最近、あなたの周りでも若いママが増えてきていませんか?

若いママと年齢が10も違えば会話の内容も全く変わってきます。

しかし、若いママとうまく話を合わせなければ、子どもとのお付き合いに影響が出ると考えていませんか?

このように、話が合わないときの対処法などについて一緒に考えていきましょう。

無理に若いママの会話に合わせる必要はありません。

あなたはあなたで、自信を持って若い者たちとお付き合いしていけばいいのです。

また、年齢が上だからといってそこは年功序列になるわけではありません。

あなたより先に出産を終えて何人か子どもを育てているママもいるわけです。

子どもが仲良くなる事を第一に、若いママ友のお付き合いはほどほどにしておきましょう。

若いママってどのぐらいの年齢?

そもそも、若いママの年齢ってどれくらいかご存知でしょうか?

ここからは、そんな若いママの年齢についてちょっぴり触れていきたいと思います。

若いママの年齢がわかることで、あなたがどのような感覚でお付き合いすればいいのかわかる物差しになるかもしれません。

また、見た目が若いだけどママもいますので、会話の中であなたと同年代だったと言う場合もあります。

様々な要素を踏まえ、若いママの年齢についてご紹介していきます。

また、無理矢理若いママの年齢に合わせようとする必要はありません。

あくまでも、若いママの年齢を知ることを目的に、あなたはあなたらしく接していくことを中心に考えていきましょう。

10代~20代前半に産んだ人


特に、若いママの場合10代後半から20代前半に出産した女性のことを意味します。

最近では10代で出産する女性も増えてきており、30代で出産した人は、やや若いママたちについていけないところもあります。

また、若いママたちは自分が幼いところがあることもあまり理解できていないところがあります。

「自分がママになったのだからがんばるしかない!」などと思う若いママも多く、外からあれこれ言われることを嫌うところもあります。

しかし、私たちも同じですが姑などにぐちぐちと育児のことについて言われれば誰しも嫌な気持ちになってしまいますよね。

特に、10代後半から20代前半に出産した人に対しては、あれこれ言うより同調してその場に馴染むほうが楽かもしれません。

若いママとの上手な10個の付き合い方

それではここからは、若いママと上手な付き合い方についていくつかご紹介していきます。

明日からでも使える付き合い方や、うまい距離感の取り方についてご紹介していきます。

若いママは勢いもあり、行動的なところもあります。

また、かえって刺激することで若いママとの関係が悪化してしまうこともあります。

若いママのご機嫌を取る必要はありませんが、うまい付き合い方をしていくことで子どもに影響が出ないお付き合いができることでしょう。

うまく若いママとお付き合いしていくことで、あなたの悩みのタネを少しずつ減らしていきましょう。

1.尊敬の気持ちを持つ

まずはあなたより年齢の若いママでも、きちんと尊敬の気持ちを持ち接するようにしてください。

あなたの方がいくらよりは年上だからといって、相手を年下だと思い相手にする事はやめておきましょう。

特に、年上だから尊敬されると言う考えも、若いママには通用しません。

まずは尊敬されたい気持ちがあるなら、相手に敬意を払うことから始めてみましょう。

尊敬の気持ちを持つことで相手もあなたに構えることなくなります。

まずは、相手にされたいことを相手にしてみることから始めてみましょう。

また、威圧的な態度を取ることをおすすめできません。

上から目線で話をしたり、相手が年下だと分かった瞬間手のひらを返したような話し方をする事も辞めておきましょう。

まずは若いママでもあなたより年上と接する気持ちで、接するようにしてください。

若くてもママ歴は先輩なこともある

いくら相手が若いママでも、あなたよりママ歴が先輩の若いママはいくらでもいます。

まずは年齢にとらわれた先入観を捨てるようにしてください。

さらに、若いままでも自分より先輩だと思って接することが大切です。

若くてもあなたより生力が先輩なこともあることを忘れずに、学べる気持ちで接するようにしてください。

相手から学びたい気持ちがなければ、相手に対する敬意も生まれません。

また相手に対する敬意が生まれなければあなたに対する敬意もありません。

お互いに尊敬する気持ちがなければうまい関係を築いていけることもありません。

若いママや自分の年齢に近いママなど、人を選ばずに対処していくことがポイントです。

2.距離感の掴めないうちは敬語を使う

若いママと距離感がつかめないうちは、必ず敬語を使うようにしてください。

初めからタメ口で関係を築いてしまうことで、後々さらに距離感が近くなり過ぎて、後に距離感を調整する事が出来なくなってしまいます。

たまに、「年下に敬語なんか使ったらバカにされる、舐められる」と、言う方が見えますが、そんな気持ちで居るからこそ、相手も身構えてしまいます。

若いママにも、警戒心が強いママもいますので、まずは相手がどのようなママなのか分からない間は、ひとまず敬語を使い相手の様子を伺うようにしてみてくださいね。

最初からタメ口は威圧感や上から目線と感じる

初めから、タメ口でいくと威圧感を感じたり、明らかに年下と話しているような態度に見えてしまいます。

最初からタメ口で話してしまう事で馴れ馴れしい雰囲気や、空気を読めない人などと思われてしまう事もあります。

若いママだからあなたなりに気を遣って、タメ口で話しかけてみても若いママからすれば少々図々しいように見えてしまう事もあります。

まずは、年上だろうが年下だろうが、少しでも威圧感のある態度や上から目線を感じるような態度にならないよう、最新の注意を払うようにしましょうね。

第一印象や初めの印象はとても大切です。

人は会って3秒でその人を決めると言われています。

その3秒で少しでも素敵な印象をのこせるといいですね。

3.自分から話しかける

まずは、「年下なら、年上に話しかけたり挨拶するのが当たり前。」なんて概念は捨てるようにして下さい。

若いママはあなたの後輩でも無ければ、同じ職場の部下ではありません。

若いママ達へ自分から話しかける事で、若いママもあなたと打ち解けやすくなる事でしょう。

常に自分から話しかける態度を取り続ける事で、若いママにも安心感を与えるようにしましょう。

特に若いママも周りのママに無関心だったり、同じような年代のママとつるみたがる傾向があります。

自ら若いママ達に話しかけ、接触回数を増やす事で、関係を築き上げていきましょう。

年下からは話しかけ辛い

年上ママに対して、若いママ達は、なかなか話しかけにくいところがあります。

どのようなママなのか分からないところもあり、様子を伺ってしまう事もあります。

特に威圧感ある年上ママに対しては、どのように話しかけていいのか分からないところもあり、失礼な事をしてしまわないか?

などの不安や心配もかかえているようです。

そんな時に、年上ママから気さくに話しかけられる事で、少し安心するのではないでしょうか?

また、年上ママから話しかけられる事で、話しやすい人の印象に見られる事でしょう。

4.役員などは積極的に引き受けてみる

役員などの係は自ら積極的に引き受けてみる事をオススメします。

役員などの嫌がる役割を積極的に行う事で、周りから有難い存在になる事でしょう。

また、役員などを引き受け、人と人をつなぐ役割を果たす事で一目置かれるところもあるようです。

人は、なかなか慣れない事に手を出したがりません。

ましてや、経験のない事など誰も引き受けたいとは思わないでしょう。

そんな嫌な役割を引き受け、果たす事はなかなか出来る事ではありません。

しかし、人見知りがひどい場合や、なかなか人と上手くコミュニケーションが取れないのであれば、無理に行う必要はありません。

役員などを引き受けて、あなたの経験を生かしてみる事で、若いママ達から一目置かれる存在になる事も…。

若いママは社会経験がない人もいる

特に若いママは、経験も少なく、周りとの関わりが難しいママも多いのかもしれません。

そのため、社会経験をせずに出産を迎えたり、周りとのコミュニケーションや上手くやり取りが出来ない事も考えられます。

もし、あなたが若いママより年上で経験もあるのであれば、役員などを引き受けて、経験ある姿を見せる事で、頼れるママに思われる事がありそうです。

さらに、様々なママと接する事で、どんなタイプのママが居るのかも分かります。

特に若いママは社会経験がない人も居るため、経験あるママがリードしてあげる事で、若いママ達のお手本になる事もありそうです。

社会経験がないママは何かと不安なところもあり、人づきあいが苦手なママもいます。

上手に巻き込もう

そんなママ達を上手く巻き込んであげましょう。

上手に巻き込んでいくことで若いママとも話しやすい状況になる事もあります。

あなたが若いママを巻き込むこで、若いママもあなたと話す機会が出来たり、上手く巻き込まれる事で若いママとも自然な流れで話す機会を与えられる事になり、話がしやすくなる事でしょう。

若いママは、社会経験が短かったり、社会経験が無かったりするので、大人の女性とやママとどうやって関わっていいのか分からなかったりするので、上手く巻き込まれる事で、話しやすい環境が出来あがるかもしれません。

5.アドバイスは1対1で

特に若いママに対してアドバイスがある場合は、1対1で行うようにして下さい。

人がいる場面や大勢の前でアドバイスされる事で、「皆の前で恥をかかされた。」「大勢の前で怒られた。」などと受け身的な気持ちになり、また被害妄想に陥ると、あなた自身との関係自体を排除したい気持ちになるため、かなりデリケートに扱わなければなりません。

あなたが若いママにアドバイスをしたつもりでも、相手からは、「怒られた」「注意された」などと捉えられてしまう事があります。

十分に注意しながら1対1でアドバイスを行うようにして下さいね。

ちょっとした言動でも高圧的に捉えられる可能性がある

ちょっとしたあなたからのアドバイスが、悪い感じに捉えられないためには、相手に関して嫌味のないクリアな言い方、決して若いママを否定しているわけではないことをさりげなく伝えなければなりません。

特に、ちょっとした言動でも高圧的に捉えられる可能性があり、あなたとの関係にヒビが入りやすいことも考えられます。

できるだけ、アドバイス的なことを行わない方がいいかもしれません。

また、アドバイスを行う場合、相手を持ち上げる言い方に変換させることで、嫌な気持ちを和らげることができるかもしれません。

このように、あなたが若いものに対してアドバイスをしたつもりでも相手からは威圧感や高圧的に感じてしまうことがありそうです。

6.聞き役に回る


若いママと会話をするときは、必ず聞き役に回るようにしてください。

あれもこれも話したいことを一気に話したり、あなたばかりが話を進めてしまうことで、若いママもあなたとの会話が「つまらない」「楽しくない」「話を聞かされる」などと感じることがありそうです。

必ず、聞き役に回ることでうまく若いママの話を聞き出すことができそうです。

特に、自分の話ばかりされるママとは高圧的に感じることもありあまり関わりたいと思わないところがあります。

さらに、たくさんの自分の話をすることで心を自ら開こうとあなたが話したことでも、自慢話に聞こえたり、何か話の裏があるのではないか?などと疑われる事もありそうです。

若いママは自分のことや子どものことを自ら話してくれる人が多い

特に若いママは、話をする事が好きなママも多く、ちょっと話しかけることで自分の育児の話や、自分の子供の話を積極的に話してくれるものも多いのではないでしょうか?

若いママは自分の話や、子供の話を楽しくしたいと思うところもあり、また話題にしやすいところがあるのではないでしょうか。

若いママは、知らないことや経験のある話を聞かされることより、今の自分の現状を話したり、アドバイスを受けるより自分が、このような育児をしていると周りのママ達にも聞いてほしいのかもしれません。

このように、若いものは自分のことや子供のことを自ら話したい人も多く、また話題にしやすいと考えているところがあるようです。

7.外見で判断しない

若いママの会見が派手だからといって、外見で判断しないようにしてください。

特に若いママの場合、髪の毛の色が派手だったりファッションも派手な場合があります。

さらに、若いママの場合目立ちたいと言うよりもその年代に合ったファッションをしたいと言う気持ちが強いため、ママになったから落ち着いたファッションに変えようと言う概念もありません。

見た目や外見で「怖い」「ヤンキー」「目立ちたがり屋」など見た目に威圧感がある場合もありま。

しかし、話してみると案外気さくなこともあり、外見で判断出来ないこともたくさんありますので、外見で判断して余計な概念は入れないようにしましょう。

8.年齢は話題に出さない

年齢は話題に出さないように気をつけて下さい。

特に年齢の話題は人により、話したくない女性も多く、ママ同士の会話の中でも年齢の話を出さないようにしておくことが良いかもしれません。

また、年齢の話をしてしまうことでさらに高圧的な態度や、威圧感のある態度に見られてしまうことがあります。

「なぜ、年齢の話をしたのか?」など、年齢の話をしたところで、特に意味がないのであれば極力年齢の話を話題にすることは控えるようにしてください。

さらに、ママ同士で年齢の話になったときには、答えるようにする程度で、特に自分から年齢の話をする必要ありません。

自分から言う必要はなし

自ら年齢の話をしてしまうことで、若い者からは「この人は何が言いたいの?」「自分のが年上と知らせたいのか?」などと言う気持ちにさせてしまうことがあります。

必要以上に、自分から自分の年齢を言う必要もなく、また年齢の話を話題に出す必要もありません。

ママはママ同士、子どもが同い年であることから子どもを中心とした話にすることで、十分なのです。

特に、自分から年齢を言うことで誰が得することもありません。

年齢の話を自ら振る必要もありませんので、年齢の話題は出さないようにしておきましょう。

また、若いママの年齢を知りたい場合も同じです。

若いママの年齢をしたからといって、何の物差しにもなりません。

「あのママは若いから…。」などとあなたの勝手な判断基準に若いママを使わないよう気をつけておかなければなりません。

理由も人それぞれのため踏み込まない

もし、年齢が若いママもさずかり婚だったり、年上のママは不妊治療に通い続けてやっと授かった子どもだったりする場合もあります。

このように、子どもの歳は同じでも、親の背景には様々な理由が隠されています。

そもそも、年齢を知られることが嫌な大人も多いところがあります。

理由も人それぞれあり、またそれぞれの理由があることをよく理解しておきましょう。

他人のことを根掘り葉掘り聞いてしまうことも、他人の気持ちに土足で入り込むような行為につながります。

探られることが嫌な人や、人の理由をそれぞれ聞き出そうとしてくるママや、何でも知っていたいママなど若いままでなくても、関わりたくないと思うママも多いのではないでしょうか?

また、人それぞれある理由を知りたいと思い根掘り葉掘り聞くような事は絶対にやめておきましょう。

9.年齢を気にしない

そもそも、ママ同士年齢を気にしないことが1番です。

年齢を気にしてしまいあの人は年上なのか?

この人は年下なのか?

などと気になることで、余計な考えを取り入れてしまうことになります。

子供が同じ年齢なので、同じママの年齢になります。

つまり、お母さんになった年齢が同じと言うことです。

その人のこれまでの経験や、社会経験など長く生きていれば確かにそれだけ長くのことを知っています。

しかし、ママになってからの年齢は同じになります。

年齢を気にして接していることで、あなたらしく接することができなくなるだけでなく、年齢で人のことを読みとこうとしてしまうところもあります。

無駄な概念はなるべく取り入れないようにして、年齢を気にしてお付き合いからは卒業していきましょう。

「自分の方が若い」とマウンティングする人もいる

「自分の方が若い」と、マウンティングする若いママもいます。

しかし、若いことをひけらかすママもいます。

このタイプのままとは周りもお付き合いしにくいままと思われることがあるそうです。

特に、若いママは「自分が若いし、結構何でもできてしまう。」などと思うところもあり、相手を見下すところもあります。

しかし、自分が若いことをアピールしたりマウンティングするようなままとは、あまり関わらないほうがいいかもしれません。

自分が優位に立つことを優先的に考える人なので、あなたがなんだかの理由で秀でた部分があったときに、敵になることもあります。

年齢を気にしたり、年齢をアピールしてくるママとはある程度程良い距離を保ちつつ接していく方が賢いかもしれませんね。

10.年収の話はしない

お金の話は、好きな人も多いためどうしても練習の話や、仕事の話になるところがあります。

年収の話をすることで、あなたが自慢しているように見えたり、また高飛車な感じに捉えられてしまうと困ります。

そのため、年収の話をしてしまうことで、格差があると思われてしまうことがあります。

さらに、格差があることであなたに対し、良いイメージをもたれることがありません。

たとえ自分から年収の話をしたわけではなくても、練習の話に関わりあなたの方が年収が高いとわかれば、あなたを攻撃対象にしてくることも考えられます。

このように、女性は旦那の年収に対しては、シビアに考えるところもあり、裕福な人こそほどねたまれる傾向にあります。

年収の話はしないことがベストですが、どうしても年収の話になりそうな時は、その場から離れるか、話を濁すようにするといいかもしれません。

旦那も若いと役職についてない人もいる

例えば、若いママの場合、旦那も若いと役職についていなかったり、もしくは派遣社員やアルバイトの可能性もあります。

そんな中、年収の話をされ収入格差があると知れば、ねたまれることもあります。

また、お金がある人こそケチだと思われたり、妬みから夜からの噂を流されてしまうこともあります。

このように、旦那も若いと役職についてない人もいるため、年収が少ない人も多くいるようです。

さらに、役職についていないことで職が不安定なことも考えられます。

歳を行けば行くほど年収が上がる傾向にありますが、まだまだ若いうちは年収が安定しなかったり年収が低い事は当然なのですが、収入に直結するような話はしないようにしておきましょう。

話が合わないときの対処法

特に若いママと話がわないときの対処法について解説していきます。

話を無理に合わせる必要ありません。

年齢やこれまでの経験が違えば違うほど、話を合わせにくくなっています。

話が合わないときには基本的に話を合わせる必要はありませんが、どうしても話をしなければならないときは、いくつかの対処法を考えとかなければなりません。

また、話が合わない時でもきちんとした対処や対応が出来るようにいくつか引き出しを持っておくこともおすすめします。

それでは、ここからは若いママと話が合わないときの対処法についていくつかご紹介していきます。

あなたにピッタリな対処法見つけ、若いママとも楽しく話ができるようになるといいですね。

話は子どもや子育ての話をメインにする

特に、若いママの場合話を子供中心にしておきましょう。

自分たち中心にしてしまうことで、格差があることがばれてしまったり、家庭内の情報が流れてしまうこともあります。

特に若いママの場合話好きや噂好きの人も多いことでしょう。

話が4からの方向へ進んでしまったり、噂話がひどい話になることもあります。

子供や子育ての話を中心にすることで、ママ達や家族の話を必要以上にすることもありません。

特に、子供や子育ての話を自慢げに話すのではなく、困っていることなどを中心に話すようにしてください。

たとえ、自分の子どもが他の子よりできると感じていても、絶対にその気持ちや考えを表に出す事はしてはいけません。

子供や子育ての話をメインにすることで、良い話を聞けば、相手も僻む原因になります。

話はできるだけ子供や子育ての困った内容で話すようにしてください。

育児に関する情報共有なら年代関係なく話せる

育児や育児に関する情報共有なら年齢を関係なく話せるところがあります。

年齢に関係ない話と言えば、子育てや育児に関することなのではないでしょうか。

特に、若いママに対して若いママにアドバイスをもらったり、兄弟同士どのように遊ばせているのか、喧嘩の時にはどのようにしているのか、また普段の生活ではどのように過ごしているのかなど、普段の様子を聞くようにすると良いかもしれません。

また、育児でもできるところばかりではなくできないところの話をバランスよくすることで、嫌味のない話し方ができます。

できる話や、できない話に偏ることで、若いママも受け取り方が変わります。

育児に関する情報提供で年代関係なく話せる話題を中心に考えていきましょう。

子どもの服装を褒めてみる

まずは、子供の服装褒めてみてはいかがでしょうか?

例えば、かわいい小物や服装など、ぱっと見て褒めれるところがあるところを考えて、褒めるようにしてください。

誰が見ても褒めないようなところで褒めても仕方がありません。

見た目にかわいいスカートや、おしゃれなズボンなど履いている事があれば、その服装を込めて会話を弾ませるようにしてください。

「◯◯ちゃんの間はおしゃれだから、いつも尊敬しているよ。」などと若いママも褒められると、嬉しい気持ちになりますよね。

このように、若いママの良いところをうまく引き出し、褒めてあげることがポイントです。

逆に、何も褒めない事は若いものを視野に入れてないと思われてしまうこともあります。

できるだけ、身に付いた良いところを言葉にして褒めてあげるようにしてください。

無理に話さない

無理に話をしないことも大切です。

いくら若いママと話をしなければと思っていても、年齢が違いすぎるため話が合わないこともあります。

無理に話を合わせたり、話をしなければいけないと言う気持ちになる必要もありません。

それぞれ違ってそれぞれ良いところもあります。

お子様が同じクラスになった事は、何かのご縁があるのかもしれません。

しかし、一生同じクラスで過ごすわけでもありません。

程良いお付き合いができれば何も問題はありません。

ただ、親のせいで子供が悲しい思いをしたり、親が他の親を攻撃するような姿を見せてはいけません。

年齢が違っても話を合わせたり、若いママの悪口を子供の前で言ってしまうこともやめておきましょう。

挨拶だけはしよう

話が合わない場合は、無理に話を合わせる必要ありません。

また無理に話をする必要もありません。

しかし、挨拶だけはきちんとしておきましょう。

社会人として挨拶ができない親は、やはり問題のある親も多く、あなたが挨拶をしないことで、若いママも、あなたに対して「あの人から嫌われている。」「あの人は私にだけ挨拶をしない。」などと被害妄想されることがありそうです。

挨拶をきちんとすることで、子供たちのお手本にもなります。

どんなに話が合わないと感じる若いままでもあなたから気さくに挨拶を続けることで、また何かのタイミングで話が合う時がやってくるかもしれません。

よくも悪くも、きちんと挨拶だけはするようにしておきましょうね。

おわりに

いかがでしたか?

若いママと接することで、悩んでいたり、どのように接していいかがわからなかったとき、あなた自身がどのように考え行動していくかにより、その関わりも変わってきます。

特に、子供同士のクラスが一緒なだけで、同じクラスのママたちとも仲良くやっていかなければならないと言う考えも、捨てた方がいいかもしれません。

合う合わないがあっていいのです。

あなたはあなたらしく、また若いママ若いママらしくそれそれが子育てをしていくことで、それも個性になります。

未来のことを考えながら、子供として様々なママ達と関われる環境に感謝し受け入れていくことも大切です。