春は別れの季節です。

多くの方が新しい生活を始める時でしょう。

慣れ親しんだ場所を離れる事は寂しい事ですが、別れの後には必ず出会いがやってきます。

新たな出会いの中には、恋に発展するような素敵な物もあるかもしれません。

人を好きになると、それまでの単調だった日々が全く違った物に変化します。

何気なく過ぎ去っていた日々がキラキラと輝く素敵な物に感じる事が出来るです。

その為、恋は生活に潤いを与えてくれるなど大変良い効果があります。

片思いは勿論、そこから両想いになる事が出来ればその喜びは更に増大して行きます。

そこからの数か月・数年は幸せな日々を過ごす事が出来るでしょう。

しかし、人の心は変わっていきます。

どんなに好きだった相手の事も時間が経つに連れて好きだったかどうか分からなくなってしまう事があるのです。

それはとても悲しい事ですが、『マンネリ』と呼ばれるその心の変化は、多くの方が経験しておりある意味当たり前の現象とも言えます。

ですが、中にはいつまでたってもラブラブな二人で居たいと思う方も居る事でしょう。

そこで今回は、出来るだけマンネリにならない方法をご紹介させて頂きます。

この方法さえマスターする事が出来れば、いつまで経っても出会った頃と同じ気持ちで過ごす事が出来るかもしれません。

また、普段の生活でもマンネリは発生する恐れがあります。

せっかく一度しかない人生です。

後から後悔してしまうような風に過ごしてしまうのは勿体無いと言わざるを得ません。

マンネリを解消するための18個の方法

『マンネリ』とは、マンネリズムの略語です。

意味は多数存在していますが、主にマイナスなイメージで使われる場合が多く、『飽きた』『ネタ切れ』などの意味があります。

これを恋愛にあてはめていくと、マンネリ化と言う事は、二人の関係が冷めている事を表しています。

恋は激しく熱い物ですが、愛は静かに継続していくものです。

その為、時に二人の関係が落ち着いたからといって必ずしも悪い方向に行っているとは考えられません。

しかし会話が無くなったり相手に対する興味を感じなくなってしまった時はマイナスな関係になりつつあると言えるでしょう。

いつまでも中の良い二人で居る為には、いくつかのポイントがあります。

それをマスターする事が出来れば、いつまで経ってもラブラブな二人で居る事だって夢ではありません。

また、マンネリは日々の生活の中でも起こる事があります。

自分の人生を楽しく過ごすのも適当に過ごすのもあなた次第です。

マンネリ生活にならない方法をお教えします。

1. 毎日自分に新しい課題を課す

日々の生活がマンネリしてしまうという事は、それだけ平和であり何の問題も起きていないという事です。

当たり前の日々が一番難しいとも言われます。

その為、当たり前の日々が続いていると言う事はとても幸せな事であると自覚しなければなりません。

しかし、人間は、ワガママな生き物です。

日々目の前にある幸せには目もくれず、ついついより多くの物を求めてしまいます。

そんな時は、自分自身で目標を立ててみてはいかがでしょうか。

同じような日々の繰り返しの中でも、自分自身が決めた目標を守る事が出来るかどうかで見える景色は大きく変わってくる事でしょう。

目標は何だって構いません。

自分が普段何気なくヤッテしまうような事を克服するような物から、新たなチャレンジとして前向きに何かに立ち向かうなど、内容は人それぞれです。

誰かに発表したり比べたりする物では無いので、自分の思うままにすれば良いのです。

同じ日々の繰り返しでも、自分がいかに工夫して、頑張る事が出来るどうかが重要なポイントです。

2. 人生一度切りであることを常に自覚する

人によって人生の内容は様々です。

お金持ちの人・そうでない人。

モテる人・モテない人。

頭の良い人・そうでない人。

比べる基準によって、もどっちが良くてどっちが悪いという結果も変わってくるでしょう。

ただ一つ、誰もが共通している事があります。

それは、必ず最後は死んでしまうという事です。

どんなに医学が進歩した今の社会で合っても、意までに不老不死は実現していません。

その為、どんなに幸せな人生を歩んでいる方でも必ず最後は死んでしまうのです。

終わりがあるからこそ人の一生は美しいという方がいます。

終わりが無ければ、人はマンネリな人生に嫌気がさし、大事に生きる事を辞めてしまうかもしれません。

終わりがあるからこそ、人は必死のその時を生きているのです。

毎日の日常が『マンネリでつまらない』と感じる人は、自分の人生にいつか終わりが来ると言う事が分かっていないのでは無いでしょうか。

考え方を変えるだけで、日々の生活がぐっと良くなる事でしょう。

自分自身の生活を良くする事が出来るかどうかはあなた次第です。

是非自分の人生を大事に生きてみてはいかがでしょうか。

それが出来る様になれば、多くの人が後悔の無い素晴らしい人生を生きていく事が出来るでしょう。

3. 変化を楽しむ心を持つ

人は、目の前にある幸せには気が付かない物です。

毎日、何事も無く平和に過ぎていく事程幸せな事はありません。

しかし、どうしても、その幸せに気が付かずもっと大きな幸せを求めてしまいます。

目の前にある小さな幸せは、失った時に初めて気が付くのかもしれません。

日々の生活の幸せに気が付かず、多くの物を求めてしまう方は生活の中に怒るチョットした変化を楽しんでみてはいかがでしょうか。

同じように感じる当たり前の日々も、最初から最後まで全く同じと言う事はありえません。

かならず、どこかしら変化しているのです。

その変化に気が付き、楽しむ事が出来る様になると毎日のマンネリした気持ちを払拭する事が出来る様になるかもしれません。

いつも買うお店が安くなっていた。

仕事でミスをしなかった。

料理が美味しくできた。

など、その幸せポイントは何だって構いません。

人に紹介する物でもないので、自分の中でひっそりと喜びとして受け取ってみてはいかがでしょうか。

人生の中で、沢山の幸せを見つける事が出来る人は、より人生を楽しみながら生きていく事が出来るでしょう。

4. 周囲の人に随時サプライズをする

日々の生活は、さほど大きな変化がある物ではありません。

仕事・育児・家事など、それぞれに忙しさはある物の、日々同じことを繰り返していると慣れてくる部分もあり、刺激が足りないと思う様になるでしょう。

そうすると、人は自分の生活が『マンネリ化』していると感じ、つまらないと嘆いてしまう物です。

本当だったら、そう感じる事が出来る程生活が安定しており幸せだとも言えます。

しかし、大抵の人は、そんな事には気が付かない物です。

自分の人生に刺激が足りない。

マンネリだと感じる方が、自分が何か行動をお越して見てはいかがでしょうか。

何も、誰かからして貰うだけが刺激ではありません。

自分で考え、行動する事の方がよっぽど大きな刺激になるでしょう。

大事な友人や家族の為に、何かサプライズを計画してみるのもイイかもしれません。

あなた自身が、考え行動する事で、自分の人生を楽しい物に変化させる事が出来るのです。

もし、あなたが起こす行動のおかげでマンネリな人生から抜け出す事が出来る人が居るかもしれません。

孫あ手助けをしてあげる事が出来れば、まさに特別な日々にする事が出来るでしょう。

5. 短期目標を常に持つ

自分の人生がマンネリ化していると感じる人の中には、常に受け身で生活している場合があります。

自分で考え、行動している人は自分の人生をさほどマンネリとは感じないでしょう。

反対に、常に他人の意見に合わせ、与えられるままに自分の仕事をこなしているような人はその生活に刺激が無くマンネリと感じてしまうのです。

受け身の人が居るだけで、社会は上手くまわる様になります。

誰もかれも自分の意見を言っていては収集が付かなくなってしまうからです。

その為、そうした人々が居てくれる事は社会的にはありがたい事かもしれません。

しかし、本人がその現状に納得いって居ないのであればそれは改善すべきでしょう。

どうしても、常に受け身になってしまう方は自分の中で何か目標を立ててみてはいかがでしょうか。

この時にポイントとなるのが、出来るだけ短期間で出来るような目標を立てる事です。

そうする事で、達成感を定期的に感じる事が出来るので前向きな気持ちで頑張る事が出来るでしょう。

目標に設定する事はなんでも構いません。

内容よりも、その目的に合わせて努力する事で、今までの日々とはチョット違った時間を楽しむ事が重要なのです。

大人になると、意識していないと努力する心を忘れてしまいます。

日々の生活を変える為には、努力をする事も大変重要なのです。

6. 積極的になる


受け身の方は、常に他人の意見に合わせ言われるがままに行動してしまう傾向があります。

多くの人がいる社会の中では、時にそういった人々が周りに居てくれる事はありがたい事なのかもしれません。

物事が円滑に運び、平和に解決する事が出来ます。

しかし、もしその現状を本人が納得していないのであれば変えて良く必要があるでしょう。

ついつい人に言われるがままに行動してしまう方は、まずは積極性を身に付けましょう。