キャバ嬢のようなお水系は、ただへらへらしていればお金がもらえると思っている人が多いようですね。

一昔前のように借金や生活苦で風俗業界に足を突っ込んでいる訳ではなく、普通にお金がほしいからと思ってやっている人ばかりです。

普通にしている人は多いとは言え、今でもまだキャバ嬢を偏見の目で見ている人は少なくありません。

確かにキャバ嬢というのは、お客さんの色恋を売りにしているため、良い気はしないという方もいるでしょう。

しかしキャバ嬢は本当にダメなのか?

そんなもの単なるやっかみに過ぎないと思いますがね。

モテるキャバ嬢が羨ましい!キャバ嬢がモテる11個の理由

キャバ嬢はただへらへら笑ってやれば良いというものではありません。

人にモテるコツというのを理解されております。

頭が無駄にでっかく、けばけばしい印象が強いと思うかもしれませんが、本当に凄いキャバ嬢は男性に優しいだけではなく、同性にも人気がありますよ!

キャバ嬢はどの接客業界よりも比べ物にならない、トップアスリートみたいなものです。

お客さんに気に入られようと必死で頑張っていますからね。

素晴らしい人材とも言えます。

キャバ嬢が常日頃から頑張っている事は、男性からモテるコツと言っても過言ではないでしょう。

言っておきますが、キャバ嬢をばかにしているような人間は絶対にモテませんよ。

1.目で語る


目は口ほどによく語ると申します。

これは目力がないとお話にはなりません。

人間は口であれやこれや物事を語るよりも、目で語った方が言いたい事が伝わります。

目に力のない人間はいくらでもいます。

それは普段何も考えていないからですね。

ただしこれはかなり曖昧なものでもあるので目で語るとはどうすれば良いかと言う事ですが、目で悟らせるようにするという事が大切ですね。

相手側も空気を読めないと少々難しいですが、ある程度相手の事を知ると目を見るだけで考えている事が何となく分かってくるようになるのです。

第六感のようなものになるのですが、感覚的なものでしょう。

相手に里ってもらうなんて無理と思うかもしれませんが、ある程度好意もしくは関心を持ってもらえるようになれば、余計な事は言わず目のみで相手が何を言いたいのか理解が出来ますよ。

2.さりげないスキンシップが多い

スキンシップというとベタベタしているというイメージがあるかもしれませんが、男性が好むのはあくまでもさりげないスキンシップです。

女性と同じように男性もベタベタとしつこいスキンシップが好きではないのですよ。

ただし男性の場合はそこまでスキンシップを嫌悪してい訳ではありません。

綺麗な女性に触れてもらえたら、世の中の男性からすれば嬉しいものだと思って下さい。

基本的にスキンシップというのは男性が気軽に出来ないですからね。

大体想像は付くと思いますが、男性が女性に触れてしまうと、セクハラだと認識されてしまうからです。

そのため本当は女性に対して触りたいと思っている男性はとても多いのですが、セクハラ問題に発展するかもしれないので気軽に触る方はおりません。

しかし女性的には不順な動機があって男性にスキンシップしている訳ではないです。

女性ってスキンシップする人が多くないですか?

男性だけではなく、友達同士で触る方もいるのです。

そういうスキンシップを男性にすると、嫌な顔をする訳ではなくドキドキしてくれるでしょう。

最初は肩や腕などがおすすめですね。

もうちょっと親密度が上がると、頭や手なども触れても良いでしょう。

たまにやりすぎてしまう人もいるのですが、足は偶然的に触れない限り止めて下さいませ。

凄い人だと股関節や太ももまで触れてしまう人がいるのですが、さすがにここまでやるのはやりすぎですよ。

強いて飲み物をこぼしてしまったから拭く程度が良いと思って下さい。

スキンシップというのは相手をどれだけドキドキさせるかが肝となります。

ざっくり言うと、スキンシップで男性をムラムラさせてしまえば良いのです。

ただしやりすぎてしまうと単純に体目的だと思われてしまうので、触る箇所には注意しましょう。

3.笑顔が可愛い

笑顔が可愛い女性を嫌いな男性はいません。

男は度胸女は愛嬌という言葉があるように、笑顔が可愛い女性というのは昔からもてます。

笑顔の可愛さは最強と言っても過言ではありません。

どんなに美人でも笑顔が無いと怖いと思われてしまうようです。

確かに美人は得しますが、笑顔が可愛い普通の人もいます。

素の顔が普通であっても、笑顔が可愛いとかなり得をしますからね。

ちなみに可愛い笑顔の作り方ですが、私にも分かりません。

ただ単純に笑い方というよりも目元がちゃんと笑っているかどうかの問題でしょう。

普段から笑っている女性というのは、目元が微笑んでいるように見えるため、穏やかそうな印象があります。

特に笑い上戸の人は特ですね。

素の顔でも笑っているように見えるため、親近感を持たれやすくなるのです。

笑顔があまりない女性というのは、笑顔がとてもぎこちないため怖く見えてしまう事がある事はご存知でしたか?

これ美人の人は特に誤解しやすいんですよね。

美人でも普段から笑っていない人は、可愛くなくなってしまうんですよ。

笑顔って結構性格でますよ!

4.会話が面白い


会話が面白いというのは結構難しいものですね。

相手がどういう事に興味があるかというのがキモになります。

別に綾小路きみまろさんみたいに、漫談をやれという訳ではありませんよ?

関西限定かもしれませんが、確実に会話が弾むのはボケとツッコミですね。

面白い話というのは自虐ネタが地味にいけますよ!

私自身しょうもないネタが多いのですが、それで笑ってくれる方がいます。

特に関西県民ですと容赦なく突っ込んでくれるので、それが爽快だったりしますね。

反対に相手側からも同じようにボケた時、笑ってくれる方が面白いと思ってくれるでしょう。

会話というのは自分の話をすれば良いという訳ではなく、相手を楽しませる必要があります。

中には自分から話してくれるような方ばかりではなく、自分から話さないといけない場合も少ないのです。

こういう場合大概勘違いしてしまうのは、自分の事ばかり話す人ですね。

自分の事ばかり話をしても仕方がありません。

会話のネタになりそうな物を探してみましょう。

仕事、相手が身につけているものなど、色んな部分を観察してみると糸口が見えてきますよ。

5.明るい

キャバ嬢=明るいというイメージがあるのですが、逆に言うと暗いキャバ嬢なんて嫌ですよね?

お金を払って飲みに来ている分楽しませろとまでは言いませんが、明るく盛り上げてくれる女性の方が誰でも良いに決まっていますよね。

しかしこの明るいというと無駄に元気な人物を想像している方が多いのですが、絶対条件ではありません。

明るい人か暗い人、どちらが良いかと言われると、それは間違いなく前者でしょう。

ただそれだけの話しなので気にしないで下さい。

大半人は自分の事を明るい人間とは思ってはいません。

明るい人間が良いかと言われるとそうでもないからです。

キャバ嬢のイメージだと、お酒を飲んでとコールして、ゲラゲラ笑うような感じの方が多いのではないでしょうか?

はっきり言って単純に遊ぶ程度なら良いのですが、いつもそのテンションだと相手も疲れてしまいます。

明るい人というのは、元気な人という意味ではないですよ。

正しく言うと行動をする人と言っても良いかもしれません。

明るい人はポジティブな人ですね。

前向きで行動力がある人と考えて下さい。

誰でも前向きで行動力がある人には憧れるでしょう。

明るい人って一緒にいると、自分も明るくなれるようで良いんですよね。

6.女性らしい、色気がある

男性が一番好ましいと思っているものは、やはり女性らしい仕草や色気でしょう。

女性は色気、女性らしくあってナンボです。

ある女性からはそれは女性蔑視ではないのか?

という話ですが、反対に男性にも男性らしさを求める人いますよね?

それと同じ事だと思って下さい。

色気がある女性を嫌いな男性はいません。

大半の女性からすれば色気のある女性など下品だと思うかもしれませんが、色気がない女性など男性から相手にされないという認識をお持ち下さいませ。

そもそも色気というのは外見の綺麗さだけではお話になりません。

女性のどういう部分に色気を感じるかという所ですが、手っ取り早く言えば肉体そのものですね。

フェロモンをもっとも感じさせ、男性に生唾を飲ませるほどの色香を持つ人物というのは凄い人材です。

男性的に色気を感じる部分というのは、胸だけではないですよ。

うなじ、女性特有の良い香り、脚、くびれなどですね。

特に視覚部分では脚を重点的にすると良いでしょう。

スリットが一番おすすめです。

男性はいくつになっても女性のパンチラに興味があります。

しかしパンチラというのは、見えそうで見えないのが良いとされているのです。

そういう点ではスリットは男性の想像力を掻き立ててくれる良い服とも言えます。

女性的に大きく間違えているのが、胸の大きさでしょうか。

胸の大きさというのは、本来そこまで必要ではありません。

シルエットがわかるような服であれば、尚興奮出来るでしょう。

谷間を見せるのは水着くらいで、普段着でも良い顔はされません。

そのへんは清楚さを装った女性を演出すればいけます。

男性は品のある女性を好みますからね。

実は男性は女性にはいつまでも女を忘れてほしくないと考えているのです。

女性らしさというのは体型や外見ももちろんの事ですが、言葉遣いや気遣いになります。

特に親しくなるにつれて言葉使いは荒くなってしまうものです。

男性に対してお前という女性も中にはいます。

方言ならともかく、女性がお前というのはありえない話なので気をつけましょう。

7.話を聞いてくれる

相手の話をちゃんと聞くという人間は、男女問わず誰からでも好かれやすいです。

話を聞いてくれるというのは、自分に興味を持ってくれていると思うので、好意をもたれやすくなります。

別に小難しい行為はいりません。

単純に話を聞いて、相づちを打つだけで好きになってもらえます。

反対に自分の事を知ってほしいという人間ほど、自分の自慢やどうでも良い事をべらべら話しまくるので迷惑きわまりないです。

特に女性の場合は話好きなので、べらべらべらべら余計な事を喋りまくってしまうので、ドン引きしてしまう男性も少なくありません。

私は基本的に同性の友達しかいなのですが、本当に女性というのはよく喋ります。

それもどうでも良い無駄話を早口でまくし立てられるので、ものすごく眠たくなってしまうのです。

どうでも良い話をされ続けてしまうと、興味眠たくてしんどいんですよね。

しかし話をちゃんと聞ける人は、相手の話もちゃんと聞こうとしてくれます。

一方的に自分だけ話さないようにして下さい。

8.余裕がある

余裕がない人間というのは見ていて情けないとおもいませんか?

本性が常に出ており怒りっぽく焦っているので、一緒にいても怖いと思っているんですよね。

必死になっている人間ほど見苦しいものはないでしょう。

余裕のある人間というのは、見ていて格好良いと思います。

中々難しい事ではありますが、ピンチの時ほど笑顔で立ち向かう女性ほど、ドキっとするものはありません。

余裕があるという事は、少なからず自分に自信があるという事です。

自分に自信がある人間は、焦ったり困ったり人にみっともない部分を見られる事はないでしょう。

余裕をつけるには常に冷静でいる事になります。

男性が最も嫌う女性の中で、落ち着きのない女性が当てはまりますからね。

余裕のない女性は何をしてくるか分かりません。

そもそも男性というのは狩猟本能が強い生き物なので、誰かを征服したいという気持ちが強いと思って下さい。

そのため簡単に落ちてしまうような女性などは面白くないと考えているのです。

どんな時でも余裕を見せていると、男性からすればその余裕を崩してみたいという欲にとらわれるので夢中にさせる事が出来ますよ!

9.空気が読める

気配りの出来る女性ほど、男性からモテるものはありません。

空気が読めるというのは、相手の行動を見る、先読みをするという事なのです。

これはある程度経験を積まないと難しいので、行動を見るしかないでしょう。

何せ自分が良いと思っても相手からすれば迷惑だと思ってしまう事もあるので、状況をよく見る事や、相手を観察しておかないと出来ない事です。

空気を読むというのは少なからず自分本位でやってはいけない事になります。

その人にだけ気を使おうと思っても難しいので、他の人にも空気を読めるようになると成功できるでしょう。

相手が何を求めているのか、自分の行動次第で上手く立ち回れれば吉ですね。

男性というのは相手に立ててもらう事が大好きです。

空気が読める女性は気が利くと思ってもらえるので、好きになってもらえる可能性が高くなりますよ!

小難しい小細工を使うのは上級者のレベルなので、思いやりがあれば空気が自然と読めるようになるでしょう。

10.適度なリーダーシップ

リーダーシップがあるというか、しっかりしている人だと思って下さい。

後はトラブルシュートが出来る人間ですね。

人生には色んなトラブルに巻き込まれる事が多いです。

しかしそのトラブルに巻き込まれた際、誰かが助けてくれるとは限りません。

大体は自分で何とかしなければどうしようもないのですが、ほとんどの人はトラブルシュートが出来ない人もいます。

リーダーシップがある人間は頼れるという事です。

ただ勘違いしないで頂きたいのが、あくまでも適度なリーダーシップがあるという事に付きます。

完全にリーダーシップが取れるような女性は、男性からみて嫌煙される事が多いのです。

何故なら男性からすれば自分の事を頼ってほしい女性を好むからなんですよ。

男性以上にリーダーシップを発揮してしまうような女性は、男性の手を借りずとも何とかなるという事になってしまうので、男性を見下してしまう傾向が強かったりします。

実際職場のお局様が生き遅れている理由はそういう事だったりするのです。

リーダーシップが適度にあるというのは、仕事が卒なくこなせる人間であるということだったりします。

いざという時頼りになる存在であるという事を見せつけると、男性もこの子は凄い子だと認めてくれるでしょう。

しかしリーダーシップというのは、実際にそう簡単に取れるようなものではありません。

空気が読める、相手の気持ちを考えられる、話を聞ける、明るい性格である事が条件となります。

11.褒めるのが上手

人にされて一番嬉しい事は何か?と聞かれてたら、間違いなく褒めてもらえる事でしょうね。

人の事を貶すのが得意な人はいると思いますが、人の事を褒めるのが上手という人は中々いません。

褒めるのが上手な人は、間違いなくモテると思って下さい。

そんなに難しい事ではありませんが、人を褒めるコツは人の話を聞く事や、観察をする事にあります。

何せ人を褒める際にはどういう部分が凄いか褒めないといけないのです。

大体多いのがただ会話ですごーい!とか褒めているだけなんですよね。

今でもまだいるようですが、単純に褒めておけば何とかなるでしょという傲慢な考えな人もいます。

言っておきますが単純に褒めるような事をしても、こいつ適当に褒めていると思われているので注意して下さい。

こういう時相手の話をちゃんと理解しているかどうかが問われます。

褒める重要ポイントとしては、どういう部分を褒めるのかになりますよ。

こうだから凄い!という言い方が必要です。

上級テクニックとしては、あなただから凄いという言い方をすると喜んでもらえるでしょう。

誰でもそうですが、あなた限定を使用するとより良いですよ。

モテるキャバ嬢のテクニックを真似してみよう!

キャバ嬢のテクニックというのは、基本的に誰にでも出来るものです。

目を見て話す、自分が苦手な相手でも普通に接する、笑顔を絶やさない、女子力をあげるなどですね。

当たり前のように思えるかもしれませんが、そんなに当たり前ではありませんよ。

意外と楽勝だと思っても、楽勝ではないです。

キャバ嬢はプレゼントをもらってなんぼだと思いますが、もらいっぱなしでは価値下がります。

等価交換とはいきませんが、少しくらいは返しましょう。

1.目を見ながら話す

相手に対して何かものを言う時は、目を見て話すようにしていますか?

基本的に人は目を見て話すのが苦手だとされています。

何となく相手に自分の考えを見透かされそうな気がするからですね。

しかし綺麗な女性に目を見ながら話されれば誰でも嫌な気はしないでしょう。

むしろ自分を見てくれているのだと認識出来るので、ドキドキしてしまうんですよ。

相手の目をじっと見るというのは、相手を知りたいからという意味合いも含めています。

興味がない相手だと目をそらしたり、何かしらやましい事がなければ、じっと見続けられているはずです。

ただが目を見るという事ですが、それだけ大切な事だと思って下さい。

2.自分が苦手な相手にされても嫌ではないくらいに適度に触る

人間は本能的に嫌な相手に対して、避けたいという気持ちが働きます。

それ故嫌な人間に対して触る事が出来ないという気持ちが強くなってしまうのです。

別に自分の苦手な相手を触れという訳ではないですよ。

キャバ嬢はどんなに嫌な相手でもお客さんを喜ばせる必要があるので、それは仕方のない事だと考えて下さい。

一般人は触る必要はありませんが、そういう気持ちを持つという事だけは理解しておいた方が良いです。

自分が苦手だと思う人でも、キャバ嬢は嫌な顔を一つもしません。

普段と変わらないように、ちゃんと笑顔で接客をしてくれているのです。

嫌な人だから関わりたくないと思ってしまうと、それは誰に対しても良い感情を持ってもらえる事はないでしょう。

実際露骨に態度を変える人は多いのですが、そういう人を見ているといい気はしないですよね。

これに関しては男性ではなく、同性にするという見方でいて下さい。

一般人が男性に触りまくっているとビッチだと思われてしまうので、ほどほどにしておきましょう。

相手が嫌がらない程度のスキンシップであれば、肩が限界ですね

3.笑顔を絶やさない

出来る限り笑顔を絶やさないようにしましょう。

自分で笑顔になっているかどうか、時々鏡を見るようにしておくのが良いですね。

笑顔を絶やさないようにするというのは、地味にしんどいものです。

普段接客業をしている人でも、長時間笑顔はキツイという人もいます。

常に笑顔を絶やさないようにするのであれば、素の顔から笑っているように見せれたら何とかなりますよ。

素の顔から笑っているように見せるというのは、何かしら笑っているようにするという事です。

例えば面白いものを見て1日1回大笑いをするようにすれば、自然と目元は優しくなり、口角も上がっているようになります。

笑っている顔の癖をつけるという事ですね。

普段あまり笑っていない人ほど、笑顔がなく無表情なので怖いですよ。

特に疲れている時は笑顔になるのがとても苦痛になるので、どんな時でも笑顔を見せる事が出来るように笑う練習をしておきましょう。

4.会話のストックを増やす

ある程度会話のストックを増やしておきましょう。

そのためには無趣味である事を止める必要があります。

会話のストックを増やすのはそんなに難しい事ではないです。

出来れば相手の趣味や興味のある事で、会話のストックを増やすというやり方がよいかもしれません。

会話のストックが増やすのが難しいという人ほど、そういうやり方で行くと成功しやすいですよ。

相手から会話を引き出すというやり方ですね。

別にそこまでの専門知識も見栄も張る必要はありません。

全く知らなくても良いのです。

例えば相手がゲーム好きとします。

ゲームが好きだとしたら相手とは盛り上がりますが、ゲームがそこまで詳しい訳ではなくてもそれは問題ではないですよ。

どの会話でもそうですが、相手の話に興味がないという対応を見せてしまったらそこまでになります。

ゲームは知らないけどどんなのが好みなのか?

という風に話を持ちかけると、男性は嬉しそうに話をしてくれるでしょう。

自分の興味のある事を教えるというのは、男性からすれば優越感を与える事が出来るので喜んでもらう事が出来ます。

5.ネガティブな言葉をポジティブに変える

ネガティブな言葉をポジティブにする事は今からでも可能ですよ!
人が嫌がる事を一切言わなければ良いのです。

人の悪口や仕事の愚痴など、ドン引きするような話はNGだと思いましょう。

ポジティブな言葉というのは、前向きである事ですね。

私もポジティブではありませんが、固定概念を捨てるようにしています。

固定概念とは他者が決めたルールの事になり、一般的な常識とは異なるものです。

少なくとも誰々がこうしていたああしていたという固定概念に捕らわれていると、結局はネガティブにつながってしまいます。

自分ルールというのは作らない方が良いですし、正解や選択肢を1つに絞らないようにすればポジティブになる事は誰にでも出来ますよ!

そう簡単にネガティブからポジティブになろうとするのは簡単な事ではありません。

肉体的にしんどい時はネガティブになってしまいます。

6.お礼のメールは欠かさない。絵文字も入れて親しみを

お礼のメールは基本的に欠かさないようにしましょう。

人に何かしてもらった際、お礼を言うのは当たり前だと思っている人が多いですが、実際には言わない人も恩を仇で返すような人間もいます。

もし自分だったらどうなのか、相手の気持ちになって考えてみると理解できるかもしれません。

コテコテ過ぎると男性は嫌がってしまうので、シンプルなメール文章にして絵文字を少々使うだけでOKです。

7.相手がプレゼントをくれたら1割程度の金額のプレゼントを渡す

相手がプレゼントをくれたらそのままにはしないようにしましょう。

基本的に相手は見返りを求めていないケースが多いのですが、何かしら返した方が良いです。

ただ男性からすれば別にプレゼントをしたかっただけなので、同等の物をプレゼントされても喜ばない可能性があります。

こういう時はお金をかけるというのはいけないんですよ。

男性は女性にお金をかけても良いのですが、女性は男性よりもお金をかけないようにしましょう。

そうでないと自分が破綻してしまうかもしれません。

返却のプレゼントの値段は1割程度の金額のプレゼントでも問題はないです。

そういう時こそ女性の特権と使用して下さい。

料理など手作りのプレゼントがおすすめですね。

特に女性の手作りお菓子などは喜んでもらえるでしょう。

出来ればここは女性らしさをアピールするため、料理を成功しておいた方が良いです!

クッキーでも問題はありませんが、少々ベタだという人はシュークリームやマドレーヌなど凝った物でも構いません。

お金はそこまでかかる訳ではないのですが、時間はかけて下さい。

こういうのは食べ物の方が喜んでもらえますよ。

NGとしては手編みの何かという人もいますが、男性からすれば重たすぎるので止めましょう。

多少ブランド物であり、女性のセンスの良さが発揮出来るようにハンカチなどでも良いですね。

キャバ嬢テクニックを使うときは外見を磨くことも忘れないで

薄々は気がついておられると思いますが、キャバ嬢は外見を磨いてだからこそです。

薄汚い売女という方もとても多く、キャバ嬢に貢ぎあげる方もいます。

あえて言いますが、綺麗にしていない人間がキャバ嬢を薄汚いだの何だの言う資格はありませんね!

女性は外見を磨いてなんぼの生き物なのです。

特に結婚した人はそれにかまかけて綺麗にする事を忘れてしまっています。

どんなに性格が良くても、外見がブスだとどうしようもないです。

性格さえ見てくれればというのは、単なる傲慢に過ぎません。

外見と同じく汚くしていれば、誰からもよってくる事はないでしょう。

ただ残念ながら性格も内面も磨こうと思ったら、そんなに短期間では何とか出来るレベルではないです。

どちらも並行しようとすると、かなりしんどいですよ。

まずは外見を磨きつつ、余裕があれば内面をというやり方がおすすめですね。