皆さんは今どの様な生活をしていますか?

1人はとても時間に暇を持って過ごせているという人もいるでしょう。

仕事も直ぐに終わってしまい、ストレスフリーで生活をするという人もいますよね。

またある1人は仕事が忙しく、あまり時間が取れないという人もいますよね。

仕事の時間が多いので残業代なども入るという事があってもそのお金を使うことができない、というような人もいるかもしれません。

そこで問題なのですが、この2人を比べた際にどちらがよりお金を使いこなせていると思いますか?

また貧乏だと思いますか?

よく皆さんが思うのは「働けば働くほどお金が多い」というような考え方なのではないかと思いますが、これは間違いなのです。

言うのであればこれは前者の方がより有意義に過ごせる一方、後者の方が実は貧乏になっていく傾向があるのです。

貧乏になるというのはお金がなく、乏しい生活をしていることが多いという事になりますが、先ほどの例から見るとその様には思えないですよね。

何故なら「仕事をしていてそのお金を使う時間が無い」と書いてあるからです。

一見してみるとお金を多く持っていると考えてしまいますが、実はお金の消費の仕方などにも問題があるという事になるのです。

例えば買い物などをする際に関係の無いものを多く買ってしまったり、ギャンブルなどにはまっていたりというような人が多いのではないかと思います。

貧乏な人の傾向によくあるものの1つです。

今回はそんな貧乏な人の14個の特徴についてお話をしたいと思います。

皆さんは普段自分自身のことを貧乏だと思っている人も多いのではないでしょうか?実は貧乏な人というのは日頃の生活習慣や考え方によってなってしまうのです。

特に貧乏になった人というのはストレスが大きく関わっており、ストレスフルな状態が続いている傾向もあります。

ストレスというのは溜まってしまうと欝などにも変わってしまい、仕事をしたいと思っていても中々できないという状況にもなってしまいますよね。

貧乏になるとストレスフルな人生が待っているというのも特徴の1つでしょう。

ではどの様なもので貧乏になってしまうのか、その生活習慣や考え方などを詳しく見てみたいと思います。

皆さんは普段どの様にして生活をしているのは見直しをするチャンスでもあるでしょう!貧乏だと思っている人も脱却をすることができるチャンスです!では詳しく見てみたいと思います。

貧乏になるとストレスフルな人生が待っている

貧乏になるとストレスフルな人生が待っていることが多いです。

言うのであればストレスがない人ほど人生を有意義に過ごすことができるので、お金が無いという状況もなくなるのではないかと思います。

また貧乏になることでストレスが溜まるのではなく、ストレスとなるものがあるからこそ貧乏にもなってしまうという事です。

お金というものは日々使っている人が多いですよね。

例えば食事代などもそうですが、食事代を節約するために弁当を作るという人もいると思いますが、コンビニ弁当と比べてどちらが健康的かと考えた際に、実は弁当を作った方が健康的という事はご存知でしょうか?

実はというと弁当というのは自分で材料を決めて作ることができるので、栄養的にも偏ることがなく作ることができます。

一方でコンビニ弁当というのは作る手間が無いし野菜などもバランスよく入っていると思われがちですが、コンビニ弁当でよく皆さんがやってしまうのが、いわゆる同じものを購入するという事です。

簡単に言えば偏りがそこで出てきてしまうという事になりますよね。

常に同じおにぎりと同じおかずを買うという事であれば、その時点で偏りを作ってしまい体調にも異変が出てしまいます。

そうなった場合は更にお金がかかってしまうので、実はコンビニ弁当というのは手間をかけず、時々であれば大丈夫なのですが、常にコンビニ弁当というのは健康的にも注意することが必要です。

様々なものをバランスよく食べるというものが大事なので、注意をするのは同じ弁当を買い続けないという事です。

その様なことが無ければコンビニ弁当でも大丈夫でしょう!しかしながらもう1つ欠点があります。

それはお金がかかってしまうという事です。

簡単に言うと1週間コンビニ弁当を買うのと、弁当を作るのでは圧倒的に弁当を作る方が費用が安いです。

その分栄養なども考えれるとなれば弁当を作る方が良いですよね。

コンビニ弁当を買うというのはどうしてもお金の消費がかかってしまうので、貧乏な生活をしてしまう傾向もあります。

例えばコンビニでおにぎりだけを買うという事もその1つです。

おにぎりというのは自宅でも簡単に作ることができるので、時間をいかに考えるかという事が重要になるでしょう。

貧乏の基準とは?

ここで貧乏の基準についてお話をしたいと思います。

皆さんが思う貧乏というのはどの様な基準で考えていますか?これは人それぞれなのではないかと思います。

基本的に仕事をしているので収入があると思いますが、その収入があっても貯金ができない状態が続いてしまうと貧乏になってしまうのではないかと思います。

言うのであれば収入があってもその分お金を使ってしまうというのがあると思いますが、貧乏になってしまう原因は他にもまだあります。

常にお金を貯めようとして逆に収入を抑えてしまっている状態でも貧乏になってしまう原因となるでしょう。

言うのであればお金を貯めようとして日々の暮らしを節約するという事があっても、適度にストレスを感じてしまい、体調を崩してお金が無くなっていくというようなパターンもあるという事です。

貧乏の基準というのは人それぞれだとも思いますが、お金を貯蓄できない状態のことであったり、その時に応じた買い物をすぐにしてしまったり、逆に貯金をしようとして逆効果になってしまう、というような人は貧乏になってしまう原因なのではないかと思います。

皆さんはどの様にして見ていますか?

貧乏というのは簡単になれてしまうものなので、十分に注意をした生活を毎日心がけることが重要になるのではないでしょうか?

貧乏になる人の特徴14個

そんな貧乏になる人の特徴というのはどの様な特徴があるのでしょうか?例えば親も貧乏だというような事もあるでしょうが、特にお金の使い方を知らないという人は貧乏になりがちです。

言うのであればお金を使うだけ使って貯金をすることができていないというような人は貧乏になってしまいますよね。

また人に利用されてしまったり、流行などにお金を直ぐ使ってしまうという人も貧乏になりやすいです。

特に物事の価値を判断する目が無い人というのは自分が欲しいと思ったものは直ぐに買ってしまいますが、それが無駄になってしまうというような事が多いのではないでしょうか?

貧乏になる人の特徴というのは様々あると思いますが多くは計画性であったり物を大事にしないからこそだと思います。

そこに着目をすることで、貧乏になることを防いだり脱却をすることができるでしょう。

もう遅いと思わず、常に行動をしてみる意識が大事になります。

まずは貧乏になる人の特徴を見て、その様なにならないようにすることが大切になります。

親も貧乏であることが多い

親も貧乏であることが多いという特徴があります。

よく親の性格などを似ているというようなものもありますが、性格からして勿体無いと感じたり、必要なものだけを買うというような生活をしてきた人にとっては、その性格譲りなものもあると思います。

基本的に貧乏になる人の特徴の中では最も少ない特徴の1つですが、親が貧乏だから自分も貧乏になってしまうというようなものではありません。

性格が似ていてもお金を貯蓄するというような事は誰でもできることです。

お金の使い方を知らない

お金の使い方を知らないという人も貧乏になってしまう特徴の1つです。

特にこれは貧乏になってしまう原因の1つにもなってしまいますが、お金の使い方というのは簡単に言えば無駄なものであったり、多く物を買わないという事にあります。

また他にもお金というものはどの様な使い方をするのか、という根本的なものを知らないという人も多いかもしれません。

どんなに大金を持っていても高いものを買えば良いという考えではいけないという事です。

使い方を有効的に使える人こそ、生活を有意義に変えているのではないかと思います。

あるだけ使ってしまう


お金というのはるだけ使ってしまうというような人もいますが、その様な人というのはまさに貧乏になってしまう原因の1つなのではないかと思います。

特にあるだけ使うという事は、それは貯金をしていないという事になるので、どんなにその月の収入がよくなったとしても直ぐに使ってしまうというような人が多いというのも特徴の1つと言えるでしょう。

あるだけ使うというのは一見ストレスフリーに思えるかもしれませんが、実はストレスを多く溜める原因の1つにもなるのです。

何故なら使う時だけストレス解消されてまたお金が無いという状態になりストレスを溜めてしまうからなのです。

あるだけ使うというのはその時だけ気持ちは満たされても後々になり、またストレスが溜まってしまうというループにはまってしまうので注意が必要になるでしょう。

流行や周囲の人の言葉に流されてお金を使う

流行や周囲の言葉に流されることというのは多くあると思います。

例えば悩んでいる時に友達に相談をするというような事があると思いますが、その時にその友達の意見を鵜呑みにしたりするというような人もいますよね。

実はこういうのは悩み事の他にも、買い物などをする時にも同じことが言えるのです。

周りがこれがオススメ!と言うものをつい買ってしまったり、テレビでしているものをつい購入したりするという人が多いと思いますが、その様な人というのは基本的にお金の出費が激しく、収入があっても貯金ができないというような状態が続いてしまう傾向があるのではないかと思います。

人に利用されやすい

人に利用されやすいというのも貧乏になってしまうきっかけです。

言うのであれば、よくセールなどをしていたりする際に店員さんから声をかけられてつい買ってしまうというような人もいると思いますが、その様な人というのはまさに利用されやすい類に入ってしまうのです。

人に利用をされるという事は、様々なことに目を惹きやすいという事でもあります。

例えば買おうとしていたものより新しい物が出ているとそちらを優先したくなるというような事もあるでしょう。

人に利用されやすい人というのは基本的にセールや新商品というような言葉に弱い傾向もあるので、その様な人も貧乏になりやすい特徴があるでしょう。

ギャンブルや嗜好品が大好き

ギャンブルなどや嗜好品も好きだという人が多いかもしれませんね。

その様な人も実は貧乏な生活を送ることが多いです。

特にこのギャンブルというものは貧乏にしてしまうきっかけでもあるようなものです。

例えばですが、趣味などがない人というのはよくギャンブルなどに走ってしまうことが多く、パチンコやパチスロといったものに走るような人が多いのではないかと思います。

お金をかけて当たればお金がもらえるというようなものでもありますが、多くの人が負けてしまうことが多いのではないでしょうか?

その様なもので稼ぐというような人はプロの人達ばかりなのではないかと思います。

基本的にそのようなものが趣味であったりすると貧乏になってしまう特徴もあるので、十分に注意をするようにしましょう。

物事の価値を判断する目が無い

物事の価値を判断する目が無いという人も貧乏になりやすい特徴です。

物事の価値というのは人それぞれかもしれませんが、一般的な価値観というものは全て共通ですよね。

例えば食事を取らなければ病気になってしまい、最悪の場合は入院であったりするというような事もあるかもしれません。

その様なものを疎かにするというような事はできないことですよね?

この様に物事の価値を判断するというのは人によって価値観がどうしても違うので多少前後することがあっても、共通した価値観というものは必ずあります。

しかしながらその物に対しての重要さというものが分からない人というのはいわゆる判断する目がないという事になるので、どうしても後々で悔やんだり、お金が無いという事になり貧乏な生活を送ってしまいがちになるのです。

買い物に計画性がない


買い物に計画性がないというのも特徴的でしょう。

例えば欲しいものだけを買ってしまい、必要でないものまで買ってしまうというような人も多いですよね。

買い物の計画性というのは人によって違うかもしれませんが、計画性があるからこそ、必要最低限に抑えることができます。

しかしながら見たものに惹かれて買ってしまうというような人は、お金を貯蓄することができなくなってしまいますよね。

好き勝手に使ってしまい後々のことを考えないというような人も多いのではないでしょうか?

他力本願で「なんとかなるさ」と思っている

他力本願な人も実は貧乏な生活を送ってしまいがちです。

特に成人になっても親などに頼るという人や友人に頼るというような人も多いかもしれませんよね。

その様な人の場合も実は貧乏になってしまいがちになるのです。

言うのであれば自分から行動をしないような人というのは、仕事をしても上手くいかないことが多く、常に「どうにかなる」というような気持ちで生活をしているのではないでしょうか?

時には「なんとかなるさ」と思っている人も多いかもしれませんが、その様な意識を持つことは大事であっても貧乏になってしまっては意味がありません。

貧乏でない人が「なんとかなるさ」と思うのであれば良いのですが、貧乏な状態で「なんとかなるさ」と思ってしまっては意味がないという事です。

この様な考えをする人も貧乏になってしまいがちなので十分に注意をするようにしましょう。