座禅と聞くとなんだか堅苦しいイメージがありますが、果たして本当に硬いのでしょうか。

実はそれイメージだということに気づいていますでしょうか。

実は座禅はすごく趣があることで、考え方や心をきれいにする手段になっています。

しかし、堅苦しいイメージがあるので、なかなか座禅をしようとしません。

それでも実は、結構多くの人が座禅をしているのです。

特に世で言われている成功者の方々は、座禅を組んでいると言われています。

つまり、座禅を組むことは良いことなのです。

堅いイメージがあるために、座禅を組みたくないと思っている人が多いのです。

そこで今回こちらの記事では座禅を組むことに関する情報をまとめてみましたので、ぜひ、参考にしていただきまして、座禅に関する堅苦しいイメージを取っ払いましょう。

おそらく座禅のことを知って、このような効果があるとわかるとほとんどの人は座禅を組みたくなると思いますよ。

しかし、なかなかそこまで実行に行かない人は、周囲の目を気にしている人です。

つまり、座禅を組むことで堅苦しいイメージが自分にもついてしまうと思い込んでしまっているからです。

日本人の場合なぜか周囲と違うことをすることにすごく嫌悪感を覚えています。

つまり、みんなと一緒がいいということです。

果たしてそれでこの先良いのでしょうか。

座禅を組むことから考えられるのは、少数派の方が良いということではないでしょうか。

成功者はしているというと、座禅を組めば成功するのかと言いますが、必ずそうとは限りません。

なぜかと言いますと、成功するかどうかは、その人次第なのです。

つまり、どんなに効果のあると言われているものをしても必ず成功するとは限りません。

座禅のように宗教的な要素を避けたがるのも日本人なのです。

ここからはまずはあなたのレッテルやフィルターを外して読んでいただけましたらと思います。

人間は思い込んでしまうと、周囲をそのようにしか見なくなってしまうのです。

故にまずはあなたのレッテルやフィルターを外すことが大切なのです。

それができたのなら、座禅を組むこと以外でもなんでも恐れることはなくなりますよ。

座禅を始める前に

まず、座禅を始める前に必要なことがあります。

おそらくほとんどの人がいきなり始めるのかと思ったかもしれませんし、もしくは心の準備ができていないとおっしゃる方もいらっしゃると思います。

実は、座禅を組む前にはいろいろと準備が必要なのです。

心の準備ももちろんですが、他にもいろいろと必要になってくるのです。

まずはその準備の部分からマスターしていきましょう。

何事においても準備8割と言われています。

要は、何かの仕事などで失敗をする原因のほとんどが準備不足から来ているのです。

つまり、準備がしっかりできていれば、たいていの仕事などでは失敗をしないのです。

座禅を組めば、心が洗われて清らかになると言われていますが、しっかり準備をせずに座禅を組んでも心が洗われない可能性もあるのです。

よく勘違いされている方は何も意識せず、それをすれば効果があると認識しているのです。

残念ながらそんな魔法的なことはありません。

なんでも自分次第なのです。

つまり、手段を手にしたら、あとは生かすも殺すもそれはあなた次第なのです。

うまくいかないからと言ってその方法や手段のせいにしているうちはまだまだですよ。

ぜひ、そのような癖もなくすためにも座禅を組んでみませんか?生まれ変わるのに絶好のチャンスです。

いつまでもそんなあなたを続けていても意味はありませんよ。

ぜひ、何かの機会をきっかけにあなたを変化させましょう。

1.環境を整える


座禅を組むうえで大切なのは、心を整理することです。

では、どのようにすれば心が整理されるかと言いますと、あなたの身の回りの環境を整えることです。

要は部屋などが汚い人は、心が整理されていないから汚いのです。

また、汚い部屋にいることで落ち着くからそうなってしまうのです。

このような人は部屋をきれいにしても、落ち着かないので、すぐに部屋を汚くしてしまう危険性が非常に高いのです。

そんなのただの言い訳やこじつけではと思われる方もいらっしゃいますが、実は野球やサッカーなどのスポーツが強い高校などの部室や寮はすごくきれいになっています。

彼らが口にするのは、「私生活の乱れはプレーの乱れにつながる」と言い、部活だけでなく、私生活もしっかり行っているのです。

つまり、座禅を組んで心をしっかり洗うためにも、まずはあなたの身のまわりの環境を整えないといけないのです。

整えないで、座禅を組んでも効果はありませんよ。

部屋がきれいな人のところにはお金が舞い込むと言われています。

そういうと本当なのかどうか疑われる方が多くいらっしゃいますが、まずはこういった話が来た時には、それおもしろいじゃんという感じにとらえる方が行動力が上がりますよ。

疑ってばっかいても意味はありません。

適度な明るさの屋内

よく部屋を選ぶ際に日差しを気にされる方がいらっしゃいますが、そんなに日差しって大事なことかと思われると思いますが、実は科学的な視点から太陽の日差しはすごく大切な働きをしています。

それは何かといいますと、太陽の光を浴びているだけで人間は幸せホルモンを分泌しているのです。

つまり、日照時間が長い場所の人ほど人間性がイキイキしているのです。

逆に日照時間が短い場所ほど自殺率が高いのです。

よく、自殺率が高い都道府県は、最低賃金がなどの各差を強調されていますが、そんなのはただの印象操作です。

要はどう頑張っても防ぐことができない分野だからそういう印象操作をしているのです。

それがわかってしまったら、そこに誰も住まなくなってしまうからです。

つまり、屋内にも適度な明るさが必要なのです。

そこの空間の明るさと人間の明るさは実は結構比例していますよ。

また、人間は同じ種類の人しか絡まないので、暗い人は暗い人としか絡まないのです。

しっかり屋内に適度な明るさを保つことができれば、あなたの人間関係にも変化が現れますよ。

ぜひ、部屋などの屋内の明るさなどにも頭を働かすようにしましょう。

ほんの少し頭をひねるだけで実はあなたが生まれ変わるチャンスを作っているのです。

清潔で静かな場所

人間の体は、あなたが思っているほどよくできています。

それが認識できるのは満員電車などに乗った時です。

満員電車と聞くとストレスをためてしまう人がいらっしゃると思います。

実はそう思うので、満員電車に乗っていると人間の視野は自然と狭くなっているのです。

なぜそうかというと、無意識のうちにストレスをためるものを視線に入れないようにしているのと、空気がよどんでいるから、視野を狭くしていると言われています。

つまり、清潔で静かな場所にいると視野が広くなるので、物事を広く見ることができるのです。

視野が広くなることは結構重要ですよ。

なぜなら、考え方にも変化が起きるからです。

要は人間は自分が思ったことしか目に入ってこないのです。

あの人はそういう人だと思い込むと、その人のそういう部分しか見えてこないのです。

なぜかというと、そう思い込んでいるので、それ以外の姿を否定したいのです。

自分は正しいという考えが強いのでそうなってしまうのです。

相手を変えたかったからあなたが相手をそう見なければいいだけです。

そう見ているから相手がそう見えてしまうのです。

相手を変えることはできなくても相手を見ることを変えることは簡単ですよね。

要は固定概念に縛られすぎなのです。

年齢を重ねるにつれ固定概念は強くなりますが、むしろこれからは固定概念を外していかないといけないのです。

2.時間


座禅を組むのに実は時間はすごく重要です。

座禅を組むのに必要な時間だけでなく、座禅を組むのに適した時間、座禅を組んだ後に過ごす時間など、時間という言葉1つだけでもいろいろな角度からとらえないといけないのです。

たかが時間と思い込んでいる人は多いと思います。

なぜなら、世界で唯一日本人は「時間」の勉強をしていないのです。

ただ過ぎていくものと思い込んでいますが、そんな軽いものではございません。

「時間」はどんなにお金をかけても取り戻せないのです。

つまり、座禅を組む時の時間などは貴重な時間なので、無駄にしてはいけないのです。

世の中で一番時間の無駄使いをしているのが、ニートと言われています。

何もしないまま貴重な時間を消費しているので、非常にもったいないのです。

また、最近はバブルを経験した大人が時間を非常に無駄使いしています。

要はあの頃は良かったと今の時代を受け止められずに過去の栄冠にすがっているからです。

今の時代を受け止められない人の言うことを聞ける人がいらっしゃると思いますか?それだけ、最近の大人は時間を無駄にしているのです。

よく子供に夢を持つことが大切だという大人はいますが、言っている大人が夢を持っていないのでは手本になれませんよ。

夢を持てないのは、時間に追われてしまっているからです。

要は「時間」についてしっかり学んでいないからそうなってしまうのです。

お線香一本が燃え尽きる時間である45分が基本

では、座禅を組むのに必要な時間はと言いますと、お線香一本が燃え尽きるまでに45分の時間を要すると言われています。

つまり、この45分間はしっかり集中していないといけないのです。

雑念というような他のことを考えていけないのです。

この45分間に集中できないということは、集中力がないだけでなく、もしかしたら欲張りな性格を表に出してしまっているのかもしれませんよ。

それはどういうことかと言いますと、要は欲がいっぱいあるためにあれもこれもと言った感じにいろいろなものを考えてしまうのです。

ある意味1点集中ができないのです。

あれもこれものような人でも、きちんと頭の中を整理できていれば、問題はないのですが、うまく整理ができないのが現状です。

なぜ、整理できないのかと言いますと、うまくいかなかったらどうしようなどの失敗や不安などに心が支配されてしまっているからです。

不安に支配されてしまうと、人間はなかなか前へ進めないのです。

また、あれもこれもと言った感じに整理をされていないとどれから手を出せばいいのかわかっていないので、すごく苦労します。

つまり、お線香が燃え尽きるまでのこの45分に座禅を組むことは心の整理にもつながるのです。

ぜひ、この45分は不安などは考えずに、ただ座禅を組むことだけに集中してみてください。

終わったあとの変化がすごく楽しみですよ。

初心者は15分から徐々に時間をのばしていく

そうは言ってもいきなり45分間、座禅を組むことに集中しろと言われてもなかなか実践できないという人は結構多くいらっしゃると思います。

では、そのような人はどうすればいいのかと言いますと、まずは15分間集中してみることです。

15分間集中できたら、次は30分!もしくは20分など、あなたのペースで徐々に伸ばしてくことが良いかと思います。

そう聞いても、45分できなかったことを悔やむ人もいますし、できなかったことで周囲からの目線を気にしてしまう人もいらっしゃいますが、そんなことを気にしているうちはまだまだあまちゃんですよ。

他人に何を言われようが、この人生はあなたの人生です。

つまり、他人の意見や考え、目線を気にしていても時間の無駄です。

落ち込んでいる暇があるなら動け!言われているようなものですよ。

オリンピック選手やプロスポーツ選手などは、いつでも勝ち続けることができません。

つまり、何度も負けたりするのです。

それでも落ち込んでいる暇がないのです。

落ち込んでいては次に生かせないからです。

それはそのような人たちだからと特別視される方もいらっしゃいますが、特別視しているのはあなたです。

この世に特別な人間はいません。

いつしか人間は一部の人など、知らず知らずにレッテルを貼っているのです。

食事後1時間は避ける

座禅を組むのに適した時間は?と思う方は多いと思いますが、朝や日中などが良いかと言われていますが、あなたにとって一番適した時間を見つけることが良いかと思います。

ただ、適した時間はそうですが、避けた方がいい時間としては、食事後の1時間です。

なぜかと言いますと、まず異に液が下っているので非常に眠くなります。

また、集中しているとなるとなぜか非常に眠くなるのです。

つまり、食事後にそのような止まった作業は眠気を誘ってしまうのです。

また、仏教的な視点から行くと、食事は殺生です。

つまり、生きているものの命を頂いてしまっているのです。

そのため、殺生の後に座禅を組むのはいかがなものなのかといった感じに見られています。

しっかり、体の中を循環して成仏されて、きれいさっぱりになってから座禅を組むのが良いかと思います。

このように適した時間はご自身で決めて構いませんが、避けるべき時間もあるのです。

座禅を組むにあたり寝たりなどしたら心が洗われるどころか汚れてしまいます。

そこはしっかり集中して組まないといけない部分でもあるので、やはり食事のあとは避けるべきです。

よく、学校生活で給食後の午後の授業は眠くて仕方なかったという人は多いかと思います。

食後は座禅を組むより休憩の時間にしましょう。