都会で生活することに疲れてしまったと感じたことはありませんか?

都会と聞くと様々な人たちがいて魅力的なものにも囲まれていますし、話題のものに触れたりすることもできるので、魅力が多いようにも感じます。

しかし、実際に都会に住んでいる人たちの中には都会に住むことに疲れてしまい、もう少し静かな場所で暮らしたいと思っている人もかなり多いと思います。

しかしながら引っ越しをしたりするには様々な手続きが必要になりますし、とても大変な作業が生まれます。

新しい家を探さなければいけませんし、当然引っ越しをするのであればそれなりにお金もかかってしまいますので負担を大きくなります。

また転居先で仕事を探さなければいけませんし、場合によっては自分が希望する仕事が見つからないような可能性も生まれます。

これらの要素が存在するのでなかなか引っ越しをしたりすることは億劫に感じてしまい、行動することができない人も多いのが現実です。

しかしながら、人生は一度しかありませんし、思い立ったら行動しないといつまでたっても行動できない可能性もあります。

そこで今回は移住をテーマにして、移住先で人気な場所や地方に移住するメリット、そして遊び方や働き方などをご紹介していきたいと思います。

都会に疲れてしまったと感じている方や、地方に対して魅力を感じている人達は移住を決めるひとつのきっかけとしてみてください。

移住先で人気な場所5選!

都会に住むことに疲れてしまった多くの人達が考えているのが、自然あふれる場所で静かに暮らしたいということです。

都会には様々なものや人が存在していますが、時にはそれらがストレスの対象になってしまう可能性もあります。

地方に住んでいる人は都会の方がはるかに魅力的だと感じる人もいるかもしれませんが、都会に住んでいる人は地方の住まいが魅力的に感じることもあります。

そして実際に今現在、地方移住が都会に住んでいる人達の間でひそかに流行っています。

若い時は都会で過ごして、それなりに年齢を重ねて落ち着いた人生を歩みたいと思った方が地方に移住してひっそりと暮らしているというパターンがかなり多いです。

若い時は遊んだりすることが中心的に考えられていますが、年齢を重ねると遊んだりする機会も減ってしまいますので、静かに暮らすという考え方にシフトするといえます。

そして日本には様々な都道府県が存在しており、それぞれの都道府県によって環境なども全く異なっています。

なので、どの都道府県に移住するのかということを決めるのは非常に重要な選択になり得ると考えられます。

そこで移住先で人気な場所をここからいくつかご紹介していきたいと思います。

それぞれの都道府県の特徴なども絡めてご紹介していきますので、自分にとって理想的だと感じた場所があるならば移住先の一つとして検討してみてください。

1.茨城県つくば市

まずはじめにご紹介する今移住先で人気な場所の一つとして「茨城県つくば市」が挙げられます。

茨城県つくば市は茨城県の南部に位置する市であり、大きな特徴としては研究、そして教育機関が集中している場所であるという点が挙げられます。

茨城県の中でもかなり重要な観光地でもあり、様々な人が訪れている場所でもあります。

ではなぜつくば市が移住するのにオススメなのかと言うと、自然環境溢れる場所でありながら都会からもそこまで遠くはないということが挙げられます。

つくば市は日本百名山に選ばれている筑波山が存在しており、自然環境あふれる場所でもあります。

なので、休日は山にキャンプをしたりすることも出来ますし、山の大自然に触れて精神的にもストレスを解消することができるような場所でもあります。

しかしながら東京からもそこまで遠く離れてはおらず、45分ほどで出ることもできますので気分によっては都会で遊んだりすることも十分可能なのです。

それでいいで人はそこまで多く存在していないので、必要以上に人間関係でストレスを感じたりすることもありません。

なので移住する先としては非常に人気が高く、たくさんの人が移住先として選んでいる場所でもあると言えます。

2.高知県高知市

次にご紹介する今移住先で人気な場所の一つとして「高知県高知市」が挙げられます。

高知県高知市は日本で最も移住に対して本気を出している市であるともいえます。

元々高知県高知市は移住取組の先進地として知られており、移住する際の支援を惜しみなく行っている県でもあるといえます。

具体的にどのような支援が行われているのかと言うと、例えば住宅に関する支援であったり、就業支援制度、医療支援制度、子育て支援制度など様々な支援が存在しています。

例えば住宅支援制度に関してはレオパレス賃貸物件であれば契約金から2万円の割引があったり、短期間の移住体験制度なども存在しています。

どうしても都会から地方に移り住むという方の中には、いきなり地方に住んでやっていけるのか不安に感じている人も多いと思います。

しかしながら体験制度が存在しているため、実際に暮らしてみてあまり向いていなかったという場合は移住することをやめることもできます。

また気軽に移住する体験を行うこともできるので、非常に魅力的な性奴であるとも考えられます。

このような取り組みを積極的に行っているので、移住しやすい場所ではあり、様々な支援制度によって暮らしやすい場所でもあると考えられます。

これこそが高知県高知市が移住する人気な場所に選ばれている大きな理由であり、魅力であると考えられます。

3.千葉県いすみ市


次にご紹介する今移住先で人気な場所の一つとして「千葉県いすみ市」が挙げられます。

千葉県いすみ市がなぜ移住先で人気なのかと言うと、まず東京駅から特急で70分という場所なので、都会にも気軽に足を運べる利点が存在しています。

そして、基本的にそこまで多くの人が存在していないので毎朝ゆったりと座りながら通勤をしたりすることもできます。

また、都会から近いにも関わらず、田舎の暮らしを味わうことができるのでゆったりとした自然を身近に感じながら生活をすることができます。

なかなか都会に住んでいると自然に触れたりすることはありませんが、千葉県いすみ市ならばそれが可能です。

休日には自家栽培を行って野菜を育てたりすることも出来ますし、海も近いので、海を眺めに足を運んだりすることもできます。

まさに適度な田舎なので、都会の暮らしも田舎の暮らしもどちらも両立させて味わうことができるので非常にオススメな移住先であると考えられます。

4.北海道ニセコ町

次にご紹介する今移住先で人気な場所の一つとして「北海道ニセコ町」が挙げられます。

北海道ニセコ町は農業と観光業が豊かな場所であり、自然環境溢れる豊かな場所であるとも言えば。

元々観光客が多く訪れる場所としても知られており、夏の時期は体験型アウトドアスポーツを楽しめ、冬の時期は大規模スキー場でウインタースポーツを楽しむこともできます。

元々環境政策に力を入れている場所でもありますので、大自然にふれあいのびのび生活をすることができる場所でもあります。

また、様々な支援が充実している場所でもあり、起業支援や事業拡大支援、ビジネススクールなども多く存在している場所です。

生計を立てる上で、様々な方法を提案してくれる場所でもあるので、まさに移住した後のことも充実している魅力的な場所であるといえます。

5.香川県小豆島

次にご紹介する今移住先で人気な場所の一つとして「香川県小豆島」が挙げられます。

香川県小豆島はその名前の通り島なので非常にゆったりとした時間の中で人生を過ごすことができる場所でもあります。

現在は人口減少が続いており高齢者の割合が人口の4割を超えている場所でもあるので、現在移住者の受け入れを積極的に行っている場所としても知られています。

移住をする上での利点も多く存在しており、まず自然環境溢れる場所であり、海にいつでも触れることができます。

また、空き家なども多く存在しているので、空き家バンク制度などがあり、移住をする上でのより良い環境を支援してくれます。

また、移住体験施設なども整っており、移住を検討している人が気軽に利用することができるので、実際に島での暮らしを経験することもできます。

後悔のない選択ができる支援制度が充実しているので、まさに移住先として魅力的で、今人気が出ている場所でもあるといえます。

地方に移住する7個のメリット


ここまでは移住先で人気な場所をいくつかご紹介していきました。

それぞれの移住先によって、特徴が全く違うということがお分かりいただけたと思いますが、ここからは地方に移住するメリットについてご紹介していきます。

地方に移住することによって想像以上にさまざまなメリットを得ることができるようになります。

そのメリットと都会に住むことを天秤にかけた時に、メリットが打ち勝てばやはり地方移住するべきであると考えられます。

では、地方に移住することでどのようなメリットを得ることができるのか、是非チェックしてみてください。

1.家賃が安い

まずはじめにご紹介する地方に移住するメリットとして「家賃が安い」ということが挙げられます。

これは説明する必要はないかもしれませんが、やはり都会と地方を比べて考えてみると地方の方が圧倒的に家賃は安いということが考えられます。

都会は人がたくさん集まる傾向にありますし、なおかつ土地も限られているので当然家賃は高めになりますし、毎月の負担は高くなります。

しかしながら地方はそれに比べて人があまりいない場合もありますし、土地も余っている可能性も非常に高いです。

なので地方の方が家賃は当然相場よりも低めになりますので、毎月の負担は非常に軽くなるということが考えられます。

家賃は毎月かかってしまう出費であり、それなりにまとまった金額がかかるので家賃が高くなると毎月の生活が苦しくなる原因になります。

その家賃が少なくなるということは毎月自由に使えるお金が増えるということにもなりますので、余裕が生まれる一つの要因になります。

場合によっては東京の家賃と比べると1/3程度の金額で同じ広さのアパートを借りることができる可能性もあります。

土地を購入したりすることも検討している人からしてみると、都会の土地よりも圧倒的に低い価格で購入することもできます。

地方であれば一軒家などを賃貸で借りたとしてもそれほどびっくりする金額がかかったりすることもありません。

一人で引っ越す際も家族で引っ越す際をどのようにでも対応することができるますし、家族連れであればなおさら家賃が低いことは嬉しいことにも繋がります。

なので地方に移住する最大のメリットはやはり家賃が安いということが考えられると言えます。

2.通勤が快適

次にご紹介する地方に移住するメリットとして「通勤が快適」ということが挙げられます。

なぜ地方に移住すると通勤が快適になるのかと言いますと、場合によっては職場から近い場所に家を借りることができるからです。

例えば都会で考えてみると、職場から近い場所に家を借りようとしても家が空いていなかったり、かなり高い家賃を払わなければ済むことができない場合もあります。

そうなってしまうと毎月の負担が高くなってしまいますので、経済的に苦しくなる要因に繋がってしまいます。

なので少し離れた場所で家を借りたりするのが一般的ですが、地方ではそのような心配はあまりありません。

なぜならばあまり多くの人が住んでいない場合は職場から近い場所で家を借りたりすることはそれほど難しいことではないからです。

なので会社に通勤したりするときにたくさん時間をかけて通勤したりする必要性がないので、時間的にも精神的にも余裕が生まれやすくなります。

もちろん地方の住む場所によっては車が必要な場合もあるかもしれませんが、全体的な負担を軽くなるので車を購入したとしてもそれほど痛手にはなりません。

なので、地方に移住することによって通勤が非常に快適になるという大きなメリットを得ることができると言えます。

満員電車のストレスから解放

都会に住んでいる人は経験したことがあると思いますが、離れた場所から一箇所にたくさんの人が集まるので当然電車に乗る時は満員電車が当たり前です。

満員電車を経験したことがある人なら分かると思いますが、満員電車に乗ったりするにはかなりの精神的なストレスがかかってしまいます。

人間はそもそも一定の距離を保って相手と会話をしたりする生き物なので、知らない人があまりにも近い場所にいるとストレスを抱えてしまいます。

当然夏になれば気温も高くなりますので、暑かったり汗臭い人が近くに寄ってきたりすることもありますし、女性の方は痴漢の被害にあう可能性もあります。

このようなストレスがほぼ毎日自分自身に降りかかってくるということを考えると、人によっては相当な苦痛に感じる可能性もあります。

しかしながら地方に住むことによって電車に乗ったとしても満員電車に揺られてしまうということはほぼありません。

人がたくさんいたとしても都会ほどたくさんの人が存在してるわけではないので、それなりにゆったりとしたスペースの中で電車に乗ることができます。

また、地方は都会に比べて駅と駅の間がそれほど近いわけでもありませんので、大多数の方が自家用車を使って通勤している場合がほとんどです。

なので電車に乗る人の方が逆に少なかったりする場合もあるので、満員電車のストレスから解放されるという非常に大きなメリットも得られます。