自宅のポストの中になんでも屋のチラシが入っていたという経験はありませんか?

その名前の通り、なんでも行ってくれるサービスのことを意味していますが、実際に利用したという経験がある方は少ないと思います。

自分にとって身近な存在なのであればまだしも、なんでも屋はあまり身近な存在であるとは言い難く、サービスを利用するまでに少し壁を感じてしまうものですよね。

しかしながら、時にはなんでも屋のサービスを利用したいと思ったり、興味が湧いたりすることもあると思います。

実際に、なんでも屋は非常に便利なサービスであり、うまく使えば非常に利便性を感じられるようになります。

そこで、今回はなんでも屋をテーマにして、良いなんでも屋の探し方、なんでも屋の便利な使い方についてご紹介していきます。

もしも、今現在なんでも屋を利用したいと思っているのであれば、この機会になんでも屋のすばらしさをチェックしてみてください。

良いなんでも屋の探し方

なんでも屋と聞くと、あなたはどのような印象を持ちますか?

おそらく利便性の高いサービスと感じる方もいれば、少し胡散臭いような印象を持ったりすることもあると思います。

身近な人間でなんでも屋を利用したことがあるということはあまり多くはいませんし、実際に店舗を構えていることも少ないですよね。

なので、どうしてもどこか胡散臭い印象を与えてしまいがちになるので、まだまだ多くの方が利用できていない状態であると言えます。

しかし先ほどもご紹介したように、なんでも屋は非常に利便性が高いサービスであり、大抵のことは何でも対応してくれる魅力的なサービスです。

なので、気になるのに利用していないのは非常にもったいないとも言えます。

しかし、場合によっては悪徳会社なども存在していたりするので、どうしても利用する際には注意が必要です。

なので、まずはなんでも屋を利用する際に意識してほしいポイントをいくつかご紹介していきます。

この機会に、良いなんでも屋を探せるように、ぜひポイントを押さえてみましょう。

1.情報を確認すること

まずはじめにご紹介する良いなんでも屋の探し方の一つとして「情報を確認する」ということが挙げられます。

夜中には様々ななんでも屋が存在していますので、場合によってはなんでも屋を選ぶときに迷ってしまうこともあると思います。

もちろん、実際に利用した経験がある人が近くにいるのであれば、口コミを聞いたほうが確実ではありますが、利用者が近くにいないパターンも当然ありますよね。

そのような時には、しっかりと利用する前の段階でなんでも屋の情報を確認する必要性があります。

情報を確認しておくことにより、信用できるなんでも屋かどうかということがすぐにわかるようになります。

では、具体的にどのような情報を確認する必要性があるのか、ご紹介していきます。

住所が明記されているか

情報チェックする際にまず一番に確認してほしいのが住所が明記されているかどうかということです。

なんでも屋を知る機会としては、インターネットか、自宅のポストに入っているチラシからということが多いと思います。

しかしながら、その際に確認しておかないといけないのが住所がしっかりと記載されているかどうかということです。

なぜ住所が書かれている必要性があるのかというと、しっかりと店舗を構えているということは、責任の所在が存在しているということになります。

もしも住所が明記されていないということになると、もしも何らかの問題が発生したときにどこに確認をすればいいのかということが全くわからなくなってしまいます。

もちろん電話番号くらいは用意されているかもしれませんが、電話番号などは電話を解約してしまえば当然繋がらなくなってしまいます。

なので、何らかの問題が発生したときに最終的に対応してもらうことができなくなってしまう可能性もあるということです。

だからこそ必ずなんでも屋を利用する際には住所がしっかりと明記されているかどうかということを確認するようにしてみてください。

住所がしっかりと記載されていないなんでも屋は、信頼性に欠けるサービスである可能性もあるので、注意しましょう。

社名がきちんとあるか

情報チェックする際に次に確認してほしいのが社名がきちんと存在しているかどうかということです。

なぜ社名がきちんと存在しているかどうか確認しなければいけないのかと言うと、先ほどご紹介した住所が書かれていない場合と同様に責任の所在が明らかでない可能性があります。

社名がしっかりと記載されているということは、当然その屋号を取得しているということになりますので登記簿としての何らかの情報は存在しているはずです。

しかし、社名も屋号も何もない会社の場合、まったくその会社に関する情報が得られないと、何らかの責任を追及することもできなくなってしまいます。

問題が発生したときに問い合わせをしても電話が繋がらなかったり、きちんと対応してもらえなかったりする可能性もあります。

また最悪の場合その際に相手から逃げられてしまう可能性もありますので、必ず社名がきちんと存在しているのかどうかということも併せて確認するようにしてください。

代表者の記載があるか

情報チェックする際に次に確認してほしいのが代表者の記載があるかどうかということです。

これもこれまでご紹介してきた項目と全く同じですが、代表者の記載があるかないかで責任の所在が大きく関係していきます。

もしも代表者の名前が存在しているのであれば、その代表者の人間が最終的な責任者であるということになります。

なので名前がしっかりとわかっているのであれば、何らかの問題が発生した時にその人間に対して責任を追及することができます。

しかしながら、責任者の名前が存在していないとなると問題が発生した時に責任を追及することが難しくなる可能性があります。

その時に住所を社名も存在していないということになると、当然ながら問題を追及することが難しくなるので、泣き寝入りしてしまう可能性もあります。

なので必ず代表者の記載があるかどうかということも併せてチェックするようにしなければいけません。

2.返事が早いかどうか


次にご紹介する良いなんでも屋の探し方の一つとして「返事が早いかどうか」ということが挙げられます。

なんでも屋を利用したいと思った時に、まず必ず行って欲しいのがなんでも屋にコンタクトをとることです。

インターネット上で情報を確認した際や、チラシで確認した際もどちらも同様に連絡先やメールアドレスくらいは存在していると思います。

なので、サービスを利用したいと思うのであれば事前に電話をかけたりメールアドレスにメールを送るようにしてください。

なぜかと言うと、自分が連絡をしてからどれくらいで返事があるのかということを確認する必要性があるからです。

それを確認することによって相手が信頼できるサービスなのかどうかということがある程度見極められるようになります。

では、どのような理由から信頼できるサービスだと考えることができるのかということをご紹介していきます。

一日以内に連絡があるか

もしも相手に対して電話をしたり、メールアドレスにメールを送ったりした時に1日以内に連絡があったのであれば、信頼できるサービスである可能性が高いです。

これはなんでも屋に限った話というわけではありませんが、基本的に早いうちに対応してくれる会社というのは魅力的な会社である場合が多いです。

たとえば自分が連絡をしてすぐに返信が返ってきたり、電話をかけた時に電話を取ってくれるような会社は迅速な対応ができる会社であるといえます。

つまり、しっかりと組織として成り立っているということになるので、サービスとして信頼できるということになります。

しかし、もしも自分が連絡してから全く連絡が来ない、もしくは日にちを空けて連絡がきたくなるとどうなるのでしょうか。

大抵の場合、返事が遅い会社は組織として成り立っていない可能性が高く、信頼性のできないサービスである可能性が高いです。

せっかく連絡をくれたお客様に対して迅速な対応しないということは、言い換えてみればプロ意識にかけているということになりますし、お客様を大切にしていないといえます。

なので、そのような会社のサービスは利用しない方が良いので、連絡をしてどれくらいで連絡が返ってくるのかということは必ず確認するようにしてください。

人柄がわかるものであるか

もしもチラシなどを見てなんでも屋を利用しようと思ったり、ネットを見て利用しようと思ったのであれば、必ず確認していただきたいのが人柄です。

インターネット上で確認した場合なかなか直接的な人柄を確認するのは難しいかもしれませんが、それではある程度は感じ取ることができるはずです。

インターネット上で文章だけを見たとしても、その文面やどのような言葉遣いをしているのかということである程度の人柄は予測できます。

なので、チラシやインターネットで確認する際には必ずそのなんでも屋を行っている人の人柄をチェックして、信頼できる人物かどうか確認してください。

本当に仕事に対する情熱を持っている人は何らかの信頼できる言葉遣いを発してる可能性がとても高いです。

逆に、信頼できないような人物は仕事に対して情熱を持っていないので、信頼できるような発言も言葉遣いも一切感じられない場合がほとんどです。

なので、必ず利用する前に相手の人柄が分かるかどうかということも文面や言葉遣い、記載された内容から読み取るようにしてください。

3.HPがあるか


次にご紹介する良いなんでも屋の探し方の一つとして「HPがあるか」ということが挙げられます。

なんでも屋を利用する際に、信頼できるなんでも屋かどうか判断する際のポイントとしてHPの存在が大きく関わってきます。

HPがあるかどうか、そしてHPの内容などを確認すれば、信頼できるかどうか判断できる材料などはいくつも存在しています。

では、具体的にどのようなポイントが信頼の判断につながるのか、ご紹介していきます。

しっかり情報発信されているか

なんでも屋のHPが存在する場合、必ず確認して頂きたいのでしっかり情報発信がされているかどうかということです。

例えば、その会社がどのような会社なのかということをしっかりと情報を発信してるかどうかが非常に重要です。

なぜならば、もしも仮にその会社が信頼できないような会社であった場合、その会社が自ら自社の情報を発信するということは基本的にはありません。

なぜならば無駄に情報発信してしまうと何か問題があった際にそれを確認されて困った状況になってしまう可能性が生まれるからです。

しかしながら、良い会社に関しては積極的に自らが情報発信をすることで自社の存在をたくさんの人に知ってもらいたいと工夫を行っているのが当たり前です。

当然会社として経営を行っているからにはたくさんの人に知ってもらいたくさんの人にサービスを利用してもらうということが主な目的になります。

そのためにはしっかりと自社のことを把握してもらい、安心してもらった上でサービスを利用してもらうことが通常ですよね。

なので会社のHPにしっかりと自社の情報が記載されてるかどうかということを確認することが信頼できるが信頼できないかの重要の分かれ目になることを意識してください。

まめに更新されているか

なんでも屋のHPを確認する場合に、合わせて確認していただきたいのがまめに更新されているかどうかということです。

HPと一言にいっても、様々な形式のHPが存在しており、HP作成業者に作ってもらったサイトや、ブログ形式のサイトもあるはずです。

しかしながら、どちらの場合に関しても会社のブログを作成していたり、会社の情報発信などを日付ごとに行っているかどうかということがわかるようになってます。

なので、必ずその会社を利用する前にHPを確認して、定期的に更新がされているかどうか確認してください。

もしも仕事に対して情熱を持って行なっているのであれば、当然ながら細い日付で情報などが更新されていることが多いです。

その反対に仕事を適当に行っているような会社に関しては更新などがマメに行われていないような可能性も高いです。

会社として成功させたいと思うのであれば細い日付で情報を更新することは当たり前のことなので、このような細いポイントも利用する前にチェックしておいてください。