日常の様々なことを言葉にして表現したりする際には、意味が難しい言葉やわかりにくい言葉などに出会ったりすることもあるはずです。

また、表現が似ている言葉なども多く存在しており、どちらの言葉がどういう意味なのかということが正しく把握できないようなこともあると思います。

あまり日常的に使わないような言葉であれば、分からないままだったとしても大きな問題にはならないかもしれません。

しかしながら、年齢を重ねることによってそれなりに難しい言葉なども扱うようになってくると、意味が分からないことがあると困ってしまう場面も生まれてくるはずです。

特に、それなりに立場が伴うようになってくると、立場も含めた上で人から判断されるようになるので、恥ずかしい思いをしてしまう可能性にもつながります。

なので、なるべく早い段階で難しい言葉やわかりにくい言葉なのは把握しておくことが求められます。

そこで今回は、的を得るという言葉をテーマにして、的を得るという言葉がどのような意味なのか、そしてどのような使い方をする言葉なのかということをご紹介していきます。

また、的を射るという言葉との違いなどもご紹介していきますので、どういう違いが存在し、どういう場面で使うべき言葉なのかということも知るきっかけにしてください。

「的を得る」とは?

的を得るという言葉を日常的な会話の中で聞いたことがありますか?

おそらく、大体の方が一度くらいは耳にしたことがある言葉だと思います。

ただ、的を得るという言葉を正しく説明しろと言われると、非常に難しく感じてしまいがちな言葉だと思います。

言葉自体は知っていても、明確な意味合いなどを理解していない場合が多い言葉でもあるということです。

そして、的を得るという言葉と非常に似ている言葉として的を射るという言葉が存在しています。

この両者の違いについても明確に理解せずに使っているような方が多いので、間違ってしまいやすく難しい言葉の一つとして分類されます。

人によっては全く同じ意味だと解釈している人もいるかもしれませんが、実は細かい違いが存在しており、全く違った表現方法を用いることができます。

まずは間違った解釈をなくすために、的を得るという言葉にはどのような意味が存在しているのかということを詳しくご紹介していきます。

理に適っている

的を得るという言葉にはどのような意味が存在しているのかと言うと「理に適っている」という意味合いが存在しています。

理に適っているとはどういうことなのかというと「理に適う理屈や道理に合っている、合理的である」という意味が存在しています。

少し難しい意味合いに感じるかもしれませんが、非常に簡単に言えば目的に合っており無駄がないというような意味合いで解釈することができます。

あなたの普段の生活の中でもっとこうすれば無駄なく行動することができるのにと感じさせるような出来事があったりしませんか?

そのような出来事があった際には、もっと理にかなった行動をするべきだと考えるはずですし、理にかなったという言葉を用いて表現することができると言えます。

「的を得る」の類語や関連語


ここまで的を得るという言葉の意味についてご紹介していきました。

ある程度的を得るという言葉の意味について理解いただけたところで、ここからは的を得るという言葉と同じような意味を持っている類語や関連した言葉などをご紹介します。

的を得るという言葉の意味を考えると、同じような意味の言葉や、関連している言葉などはいくつか想像することができるはずです。

そして、それらの言葉を把握することによって、より幅広い表現を行うこともできますし、意味を深く理解することができるようになります。

なので、的を得るという言葉をさらに知るためにも、同じような意味を持っている言葉や関連した言葉を知るきっかけとして活用してみてください。

1.論理的に見て無理や無駄がないさま

的を得るという言葉の意味を考えると、理に適っているという意味が想像できますが、これは言い換えてみると論理的に見て無理や無駄がないさまを意味しています。

そして、無理や無駄がない様という言葉と同じような言葉を考えてみると、さらにいくつかの言葉を想像することができます。

これらの言葉に関しては結果的に考えると的を得るという言葉と同じような意味を持っている類語の関係性にあると言えます。

では、的を得るという言葉と同じような意味を持っている類語にはどのような言葉が存在しているのか、いくつかの言葉をご紹介していきたいと思います。

これらの言葉をつなげて考え、連鎖的に引き出すことができるになれば自分自身の語彙力を高めることができるようにもなります。

語彙力が高まれば、自然と豊富な表現方法を身に着けることができるようになりますので、相手と会話をする際のトークスキルが飛躍的に向上します。

なので、実際に相手と会話をすることを想像しながら、それぞれの類語をどのように置き換えて表現できるかということも考えながら確認してみてください。

合理的

まず初めにご紹介する的を得るという言葉の類語として「合理的」という言葉が存在しています。

なぜ的を得るという言葉と合理的という言葉が類語の関係性にあるのかと言うと、合理的という言葉の意味は「道理や論理にかなっているさま」という意味があるからです。

そして、的を得るという言葉には先ほどご紹介した通り「理にかなっている」という意味が存在しています。

この両者の言葉を比べて考えてみた時に、まず意味合いとしては全く同じような意味合いを想像することができます。

また、この両者の言葉に関しては、意味合い自体が同じということから、言葉を入れ替えて文章の中で用いたりすることも可能です。

例えば「合理的な考え方」という文章を考える時に、「的を得る考え方」と表現しても、意味合い自体は同じように受け取ることができます。

なので、的を得るという言葉と合理的という言葉は同じような意味を持っている類語の関係性にあると考えることができます。

合理的という言葉は日常生活の中でもよく用いられる言葉の一つです。

的を得るという言葉で言い換えることができるので、日常生活の中で的を得るという言葉を使う機会も非常に多く存在しているということを理解してください。

当を得た

次にご紹介する的を得るという言葉の類語として「当を得た」という言葉が存在しています。

当を得たという言葉も的を得るという言葉の類語として考えることができます。

しかし、なかなか日常生活を送っていても当を得たという言葉を聞いたりすることはないと思います。

では、当を得たという言葉にはどのような意味が存在しているのかというと、当を得たという言葉には「道理にかなっている、合理性のあるさま」という意味が存在しています。

つまり、言い換えてみれば筋の通ったという言葉と同じような意味として解釈することができます。

そして、先ほどもご紹介した合理的という言葉が当を得たという言葉の意味の中に含まれています。

なので、的を得るという言葉と当を得たという言葉は同じような意味を持っている類語の関係性にあると考えることができます。

なかなか日常生活では使ったりすることが少ない言葉ではありますが、知っていればいいかいて使うことも出来ますし、幅広い意味で用いることができる言葉でもあります。

なので、語彙力を高めるという意味でも、両者の言葉が同じような意味だということをこの機会に把握してみてください。

ソツがない

次にご紹介する的を得るという言葉の類語として「ソツがない」という言葉が存在しています。

ソツがないとはどのような意味なのかというと、「動作や言動をよくこなすさま、手落ちがない、手抜かりがない、むだがない」という意味を持っています。

ソツがないという言葉も、日常生活の中ではあまり聞いたりすることがないような言葉かもしれません。

よく用いられるのは「やることにソツがない」というような表現などを用いられたりする場合があります。

これは、「行うことに無駄がない」というような意味合いなどで用いられたりすることが多いです。

では、ソツがないという言葉の意味を把握したところで、的を得るという言葉との関係性を考えてみてください。

的を得るという言葉には「理に適っている」という意味が存在しています。

これは目的にあっており、無駄がないさまを意味しているので、言い換えてみれば行うことに対して無駄がないという言葉に変換することができます。

つまり、結果的に同じような意味で解釈をすることができるので、的を得るという言葉とソツがないという言葉は同じような意味を持っている類語であると考えることができます。

手抜かりのない

次にご紹介する的を得るという言葉の類語として「手抜かりのない」という言葉が存在しています。

そもそも、手抜かりのないという言葉はどのような意味なのかというと「論理的に見て無理や無駄がないさま、事前の準備がきちんと施されているさま」などがあります。

日常生活の中でも手抜かりのないという言葉で表現することができる文章はいくつも存在しています。

例えば、ビジネスの面でもプライベートの面でも、何らかの行動をしようとした時に周到な準備を行っている場合に用いることができます。

「抜かりがないな」という言葉などで表現することができ、これはしっかりと準備を行っているということを相手に伝える際に用いられます。

では、それを踏まえた上で、的を得るという言葉との関係性を考えてみると、まず意味合い自体がかなり似ているということがすぐにわかるはずです。

なぜならば、的を得るという言葉は「理にかなっている」という言葉の意味を持っているので、合理的で無駄がないことを意味しています。

つまり、準備などに置き換えて考えてみても、無駄のない準備を行っているということを的を得るという言葉で表現することもできます。

言葉を置き換えて表現でできるということは、同じような意味を持っている言葉ということになるので、両者は類語の関係性にある言葉だと判断することができます。

抜けがない

次にご紹介する的を得るという言葉の類語として「抜けがない」という言葉が存在しています。

そもそも抜けがないという言葉はどのような意味なのかと言うと「何もかけずに揃っているさま」を意味している言葉です。

この言葉に関しては先ほどご紹介した抜かりがないという言葉と同じように、何らかの準備などを周到に行っている状態で用いられることが多いです。

例えば、ビジネスなどで取引先の企業に対して資料を見せながらプレゼンを行ったりする際に、わかりやすい資料を時間をかけて用意していたとします。

このような場合は、「準備に対して抜けがない」という言葉で表現したりすることができます。

そして、抜けがないという言葉を考えてみると、的を得るということはどこも同じような意味を持っていることが想像できるはずです。

なぜならば、抜けがないという言葉は言い換えてみれば理にかなった準備をしっかりと行なっているということになります。

なので、理にかなったという言葉と同じような意味で解釈することができますし、そもそも手抜かりのないという言葉と的を得るという言葉自体が類語です。

これらの理由から、抜けがないという言葉と的を得るという言葉は同じ意味を持っている言葉だと言えます。

抜けがないという言葉は日常生活の中ではかなり広く表現したりすることができる利便性の高い言葉です。

覚えておけば使用したりする機会はかなり多いですし、言い換えて使ったりする際には非常に便利なので覚えておいてください。

2.連想される言葉


ここまでは的を得るという言葉と同じような意味を持っている類語についていくつかご紹介していきました。

ある程度同じ意味を持っている言葉を理解いただけたところで、ここからは的を得るという言葉から連想することができる言葉をいくつかご紹介していきます。

的を得るという言葉の意味を考えてみると、同じような意味を持っている言葉がいくつか存在し、連想される言葉も相対的に多くなると考えることができます。

連想することができる言葉も把握することによって、連鎖的に言葉を理解することができ、様々な言葉の結びつきを理解することができるようになります。

言葉の結びつきを理解することによって、関連した言葉などをインプットすることも出来ますし、語彙力を高めることにもつながります。

この機会に的を得るという言葉から連想される言葉をいくつか理解し、より豊富な語彙力を身につけるきっかけにしてみてください。

的確

まず初めにご紹介する的を得るという言葉から連想される言葉として「的確」という言葉が挙げられます。

なぜ的を得るという言葉と的確という言葉が連想されるのかという理由を説明する前に、まずは的確という言葉の意味についてご紹介していきます。

的確とは「肝要な点を確実にとらえてるさま、確かなさま」という意味が存在しています。

つまり、別の言葉で言い換えるとすれば間違いがないさまという言葉で表現したりすることができます。

実際に文章などで用いたりする場合は「このような場面において彼の発言は的確だ」などといったように表現することができます。

では、なぜ的を射るという言葉から的確という言葉が連想されるのかと言うと、肝要な点を確実にとらえるとは、言い換えてみれば合理的で無駄がない状態だと言えます。

重要な点をしっかりと捉えて間違いがないということは、無駄なことを一切行なっておらず、なおかつ大事なポイントをしっかりと押さえているということになります。

つまり、的を得るという言葉の意味とほぼ同じような意味であることから、的を得るという言葉から連想される言葉になり得ると言えます。

同じような意味なので、文章の中の言葉を置き換えて表現したりすることも可能なので覚えておいてください。

正確

次にご紹介する的を得るという言葉から連想される言葉として「正確」という言葉が挙げられます。

正確という言葉は、日常生活の中でも頻繁に使ったりすることがある言葉だと言えます。

改めて説明する必要性はないかもしれませんが、正確という言葉には「正しく確かなこと、事実と合っていて少しも間違いのないこと」を意味しています。

では、なぜ的を得るという言葉から正確という言葉が連想されるのかというと的を得るということは合理的であり、道理や論理にかなっているということになります。

つまり、間違いがなく無駄なことが何もないということになりますよね。

間違いだらけで無駄があるようなことを道理や理にかなっているとは表現することができません。

なので、的を得るとは、言い換えてみれば正しい間違いのないことであると考えることもきます。

なので、的を得るという言葉から正確という言葉を連想することができるといえます。

理想的

次にご紹介する的を得るという言葉から連想される言葉として「理想的」という言葉が挙げられます。

なぜ的を得るという言葉から理想的という言葉を連想することができるかと言うと、理想的とは「理想に当てはまってるさま、理想が実現していて素晴らしいさま」という意味です。

一見すると全く共通点がないような言葉に感じるかもしれませんが、的を得るという言葉の類義語である合理的という言葉を考えてみてください。

合理的ということは、道理や論理にかなっているさまという意味になりますが、言い換えてみれば無駄のないさまであるといえます。

すべての物事を行う上で、なるべくであれば無駄がなく、道理や論理にかなっていることを行ったほうが円滑に物事は進みますよね。

つまり、無駄のない、道理や論理にかなっていることは何事においても理想的な状態であると考えることができます。

無駄ばかりで、間違いだらけの行動を行うことを誰もが理想的だとは思っていませんよね。

つまり、的を得るということは言い換えてみれば、非常に理想的な状態であると考えることができます。

なので、的を得るという言葉を考えた時に、理想的という言葉を連想して考えることが出来るといえます。

妥協しない

次にご紹介する的を得るという言葉から連想される言葉として「妥協しない」という言葉が挙げられます。

的を得るという言葉と妥協しないという言葉はあまり関連性のない言葉に感じると思います。

しかしながら、突き詰めて考えてみるとそれなりに連想することができる言葉同士であるといえます。

なぜかというと、まず妥協しないという言葉は「自分の意見を通さずに相手の主張や要望を聞き入れるという姿勢をみせない」という意味があります。

つまり、簡単に言えば自分の意見を折らずに相手に対して自分の意見や主張を伝えるさまを意味しています。

日常生活の中でもよく使われたりする言葉であり、自分の考えを折らない場合などに使ったりすることが多いです。

また、その他の意味としては「細部にわたってこだわりを持ち安易な省略を行わないさま」を意味しています。

つまり、細かい部分までこだわり、無駄な省略などは行わないという意味になります。

この無駄な省略という点に着目して考えてみると、言い換えてみれば無駄な行いなどをしない、合理的な作業を行っているといえますよね。

つまり、的を得るという言葉の意味と通じる部分があると解釈できますので、的を得るという言葉を連想した時に妥協しないという言葉を想像することができるといえます。

このように一見異なる意味合いを持っている言葉も、深い部分まで理解することによって関連性を見出すことができるようになります。

そうすることによって関連性を意識して言葉同士のつながりを正しく把握することができるので、この機会に深い意味まで正しい解釈ができるようにしてください。

整合性がある

次にご紹介する的を得るという言葉から連想される言葉として「整合性がある」という言葉が挙げられます。

そもそも整合性という言葉はどのような意味なのかというと「論理に矛盾がなく一貫していること」という意味があります。

つまり、簡単な言葉で言い換えるとすれば辻褄が合っているという意味合いになります。

では、なぜ的を得るという言葉から整合性があるという言葉を連想することができるのかと言うと、的を得るということは道理や論理にかなっているということになります。

それは、きちんとした筋道の上に成り立っていることを行っているということになるので、言い換えてみれば辻褄が合っていることをしているということになります。

つまり、整合性という言葉の意味と的を得るという言葉の意味は同じような意味を持っている言葉だと解釈することができます。

同じ意味を持っているということは、そもそも類語の関係性にあるということになりますし、連想される言葉であるとも言えます。

納得できる

次にご紹介する的を得るという言葉から連想される言葉として「納得できる」という言葉が挙げられます。

なぜ的を得るという言葉から納得できるという言葉が連想できるのかと言うと、的を得る言葉は自然と納得することができる内容になるからだと言えます。

例えば、納得ができる言い方や内容を考えた時に、考えられる答えとしてはしっかりと辻褄が合っているような答えであるといえますよね。

例えば相手に対して答えを求めた時に、辻褄が合っていないような説明や論理的に矛盾しているような説明に対しては納得することができないはずです。

しかしながら、しっかりと辻褄が合っており、論理的に矛盾していない説明を受けた場合は自分自身が納得することができる答えだと認識できるはずです。

そして、的を得るということは、理にかなっているということであり、道理や論理にかなっている答えであるといえます。

なので、的を得るということは納得することができるということを自然と連想することができる言葉だと言えます。

ビジネスの場面においても、プライベートの場面においても、様々な人との関わりが求められます。

その中で、常に相手に対して的を得た話をすることができる人間はやはり一目置かれますし、信頼も厚くなりやすいです。

なので、仕事を成功させる上でも、魅力的な人間関係を築く上でも、的を得た考え方や行動は非常に重要なことになるといえます。

「的を得る」の使い方

ここまでは的を得るという言葉から連想される言葉をいくつかご紹介していきました。

意味や類語、そして関連性のある言葉を理解することで、的を得るという言葉の理解が深まったと思いますが、さらに重要なことが正しい使い方をマスターすることです。

なぜならば、正しい言葉の使い方を理解しておかないと、間違った使い方になってしまい、正しい意味を理解していても全く意味がなくなってしまうからです。

特にビジネスの場面などにおいては、間違った言葉遣いは信頼性をなくしてしまう行動になるので非常に危険な行動になるといえます。

そこで、ここからは的を得るという言葉の使い方を例文を交えながらご紹介していきたいと思います。

例文

的を得るという言葉は、日常生活の中で使うことができる機会はありますが、なかなか頻繁に見聞きしたりすることはありません。

なので、意味は理解していても、どういう使い方をすればいいのかよくわからないまま言葉を把握している人が多く存在しています。

しかし、正しい使い方がわからないということは言葉を正しく解釈できていないということと全く同じになってしまいます。

なので、これからご紹介する例文を確認し、どのように的を得るという言葉を使うのかチェックしてみてください。

日常生活の中で自分だったらどのような言葉で表現することができるのかということも想像しながら確認していただくと、より理解しやすくなるはずです。

彼の意見は的を得ていた

まず初めにご紹介する的を得るという言葉を使った例文として「彼の意見は的を得ていた」という例文が挙げられます。

この例文はどのような意味なのかと言うと「彼の意見は理にかなっていた」という意味で解釈することができます。

意味合いとしては非常に単純で、例文に意味を代入していただければすぐに理解いただけるはずです。

使い方としては、相手の発言がきちんと理にかなった合理的な考え方であったかどうかということを表現する場面で用いることができます。

的を得るという言葉を使った基本的な例文の一つでもありますので覚えておいてください。

それぞれの発言が的を得たものだった

次にご紹介する的を得るという言葉を使った例文として「それぞれの発言が的を得たものだった」という例文が挙げられます。

この例文はどのような意味なのかと言うと「それぞれの発言が理に適ったものだった」という意味になります。

つまり、各々が発言した内容は合理的な発言だったという意味になり、複数の人間が正しいことを言っていた場面で用いることができます。

先ほどご紹介した例文とほぼ同じような表現方法であり、文章の意味自体もそこまで変わりはありません。

難しい使い方を求められる言葉でもありませんので、基本的な表現であるこの例文の組み合わせ方を参考にして日常生活でも使用してください。

混同される「的を得る」と「的を射る」

的を得るという言葉を考える上で、必ず連想される言葉が的を射るという言葉です。

人によっては同じような意味として解釈しているかもしれませんが、実はこの両者の言葉はいくつかの違いが存在している言葉です。

同じ意味を持っている言葉だと思っていた方は、間違って解釈してしまっており、間違った表現に繋がってしまう可能性があります。

では、非常によく似ているこの二つの言葉はどのような違いが存在するのかも紹介しています。

1.「的を射る」の意味

的を射るという言葉にはどのような意味があるのかと言うと「うまく目標に当てる、うまく要点をつかむ」という言葉の意味が存在しています。

前者は単純に、狙いを定めた標的に対して当てるという行動を意味しており、後者は要点を把握するさまを意味しています。

この意味を考えてみると、的を得るという言葉と意味合いが遠く離れているというわけではありませんが、全く同じ意味合いというわけでもありません。

よく似ている言葉ですし、意味自体も離れているわけではないので非常にややこしいですが、両者を混同しないで考えるようにしてください。

2.違い

的を得るという言葉は「理にかなっている」という意味に対し、的を射るという言葉は「要点をうまく捉えている」という意味になります。

要点をうまく捉えることができれば、自然と理にかなった考え方ができるといえますが、同じ意味であるとは言えません。

結びつきはありますが、あくまで的を射るということは重要なポイントを押さえていることができているかどうかということを表している言葉です。

なので、的を得る考え方と、的を射る考え方は根本的に考えると違う意味を持っているということになるので注意して解釈するようにしてください。

「的を得る」を正しく使おう(まとめ)

的を得るという言葉をテーマにして、的を得るという言葉の意味や同じ意味を持っている類語、関連語などについてご紹介していきました。

説明が難しい言葉ではありますが、正しく解釈すると非常に簡単な意味合いの言葉だということがお分かりいただけたと思います。

日常生活の中でも的を得るという言葉を使って表現することができる機会は非常に多く存在しています。

なので、間違った使い方をせずに正しい使い方で表現することができるように、今回ご紹介した内容を把握して正しく扱えるようにしてください。