認してみてくださいね。

また、それだけではなく、まずは「扇動」というものがどんなものをさしているのかを詳しく確認しておくことにしましょう。

そもそも扇動ってどういう意味?

これまでに何度も「扇動」という言葉を使ってきました。

そのため、もう聞き飽きたよ~なんていう方もおられるかもしれないですね。

そのようなあなたに質問です。

さて「扇動」という言葉はどのようにして読むことができるのでしょうか?

人によってはすぐに読むことができるかもしれませんが、漢字に苦手意識を感じている人だと、どのような読み方をしているのかまったくもって想像することもできないかと思います。

ずばり「せんどう」と読みます。

「あおぎどう」でも「せんうご」でもないので、まずは読み方をマスターしてみてくださいね!

では、そんな「扇動(せんどう)」という言葉はいったいどのような意味を持っているのでしょうか?

すでにこれまでに何度か簡単な説明をしてきていますが、さらに詳しくどのような意味を持っているのかを確認していくことにしましょう。

扇動の意味


これまでに「扇動」という言葉に出会ったことがない人は、その言葉が一体全体どんな意味を持っているかなんて想像もできないかもしれないですね。

しかし、よくよく漢字に注目してほしいんです。

漢字というのは、それぞれに意味を持っているものですから、「意味が分からないな」と思うような漢字に出会った時には、その漢字に注目してみるといいんですよね。

「扇」というのは“扇風機”なんていう言葉にも使われている漢字ですよね。

つまり“何かを動かすことのできるモノ”という意味を持っています。

また、そこに「動く」という言葉をつけるということは、その対象とするもののなにかを“動かす”という意味合いを持っていることになりますね。

このようなだいたいのニュアンスを理解したところで、「扇動」という言葉に果たしてどのような意味があるのかを確認していきましょう。

人をあおり、何かしらの行動をさせること

さきほどもお伝えしましたが「人をあおることによって、それで何かしらの行動をさせるように仕向けること」を「扇動」といいます。

つまり、人をあおることによってその対象の人の“心を動かす”という意味になりますね。

「いやいや、自分はそんな風に簡単に人の意見に惑わされることはない」とか「人に何かしらの行動をさせられるようなことはない」なんて感じているかもしれません。

そのような“扇動”というのは知らない間に起こされているものであり、知らない間に誰もが受けているものなんですよね。

特に現代社会では”メディア”や”ネット”が人々を先導する立場として問題視されています。

本当はそうではないのに、たったひとつのテレビ番組がそうだと主張すれば、その番組を見ていた人だけではなくそのテレビを見ていた人にかかわる人までもがそのテレビの主張を信じてしまうんですよね。

それによって、無駄な動きをしている人も少なくはありませんし、何かしらの行動をさせた人の利益に結びつくようなことをしてしまっている人の利益になるようなことをさせられていることも少なくありません。

そう思うとなんだか許せないのではありませんか?

あおり行為

ひとつ前において「あおることによって相手に何か行動をさせる」という意味があるということをお伝えしてきましたね。

しかし、「扇動」という言葉には「あおり行為」という意味も含まれいます。

つまり、相手をあおるような行動をしただけでもそれを「扇動」ということができるんですよね。

心が強い人、精神が安定している人であれば、誰かにあおり行為をされたとしても微動だにすることはないでしょう。

しかし、反対に精神が安定していないとか、いつも何かの不安を抱えているような人はちょっとしたあおり行為を受けるだけでも、そのあおり行為にのってしまうことになります。

その結果、さきほどお伝えしたように“コントロール”されるような事態になってしまうんですよね。

煽動とも表記される

これまでには「扇動」という言葉で、意味をお伝えしてきました。

なかには「そのような言葉の意味がある言葉を知っているけれど“扇動”とは書かなかったと思う」とか「この記事は間違っている!」なんて否定してしまいたくなっている方もおられるかもしれません。

しかし、残念ながらあなたがいいたいのは“煽動”という言葉なのではないでしょうか。

ずばり「煽動」という言葉は、「扇動」と同じ意味を持つ言葉であり、漢字表記が異なっているだけになります。

それも読み方も同じになるので、「あおり行為」だとか「あおることによって人の心をコントロールしようとすること」ということを示したいときには、「扇動」でも「煽動」でもどちらを表記しても間違いということになりません。

なんだか別々の意味を持っているような言葉のように感じられるものですが、正体は同じだということになりますね。

また、「扇動」という言葉の意味にも入っている“あおる”という言葉は、漢字に直すと「煽る」と表記できますそのため、「煽動」というのがあおる行為を示しているのは、納得できるのではないでしょうか。

扇動の類義語と違い

これまでに「扇動」という言葉がどのような意味を持っているのか、それにどのようにしてそのような意味合いになることができるのかについてお伝えしてきましたね。

とはいっても、まだまだ「扇動」という言葉への理解が乏しいと感じていたり、まだこの言葉に対して不安を感じている人もおられることでしょう。

そのような方のためにここでは「扇動」という言葉の類義語についてお伝えしています。

あなたは、「扇動」という言葉には類義語があると思いますか?

類義語というのは、特定のことば(ここでは「扇動」ですね)とほぼ同じ意味を持っている言葉のことを指しています。

完全に意味は一致しないものもありますが、特定の言葉への理解を深めるためにはもってこいの言葉になるんです。

ということで、ここでは「扇動」という言葉の類義語についてお伝えしています。

その言葉にはどのような意味があるのか、また「扇動」という言葉とはどのような違う点がみられるのかについてもお伝えしています。

ぜひそれらを確認してみて、さらに「扇動」という言葉への理解を深めていきましょう。

挑発する

あなたは誰かを挑発したことはあるでしょうか?

また、逆に徴発された経験がある人もいるかもしれないですね。

「挑発」というのは、“相手を刺激することによって、紛争や戦争などの争い事を起こす”という意味があります。

ずばり、あおり行為をすることによって戦争などを引き起こす状態にもっていこうとしているということがわかりますね。

例えば「あの国はほかの国の挑発に乗って、それで戦争を仕掛けた」なんていうことができます。

日本でも某国からミサイルが飛んでくることによって一触即発の事態になったこともありましたが、日本がそのあおり行為である挑発行為にのらなかったため、戦争になることはありませんでした。

このようにいうと「扇動」という言葉とほとんど同じ意味を持っているように感じるかもしれないですね。

しかし、そうではありません。

この二つの言葉には厳密な違いがあるといえます。

ずばり“紛争かどうか”という点ですね。

「扇動」という言葉は、戦争にも使うことはできますがそれ以外の行為をおこなわせるためのあおり行為も含まれています。

しかし、「挑発する」というのは“何かしらの戦い”をするため、そのようなことを起こすための行動になるのでまったく意味が違うということになりますね。

煽る

さきほど「扇動」という言葉の意味についてお伝えしてきましたね。

そのなかに「あおり行為」があるというのを確認できたかと思いますが、ずばり「扇動」というのは“煽ること”と類義語であるということができます。

類義語というよりかは、100%同じ意味を持っている言葉としても扱うことができますね。

ずばり「あなたが煽ったのよ!」というのであれば「あなたが扇動したのよ!」と言い換えることができます。

「挑発する」という言葉のようにちょっとした意味の違いがある類義語もあれば、「煽る」のように完全にほぼ同じ意味を持っている言葉もあるということを忘れないようにしましょう。

誘因

「誘因(ゆういん)」という言葉は、「ある事象を誘い出す要因や原因」という意味になります。

つまり、何かが起きてしまった原因を指していることになりますね。

例えば「原油価格が高騰した要因はこれだ」というように使うことができます。

つまり、その原因となったものが引き金になることによって、現在の事態が起こされているということになります。

“何かが原因になって何かが起きている”という点では、今回の記事のテーマともなっている「扇動」という言葉とほぼ同じ意味として扱うことができますね。

しかし、「その原因になっていること」なのか、それとも「わざとそのようにしようとしたのか」という点でこの二つの言葉には違いが見られます。

何かが起きたことの原因になった点では同じですが、その目的がどうなっているのかで使い分けることが重要になる言葉になりますね。

ネットで扇動されないようにするための注意点10個

これまでに「扇動」という言葉とほぼ同じ意味を持っているといわれる類義語についていくつかご紹介してきました!

すでに忘れてしまった方もおられるかもしれませんが、言葉によっては「扇動」とほぼ同じ意味を持っているものもあれば、なかにはちょっとした意味の違いを持っている言葉というのがありましたよね。

とはいえ、そのような言葉をどうしてあなたは学んでいるのでしょうか?

おそらく「誰かにコントロールされたくない!」「誰かに扇動されるような人になりたくない」と心のどこかで感じているからですよね。

とはいっても、どのようにして”先導されないようにすればいいのか”なんてわからないはずです。

また、さきほどもお伝えしましたが現代社会ではネットやメディアから扇動される人がとても多いといわれてます。

それらってとても身近なもので、“すべて正しいことを言っている”ような気がしてしまいませんか?

それが落とし穴なんです。

この記事もネット配信をしていますが、そのようにネットを駆使しているあなたのために、ここでは「インターネット上で先導されないためにはどうするべきなのか」についてお伝えしています。

それも注意点をご紹介しているので、これまではネット情報に踊らされていた人でも、もうそのようなことにならないはずですよ。

いったいどのようにしていけばいいというのでしょうか?

早速見ていきましょう。

1:安易に情報を信じない

あなたは「ネットに乗っている情報は正しいにちがいない!」なんて考えていませんか。

たしかにそのような正しい情報を提供しているようなWEBサイトもあります。

しかし、ネットにあふれている情報のほとんど…7割くらいはウソの情報だと思っていたほうがいいです。

ですから、安易に簡単にそのような情報を信じないようにしましょう。

ネットというのは、簡単に検索をしてそしてすぐに検索結果を無料で見ることができますよね。

それにネット検索して上位に検出されるサイトであれば「信用できる」と思っている人が非常に多いといわれています。

しかし、そのような上位に来るサイトというのは「閲覧回数が多い」とか「特別なお金を払うことによって上位に表示されるようにしている」というカラクリがあるんです。

つまり、それが本当に正しいかどうかなんて自分で判断するしかないということなんですよね。

そのため、ネットに乗っている情報が必ずしも正しいとは思わないようにしましょう。

ちなみに、筆者は猫を飼っているのですが猫って玉ねぎ類は食べてはいけないんですね。

中毒で死に至ることがあるからです。

しかし、あるサイトでは「元気のない猫にはどのようにしたらいいですか」という質問に対して「ネギを食べさせるべきです」と回答しているウェブサイトがありました。

それって猫を死に至らせようとしている気持ちが見え見えですし、間違った情報を発信していますよね。

そのような間違った情報というのは、ネット社会ではたくさん出回っているんです。

2:複数の情報と比較する

ひとつ前の項目でもお伝えしましたが、あなたは何か情報を得たいと思ってネット検索をかけた時に、一番上に表示されるサイトだけを見てその疑問に関する答えを取得していませんか?

先ほどもお伝えしたように、検索結果の上位に現れるからと言って、その情報が絶対的に正しいということはできないんですよね。

そのため、どのサイトが言っていることが正しいのか、どの情報を信じてほしいのかを自分自身で検証する必要があります。

少し時間がかかってしまうかもしれませんが、必ず複数の情報と比較するようにしましょう。

そうすることによって、あなたは間違った情報を見抜くことができるようになるはずですよ。

3:実際に調査する

また、時間がある方であれば、実際に調べたいと思っていることを実際に調査してみましょう。

もしも化粧品の良しあしを調べたいと思っているとか、その化粧品に配合されている成分を知りたいなんて言うときには、安易に口コミサイトなどを信じではいけません。

実際にその化粧品を使ってみたり、実際に公式ホームページを閲覧するなどしてそれがどのようなものなのかを自分の目で確かめてください。

「百聞は一見にしかず」なんて言葉があるように、誰かに聞くよりかは自分で確認したほうが正確で耳寄りな情報までもゲットできることがあるんですよね。

4:専門家の意見を参考にする

人によっては、金銭が絡むようなことになってしまうこともあるでしょう。

そのような事態に陥らないために、なるべく早い段階において専門家の意見を参考にするようにしましょう。

WEBサイトによっては、きちんとした専門家の資格を取得した人が開設しているものもあれば、そのような人たちが記事を投稿するWEBサイトがあります。

そのようなWEBサイトにおいて、専門家の意見をしっかり読めば大型掲示板などで語られていたことのほとんどがいかに“うそだった”のかを見抜くことができるはずです。

さきほど猫のネギ事件についてお伝えしましたが、獣医さんに確認すれば一発で答えを知ることができますよね。

ネットを利用している人が正しいということはないかもしれないということを把握してください。

5:行動する前に考える

ネットを活用し、さらにそのネットで得た情報をもとに何かをしようとしているかもしれません。

しかし、本当にその情報をうのみにして、その情報を参考にしてしまっていいのでしょうか?

おそらく多くの人はそんな疑問を感じることなく、ネットの情報を参考にして行動してしまっているかと思います。

もうそれって“扇動されている”状態になるんですよね。

そのようにならないために、まずは「行動する前に考えるクセ」をつけるようにしましょう。

現代人は少しでもわからないことがあるとスマホやネットを頼り、検索をします。

そこで得た情報が正しいと思い込み、自分で感がることができなくなってしまっているんですよね。

だって検索すれば“答え”をすぐにでも知ることができるからです。

もうそのようなのは卒業し、常に自分で考える癖をつけてくださいそうすると「あれ?なんかおかしいぞ」という点に気付けたり、なにかしらの違和感を感じるようになるはずです。

6:行動する前に相談する

また、人によっては「自分一人で考えてもどうしようもない」という思いからすぐに行動してしまうという人もいるかもしれないですね。

そのような方は、まずいったん立ち止まって誰かに相談してみましょう。

誰かというのは大型掲示板でもいいのですが、できればリアルな世界の一番に信用できる相手に相談するようにしてみてください。

問題によっては無料相談受付をしているフリーダイヤルがあることもあるので、それを参考にするのもよいかもしれないですね。

そうすることによって、自分一人で悩むこともなくなるだけではなく“第3者の目”をいれることができるので、これから行おうとしていることが果たして正しいのかそうではないのかを判断することができるようになります。

7:他人の意見を聞く

ひとつ前の項目でもお伝えしていますが、何か悩んでいるとき、それもネットで得た情報を信じていいのか悩んでいる時には必ず自分との対話ではなく、他人にたずねるようにしてみましょう。

あなたに信頼できる人がいないというのであれば、無料で相談にのってくれるような窓口に足を運んだりしてみましょう。

そうすることで、だまされかけていた、マインドコントロールされかけていた心の目を解き放つことができるかもしれません。

とにかく一人で思い悩むのはやめてくださいね。

8:SNSでみんな意見を聞く

ネットには本当にびっくりするくらいの情報でいっぱいになっています。

あちらにもこちらにも新しい情報が掲載されているので、どれを信じたらいいのかわからないんですよね。

そんなときは、すぐに判断するのではなく“SNS関連においてみんなの意見を聞いてみることにしましょう。

なかにはSNSでも扇動をしようとしている人、もしくは扇動をするために登録している人もいるのですが”大勢の意見“を聞くことによって、どの意見がおかしいのか、また多くの人はあなたがこれからしようとしていることに対して”一般的に見て“どのように思うのかを指摘してくれます。

つまり、「どこかおかしい」と思えば「それはやめておくべきなのではないか」なんて止めてくれる人がいるかもしれないんですよね。

SNSでも相手が言っていることをすぐに鵜呑みにするべきではありませんが、最終手段として人の意見を聞く場所に活用するのもいいでしょう。

できれば顔を知っている、リアル世界でもかかわりのある人がいるSNSで相談するようにしてください。

顔が見えない人ほど、あなたのことを先導しようとしている確率が高くなります。

9:扇動マーケティングについて知る

あなたは“扇動マーケティング”というものが存在するのを知っていますか?

ずばり、そのページを見た人があたかもその商品を買いたくなるかのような文章や画像を載せることによって、購買意欲に結び付けるというマーケティング方法のことになります。

例えばあなたが失恋をして落ち込んでいるとしましょう。

そんなときに「失恋をしてしまったあなた。

復縁を可能にすることができる石があたったらどうしますか?」なんていうような広告文とともに、その石によって復縁することができた人の意見だとかその石がどんなにすごいのかを記されています。

どうしても好きな人とよりを戻したいあなたは、その文章を信じてしまい、石を購入してしまうでしょう。

こんな石を信じる人は少ないかと思いますが、例えば顔のシミをけせる、やせられる、もっと強くなれる・・なんていうようなうたい文句をしているものもあります。

それを信じることで、人々はそのページに紹介されている商品を購入してしまうんですよね。

もちろんそのページを作成している人に売上金が入ることになります。

10:情報蒐集の媒体をリアルに変える

あなたは、何でもかんでも知りたいことはネット検索に頼っているのではないでしょうか?確かにそれって便利ですよね。

しかし、あなたの思考を停止させるだけではなく扇動されやすくなることになります。

扇動されない人になるためには、もうネットに頼るのはやめましょう。

まず、自分自身でそれも“リアル世界”において情報を集めるようにしてください。

図書館に行けば専門誌量がたくさんあります。

聞き込みにいって直接その対象となる人から意見を聞くのもいいでしょう。

そのようにすることで、“間違った情報”を信じることはなくなりますよね。

まとめ

今回は「扇動」という言葉について特集してきました!

あなたはこの言葉をしっかりと理解することができたでしょうか?

もしかしたら「私ってばネットで扇動されていたのかもしれない」なんて、そんなことが判明した方もいらっしゃるかもしれないですね。

そのようにネットを使っている以上は、誰もが先導されやすい状況にいるといっても過言ではありません。

そのような事態にならないように、扇動された後に後悔しないようにこれからは“いろいろな角度”“他人の意見”“現実世界での情報収集”を心がけるようにしましょう。

そうすることで、あなたは扇動されにくい人になることができますよ。