日常生活を過ごしていると、気になってくるのが収入と支出のバランスですよね。

収入に関してはいきなり大きな変化を見込むことができないので、多くの方はやはり支出がどれくらいかかっているのか常に気になるところです。

特にこれから節約をしたいと思っている方は、自分が毎月どれくらいの支出がかかっているのかということを把握する必要性があります。

なぜならば、支出を把握し、無駄な支出を避けることで大幅な節約につながる可能性があるからです。

たった少し無駄な支出を減らすだけでも、一年に換算すると非常に大きな金額の節約を見込むことができます。

だからこそ、支出がどれぐらいかかってるのかということを正確に把握することは重要なことであると言えます。

そして、支出の中でも非常に大部分を占めているのが毎月必ず発生する電気代だと言えます。

今の私たちの生活にとって電気は必要不可欠であり、電気がない生活など考えることができないと思います。

しかしながら、だからといって無駄な電気代を発生させてしまうのは非常にもったいないことであると思います。

そこで、今回は電気代をテーマにして世帯別の電気代の平均額や多く支払っている場合に試してほしい節約のポイントをご紹介していきます。

毎月の電気代を把握していない方、そして把握しこれから節約したいと思っている方はぜひ電気代を節約するためのコツを身に付けてみてください。

世帯人数別の電気代の平均額

あなたは毎月どれくらいの電気代がかかっているのか正確に把握していますか?

電気代を把握している人と把握していない人とでは非常に大きな差が生まれてしまいます。

なぜならば、先ほどもお伝えした通り電気代は毎月必ず発生する費用でありながら、人によって大きくばらつきがある出費になりえるからです。

だからこそ電気代を把握した上で周りの人の平均がどれぐらいの金額なのかということを考えることが重要だと言えます。

もしも人と比べて自分が高い電気代を支払ってるのであれば、無駄な電気代を支払っている可能性が非常に高いといえます。

つまり、電気代を節約することができるポイントが隠されていると考えることができるのです。

なので電気代を正確に把握すること、そして一般的な世帯の平均の電気代を把握することは非常に重要なことであると言えます。

しかし、毎月どれくらいの電気代がかかっているか把握していても、平均的な金額を把握していないという人が非常に多いと思います。

そこでここからは世帯人数別の電気代の平均額がどれぐらいかかっているのかということを詳しくご紹介していきたいと思います。

自らの世帯人数と同じ世帯人数の平均額を比べた上で、もし高いのであれば、何かしら無駄に使ってしまっている可能性があります。

なので、この機会に自らの世帯の電気代金を見直すきっかけにしましょう。

1人暮らし


まずはじめにご紹介する世帯人数別の電気代の平均額として1人暮らしの例をご紹介していきます。

1人暮らしの場合は一般的に考えるとそこまで大きな金額が発生することはあまりありません。

なぜならば、1人暮らしの場合大多数の方が仕事を行っている場合が多いので、毎月の生活の中でほぼ昼は家にいないことが多いです。

当然休みもあるわけですが、休みがあったとしても一週間に2回と考えると1ヶ月の中で家に入る回数は8回程度であると考えられます。

つまり、家にいないということは電気を使う必要性はないということになりますので、常に稼働しなければいけない家電製品以外は電気代が発生しないということになります。

なので一般的に考えると1人暮らしの場合はそれほど大きな金額がかからないと考えることができます。

では実際に平均的な金額としてはどれぐらいの金額がかかっているのかチェックしていきましょう。

約5,000円前後

1人暮らしの場合の平均的な電気代金は大体約5.000円前後であるといわれています。

しかしながらこの金額は平均の金額になりますので、人によっては多少のばらつきが存在していると言えます。

もっと詳しくお伝えすれば電気代を安く済ませている人は大体3000円前後の金額で済ませており、高い人は6000円前後の金額が発生している場合もあります。

電気代を節約しようと心がけている人もいれば、そもそも忙しくて家にあまりいないという方も多く存在しているはずです。

そのような方に関しては安い金額で済ませることができますが、人によっては普通の人よりも大きな電気代がかかってしまう人も存在します。

例えば自宅に沢山の家電製品がある人は様々な場面で電気代が発生する可能性もありますし、ずぼらな人などは電気をつけっぱなしにしている場合も考えられます。

このような人は当然電気代が高くなってしまいますので、平均の金額よりも高い金額請求が毎月来ている場合があります。

なので自分自身が毎月どれぐらいの金額が来ているのか考えた時に、平均の金額よりも上の金額が来ているのであれば電気代を無駄に使っている可能性があります。

その反対に電気代を安く済ませている人は何かしらの工夫を行っている可能性が忙しくてあまり使っていない可能性が考えられるので、厳重維持で問題ないということになります。

2人暮らし


次にご紹介する世帯人数別の電気代の平均額として2人暮らしの例をご紹介していきます。

2人暮らしの場合ですと、当然ながら1人暮らしの時よりも電気代が高くなる傾向にあります。

なぜならば、自宅にいる人数が増えれば、それに伴って電気代が発生する行動などを取ったりしてしまいがちになります。

日常生活の様々な場面を考えてみると電気代が発生する行動などは非常に様々なことが存在しています。

だからこそ電気代は当然1人暮らしよりも高くなるのですが、具体的にどれくらいの金額がかかるのかチェックしていきましょう。

約9,000円弱

2人暮らしの場合に発生する電気代の平均金額は約9000円弱と言われています。

先ほどご紹介した1人暮らしの場合と比べると単純に2倍近くになっている計算になりますが、厳密には少しだけ1人単価が安くなっていると言えます。

なぜかというと、確かに人が増えることによって電気代が発生する行動を取る回数が多くなります。

しかしながら全ての電気代が発生する行動が2倍になるというわけではなく、場合によっては共同で使う場面なども増えると考えることができます。

例えば、2人暮らしで部屋がひとつしかないのであれば、電気をつけるだけならば1人の時と変わらないので、電気代は余分にかからない計算になります。

なので、場合によっては電気を共同で使う場面もあるので全ての金額がそのまま場合になるというわけではないということです。

これを踏まえた上でうまく節約をすれば本来の平均金額よりも安く電気代を抑えることは十分可能であると言えます。

しかしながら、節約するにしても限度がありますので、どうしても余分に電気代が発生することは否めません。

しかし節約をしっかりと意識すれば7000円弱の金額でも済ませることは十分可能なので、電気代を比べて高い場合には節約を意識することをおすすめします。

3人暮らし

次にご紹介する世帯人数別の電気代の平均額として3人暮らしの例をご紹介していきます。

3人暮らしいなってくると当然発生する電気代もかなり高い金額になってくることが予想されます。

しかし、3人暮らしといっても先ほどご紹介したように共同で使う電気代などを考えると、そこまで大きな金額にならない場合もあります。

しっかりと節約を意識すればそこまで膨大な出費にはなりませんが、何も考えずに電気を使っていると高額の電気代が発生する可能性もありますので注意が必要です。

では、3人暮らしの場合にはどれくらいの金額が平均で発生しているのか、ご紹介していきます。

約10,000円前後

3人暮らしの場合の電気代の平均金額は約10.000円前後であると言われています。

想像よりも安い金額だと思った方も多いと思いますが、これはあくまで平均的な金額なので実際は多少のばらつきが存在している場合もあります。

この金額よりも安い世帯も数多く存在していますし、場合によってはこの金額よりもはるかに上回る金額が請求されている世帯も存在しています。

ではなぜそれぐらい大きな金額差が生まれてしまうのかと言うと、3人暮らしになるとこれまでの世帯とは違い住む場所が異なる可能性も生まれるからです。

どういうことかと言いますと、3人暮らしになると当然それなりの大きさの家に住む必要性が生まれてきます。

子供が生まれたことによって広い家に住まなければいけないということを考えると、部屋数の多いアパートやマンションに引っ越しをしていることが考えられます。

そうなると当然ながら契約アンペア数が上がることによって、消費する電気が大きくなってしまい安くなります。

なので、場合によっては一般的な平均金額よりもかなり上回る金額で請求されてしまっている可能性も考えられるのです。

また、場合によっては子供の面倒を見なければいけないので一日中家にいなければいけないような家庭環境も多く存在します。

それを踏まえて考えてみると家にいる時間が多くなるということは家の電気を消費する可能性は高くなるので、電気代が高くなる場合があるということになります。

これが3人暮らしの場合の金額が増える主な理由になると言えます。

4人暮らし

次にご紹介する世帯人数別の電気代の平均額として4人暮らしの例をご紹介していきます。

4人暮らしの場合ですと、当然これまでご紹介してきた世帯と比べるとかなり高い金額が発生する可能性が十分考えられます。

家族が増えれば、当然消費する電気なども多くなりますし、様々な家庭環境の変化なども考えられます。

なので、多くの電気代が消費されるということはある程度覚悟しておかなければいけません。

しかし、それでも平均金額よりも高い金額が発生している場合には要注意です。

では、どれくらいの金額が発生しているのか、チェックしていきましょう。

約10,000円強

4人暮らしの場合の電気代の平均金額は約10.000円強であると言われています。

意外かもしれませんが3人暮らしの電気代と平均金額はそれほど大きく変わらないと言えます。

理由としては、当然人数が増えることによって余分にかかる電気代もありますが、その逆に共同で使う電気も存在するので、びっくりするほど金額は増えないということです。

しかしながら、先ほど3人暮らしの場面でもご紹介したように、世代によっては生活環境などが関係して大きな金額が請求されている場合も考えられます。

あくまで平均金額などで安い家庭あれば、びっくりするほど高い金額が請求されている家庭を大きく存在しています。

特に、4人暮らしに関しては人数が多い文電化製品も増える傾向にありますので、夏や冬などに関しては大きな電気代がかかる場合があります。

夏や冬以外は安かったとしても、夏や冬などは大きな金額がかかって最終的に平均すると10.000円強くらいになる場合もあるので、夏と冬こそ注意が必要だと言えます。

5人暮らし

次にご紹介する世帯人数別の電気代の平均額として5人暮らしの例をご紹介していきます。

5人暮らしの場合ですとそれなりに高い金額が発生する場合がほとんどです。

人数が多い分、発生する電気代も比例して高くなりますし、住まいなども関係上、部屋数も多くなったりするのでそれぞれの部屋で発生する電気代なども多くなります。

共同で使う分に関しては問題がありませんが、それでも5人暮らしになるとすべて共同で賄えるレベルではなくなってきます。

では、5人暮らしではどれくらいの金額が発生しているのか、ご紹介していきます。

約13,000円弱

5人暮らしの場合の電気代の平均金額は約13,000円弱であると言われています。

4人暮らしの場合と比較すると、数千円ほど金額が高くなっていると言えますが、あくまでこれも平均の金額です。

なので、当然この金額よりも高い金額が発生している家庭もありますし賢く使っている場合はこの金額よりも低い金額で収まっている場合もあります。

しかしながら、人数が増えてくると節約に関してもある程度限度が存在しており、どうしても高い金額が発生してしまうことも多いです。

人数が多くなると部屋数も大きくなりますし、部屋数が大きくなればそれぞれの部屋で使用する電気代も多くなります。

例えば、冷房や暖房に関しては一つの部屋だけではなくて複数の部屋で使ったりすることも考えられます。

リビングなどでみんなで一緒にいるときに使用すれば大きな節約をすることはできますが、夜寝たりする時にはそれができないことも十分考えられます。

なので、ある程度の人数になってくると節約にも限度が存在してくるので、それなりにまとまった金額が発生することは覚悟しておかなければいけません。