彼氏や夫が飲みすぎる! とお悩みの方、結構いるのではないでしょうか。

なんであんなに毎晩毎晩、自分を失うまで飲んでしまうのか? その心境に至ったことがない方は不思議で仕方ないと思います。

健康的にも心配ですしね。

また、お酒を飲みすぎて、へべれけになって、話ができなくなるほどでは、しかもそれが毎回では、手助けするのも大変ですし、こちらの話を聞いてもらえなくて困ります。

あなたの彼や夫はいかがでしょうか。

どうしてお酒を飲みすぎてしまうのでしょうか。

どうしたら飲みすぎを控えてもらえるでしょうか。

あなたになにかできることはあるでしょうか。

以下の項目から考えていきたいと思います。

お酒の適量ってどのぐらい?

お酒の適量といわれても、割り出すのはなかなか難しいことです。

アルコールを受け付ける体質の人、受け付けない体質の人、その人の体型、当日の健康状態、病気・・・などの理由によって、ひとりひとり、その日その日で違うからです。

とはいえ、一応の目安はあります。

厚生労働省がうたう「健康日本21」の中では、アルコールの適量は純アルコールに換算してひとり1日20gとしています。

これがどのくらいの量かといいますと、ビールで中瓶1本、日本酒1合、ウイスキーダブルいっぱい、ワイン1/4本、缶チューハイ1.5杯となっています。

意外と少ないと思いませんか? 飲みにいったら、ビールなんてかけつけ5杯はいくよ、ワインだったら3本は開けちゃうね、俺は強いからいいんだよ、といったような、強気の方は少し危ないと思ってもいいかもしれませんね。

お酒を飲みすぎる原因

では、なぜお酒を飲みすぎるのでしょうか。

例えば食事であれば、食べ過ぎ・・・といっても限度がありますよね。

また、毎日毎食食べすぎる方もいらっしゃらないと思います。

けれども、お酒は違います。

お水やお茶であれば、飲む量に限度がありますが、お酒は立てなくなるほど飲めてしまいます。

許容量を超えて、自分をなくしてまで飲む原因は何なのでしょうか。

そこにはどんな理由があるのでしょうか。

いくつか探ってみたいとおもいます。

あなたの夫・彼氏はいずれかに当てはまりますか?

辛いことや嫌なことを忘れたい


アルコールを摂取し、酔うと、楽しい気分になる傾向の人は、「辛いことや嫌なことを忘れたい」から飲むことがあります。

現実から目をそらすことができるツールとして、アルコールを使っているのですね。

学校や職場で、自分にとっておもしろくない、辛いこと、嫌なことがあったとします。

でも自分ではそれをどうすることもできなくて、アルコールを摂取し、結果、飲みすぎの状態になるのです。

そうして不安や鬱々した気持ちを、一瞬でもどこかに追いやっているのです。

こういう方には、ただ、飲むのを控えた方がいいよ、というだけではききません。

だって、自分だってすでにそう思っているはずですから。

飲んでいるときにご機嫌な顔をしているのは、その反面飲んでいない時の辛さがきついということなのです。

飲みすぎをやめるには、その「辛いことや嫌なこと」をいかになくすか、そこから逃れられるか、あるいは問題と向き合って解決するかが必要になってきます。

リラックスしたい

日々超特急で忙しく過ごしている人も、お酒を飲みすぎる傾向があります。

やることが朝から晩まで続き、緊張状態を強いられていると、体も心も疲れます。

アルコールにはリラックス効果がありますから、それを求めて飲み始めるのですが、あまりに疲れていて、お酒のふわっと酔う感じを求め、どんどん飲んでしまうのです。

そうすると、深酒になってしまい、二日酔いをはじめ、次の日起きれないなど、生活に影響が出て来てしまいます。

人はいついつまでも神経を張っていられないものです。

あれもこれもやることが積み重なり、ずっと集中していたり、気を張り詰めていると、体もそうですが、心も疲れます。

そうすると、その分、体や心を癒されたくなるのです。

その振れ幅が大きいと、アルコールを飲みすぎてしまいます。

こういった方は、とにかくやることを減らさなければなりません。

そんなの無理、全てきちんとこなさないと、と思っているかもしれませんが、人の行動には、放っておくと必ず無駄が出てきます。

例えば家事にしても、もっと効率的な方法はないでしょうか。

仕事はいかがですか。

このように、やるべきことを精査し、省けそうな無駄を省いて、日々の生活にもう少し余裕を持たせましょう。

リラックスの時間も、意識して設けるようにしましょう。

そうすることで、メリハリのついた毎日がもう少し楽に送れるようになります。

付き合いで先輩や上司に進められる

新入社員や若いサラリーマンに多いかと思いますが、(それでも一時期よりは減っているようですが)、先輩や上司に飲みに誘われて、そこでお酒を進められることも多いかと思います。

日本ではまだ、目上の人に対してお酒をつぐ文化がありますし、その先輩や上司の人となりによって、「手酌で」ということもあるでしょうし、「お互いに注ぎ合う」ということもあるでしょう。

手酌で、といわれたら、自分のペースで飲むこともできますが、「お互いに注ぎ合う」タイプの人は断るのがなかなか難しく、自分のアルコールの許容量を超えて飲んでしまう、ということも多いのではないでしょうか。

断りたくても、新人の分際でそんなことはいえない・・・、と思っていらっしゃるかもしれませんし、気弱な人だと、断るよりも受け入れてしまった方が簡単なので、自分の意思とは反対に酌を受けてしまうこともあると思います。

アルハラの可能性は?

特定非営利活動法人ASKおよびイッキ飲み防止連絡協議というところでは、アルコール・ハラスメントとして以下の5項目をあげています。

・お酒の摂取を強要すること。

これには、先輩や上司からの圧力や、学生であればサークルや部の伝統として、あるいは何らかの罰ゲームも含まれます。

・「イッキ」。

よく若い人が集まる居酒屋さんで「イッキ、イッキ」とか、アルコールを飲むための掛け声などを聞くこともあるかと思います。

これもアルコール・ハラスメントにあたります。

・酔い潰しをさせる。

酔わせるとわかっていて、その人の許容量を超えてアルコールを摂取させるのもアルコール・ハラスメントです。

酔いつぶすことが目的なので、吐くこと、具合が悪くなることを前提とした事案もあります。

これは傷害行為にもあたります。

・飲めない人に強要する。

アルコールを一切受け付けない体質の人もいます。

そういった人たちに、「いいから飲め」とお酒を注いだり、お酒以外を飲ませなかったりするのもアルコール・ハラスメントの一部です。

・酔って絡むこと。

これも立派なアルコール・ハラスメントです。

とくに女性にセクハラをしたり、暴言を吐いたり、暴力を振るうこと。

これもあってはならないことです。

こういうような行為があった場合、アルコール・ハラスメントとして訴えることもできます。

もし困っている方がいたら、ぜひチェックしてみましょう。

飲み始めると制御が効かなくなる

ある程度お酒に強い(あるいは強いと思っている)人は、飲み始めると制御が効かなくなることがあります。

その人如何ですが、一定の量を越えると、それ以上いくらでも飲み続けることができるようになってしまい、結果アルコールを摂取しすぎてしまうのです。

だらだらと飲みすぎる傾向がある人におおい特徴です。

そして毎日お酒を飲む人でもないので、アルコールを飲むぞ、という機会があれば、どんどん飲んでしまうのです。

できれば、こういった方には、最初から飲む量を決めておいた方がいいかもしれませんね。

参考になるのは「健康21」の1日のアルコール摂取量。

自分の好きなお酒で構いませんので、徐々に減らしていけると健康的にお酒をたのしむことができるでしょう。

飲みすぎを抑えよう!11個の対処法

飲みすぎを抑えたい、というのは、本人が日々反省していることでもあり、かつどうしたらいいかわからないことでもあります。

毎日毎日酩酊したくない、というのであれば、以下のような方法を試してみてはいかがでしょうか。

夫や彼氏にしてもらう対処法

まず本人に自発的に対策を講じてもらう必要があります。

これをすることで、夫や彼氏は、自分がアルコールを飲みすぎている、飲みすぎてはいけないんだ、という意識ができます。

これが重要なんです。

自分の意識の中で、アルコールを摂取しすぎてはいけない、と思ったら、断酒、減酒は成功の可能性が大きく開かれたといっていいでしょう。

そのために、あなたができることもあります。

ぜひ下記を参考に注意を喚起してみてくださいね。

1.飲む前の対策

まずは飲む前の対策です。

飲む前1時間くらいから意識して、酔いにくい食材や飲み物を摂取するようにしましょう。

これをすることで、酔いにくくなるだけでなく、体への負担も減ります。

やはり飲み過ぎの最も恐ろしい点は、長期にわたるアルコールの摂取で体を器官を壊してしまうことなので、できればきちんと対策を打ってから、飲み会にのぞみたいものです。

チーズや牛乳を飲む

まずはなにより、空腹の状態でお酒を飲むのは、最も良いやすいということです。

胃に何かを入れておかないと、アルコールが体にまわりやすいのです。

とはいえ、食べ物なら何でもいい、という訳ではありません(何もないよりもいいですが)。

まず試していただきたいのが「乳脂肪」を含んでいる食材です。

牛乳などは胃の中で粘膜を許可してくれる働きがあります。

その中でも脂肪分が多いのがバター。

ロシアなどでも二日酔い防止の食べ物として使われているんですよ。

チーズもいいですね。

乳脂肪がたくさん含まれているので、アルコールの刺激を和らげてくれます。

ウコンを飲む

ウコンなどの栄養ドリンクも強力な味方です。

飲んだ後でも効果を発揮してくれますが、飲酒前の方が体への負担が少ないです。

さて、なぜウコンがいいかと言いますと、ウコンにはクルクミンという成分が含まれているのですが、これが胆汁の分泌させ、アルコールのアセトアルデヒドを分解してくれるのです。

ウコンを含んだ栄養ドリンクは、インターネットサイトでも購入できますし、気軽にコンビニで買うこともできます。

突然の飲み会に便利ですね。

最近はいくつか種類が出てきているので、自分にあったものを選ぶのも大切です。

いくつか試して、これがいい、というものを見つけてみてくださいね。

2.食事と一緒に飲む

食事とともにアルコールを楽しむのもたいせつなことです。

食事も口に入れるものですから、その分お酒のペースを抑えられるのです。

とはいえ、唐揚げやポテトフライなどばかりを食べていたら、栄養としても足りないですし、カロリー過多で太ってしまいます。

アルコールを飲むときにオススメな食事は、まずはアルコールで失われるビタミンやミネラルを補給できるもの。

ありていにいえば野菜類ですね。

一種類ではなく、何種類かの野菜がはいった一皿を頼んで、ビタミン・ミネラル不足を補いましょう。

また、焼き魚やお肉などのタンパク質もひつようです。

アルコールを分解する肝臓が、それを必要とするからです。

デザートにはフルーツを。

フルーツに多く含まれる果糖がアルコールの分解を助けてくれます。

酔いにくいおつまみを食べる


お酒を飲んでいるときにオススメのおつまみは、やはり酔いにくいもの。

枝豆はその代表格。

夏のビールには欠かせませんよね。

またニンニクやネギなども肝機能の手助けをしてくれるのでオススメ。

胃が気になる方には、オクラ、モロヘイヤ、山芋などネバネバ系の食材が良いとも言われています。

ビタミンB1が多い豚肉もいいですね。

アルコールを分解する際、一番使われるのがビタミンB1。これを補ってくれる豚肉と例えば野菜などを合わせたおつまみは、最強です。

そして飲酒後にはぜひシジミのお味噌汁を。

アルコール分解に必要なアミノ酸が多く含まれています。

3.強い酒は薄めて飲む

ウィスキーなどの強いお酒は、ストレートやロックではなく、ソーダ割りや水割りにして飲みましょう。

アルコール濃度が高いと、まず胃がやられます。

そうするとご飯も美味しく食べられませんしね。

また、アルコール摂取量そのものも増えてしまいます。

飲みすぎにならないよう、(風味を損なわない程度で構いませんので)、強めのお酒はなるべく薄めて飲むようにしましょう。

カクテルなどにしてもいいですね。

4.水をたくさん飲む

アルコールの分解には、水分をたくさん必要とします。

もし体内に十分な水分がないと、悪い酔いを引き起こすアセトアルデヒドがたまりやすくなるのです。

結果は目に見えていますよね。

ですから、お酒を飲む際は、水分も一緒にとるようにしましょう。

お酒を飲んでいる間も、水分を積極的にとっていると、体内のアルコールを薄めることができますし、肝臓の働きを補って、アルコールを早めに排出させることができます。

そのくらい水分は大切なんです。

二日酔いの頭痛も、脳の水分が奪われてしまったことから生じます。

もし、お酒を飲んでいる最中に水を飲めなかったとしたら、飲み会やお酒を飲み終わった後、コンビニなどでお水を買って、すぐに補給してあげるといいですね。

5.お酒をチャンポンしない

お酒を「ちゃんぽん」つまり、ビールやワイン、ウィスキー、日本酒など、様々な種類のお酒を同時に飲むと、悪い酔いするといいませんか。

じつはこれ、医学的な根拠はないんです。

とはいえ、アルコールというのは、それ単体で存在しているわけではありません。

純正のアルコールの他に、添加物や他の成分も含まれています。

この組み合わせによっては悪い酔いする、という可能性も否定できていないのが現状です。

それと同じように、自分にとって相性のいいお酒、相性の悪いお酒、というのもあると思います。

これも同じ理由で、自分が持つ酵素などとそのお酒が合わない、という可能性もあるのです。

色んな種類を飲むのが駄目ではない

ちゃんぽんをすると悪酔いしやすいのは、もう一つ、たくさんの種類のお酒を摂取することで、普段よりもたくさんの純アルコールを取り込んでいることが多いことが挙げられます。

その分悪酔いしやすいんですね。

ちゃんぽんするときには、まず自分が摂取しているアルコールが、今現在どのくらいなのか(何杯くらい飲んだか、くらいでいいとおもいます)、空腹で強いお酒を飲んでいないか、アルコール分解に役立つおつまみを食べているか、十分に水分をとっているか、などを確認しながら飲むようにしましょう。

ウコンなどの栄養ドリンクも忘れずに。

6.トイレはたくさん行く

アルコールには利尿作用があります。

カフェインもそうですが、「抗利尿ホルモン」という尿量をコントロールするホルモンの作用を弱めてしまうので、頻繁にトイレに行きたくなるんですね。

また、お酒にはカリウムが含まれていますが、これも利尿作用を促します。

また、水分をとっていると、その分体内の老廃物が尿として排出されやすくなります。

ですから、お酒を飲むとトイレが近くなるのは生理現象ですが、それ以上に、きちんと水分を摂取していれば、アルコールの排出も早くなるのです。

お酒を飲む際は、水分補給と、トイレに行くことを忘れないようにしましょう。

妻や彼女が行う対処法

夫や彼氏が飲みすぎてしまっているとき、妻・彼女として横でただ見ているのも相手のことを気遣っていないようで嫌ですよね。

かといって「もういい加減にして!」と怒鳴って止めさせるのも、相手は子供ではないのですから、ちょっと違うかな、と考えてしまいませんか。

妻・彼女として、飲みすぎてしまう夫・彼氏に何ができるのでしょう。

何をしてあげたら、彼は少しでもお酒から身を引いてくれるのでしょう。

7.「飲んじゃダメ」と禁止しない

人間は天邪鬼なもので、「ダメ」といわれると飲みたくなるものです。

なので、強制的にお酒を禁止することはやめましょう。

そんなことをすると、彼はきっと隠れて飲んでしまいます。

また、それまで習慣的に飲んでいたものをいきなり禁止されると、ストレスがたまるものです。

そのストレスの反動でさらに飲みすぎになってもらっては、とても困りますよね。

そんなときにはどうしたらいいのでしょう。

例えば、一緒に飲んで、お酒の量を見ながらおつまみを出すのはいかがでしょうか。

あるいは、お酒の飲みすぎの弊害で病気になった人のドキュメンタリーを二人で見てみるのは? そして、もし彼が飲みすぎに悩んでいるようなら、お酒そのものよりも、飲んでしまうその心の方にアプローチしてみましょう。

絶対的な味方がいると思うと、人の心は落ち着きを取り戻すことが多いです。

8.倒れたら悲しむ人がいることを伝える

実際に救急車などで運ばれてみると、夫・彼にとってもよくわかるかと思いますが、無条件で心配している人がいるのを、頭でなく、身をもって知るのは強烈な体験になります。

そこまでいかなくても、ひどい二日酔いなどで吐いたり、千鳥足が原因で事故にあったりしたら、本人も反省することしきりでしょう。

そのときこそ、チャンスです。

「あなたが健康を害したり、何かの事故に巻き込まれたら、私は悲しい。ずっと一緒にいてほしい」と言葉で伝えてみましょう。

上から目線だったり、押し付けがましい口調だったりすると、彼の方でも嫌味に感じるでしょうから、下手に出て、本当に心配しているのだという気持ちを伝えるのが大事です。

夫・彼だって、あなたのことを大切に思っていない訳ではないでしょう。

そんな人からそのようにお願いされたら、自分の中でも反省することと思います。

9.ルールを提案してみる

2人で飲んでいるとき、ルールを作ってみるのはいかがでしょうか。

たとえば、ちゃんぽんはしない、ビールはジョッキ3杯まで、必ず野菜のおつまみを食べる、など。

このときに重要なのは、あくまで実現可能な提案をすることです。

そうでないと3日坊主になってしまいますからね。

人がものごとを習慣として取り入れるまでには、約3週間かかるといわれています(ものとことによって違ってくるとは思いますが)。

3週間、無理のない範囲でまずはすこしずつ習慣をルール化していってみてはいかがでしょうか。

それが習慣になったとき、夫・彼が、あるいはあなたが、「もう少しこうしたらいい」と思うことがあれば、それも次の3週間で実践してみます。

可能であれば、それは習慣として残るでしょう。

そして徐々に飲み過ぎがなくなって行くと思います。

休肝日を作ってみるのもアリ

まったくお酒をのまない休肝日を作るのも一考です。

まずは週に一回から、夜を食事以外のことに使ってみましょう。

軽く早めの夕食を済ませて散歩をする、イベントに行く、習い事をする、スポーツをする。

アルコールを飲む、以外のことから目を外すのが、まずは、のコツです。

趣味は夫・彼に合わせてあげてみましょう。

マッサージなんかもいいですね。

アルコール以外にも、気持ちがよくて、リラックスできることがある、と知ると違う世界が見えてきて、また会社&家以外の人間関係も楽しく構築できるかもしれず、一石二鳥です。

10.どうやったら減らせるか聞く

夫・彼に直接、どうやったら飲む量を減らすことができるか、聞いてみるのはいかがでしょうか。

なぜそんなに飲みたいのか、そこには「お酒が好き」以外の理由があるのかどうか、悩みを抱えているのではないか、そういったことを尋ねてみましょう。

会社や学校など、周囲の問題であれば、解決法を一緒に考えることもできますし、心の問題であれば、どれほど近しい人でもそれを明かすことはなかなか難しいかもしれませんが、根本的な解決が必要になります。

その手助けができるといいですね。

どちらにしても、夫・彼の健康の方が大事です。

あなたがそれを心配し、大切な人を失うことを恐れていると、相手に伝えられれば、夫・彼も徐々に心を開き始めるでしょう。

11.飲む量が少なかったら褒める

男の人は単純なもので(失礼!)褒められたり、おだてられたりすると、調子に乗ります。

そしてその部分をもっとがんばって、さらに褒められたいと思うものなのです。

ですから、その日、お酒を飲む量が少なかったら「わぁ、○○くんすごいね、自分をコントロールできるんだねぇ」などといってみてはいかがでしょうか。

すると、お酒の量をコントロールできる自分にプライドを感じ始め、いつしか飲む量を自分で調節できるようになるでしょう。

男の人を手のひらで転がすというと聞こえは悪くも感じますが、こういったことであれば積極的に実施していきたいものです。

お酒を飲みすぎると困る理由

お酒の飲みすぎで困ったことは、いくつありますか。

すこしあげるだけでも、二日酔い、記憶がなくなって翌日友人や同僚に変な目で見られる、深酒で起きられなくて遅刻、パートナーと喧嘩する、人間関係が悪くなる、胃が受け付けなくて吐く、肝臓・腎臓・胃など内臓に影響が出る、飲み過ぎは早死にしやすい、など両手分の理由を挙げても足りないのではないでしょうか。

飲み過ぎを実感している人、パートナーの飲み過ぎを心配している人は、ぜひ、今、すぐにでも対策をとってください。

文句をいわれるかも、と遅くなってしまうと、もっと悪い状況を引き起こしてしまうかもしれません。

ぜひ、思いやりを前面に、夫・彼とお酒の飲み過ぎについて一緒に考えてみてくださいね。

ほどよく飲むといい効果もある!

ほどよいお酒はいいことがたくさんあります。

たとえば、リラックス。

夫・彼と飲んでいて、ほろ酔い気分になってきて、だんだん恋人同士のような雰囲気になってくると、明日もがんばろうと思えますよね。

また、体に対してもいい効果があります。

適量の飲酒は、全く飲まない人と比較すると、心筋梗塞や冠動脈疾患が少ない傾向にあるのです。

といっても、これはあくまで「適量」の場合。

量が多くなってしまうと、今度は急激にリスクが高まります。

あくまで適量を心がけましょう。

また、飲み過ぎを強要しなければ、お酒はコミュニケーションの肝油財としていい役割を果たします。

話が弾んだり、今まで知らなかった人を紹介してもらったり。

加えて、日本ですと、花見酒や月見酒など、季節に沿ったお酒の飲み方も。

こういう豊かなお酒のありようも楽しんでいきたいですね。

これを見たら止めて!絶対にやってはいけない飲み方

お酒の飲み方にも、大量摂取以外に、禁忌があります。

もし以下のような飲み方をしている人がいたら、知り合いでなくても、お店の人に頼んで一声かけてもらうなど、注意を促せるようになりたいですね。

一気飲み

学生に多い一気飲み。

特に飲み慣れていない若い人たちにとって、急性アルコール中毒に繋がる一気飲みは、命の危険があります。

お酒を飲めるようになって、大人の仲間入りを果たしたような気分になるのも、仲間同士ではしゃぐのが楽しいのもわかりますが、ダメなものはダメ。

倒れそうだな、という人を見かけたら、お店の人などにいって、そっと水を持ってきてあげたり、大声で騒がない(=一気飲みをやめさせる)など、注意をしてもらいましょう。

お店側としても、救急車が来られては敵いませんから、協力してくれると思います。

薬と一緒に飲む

これもダメ、ゼッタイ、です。

というのも、薬は、アルコールと一緒に飲むと、その効果が倍増されたり、あるいは半減されたりと、市販薬にしても処方薬にしても、薬を飲む意味がなくなってしまうかもしれないからです。

また睡眠薬や精神系の薬は、お酒で摂取するとその効果が高まりすぎてしまうことも。

同時に、アルコールと同じように、薬も肝臓で分解するもののため、肝臓の負担が大きすぎることになってしまい、病気になりやすくなってしまいます。

せっか病気をなおすために薬を飲んでいるのですから、薬を優先して、その期間はお酒を飲まないようにしましょう。

おわりに

お酒の飲み過ぎによる弊害と、解決策などを紹介してきました。

お酒は人間の文化の中では外せない場所にあります。

ですので、まったく触れずに過ごすことも難しいかと思いますが、今現在飲み過ぎの傾向にある人は、ぜひ上記などを実践し、摂取量を減らしてくださいね。

そしてもしそれでも難しければ、お医者さんと一緒にアルコール治療をしていくことをおすすめします。