友達や家族と話す際には普通だけれど、他人の人と会話をするとなるとどんな事を話せば良いのだろう?と考えたりしますよね。

実際にその様な人というのは数多くいると思いますが、その中でも相手とのコミュニケーションが取れないというような人がいます。

その様な人を「コミュ障」というような形で言いますが、これはどの様な意味があると思いますか?

実はこのコミュ障という言葉は単にコミュニケーションが苦手な人のことを指すネットスラングの言葉だったという事はご存知でしょうか?

実際にコミュニケーション障害という言葉がありますが、こちらとは全然違うような意味になります。

そんなコミュ障の人というのはとても多いように思われますが、その原因というのは様々なのではないかと思います。

例えば相手の顔色を伺ってしまったり、何か言われるのではないか?というような不安があるとつい話しかけにくくなったり、神経質になったりしますよね。

今の社会などではコミュニケーションを円滑に取れるような人というのは少なくなってきていますが、積極性が無いからというような事もあります。

実際は相手のことを考えて行動をしている部分というようなものが多いので、神経質になり話しかけ辛いというような事もあるのですが、今回はそんなコミュニケーションを取り辛いというような人のために治し方をいくつかお教えしたいと思います。

会話をする際にも途中で途切れてしまったり、話題が無いというような事もありますよね。

そんな時に会話を弾ませるためにやるべき事というものがあります。

特に自信を持つというような事はとても大事になるでしょう。

会話というのは基本的に私と相手というような形になりますよね。

また多くの人がいれば私とその他大勢の人というような形にもなります。

よくプレゼンテーションなどができる人というのはコミュ障でないという人が多いのですが、それは堂々とした態度で相手に向かって話すことができるからです。

今話しをしているのは自分なので、その自分がいかに相手に伝えることができるのかというのがプレゼンテーションですよね。

プレゼンテーションが上手い人というのはコミュニケーションを円滑に取れる人という事です。

その様な人になるためには、どの様にすれば良いのか、コミュ障の治し方を詳しく見てみたいと思います。

コミュ障とは?

そもそもコミュ障というのはどの様な意味があるのでしょうか?

普段皆さんが使っている意味とは別にコミュニケーション障害というようなものも実際にある病気なので、そちらと間違われてしまうというような事も多いのではないかと思います。

基本的にはその病気とは一切無関係な言葉なので、コミュ障と聞いても病気の方とはとらえないようにすることが大事になります。

元々はネットスラングからきた言葉がコミュ障という言葉なので、ネットをしていない人というのは知らないことが多いと思います。

最近になって知ったというような人も多いのではないでしょうか?

コミュニケーション障害

コミュニケーション障害という病気が実際にあります!

コミュニケーション障害というのはいわゆる耳が聞こえ辛いというような身体的障害のものであったり、精神的なものなど、他の人とコミュニケーションを取る際に不自由なところが出てしまうことを言います。

基本的には何かの原因でコミュニケーションを取り辛いというような事がありますが、それが身体的なものや精神的なもの、発達障害などの人達もこのコミュニケーション障害というものに入るのではないかと思います。

目が不自由な人などもいますよね。

周りが支えていくことが必要になりますが、時には乱暴にしたりする人も多いですよね。

その様な人にはならないようにも注意が必要になるでしょう。

実際の障害とは無関係

ではそんなコミュニケーション障害ですが、コミュ障という言葉とは全く無関係だという事を覚えておくようにしましょう。

よくコミュ障と聞いて嫌な思いをする人も多いかと思いますが、この言葉とコミュニケーション障害というのは全くの別物です。

なので過剰に反応をしてしまうというような人もいるかもしれませんが、ちゃんとした区別を覚えるように心がけましょう。

単にコミュニケーションが苦手な人を指すネットスラング

ではコミュ障というのはどの様な意味なのか、この言葉というのは単にコミュニケーションが苦手な人のことを指す言葉なのです。

言うのであれば、友達などと話し辛いというような事や、よく話題が途切れてしまうというような事も多いかと思いますが、普通に接することができず、相手の顔色などを伺ってしまったりするというような事をコミュ障と言うのです。

これはネットスラングという、インターネットを利用している人が知っている単語という事になります。

多くのネットスラングの言葉というのは掲示板からきているものであり、実際に使うような人も最近では多くなったり、また一切使われなくなったという死語のようなものもありますが、今でも使われ続けている言葉の1つがこのコミュ障というものなのです。

皆さんもインターネットをしているからこそ知ったというような言葉なのではないかと思います。

コミュ障の特徴


ではそんなコミュ障の人の特徴というのはどの様なものがあるのでしょうか?

単にコミュニケーションが苦手だという人は多いですが、その特徴というものは様々あるでしょう。

例えば挙動不審な状態になってしまうという事や、話をしている際に目を合わせることができないという人も多いと思います。

他にも常に聞き役に徹する人であったり、自分から話しかけることができないという人もいるでしょう。

コミュ障の人というのは多くの特徴があるのですが、今回はその一部を紹介したいと思います。

実際に自分はコミュ障だという人は、共感できる事が多いものばかりかもしれませんね。

1.挙動不審

挙動不審だということがあるでしょう。

人と接する際にも落ち着いていられないというような事が多く、とりあえず直ぐにでも話を切り上げたいと思うような人も多いのではないかと思います。

コミュニケーションで大事なことは会話をすることであったり、人と接することができるのかという事ですが、挙動不審になってしまうとどうしても自分から離れようかどうしようかと考えてしまったり必要以上に話をしないのではないかという不安、相手に迷惑をかけていないのかなど様々な考えをしてしまうのではないかと思います。

挙動不審な人というのは落ち着きが無いようにも思われますが、それほど考えたりして動いている人達なのです。

人との交わりが苦手

人との交わりが苦手な人が多いです。

特にコミュ障と言われる理由というのは、まさに人と話すというような事が苦手だという人が多いからなのです。

基本的に人と面と向かって接するというような事が苦手だという人も多く、挙動不審になってしまいがちです。

しかしながらこの様な人達というのは、メールや電話でのやり取りの場合は普通に行えるというような事があるのです。

面と向かって話しをしていると、どうしても相手の顔などを見たりしないといけないので、その様なことができないというような人が多いという事になります。

基本的に会話というのは相手の顔を見て話すものですよね。

よく目線を見るというような事もありますが、他の方向を向いて喋るような人とはあまり接したくないという人も多いはずです。

コミュ障の人はつい目線などをそらしたりしてしまうので、どうしても人との交わりが苦手になってしまうのです。

2.目を合わせるのが苦手

先ほども言いましたがコミュ障の特徴として目を合わせるのが苦手だという人が多いです。

いわゆる人見知りな態度をしてしまったり、話かけられても目線をそらしてしまうというような傾向があるのではないでしょうか?基本的にコミュ障の人というのは、目を合わせるのを苦手とするのは、より相手のことを見て知ろうとするからです。

言うのであれば、人見知りな状態なので相手のことを知るまではつい冷たい態度を取ったりもしてしまうのではないかと思います。

特に初対面の人

特に初対面の人と話をする際には滅多に目を合わせるというような事が無いでしょう。

どうしても初対面の人とは緊張をしたりしてしまいますが、コミュ障の人の場合は、目を合わせるというような事がありません。

特に初対面の人というのは、まだ知り合って直ぐであり、何を話せば良いのか分からないというような事もあるでしょう。

目を合わせるのが苦手だという人は、基本的に目線を直ぐにそらせるような傾向があります。

相手が目線をこちらに向けた時に顔をそっぽ向くというような事もあるのではないかと思うのです。

3.自分から話しかけられない

自分から話しかけられないというような事もあるでしょう。

コミュ障の人の特徴というのは話かけにいこうとしても自分から話しかけられないというような事があるのです。

言うのであれば、相手から話かけられたら話すというような人も多いのではないかと思います。

基本的にコミュ障の人というのは自分から行動を起こすというような事も苦手な人が多く、常に受け身の状態を取ってしまうことがあるのではないかと思います。

その影響によりにコミュ障になってしまうというような事もあるのではないでしょうか?

特に新しい環境

特に新しい環境ではつい1人になってしまったり、集団で行動をしていても1人だけ黙々と黙っているというような事もあるのではないかと思います。

自分から話しかけようとしても基本的に縮こまるような事も多く、話かけて良いものだろうか、発言をしても良いのだろうかと考えているうちに、そのままにしておこうという結果になってしまうのです。

コミュ障の人でよくあるのは、考えすぎてしまい話しかけれないというような事があります。

いわゆる神経質になってしまうという事ですが、常に神経質になってしまうと、会話などが捗らないとも思います。

普段友達や家族と話をする際には、その様なことは無いと思っていても、つい神経質になって話をしなくなるというような人も多いのではないでしょうか?

コミュ障の人というのはつい気にしてしまうような事も多いので、この様な特徴もあるのではないかと思います。

4.主に聞き役

会話をする際には話す人と聞く人がいなければ会話になりませんよね。

その際にコミュ障の人は主に聞き役になる事が多く、友達と一緒に遊んだりする際も自分から話すというような事が少ないのではないかと思います。

主に聞き役の人というのは、聞き上手という事ではないので、聞くだけで何も喋らないというような事も多いのが特徴でしょう。

聞き役に徹している際にいきなり話題を振りかけられ、何も話すことができないなんていうような事もコミュ障の人ではあるのではないでしょうか?

5.相手の顔色をうかがってしまう

相手のことを気にしてしまい、相手の顔色をうかがってしまうのがコミュ障の人の特徴でもあるのです。

例えば会話をしている際に相手の顔色をうかがってその話題を辞めるというような事もありますよね。

どんな時でもそうですが、会話というのは相手の顔を見て話すことが多いです。

特に顔色を見て話すと相手が嫌そうな顔であったり、嬉しそうな顔をするかによって会話を変えたりもすると思いますが、ついその事に意識を持っていってしまうので、会話が続かなくなってしまうというような事もあると思います。

コミュ障を克服!会話を弾ませるためにやるべき6個のこと


ではそんなコミュ障な人が会話を弾ませるためにやるべきことがあります!

コミュ障の人というのはとにかく神経質であり、相手の顔色をうかがうというのは良いですが、うかがいすぎているという所に問題があるのです。

気軽に話すというような事も大事ですが、まずは気軽に挨拶をするところから始めてみてはいかがでしょうか?

挨拶というのは友達や会社で必ず使う言葉ですよね。

挨拶が無ければ失礼な人とも思われてしまうでしょう。

また自分に自信を持つという事が大切です。

会話をする際に権利や権限というようなものはありません。

誰もが喋って良いので、劣等感に感じられず、堂々とした態度をすることが大切になるでしょう。

大事な事というのは、この様な自分がいても良いと受け入れることや、相手の立場を考えるという事が大事になります。

会話というのは相手だけで成立するものではないので、是非会話を弾ませるためにもコミュ障を克服してみてはいかがでしょうか?

ではどの様な対策があるのか、やるべき6個のことについて今回はお話したいと思います。

これをすることでコミュ障を改善できるかもしれません!

1.とにかく挨拶をしよう

とにかく挨拶をすることが大事です!

特に挨拶というのは1日の始まりでもあり、家族や友人、会社の人にも必ず挨拶を心がけることが大事です。

特に相手から話しかけられたら返事をするように挨拶をするのではなく、大事なのは自分から声をかけるという事が大事になるでしょう。

挨拶をすることで関係などを良好に保つこともできますし、挨拶からはじめて話題を振るというような事もできます。

基本的に知らない人に対して誰でも挨拶をしてしまうとキリが無いですよね。

先ずは友達や家族に対して挨拶をしてみてはいかがでしょうか?

まずは自分から声をかけよう

まずは自分から声をかけるという事が何よりも大切になるでしょう!

自分から声をかけなければ何時までたってもコミュ障から脱却することは難しいです!

特に自分から話しかけるという事は、相手に話題を振るという行為になるので、仲の良い友達や、会社の同僚などに積極的に声をかけてみてはいかがでしょうか?

印象なども違い、最初は驚かれるかもしれませんが、明るく見られるという特徴もあるのではないかと思います。

印象もアップ

挨拶をする事で印象というものは格段にアップします。

特に挨拶を今まで受け身でしていたという人や、常に暗い状態だったという人は、元気に挨拶をしてみてはどうでしょうか?

1日が変わるかもしれませんし、コミュ障だった人がいきなり元気に話すというのは、気味悪いというような思われるのではなく、逆に好印象に思われること間違いないでしょう!

特に印象をアップするというのは会社では評判もよくなり、自分自身の行動にも積極性などが入るのではないかと思います。

相手のことを考えつつ話すことができるというような人にもなることができるので、いわゆる話し上手な人になるのではないでしょうか?

コミュ障だからと言って自分から話すというような事が無い人は、挨拶からだけでも是非自分から話しかけてみてはいかがでしょうか?

印象もアップしますし、自分のメリットがたくさん増えることでしょう!

2.神経質にならない

神経質にならないという事が大事になります。

例えば神経質になってしまうと物事に身が入らなくなってしまったり、その事にだけ集中してしまったりしますよね。

会話をする際には気軽に話すというような事が必要になります。

特に神経質になってしまったりしまうと、会話に身が入らないというような事もあるのですが、どうしても気にしすぎてしまい目をそらすというような事にもなってしまうのです。

ここで大事なことは相手はそれほど自分のことを見ていないという事です。

では更に詳しく見てみましょう。

気にしすぎない

気にしすぎないという事が大事になります。

よくコミュ障な人というのは相手のことを考えたりするので心配にもなったりしますが、気にしすぎないという意識を持つことで気軽に会話をすることができるのではないかと思います。

例えば今日あった出来事であったり、ニュースなどについての会話もその1つです。

気軽に話すような内容というのはたくさんありますよね。

会話の内容が軽いものであれば気にする必要は無いと思います。

神経質になる時というのは会社での話しであったり、頼みごとなどで良いです。

基本的には気にしすぎてしまうと伝えたいものも伝えられなくなってしまうので、気にしすぎはよくないとも思います。

自分が思うほど、相手は自分を見ていない

そしてここで重要なことがあります。

基本的にコミュ障の人というのは相手のことを気にしてしまうがために、会話を避けてしまったり、直ぐに会話を辞めて離れたりもしますが、相手はそれほど自分のことを見ていないということです。

よく心配しすぎだと言われる人や、そんなことないよ!と言われる人にありがちなのですが、相手のことを気にして声をかけ辛くなってしまうというような事が多いのではないでしょうか?

基本的に自分が思うほど相手というのはこちらを見ていないし、会話をする時にもそこまで神経質にならないというような人がほとんどです!

友人や同僚であれば気軽に話しかけてみてはいかがでしょうか?

3.自信を持つ

何よりも会話をすることに自信を持つというような事も大事になります。

コミュ障の原因の1つには挙動不審になってしまい落ち着きが無いというような事もありましたが、基本的に自分に自信がある人というのは行動にも自信があるので、うろたえるような事がありません!

なので自信を持って行動をすることで、コミュ障を改善できるのではないかと思います!
特にこの対策というのはとても大事なことであり、コミュ障を改善させるにはもってこいのものになっています!

自信を持って会話をするというのも大事であり、基本的に話すことを苦手とするような人はおどおどとしてしまったり、劣等感を感じることが多いからです。

その様な状態を捨てて、是非自信を持って話すことをオススメします!

【自信を持つ方法は、こちらの記事もチェック!】

劣等感を感じすぎないこと

劣等感を感じてしまうというような人が多いでしょう。

コミュ障な人というのはネガティブに物事を考えてしまいがちです。

特に自分が劣っているというような事や、物事に関して劣等感を感じてしまうような人が多いので、それが会話にも影響をしてくることが多いのではないかと思います。

基本的に会話というものは誰でもできるものであり、誰かと接するという行為も同じような事が言えるでしょう。

劣等感を感じすぎてしまうと縮こまるような状態になってしまい、低姿勢な状態で常に会話をすることが多いです。

堂々としよう

何よりも堂々とすることが大事になります。

どんな事でもそうですが、堂々としなければ物事というのは行うことができないと思います。

特にコミュ障だと感じる人というのは基本的に少し抑え目な行動をしたりすることが多いです。

人と接する際にも堂々とした態度を取れない状態が多いのではないでしょうか?

コミュ障から抜け出す方法の1つとしてこの堂々とすることができれば、様々な人と会話をすることができたり、人との接する時間というものが楽しくなるのではないかと思います。

大事なことは堂々とすること、そして自信を持つという事なのです!

4.比べない

コミュ障の人というのは比較的に他人を比べてしまいがちです。

例えば相手の人が会社でとても優秀な業績を上げているというような人であれば、自分から話すというような事が先ず無いのではないかと思います。

その理由としては、同じくらいの業績であれば話すというような事ができるかもしれませんが、どうしても自分は相手より下だと比べてしまい話すことができなくなるのです。

またその際にコミュ障の人というのは人見知りを大きく出してしまうので、自分から話しかけに行くということや、その人に近づくというような事ができないのではないかと思います。

仮に人と接する際に比べてしまうと、どんな人に対しても話しをすることができなくなってしまいますよね。

大事なのは、自分は自分だと割り切ることなのです。

自分は自分

自分は自分だと割り切ることが大切になるでしょう。

人と比べるというような事をしてしまうとどうしても劣等感なども感じたりするのではないでしょうか?

コミュ障の人の特徴として相手の顔をうかがうというような事がありましたが「相手が自分なんかと話をして大丈夫なのだろうか?」というようなことも考え始めたりするのです。

相手は相手、自分は自分だと割り切ることができると、相手が話しかけにきたりこちらの話を聞いてくれるという事は、こちらの事を受け入れてくれているという考えもできますよね。

相手は何を考えているのか分からないのが普通です。

相手の心情を探ったりするような事をするのではなく、大事なことは自分が相手のことをどの様に思って接しているのかです。

自分は自分なのだから、相手には関係ないという割り切りこそコミュ障を治す秘訣でもあるかもしれません。

【人と比べることをやめる方法は、こちらの記事もチェック!】

5.苦手なことがあってもいい

人によっては苦手なことが多くあると思います。

例えば得意なことや不得意なことというのもまさにそうですよね。

会社で業績を上げることが多くてもコミュニケーションを上手く取ることができない人というのもたくさんいるのではないかと思います。

苦手なことというのは誰でもあるものなので、苦手なことがあってもいいと割り切ることが大切です。

今回のコミュ障もその1つだと思います。

自分は相手と接することが苦手だと、その事から逃げる行為がいけないことです。

受け入れることも時には大切になるという事を覚えておきましょう。

今の自分を受け入れよう

今の自分を受け入れるということは、コミュ障な自分自身を受け入れるという事になりますが、皆さんはその様な考えをしたことはありますか?

よく「開き直る」というような言葉がありますが、開き直るのと受け入れるは意味が違います。

受け入れるというのは自分から進んで相手を迎え入れるというような事なので、開き直るの場合は、その事から放棄している状態にもなってしまいます。

なので受け入れるというような行為はコミュ障を治す上では大事なコツにもなるでしょう。

「自分にはこの様な一面があるけれど、それでも大丈夫だ」というような前向きな姿勢というものがコミュ障を治してくれます。

特に自分から話しにいくことができるという人は、自分の欠点を受け入れつつ、克服をしようとしている人達です。

是非そのまま実践して頑張ってみてはいかがでしょうか?

6.相手の立場になってみよう

何より相手の立場になってみることが大切です。

コミュ障の人の欠点の1つにはつい相手を傷つけてしまうような事を言ってしまうということがあります。

自分が思うようなことを相手に言うというのは良いことですが、相手を傷つけてしまうというような事も多くあるのではないでしょうか?

相手の立場になって考えてみるとわかると思いますが、基本的に自分がされて嫌なことを相手にしてしまうのはダメなことですよね?

相手が仮にそのようなことをしてきた場合は、嫌な気分になると思います。

言動や接し方も同じです。

コミュ障の人の中には相手のことを何も考えずに言動を言ってしまうような人もいます。

なので1つ1つの行動に対して相手がどの様に思うのかという事が大事になるのではないかと思います。

望まれていることは何か

望まれていることは何かという考えをするとよりコミュ障を治すことができるかもしれません。

コミュ障の人というのはコミュニケーションが苦手だということと、それと同時に考えすぎてしまって何も行動できないというものがあります。

また、相手のことを考えていなさすぎるというのも問題です。

相手に対して望まれていることは何か、相手が今どの様にして話をしていたり接しているのか、というような事を分かるようになると、自然と自分自身も相手に対してその様な接し方であったり、和気藹々と話すことができるのではないでしょうか?

大事なのは相手のことも適度に考えるということです。

一歩ずつクリアしていこう(まとめ)

いかがでしたか?コミュ障の人というのは、今の若い人達には多く存在します。

そんなコミュ障の治し方というのは、1つ1つのことに気をつけて自信を持ったり、神経質にならないという事が大事になるのではないかと思います。

特に相手のことを考えずに物を言ってしまうというような人は、相手と話をあまりしたくないからというような理由もあるかもしれませんよね。

コミュ障な分、話をしたくないという人も多いかと思います。

相手の立場になって考えることも重要ですが、自分がコミュ障だということを受け入れて、1歩ずつ前進をしてみてはいかがでしょう?

そうすることでクリアをしていくことができるのではないかと思います。