好きな人や気になる人ができるのは良い事です。

どんな時も恋心は忘れてはなりません。

しかし気になる人ができた場合、どうやって相手に振り向いてもらうか、それも重要な所です。

人に嫌われるのは簡単ですが、人に好かれようとするのってコツをつかむまでは難しいんですよ。

どうやって人から好いてもらえるか、それは努力次第で何とかなります。

変われない人間なんていない、自分次第で変わる事はいくらでも出来ますよ。

気になる人ができた。気がない人でもその気にさせちゃう8個のこと

気になる人がいる場合、露骨に変化が激しいと色んな人からドン引きをされる場合があります。

大体外さないの条件はいくつかあり、7個ほどあると考えて下さい。

人から好かれる条件としては外見、聞き上手、気配り、笑顔、言葉遣い、褒める、挨拶、ですね。

これからが普通に出来るようになれば、色んな人からは好かれやすくなりますよ!

今の自分でも十分いけるとは思わないで下さい。

人間は現状に満足をしてしまうと、やる気がなくなってしまいます。

恋をしている人間はアドレナリンが湧き出るのでやる気は出てくるのですが、同時に嫉妬もしやすくなりますので気を付けて下さい。

一度にたくさんの事を変えれる訳ではないので、長期間でみていきましょう。

1.外見をMAXに磨こう!狙いは清潔感1位!

外見をMAXに磨きましょう。

まず外見をどうにかしない限りお話にはなりません。

ブサイクほど外見重視かよと落ち込む人が多いのですが、至極当たり前です。

反対からすれば見た目の汚い人間と付き合えますか?

元々綺麗にしている人ならともかく、普段何もしていないような人間はちゃんとしましょう。

外見は突き詰めていくときりがないのですが、一番最初何をしなければいけないか、女性ならお分かりになるのではないでしょうか?

そう、ダイエットですね。

女性のダイエットは基本的に明日からやる程度しかないんですよ。

男性はデブは好みません。

ちなみに男性はぽっちゃりが好きとは申しますが、女性のいうぽっちゃりとは異なります。

ややデブの事ではなく、程よく肉付きの良い女性を好むと考えて下さいませ。

着飾るよりも、自分のポテンシャルを最大限に生かす努力をしましょう。

メイクは大切ですが、メイクで誤魔化すようなやり方はいけませんよ!

2.喋りが下手なら聞き上手を狙え!


おしゃべりが上手い人というのは、話上手な人間という事にもなります。

お喋りが下手な方は無理に話そうとせず、聞き上手を狙う方が良いですよ。

何故聞き上手の方が良いかと言いますと、ただ聞いているだけで相手が自分からベラベラ喋ってくれるからです。

こちらは相槌を打つだけでオッケー……とは言いましたが、そんなに簡単な事ではありません。

コツさえつかんでしまったら何とでもなりますよ。

相手の興味がありそうな事について質問し、更に話が盛り上がるようにするという感じでしょうか。

正直な話、話上手な人はよっぽど面白い人でないと難しいです。

自分語りをされても凄い迷惑ですし、場がしらけてしまう事も少なくはありません。

傾聴出来るかどうかにもかかってきます。

相手に適度に共感しよう!

相手の話題に共感するという事は結構重要な事ですよ。

自分の話に共感してもらえたら嬉しいものでしょう?

それと同じで相手も共感してもらえたら嬉しいと感じるのですが、ただこの共感そんなに簡単ではありません。

感情がいかに込めれるかどうかです。

多祥なり大げさなくらいの方が、共感しているとわかってもらえます。

しかしあまり共感出来ないのに、気持ちが分かると言われても相手からすれば嬉しくないのです。

こういうのって言葉はちゃんと言えているのですが、感情が入っていないかどうかすぐに分かるんですよ。

わからない部分は共感出来なくても問題はないてますが、話が分かりそうな所は適度に共感しましょう。

3.気配り目配り大切に!

気配り、目配りというものは当たり前のようであって当たり前ではありません。

これはすぐに出来るものではないんですよ。

相手を思いやる気持ちがあるかどうか、普段からの心遣いが出来るかどうかでしょう。

お客さん商売しているような接客業をしている人や、対人相手の商売をしている人であれば、気配りや目配りは当たり前のように出来ますね。

気配りというのは優しさ、思いやりがないとか無理です。

恋をしている状態であれば、不思議と優しい気持ちになれるのである程度気配りは出来るかもしれません。

しかし自分勝手な人であれば、気配りどころか自分勝手な判断で動いてしまうため、反対に迷惑がられてしまうでしょう。

4.笑顔を意識しよう!

笑顔は簡単ですよ。

普通に出来ます。

普段から笑っているような人だと、普通の顔でも笑っていれるようになるので有利とも言えます。

私でもまだ笑っている方ですが、もっと凄い人は口角が自然と上がっているのが凄いですね。

別に笑顔ってそんなに意識するまででもありませんよ。

普通に笑ってたら何にも問題はないです。

当たり前の事かもしれませんが、1日1回笑ってますか?

独り暮らししている人には多いようですが、あんまり笑っていないそうですね。

面白い番組みたり、何かをする事で笑いというのは自然にもれるものです。

笑顔で大切な部分は目元になります。

口元だけ笑っていても目が笑ってないと怖いですよ。

5.言葉遣いに気をつけて!


言葉遣いを正しく出来ている人は少ないでしょうね。

今は女性でも男性言葉を使う人が多いです。

例えば~じゃね?とか、ふざけんなとか当たり前のように使っている言葉だとは思いますが、美しい言葉ではありませんよ。

男性は基本的に女性には女性らしくいてほしいと思っているので、言葉遣いが悪いと幻滅されます。

方言とかは仕方がないので大丈夫でしょう。

ただし私は大阪よりの関西住民ですが、元々大阪などの関西弁は他県の方からは言葉がキツく聞こえるようです。

県民的なもので早口なのもあるのかもしれませんが、それが他県の方からは怖く聞こえると言われた事があります。

自分では言葉使いが普通だと思っていても、それが当たり前ではないというのは理解しておきましょう。

6.相手を褒めよう!

相手を褒める事は、誰からでも好かれる良い行いの1つです。

普段人を褒める機会というのはあまりない人ほど、是非チャレンジをして頂きたいですね。

相手を褒める事というのは、好きな相手にだけ褒めれば良い訳ではありません。

出来れば友達や家族全員だと思って下さい。

何故かというと特定の人物のみ褒めるようにしてしまうと、他の人から見れば露骨だと思われてしまうので評判が良くないのですよ。

相手を褒めるコツとしては、良い部分を探してみる事です。

他にも髪型を変えたり、服装が良かったりするとそれを褒めてあげてみましょう。

そうする事で結構相手からは好かれやすくなります。

特に髪型や外見上の事は変化に気づいてくれたという事で人から好まれやすくなるのです。

反対から言えば、美容室に行った翌日に髪の毛切った?と人に気が付いてもらうのって嬉しいですよね?

相手を褒めるコツとしては自分が良いと思った部分は褒める、マイナスには言わない、本当の部分だけを言うです。

ざっくりとしていますが、私自身相手に対して褒める時はそうしています。

自分自身人から褒めてもらう時、リップサービスが大嫌いなのです。

リップサービスというのは社交辞令、つまりお世辞という意味になります。

お世辞で褒める人はたくさんいますが、お世辞ってその場限りの嘘なんですよね。

せっかく褒めてもらっても嘘だと面白くありません。

実際褒めてもらったと思っても、それがリップサービスだと分かると気落ちしてしまうでしょう。

私はそういうのが嫌で人に言う時は本当の事しか言いません。

多少言っていない部分もあるのですが、全て本当に思った事です。

自分が良いと感じた所を積極的に褒めて行くと、人から良い評価をもらう事が出来ます。

大半の人は褒めてもらった時に謙遜する人も多いのですが、本当の事を話すとどういう部分が良かったのか、理由を問われた時素直に言えるからです。

そういう時理由を言えなかったら、こいつは嘘つきだと思われてしまうでしょう。

7.相手の周りの人、自分の周りの人に好かれるべし!

周りの人から好かれるようにするには、褒めるスキルがある、気配りが出来るようになれば大丈夫です。

人から好かれるというのは中々難しいことではありますが、最低限度としていい印象を相手に持ってもらうようにしておけば問題はありません。

礼儀は絶対に忘れてはなりませんよ。

挨拶、お礼などなどです。

習慣の差は多少なりはあると思いますが、基礎的な所さえできていればさほど問題はないでしょう。

後は笑顔ですね。

人と接する時は笑顔がないとやっぱりいけませんよ。

何故相手だけでなく周りの人からも好かれないといけないのかという事ですが、評判を上げるためだと思って下さい。

相手のみにいい顔をしているような人間は、他者から嫌われやすいのです。

人って贔屓されるような事を嫌う傾向にあります。

平等に接しておかないと後々面倒くさい事になるんですよ。

ドラマやアニメなんかで露骨に好きな人にいい顔している人っていませんか?

あれを現実的にやると変な噂を立てられてしまうので注意して下さい。

8.挨拶した後必ず話を続けよう!

挨拶をした後、時間に余裕があれば話を続けましょう。

プライベートならともかく、仕事の場合は時間に余裕のないケースも多いです。

挨拶した後は、なるべく話を続けた方が良いのですが、あなた自身の事を話すのではなく、相手に関心を持ってもらうような話をして下さい。

正直な話朝からあなた自身の話など聞かされてもうんざりします。

よく朝っぱらから愚痴を言ったり、どうでも良い話をする人いますよね。

自分語りはテンションがガタ落ちしやすくなりますので止めて下さい。

なるべく自分の話はそこそこにして、相手の話題に持ち込むようにすると上手く行きますよ。

仕事関係であれば、結構重要な事なので聞いておいた方が良いでしょう。

これがダメ!逆に異性が引いちゃう8個のこと!

男性がドン引きしてしまうポイントがいくつもあります。

清潔感がない、アクションが大げさ、ネガティブなどですね。

女性なら大体お分かりになるかと思いますが、男性が苦手とする女性は同性でもあり得ないと考えて下さい。

よく男性に媚びているような女性いませんか?

裏表ありそうなので怖いんですよ。

露骨さを強調するのはアウトです。

1.外見がド派手、セクシーすぎ(ポイントは清潔感!)

外見がド派手な人やセクシー過ぎるような女性は、男女問わず品がないと判断されてしまいます。

品がない女性というのは、清潔感にかけてしまいますからね。

総合するとキャバクラ嬢みたいな感じでしょうか?

頭もメイクもド派手、胸元が大きく開いた服を着ている人間は品がありません。

男性は基本的に厚化粧している女性は好まないです。

薄化粧が好きという人の方が圧倒的に多いですね。

しかしメイクによって顔が美人になる事も事実でしょう。

実際何人かメイク前とメイク後の顔が違う人があまりにもたくさんいます。

極端に違い過ぎると、心臓に悪かったりするんですよ。

中々すっぴんで勝負出来るような女性というのはいないかもしれませんが、メイクしないと出れないという事は元がダメだと判断されてしまいます。

人は顔ではないと思うかもしれませんが、多少は外見も必要ですよ。

セクシーさに関しては、これは好みでしょうね。

ミニスカ、胸元丸出しの女性は露出度があまりにも高いため、見るなら良いけど彼女にはしたくない服装だと思われているようです。

露出してよいのは腕や肩、足や背中少々、デコルテ部分でしょう。

現在胸なんかより重視される点は、下半身となります。

胸の大きい小さいなんて今時古すぎるんですよ!

足が綺麗、お尻が良い形をしている事こそ男性的に良いとされています。

セクシーすぎるのはほどほどで結構です。

わざわざ露出しなくても、体型が分かる服装があれば一発ですね。

いい例としてはネットで話題になっている、童貞を殺す服がナイスです。

2.わざとらしすぎる気配り

わざとらしすぎる気配りって、合コンの時によく見られる家庭的なアピールをするというものですね。

料理を取り分ける人がそうです。

気配りって人の行動を見て判断しないといけないので、なれていない人からすると自分勝手な判断でこれが良いんでしょと決めてしまうんですよね。

気配りというのは相手の気持ちを重点的に考えなければいけません。

それが出来ていない人間は単なるおせっかいでしかないんですよ。

下手な人は物凄くわかりやすいです。

自分が必要ないと思っている事を先々とされてしまうので、迷惑でしかないでしょう。

よく家庭的なアピールをするという目的で気配りをする人がいるのですが、家庭的というか単なるおかん感を出しているだけなので鬱陶しいですね。

3.ニコニコしすぎて怖い

単純に目元の筋肉のみで笑っている傾向があり、自然の笑顔とは違い作られた笑顔というものですね。

接客業をしている人間ほど常に笑顔が必要になるので、ニコニコしている傾向があります。

ただ目が笑っていないと、地味に怖いです。

これはどんなに笑顔が出来る人でも、作り笑顔となると顔も疲れてくるのでしんどくなってくるのも当然でしょう。

四六時中笑顔にしていろと言われてしまうと、精神的にもしんどいものです。

心から笑顔を作る事は、そこまで難しいものではないですよ。

面白い事を思い出して笑うという方法です。

ふとした時に自分の中で面白いと思う事を思い出していきましょう。

お笑い番組を思い出してもらう方が、結構笑えはしますね。

ただ注意していただきたいのが、あまりにも面白いものを思い出してしまうと微笑むではなく爆笑をしてしまうため、他者からすれば変人扱いされる事があります。

笑顔は人の人格がもろに出てしまうので、怖いと思われないようにして下さい。

4.丁寧に喋ろうとしているためか敬語が変

敬語は結構ボロがでます。

丁寧に喋ろうとすればするほど変になってしまうので気をつけましょう。

相手が会社のお偉いさんであれば別ですが、お偉いさんではないのに物凄く丁寧にしようとしているので、敬語が上手く使えていない事が多いです。

敬語って変に丁寧にしすぎると、返って失礼な敬語を使っている事があるので、めちゃくちゃ面白いんですよ。

これは誰にでもある事ではあるのですが、方言を隠そうとして標準語の敬語を使うという人も少なくありません。

地方出身者だと方言が混じっているため、敬語がグダグダになってしまう人もいます。

方言って田舎臭いというイメージを持たれている場所もあるようなので、より丁寧にしようとしてしまうみたいですが、癖になっているのでかなりかみますよ。

良い手としては下手な事は言わず、口数を少なくしていれば上手く行きます。

無理に喋ろうとするから失敗してしまうわけなので、必要以外喋らないようにすると良い印象を持ってもらえるのと、敬語が変にならずに済みますからね。

5.相手を褒めすぎてわざとらしい

相手をわざとらしく褒めすぎてしまうと、良い気はしません。

これは褒め方が下手と言っても良いでしょう。

露骨に褒めてくる人って、胡散臭くないですか?

例えば上司に媚を売るような性格の悪い人間っぽくて気分が悪いです。

そういう人ほど褒め方が具体的ではなく、単調なので機械とはなしているような感覚になるんですよね。

わざとらしく褒めるひとほど、好きな人にばかり好かれようとして他の人を邪険に扱う人も少なくはありません。

自分ではそんなつもりはなくても、相手と好きな人を比較するというやり方です。

人を下げて相手を持ち上げるというコスい人ですね。

何でもかんでも褒める人は、裏がありそうで怖いと思われても仕方がないでしょう。

連絡先を聞きたい!連絡先の聞き方

連絡先を聞きたい場合、別に聞いても良いかと思います。

ただその気になる方と何かしら共通点を持たなければ難しいですね。

学校や職場であればある程度聞きやすいですが、プライベートの関係となると趣味をある程度極めるかもしくは挑戦する事が必要となります。

最悪どうしようもなければ、共通の友達にお願いして連絡先を教えてもらいましょう。

直接連絡先教えてと言う

直接連絡先を教えてと言われても、相手が困ってしまう事があります。

そういう時は直接連絡先を聞く前に、言い方を工夫してみましょう。

仕事などの連絡で必要な事があるかもしれないや、プライベートだと何か連絡する事があるかもしれないから連絡先を教えてと言われる事もあるほどです。

相手が断らないように連絡先を聞く場合は、ある程度工夫しなければいけません。

そんなに難しい事はありませんが、ものは良いようですね。

基本的に男性にはストレートに連絡先を聞かない方が良いんですよ。

何故かと申しますと、男性はハンターの本能を持っているからです。

簡単に手に入るような女性はつまらないと思っているため、男性からみれば手に入りにくいような女性が良いと考えています。

どんな言い方が効果的か、相手に聞いてみましょう。

SNSのメッセージで仲良くなりダイレクトメッセージを送る

学生さんであればFacebookやInstagramをやっている可能性が高いので、1度検索をかけてみましょう。

SNSってどちらかと言うと女性がやっている率は非常に高いのですが、男性は更新とかやるのが面倒くさいので、25歳以上の男性はあまりやっていないんですよ。

商業目的などであればマメに更新しているかもしれません。

SNSで相手を見つけた際、軽い自己紹介と褒めるメッセージを送ると自然と仲良くは出来ます。

この時点ではダイレクトメールではなく、コメントを残すくらいで問題はないでしょう。

知らない相手からいきなりダイレクトメールが来ても怖いですからね。

距離は徐々に縮めていくようにすれば、上手く接近出来ます。

オンラインゲームを一緒にやってメッセージを送り合う

ゲーム好きな男性であれば、間違いなく無条件で教えてはくれるでしょう。

オンラインゲームを一緒にやってメッセージを送り合う事はよくある話です。

どちらかと言うとメッセージと言うよりは、スカイプでのやり取りの方が多いかもしれません。

実際私の旦那がパソコンのオンラインゲームをやっているのですが、スカイプでやり取りをしています。

アクションゲームや協力プレイをする場合は、メッセージよりもスカイプの方がやりやすいんですよ。

メッセージなんかしている暇がなく、敵に襲われてしまう事もあるので楽ですね。

ただ女性から見ればオンラインゲームなんかやっても…と考える人も少なくはないでしょう。

それに自分はゲームが得意ではないですし、オンラインゲームなんてやっても無駄では?と考える人も少なくはありません。

人生において無駄なんて事は1つもないですよ。

今は普通のゲームよりも、外国産のオンラインゲームがとても多いのです。

私自身旦那にこれが面白いよと言われて勧められたゲームをやっていますが、中々面白いものあります。

ゲームというのは判断力や考察力を身につけるには良い教材の1つなんですよ。

戦略系やアクション系など単純にやれば済む訳ではなく、アイテムの合成などによって勝敗は大きく変化してきます。

実際にやっていても結構難しいものなんですよね。

攻略方法やネットで検索するのもありです。

しかしこういうのはマニアックな男性もおり、極めている人はめちゃくちゃ極めています。

下手くそでも興味があれば自分もやりたいと言ってお願いすると、男性的には喜んで一緒にプレイしてくれるでしょう。

ただし男性がやっているからというのみの動機だと飽きてくる確率は高いので、多少で良いから興味があるというものにして下さい。

ゲームって結構気力を使いますし、凄い人だと丸々1日くらいする人もいます。

考える事も多いので、疲れやすいのは事実ですね。

しかもコツを相手に聞いたりする事で、男性も頼りにされている感覚はありますし、何よりも自分の趣味に共感してくれる人間がいる事で、簡単に行為を持ってくれる事が出来ます!

勘違いされやすい事もあるのですが、オンラインゲーム=課金が必要と思う人もいますが実際はそうでもありません。

スマートフォンなどのアプリは、確かに課金がいるものも多いです。

あんなものに課金しているような人物こそ、金の無駄使いと言っても良いでしょう。

パソコンの場合は課金ではなく、チートと呼ばれるシステムが重要になります。

チートというのは日本語で訳すとズルという意味です。

チートは課金ではなく、パソコンが詳しいかどうかですね。

注意点としてはチートはものによっては違法扱いされるので、事前に調べておく必要があります。

あくまでも仲間内のみで行うチートはOKの場合もありますが、全く知らない人間同士でチートを使う行為は嫌われますので止めて下さい。

合法スレスレのチートもありますからね。

友人に頼む

意中の彼と共通の友達がいるのであれば、直接お願いして携帯番号を入手は出来るでしょう。

しかし友達に頼むという行為は男性からしてみれば、面白くはないので止めた方が良いです。

直接お前自身が聞きに来いよと思ってしまう様なので、友達に頼むのは別のやり方をして方が良いですね。

自分の事を相手にちらっと話したり、興味があるかどうかを利くなど偵察をしてもらう方が無難でしょう。

友達に頼るのは、言わばチートを使うのも当然となります。

どうしても自力では無理な時は、友達に頼るようにして下さい。

ありっちゃありだけど、ちょっと卑怯かも。ちょっと嫌な連絡先の聞き方

多少強引な手かもしれませんが、あくまでも偶然を装うもしくは本当に困っている時にこそ使える手もあるのです。

ただ諸刃の剣なので、ある程度仲良くないと使えないですね。

むちゃくちゃなやり方だと勝手に男性の携帯に、自分のメアドを登録するやり方もあります。

正直無理矢理系や人のプライバシーを覗くような真似をする人間は、好ましくはありません。

携帯無くしたからかけてと言われる

これはもう最終手段ですね。

あまりしないような手が良いとは思います。

携帯なくしたからかけてほしいとお願いする事は、結構あるある話なんですよ。

ただ携帯をなくしている時って、結構切羽詰まっている状態ですよね?

本当になくしている時はともかく、演技をする場合は上手くしなければいけません。

一応そんなに親しくない事を想定すると、本当に申し訳ない感を出してお願いした方が良いです。

基本的にそんなに仲の良い人間以外には、自分の連絡先を教えたいとは思わないでしょう。

ただこういう人が困っている状態だと、誰もが気持ちを共感出来るので、お願いして断られる事は少ないです。

急いでいる時は断られるかもしれませんが、基本的に断る理由もありませんからね。

偶然を装いたいというのであれば、この手を使うのもありです。

問題はその後ですね。

連絡先をゲットしたからと言って、あまりしつこく連絡してしまうと嫌がられる事となります。

ショートメールなどで改めてお礼を言う程度にしておきましょう。

そして次回あった時に、もう一度お礼を言ってまたメールを送っても良いですか?くらいで留めておくと相手も嫌な気はしないですよ。

あまりガツガツ積極的に行ってしまうと、わざと携帯をなくしたのではないのか?という疑心に囚われてしまうようです。

あざとい人間は嫌われるので、注意してくださいね。

結局気になる人ができてゼロから進展させるには

ざっくり申しますと外見を綺麗にする、ポジティブになるが重点的です。

相手にアタックするのはその次ですね。

なるべく下準備はしておいた方が良いでしょう。

何の準備もないまま特攻すると、確実に失敗はします。

ゼロから進展させる事は難しくはないのです。

自分のやる気次第で上手く行くかどうかです。