年齢よりも見た目の年齢が若く見える童顔女子。

いつまでも若く見られるのはとっても羨ましい事ですよね。

しかし、他者から見れば羨ましがられるような童顔女子にはメリットもあればデメリットもあるのです。

寧ろ、実際の童顔女子は童顔である事をコンプレックスに思っている事が少なくないのです。

そんな童顔女子の特徴やメリット・デメリットについて徹底解説していき、童顔女子必見な童顔を大人っぽくするための方法も解説していきます。

童顔女子の特徴

人間は、顔のパーツの比率によって童顔に見えたり老け顔に見えたりするものです。

そんな中でも年齢よりも幼く見えがちな童顔女子の顔立ちにはこんな共通する特徴があるのです。

この特徴に当てはまる人は、他人の目から童顔であると映っているのかもれません。

顔が丸い

丸みのある輪郭は童顔女子の最も大きな特徴です。

頬のふっくらとしたラインから顎にかけても丸々としており、人によってはややぽっちゃり系に見えてしまう事も少なくありません。

寧ろ太っている人は大抵の場合年齢よりも若い顔立ちに見えるのですが、それは肥満の為に顔についた脂肪で顔が丸くなってしまっているから童顔っぽく映っているだけなのです。

おでこが広くてアゴが小さめ

丸い顔でも様々な形がありますが、童顔に見える顔の形というのは額が広く顎が小さめである場合が多いようです。

丸をベースにしつつやや逆三角形に見えなくもない形というのがもっとも童顔に見える輪郭だと言われています。

目と鼻の距離が近い

目と鼻の距離が近く輪郭に対してパーツが中央に密集している人も童顔に見えやすいと言われています。

赤ちゃんの顔立ちは輪郭に対して顔のパーツが全て中央に密集している傾向にあります。

その為、赤ちゃんの顔立ちに似ている目と鼻の距離が近い人は幼く童顔である印象を受けると言われています。

パーツはやや下の配置

顔のパーツは顔の中心部よりもやや下にある事で、童顔に見えやすいと言われています。

これも赤ちゃんの顔の比率が、顔の下の方に目や鼻、口のパーツが集まっている事から童顔の定義とされています。

頬骨が低い

頬骨が低い事で、顔の凹凸が無くなり平面的で丸みのある顔立ちに見える事から童顔の印象が強くなります。

外国人を見た時に「そんなに若いの?年上かと思っていた」と驚く経験をした事はありませんか?外国人は頬骨や目元のくぼみなど、顔の凹凸が大きく出ている事からあまり幼く見えないのです。

赤ら顔である

普段から赤みが出やすい赤ら顔の人は、その血色の良さから健康的な印象があります。

赤ら顔である事とその他の童顔に見えやすい要素が合わさる事で、健康的で幼い顔立ちに見える事から童顔の印象はより強くなると言えるでしょう。

人形のような瞳

人形のような大きくパッチリとした瞳は、輪郭と比較した時に他のパーツとの距離が近いように映ります。

その事から「童顔になりたい」と望む人は付けまつ毛などを使って目元をパッチリとさせる傾向にありますね。

黒目がち

白目がちな瞳と黒目がちな瞳では、黒目がちな瞳の方が幼いイメージに見えます。

これも赤ちゃんの瞳が黒目がちである事から、それ似ている黒目がちな瞳が幼く見えているのです。

現に赤ちゃんの形をした人形などは大抵の場合黒目がちに作られていますね。

例外もある

人形のような大きな瞳の人は童顔に見えると解説しましたが「童顔=大きな瞳」という訳ではありません。

あくまで輪郭や他のパーツとの兼ね合いで幼く見えるという事です。

一重の人や比較的瞳の小さな人でも、パーツの位置関係によっては童顔に見える事があるのです。

身長が低い

高身長であると童顔であってもデメリットを感じる事があまりなく、「可愛い」よりも「美人」に分類される事の方が多くなります。

それに対して、童顔で身長が低いとなると幼い顔立ちとイメージがマッチしてより年下のように見える傾向にあります。

155cm以下だと更に童顔に見えやすい

あるアンケートでは、身長が155㎝以下だと童顔に顔立ちを余計に目立たせる傾向にあるという結果があります。

一般的に「女性の低い身長」というのが155㎝以下とされているのもその原因の1つと言えますね。

肌がきれい

いくらパーツの配置が童顔女子の特徴を満たしていても、肌が荒れていると意外と童顔には見えないものです。

童顔女子は大抵の場合もっちりとしたキメの細かいきれいな肌質を持っている人が多いのです。

唇もふっくらとしている

童顔女子は肌が綺麗な事にプラスして唇もふっくらしている人が多いです。

更に唇の血色も良く、メイクなどをしなくてもキレイなピンク色をしている人が童顔に見えやすいですね。

童顔女子のメリット

幼く可愛い印象の強い童顔女子にはどんなメリットがあるのでしょうか?一般的に童顔女子が自分の顔で得るメリットをご紹介していきます。

信用されやすい


幼く見える童顔女子は、素直で純真無垢なイメージを持たれやすいのもメリットの1つと言えます。

その為「この子になら秘密の話をしても他言しなさそうだな」と難なく他人の信用を得やすいとも言えます。

幼く見える

年齢よりも幼く見える事はそれだけで大きなメリットであると言えるでしょう。

外見がいくら幼く見えても年齢と同等に精神が成熟していれば、幼く見えている分「しっかりしているな」という印象を与えやすくもあります。

また、幼く見える事で同年代のグループ内でも自然と末っ子ポジションに落ち着き周りから構って貰える事も多いでしょう。

周りが自然と手を貸してくれる

童顔女子は幼く見える外見から加護欲をかき立てる傾向にあり、大変そうにしていると頼まなくても自然と周りが手を貸してくれる事も少なくありません。

話しやすい

子供っぽい顔立ちは、人好きする顔立ちであるとも言えます。

その為初対面でも話しかけられやすく、人とのファーストコンタクトがスムーズに行える事もメリットとしてあげられますね。

実際、童顔の人は街中でも声を掛けられやすかったり道を聞かれやすいそうです。

モテる

異性の目から見ても童顔女子は幼く可愛い存在に見られがちです。

幼く見えるその外見が加護欲を刺激する他、顔が幼い割に体が成熟しているというアンバランスさに欲情する男性も少なくありません。

中には「タイプは童顔の人」と堂々と公言する男性も居る位です。

見た目は若いのに中身はしっかりしている良い所取り

男性の中には「若い子と付き合いたいと思うけれど常識の無い子や子供過ぎる子は嫌だ」という人も少なくありません。

その点で言えば、童顔女子は見た目に若々しく可愛いイメージがありつつも、中身は年相応に成熟している為女性として良い所取りであるとも言えますね。

女性の上司に目をつけられない

童顔女子の顔立ちは基本的に柔らかく幼い顔立ちの為、同性間でも第一印象が良いのが特徴です。

その為男性上司は勿論のこと、同性に厳しい女性上司からも可愛がられがちで目をつけられにくい傾向にありますね。

警戒心をもたれない

幼く見える事で童顔女子は警戒心をもたれにくいようです。

初対面では外見で人の8割を判断すると言われていますが、幼い顔立ちの童顔女子は第一印象で「良い人そう。

優しそう」というポジティブな印象を与えやすいです。

子供に好かれやすい

身近に感じるせいか童顔女子は子供に好かれやすいという共通した特徴を持っている事も多いですね。

普段は人見知りをするような子供でも、童顔女子には心を開いてくれる事があるようです。

実際、保育士や教育関係の職に就く人は童顔女子が少なくないようです。

親近感が湧く

子供にとって童顔女子はとても身近に感じれる大人の印象を与えやすい存在であると言えます。

大人なのに、どこか子どもっぽい顔立ちをしている事から「お姉さん」といったイメージがつきやすく、人見知りのある子どもでも警戒心を解きやすい存在と言えますね。

自由に動きやすい

童顔はどちらかと言えば「幼い」「頼りない」というイメージの方が強いのではないでしょうか?

これは一見するとデメリットに見えない事もないですが、人によっては期待されていないからこそ自由に動く事ができると前向きに捉える人もいるようです。

自分のペースで過度な期待を受けずに行動したい人にとっては、頼りないという印象すらもメリットになるという事です。

家庭的なイメージ

童顔女子は幼く見える一方、女の子らしく外見で家庭的なイメージを持たれやすいようです。

それは男性が求める「幼妻」といったイメージになるようですね。

ただし、イメージであって実際に家庭的かどうかは人それぞれなので別問題である事を忘れてはいけません。

良いお母さんになりそう

中身は年相応にしっかりしているにも関わらず、見た目に可愛らしく愛されやすい存在である童顔女子は、心休まる家庭を築いてくれる良いお母さんになりそうなイメージを与えてくれます。

それに加えて、子供に好かれやすいという事から将来的に子どもを持ちたいと感じている異性からすれば「結婚相手に選びたいタイプの女性」であるとも言えますね。

男性を立ててくれそう

女の子らしく、どこか頼りなく守ってあげたいタイプの童顔女子はその外見から「この子なら男性を立ててくれそうだな」と亭主関白気味の男性から好かれる傾向もあります。

家庭を持つ上で女性に主導権を握られるのが嫌だという男性は、ただそこにいるだけで癒してくれるような存在である童顔女子に妻として家庭を守って欲しいと思う様です。

童顔女子のデメリット

傍目から見るとメリットだらけに見える童顔女子ですが、意外と本人達は童顔をコンプレックスに思っている人が多く、童顔女子本人達にしか分からないデメリットが多く存在しているようです。

では、童顔女子が感じるデメリットとはどんなものがあるのでしょうか?

なめられやすい


年齢が上でも外見で幼く見える事からなめられてしまう事が多いという現実に悩む童顔女子が多いようです。

特に仕事関係では、それが大きな問題となる事も多く幼い顔立ちのせいで本当に怒っている事や先輩としての威厳が上手く相手に伝わらないといったトラブルも多々起こっているようです。

新入社員

人好きされる童顔女子は、新入社員の教育係に任命される事も少なくありません。

しかし、見た目に幼く見える事から新入社員が童顔女子を先輩扱いせずになめられてしまう事も多々あるようです。

社会人なのですから、プライベートはともかく仕事中はしっかりと先輩後輩の関係である事を意識して仕事に取り組んで貰わなければいけません。

それをいくら伝えても見た目に優しそうだったり迫力が無いという事で新入社員に響かない事に悩む童顔女子が多いようですね。

先方のミス

仕事上でも、特に営業職では見た目の印象もとても重要です。

童顔で人好きされる事からスムーズに営業成績を上げれる事もありますが、その反面「この営業ならば多少の無茶は言えるな」となめられてしまう事も少なくないようです。

特に先方のミスにも関らず、童顔女子である事から「この営業なら何とか押し切る事ができるだろう」と理不尽な叱責を受ける事も少なくないと言います。

リーダーポジションが似合わない

童顔であるというだけで、中身や潜在能力は全く関係ありません。

その為、しっかりと自分を評価してくれる上司に巡り合う事が出来れば自分の能力を認めて貰う事ができるでしょう。

しかし上司によっては「何となくリーダーっぽくない」という見た目の印象だけで能力を評価してもらえないという事も少なくないようです。

明確に昇進基準が定められているならまだしも、形の無い上司の評価だけで昇進が決まる場合には童顔である事は不利にも成り得るようです。

同性にモテない

末っ子ポジションで可愛がられやすい童顔女子ですが、人によってはその見た目を「ぶりっこ」や「媚びている」と捉えられる事もあるようです。

それは特に同性から勘違いされやすいようです。

顔立ちが幼いだけで、本人からすればぶりっこしている訳でもなく媚びている訳でも無いのに印象だけで誹謗中傷されるのは理不尽ですよね。

男性上司に付きまとわれやすい

可愛く抵抗しない印象の童顔女子は、年上上司の好みである事も少なくありません。

わざわざ指名してお茶汲みを頼まれたり、接待の席に同行を求められるなどマスコットキャラクターのように連れ回される事を面倒だと感じている人も少なくないようですね。

中にはセクハラ被害を受ける人も

幼く見える事から、何をしても反抗しないものと判断されがちな童顔女子は男性上司からのセクハラターゲットになる事も少なくありません。

容姿が幼く見えるからこそ「可愛がっているだけだ」「性的な目で見ている訳ではない」など自分の容姿を言い訳の材料とされて悔しい思いをしてしまう事もあるようです。

変質者に遭いやすい

童顔女子は容姿だけで判断されると実年齢よりも低く見える事から、抵抗されにくいと判断されて痴漢や変質者に遭う事も多々あるようです。

中身は大人なので、それなりの防犯対策や対応はできるものの良い気はしないですしなるべくなら痴漢や変質者との遭遇は避けたいものですよね。

子供扱いされる

飲み会の席やグループ内でも、童顔女子というだけで子供扱いされる事を不満に思っている人も少なくないようです。

グループ内で自然と話題に上る下ネタや恋愛話などをしていても「あなたにはまだ分からないよね」や「この子の前で下ネタとかやめてよ」など、童顔女子を子供扱いする事で場を盛り上げようとする人もいます。

そんな対応に内心ゲンナリしているのです。

年齢確認を受ける

煙草やお酒をお店で購入する際に、人によってはとっくに成人している年齢にも関らず年齢確認を求められてしまう事もあります。

童顔女子はその頻度がもの凄く多い為、毎回年齢確認される事を面倒だと感じる事が多いようです。

大人っぽい雰囲気のお店が似合わない

童顔女子の中には20代になっているものの、外見だけで言えば10代に見える人も少なくありません。

そんな極端な童顔女子は居酒屋やバーなど未成年には推奨されないお店に入店する際に訝し気な視線を受けてしまう事もあります。

折角、おしゃれなバー等に行ってみても大人っぽい雰囲気のお店が似合わずに居心地の悪い思いをしてしまう事もしばしばありますね。

童顔だというだけで恋愛対象から外れる事も

好きな人が「美人系が好き」「大人っぽい女性が好き」と公言すれば、容姿だけでその恋愛対象から外れてしまう事も童顔女子の大きな悩みです。

見た目に幼く見えるだけで、精神的には同年代と何ら変わりないのにも関わらず童顔の持つ「幼い」「可愛い」などのイメージが邪魔をして好きな人から恋愛対象として見られないのは辛いですね。

大人っぽくするための5個の方法

童顔女子のデメリットは、周りが思っているよりも深刻で大きな悩みの種となっている事が多いのです。

その為、童顔女子は見た目の印象を大人っぽくしたいと思っている人が少なくありません。

ここでは童顔女子を大人っぽく見せるための方法を解説していきます。

メイク

女性はメイクをする事によって、見た目年齢を大きく変える事が出来ます。

特に童顔女子に至っては肌が綺麗な人が多く、ノーメイクだったり最低限の薄いメイクに留めている人も少なくありません。

勿論それが一番似合うメイクなのかもしれませんが、自分の顔立ちを活かしてしまっては余計に童顔が際立つばかりなのです。

ポイントをしっかりと押さえる事で大人っぽい印象を作るメイクを心がかけましょう。

まぶたの彫りを深くする

顔の凹凸をしっかりと出す事で、顔立ちはグッと大人っぽくなります。

一番簡単に取り入れやすいのはアイシャドウです。

しっかりとアイホール全体にブラウンやゴールド、グレイなどのアイシャドウをのせて目元を立体的にする事でメリハリのある凹凸が生まれます。

メイク上級者は顔全体に影を作るシェーディングや、ノーズシャドウを入れる事でも大人っぽい印象に仕上がります。

眉毛の黄金比

眉は、顔の印象を大きく変えるパーツの1つです。

童顔のせいで頼りなく見えがちな眉をしっかりと吊り上げて黄金比にそった描き方を意識しましょう。

少し太さを出してキリっとした印象に仕上げると頼りないイメージを打ち消す事ができますよ。

眉の描き方に困った時には眉カット専門店などで理想の眉を描きやすいようにカットして貰い、描き方を教わるのがおすすめです。

ピンク、オレンジなどの幼い印象のカラーを避ける

可愛らしいイメージを作るピンクやオレンジ系のカラーを使うと童顔をより引き立ててしまいます。

メイクの際に使うカラーもしっかりと考える事が必要です。

なるべく自然に馴染みやすいゴールド、ブラウン系の色味を選ぶようにしたり、似合うようであればブルーやグリーンなどのクールで大人っぽく見える色味をチョイスする事も大切ですね。

口紅をしっかり塗る

童顔に見える人の多くは、口紅を使用せずにグロスやリップバームだけで潤いを重視しています。

しかし、ナチュラルに見えすぎると幼く見える大きな原因となってしまうのです。

メイクの際にはしっかりとリップブラシを使って口紅を塗る事で普段のイメージをガラっと変える事ができますよ。

釣り目気味のアイメイクをする

アイメイクをする場合には、アイラインの端を少し釣り上げたりまつ毛をナチュラルに上げたりするなどして釣り目気味に見えるメイクを意識しましょう。

垂れめ気味の大きな瞳は可愛く幼い印象の象徴です。

釣り目気味にすることで気の強いクールな印象を作るのがポイントです。

服装

服装によっても印象は大きく変わります。

ここで上げたデメリットに悩む童顔女子は大抵シンプルなオフィスカジュアルを好み、清楚で大人しいファッションを選ぶ傾向にあります。

シンプルでキレイ目なファッションは童顔女子をより幼く見せてしまうので、印象を変えたいのならファッションを変えてみるのも一つの方法ですね。

タイトなセーター

タイトなセーターはクールで大人っぽい印象を与えてくれます。

特にネイビー、ブラックなどの暗くスタイリッシュに見えるような色味を選べばその効果は倍増しますね。

締める所は締めるファッションを意識する事で童顔の幼いイメージの払拭を狙いましょう。

革素材のパンツを履く

革素材のアイテムを身に付けるのもクールでカッコイイ雰囲気を作り、童顔のネガティブイメージを打ち消す為には良い方法です。

職場でのファッションが割と自由なのであれば革素材のパンツを履くと、一気に大人っぽい色気のある女性のイメージを作る事ができますよ。

Aラインコートで大人の女性に

アウターに関しては、デキる女風にも見えるAラインのロングコートがおすすめです。

特に営業職だと中々ファッションを大きく変える事が難しいと思うので、アウターだけでもしっかりとした大人っぽい印象を作り上げたいものですね。

生地もしっかりとした物を選び、Aラインをしっかりと見せるコートを選ぶようにしましょう。

ローカットブーツで足をきれいに魅せる

大人のオシャレをするのであれば、足元も気を抜かないようにしましょう。

童顔の人が無理矢理色っぽいピンヒールを履くと、イメージがチグハグで無理をしているように見えてしまう事もあります。

そんな時にはローカットブーツなどを選ぶのがおすすめです。

少し高さのあるものを選び、色っぽさよりも足全体をきれいに見せる事で全体のイメージがグッとラグジュアリーになりますよ。

アジアンテイストのアクセサリーを身につける

人によってはアジアンテイストのアクセサリーをつけるのもおすすめです。

カジュアル過ぎて職場によってはNGかもしれませんが、ラフなアジアンテイストアクセサリーを身に付ける事で「女の子らしい」「可愛い」というイメージから脱却する事ができるでしょう。

ワインレッドのネイル

てっとり早く童顔の幼い印象を改めたいのならば、ワインレッドのネイルをするのもおすすめです。

意外と指先は人の目に映る事が多くあるので、その指先を大人っぽい印象の強いシックなワインレッドのネイルで飾る事でキレイ系の印象を与える事ができますよ。

ヘアスタイル

自分の印象を変えるなら、ヘアスタイルを見直す事も重要です。

童顔女子には黒髪がよく似合うものの、黒髪でいると童顔を引き立ててしまうばかりか優しく気弱そうなイメージさえ与えてしまいます。

顔とヘアスタイルの印象がマッチする範囲で大人っぽい印象を目指していきましょう。

暗めのブラウン

童顔女子の場合、あまりに明るい髪色だとヘアスタイルが浮いてしまう傾向にあります。

だからといって黒髪だと童顔をひき立ててしまうので暗めのブラウン位にしておくのが良いでしょう。

ピンクやベージュなどの可愛い印象のカラーよりもアッシュやマットなどのクール系カラーを選ぶのもポイントですよ。

ウェーブヘア

顔立ちが大人っぽい人はストレートヘアの方がクールに見えますが、童顔女子がストレートヘアにしてしまうと更に幼く見えてしまいます。

童顔を大人っぽい印象に変えたいのならばウェーブヘアにイメチェンする事がおすすめです。

柔らかでナチュラルなパーマを当てる事で落ち着いた大人の印象を作る事ができますよ。

フィッシュボーン

編み込みよりもクールなイメージに仕上がるフィッシュボーンを取り入れるのも一つの方法ですが、あまりオフィス向けでは無いかもしれません。

しかし、コツを掴めば簡単にアレンジできるので終業後の飲み会等に行く際にササっとアレンジして印象を変えて見せるのも良いかもしれませんね。

巻き髪ポニーテール

ポニーテールにするならば、毛先を巻き髪にして大人っぽく仕上げるのがおすすめです。

巻き髪をポニーテールにする事でしっかりとした大人の印象を与える事もできますね。

巻いていないシンプルなポニーテールは逆に幼く見えるので注意が必要です。

センター分け

前髪の印象でも見た目年齢は大きく変わります。

特に、目元当たりで前髪を作ってしまうと童顔女子は余計に幼くなってしまう傾向にあるので注意しましょう。

長めの前髪で、更にセンター分けにするとクールで大人っぽい印象に仕上げる事ができますよ。

まとめ髪

オフィス等で信頼を集める大人っぽい印象を作りたいのならば、まとめ髪を積極的に取り入れていきましょう。

ピッチリと髪をまとめておけば、それだけでもデキる女風のイメージを作る事ができますよ。

態度を改める

人の雰囲気は姿勢や言葉遣いなどからも出来上がっているものです。

童顔の人でもデメリットを感じさせない人は、大人っぽく頼りがいのある雰囲気を纏う事でフォローしている場合が少なくありません。

自分の意識で変えられる事なので意識して態度を改めてみると良いでしょう。

姿勢を正す

背筋がシャンと伸びている人は実物より大きな印象に見えるものです。

頭のてっぺんから吊り下げられているようなイメージで立ち姿の美しさを意識した姿勢を保つ事で、幼く頼りないイメージを払拭しましょう。

しゃべり方を変える

童顔女子のデメリットに悩む人は、そもそも気弱な部分が大きく優柔不断で意思表示が苦手な人も少なくありません。

普段からしゃべり方もおっとりとしている人が今回あげたデメリットを強く感じている事が多いのです。

会話をする際にはシャキシャキと返答する様にし、会話のテンポを上げる事でしっかりした印象や意思の強い印象を与える事が出来ます。

ギャップのある趣味を始める

印象を大人っぽくする為にギャップのある趣味を始めるのも良いでしょう。

華道や茶道、舞踏など着物を着て行う習い事や、乗馬などあまり子供がやっているイメージの無い趣味をしてみるのも良いかもしれません。

また、ワインを嗜むなど大人っぽいイメージのあるものを好んでいる姿を見ると周りの印象も変わって来るかもしれませんね。

登山やマラソンなどのスポーツ

登山やマラソンなど、自分を追い込む系のスポーツをしているのも童顔女子のイメージを覆すきっかけとなりやすいものです。

童顔女子でも「趣味はマラソンや登山です」と言われると「見た目より強い子なのかな?」と思われる事が少なくないでしょう。

武道

見た目に幼く見えても、武道を嗜んでいると言われると可愛いイメージや優しいイメージを持たれにくく「この人には逆らわない方が良いかもしれない」と思わせる事ができます。

しかし、第一印象としては童顔である事に変わりないので童顔であるメリットだけを得る事が出来ます。

幼少期から嗜んでいたならともかく、大人になってから武道を習い始めるのは少しハードルが高いですが、近頃流行しているボクササイズなどスポーツジム等で始められるものもあります。

身なりを変えれば大人の顔美人

童顔女子はその大半が顔立ち自体が美人なのも特徴の一つなのです。

その美人の印象が「幼い」なのか「綺麗」なのかという違いで、メリットやデメリットが変わってくるとも言えますね。

しっかりと自分を理想的な容姿になるようにプロデュースして大人の美人顔になりましょう。