私たちが扱う日本語には、意味が複雑な言葉や使い方が難しい言葉などがいくつも存在しています。

日本語を使う私たちでさえもよく意味がわからない言葉なのは多く存在していますが、その種類の一つとして四文字熟語が存在しています。

四文字熟語とはその名前の通り、4文字の漢字を用いて意味を表現している一つの言葉だと言えますが、非常に種類が多いことが特徴的です。

また、4文字の漢字が連なっているということもあり、意味が想像しにくく難しい言葉などが非常に多いです。

しかしながら、日常的な会話の中や、文献や資料などで四文字熟語を見つけたりするようなことはあまり珍しいことではありません。

つまり、基本的な四文字熟語程度は理解しておかなければ困ってしまう場面が生まれる可能性もあるということになります。

そこで、今回は四文字熟語の中でも比較的使用される割合が多い言葉である日進月歩という言葉をテーマにして、日進月歩という言葉の意味や使い方や由来をご紹介していきます。

この機会に日進月歩という言葉を正しくは使えるように、必要不可欠な知識を学ぶきっかけにしてみてください。

「日進月歩」とは?

四文字熟語を見たり聞いたりする言葉日本人であればそこまで珍しくはないことだといいます。

そして、日進月歩という四文字熟語に関しても、これまでに一度くらいは聞いたことがあると答える人がかなり多いと思います。

それぐらいたくさんの人に浸透されている四文字熟語だと言えますが、その反対に意味を説明しろと言われると正しい説明ができない人もとても多いです。

しかしながら、日進月歩という言葉は座右の銘は抱負として掲げている人もかなり多く存在しており、使用される割合などもほかの四文字熟語と比べると高いです。

なので、意味を知らない方は早い段階で知っておいたほうが必ず困らない言葉であるとも言えます。

しかし、いきなり意味を理解しろと言われても難しいと思いますので、まずは日進月歩という言葉の由来についてご紹介していきます。

由来を知り、意味を知り、自分自身の中で結びつきを考えながら、連鎖的に言葉の意味を把握してみてください。

そうすることによって、より記憶として定着しやすくなるはずですし、理解が早まるはずです。

由来

まずは日進月歩という言葉の由来についてご紹介していきたいと思います。

ただ、日進月歩という言葉に関しては昔から由来が存在したというよりかは、組み合わせて語呂が良くなるように作られた造語であるといえます。

では、どのようにして組み合わせられているのかと言うと、日進月歩という言葉を分けて考えてみると日進と月歩に分けて考えることができます。

日進月歩とひとまとめにして考えるよりも、このように分けて考えてみるとある程度意味が通りやすくなると思います。

では、分けて考える時に具体的にどのような由来は存在するのかということを細かくご紹介していきたいと思います。

日月は日に日にそうなっていくこと

日進月歩という言葉に関する由来を考えてみると、「日月は日に日にそうなっていくこと」という由来が考えられています。

どういうことかと言いますと、まず必要なのは日進と月歩に分けて考えてみてください。

そのまま漢字だけに着目して考えてみると、日を進み、月を歩くという単純な印象を受けると思います。

しかし、これは簡単に言えば、日は一日、月は一か月ということを意味しています。

つまり、日に進み、月で歩くということになるので、時間をかけて前に進んでいるということが考えられますよね。

つまり、日月は日に日にそうなっていく、言い換えてみれば前に進み続けて変化していく光景を言い表していると考えることができます。

世の中の全ての出来事が日に日に変化をし続けているようになります。

そして、それは日に日に変化しており、それが積み重なるば月になり、それなりの変化になるはずです。

これこそが日進月歩という言葉の由来であるといえます。

意味


日進月歩という言葉の由来について簡単にご紹介していきました。

日進月歩の由来について理解いただけたところで、ここからは日進月歩という言葉の意味について詳しくご紹介していきたいと思います。

日進月歩という言葉の由来を考えてみると、ある程度日進月歩という言葉がどのような意味を持っているのか想像することができると思います。

漢字自体もある程度関連性のある言葉が使われているので、由来さえ理解しておけば連鎖的に意味を理解できるようになるはずです。

自分なりに日進月歩という組み合わせの元で、どのような意味になるのか想像しながら確認してみてください。

日ごと月ごとに絶えず進歩すること

日進月歩という言葉の意味を考えてみると、意味としては「日ごと月ごとに絶えず進歩すること」という意味が存在しています。

なぜこのような意味があるのか考えてみた時に、先ほどの由来の項目でもご紹介した通り、分けて考えてみると非常に分かりやすくなるはずです。

まず日進という言葉を考えてみると、日に進むという意味を考えることができます。

これは、一日を意味しており、一日という時間の流れで私たちが進んでいるということを意味しています。

そして、月歩という言葉を考えてみると、同様に月に進んでいるということになるのですが、月は一か月という単位で考えてください。

つまり、日に日に進んでおり、それが積み重なった一か月で歩みに変化するという解釈をすることができます。

たとえ微々たるものだったとしても、それが積み重なれば一歩になり、大きな進化につながるということになりますよね。

つまり、言い換えてみればごと月ごとに絶えず進歩していくこと、またはそのさまなどを意味している言葉であると考えることができます。

進歩の度合いが急速であること

日進月歩という言葉を考えてみると、どちらかといえば少しずつ前に進化し続けているというような印象を受ける方も多いと思います。

用いられている漢字が進むという感じや歩むという漢字なので、どうしても一歩というイメージが定着しているがためにこのような印象を受けることにつながっています。

しかしながら、日進月歩という言葉に含まれている意味には「進歩の度合いが急速であること」という意味も存在しています。

つまり、言い換えてみれば技術などの進歩や発展が著しく急激なペースであった場合も同様の言葉で言い表すことができるということになります。

なので、ゆっくりとした進化のみに対して使われる言葉というわけでもなく、急激な進化に対してもこの漢字を使って言い表せるということになります。

もしもこの言葉を使って急激な進化を表現するとするならば、例えば「IT技術は日進月歩で発展している」というような言葉で表現することができます。

進化や発展という言葉の意味を表現する場合には、幅広く用いることができる利便性の高い言葉であるということを覚えておいてください。

「日進月歩」の類語や関連語


ここまでは日進月歩という言葉の由来や意味について詳しくご紹介していきました。

ある程度日進月歩という言葉の由来や意味を理解いただけたところで、ここからは日進月歩という言葉と同じ意味を持った類語や関連した言葉についてご紹介していきます。

一見すると難しい言葉に感じる印象を持ちますが、意味を理解しておけばそこまで難しい意味の言葉ではありません。

また、私達が日常的に使っている言葉と同じような意味を持っている言葉でもありますので、言い換えてみれば日常的に用いるチャンスは多いということになります。

では、具体的にどのような言葉と類似して、どのように言い換えて用いることができるのかということを踏まえながらご紹介していきます。

1.技術などの発展する勢いが非常に速いこと

日進月歩という言葉を考えてみると、言い換えてみれば技術などの発展する勢いが非常に早いことを意味しているといえます。

なぜならば、日進月歩とは日ごと月ごとに絶えず進歩することを意味している言葉であり、なおかつ発展が著しい場合に用いられる言葉だからです。

では、日進月歩という基本的な意味を理解した上で、どのような言葉が同じ意味を持っている類語に当たるのか、ご紹介します。

急速に

まずはじめにご紹介する日進月歩という言葉と同じような意味を持っている類語として「急速に」という言葉が挙げられます。

なぜ日進月歩という言葉と急速にという言葉が類語の関係性にあるのかと言うと、急速にという言葉の持っている意味をまずは理解する必要性があります。

急速にという言葉は「物事の起こり方や進み方が非常に早いこと、またはそのさま」を意味している言葉です。

つまり、急速にという言葉の意味を考えてみた時に、日進月歩という言葉の意味と同じような意味を持っているということがわかります。

なぜならば、日進月歩という言葉には「進歩の度合いが急速であること」という意味も存在しているので、同じような意味で用いることができます。

また、言い換えることも可能であり、「急速な発展」を「日進月歩の発展」と言い換えても違和感なく意味も同じで解釈することができます。

なので、日進月歩という言葉と急速にという言葉は、同じような意味を持っている類語の関係性にあると考えることができます。

急テンポで

次にご紹介する日進月歩という言葉と同じような意味を持っている類語として「急テンポで」という言葉が挙げられます。

急テンポとはどのような意味なのかというと「テンポが急なこと、またはそのさま、急調子、物事の進展などが非常に早いこと」などの意味を持っている言葉です。

日常生活の中でも急テンポでという言葉を使ったりすることはかなり多いと思います。

例えば、「急テンポで物事が進んでいったので、何も理解できなかった」などのようにして使うことができます。

では、急テンポでという言葉の意味を考えてみると、日進月歩という言葉と同じような意味を持っていることがすぐに理解できるはずです。

なぜならば、日進月歩という言葉の意味である進歩の度合いが休息であるという言葉の意味と全く同じような意味だと考えることができるからです。

実際に言葉を言い換えてみても「急テンポで物事が進む」「日進月歩で物事が進む」というように、言い換えても同じ意味で解釈することができます。

なので、急テンポでという言葉と日進月歩という言葉は同じような意味を持っている類語の関係性にあり、類語であると考えられます。

どんどんと

次にご紹介する日進月歩という言葉と同じような意味を持っている類語として「どんどんと」という言葉が挙げられます。

なぜ日進月歩という言葉とどんどんとという言葉が同じような意味を持っているのかというと、どんどんととは「物事の調子が良くはかどる様」を意味している言葉です。

また、「物事や動きの切れ目がなく次から次へと動くさま」を意味している言葉です。

つまり、絶え間なく物事が動いていく様を意味しているような言葉だと言えます。

この意味を踏まえて考えてみると、どんどんとという言葉の意味と日進月歩という言葉の意味は同じような意味であると解釈することができます。

例えば、「どんどんと発展している」「日進月歩で発展している」という言葉を比べてみても、同じような意味で成り立つと言えますよね。

なので、どんどんとという言葉と日進月歩という言葉は同じような意味を持っている類語の関係性にあり、類語同士であると考えることができます。

どんどんとという言葉は日常生活の中でも多様されたりする表現の一つであり、用いることができる機会は非常に多いです。

つまり、日進月歩という言葉は同じように使うことができるチャンスは非常に多い言葉であると考えることができます。

知らないだけで様々な場面で用いることができるということを考えながら理解してみると、さらに日進月歩という言葉の使い方を深いところまで理解できるようになるはずです。

飛躍的に

次にご紹介する日進月歩という言葉と同じような意味を持っている類語として「飛躍的に」という言葉が挙げられます。

飛躍的に、とはどのような意味なのかというと「進歩、向上などの急激なさま、物事の進歩発展向上が非常に急激であるさま」を意味している言葉です。

つまり、物事などが非常に急激に変化しているということを表現することができる言葉ということになります。

例えば、IT業界が著しく進化したということを「IT業界は飛躍的に進化を遂げている」という言葉で表現することができます。

そして、この意味を考えてみると飛躍的にという言葉は日進月歩という言葉と同じような意味を持っていることがわかります。

先ほどご紹介した言葉を言い換えてみると「IT業界は日進月歩で進化を遂げている」と言い換えることもできます。

同じような意味になりますし、そもそも持っている意味が同じなので、類語の関係性にあるのは言うまでもありません。

飛躍的にという言葉も日常生活の中では使用したりする割合はかなり高い言葉だと言えます。

もしも今後、日常生活で飛躍的にという言葉で表現することができる場面があれば、日進月歩という言葉を使って表現してみるようにしてください。

そのような習慣を少しずつ取り入れていくことで、正しい使い方や連鎖的に物事の記憶がはかどるようになるはずです。

目まぐるしく

次にご紹介する日進月歩という言葉と同じような意味を持っている類語として「目まぐるしく」という言葉が挙げられます。

そもそも目まぐるしくとはどのような意味なのかというと「物事の変化などが激しく目が回るようである、変化に合わせてしっかり対応することが容易でない様子」という意味です。

全く同じ意味というわけではありませんが、大まかな意味は日進月歩という言葉と共通する部分があると考えることができます。

なぜならば、日進月歩という言葉は進歩の度合いが急速であるということを意味しているので、急速な進歩には物事の変化が伴うと考えられます。

そして、急速な物事の変化が伴えば、当然その身の回りにいる人は目が回るほど困惑する可能性は十分考えられますよね。

つまり、日進月歩という言葉と目まぐるしいという言葉は結果的に同じような意味を持っている言葉であり、共通している言葉であると考えることができます。

なので、日進月歩という言葉と目まぐるしくという言葉は同じような意味を持っている類語の関係性にあると考えることができます。

全く同じ意味ではなく、日進月歩という言葉の若干の延長線にある事象が目まぐるしくという言葉でもありますので、この微妙な関係性を理解することが非常に大切です。

2.連想される言葉

ここまでは日進月歩という言葉と同じような意味を持っている類語いくつかご紹介していきました。

ある程度日進月歩という言葉の類語を理解いただけたところで、ここからは日進月歩という言葉から連想される言葉についてご紹介していきます。

日進月歩という言葉と同じ意味を持つ言葉がいくつか存在し、なおかつ幅広く存在しているということは言い換えてみれば、連想できる言葉もいくつかあるということになります。

そして、連想できる言葉も把握することによって、より連鎖的に言葉をインプットすることができるようになります。

様々な言葉をインプットし、さらにそこから連鎖的に自分の記憶を深めていくことができれば、様々な言葉を理解し自分自身の語彙力を高めることができるようにもなります。

高い語彙力を身に付けることによって、豊かな表現方法やトークスキルに繋がるようになりますので、絶対に無駄にならない知識として今後活用することができます。

そこまで見据えた上で、これからご紹介する連想される言葉を確認し、自分自身の記憶としてインプットしてみてください。

勢いよく

まず初めにご紹介する日進月歩から連想される言葉として「勢いよく」という言葉が挙げられます。

なぜ日進月歩という言葉から勢いよくという言葉が連想されるのかと言うと、勢いよくという言葉が表現する意味に関連性があるからです。

まず、勢いよくとはどのような意味なのかというと「強い勢いで動作すること」という意味が存在している言葉です。

日常生活の中でも勢いよくという言葉は使ったりすることが非常に多い言葉なので、意味自体も正しく理解している人がかなり多いと思います。

では、改めて日進月歩という言葉を考えてみると「日ごと月ごとに絶えず進歩すること、進歩の度合いが急速である」という意味があります。

つまり、これは言い換えてみれば進歩が著しい、強い勢いで進歩しているという言葉で言い換えることもできますよね。

強い勢いで進歩をするからこそ急速な発展につながり、それを日進月歩という言葉で表現することができるといえます。

つまり、強い勢いがあるからこそ日進月歩という言葉につながるので、日進月歩という言葉を考えると勢いよくという言葉を連想することができるということになります。

日夜休みなく

次にご紹介する日進月歩から連想される言葉として「日夜休みなく」という言葉が挙げられます。

日夜休みなくとはどのような意味なのかというと「物事が安定して継続すること、物事の間に時間の間隔を置かない様」などの意味があります。

例えば日が休みなく働き続けたという言葉は「休憩なく働き続けた」という意味で解釈することができます。

では、これを進化に絡めて考えてみてください。

そうすると「日夜休みなく進化し続けた」という文章になり、これは時間の感覚がなく進化し続けたという言葉になります。

これは日進月歩で進化したという言葉の意味を全く同じように意味につながります。

そもそも日進月歩とは絶えず進歩するという言葉の意味を持っているので、時間の感覚がなく進化し続けるという言葉と同じような解釈をすることができます。

逆に時間の感覚が開いて進化をしたとなると、日進月歩という言葉の意味とはそれてくるようになりますよね。

なので、日進月歩という言葉を連想した時に、自然と日夜休みなくという言葉が生まれるということになります。

拍車がかかる

次にご紹介する日進月歩から連想される言葉として「拍車がかかる」という言葉が挙げられます。

拍車がかかるとはどのような意味なのかというと「物事が何かを契機としてより一層進行するようになる」という意味になります。

少し難しい意味合いかもしれませんが、簡単に言えば何かのきっかけで物事の進展がより進むという意味になります。

全く同じ意味ではありませんが日進月歩という言葉を想像するにあたって、いくつかの関連性が見える言葉だといえます。

なぜならば、日進月歩とは絶えず進歩するという意味になるので、日に日に進化しているということになります。

また、それに伴って著しい発展などを得た場合にも日進月歩という言葉を使って表現することができます。

そして、著しい発展の中には、何かの物音がきっかけとなって爆発的な発展に伴うような場合なども十分考えられますよね。

つまり、日進月歩の発展の中には、場合によっては拍車がかかることによって大きな発展になったと言うケースも十分考えられるということになります。

なので、日進月歩という言葉から拍車がかかるという言葉を連想することは十分可能であり、連想できる言葉の一つになると言えるのです。

なだれ込む

次にご紹介する日進月歩から連想される言葉として「なだれ込む」という言葉が挙げられます。

なだれ込むとはどのような意味なのかというと「雪崩のようになって一箇所に急激に押し寄せること」を意味している言葉です。

よく一般的に用いられたりするのが人の流れなのに対して用いられたりし、「急激に人の流れが流れ込む」などのように表現したりすることができます。

このなだれ込むという言葉も日進月歩という言葉から連想できる言葉の一つであり、なぜかと言うとこの言葉同士には共通点が存在しているからです。

例えば、一箇所に急激に押し寄せるということを日進月歩に置き換えて考えてみれば、一箇所に非常に大きな発展の流れが来るということになります。

この急激な流れが押し寄せることによって、大きな進化や発展になるということなので、急激な流れがなくして大きな進化はあり得ないということになります。

つまり、なだれ込むという言葉と日進月歩という言葉は根本的な意味を考えてみるとかなり似通った言葉であると言えるのです。

なので、日進月歩という言葉を考えてみるとなだれ込むという言葉を連想することができるということになります。

あれよあれよという間に

次にご紹介する日進月歩から連想される言葉として「あれよあれよという間に」という言葉が挙げられます。

そもそも、あれよあれよという間にとはどのような言葉の意味なのかというと「変化が素早く行われてゆくさま、物事の経過が短時間に行われる様」を意味しています。

つまり、状況の変化が著しい場面なので用いられたりする言葉であると考えることができます。

では、日進月歩という言葉を考えた時に、日進月歩の意味とかなり似たような意味合いであることがすぐにわかると思います。

なぜならば、日進月歩という言葉には著しい物事の発展などの意味が含まれています。

物事の著しい発展を考えてみると、物事の経過が短時間に行われるということになりますし、その変化は素早く行われていくことがわかります。

なぜならば、ゆったりとした変化になると当然著しい変化を望むことができないですよね。

つまり、著しい変化には素早い物事の変化やより激しい変化を伴うことは当たり前であり、必要不可欠であると言えます。

なので、日進月歩という言葉からあれよあれよという間にという言葉は連想することができる言葉であると言えます。

躍進

次にご紹介する日進月歩から連想される言葉として「躍進」という言葉が挙げられます。

躍進とはどのような意味なのかというと「めざましい勢いで進出、発展すること」を意味している言葉です。

これはよく物事の状況の変化などに使われたりする言葉でもあります。

例えば、「躍進を遂げる」「躍進するIT業界」などのように使えば「めざましい勢いで発展を遂げる」「めざましい勢いで進化するIT業界」などと表現できます。

この表現を見たときに、日進月歩という言葉と絡めて考えてみると当然連想することができる言葉だとすぐに分かるはずです。

なぜならば、日進月歩という言葉を考えてみると、日進月歩の意味合い自体も進歩の度合いが急速であることという意味があります。

つまり、めざましい勢いで進出や発展することは、日進月歩の進化を遂げるということと同じような意味になります。

躍進するからこそ、日進月歩の進化になるのであり、躍進なくして日進月歩はありえないということになります。

なので、日進月歩という言葉を考えてみると躍進という言葉が連想することができるといえます。

「日進月歩」の使い方

ここまでは日進月歩という言葉から連想される言葉をいくつかご紹介していきました。

ある程度日進月歩という言葉に対する理解が深まったところで、ここからは日進月歩という言葉の使い方についてご紹介していきます。

日進月歩という言葉の意味を正しく理解していても、正しい使い方を行うことができなければ言葉をマスターしたとは言えません。

間違いのない使い方を理解することができて、初めて正しい使い方を行うことができるようになるので、この機会に正しい意味と正しい使い方も合わせて確認してください。

例文

日進月歩という言葉の正しい使い方を確認するために、日進月歩という言葉を交えた例文をいくつかご紹介していきます。

日進月歩という言葉は日常生活の中で用いることができる機会は数多く存在しています。

なので、普段自分が用いている日常的な会話の中でどのようにすれば日進月歩という言葉を使って表現できるかということを考えながら確認するとより深い理解につながります。

これからご紹介するいくつかの例文を確認して、基本的な使い方とどのような場面で使えるのかということを併せて確認してみてください。

医療は日進月歩である

まず初めにご紹介する日進月歩という言葉を使った例文は「医療は日進月歩である」という例文です。

この例文はどのような意味なのかと言うと「医療は日に日に進化している」という意味になります。

日進月歩という言葉の意味をそのまま代入していただければ、そこまで難しい意味にはなりません。

日進月歩という言葉を使った基本的な例文の形になりますので、基本的な形として確認してみてください。

科学技術は日進月歩だから、変化に適応していかなければならない

次にご紹介する日進月歩という言葉を使った例文は「科学技術は日進月歩だから、変化に適応していかなければならない」という例文です。

この例文はどのような意味なのかと言うと「科学技術は進歩の度合いが急速なので、変化に適応しなければいけない」という意味になります。

これも日進月歩という言葉の急速な進化という意味を代入していただければ、すぐにわかる例文です。

日進月歩の前に、日進月歩という言葉の意味がかかる言葉を持ってくることによって文章として成り立つようになります。

使い方としては先ほどご紹介した基本的な形とそこまで変わりはありませんので、この例文も日進月歩という言葉を使った基本例の一つとして確認してください。

正しい意味を知って正しく使おう(まとめ)

今回は日進月歩という言葉をテーマにして、日進月歩という言葉の意味は類語、関連性のある言葉、使い方などをご紹介していきました。

日進月歩という言葉は意味を知らないか難しい言葉にとらわれがちですが、意味さえ知っておけば非常に簡単な言葉だと言えます。

意外と日常生活の中で用いることができる機会は多い言葉なので、この機会に日進月歩という言葉を積極的に日常的な会話の中で用いるようにしてみてください。