今回は「散漫」という言葉にピックアップ致しましょう。

「散漫」という言葉、結構日常で使う頻度が高いと思います。

でも、本当に正しい意味で使われているのかどうかは疑問を差し挟む余地があるでしょう。

それでは「散漫」についてみていきたいと思います。

ついつい散漫になっていませんか?

人間が生きていく上においては、気持ちが集中して気合十分、という時もあればどうももう一つ気分が乗らず「散漫」とした気持ちになっている事もあるでしょう。

ではまず「散漫」についてその意味からみてゆきましょう。

散漫とは?

それではまず、「散漫」の意味をみていきましょう。

「散漫」とは、

1、ちらばり広がること。

2、まとまりのないさま。集中力に欠けるさま。

「散漫な話」「注意力が散漫だ」

https://dictionary.goo.ne.jp/jn/92143/meaning/m0u/(「goo辞書)より引用」

となっています。

これによりますと「散漫」とは、自身の気持ちや精神力がまとまらず集中力を欠いてしまい、どうにもものごとに真剣に打ち込む事が出来ない状態。

という事になりそうですね。

確かに人間という生き物、1日24時間の間、ずっと気持ちを切らさずに気合を入れ続けて頑張る、という離れ業は出来ません。

残念ながらそれが人間の「弱点」と言えるでしょう。

人間が物事に集中できる時間というのは、いいところ1時間から2時間くらいまでではないでしょうか。

その時間を超えてしまったら、気分が落ち着かず、考え事も集中できなくなり気分が本当に「散漫」になってしまうのですよね。

これが「散漫」についての意味といえるでしょう。

散漫になると人生がブレやすい

さてこの「散漫」、決して褒められたものとは言いにくいでしょう。

確かに人間の集中力には限界がありますが、散漫な状態を年がら年中やってしまったら再び集中力を取り戻すどころか、死ぬまで「散漫」状態が継続してしまうかもしれません。

つまり、「散漫」になればなるほど、人生がブレやすくなってしまうという事も言えてしまうのです。

では、そのあたりをもう少し詳しくみていきましょう。

いろんなことが上手くいかない

散漫になって人生がブレやすくなると、いろんなことが上手くいかない状態になってしまいます。

これはあなた自身のこれまでの過去を振り返れば簡単に説明がつく事でしょう。

何かを上手にやろうと思った時気分が散漫な状態で果たしてそれが出来たでしょうか?
答えは「ノー」ですよね。

何かを上手くやり終えるためには用意周到な準備を何度も途中経過をチェックし、そして仕上げにかかる時にはこれまで以上の細心の注意を払ってミスを行わないようにしない事には、満足いく仕上がりにはならないのです。

また、気持ちがブレていると人間関係面にも悪影響を及ぼします。

つまり約束を破ったり嘘をついたり配慮がなくなってくる、と言った事態に陥るのです。

このように気分が「散漫ン」になってしまうと何事にも完成度の低い仕事や作業しか出来なくなる事がいえるのですね。

完成度や結果が甘くなる

つまり、散漫になって人生がブレやすくなると「完成度や結果が甘くなる」という事になります。

先ほども申しました通り、自分が満足いく結果を出そうと思ったら、気持ちがいい加減な状態で出せるはずがないのです。

それほど世の中というのは甘くありません。

自分の今のレベル以上の努力を行わない事には、やる事成すこと全てが中途半端な結果に終わってしまいます。

そして当然ながら自身の成長も全く期待できない結果に終わるのです。

人間、やる時は気合を込めて一球入魂、一片のスキもみせないで魂を込めて行わなければならないのです。

そうする事によって多くの人が夢や目標の達成を勝ち取ってきたのです。

思わぬ事故や大失敗を招く

また、ブレた人生を送ってしまうと思わぬ事故や大失敗を招いてしまう事があるのも、これまでの結果が物語っています。

「散漫」になってしまうと殊更いけないのが「車」の運転による事故です。

要するに「注意力散漫」というものですね。

いくらベテランドライバーでも精神状態に乱れがあり気持ちが集中出来ない状態だったらば危険な場面の予測がつかなくなり大きな事故を引き起こしてしまう可能性もある、という事なのです。

「散漫」な状態になって思わぬ事故や大失敗を招くのは車の運転だけではありませんよね。

楽しいはずの水遊びも安全への配慮を欠いてしまったら大怪我や大きな事故を引き起す可能性があります。

花火遊びにしてもそう。

バーベキューをやる時も火器の取り扱いに細心の注意を払わないととんでもない事が起こる事もあります。

人間の注意力というのはすぐに緩んでしまいます。

だから気を入れるべき時とそうでない時の使い分けを自身で会得しなければならないのですよね。

注意力が散漫になってしまう11個の原因

それでは次に参りましょう。

では、ここまでご紹介して参りました「注意力の散漫」について、一体」どうしてそんな事が起こってしまうのでしょうか?

考えられる要因を全部で11個、ご紹介して参りましょう。

熱心さが足りない


何事においてもその物事に対して「熱を帯びている」状態になっていないと注意力は散漫になってしまうでしょう。

つまり熱意ということですね。

自身の心の中が「熱く」なっていないことには物事に対して真剣さも集中力も高まってきませんからね。

まあ逆の目で見たら、「クールに冷静に」なっていれば注意力も散漫にはなりませんよね。

と言う事は心を落ち着けて目的遂行のためにやらなければならない事に対して、ミスすることなくまた焦らずにしっかりと行いきる実行力を備えてほしい、という事です。

熱心に物事を取り組むようになったらなら、自ずとそのような行動になるはずですよね。

自分に甘い

自分に甘い人は、何をやっても結果が伴いません。

いつも尻切れトンボ、あともう少しで完成、というところで着手するのをやめてしまい物事を「不完全」で終わらせてしまうのです。

甘やかされて育った

このような傾向に陥ってしまう人は、幼少期からの育てられ方に問題があるでしょう。

つまり「甘やかされて育った」という事です。

しんどい事、苦しい事、絶えなければならない事、辛抱などを習得するために最も肝心な幼少時からの発育期に親が奪い取って「可愛い、可愛い」という育て方をしてしまったからに他なりません。

これではその子供が注意力散漫になってしまうのも仕方がないでしょう。

何か困った事が起こったら必ず親が「尻拭い」をしてしまうのですから。

このように「自分に甘い」人間になってしまうと何を行うにおいても無計画かつやりっ放し、という傾向が出てきてしまいます。

本来、難しい仕事というものは計画性と緻密さ、それに困難に立ち向かえる不動の行動力、といったものが必要とされてきます。

しかし、自分の甘さに気付かないようではいつまでたってもその人に真の「成長」は訪れないことでしょう。

失敗の経験が少ない

「失敗」というもの、皆さんは如何お考えですか?

絶対にやりたくないと思っていますか?

それとも1回や2回の失敗は仕方がないし、世の中に失敗をやったことのない人生なんてあり得ない、とお思いでしょうか?

「失敗」というものは確かにやってしまうと気分が悪いですし気がめいってしまう事もあるかも分かりません。

それほど物事に一生懸命になって取り組んでいる時に犯す「失敗」は致命的なものになり得るかも分からない「魔物」のようなものかも分かりませんね。

しかし、古来の人類の歴史において「失敗」したことのない歴史上の人物は一人もいませんし、連戦連勝の人間、というものいません。

という事は、人間が何かを行う時には「失敗は付き物」という法則が成り立っているのです。

その失敗を今まであまり経験してこなかった人。

これはある意味、「不幸」な人生をそこまで送っているのかも分かりません。

失敗経験が少ない、という事は行っている事柄にレベルがよっぽど低いか、その人のレベルが天才的に高いか、のどちらかでしょう。

いずれにしても失敗経験が少なくなると注意力が散漫になるのは仕方ありません。

こうやれば必ずや結果はこうなる、と自分の頭の中に答えが入ってしまっているのです。

これでは変化も刺激もありませんから、いざという時の備えがなくなるのも当然でしょう。

しかし、何回かに1回は失敗をしてしまうと人間は用心します。

注意力がそこに注がれるようになります。

それで新たな試行錯誤が生まれるのです。

よって、失敗経験というものは毛嫌いするのでなく逆に自ら受け入れる姿勢を取った方が注意力の散漫化に対しては有効な手段となってくるでしょうね。

集中力が足りない

そう、何を行うにしても「集中力」がなければ始まりません。

集中力があるから、記憶力も高まりますし、実行力も継続力も発揮できるのです。

その「集中力」が欠如してしまったら、注意力が散漫になるのは致し方ありません。

それくらい「集中力」というものは私たちが何かを行う際の「エネルギー源」となるのです。

注意力散漫な状態で学校のテストで高得点をたたき出せるでしょうか?

物事を緻密に精巧に行おうと思ったら「集中力」は是が非でも高めていかなければならない要素なのです。

逆に集中しすぎて周囲に気が配れない

これは気持ちが1点だけに集中してい過ぎるために起こる現象でしょう。

あなたは一旦何かに打ち込み始めたら、周囲のことなどおかまいなし。

ただ、目の前の1点のみに集中してしまう性格なのでしょう。

まあ、それが悪い事だとは言いません。

むしろ素晴らしき集中力を発揮出来る事はあなたの素晴らしい能力として誇れるものと言えるかもしれませんね。

ただ、それによって周囲の人達との協力姿勢が上手くいかないのは事実でしょう。

あなたは自身の類まれなる集中力によって、周囲との協調性を作る事が散漫になってしまうタイプなのでしょう。

それがこの先の人生において「吉」と出るか「凶」と出るか、それはあなた次第となりますからね。

目標設定、ゴールが明確ではない

確かに自分が目指すべき到達点がうやむやではどこに力を注いだらいいのか分からなくなってしまい、注意力が散漫になるのは仕方ないところです。

人間の集中力は何かの大義名分や強い動機付けなどがないとなかなか発揮できるものではありません。

出来る事なら楽をして大きな成果を上げたいと思っているのが人間の持っているずる賢い性分だから、です。

よって、目標設定やゴール地点が曖昧になっていては人間は気持ちの入れ方が中途半端になってしまい注意力が散漫になってしまいます。

ここは途中からでもいいですから、自分自身にとっての強い動機付けになるような目標やゴールをみつけてくださいね。

心配事が多い


人間、心を平静に保たないと本来の実力を発揮することは出来ません。

心が乱れてしまっては平常心を失い、余計な不安や恐れを心に抱いてしまい、とてもやりたい事を満足に仕上げる事が出来なくなるでしょう。

そんな心理状態になってしまって「注意力散漫になるな」と言う方がおかしいくらい、「心配事」というものは人の心をかき乱すのです。

ですから、何かを始めるに当てってはこういった心配事を綺麗に心から取っ払ってしまわないといけません。

そうしない限り、あなたが行う事は全て不完全なものになってしまいますよ。

「心配事」というものは思った以上に手ごわく厄介なものですからね。

ONとOFFのメリハリがない

この要因も注意力が散漫になってしまう大きな要因でしょう。

しかも日常生活において至る所にあなたの気持ちから「ONとOFF」のメリハリを奪ってしまう要素があることをあなたは認識しなければなりません。

例えば勉強中の「ながらテレビ」です。

こんなことをやっていたら勉強に対する集中力が上がるはずもなく、ONとOFFの区別も永久にないままにダラダラとながら勉強をやって、勉強をした気分だけに浸っているでしょう。

人間というものは同時に2つの精神状態を持つことは出来ません。

テレビを見るなら見る。

勉強をするなら勉強をする。

どちらか一つです。

同時にこの2つを完璧に自分のものに出来るはずがないのです。

気持ちの「ONとOFF」のメリハリをつけることがいかに大事な事な事なのか。

分かっていただけましたでしょうか?

計画性が無い

物事を行うに当たって、無計画なやり方でその事案が完璧に成し遂げられることは恐らくないでしょう。

それくらい、人間というものは「計画」というものによって偉大な事業を行えてきたのです。

「計画無し」で大きな成果を挙げることなど、ほぼ不可能というのが過去からの偉人たちの「声なき声」なのです。

「計画」というものはそれくらい非常に重要であり、大切なものなのです。

その「計画」を立てることもしないで物事に当たれば、間違いなく進むべき方向が分からなくなり気分は支離滅裂となり集中力は一気になくなってしまうでしょう。

そうなってしまえば、後待つものは「注意力散漫」というお馴染みの失敗パターンだけです。

無計画で物事が円滑に進むほど世の中は甘くありませんよ。

きちんと筋道を立てて計画を立てましょう。

それが最も早く且つ効率的に「成功」を収めるための近道なのですよ。