あなたの日常生活の言動や姿を観て、『哀れだなぁ』と思う人と全く思わない人がいます。

『哀れだなぁ』と思われるのは、あなた自身の生きる姿で決まるのではなく、あなたを『哀れだなぁ』と思う人の価値観や人生観で決まるのです。

『哀れだなぁ』と思われてしまうキッカケには、外見や服装などの見た目や日々の生き方だったり振る舞いであったり、周りの人に与える印象など色々あります。

今の日本を包み込んでいる閉塞感のため、多様な生き方や人生観を認め合う心の広さを失っていますので、『世間の常識』と言われる『物差し』から外れた人を観て『哀れだなぁ』と思う人は少なくありません。

海外の多民族で構成される国では、物事の判断基準を左右する『物差し』が沢山ありますので人の生き方や振る舞い、外見を観て安易に『哀れだなぁ』と思うことはしません。

『物差し』が変われば、哀れであったものが哀れでなくなるのです。

ですから、物差しが沢山ある国では、人の生き方や外見を観て、『哀れだなぁ』と思うことは希です。

日本では『世間体』というモノサシのために、周りの人から『哀れだなぁ』と思われることは多々あります。

日本人には『哀れだなぁ』と思われてしまった経験を持つ人は少なくありません。

日本人が抱いている『常識』という『物差し』は許容範囲が狭いため、僅かでも許容範囲から外れると、哀れだなぁ…と思われてしまうのです。

あなたが周りの人から、『哀れだなぁ…』と思われてしまうことがあっても、『たまたま、思われただけ』と割り切って気にしないことです。

哀れだなぁ…と思われてしまう人の10個の特徴

あなたを、哀れだなぁ…と思うか、思わないかは、あなたを観る人の人生観や価値観で異なってきます。

ですから、あなたが抱いている人生観や価値観と周りの人が抱いている人生観や価値観とを比べることで、哀れだなぁ…と思われる個所が分かってきます。

あなたが、他の人から、哀れだなぁ…と思われてしまう箇所は、あなたの生き方や外見が世間一般の『画一化』した常識から外れている点です。

『哀れだなぁ…』と思われてしまう特徴は、世間一般の『画一化』した常識から外れている個所です。

世間の常識が時代の流れとともに変わっていきますので、哀れだなぁ…と思われてしまう人の特徴も時代の流れとともに変化していきます。

また、あなたが周りの人から、哀れだなぁ…と思われていても、外国人の価値観の目から観ると、哀れだなぁ…と思われることが全くないこともあります。

哀れだなぁ…と思われてしまう人の特徴も、時代の流れや世間の常識の変化とともに変わっていきます。

周りの人が、あなたを観るときの『ものさし』は、人生観や価値観、世間の常識により色々と変わります。

哀れだなぁ…と思われてしまう人の特徴は、『川面に漂う浮き草』のように、世間の時流に伴い変わっていくのです。

あなたが、哀れだなぁ…と思われることがあっても、観る人の人生観次第で変わるものと受けとめて気にしないようにしましょう。

1.非常識

常識的な人と非常識な人とを比べると大きな違いがあります。

非常識な人は、他の人の心を傷つける言動を無神経に向けてきます。

非常識な言動は周りの人からの信用を失うキッカケとなります。

人は仕事などで関わりを持つ身近な人を意図しなくとも常に観察しているものです。

人は無意識のうちに、自分自身を守るための自己防衛本能が常に働いていて、周りの人を常に観察しています。

特に、身近に非常識な言動をする人が居るときは、自分への影響を懸念して気を緩めずに注視するようになります。

非常識な言動は、他の人の心を傷つけて大きなダメージを与えることがありますので、周りの人は身の安全を考えて距離を置くようになります。

非常識な言動を繰り返す人は、自分が非常識な振る舞いをしていることに気づかずに他の人の心を深く傷つけてしまうのです。

周りの人は、非常識な人から距離を置き、哀れだなぁ…と思うようになります。

非常識な言動のため『哀れだなぁ…』と思われてしまうと、周りの人からの信用を失い孤立感に陥ることがあります。

しかし、自分自身の言動を冷静に振り返ることのできる人は、周りの人から『哀れだなぁ…』と思われることはありません。

一方、時代の流れの中で、非常識と言われていた事が常識に変化していくことが、歴史を振り返ると少なからず起こっています。

今まで、哀れだなぁ…と思われていた言動や振る舞いが、時流の変化の影響を受けて、哀れだなぁ…と思われなくなるケースがあります。

非常識と常識の選別は『紙一重』で、時代の流れとともに逆転することもあります。

常識が通用しない

非常識な言動を繰り返しているにも係わらず、そのことに気づかない人は、『常識が通用しない人』と観られてしまいます。

あなたが『常識が通用しない人』と観られているなら、周りの人からの信用を失っていることを物語っています。

周りの人は内心、哀れだなぁ…と思っているのです。

本人に面と向かって直接、『哀れだなぁ…』というコトバを発するケースは稀です。

ですから、周りの人から、『哀れだなぁ…』と思われて信用を失っても、気づかずに日々の生活を過ごすことになります。

一度失った信用を取り戻すためには、多くの時間を費やして自分自身を第三者的視点で冷静に見つめ直すことが必要です。

『常識が通用しない』人にならないように、日々の自分の言動を振り返ることが大切です。

周りからの信用を失うと、孤立感に包まれた人生を送ることになります。

価値観のずれ

あなたが抱いている価値観が他の人の価値観とで、相容れない面があるとき、価値観のズレが生じていると言えます。

周りの人との間に価値観のズレが生じているとき、周りの人は、あなたに向かって『ずれている』というコトバを向けることは殆んどありません。

他の人との価値観のズレは、あなた自身が気づくしかありません。

あなた自身が価値観のズレに気づかないまま日々の生活を送っていると、周りの人は内心、『哀れな人だなぁ…』と思い、時間の流れとともに、あなたは信用を失っていくことになります。

2.視野が狭い


自尊心の強い人は、自分の存在を周りの人に印象づけることを最優先にしますので、周りの人の言動が視野に入らなくなります。

周りの人の存在には無関心になり、視野が狭くなってしまいます。

ですから、自分の考えや振る舞いにより、他の人に不快感を与えることがあっても気づくことができません。

視野が狭いため、自分自身を客観的に見ることができずに、周りの人から『哀れだなぁ…』と思われても気づくことはありません。

視野の狭さは思慮の無さとなって表れてきて、身近な人の心を傷つけることもあります。

視野の狭さは、自分だけの問題ではなくなるのです。

あなたが、日頃から自分自身のことで頭がイッパイになっているなら、視野の狭い状態に陥っていることを表しています。

日々の中で自分自身を冷静に振り返ってみましょう。

自分の世界が全てだと思い込んでいる

幼少期から親の過保護の家庭環境で育ってきた人は、『自分の世界が全てだ』と思い込んでしまう傾向があります。

親の過保護は、親が子供の先を歩きながら子供の目となって周りの状況を見て、子供を守る行動を繰り返します。

このため、子供は自分の周りの出来事を自分の目で確かめる経験を積まないまま歳を重ね大人になっていきます。

自分の周りの物事を自分の目で見ることなく生活し、『自分の世界が全てだ』と思い込んだまま学校や社会に出ていきますので、学校や職場での人間関係の中で、『世間知らずな人』と周りから思われることになります。

世間知らずな人と思われ続けている中で、『自分の世界が全て』という勘違いから目覚めなければ、周りからは、哀れだなぁ…と思われるようになります。

家庭環境の中で、親が『子離れ』できない過保護なのか、自分が『親離れ』できていないのかを冷静に観る観察眼を身に付けて、自分の立場を客観的に振り返ることが大切です。

親が自分に向けてくる行為を客観的に観て『親離れ』することで、哀れだなぁ…と思われてきた姿から抜け出せるようになります。

他人の意見をうけいれようとしない

学校でのイジメや職場でのイジメを体験してきた人や他人の言動のために心を傷つけられた体験を持つ人は不信感を抱くようになりますので、他人の意見を簡単に受け入れようとはしません。

一度、人間不信に陥ると抜け出せなくなり、他人の意見を受け入れようとしない心理状態に陥ります。

一方、自己過信に陥っている人は、自分の考えは絶対に正しいと思い込んでいますので、他人の意見を受け入れようとはしません。

他人の意見を受け入れようとしない人は、周りの人の目には、世間知らずな人として映ります。

世間知らずな人として観られていると、月日が経つに従い、哀れだなぁ…と思われるようになります。

3.自己中心的

心の奥に劣等感を抱えている人の中には、周りの人に気づかれないようにするために自己中心的な振る舞いを『隠れミノ』にすることがあります。

自己中心的な振る舞いは、自分の立場を最優先に考えますので、他の人の考えは二の次にします。

ですから、自分の思い通りにコトが進むと自己満足に浸ります。

しかし、自分の思い通りにコトが進む蔭では、他の人が犠牲になっていることがあります。

自己中心的な人は、自分の望むことを満たすことに夢中になっているため、周りの人の考えに耳を傾けることをしません。

耳を傾けることをしないため、周りの人からの信頼を失っていきます。

周りとの人間関係は、お互いに信頼し合うことで成り立ち維持できますが、自己中心的な人は、人間関係を築くことができずに孤独な立場に追い込まれてしまいます。

わがまま

わがままな人は、周りの人から観ると最も扱い難いタイプの1つと言えます。

わがままな人は、『我が儘』の意味が示す通り、自己中心的で身勝手ですので、人のコトバに耳を傾けることはしません。

人と待ち合わせの約束をしても、約束通りの時間に来ることはありません。

また、自分が望むモノがあると、手に入れるまでナリフリ構わず色々な手口を使ってきます。

あなたが女性なら、好みのタイプの男性であっても、わがままな性格なら距離を置くようにしましょう。

安易に信用して心を許すと、男性の良いように利用されて、心身に大きなダメージを受けることがあります。

わがままな人は、誰からも信用されずに、哀れだなぁ…と思われて寂しい日々を送ることになります。

相手を非難しがち

自分のことを棚に上げて、相手を非難しがちな人は、周りの人からの信頼を得ることはできません。

相手を非難しがちな人は、周りの人から観ると非難されるような欠点や至らぬ面を沢山もっているものです。

「灯台下暗し」という諺にあるとおり、自分自身の欠点には全く気づかずに、他人の欠点が気になり、相手を非難しがちになります。

周りの人から観ると、『相手を非難できるような立場ではない』と映ってしまいます。

誰からも相手にされずに寂しい人は、優越感に浸ることを求めて、相手を非難しがちな言動を繰り返します。

ですから、他の人から観ると、哀れだなぁ…と思われてしまいます。

プライドが高い

プライドは、他の人と比較をして優越感を抱くことで築かれていきます。

プライドが高い人は『プライドの高さが人格の高さ』を表すものと勘違いをしています。

物事の考え方が狭くて心に余裕のない人は、プライドに大きな拘りをもちます。

プライドを高く掲げて、自分の存在をアピールしようとします。

プライドの高さに強い拘りを抱いている人は、周りの人の目には、『哀れな人』として映ります。

また、プライドの高さは、快い人間関係をつくる際の妨げになることがあります。

このため、プライドが高い人の中には、周りの人から距離を置かれているため人間関係を築くことができずに、孤独で寂しさに包まれている人が少なくありません。

プライドよりも、快い人間関係を築くことのできる友人を大切にする人は、心豊かな人生を送ることができます。

心豊かな人は、周りの人から『哀れだ』と思われることはありません。

4.一人で行動できない


幼少時に親の過保護の家庭環境で育った人は、自立心が育っていませんので、大人になっても一人で行動することが苦手です。

また、自分で物事を解決した経験が殆んど無いため、自信が持てない大人になってしまうのです。

自分に自信を持てない人は、『自分は間違った行動をしてしまう』という不安感に何時も包まれていますので、他の人の助けがなければ何もできません。

一人で行動できない人は、日々の生活で起きる物事を解決しようとはせずに逃げ道を探します。

このため、周りの人からは『頼りない人』として観られます。

目の前の物事に真摯に立ち向かい解決しようとはしませんので、職場での仕事の場面でも『安心して仕事を任せることのできない人』というレッテルを貼られてしまいます。

不評なレッテルを一度貼られてしまうと、容易には払しょくすることができません。

職場で必要とされない人になってしまい、『哀れな人』と思われてしまいます。

あなたが女性なら、一人で行動できない男性は、安心して頼ることができませんので、自分の心が傷つかないように慎重に距離をおきましょう。